FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「こくはく!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/18(日) 22:02:15.94 ID:LV8CzGHG0 [1/15]
律「梓の奴おそいなー」

紬「今日はどうしたのかしら?」

唯「……」モジモジ

律「もう先にお茶しちゃおうよーっ」

澪「そんなの梓が可哀想だろっ!?」

律「何だよっ、遅れる梓が悪いんじゃないか」

澪「うーん、おかしいなぁ、梓なら遅れる時、必ず連絡してくれるんだけど…」

澪「唯は何か聞いてないのか?」

唯「えっ!?」ドキッ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 22:13:47.45 ID:LV8CzGHG0 [2/15]
唯「あのねっ、うん、あずにゃんはー」

唯「今日はお休みなんじゃ無いかな?」

律「そうなのか?早く言えよーっ」

律「梓からメールなり、電話があったのか?」

唯「うん、いや、どうかなっ?」アタフタ

律「???」

律「なんだよ、ハッキリしないなぁ」

紬「唯ちゃん、憂ちゃんから聞いたのかしら?」

唯「えっ…」

唯「憂は関係ないもんっ!!!」ガタッ

紬「きゃっ!」

律「おい唯っ、どうしたんだよ、急に興奮して!?」

唯「あっ、ごめん…」アセアセ

澪(何だろう唯の奴、さっきから様子がおかしいな)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 22:25:18.61 ID:LV8CzGHG0
澪「とにかく、梓は今日休みなんだな?」

唯「うん、そう思う…」

澪「理由は知ってるのか?」

唯「へっ?あれだよ、風邪だよっ」

律「風邪かぁー?それなら仕方ないな」

律「唯も知ってるんなら、早く言ってくれよー」

唯「うん、ごめんね…」

紬「でも風邪なんて、心配ね」

律「まあまあ、梓も来ないんなら、早速お茶しちゃおうっ」

澪「お前も少しは心配しろっ!」

律「風邪なんてすぐ良くなるってー」モグモグ

律「どうせ、明日には出てくるよっ」

律「なっ、唯?」

唯「あっ、うん、そうだねっ」オロオロ

澪(唯は何か知ってるのか?)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 22:33:43.08 ID:LV8CzGHG0
唯の家!

唯「ただいまー」

憂「お帰りなさい、お姉ちゃん」

唯「うん…」

憂「私、お夕飯作るから、お姉ちゃんは着替えてのんびりしててね」

唯「あ、ありがとう…」

憂「」

唯「……」

唯「じゃ、じゃあ私部屋へ行くねっ」アセアセ

憂「……」

憂「」トントントントン

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 22:40:02.96 ID:LV8CzGHG0
ガチャ

唯「はあっ、はあっ」

唯「ううっ…」

唯「ああっ…」

唯「どうしよう…」

唯「どうしようどうしよう」

唯「どうしようどうっしようどうしようどうしよう」

唯「どうしようどうしようどうしようどうしようっどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようっ!!!」

唯「はあっ、はあっ!」ガクガク

唯「私はどうすればいいの?」

唯「あずにゃん…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 22:43:51.56 ID:LV8CzGHG0
ドンドンっ!

唯「」ビクッ

憂「おねーちゃん」

唯「あ、どうしたの憂?」

憂「ごはん…できたよ」

唯「う、うん、今行くねっ」

憂「……早く来てね」

憂「冷めちゃうから」

唯「わかったよっ」

唯(まさか聞かれたっ!?)ブルブル

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 22:54:44.42 ID:LV8CzGHG0
カチャカチャ

唯「」モグモグ

憂「……」

憂「お姉ちゃん?」

唯「!?」

憂「どう、美味しい?」

唯「おいしいよ」

憂「よかった…」モグモグ

唯「……」

憂「お姉ちゃん、『気付いた』かな?」

唯「ええっ!?あ、ああっ、そんな知らないっ」

憂「そう…」

憂「おかしいな『気付かなかった』のかなぁ?」

唯「はあっ、はあっ、何がっ?」ブルブル

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:04:50.11 ID:LV8CzGHG0
憂「でも、『気が付かない』って事は」

憂「『成功』ってことかな?」

唯「えっ?えっ?」

唯「何の話っ?憂、何言ってるの!?」

憂「」

憂「変なお姉ちゃん…」

憂「料理の味付けの話だよー」

憂「ちょっと変えてみたの」

唯「料理の?ああ、ごはんの事だねっ」ドキドキ

憂「『気付かない』ってことは、おかしくないって事だよね」

憂「これって『成功』だよね?」

唯「せっ、成功だよっ!憂はいつも完璧だよっ」

唯「今回だって…」

唯「私は全然気付かなかったしっ!」

唯「うまくっ、あっ!おいしく、美味しくちゃんと出来てるよっ!!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:09:12.93 ID:LV8CzGHG0
憂「ふーん、そうなんだ…」

