FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「一緒に帰ろう、和ちゃん!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 22:38:51.37 ID:VVrQVE4Y0 [1/13]
唯「ねえ和ちゃん、今日は生徒会ないんだよね?」

和「そうだけど、唯は軽音部あるでしょ?」

唯「今日はみんなに用事があって、お休みになっちゃったんだよー」

和「そうなんだ、じゃあ一緒に帰りましょ」

唯「うん!」

和(唯と二人で帰るなんて、なんだか久しぶりね…)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 22:45:12.27 ID:VVrQVE4Y0 [2/13]
かえりみち!

和「ちょっと唯、あんまりくっ付かないで、歩きにくいわ」

唯「えーっ、いいじゃん」

唯「和ちゃんと一緒に帰るの久しぶりなんだしー」

和「私達もう高3でしょ、恥かしくないの?」

唯「ぜんぜん!」

和(唯ったら、軽音部に入ってちょっとは大人になったと思ったのに)

和(やれやれ、やっぱり変らないわね…)

唯「うふふっ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 22:52:55.66 ID:VVrQVE4Y0
唯「ねー、和ちゃん!何処かによって帰ろうよー」

和「せっかく早く帰られるんだから、真っ直ぐ帰りましょう」

唯「えーん、つまんなーいーっ!」

和「受験も控えてるんだし、勉強もしなきゃ」

唯「もう、和ちゃんは直ぐそんな事言うっ」ブー

和「当たり前でしょ、受験生なんだから」

唯「でも、和ちゃん…」

和「なに?」

唯「私と二人で学校から帰る事なんて、もう何回も無いかもしれないよ…」

和「えっ…!?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:00:30.22 ID:VVrQVE4Y0
和「そんなこと…」

唯「私達、普段は一緒に帰らないでしょ?」

唯「私、いっつも系音部のみんなと帰るし…」

唯「もしかしたら、これが最後かも…」

和「」

和「そうかもね…」

唯「私達小さい頃から、高校にはいるまでは」

唯「毎日一緒に帰ってたよね?」

和「うん」

唯「だから、これが最後かもって思うと、なんだか寂しくて…」

和「唯…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:08:25.05 ID:VVrQVE4Y0
和「でも、だからって離れ離れになる訳じゃないわ」

唯「ほんとに?」

和「ええ」

唯「嘘だよっ!」

和「!?」

唯「私は和ちゃんと同じ大学なんて行けないもん!」

唯「違うところで、違う生活をしてっ」

唯「お友達もそれぞれ違う人でっ」

唯「そのうち和ちゃんは、私のことなんて忘れちゃうんだもん!」

和「唯、ちょっと落ち着いてっ」

和「考えすぎよっ、会えなくなる訳じゃないでしょ?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:17:17.53 ID:VVrQVE4Y0
唯「大学の後は?」

和「えっ…?」

唯「和ちゃんは何処で働くの?誰と結婚するの?」

唯「私達、幼稚園からずっと一緒だったのにっ」

唯「もうココで、高校生でお別れになるんだよっ!」

唯「たまには会えるかもしれないけど」

唯「そう言う事じゃなくて…」

唯「何ていうか…」

唯「うまく言えないよぅ…」

唯「」

和「唯?」

和「あんた、泣いてるの!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:23:30.15 ID:VVrQVE4Y0
唯「ううっ、わだしっ、うっ、ぐすっ」ポロポロ

和「ちょっと唯、泣かないでっ」

唯「和ぢゃん、ぐすっ」ポロポロ

和「ほら、ハンカチっ」

唯「和ちゃーんっ!!!」ビエーン

和「ああ、どうしよう…」

和「ちょっと、私の部屋に来なさい」

和「少しお話しましょ」

唯「わーんっ、和ぢゃーんっ!!!!」グスグス

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:30:28.52 ID:VVrQVE4Y0
和ちゃんの部屋!

