FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「はうだーじっとふぃーる」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:12:39.56 ID:kylbaaI20 [1/68]



唯「キエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエィ」




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:13:37.89 ID:kylbaaI20 [2/68]

唯「ういー、アイス食べたい」

唯「ういー、アイス」

唯「ういー、アイス」

唯「ういー」

憂「おねーちゃん、今ご飯作ってるから」

唯「おねーちゃん、今アイス食べたい」

憂「おねーちゃん、今ご飯作ってるから」

唯「わかったよぉ、わかったよぉ」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:14:31.64 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃんはホントにアイスが好きだね」

唯「アイスがあれば」

憂「そうだねっ」

唯「えへへ」

憂「うふふ」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:15:16.67 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃんはなんてアイスが一番好きなの」

唯「うーん、名前わかんない」

憂「そっか」

唯「でもそのアイスはね、脳がふるえるぐらいおいしいよ」

憂「そっか」

唯「さいきんたべてないなあ」

憂「はいっ、今日の夜ご飯はスパゲッティです」

唯「やったー、スパゲッティ好きなんだよね、好きなんだよね」

憂「たぶんおいしいよ580円」

唯「おいしいです、ごちそうさまでした」

憂「おそまつさまでした」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:16:15.74 ID:kylbaaI20

唯「あいすっ、あいすっ」

憂「アイスないよ」

唯「そう」

憂「冷凍室がね、壊れたの、だからアイスないの」

唯「そう」

憂「新しい冷蔵庫、買ったよ、明日届くよ」

唯「おっ、ふとっぱら」

憂「おねーちゃんふとっぱら」

唯「ああ、わたしか」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:18:03.27 ID:kylbaaI20

憂「だからね、おねーちゃん専用冷蔵庫だよ」

唯「アイスたくさん入るの」

憂「たくさんたくさん入るよ」

唯「寝よう」

憂「寝ようね」

唯「おやすみなさい」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:18:50.00 ID:kylbaaI20


さわ子「よくじつ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:20:23.10 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃん、おねーちゃん」

憂「おきて、朝だよおねーちゃん」

唯「ういおはようございます」

憂「おはようございます」

憂「おねーちゃんが寝てる間に冷蔵庫が届いたよ」

唯「うれしいなぁ」

憂「リビングに行こう」

唯「うん」

憂「ねむいの」

唯「寝起きだからね」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:21:26.90 ID:kylbaaI20

憂「じゃーん、おねーちゃん専用冷蔵庫です」

唯「おっきいねー」

憂「すごいでしょ」

唯「あれ、これ、とびらが一つしかないよ」

憂「うふふ、実はこれ、まるまる冷凍庫なんです」

唯「おお、冷凍庫なんだ」

憂「特注だよ」

唯「ほう」

憂「奮発しちゃったのです」

唯「おっ、ふとっぱら」

憂「おねーちゃんふとっぱら」

唯「ああ、わたしか」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:22:42.03 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃんがね、あんまりアイスが好きそうだから」

憂「おねーちゃん専用の冷凍庫があったらいいなって」

唯「おお、それはわたしの夢でした」

憂「うふふ」

唯「それでアイスは」

憂「アイスないよ」

唯「そう」

憂「冷凍庫届いたの、さっきだから」

唯「そう」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:24:03.33 ID:kylbaaI20

憂「買い物行くにはまだ早いから」

唯「そっか、しかたないね」

唯「買い物はいつ行くの」

憂「夕方」

唯「ひまだね」

憂「どうして」

唯「アイスのない人生とは、つまり」

憂「そうだ、夕方まで時間があるからそれまで」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:26:05.44 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃん、聞こえる」

唯「聞こえるよ、うい」

憂「よかった、よかった」

唯「うい」

憂「なに」

唯「暗いよ」

憂「暗いの」

唯「真っ暗」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:27:30.02 ID:kylbaaI20

憂「えっとね、スイッチないかな、スイッチ探して」

唯「うーんうーん」

憂「ちゃんと付けてもらったんだけど」

唯「あっ、これかな」

唯「おっ、明るいよ、見えるよ」

憂「おねーちゃんすごい」

唯「えへへ」

憂「うふふ」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:30:27.86 ID:kylbaaI20

憂「狭くないかな」

唯「大丈夫だよ、とっても広い、ゴロゴロできるよ」

憂「よかった、ゴロゴロできる大きさにしたから」

憂「涼しいかな」

唯「涼しいよ、とっても涼しいよ」

憂「居心地いいかな」

唯「居心地いいよ、とっても快適、お昼寝できるよ」

憂「よかった、おねーちゃん冷房苦手だから」

唯「冷凍庫は別だよぉ」

憂「そっか」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:31:41.31 ID:kylbaaI20