唯「……」

憂「じゃあ良かった!」

憂「何にも『心配』すること無いんだねっ!?」

唯「そ、そうだよっ」

憂「よかったぁー」

唯「は、ははっ」ドキドキ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:18:43.81 ID:LV8CzGHG0
ピリリリッ ピリリリッ

憂「お姉ちゃん、電話だよ」

唯「うう、そうだね…」

ピリリリッ ピリリリッ

憂「なんで出ないの?」

唯「で、でるよっ、今出るっ…」アセッ

ピリリリッ ピリリリッ ピッ

唯「はい」

『唯先輩っ、私です、純ですっ』

唯「!!!?」ドキッ

憂「どうしたの?お姉ちゃん…」

『もしもしっ、先輩っ!?聞こえますか?』

唯「う、わう、ああ…」

憂「ねえ、お姉ちゃん…?」

憂「『誰』からの電話?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:26:24.01 ID:LV8CzGHG0
『唯先輩っ、聞いてくださいっ』

『梓の話なんですっ!』

唯「ううっ…」

憂「だから『誰』からなの?私知りたいなぁー」

『梓、今日学校に来てなくて』

『それで、それはきっと憂がー』

唯「!!!?」

唯「もう切るねっ!」

『えっ!?そんなっ』

ピッ

憂「お姉ちゃん…」

憂「…何で切ったの?」

憂「…誰からだったの?」

憂「ねえっ、おねえちゃんっ!?」

唯「!!!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:35:11.15 ID:LV8CzGHG0
唯「ま、間違い電話っ」

憂「」

唯「間違い電話だったんだよっ、ほんとだよっ!」

憂「」

憂「そうなんだぁー」

憂「でも変だなぁー」

唯「えっ?」

憂「間違い電話に『もう切るね』なんて言うかなぁー?」

唯「は、ははっ、変かなぁー?」ドキドキ

憂「でも、お姉ちゃんなら言いそうかもねっ」

憂「そういう事にしようか」

唯「」ホッ

憂「じゃあ、お姉ちゃんっ」

憂「携帯見せてっ!」ニコッ

唯「!!!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:43:48.92 ID:LV8CzGHG0
唯「えっ、ええっ!!!?」アタフタ

憂「」

憂「なーんてねっ」

唯「!?」

憂「私、お姉ちゃんの事信頼してるもん」

憂「お姉ちゃんが私に『嘘』つく訳ないもんっ」

唯「うっ」ドキッ

唯「そりゃそうだよっ、当たり前だよ」アセアセ

憂「……」

唯(あずにゃんっ、私っ、私どうすればいいの!?)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/18(日) 23:52:02.29 ID:LV8CzGHG0
学校!

純「あっ、憂っ!」

憂「お早う純ちゃん」

純「今日も梓、来てないんだよっ!?」

憂「そうなんだ…」

純「昨日から、いや、一昨日の晩から携帯も通じないし」

純「きっと何かあったんだよっ」

憂「そうかな?」

純「『そうかな?』って…」

純「憂は、梓の事、心配じゃないのっ!?」

憂「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 00:01:17.04 ID:LV8CzGHG0
憂「でも…風邪かも」

純「はあ?」

純「一言連絡も出来ないほどの風邪?」

憂「おたふく風邪とか麻疹とか…」

憂「そんなのかも」

純「でも…一昨日は元気だったよ?」

憂「または家出かもね」

純「家出って?」

憂「全部が嫌になって飛び出したんじゃない?」

憂「どこか遠くに…」

純「梓が?悩んでる様には見えなかったしっ」

純「私達にも内緒でそんなことすると思うっ!?」

純「憂どうしたの?昨日からなんか変だよっ!?」

純「まるで、別人になっちゃったみたいっ!」

憂「……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 00:11:42.38 ID:O9fhAuka0 [1/13]
純「それに、一昨日の放課後っ」

純「梓、憂の家に行くって言ってたよっ!!!」

憂「!!!?」

憂「」

憂「だから、それは昨日、言ったじゃない」

憂「梓ちゃんはその日」

憂「家には来なかった」

憂「私は、梓ちゃんとは、会っていないって」プルプル

憂「嫌だなぁ純ちゃん、忘れちゃったの?」ギロリッ

純「ひっ!」ゾクッ

純「う、憂、その目やめてよっ」ビクビク

純「こわいよぉ…」ブルブル

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 00:25:58.38 ID:O9fhAuka0 [2/13]
軽音部の部室!