和「まったく、ほらっ、これでも飲んで」

唯「ううっ、いらないよぉ、ぐすっ」ポロポロ

和「カルピスよ」

唯「こゆい?」グスッ

和「ええ」

唯「ぐすっ、じゃあ飲む…」コプコプ

和(やれやれ…)

和「唯、大切な話があるわ」

和「よく聞いてね」

唯「うん…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:36:22.16 ID:VVrQVE4Y0
和「唯は中学まで私とべったりだったじゃない?」

唯「うん、いっつも一緒だったよ!」

和「でも今は違うでしょ?」

唯「それは、軽音部のみんながいるから…」

和「だからって、私達の関係は変らないわよね?」

唯「そうだけど…」

唯「本当は和ちゃんも一緒がいいもんっ」

唯「そうだ!今からでも和ちゃんも軽音部入ってよ!」

和「まったく、何言ってんのっ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:41:54.69 ID:VVrQVE4Y0
和「とにかく、私から離れて、軽音部に入った事で」

和「よかった事もあるんじゃない?」

唯「そりゃ、律ちゃんや澪ちゃんやムギちゃん」

唯「それにあずにゃんと仲良くなれてよかったよ!」

和「そうでしょ?」

和「人は別れ、新しい出会いをしていくものなのよ」

和「だからって、私達の友情は変らないわ」

和「ずっとね」

唯「和ちゃん…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:51:33.63 ID:VVrQVE4Y0
唯「でも、私…」

唯「やっぱり寂しいよっ」

唯「それに、私、和ちゃんにいろいろ迷惑かけてきたし」

唯「なのに私、和ちゃんに何もしてあげてないしっ」

唯「このままお別れなんてっ、イヤだよぅ…」

和「バカね、なに言ってんの?」

和「もう十分してくれたわよ」

唯「え?」

和「唯が一緒にいてくれて、楽しかったわ」

和「もし唯と出会えなければ、私の青春なんて、つまらなかったかも」

唯「和ちゃん…」

和「唯が私の幼馴染でいてくれてよかった」

和「きっと、お返しをしないといけないのは私の方」

和「唯、ありがとう、唯は私の一番大切な友達よっ」

唯「和ちゃーんっ!」ガバッ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 23:57:14.11 ID:VVrQVE4Y0
和「ちょっと唯っ、苦しいわ」

唯「和ちゃんっ、和ちゃんっ!!!」

唯「ありがとう和ちゃん、うれしいよっ」

唯「今までで一番うれしいよっ!!!」

和「唯…」グスッ

唯「へへっ、和ちゃんだってないてるじゃん」グスッ

和「あんたが変な事言わせるからっ」グスグス

唯(和ちゃん、大好きだよ)ギュッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 00:03:01.71 ID:VVrQVE4Y0 [13/13]
和「それじゃあ、お互い悔いの無いように」

和「残りの高校生活充実させましょっ」

唯「うん!」ダキッ

和「もうっ、唯ったら、今日はくっ付いてばかりね…」

唯「今日くらいはいいじゃんっ!」

和「」

和「そうねっ」ギュッ

唯「うふふっ」ギュッ

唯(和ちゃんから抱きしめてくれたっ、うれしいな)

唯(和ちゃん…私、なんだか…)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 00:11:33.92 ID:31gD5/0q0 [1/23]
唯「ねえ、和ちゃん」

和「ふふっ、なぁに唯?」

唯「和ちゃんは…キスした事ある?」

和「えっ?それは…無いけど」

唯「じゃあさ、して見よっか?」

和「もうっ、何言ってんのよー」

唯「ねえ、ちょっとだけしてみない?」

和「唯、ふざけないでっ」

唯「お願い和ちゃん、一回だけでいいから…」

和(唯…?本気なの?)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 00:20:55.15 ID:31gD5/0q0 [2/23]
和「ダメよ唯っ、止めなさい」

唯「和ちゃん…私したいのっ」

唯「ちょっとだけだから…」

和「今はその場の空気に流されてるだけよ…」

和「後になって『しなきゃよかった』って思うわよ」

唯「後の事なんてわかんないよっ」

唯「私は今したいのっ、いいでしょ?」

和「よしましょ?こんなの変よっ」

和「気の迷い…」

和「一時の感情に惑わされちゃ…」

唯「」チュッ

和「!!!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 00:25:46.19 ID:31gD5/0q0 [3/23]
唯「」チュパッ

唯「」クチュッ

和「!!!?」

唯「」チュイッ

和「……」

唯「ふう」トローリ

和「はぁっ、ちょっとっ」

和「バカよっ!」

和「唯は本当にバカッ!」

和「ダメよこんなのっ、ダメなのにっ!!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 00:33:28.35 ID:31gD5/0q0 [4/23]
唯「ごめんね和ちゃん…」

和「あんたはいっつも、おかしな事してっ!」

和「よく考えて行動しなさいっ」

唯「へへっ」

唯「和ちゃんのはじめて、奪っちゃったっ」

和「まさかファーストキスの相手が唯なんて」

和「まったく…」

唯「私もはじめてだよ」

和「どうするのよ、変な思い出作っちゃったじゃない」

唯「ふふっ、もう忘れられないね」

唯「よかった」

和「なんでいいのよ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 00:43:16.56 ID:31gD5/0q0 [5/23]
唯「これで和ちゃんにとって、私は特別だよね?」

