FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「コクハク!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:24:11.35 ID:XS2CLhwc0 [1/31]
律「梓の奴おそいなー」

紬「今日はどうしたのかしら?」

唯「……」モジモジ

律「もう先にお茶しちゃおうよーっ」

澪「そんなの梓が可哀想だろっ!?」

律「何だよっ、遅れる梓が悪いんじゃないか」

澪「うーん、おかしいなぁ、梓なら遅れる時、必ず連絡してくれるんだけど…」

澪「唯は何か聞いてないのか?」

唯「えっ!?」ドキッ

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:25:21.32 ID:XS2CLhwc0 [2/31]
唯「あのねっ、うん、あずにゃんはー」

唯「今日はお休みなんじゃ無いかな?」

律「そうなのか?早く言えよーっ」

律「梓からメールなり、電話があったのか?」

唯「うん、いや、どうかなっ?」アタフタ

律「???」

律「なんだよ、ハッキリしないなぁ」

紬「唯ちゃん、憂ちゃんから聞いたのかしら?」

唯「えっ…」

唯「憂は関係ないもんっ!!!」ガタッ

紬「きゃっ!」

律「おい唯っ、どうしたんだよ、急に興奮して!?」

唯「あっ、ごめん…」アセアセ

澪(何だろう唯の奴、さっきから様子がおかしいな)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:26:24.05 ID:XS2CLhwc0
澪「とにかく、梓は今日休みなんだな?」

唯「うん、そう思う…」

澪「理由は知ってるのか?」

唯「へっ?あれだよ、風邪だよっ」

律「風邪かぁー?それなら仕方ないな」

律「唯も知ってるんなら、早く言ってくれよー」

唯「うん、ごめんね…」

紬「でも風邪なんて、心配ね」

律「まあまあ、梓も来ないんなら、早速お茶しちゃおうっ」

澪「お前も少しは心配しろっ!」

律「風邪なんてすぐ良くなるってー」モグモグ

律「どうせ、明日には出てくるよっ」

律「なっ、唯?」

唯「あっ、うん、そうだねっ」オロオロ

澪(唯は何か知ってるのか?)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:27:18.95 ID:XS2CLhwc0
唯の家!

唯「ただいまー」

憂「お帰りなさい、お姉ちゃん」

唯「うん…」

憂「私、お夕飯作るから、お姉ちゃんは着替えてのんびりしててね」

唯「あ、ありがとう…」

憂「」

唯「……」

唯「じゃ、じゃあ私部屋へ行くねっ」アセアセ

憂「……」

憂「」トントントントン

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:28:00.41 ID:XS2CLhwc0
ガチャ

唯「はあっ、はあっ」

唯「ううっ…」

唯「ああっ…」

唯「どうしよう…」

唯「どうしようどうしよう」

唯「どうしようどうっしようどうしようどうしよう」

唯「どうしようどうしようどうしようどうしようっどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようっ!!!」

唯「はあっ、はあっ!」ガクガク

唯「私はどうすればいいの?」

唯「あずにゃん…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:28:45.37 ID:XS2CLhwc0
ドンドンっ!

唯「」ビクッ

憂「おねーちゃん」

唯「あ、どうしたの憂?」

憂「ごはん…できたよ」

唯「う、うん、今行くねっ」

憂「……早く来てね」

憂「冷めちゃうから」

唯「わかったよっ」

唯(まさか聞かれたっ!?)ブルブル

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:29:52.52 ID:XS2CLhwc0
カチャカチャ

唯「」モグモグ

憂「……」

憂「お姉ちゃん?」

唯「!?」

憂「どう、美味しい?」

唯「おいしいよ」

憂「よかった…」モグモグ

唯「……」

憂「お姉ちゃん、『気付いた』かな?」

唯「ええっ!?あ、ああっ、そんな知らないっ」

憂「そう…」

憂「おかしいな『気付かなかった』のかなぁ?」

唯「はあっ、はあっ、何がっ?」ブルブル

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:30:37.39 ID:XS2CLhwc0
憂「でも、『気が付かない』って事は」