律「ありゃー、今日も梓は休みかー?」

紬「お風邪ひどいのかしら?心配だわ」

澪「そうだな、お見舞いにでも行くか?」

唯「!?」

唯「お見舞いはどうかなー?」

唯「ちょっと大げさなんじゃないかな?」アセアセ

律「そうかぁ?」

律「でも以外だな、唯が一番にお見舞いに行きたがりそうだけどな?」

唯「うっ」

澪「『あずにゃん成分がー』とか言い出しそうなもんだけど…」

唯「いやっ、そのっ…」

紬「私心配で、昨日梓ちゃんにメールしてみたんだけど、返って来なかったの」シュン

律「あっ、それ私と同じだ」

澪「やっぱりみんなもか?私もだったぞ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 00:37:47.35 ID:O9fhAuka0 [3/13]
律「あーっ!澪は自分だけが無視されたんじゃないかと心配で」

律「一番に言い出せなかったんだろっ!?」

澪「そっ、そんなこと無いっ」

律「よかったねー、澪ちゅわーん、梓ちゃんに嫌われてたんじゃないんだねー」

澪「うるさいっ」ゴンッ

律「ぎゃっ、殴ることないだろーっ」コブ

紬「唯ちゃんはどうだった?」

唯「へっ、私!?」

紬「唯ちゃんは、梓ちゃんと一番沢山メールしてる感じ」

紬「一度くらいは返事来なかった?」

唯「そうだねっ、えっと、来たかも…」

律「唯だけに返事するなんてずるいぞーっ」プクー

澪「返事来たのかっ?それでどうだって?」

唯「うんと、その…」アセアセ

澪(……やっぱりおかしい)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 00:49:35.92 ID:O9fhAuka0 [4/13]
澪「なあ唯、昨日から思ってたんだけどさ…」

ガチャ

さわ子「みんなっ、ちょっといいかしら?」

唯「さわちゃん…!?」

律「あーあ、せっかく今日も梓の分までお菓子を食べられるはずがー」

律「また独身ハイエナに嗅ぎ付けられたか」ヤレヤレ

さわ子「ダーレが独身ハイエナだってぇー」ギューッ

律「いはいっ、いはい、やめぺー」

さわ子「はっ、こんな事してる場合じゃない」

さわ子「実は梓ちゃんの事で、みんなに聞きたいのよっ」

唯「!!!?」ビクッ

律「梓?梓なら昨日から風邪で休んでるけどー?」ヒリヒリ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 01:06:23.43 ID:O9fhAuka0 [5/13]
さわ子「えっ、風邪?どうして風邪なのよ」

律「そんなこと知らないよっ、お腹でも出して寝てたんだろ?」

澪「おい律、そういう事聞いてるんじゃないだろっ」

澪「唯が風邪だって言ってたから」

澪「てっきり私達、梓は風邪で休んでいるのかと…」

唯「あっ…」ドキッ

さわ子「そうなの?」

さわ子「唯ちゃん、梓ちゃんが風邪だってのは誰から聞いたの?」

唯「えっ、誰って?それは…」

さわ子「……何か知ってるようね」

さわ子「唯ちゃん、正直に答えなさいっ!!!」

唯「わぁっ」ビクッ

紬「唯ちゃんっ…」

律「ちょっとさわちゃん、何怒ってるんだよっ!?」

律「唯がかわいそうだろっ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 01:17:01.98 ID:O9fhAuka0 [6/13]
さわ子「お願い唯ちゃん、真剣な話しなのよっ」

唯「うう…」

澪「先生…一体梓に何があったんですか!?」

さわ子「実は、梓ちゃん、一昨日から家に帰ってないんですって」

律澪紬「!!!?」

唯「……」

律「唯、お前っ、梓は風邪だって言ってたじゃないか!?」

紬「メールが来たっていうのは本当なの!?」

唯「……」

澪「唯、いい加減本当の事を言ってくれないか?」

澪「私達、仲間だろっ?」

唯「澪ちゃん…」

唯「」

唯「実は…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 01:23:49.15 ID:O9fhAuka0 [7/13]
回想!

