FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「隠れヤンデレな妹?…ハッ」2

ほのぼの

男「隠れヤンデレな妹?…ハッ」 >>94から

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:06:25.97 ID:X+qG2wngO [81/119]
『4月9日 いよいよ私も男と同じ高校生だ。これで私達は片時も離れることがなくなった。男をたぶらかす悪い女は、私が』

男「ここ…文字がぐちゃぐちゃで読めん」
男「じゃ、昨日の見るか」

『男が女の人と帰っていた。しかも交流会で私とペアになった人。許さない。絶対に許さない。
私はまた男の前で脱いだ。私が肌を見せていいのは男だけ。私が肌を重ねてもいいいのも男だけ。私は男のもの。でも、男も私のものって事をちゃんとわきまえて欲しい。
男から許可もおりた。もう離さないから。もう逃がさないから』


男「…」ゾクッ

ガタンッ
男「!」ビクッ


妹「…」
男「あ…」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:11:15.32 ID:X+qG2wngO [82/119]
妹「みたの?」

男「あ、すまん…」

妹「そう…見たんだ…これが本当の私…今まで隠して来たけど、こんなに私は男が好きなの…」

男「そ…そうか…」

妹「今日は見なかったことにしといてあげる」

妹「でも…」

妹「あははっ」

男「……っ!」

225 名前:バッドエンドというか妹エンドな[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:14:55.83 ID:X+qG2wngO [84/119]
翌日
学校

男友「それはお前が悪い」

男「ですよね」

男「でもまぁ…すまんな、相談できるのはお前くらいしかいないんだ…」
男「女に知らせたら…パニックになるし…」

男友「よし、お前にテストをする!」

男「テスト?」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:17:45.16 ID:X+qG2wngO [85/119]
授業終了

男友「ちょっとトイレ行ってくる」

男「あぁ」

男友「そこの俺のノート、見るなよ」

男「あ…あぁ…」



男「ん…この表紙は…」

男「…」ウズウズ

男「…」ペラ

『いえーい!男!見てるー?』


男「…」パタン

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:29:29.00 ID:X+qG2wngO [86/119]
一年生狂室

妹「一年友ちゃん…」

一年友「なぁに?」

妹「好きな人…誰?」

一年友「い、いきなり!?」

一年友「う~ん…妹ちゃんの前で言うのもアレだけど、やっぱり男さんかなぁ?」

妹「やっぱりそうなの」

妹(この子…男にはやっぱり危険)

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:34:43.35 ID:X+qG2wngO [87/119]
休み時間
男友「ん?なんだ?あの子。一年生みたいだけど」

男「ん?…あっはいはいあの子ね」
男「どうしたの?」

一年友「えへへっ来ちゃいました」

男「来ちゃいましたじゃなくて…」

一年友「あの…その…」モジモジ

男「…ん?」

一年友「アドレス…と番号…交換しても…いい…ですか?」

男「あ、あぁ。もちろん」

一年友「!」
一年友「ありがとうございますっ!」
―――
――

男「ほい」

一年友「ありがとうございます!!今晩電話しますねっ!」

男「はいよ」

男友「可愛いなぁ、あの子。でも男、お前は死ね」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:44:46.92 ID:X+qG2wngO [88/119]
自宅
ピリリリリリ
男「来たか」
男「もしもし」

一年友『夜分遅くにごめんなさい…あの…男さんは』

男「これ俺の携帯だけど」

一年友『!?』
一年友『わわっごめんなさい!』

男「う…うん」

一年友『一年友です!急にかけてきてごめんなさいっ!でも男さんの声が聞きたくって…』

男「聞きたかったんですか」

一年友『ぅ…ぁ…変な…意味じゃなくて…///』
――

男「じゃ、おやすみ」

一年友『おやすみなさいっ』

男「ふぅ」

妹「誰?」

男「お前の…いや、なんでもない。ただの知り合いだ(あの日記を見る以上ヤバイ。なんで俺番号教えちまったのか…)