憂「『成功』ってことかな?」

唯「えっ?えっ?」

唯「何の話っ?憂、何言ってるの!?」

憂「」

憂「変なお姉ちゃん…」

憂「料理の味付けの話だよー」

憂「ちょっと変えてみたの」

唯「料理の?ああ、ごはんの事だねっ」ドキドキ

憂「『気付かない』ってことは、おかしくないって事だよね」

憂「これって『成功』だよね?」

唯「せっ、成功だよっ!憂はいつも完璧だよっ」

唯「今回だって…」

唯「私は全然気付かなかったしっ!」

唯「うまくっ、あっ!おいしく、美味しくちゃんと出来てるよっ!!!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:31:29.15 ID:XS2CLhwc0
憂「ふーん、そうなんだ…」

唯「……」

憂「じゃあ良かった!」

憂「何にも『心配』すること無いんだねっ!?」

唯「そ、そうだよっ」

憂「よかったぁー」

唯「は、ははっ」ドキドキ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:32:21.68 ID:XS2CLhwc0
ピリリリッ ピリリリッ

憂「お姉ちゃん、電話だよ」

唯「うう、そうだね…」

ピリリリッ ピリリリッ

憂「なんで出ないの?」

唯「で、でるよっ、今出るっ…」アセッ

ピリリリッ ピリリリッ ピッ

唯「はい」

『唯先輩っ、私です、純ですっ』

唯「!!!?」ドキッ

憂「どうしたの?お姉ちゃん…」

『もしもしっ、先輩っ!?聞こえますか?』

唯「う、わう、ああ…」

憂「ねえ、お姉ちゃん…?」

憂「『誰』からの電話?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:32:57.03 ID:XS2CLhwc0
『唯先輩っ、聞いてくださいっ』

『梓の話なんですっ!』

唯「ううっ…」

憂「だから『誰』からなの?私知りたいなぁー」

『梓、今日学校に来てなくて』

『それで、それはきっと憂がー』

唯「!!!?」

唯「もう切るねっ!」

『えっ!?そんなっ』

ピッ

憂「お姉ちゃん…」

憂「…何で切ったの?」

憂「…誰からだったの?」

憂「ねえっ、おねえちゃんっ!?」

唯「!!!?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:33:39.63 ID:XS2CLhwc0
唯「ま、間違い電話っ」

憂「」

唯「間違い電話だったんだよっ、ほんとだよっ!」

憂「」

憂「そうなんだぁー」

憂「でも変だなぁー」

唯「えっ?」

憂「間違い電話に『もう切るね』なんて言うかなぁー?」

唯「は、ははっ、変かなぁー?」ドキドキ

憂「でも、お姉ちゃんなら言いそうかもねっ」

憂「そういう事にしようか」

唯「」ホッ

憂「じゃあ、お姉ちゃんっ」

憂「携帯見せてっ!」ニコッ

唯「!!!?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:34:15.66 ID:XS2CLhwc0
唯「えっ、ええっ!!!?」アタフタ

憂「」

憂「なーんてねっ」

唯「!?」

憂「私、お姉ちゃんの事信頼してるもん」

憂「お姉ちゃんが私に『嘘』つく訳ないもんっ」

唯「うっ」ドキッ

唯「そりゃそうだよっ、当たり前だよ」アセアセ

憂「……」

唯(あずにゃんっ、私っ、私どうすればいいの!?)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:35:37.90 ID:XS2CLhwc0
学校!

純「あっ、憂っ!」

憂「お早う純ちゃん」

純「今日も梓、来てないんだよっ!?」

憂「そうなんだ…」

純「昨日から、いや、一昨日の晩から携帯も通じないし」

純「きっと何かあったんだよっ」

憂「そうかな?」

純「『そうかな?』って…」

純「憂は、梓の事、心配じゃないのっ!?」

憂「……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:36:39.07 ID:XS2CLhwc0
憂「でも…風邪かも」