梓「おじゃましまーす!」

唯「ただいまー」

憂「梓ちゃんいらっしゃい、お姉ちゃんお帰りっ」

梓「あっ、イイ匂い」

憂「えへへっ、今日は梓ちゃんが来るからね」

憂「腕によりをかけたんだー」

唯「やったー、楽しみーっ」

梓「ありがとう憂…」

憂「梓ちゃん、今夜は三人で、いっぱい遊ぼうねっ」

梓「うん!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 01:35:46.73 ID:O9fhAuka0 [8/13]
憂「じゃあ、私はごはんの用意をするからね」

唯「じゃあ、あずにゃん、いっしょに遊ぼっ」

梓「そんなのダメですよっ、憂にばっかり働かせちゃ悪いですっ」

唯「えーっ、憂はいっつもやってくれるよーっ?」

梓「そんなに妹に甘えて、恥かしくないんですかっ!?」

梓「憂、私も手伝うよっ」

憂「いいんだよ梓ちゃん、私は梓ちゃんがお姉ちゃんと遊んでくれた方がうれしいなっ」

梓「そんな、憂はいつも先輩を甘やかすんだからーっ」

唯「いいじゃん、あずにゃん」ダキッ

梓「にゃっ、ちょっと、抱きつかないで下さいっ」バタバタ

唯「良いではないかぁー」

梓「ちょっと、憂が見てますからーっ!」モジモジ

唯「見せ付けてあげれば良いではないかぁー」ギュッ

憂「」

憂「……」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 01:44:28.22 ID:O9fhAuka0 [9/13]
憂(えへへ、お姉ちゃんも梓ちゃんもかわいいな…)

数時間後

梓「あーん、また憂に負けたーっ!」

憂「惜しかったね梓ちゃん」

梓「今度は絶対に勝つよーっ!」

唯「あずにゃん、次は私とやろっ!」

梓「ん?」

梓「あっ、もうこんな時間っ!?」

梓「早く帰らなきゃ、怒られちゃう!」

唯「えーっ、あずにゃん、もう帰っちゃうのーっ!?」

唯「もっと尻相撲やろうよーっ!」

憂「梓ちゃん、今日はお泊りしちゃいなよっ」

梓「でも、そんな急にお泊りなんて、お母さん心配するし…」

唯「嫌だー、あずにゃん帰っちゃいやだーっ!!!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 01:52:42.03 ID:O9fhAuka0 [10/13]
梓「先輩、そんなこと言われても…」

憂「お姉ちゃん、あんまり無理言ったら、梓ちゃん困っちゃうよー」

唯「嫌だいやだっ!!!」

唯「あずにゃんと一緒にいたいもんっ!!!」ジタバタ

憂「お姉ちゃん…」

梓「」

梓「わかりましたっ!」

梓「私、ここにいますっ」

憂「いいのっ?梓ちゃん!?」

唯「やったーっ!!!」ワーイ

梓「それどころか、ずっとココにいますっ!!!」

唯「へっ?」

梓「私は今日から、平沢家の飼い猫あずにゃんですっ!!!」

唯「えええーっ!!!!!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 02:00:14.38 ID:O9fhAuka0 [11/13]
唯「それはちょっと…」アセアセ

唯「ねえ、憂?」

憂「やったねお姉ちゃん!梓ちゃん、私達の飼い猫になってくれるんだってっ!」キラキラ

唯「へっ?」

梓「だめにゃん、憂ご主人様!ちゃんと『あずにゃん』って呼んでくれだにゃん!」

唯「ちょっと…待ってよ二人ともっ」アタフタ

憂「あーずにゃん///」

梓「はい!ですにゃんっ」スリスリ

憂「えへへっ///」

唯「……」

唯「こんなの、変だよっ!!!!」

憂「全然変じゃないよお姉ちゃん」

憂「むしろ変なのはお姉ちゃんの方…」

梓「そうだにゃん、唯ご主人様も、早く私を可愛がるにゃんっ!」

唯「たーすーけーてーっ!!!!!」アワワワ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/19(月) 02:07:52.16 ID:O9fhAuka0 [12/13]
回想おわり!

唯「そんな訳で、一昨日からずっとあずにゃんは家にいるのっ…」

唯「私達の飼い猫としてっ!」

さわ子「……」

唯「私、何度も止めさせようと思ったんだけどっ」

唯「憂、なんだか怖くって…」

唯「あずにゃんも猫になりきって、すり寄ってしかこないし…」

澪「……」

唯「私、辛かったよーっ!!!」ポロポロ

唯「みんなぁ、内緒にしててごめんねっ!!!」ポロポロ

紬「……」

律「」

律「なっ…」

律「なんだそりゃっ?」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 02:11:00.77 ID:O9fhAuka0 [13/13]
観念を捨てて現実に生きろ

m8m.:;zra,.w:;/ty/\z@jvho:]rwejkelrmkl;wk,fp:sksu,v]k:drrdkrl;shuvdk@ofi


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。