唯「うい」

憂「なに」

唯「こんな素敵なプレゼントありがとう」

憂「うふふ」

憂「おねーちゃんからのプレゼントだよ」

唯「ああ、わたしか」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:34:04.84 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃんが喜んでくれてよかった」

唯「アイスもあるともっとうれしい」

憂「夕方ね」

唯「じゃあ夕方まで待ってるね」

憂「うん」

唯「ぐすーぐすー」

憂「おねーちゃん、寝ちゃったのかな」

憂「まだ10時なんだけどなぁ」

憂「わたしも寝よっと」

憂「くすーくすー」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:36:20.59 ID:kylbaaI20

梓「うい」

梓「なにしてるの」

梓「うい」

梓「寝てるの、うい」

梓「おーい」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:39:36.74 ID:kylbaaI20

憂「うーん、ああ」

梓「やっと」

憂「ああ、あー、誰」

梓「言うと思った」

憂「くすーくすー」

梓「うい」

梓「うい」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:42:30.44 ID:kylbaaI20

純「うい、起きろ」

憂「純ちゃん、おはよう」

梓「そういうことするんだ」

憂「それで勝手に家に上がりこんでどうしたの」

純「今日は三人で遊ぼうって約束したじゃん」

純「さては忘れてたな」

憂「あ、そうだった」

憂「おねーちゃんのことで頭がいっぱいだったから」

純「ういはホントおねーちゃんのこと好きだね」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:45:43.53 ID:kylbaaI20

梓「そういえば唯先輩は」

憂「今日も暑いね」

純「かき氷が食べたくなる暑さだよ」

梓「ねえ唯先輩は」

憂「ごめんね、今氷ないんだ」

純「あ、そっか、悪いね気遣わせて」

梓「唯先輩は」

憂「ううん、でも今度はおいしいかき氷作ってあげるよ」

純「ういありがとう、ところで唯先輩はどうしてるの」

憂「おねーちゃんなら今お昼寝してるよ」

梓「そうなんだ」

純「唯先輩らしいね」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:48:16.29 ID:kylbaaI20

梓「じゃあそろそろ行こっか」

憂「今日はどこに遊びに行くの」

梓「駅前の新しくできたファッションビルで買い物とかどうかな」

憂「純ちゃん今日はどこに遊びに行くの」

純「駅前に新しくできたファッションビル行こうよ」

憂「うんわかった」

憂「準備するからちょっと待ってて」

純「うん」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:51:55.80 ID:kylbaaI20

梓「ねえ」

純「ん」

梓「なんでういはいつも私のこと無視するの」

純「え、なに」

梓「だからさ、ういが私に冷たいって」

純「そんなことないよ、ういは梓のこと好きだもん」

梓「え、えっ、そうなんだ」

純「そうだよ」

梓「うれしい、かも」

憂「純ちゃんお待たせ」

梓「うい、わたしも、わたしも好き、かな」

憂「じゃあ行こっか純ちゃん」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:57:24.04 ID:kylbaaI20

律「ぴんぽーん」

律「ぴんぽーん」

澪「口で言うんだ」

律「だって」

澪「留守かな」

律「唯のことだよ、どうせ寝てる」

澪「ああ、そんな気がする」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 21:59:29.02 ID:kylbaaI20

律「開いてたりして」

律「あ、開いてないわ」

澪「留守だな」

律「おいっ、おいっ、おいっ」

澪「なにしてんだ」

律「てーっい」

律「おっ、開きました、開きました」

澪「犯罪だろ」

律「だって」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:02:14.84 ID:kylbaaI20

澪「じゃあ、お邪魔します」

律「おいおい、勝手にいいのかよ」

澪「お前が開けたんだろ」

律「自分は悪くないみたいに言うなって」

澪「開いてるドアがあったら、普通入るだろ」

律「直したほうがいいと思うぞ、その考え」

澪「そんなんだから律はRPGが苦手なんだよ」

律「うるせえ」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:04:02.85 ID:kylbaaI20

澪「お邪魔します」

律「おーい、唯」

澪「おーい、唯」

律「リビングにもいないし、唯の部屋にもいない」

澪「留守だったんだな」

律「せっかく来たのになんだよ」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:06:52.01 ID:kylbaaI20