純「はあ?」

純「一言連絡も出来ないほどの風邪?」

憂「おたふく風邪とか麻疹とか…」

憂「そんなのかも」

純「でも…一昨日は元気だったよ?」

憂「または家出かもね」

純「家出って?」

憂「全部が嫌になって飛び出したんじゃない?」

憂「どこか遠くに…」

純「梓が?悩んでる様には見えなかったしっ」

純「私達にも内緒でそんなことすると思うっ!?」

純「憂どうしたの?昨日からなんか変だよっ!?」

純「まるで、別人になっちゃったみたいっ!」

憂「……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:38:07.71 ID:XS2CLhwc0
純「それに、一昨日の放課後っ」

純「梓、憂の家に行くって言ってたよっ!!!」

憂「!!!?」

憂「」

憂「だから、それは昨日、言ったじゃない」

憂「梓ちゃんはその日」

憂「家には来なかった」

憂「私は、梓ちゃんとは、会っていないって」プルプル

憂「嫌だなぁ純ちゃん、忘れちゃったの?」ギロリッ

純「ひっ!」ゾクッ

純「う、憂、その目やめてよっ」ビクビク

純「こわいよぉ…」ブルブル

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:39:12.02 ID:XS2CLhwc0
軽音部の部室!

律「ありゃー、今日も梓は休みかー?」

紬「お風邪ひどいのかしら?心配だわ」

澪「そうだな、お見舞いにでも行くか?」

唯「!?」

唯「お見舞いはどうかなー?」

唯「ちょっと大げさなんじゃないかな?」アセアセ

律「そうかぁ?」

律「でも以外だな、唯が一番にお見舞いに行きたがりそうだけどな?」

唯「うっ」

澪「『あずにゃん成分がー』とか言い出しそうなもんだけど…」

唯「いやっ、そのっ…」

紬「私心配で、昨日梓ちゃんにメールしてみたんだけど、返って来なかったの」シュン

律「あっ、それ私と同じだ」

澪「やっぱりみんなもか?私もだったぞ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:39:55.72 ID:XS2CLhwc0
律「あーっ!澪は自分だけが無視されたんじゃないかと心配で」

律「一番に言い出せなかったんだろっ!?」

澪「そっ、そんなこと無いっ」

律「よかったねー、澪ちゅわーん、梓ちゃんに嫌われてたんじゃないんだねー」

澪「うるさいっ」ゴンッ

律「ぎゃっ、殴ることないだろーっ」コブ

紬「唯ちゃんはどうだった?」

唯「へっ、私!?」

紬「唯ちゃんは、梓ちゃんと一番沢山メールしてる感じ」

紬「一度くらいは返事来なかった?」

唯「そうだねっ、えっと、来たかも…」

律「唯だけに返事するなんてずるいぞーっ」プクー

澪「返事来たのかっ?それでどうだって?」

唯「うんと、その…」アセアセ

澪(……やっぱりおかしい)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:40:31.77 ID:XS2CLhwc0
澪「なあ唯、昨日から思ってたんだけどさ…」

ガチャ

さわ子「みんなっ、ちょっといいかしら?」

唯「さわちゃん…!?」

律「あーあ、せっかく今日も梓の分までお菓子を食べられるはずがー」

律「また独身ハイエナに嗅ぎ付けられたか」ヤレヤレ

さわ子「ダーレが独身ハイエナだってぇー」ギューッ

律「いはいっ、いはい、やめぺー」

さわ子「はっ、こんな事してる場合じゃない」

さわ子「実は梓ちゃんの事で、みんなに聞きたいのよっ」

唯「!!!?」ビクッ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:42:01.88 ID:XS2CLhwc0
律「梓?梓なら昨日から風邪で休んでるけどー?」ヒリヒリ

さわ子「えっ、風邪?どうして風邪なのよ」

律「そんなこと知らないよっ、お腹でも出して寝てたんだろ?」

澪「おい律、そういう事聞いてるんじゃないだろっ」

澪「唯が風邪だって言ってたから」

澪「てっきり私達、梓は風邪で休んでいるのかと…」

唯「あっ…」ドキッ

さわ子「そうなの?」

さわ子「唯ちゃん、梓ちゃんが風邪だってのは誰から聞いたの?」

唯「えっ、誰って?それは…」

さわ子「……何か知ってるようね」

さわ子「唯ちゃん、正直に答えなさいっ!!!」

唯「わぁっ」ビクッ

紬「唯ちゃんっ…」

律「ちょっとさわちゃん、何怒ってるんだよっ!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:50:34.84 ID:XS2CLhwc0
律「唯がかわいそうだろっ?」