唯「一生忘れられないよねっ?」

和「あんた、そんな事の為に?」

和「何やってるんだか…」

唯「和ちゃん、大好きだよっ」

和「はいはい、わかったわ」

和「じゃあ、そろそろ離れなさい」

唯「えーっ、ダメだよーっ!」

和「もう十分でしょ?」

唯「ダメだよ、まだする事があるのっ!」

和「へっ?今度は何よ?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 00:49:10.81 ID:31gD5/0q0 [6/23]
唯「まだ、終わりじゃないよっ」

和「ちょっと唯?」

唯「和ちゃん、キス気持ち好かったよね?」

和「そんなこと、分かんなかったわよ」

和「いい加減、もう離れましょ?」

唯「もっといろんな事したら、もっと気持ちイイのかな?」

和「唯…、何考えてるの?」

和「変なこと、考えて無いわよね…?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 00:57:30.20 ID:31gD5/0q0 [7/23]
唯「和ちゃんっ」チュッ

和「ちょっとっ、止めなさいっ!」

唯「和ちゃんっ!!!私っ!!!」ガバッ

和「ちょっと唯っ、脱がさないでっ」

和「ダメよっ」

和「そんなっ!」

唯「和ちゃん、おっぱい見せてっ」

和「唯っ、怒るわよっ」

和「あっ、ダメっ」

和「ダメだってっ…」

唯「ああっ、和ちゃん綺麗…」ハアハア

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 01:03:40.51 ID:31gD5/0q0 [8/23]
唯「和ちゃん…」チュイチュイ

和「お願い、止めて唯っ」

和「きっと後悔するわ…」

唯「」チュパッ

和「ひゃっ!」ビクッ

和「ダメッ、唯っ、だめよっ!!!」

唯「和ちゃん、私も脱ぐね」ヌギヌギ

和「唯、もう離れてっ」

和「脱いだって、私たち女の子同士」

和「何も出来ないわ…」

和「バカなことは止めましょ」

唯「はぁっ、和ちゃんっ!!!」ガバッ

和「!!!?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 01:13:38.64 ID:31gD5/0q0 [9/23]
唯「和ちゃんっ!和ちゃんっ!!!」ギシギシ

唯「好きだよっ、好きだよーっ!!!!!」ギシギシ

和「あっ、だめっ、はぁっ、唯っ」ビクビク

唯「ねえ、和ちゃん」

唯「私のおっぱいも触って!」

和「そんなっ、出来ないわっ」

唯「お願いっ、されたいのっ」ハアハア

和「そんなっ、むりやり口にっ」

和「……そんな」

和「……」ドキドキ

和「」チュイ

唯「はっあっ!あぁぁぁぁ!!!!」

唯「気持ちいよー、和ちゃん、気持ちいいよーっ!!!」

和「」ハアハア

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 01:25:45.53 ID:31gD5/0q0 [10/23]
和「いけないわっ、これ以上っ、取り返しがつかない」

唯「ここで止められないよっ」

唯「全部忘れて、気持ちよくなろうよっ」

和「だめっ、きっと後悔する」

和「嫌な思い出になるわっ」

和「せっかくの唯との関係を、壊したくないのっ」

唯「大丈夫だよ和ちゃん、私、こんなにも和ちゃんのこと好きだもんっ」

唯「いい思い出にするからっ」

唯「絶対後悔しないからっ」

唯「和ちゃんを感じさせてっ!!!」

唯「」サワサワ

和「あっ、ああっ!!!」

唯「」チュイッ

和「がっ、はああっ!!!」ビクビク

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 01:34:40.39 ID:31gD5/0q0 [11/23]
和「ダメッ、私怖いっ」

和「変になりそうなのっ」

唯「大丈夫だよっ」

唯「私も変になるからっ」

唯「二人でおかしくなっちゃおうっ」

和「唯っ、ゆいっ!!!」

唯「はあっ、和ちゃん」サワッ

和「!!!?」

和「ダメよ唯っ、そこは大事な所っ」

唯「そうだよっ、和ちゃんのココ、トロトロだよっ」

和「いやっ、だめっ、そんなとこっ!!!」

唯「和ちゃん、いくよっ」クイッ

和「はぁっ、ぁあああっ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 01:46:27.33 ID:31gD5/0q0 [12/23]
???「ちょっと待ったーっ!!!!」