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:51:15.29 ID:X+qG2wngO [89/119]
翌日

学校

一年友「えへへっ…」ニコニコ

妹「?」
妹「何かいいことあったの?」

一年友「えっとね……」
『男「このことは妹にもナイショだぞ(頼むから)」』

一年友「……ナイショッ!」

妹「?」
妹(何にせよ、早く手を打たないと…もしこの子のご機嫌が男と近づいたから、とかだったら…)


一年友「?」

一年友「どうしたの?携帯とりだして」

妹「急用」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 18:56:45.08 ID:X+qG2wngO [90/119]
三年教室

女「…男?どうしたの?」

男「何が?」

女「最近…変。ちゃんと寝てる?御飯食べてる」

男「大丈夫大丈夫、家に帰ったらむしろ食っちゃ寝してるくらいだ」

女「なら…いいけど…」

男(本当は妹が怖くて夜も眠れません、食事も喉を通りません)

女「本当に体には気をつけてよね…」

男「心配かけてごめん」

女「し、心配とかじゃなくて…!!///」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:07:27.35 ID:X+qG2wngO [91/119]
自宅
妹「男はさぁ…」

妹「誰が好きなの…?」

男「言わないって言った筈だが」

妹「…ふぅん…」

男(マズイな…)

妹「私は…ずっと…変わらないから…ずっと…」

男「……」

妹「…男と…していい…?」

男「だ、だめだ」

妹「なんで?」スクッ

男「兄妹だからだ」ジリ…

妹「してる兄妹もいるよ?」ズイ

男「漫画の見すぎだ」ジリ…

妹「う…これだけは言っとく。男が私以外としたら…許さないから…絶対に」

男(それは俺を?相手を?)

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:14:33.09 ID:X+qG2wngO [92/119]
翌日
自宅

男「また風邪ひくとか…」

妹「大丈夫?」

男「お前は大丈夫みたいだな、よし、学校に遅刻するぞ。行ってこい」

妹「いや」

男「嫌ってお前…」

妹「今日は男の看病する」

男「いや、ただの風邪だから」

妹「………」
妹「……」

男「…わかったよ…」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:19:54.05 ID:X+qG2wngO [93/119]


妹「お昼…作った」ボタボタ…

男「お、マジか…」
男「なんでそんなに手が血まみれなの?」

妹「切るの失敗した…」ボタボタ…

男「失敗しすぎだろ、この前の俺がいないときは?」

妹「ちょっとだけ」

男「不器用だなぁ、もう」

男(気合いいれすぎだろ…)

男「あ、おいし」

妹「!!」

男「おいしいです」
妹「……っ…///」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:25:30.76 ID:X+qG2wngO [94/119]
男「昼飯食ったら眠くなってきたな…」

男「やっと久々に寝れる…Zzz…」

妹「……」
妹「……」スッ

妹「膝枕……///」キラキラ

ヴヴヴ

妹「?男の携帯…?」

FROM:一年友

本文:大丈夫ですか!?風邪って聞いて…とにかく安静にしててくださいね?


妹「…」

妹「周りには敵がいっぱいいるんだね、男……」

妹「あははっ」ザワッ…

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:35:26.96 ID:X+qG2wngO [95/119]
翌日

男「復活」

男友「おう」

女「大丈夫?」

男「うん、もう大丈夫」

男(しかし妹があんなに料理苦手だったのは意外だったなぁ

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:40:47.58 ID:X+qG2wngO [96/119]
一年生狂室

一年友「あ、おはよーっ!」

妹「おはよ」ザワッ

一年友「…っ」ゾクッ
一年友(何…?今の寒気…)

妹「あのさぁ、一年友ちゃん…」

一年友「なぁに?」

妹「私達…友達?」

一年友「何言ってるのさ、当たり前でしょっ!」

妹「じゃ、頼み事があるんだけど」

一年友「なぁに?何でも聞くよ?」

妹「放課後、ついてきて欲しいところがあるんだー…」

一年友「わかった!」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:46:04.51 ID:X+qG2wngO [97/119]
自宅