さわ子「お願い唯ちゃん、真剣な話しなのよっ」

唯「うう…」

唯「それは…そのっ」

唯「…純ちゃん」

さわ子「純ちゃんって言うと、梓ちゃんと同じクラスで」

さわ子「ジャズ研の鈴木さん?」

唯「そっ、そうなのっ」アセアセ

さわ子「うーん、彼女にも話しを聞いて見た方がいいわね…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 18:59:17.69 ID:XS2CLhwc0
澪「先生…一体梓に何があったんですか!?」

さわ子「実は、梓ちゃん、一昨日から家に帰ってないんですって」

律澪紬「!!!?」

唯「……」

紬「唯ちゃん、メールが来たって言ってたけど…?」

唯「!!!?」ドキッ

さわ子「本当なのっ?それで…梓ちゃんはなんて?」

唯「ううっ、その…」

唯「あのね、あずにゃんは…」

唯「『事情があって学校と部活を休みます、すぐ帰るので心配しないで下さい』」

唯「だって…」アセアセ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 19:13:40.42 ID:XS2CLhwc0
律「なんだよー、そんな事早く教えてくれればいいのにーっ」

唯「あっ、ごめん…」

澪(本当に唯は梓からメールを受けてるのか?)

紬「唯ちゃん、そんな大切な話し、何故私達にしてくれなかったの?」

唯「そのっ、あずにゃんがね、『みんなには内緒にして』って…」

律「内緒っておいおい、そんな連絡、まず部長にするのが筋だろーっ」

紬「でも、私達には心配かけたく無かったんじゃ…」

律「分かってるって」

律「唯も梓も、余計な気を遣いやがってっ」

律「私達、仲間だろ…?」

唯「ううっ…ごめんね、りっちゃん」

さわ子「さて」

さわ子「事情は大体わかったわ…」

さわ子「これはおそらく家出ねっ!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 19:31:06.01 ID:XS2CLhwc0
紬「家出っ?」

さわ子「そうよ、おそらく居場所は、お友達の純ちゃんが知ってるはず!」

さわ子「軽音部のみんなには秘密にしときたかったけど」

さわ子「特別に唯ちゃんだけには連絡したのねっ!」

律「なんで唯だけなんだよっ?」

さわ子「考えても見なさい?梓ちゃんが行方不明だ何て事を知ったら…」

さわ子「唯ちゃんはどんな行動に出るか分からないわっ」

律「確かに、学校ほっぽり出して探しに行きそうだな」

さわ子「そして逆に唯ちゃんの方が、事件や事故に巻き込まれる…」

律「なるほどっ、それが心配で、唯だけには『心配しないで』とメールをっ!?」

紬「さすが先生っ!」

さわ子「後は純ちゃんを絞り上げて事件解決ねっ!」

律「さわちゃん、やるじゃん!たまには役に立つっ!」

さわ子「一応誉めてるみたいだけど、ムカつくわ」ギューッ

律「いはい、いはい、やめふぇー(いたい、いたい、やめてー)」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 19:43:10.49 ID:XS2CLhwc0
紬「唯ちゃんの様子が昨日からおかしかったのは」

紬「メールの事を隠してたからなのねっ?」

律「唯は嘘つけるタイプじゃ無いからなー」

律「あまり無理すんなっ」

唯「ごっ、ごめんねみんなっ」ズキッ

律「そうなると、やっぱり唯に嘘をついた純ちゃんが怪しいな!」

紬「梓ちゃんと同じで、唯ちゃんを心配させたらいけないと思ったのかしら?」

律「でも、純ちゃんはそこで『嘘』を付くからダメなんだよ」

唯「!?」ドキッ

律「その場を取り繕う『嘘』ってのは、結局は自分を追い詰めていくんだ」

唯「!!!?」ズキズキ

律「」

律「あれ?」

律「おかしいな…?」

唯「えっ、なっ、何っ!!!?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/19(月) 19:55:02.92 ID:XS2CLhwc0
律「いつもなら、ココで澪が『嘘つきのお前が言うなっ』とか