唯「へっ!!!?」

和「えっ!?そんな、あなたは…」

和「律っ!!!?」

律「和君はこっちへっ!」

律「唯君は今、悪霊に取り付かれているんだっ!」

和「なんですって!?」

律「そうだよな?色魔…?」

色魔唯「ふんっ、ばれちゃあ、しょうがねえっ」

色魔唯「貴様には死んでもらうっ!!!」バッ

律「遅いっ!」サッ

色魔唯「避けただと?お前、ただの人間じゃねえなっ!?」

律「当たり前だっ、寺生まれのTこと、田井中律とは俺のことだっ!!!」

色魔唯「なんだとっ!!!?」

律「くらえ悪霊っ!破ぁーーーーーーっ!!!!!!!!!!!」ドギューン

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 01:55:05.34 ID:31gD5/0q0 [13/23]
色魔唯「ぐわぁーーーーっ!!!!」ドカーン

律「まあ、こんなもんか?」

和「律っ!?まさか貴方がっ!?」

和「貴方があの、寺生まれのTさんだったなんてっ!」

律「すまない、已まぬ事情で隠すしかなかったんだ…」

和「でも助かったわっ、私達、大変な間違いを起こすところだった…」

律「全ては悪霊の仕業…、忘れることだ」

色魔唯「ぐはぁーっ!!?舐めるなよっ!!!!」

律「!!!?バカなっ!まだ倒せてないだとっ!?」

色魔唯「死ねっ!!!」ガバッ

律「危ないっ!!!!」

和「きゃあっ!?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 02:01:34.20 ID:31gD5/0q0 [14/23]
律「ぐっ!」

和「律っ、大丈夫!?」

律「来るな和君っ!下がってるんだっ!!!」

和「でも律、こんなに血がっ」

色魔唯「ぐははっ、寺生まれがいい様だなっ!」

律「こしゃくなっ!今度こそ終わりだっ!破ぁーーーーーーーーーっ!!!!!」ドキューン

色魔唯「ぐはぁーーーーーっ!!!!」ドカーン

律「はあ、はあ、今度こそやったか?」

色魔唯「……ぐふふ」

色魔唯「ぐははっ、効かぬぞっ、効かぬぞ寺生まれっ!!!」

律「何だとっ!?そんなはずは…!?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 02:12:56.33 ID:31gD5/0q0 [15/23]
和「律っ、無理よ!もう逃げましょっ!?」

律「和君は逃げるんだっ」

律「俺が、この寺生まれがコイツを此処で倒さなければっ」

律「新たな被害者が出るっ!!!」

和「そんなっ、律をおいて行けないわっ!!!」

色魔唯「ぐははっ、心配せぬとも、二人とも逃がしはせんっ」

色魔唯「たっぷり体を弄んだ後、なぶり殺しにしてくれるわっ!!!」

色魔唯「くらえっ寺生まれ!!!」バッ

律「ぐはぁっ!」

和「律ーっ!!!!」

律「ぐっ、くそっ、破ぁー!」ドキューン

色魔唯「ぐふぅっ!!!」ドカーン

律「はあ、今度は…」

色魔唯「ぐははっ、何度やろうが無駄なことよっ!!!」

律(何故だっ、何故奴を倒せないんだっ!?)

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 02:23:15.11 ID:31gD5/0q0 [16/23]
和「律っ、もう止めてっ!!!」

律「和君…」

色魔唯「寺生まれよ、霊力も尽き、攻撃できるにしても後一回といったところか?」

律「ぐっ…」

色魔唯「最後の一撃、撃ってみよっ!!!」

色魔唯「くふふっ、最後の足掻きぐらいさせてやるわっ」

律(くそっ、俺の霊力ならこんな奴一撃なはずなのにっ)

律(何故コイツは3発も耐えられる?それどころか、まるで効いていないようだ…)

和「律…っ」グスッ

律「和君、君だけでも逃げるんだっ…」

和「そんなっ、律を見殺しには出来ないわっ!」

律(ん…、はっ、まさかっ、そんなっ!!!?)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 02:31:47.80 ID:31gD5/0q0 [17/23]
色魔唯「どうした?攻撃しないのか?」