男「ふいーただいまーっと」
男「まだ妹は帰ってないのか…」
男「晩飯の準備でもするか…」
―――
――

男「遅いなぁ…」

男「あいつ、もしかして不審者に襲われたりしてねーだろな…」
男「あー見えても俺の可愛い妹だ、ちょっくら様子見てくるか」

ピリリリリリリリリ
男「?もしもし」

???『ハァ…ハァ…ゼェ…ゼェ…』

男「…もしもし?」

一年友『ハァッ男…さんっゼェッゼェッ助けて!!助けてぇえ!!』ブツッ

男「な…」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:51:37.15 ID:X+qG2wngO [98/119]
2時間前

妹「着いたよ」

一年友「?ついてきて欲しいってここに?何もないけど…」

ザ…
野郎「やぁ、君がネットで有志を募集してた子か」

妹「はい」

野郎「その子は?」

妹「例のターゲットです」

一年友「…え…?」

野郎「おい!お前ら!見つけたぞ!ターゲットだ!」

一年友「え…何…何…」

妹「ごめんね、でも男に近づく一年友ちゃんが悪いの…」

一年友「い…や…(私…何されるの…?怖い…怖い…)」

一年友「ッ!!!」ダッ

野郎「逃げたぞ!追え!」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 19:52:22.29 ID:X+qG2wngO [99/119]
予告通り今から10時くらいまで消える

ノシ

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:07:53.67 ID:X+qG2wngO [100/119]


男「ヤバイみたいだな…」
男「くそ、電話はもう繋がらないか…!」



一年友「そんな…妹ちゃんが……夢…こんなの…こんなの夢だよね…」フルフル…

ガシッ

野郎「捕まえた」

一年友「あ…あぁぁあぁあ……」ガタガタガタガタ

一年友「あ…あ…」チョロ…チョロチョロ…

野郎「あーあーお漏らしか…」
野郎「おーい捕まえたぞ!」

妹「一年友ちゃん…ごめんね…」

一年友「ど…どーして…?どーしてぇ?」ガタガタ

妹「一年友ちゃんは、男をたぶらかす悪い魔女なの…」

野郎「魔女狩りってか?ダハハハハハッ!」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:12:10.34 ID:X+qG2wngO [101/119]
一年友「わ…私…私…」

野郎「これからどうなるかって!?そうだな…」

妹「…もう男には会えないよ…」

一年友「ッ!…いやっ…」

野郎「まぁ、これだけの上玉だ、外国にでも売り飛ばすか」

一年友「いや…いや…お願いします…やめてください…」ガタガタガタガタ

妹「さようなら…一年友ちゃん…」

一年友「いやぁあああああああッ!!!」

野郎「静かにしやがれ」
ガッ

一年友「ぁ…」
ガクンッ

妹「さようなら…」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:15:03.80 ID:X+qG2wngO [102/119]
自宅

男「くそ…場所がわからないと動こうにも動けないぞ…」

ヴヴヴッ

男「メールか!」

FROM:一年友

本文:ごめんなさい、さっきの電話はドッキリでした。あと私はもう遠いところに引越します。もう会うこともないでしょう。さようなら


男「え……」

男「どういうことだよ…それ…」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:18:04.16 ID:X+qG2wngO [103/119]
深夜

妹「…」ガチャ…

パッ

妹「!」

男「どこほっつき歩いてた」

妹「電車の中で…寝ちゃって…あはははっ」

男「笑いごとじゃないだろ、何かあったらどうするんだ」
男「それより聞いたか?」

妹「?」

男「一年友ちゃん…引っ越すんだってさ」

妹「そ…そう…なんだ…」

妹「あははっ」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:35:31.64 ID:X+qG2wngO [104/119]
妹部屋