律「突っ込んで来そうなもんだけどー」チラッ

澪「……」

唯(びっくりしたよー)ホッ

律「澪、お前、さっきから何黙ってんだよ?」

澪「いや、考え事…」

澪(本当に純ちゃんが嘘を?)

澪(実は、純ちゃんに『梓は風邪だ』って聞いたのも)

澪(唯の嘘なんじゃないか?)

紬「澪ちゃん、梓ちゃんの事が心配なのね」

澪「うん…」

律「心配するなよ、家出なんて思春期にはよくあることだろ?」

さわ子「そうよ、後は私達大人に任せて」

さわ子「もちろん、梓ちゃんの事で何かわかったら」

さわ子「直ぐに私に知らせなさいねっ!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 20:08:13.24 ID:XS2CLhwc0
憂の教室!

憂「じゃあ純ちゃん、部活がんばってねっ」

純「う、うん…」

憂「」

憂「あっ、それとね…」

純「なにっ?」ビクッ

憂「梓ちゃんの事、あまり心配し過ぎないで…」

憂「私、いつもの明るく元気な純ちゃんが好きだから…」ジロッ

純「ひぃっ!」ガタッ

純(怖いっ、こんなの憂じゃないよっ)

純(憂、一体どうしちゃったの?)

純(梓の事と何か関係があるのっ!?)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 20:22:18.62 ID:XS2CLhwc0
ガラッ

さわ子「ちょうどいたわね、ちょっと二人に聞きたいんだけどー」

純「えっ、私達ですか?」

憂「……」

さわ子「梓ちゃんの事でちょっとね…」

さわ子「お休みしてる理由、何か知らないかしら?」

純「私は何も…」

さわ子「本当かしらね」

純「ほっ、本当だもんっ!」

さわ子(この子、しらを切るつもりね…)

さわ子「憂ちゃんは?」

憂「私も何も知りません」

純「……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/19(月) 20:43:03.02 ID:XS2CLhwc0
さわ子「とりあえず、憂ちゃんはいいわ」

さわ子「ねえ、純ちゃん、何か隠してるんじゃない?」

純「そんなこと無いですっ、梓の事、私が知りたいくらいですよっ!」

さわ子「へー、だったら、なんで唯ちゃんに嘘を教えたのかしら?」

純「唯先輩に…、私がっ?」

純「何の話しだか分かりませんっ!?」

さわ子「とぼけてはダメよっ」

さわ子「唯ちゃんに、『梓ちゃんは風邪で休んでる』って嘘を教えたんでしょ?」

純「私、そんなの知りませんっ」

さわ子「おかしいわね、唯ちゃんは確かにあなたから聞いたって言ってたわっ」

純「そんなぁ、何かの間違いですっ」

さわ子「じゃあ、最近で唯ちゃんと話したのは何時?」

純「それは…」

純「昨日の夜、電話でっ」

憂「……!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 20:55:36.81 ID:XS2CLhwc0
さわ子「昨日の夜?一昨日の夜じゃなくて?」

純「一昨日は私、唯先輩と連絡を取ってません!」

さわ子「それだと話が合わないわ」

純「そんなのっ、私っ、わからないもんっ」ジワッ

さわ子(まったく強情ねぇ)

さわ子「いいわよ、純ちゃん」

さわ子「ちょっと話が長くなりそうだから」

さわ子「生徒指導室まで来なさいっ」

純「そんなっ、私の言ってることは本当ですっ」

純「なんで先生は信じてくれないんですかっ!?」

さわ子「話しは生徒指導室で聞くわ」

さわ子「いいからこっちへいらっしゃいっ」グイッ

純「あっ!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 21:05:52.34 ID:XS2CLhwc0
憂「ちょっと待って下さいっ」