色魔唯「ふん、観念したか?つまらん奴だ」

律「……」

律「いいだろう、最後の一撃、食らわしてやるぜっ」

色魔唯「そう来なくてはな、さあ、撃つがよい」

色魔唯「霊力が尽き、なすすべなく弄ばれる寺生まれ」

色魔唯「ぐははっ、楽しみだぜ」

律「誰がお前に攻撃すると言った?」

色魔唯「!?」

律「俺が撃つのはこっちの方だ!」バッ

和「えっ?なんなの律?冗談よね?」

色魔唯「バカなっ!止めろ貴様ぁー!!!!」

律「もう遅いっ!!!!くらえっ止めだっ!!!!!」

律「破ぁーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!」ドキューン

和「きゃーっ!!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 02:40:03.15 ID:31gD5/0q0 [18/23]
色魔唯「ぐはぁーーーーっ!!!!!何故わかったぁ!?」

律「貴様は唯に取り付いておきながら」

律「俺が唯に攻撃しても、貴様は倒せなかった」

律「その理由は、唯以外の人物から霊力を吸収しているからだっ」

色魔唯「くそうっ、もう少しだったのにっ…」

律「諦めろ、霊力の源を絶たれたお前はもう終わりだ」

色魔唯「がはっ」プシュウ

律「倒したか…」

和「うーん」ムクッ

律「和君、大丈夫かいっ!?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 02:47:24.37 ID:31gD5/0q0 [19/23]
和「ええ、ちょっとクラクラするだけ…」

律「君に一言、いわないといけないっ」

和「わかってるわ」

和「あの悪霊をおびき寄せたのは、きっと私のせいね」

律「和君…」

和「私、唯と一緒にいたかった、ずっとずっと一緒に…」

和「でも、それが出来ないのが現実なら」

和「唯にとって『特別な人』になりたかった」

和「それが例え、間違った事だったとしても…」

律「……」

和「今回の事は、私が心の底で望んでいたこと」

和「私、最低だわ…」

和「もう、唯の友達なんて言えない…っ」グスッ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 02:58:49.34 ID:31gD5/0q0 [20/23]
唯「そんなこと、あるわけ無いよっ!!!」

和「唯っ!!!」

律「気が付いたのかっ!?」

唯「どんなことがあっても、和ちゃんは私の大切なお友達だよっ!」

和「唯っ…」

律「唯君、君は、悪霊に取り付かれながらも、意識があったのかい!?」

唯「うん、ボンヤリだけど…」

唯「和ちゃんが私に何を求めているかわかった」

律「……」

唯「でも私、和ちゃんが望むならそれでいいと思ったの」

唯「だから、悪霊さんに身をまかせちゃった…」

和「唯、ごめんなさい」

和「私こんな子に、何てことを…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 03:12:19.95 ID:31gD5/0q0 [21/23]
唯「和ちゃん、自分を責めないでっ」

唯「私、和ちゃんが私を大切に、特別に思ってくれてる気持ち」

唯「すごくうれしかったんだよっ」

和「ううっ、唯っ、ゆいーっ!!!!」ガバッ

唯「よしよし」ヒシッ

和「ぅうっ、ありがどう唯っ、ゆいーっ」ビエーン

律「やれやれ、いつもとは逆になっちまった様だな…」

律「お前達二人は、何か変ったことをしなくてもさ」

律「十分特別な関係、そうだろ?」

和「律…」

唯「律ちゃん…」

律「俺が入る隙間も無さそうだし、これで退散させてもらうぜっ」

律「じゃあな」シュタッ

和「ありがとう律っ」

和(いいえ、地獄寺生まれ田井中律…)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 03:20:22.45 ID:31gD5/0q0 [22/23]
今回も事件を解決した地獄寺生まれ田井中律
その旅もようやく終わりに近付きつつあった
いよいよ最終決戦の日は近い!!!!

律「澪、お前を救う方法、なんとなくだがつかめて来たぜっ」

律「待ってろよっ大邪気王っ!!!!」

地獄寺生まれ田井中律第六話 親友同士のいけない遊び 完

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/17(土) 03:36:05.04 ID:31gD5/0q0 [23/23]
終わりです お疲れ様です


楽しい楽しい平沢家 知っている方がいて驚きました

ゲーム制作は順調です

体験版を八月の第一週に、VIPでスレを立ててZIP配信することが決定しました

五人のチームで絵を描いて頂き

音楽も人に依頼して作っていただきました

体験版といっても、四人のルート+憂編も収録です

ある程度のボリュームはありますよ



完成版はあずにゃん体操動画版が、クリア特典で見られます!

完成版は九月後半から十月初旬までには配信できそうです!


記憶に残っていて、たまたまスレに出くわしたなら

是非落としていってください


それでは、読んで下さった方、レスして下さった方、ありがとうございました!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。