律「つかあっちいなー、澪、冷房つけて」

澪「おう、えーっと、あれ、この部屋冷房ないぞ」

律「冷房買う金もないのか」

澪「かわいそうに」

律「あちいよーあちいよー」

澪「なにしに来たんだっけ」

律「みおー、暑い、なんとかして」

澪「なんとかって、じゃあコンビニでも行くか、涼しいぞ」

律「無理、もう一歩も動けない」

澪「そんなんだから律はRPGが苦手なんだよ」

律「うるせえ」

澪「まったく」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:10:18.52 ID:kylbaaI20

澪「ん、律、そういえばここって唯の家だよな」

律「そうだけど」

澪「ってことはさ、唯の好きなものは置いてあるんじゃないか」

律「つまりなんだよ」

澪「アイスだよ、アイス」

律「澪、お前はそういうことする人間じゃなかったのに私は悲しい」

澪「え、なに」

律「ドロボウだぞ、お前の考えてることは」

澪「お前に言われたくないよ」

律「ハッハ」

澪「ハッハ」

律「ハッハ」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:12:46.34 ID:kylbaaI20

澪「さて、どんなアイスがあるかな」

律「ふふん、わたしが当ててみせよう」

澪「ほほう」

律「ずばり、ダッツのストロベリーッ」

澪「そっか、食べたいんだな」

律「うん」

澪「じゃあ開けるぞ」

律「おう」

澪「そいっ」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:14:02.83 ID:kylbaaI20

澪「あっ」

律「あっ」




澪「ねぇじゃねえか」

律「ねぇじゃねえか」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:15:54.02 ID:kylbaaI20

律「どういうことだよ」

澪「あるぇー、おかしいな」

律「なにが、あるぇーだよ」

澪「唯が全部食べたんだ、きっと」

律「くっそう、唯のやつ帰ってきたら説教だかんな」

澪「そうだな」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:18:01.63 ID:kylbaaI20

律「あー、もうダメ死ぬ」

澪「死んじゃえ」

律「あー」

律「む、むむむ、むむむむむ」

澪「なにがむむむだ」

律「ふふ、澪ちゅわん、諦めるのはまだ早いですわよん」

澪「なんだよ、いい考えでも浮かんだのか」

律「アイスがなければ、かき氷を食べればいいじゃない」

澪「おお」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:20:04.47 ID:kylbaaI20

律「幸運なことにかき氷機、そしてかき氷シロップがあるのを発見した」

澪「よくやった律、イチゴ味あるか」

律「あるぞ」

澪「よし」

律「そうと決まれば実行だ」

澪「製氷室、おーぷーん」

律「てーっい」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:22:10.11 ID:kylbaaI20

澪「あっ」

律「あっ」




澪「ねぇじゃねえか」

律「ねぇじゃねえか」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:23:31.79 ID:kylbaaI20

律「あるぇー、おかしいな」

澪「なにが、あるぇーだよ」

澪「てかこれ」

澪「壊れてるじゃねーか」

律「壊れてるじゃねーか」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:25:24.21 ID:kylbaaI20

律「なるほど、アイスがないのには深いワケが」

澪「泣けるな」

律「ああ、私たちは泣いていい」

澪「いや私たちじゃないくてさ」

澪「しかし、これで万策尽きたか」

律「なあ、澪」

澪「愚痴は聞きたくないぞ」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:27:07.29 ID:kylbaaI20

律「いや、そうじゃなくてさ、さっきから気になってたんだけど」

澪「なんだよ」

律「リビングに鎮座してる、これ、なんだ」

澪「それはわたしも思ってた」

律「見たところ、これは何か金庫のようなものではないだろうか」

澪「ああ、しかしなんでまたこんな大きな」

澪「はっ」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:34:51.81 ID:kylbaaI20

澪「そうか、そういうことだったんだ、謎はすべて解けたぞ、律」

律「ほう」

澪「これは金庫なんかじゃない」

澪「これは、これは平沢唯という人間のために用意された、特製フリーザーだッ」

律「な、なん」

澪「おそらく冷蔵庫の冷凍室が壊れたことを機に、新しく買ったんだろう」

律「なるほど」

律「ということは、中には大量のアイスが」

澪「見てみよう」

律「おう」

澪「ご開帳」

律「どどん」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:35:59.91 ID:kylbaaI20