さわ子「何よ?」

憂「純は本当に、何も知らないんです!」

純「憂…」

さわ子「……そうね」

さわ子「友達同士でかばいあって、秘密を守りたい」

さわ子「そんなあなた達の気持ち、よく分かるわ」

さわ子「でもね、家出中は危険なトラブルに巻き込まれる事が多いの」

さわ子「あなた達を守る教師の立場として」

さわ子「梓ちゃんの事、隠さずに話してもらうわっ!」グイッ

純「やっ!」

憂「違うんです、先生!お姉ちゃんは誤解をしてるんです!」

さわ子「唯ちゃんが?」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 21:36:59.04 ID:XS2CLhwc0
憂「梓ちゃんが昨日お休みした時」

憂「純ちゃんが、お姉ちゃんに『梓はきっと風邪なんじゃないですか?』って」

憂「自分の予想を言ってたんですけど」

純(憂…?)

憂「だけどお姉ちゃんは、純ちゃんが梓ちゃんは風邪だって知っているもんだと」

憂「勘違いしちゃったんですよっ!」

さわ子「うーん、まあ、ありえる話ね」

さわ子「でも、純ちゃんっ、さっき一昨日は唯ちゃんと話してないって言ってたわよね?」

純「えっ、それは…」

純(そんなっ、本当に会ってないんだもんっ!)

憂「それは、先生がそんなだからですっ!」

さわ子「どういう事?」

憂「そんな純ちゃんが悪いと決め付けた様な態度をとられると」

憂「逃げたくなって当然ですっ!」

憂「今日の先生、威圧的過ぎますよっ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 21:48:55.04 ID:XS2CLhwc0
憂「いつもの優しくて、おしとやかな先生は何処に行ったんですか?」

さわ子(うっ…)

さわ子「でもね、今回はただ事じゃないの」

さわ子「梓ちゃんが危険かもしれない」

さわ子「なんとしてでも居場所と安否が知りたいのよっ」

憂「だったらこんなの時間の無駄ですっ!」

憂「私達と梓ちゃんは友達です!」

憂「梓ちゃんを危険な目に合わせることに、協力したりしません!」

憂「梓ちゃんがもし家出してて、私達がそれを知ってるのなら」

憂「早く帰る様に説得しますし、先生にも居場所を教えますっ!」

さわ子「うーん…」

憂「先生っ、私達を信じて下さいっ!」

純「憂…」

さわ子「」

さわ子「そうね…」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 21:58:37.47 ID:XS2CLhwc0
さわ子「やっぱり純ちゃんは、こっちへいらっしゃいっ」グイグイ

純「うぁーっ!!!なんでぇー!?」

憂「先生っ!?」

さわ子「憂ちゃんは信じれても、あなたは信じれないのよっ」

純「そんなっ、酷いっ!」

さわ子「残念ね、こういう時に日頃の行いって出てくるの…」

純「そんなぁーっ!!!私は何も知らないのに」

純「ただ梓が心配なだけなのにっ!」ジワッ

憂「……」

さわ子「いい加減、観念しなさいっ!今日は本当のことを言うまで帰さないわよっ!」

憂「」

憂「止めて…」プルプル

憂「本当のことを言うから、止めてくださいっ」ポロポロ

純「えっ?憂っ、泣いてるの!?」

さわ子「憂ちゃん、どういうことかしら?」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:17:24.84 ID:XS2CLhwc0
憂「本当に純ちゃんは何にも関係ないんですっ!」

さわ子「だから、それを今から調べるのよ…」

憂「その必要はもうありませんっ」

憂「私が全て知っています!」

憂「今、梓ちゃんが何処へいるのか」

憂「一昨日の晩、梓ちゃんに何があったのかも…」

さわ子「それ、本当なのっ!?」

憂「だから、止めてください…」

憂「関係ない純ちゃんが責められるの、私見てられなくて…」

純「憂…」

純「やっといつもの憂に戻ってくれたね…」

憂「ごめんね、ごめんね純ちゃんっ」ポロポロ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:21:47.71 ID:XS2CLhwc0
純「それで、梓は今何処にいるのっ!?」