妹「う…ッ…」スパッ
ドク…ドク…

妹「一年友ちゃん…ごめんなさい…でも…」

妹「男と…お兄ちゃんと私が一緒になるためには仕方ない犠牲なの…」

妹「ごめんね、一年友ちゃんは悪い魔女だからこうなったんだよ…あははっ…」ドクドク


翌朝

男「どうした?手首に包帯なんか巻いて」

妹「ちょっと昨日すりむいてたの忘れちゃってて…えへへっ」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:42:27.13 ID:X+qG2wngO [105/119]
学校

男友「おう、今日のお前、えらくヤツれてんじゃねーか」

男「あぁ、妹が深夜に帰ってくるまで起きてたんだぞ…しかも朝早く起きて弁当作らにゃならんし…」

男友「そっか…大変だな…兄妹二人だけで暮らすってのも…」
男友「あ…ごめん」

男「いい、いい。俺の両親が死んだことなんざ今は忘れてる時間の方が大半だ。なんせ俺が小6の時で、妹は小4だからなぁ」

男「ただ妹がなぁ…中学からおかしくなってだな…」

男「やっぱ両親ってのがいた方が子供はマトモに育つのかねぇ…」

男友「俺にとってお前はマトモ以外の何物でもないぞ」

男「ああ、ありがとう」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:49:31.44 ID:X+qG2wngO [106/119]
自宅

妹「ねぇ」

男「ん?」

妹「やっぱり…ダメ…?」

男「何が?」

妹「…するの…」

男「この子はまた性懲りもなく…ダメ」
男「はぁ…親父とお袋が生きてて、これを聞いたらなんていうか…」

妹「兄妹なんだからさ、私…もう…ガマンできないの…ここ最近ずっとタマッてて…」

男「ここ最近って以前したことあるみたいに言うな…!」

妹「うぅ…」

男「はやくいい人見つけなさい!ちゃんとした人だぞ?この歳でセフレとかはダメだぞ!」

妹「うぅ…」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 22:53:32.80 ID:X+qG2wngO [107/119]
学校

男友「正直うらやましいんだけど」

男「うらやましいもんか、毎日が命懸けだ。いつあいつの気に触れて刺されるかわからん」

男友「ヤッちゃえばよかったのに…」

男「ばかっ!ヤるわけないだろうが!!」

男友「ん?」


妹「…」ヒョコッ

妹(男…最近男友って人といつも一緒にいる…まさか…まさか…!!)

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:01:47.10 ID:X+qG2wngO [108/119]
妹(た、たしかに私も一年友ちゃんをレズ調教したりしようと思ったけど…!)
妹(男がそんな趣味じゃないとは思うけど…思うんだけど…!)

妹(よ…よーし…!)

男「何か言ったらどうだ」

妹「あッ」

男「何の用かな」

妹「お…お弁当…一緒に食べようかなっ…て…」

男友「じゃ、俺も」

妹「…!!」ギロッ

男友「ち…ちょっとお腹痛くなってきたから保健室行ってくるわ…はは…」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:04:44.41 ID:X+qG2wngO [109/119]
屋上

妹「ねぇ」パクパク

男「ん?」パク

妹「あの…男友って人とどういうカンケイ?」

男「どういう関係って…ただの友達だよ」

妹「本当に?」

男「どこに疑う余地があるってんだよ…」

妹「…ふぅん…」パクパク

男「なんか釈然としないなぁ…」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:08:07.36 ID:X+qG2wngO [110/119]
自宅

男「ほら、包帯替えるぞ」

妹「っ!これは…自分で替える…」

男「ん?できるか?」

妹「うん…」

男「じゃ、晩飯できたら呼ぶからな」


妹「う…」バリ…バリ…

妹(この傷痕は見られたくないもん…男にも…)

妹「痛っ…」バリッ


300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:12:43.76 ID:X+qG2wngO [111/119]
深夜