憂「梓ちゃんはいっちゃった…」

憂「ずっとずっと」

憂「遠いとこに…」

純「えっ…?」

憂「私が、全部私が悪いんだ…」

憂「私のせいで、梓ちゃんは…」

純「まさか、憂、あんた…」タジッ

純「嘘だよね憂っ、嘘なんだよねっ!?」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:35:55.64 ID:XS2CLhwc0
憂「わたし、つい我慢できなくて」

憂「カッとなっちゃって…」

憂「でも、それを認めたくなくて」

憂「だから必死に取り繕って」

憂「結局お姉ちゃんも傷つけちゃった…」

憂「本当のことも辛いし」

憂「嘘のことは傷つくし」

憂「あはは、どっちも嫌なことだね…」

純「ちょっと憂っ?しっかりしてっ!」

さわ子「憂ちゃん、先ずは落ち着いて」

さわ子「順を追って説明しなさいっ!」

憂「私は…」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:39:44.37 ID:XS2CLhwc0
回想

梓「おじゃましまーす!」

唯「ただいまー」

憂「梓ちゃんいらっしゃい、お姉ちゃんお帰りっ」

梓「あっ、イイ匂い」

憂「えへへっ、今日は梓ちゃんが来るからね」

憂「腕によりをかけたんだー」

唯「やったー、楽しみーっ」

梓「ありがとう憂…」

憂「梓ちゃん、今夜は三人で、いっぱい遊ぼうねっ」

梓「うん!」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:41:22.39 ID:XS2CLhwc0
憂「じゃあ、私はごはんの用意をするからね」

唯「じゃあ、あずにゃん、いっしょに遊ぼっ」

梓「そんなのダメですよっ、憂にばっかり働かせちゃ悪いですっ」

唯「えーっ、憂はいっつもやってくれるよーっ?」

梓「そんなに妹に甘えて、恥かしくないんですかっ!?」

梓「憂、私も手伝うよっ」

憂「いいんだよ梓ちゃん、私は梓ちゃんがお姉ちゃんと遊んでくれた方がうれしいなっ」

梓「そんな、憂はいつも先輩を甘やかすんだからーっ」

唯「いいじゃん、あずにゃん」ダキッ

梓「にゃっ、ちょっと、抱きつかないで下さいっ」バタバタ

唯「良いではないかぁー」

梓「ちょっと、憂が見てますからーっ!」モジモジ

唯「見せ付けてあげれば良いではないかぁー」ギュッ

憂「」

憂「……」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:56:30.23 ID:XS2CLhwc0
憂(あんなにお姉ちゃんにギュッとされてっ!)

憂(許せないっ、絶対に許せないっ!!!!!)

数時間後

梓「あーん、また憂に負けたーっ!」

憂「惜しかったね梓ちゃん」

梓「今度は絶対に勝つよーっ!」

憂「へっ?何言ってるの?」

憂「梓ちゃんがこの尻相撲で、私に勝てるわけ無いよ」

梓「憂っ、何なのその言い方!」

憂「別にー、本当の事言っただけだから」

憂「梓ちゃんの貧相な硬尻ごときじゃ」

憂「私の程よいボリュームがキュッと締まったお尻に、勝てないのは明白じゃない?」

梓「もう頭にきたっ!もう一度勝負っ!!!」

唯「ちょっと二人ともー、尻相撲は楽しくやろうよーっ」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:06:49.11 ID:XS2CLhwc0
憂「いいけど次の勝負は、お姉ちゃんを賭けるってのはどお?」

唯「ちょっと憂、何言ってるの?」

梓「唯先輩を賭けるって、どういうこと?」

憂「つまりね、次の勝負、梓ちゃんが勝ったら」

憂「お姉ちゃんとの交際を認めてあげるよっ」

梓「えっ、ホンとっ!?」

梓(最大の難関を越えるチャンスが、こんな所でっ!?)

唯「ちょっと二人とも何言ってるの?女の子同士で交際なんて、あるわけ…」

梓「その勝負っ、乗ったっ!!!」

唯「へっ、あずにゃん!?」

梓「約束はちゃんと守ってもらうからねっ!!!」

憂「いいよ、でもね、梓ちゃんが負けた場合」

憂「お姉ちゃんから手を引いてもらうよっ!!!!」

梓「えっ!?」

梓「そ、そんなぁ…」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:17:44.83 ID:XS2CLhwc0
憂「どうしたの?怖気付いちゃったぁ?」

憂「そうだよね、梓ちゃんの駄尻が、私のパーフェクトヒップに」

憂「まったくかなう訳ないもんねー」

梓「ぐっ…」

憂「やっぱりお姉ちゃんに相応しいお尻は、私の様なお尻だよねー?」

梓「ぐぐっ…」

唯「え?ちょっと、私に相応しいお尻って…?」

憂(お姉ちゃんにくっつき過ぎな梓ちゃんも、これで少しは懲りただろうねっ)

梓「やるです…」

憂「へっ?」

梓「やってやるです!」

梓「その勝負っ!受けて立ちますっ!!!!」

憂「ええっ?」

憂「本当にいいの?梓ちゃんっ!?」

憂「負けたら、お姉ちゃん無しの生活になっちゃうんだよっ!?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:28:38.70 ID:XS2CLhwc0
梓「それは覚悟の上っ!」

梓「あずにゃんには、越えなきゃならない壁と」

梓「守り貫かなければならないものがありますっ」

梓「ただ、その両方の闘いが、いま一度に起こるというだけっ!」

梓「一歩も引く気はありませんっ!!!!」ダーンッ

唯「あず…にゃん?」

唯(すごいっ、話しの流れは全然意味不明だけど)

唯(小柄のあずにゃんが山のように大きく感じるっ)

唯(なんと言う覚悟っ!!!なんと言う気迫っ!!!)

憂「!!!?」

憂「そう…」

憂「私、誤解してた」

憂「私、梓ちゃんを舐めてたっ!」

憂「あなたにそれ程の覚悟があると言うのなら」

憂「いいでしょう、今こそ私の本気、見せてあげますよ…」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:41:01.36 ID:XS2CLhwc0
憂「はぁーっ!!!!!」

ゴゴゴゴゴゴッ

唯「!!!?」

唯(大気が、震えているっ!!!!)

唯(地球が憂のパワーに恐れをなしたとでも言うのっ!?)

梓「イザッ!!!!!!!!!!」

憂「勝負っ!!!!!!!!!」

ぽよんっ ぽよんっ ばいんっ

唯「!!!?」

唯「なんなのこれっ!?」

唯「未だかつて、この様な壮絶な尻相撲があっただろうかっ!?」

唯「私は神に、歴史の目撃者として選ばれたとでも言うのっ!?」

憂「えいっ、えいっ」

梓「とりゃっ、とりゃっ」

ぱいんっ ぱいんっ ぷりんっ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:52:33.59 ID:XS2CLhwc0
回想終わり

憂「その激しい戦いは六時間以上続き…」

憂「結局お互い衰弱するまで勝負付かず…」

さわ子「……」

憂「再戦で決着を付ける約束はしたけど」

憂「次の戦いに備えて、梓ちゃんはインドの尻仙人の元へ修行に行っちゃった…」

純「……」

憂「私は格下の梓ちゃんに引き分けた事がショックだったけど」

憂「さらにパワーアップしてくるであろう梓ちゃんの尻対策に」

憂「今だってお尻に鉄アレイを挟んだままの生活で」

憂「基礎尻力をアップ」

憂「そのせいでちょっと力んでイライラしてるように見えただろうけど…」

純「」

純「はぁ?」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:54:30.29 ID:XS2CLhwc0
観念を捨てて現実に生きろ


sxbvmiooeioi:@tawvm,\ov9i@se]avk,urosmb@zsac@o-^b/fe,vsvjfd[ak;

コメント

No title

ほのぼの系の話だと思ったのに……!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。