男「今日の妹なんかいつもより変だったなぁ…」

男「まぁ…変なのはいつもの事か。寝よ」

男「Zzz…」
―――
――

男「ん」パチッ

男「…」ギチギチ

男「ん!?」ギチギチ

男「動けん…なんだこれ…」

妹「あちゃー、起きちゃった…」

男「!?なんだよこれ!」

妹「だってぇ、男がもしかしたらアッチの趣味の人かも知れないからさー」

男「なんだよアッチの趣味って」

妹「私の…女の子のカラダの良さを知ってもらって、引き戻してあげようかなーって…あははっ」

男「えっ」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:17:53.87 ID:X+qG2wngO [112/119]
男「こらこら」

男「今なら怒らないからほどきなさい」

妹「だーめ!完全にスイッチ入っちゃった…『お兄ちゃん』っ」

男「ぬ…」

妹「だってぇ、いつも男友って人と一緒にいるからさぁ…お兄ちゃんがソッチの趣味なんじゃないかって…」

男「俺は大丈夫だ!健常者だ!!だから解け!」

妹「口ではどうとでも言えるもんねー。じゃ、始めよ」

男「おい、ズボンずらすな。上げろ上げろ」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:24:57.13 ID:X+qG2wngO [113/119]
妹「見るの…小学生の時以来だね…」

男「見るな見るな、さ、元にもどしなさい」

妹「ん」パクッ

男「こっこら!」

妹「ん…じゅる…んちゅ…」

男「…くっ…」

妹(わぁ…どんどんおっきくなってる…こんなの…入るのかなぁ…)

妹「ん…じゅ…」スッ…
スリスリ
妹「ふぁっ」

妹「はぅうん…むぅ…ちゅっ…」

妹(いつも一人でするのと全然違う…パンツごし軽くこすっただけでもイッちゃいそう…)

男「やめろって…う…」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:30:12.51 ID:X+qG2wngO [114/119]
男「ぐっ」

ビュッ

妹「あっ!?」ピチャッ

妹「あぅ…顔べとべと…」

男「ふぅ…これで満足したろ?さ、明日も早いんだ!おやすみなさい!」

妹「ダメッ!」
妹「見て…私のココも…もうこんなにトロトロなの…」ヌチュ…

男「な…」

妹「言ったよね?女の子のカラダの良さを教えるって…」

男「おいまさか…」

妹「…いくよ…」ドキドキ…

男「今ならまだ間に合う!やめろ!」

ジュブッ!

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:35:47.18 ID:X+qG2wngO [115/119]
男「ぐぁっ」

妹「ひぐぅっ!?」
妹「あぁあッ!痛い!痛いよぉぉッ!!」

男「お前…初めて…?」

妹「あぁう…痛い…痛いいぃ~…」

男「もうやめろ!無理するんじゃない!!」

妹「無理なんかしてな…くぅうん…」

妹「動くよ…」
妹「…ぁっ!…痛ッ…!いっ…!ぁっ!」

男「やめろ!」

妹「だめぇ…男と一つになってるもん…止めらんないよぉ…」

妹「痛くて…痛くて気持ちいいのぉ…」
男「な…」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:44:46.19 ID:X+qG2wngO [116/119]
妹「あはぁあ…男のこと考えてたら…気持ちいいのぉ…」

男「やめろ!こんなこと兄妹でするもんじゃねーだろ!」

妹「だめぇ…腰が勝手に動いちゃうぅ…」ユッサユッサ

男「ぐ…」

妹「あっぁ!?気持ちいい!!スゴイィイッ!もっと!もっと奥まで入ってきてぇえッ!!」

男「ぐっもう限界だ!おい!下半身を抜け!!」

妹「だめぇええ!気持ちよすぎてやめらんないよぉ!」

男「ぐっ出そうっ」

妹「んぁああああッ!!!」ビクビクッ
妹「あっ…」ガクンッ ドサッ

ヌポッ…

男「ぐ…」ビュッ…

男「直前で妹がイッたせいで下半身が抜けてよかった…間一髪…ふぅ…」

妹「あ…あぁあ…ぁ…」ビクンッビクンッ

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:48:04.71 ID:X+qG2wngO [117/119]
翌朝

男「……」

妹「ねぇ、男ぉ」

男「……」

妹「股間のところが…すっごく痛いの…昨日初めてだったからかなぁ…」グスッ

男「……」

妹「聞いてる?」

男「……」

妹「いいもん、今日学校で皆に自慢するから」

男「もう無視しないから、それだけはやめろ」

318 名前: ◆jZ.KaX65jw [トリ] 投稿日:2010/07/17(土) 23:51:04.12 ID:X+qG2wngO [118/119]
学校

男「ちょっと今日から俺、お前とあんまり話さないことにしたわ」

男友「なんで?」

男「妹の本気を見たからだ」

男友「どういうこと?」

男「すまん、こればっかりは詳細を言うわけにはいかん」

男「じゃな」

男友「……」



男友「逃がしたか…」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 23:55:07.69 ID:X+qG2wngO [119/119]
女「あのさ、男」

男「なに?」

女「今日、一緒に帰ろ」

男「えっ」

女「ね?」ニコッ

男「いいの?」

女「うんッ」

女(私…戦うんだから…妹ちゃんの圧力なんかに屈しないから…ッ!)

326 名前: ◆jZ.KaX65jw [私が>>1] 投稿日:2010/07/18(日) 00:00:36.44 ID:o2AwAQYwO [1/58]
帰り道

女「こうやって帰るの久しぶりだね」

男「そういえばそうだな…」

女「私ね、いつも思ってたんだけど」

女「男っていっつも何かに振り回されてるよね」

男「そう?」

女「そうにしか見えない」

女「だからさ、時には…」
女「本当に間違いだと思った時は…振りほどく勇気も必要だよ?」

男「…」
男「そうだな…」





妹「また…あの女なのね…」ザワッ

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:08:53.00 ID:o2AwAQYwO [2/58]
自宅

男「ただいまー」

妹「おかえり…」ザワッ

男「…!?」ビクッ

妹「今日…誰と帰ってきたの…?」

男「ひ…一人だけど?」

妹「嘘つきッ!!!!」ガシャンッ!!

男「わっ!落ち着け!」

妹「なんで嘘つくの!?嘘ついてまであの女と一緒にいたいの!?昨日私達がしたことは何だったの!!?」

男「いや…あれはお前が強引に…」

妹「やっぱり…あの女が諸悪の根源なんだよね…」
妹「殺さなきゃ」

男「な…おい!」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:17:40.69 ID:o2AwAQYwO [3/58]
男(間違いと思ったことには…立ち向かう…か…)

男「そんなことをする妹は、俺はキライだ!!」

妹「ッ!!」

妹「そん…な…」

男「だからもう…」

妹「ア…アハハハ…」

男「?」

妹「アハハハハハハハッ!!お兄ちゃんもうそこまで毒されてたなんて!アハハハハハハハッッ!!」

妹「もー許さない…私のお兄ちゃんをこんな風にして…ウフフフ…」

男「おい!俺は何も毒されてなんかない!!」

男「今日は…今日は落ち着け…明日、もう一度話をしよう…」

妹「ウフフフ、今日は…ね。明日になったら殺してもいいのね…明日が楽しみ…」

妹「アハハッおやすみなさいっ!おにぃーちゃん!あははっ」

男「………くそっ…」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:20:03.46 ID:o2AwAQYwO [4/58]
翌朝

男「おい、朝だぞ…起きろ…」

妹「ん…」

男「さ、学校行くぞ、早くしないと遅刻するぞ」

妹「…うん…」

妹「いよいよ今日だね…」

男「……覚えてたのか…」

妹「もちろんっ」

妹「あはははっ」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:24:01.82 ID:o2AwAQYwO [5/58]
学校

男「なぁ、女」

女「なに?」

男「今日はもう家に帰ってくれないか?じゃないと…」

女「なんで?」

男「それは…」

女「妹さんの事?」

男「う…」

女「ごめんね…私…決めたの…ちゃんと戦うって決めたの…」

男「な…」

女「だから…妹さんと…もっと…話をしたいな…」

男「ぅ…」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:27:48.11 ID:o2AwAQYwO [6/58]
帰りみち

男「ここなら、まぁ人も多いし、急に来ることはないだろう…」

女「…うん…」

男「妹は…」

女「ん?」

男「妹は…最初からあんなんだったんじゃない…本当に優しい面もちゃんとあるんだよ…それが…」

男「俺のせいで…こんなことに…」

女「ううん、男が気に病むことはないよ」

女「誰のせいでもないよ…こんなの…」


妹「見ぃつけたっ」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:34:03.70 ID:o2AwAQYwO [7/58]
男「おう、たいした偶然だな」

女「こんにちわ」

妹「あれぇ?またその女と一緒にいるの?」

妹「ほら…やっぱり悪い魔女…殺さないと」

男「待て!」ガシッ

妹「離してよぉ、その女殺せないよぉ…」

男「殺す必要はない!頼む!その刃物しまえ!」

妹「男がそういうなら…」スッ

女「こんにちは、話をしよ」

妹「……」ジトッ…

女「そんな目しても無駄よ、私はもう負けないんだから」

妹「魔女のくせに…あははっ…」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:40:39.27 ID:o2AwAQYwO [8/58]
男「ここじゃアレだから、歩きながら話すか」


女「妹ちゃんは、お兄さんの事が好きなんだよね」

妹「うん…大好き…世界で1番…」

男「よくそんな事を外で言えるな…」

女「そう…好きなのね…やっぱり…」

妹「でもあなたが男をたぶらかそうとするから、私が守ってあげないと…」

女「たぶらかす?私だって本気で男のことが…好きなの」

男「えっ」

女「あ……///」
女「コホンッそういう事なの」

妹「皆本気で、純粋な気持ちでって言うよ?もう聞き飽きちゃったくらい…」

女「じゃ、貴方の本気も疑わしいけど」

妹「…なっ…!?」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:49:01.08 ID:o2AwAQYwO [9/58]
妹「ふぅん…」

女「何?」

妹「そうやって男をたぶらかしたんだぁ…」

女「聞いてる?」

妹「男を本当に愛してるのは私だけなの!!」

男「どこにそんな根拠が…」

妹「私…知ってるんだよ…?お母さんとお父さんが死んじゃってから…男が必死で…必死で私達の身寄りを探して…」
妹「でも伯父さんからも、伯母さんからも…親戚の人みんなにタライ回しにされて…」
妹「男が…男が…私をたった一人で育ててくれたの!!どれだけ親戚の人に酷い目に合わされても、私だけを見ていてくれたの!!だから私は…私は…!」

女「そんなことが…」

男「お前…」

妹「今度は私が男を…お兄ちゃんを守る番なんだ…だから私は…」

プップーッキキィイイイッ!!

男「危ないッ!!!」

妹「…え?」


ドンッ!!

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 00:56:03.55 ID:o2AwAQYwO [10/58]
男「お…おい!!しっかりしろ!!」

男「おい!起きろ!!早く!!」


『プップーッッッキキィ

女「あぶないっ!」ドンッ!

妹「っ…え……」

女(私じゃやっぱり…男の一番にはなれないや…)
女(ここで妹さんがいなくなっちゃったら、男が本当に独りぼっちになっちゃう)
女(私じゃそれを補うことはできないから…せめて…妹さんの命だけでも…)
女「妹ちゃん…あんまりお兄さんを困らせちゃダメだよ…?」
女「男…大好き…」

ドンッ!!!』

男「女ッ!!しっかりしろ!!」

妹「…あ…あぁあ……」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:00:20.13 ID:o2AwAQYwO [11/58]
男「ちょっと!!救急車呼んでください!早く!!!」

妹「ぁ…あああああ……」ヘタンッ…

妹「女…さん…」

妹「私…『私のせい』…で…」
妹「いやっいゃあああああ!!女さん!」ガタガタガタガタ

男「脈がない!誰か!誰か詳しい人いませんか!?誰かーッ!!」
――――
―――
――


366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:04:44.21 ID:o2AwAQYwO [12/58]
病院

妹「私…私の代わりに…女さんは…」ガタガタガタ

男「大丈夫だよ…きっと…女は大丈夫…あんなんで死ぬもんか…死んでたまるか…」ギュッ

妹「………」ガタガタガタ


ウィイイイン…

男「!」
男「先生!あの…女は…」

医師「…」

男「…先生?」

医師「……………」

男「え……?」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:12:10.75 ID:o2AwAQYwO [13/58]
次の日、女の通夜が開かれた。
とても辛気臭い音楽とは裏腹に、遺影用にプリントされた女の顔は、眩しいくらいに輝いていた。

妹は通夜にこなかった。いや、来れなかったと言ったほうが正しいだろう。

通夜に行く前、俺は妹の包帯を解かれた手首を見て唖然とした。

多分今まで傷つけてきた人の数だけ、その手首には痛々しい痕があったと思う。
その時も、妹はその手首にまた傷をつけていた

今までの傷より、比べものにならないほど大きな傷がそこにはあった

女への悲痛な謝罪の言葉とともに…

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:18:51.86 ID:o2AwAQYwO [14/58]
帰ると、妹は部屋にいなかった。ベランダに行くと、床に妹が倒れていて、上からは切れたロープが垂れていた

妹は目を覚ました。あんな顔は見たことは今まで一度もなかった

こんなに妹を泣かせたことは今まで一度もなかった

女はとてもいい人だった。俺はひどく混乱した。女の気持ちにもっと早く気付けばよかったと、ひどく後悔した。妹の苦痛にもっと早く気付けばよかったと、ひどく後悔した。

俺はこんなに混乱したことは、今まで一度もなかった

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:24:12.83 ID:o2AwAQYwO [15/58]
妹「う…うぅ…う…」

男「妹…頼むから…もう二度とこんなバカな真似はしないでくれ…」

妹「女さんは…私のせいで…ああ…う…」

妹「う…が…がはっ…うぇええっ」

ビチャビチャッ

男「落ち着け!!頼むから…ほら、小さかった、まだ両親が生きてたころのお前に戻ってくれよ…」ギュ…

妹「う…うぅ…」

妹「う、ぁああああああ…っ!!」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:31:31.83 ID:o2AwAQYwO [16/58]
女の不幸を目の当たりにして、妹は一気に崩れた。どうやら今までの精神的な 何かが、一気に決壊したみたいだった


両親が死んだ後、親戚にタライ回しにされたあと、途方に暮れる俺を見て、妹はただ笑っていた。

もしかしたら、あの時から妹は無理をしていたのかもしれない。俺のために無理をしていたのかもしれない。

俺は妹に女の分まで幸せになれといった。お前の幸せが、俺の幸せだと言った。女が死んで悲しい。悲しい悲しい悲しい悲しい悲しい悲しい。

でも、女はきっと妹と俺の幸せを願って死んだ。それを伝えた後、もう何時間かして、ようやく妹の涙がとまった

382 名前:あれ?バッドエンドじゃなくなっちまった[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:39:06.53 ID:o2AwAQYwO [17/58]
妹「男…」

男「お前は、両親がいない今じゃやっぱり不満か?」

妹「…」

男「女は…」

男「女は死んでしまった。でも…俺たちは乗り越えないといけない…。」

男「何ヶ月かかるかわからない…俺たちは女の死を…思い出を無駄にしちゃいけない…」

妹「………」

男「女の死を無駄にしないためには…幸せに生きるためには、二人で力を合わせるしかないんじゃないか?」

妹「………うん……うん…」

男「もう一度、兄妹で…やり直そう…。お前が本当に笑っていた時から…」

妹「…うんっ……」グスッ

男「ずっと…一緒だぞ…」

妹「……お兄ちゃん…………」ニコ…


おしまいける

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 01:40:20.99 ID:o2AwAQYwO [18/58]
いやぁ、即興がこんなに疲れるとは思わなんだ


見てくれていた人こそ本当に乙だと思う

ありがとう

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。