澪「なっ」

律「なっ」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:36:58.69 ID:kylbaaI20

澪「唯が」

律「凍ってる」

澪「唯が」

律「凍ってる」

澪「唯が」

律「おいアイスないぞ」

澪「なんだよ期待させといて」

律「しょせん平沢家もこんなもんか」

澪「がっかりだ」

律「だな」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:39:29.61 ID:kylbaaI20

律「あれ、でも、ちょっと」

澪「なんだよ暑いんだから話しかけるなよ」

律「いや、今気づいたんだけど別にアイスなんて必要なかった気がする」

澪「はあ、つまりなに、端的にお願い」

律「だから私たちの目的はアイスを食べることじゃなかったってことだよ」

澪「そうだっけ」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:40:49.35 ID:kylbaaI20

律「ああ、私たちはただ涼しさを求めていただけなんだ」

律「そして今、それを手に入れた」

澪「あっ」

律「この巨大な箱こそが、私たちの桃源郷だったんだよ」

澪「がってんがってんがってん」

律「いざ行こうじゃないか」

澪「理想の世界へ」

律「とーっい」

澪「とーっい」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:42:31.04 ID:kylbaaI20

律「めっちゃ涼しい」

澪「ああ、これ部室に欲しいな」

律「こんどの部長会議て提案しとくわ」

澪「うまくやれよ」

律「ああ」

律「あ、澪、冷気が逃げるから扉閉めてくれ」

澪「おう」

澪「う゛んんっ」

律「え、なに、何が起きたの」

澪「扉閉めただけだから」

律「そうか」

澪「うん」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:44:03.45 ID:kylbaaI20

律「なんか眠くなってきた」

澪「わたしも」

律「しばらく寝てよう」

澪「ああ」

律「ぐすーぐすー」

澪「くすーくすー」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:45:13.56 ID:kylbaaI20

憂「ただいまー」

純「ふう、疲れたあ」

憂「楽しかったね純ちゃん」

純「久々にたくさんお金使っちゃったよ」

憂「その壷、とても似合ってるよ」

純「ありがとー」

憂「また一緒に行こうね」

純「そうだね、また」

純「でも今月はもうピンチっ」

憂「うふふ」

純「あはは」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:47:01.26 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃん、まだ寝てるのかな」

憂「よいしょっと」

純「ん、なに、その中で寝てるの唯先輩」

憂「ああああああああああああああ」

憂「おねーちゃん、おねーちゃん」

純「え、なに」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:48:15.19 ID:kylbaaI20

憂「おねーちゃんが凍っちゃった」

純「どういう」

憂「どうしよう、どうしよう」

憂「あとおねーちゃんじゃない何かも凍ってる」

純「それ、たぶんさ、澪先輩と、えーっと、えー」

憂「律さん」

純「ああ、そう、その律って人じゃないかな」

憂「うん、そうみたい、でもどうして」

純「さあ、凍りたかったとかさ」

憂「なるほど」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:49:42.79 ID:kylbaaI20

憂「あっ、純ちゃん」

純「どした」

憂「とってもハッピーなこと思いついたよ」

純「えー、なに教えて」

憂「うふふ、今日の朝にさ、約束したじゃん」

純「なにかしたっけ」

憂「かき氷」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:51:28.50 ID:kylbaaI20

純「あー、そうだよ思い出した、かき氷」

憂「朝は氷がなくて作れなかったけど、今ならできるよ」

純「やった、今日は絶対かき氷食べたいなーって思ってたんだ」

憂「うふふ」

純「あはは」

憂「このままじゃ大きいから小さくしないと」

純「はいスコップ」

憂「ありがと」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:52:38.43 ID:kylbaaI20

憂「じゃあ律さん、失礼しまーす」

憂「ふんっ」

憂「ふんっ」

憂「ふんっ」

憂「ふんっ」憂「ふんっ」憂「ふんっ」憂「ふんっ」憂「ふんっ」憂「ふんっ」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:53:46.47 ID:kylbaaI20

憂「ふぅ、とりあえずこんな感じでいいかな」

純「ういってなんかすごいね」

憂「えへへ」

憂「じゃあ、これ純ちゃんかき氷機でお願い」

純「了解、了解」

純「投入ッ」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:54:48.29 ID:kylbaaI20

純「わたし氷を削ってるとき好きだなぁ」

憂「わかるわかるー」

純「ガラスの器にさ、削った氷がさーさーって積もっていってさ」

純「器がどんどん冷たくなるんだ、それが楽しくてさ」

憂「夏って感じだよねぇ」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:56:07.57 ID:kylbaaI20

純「よしっ、できたあ」

憂「シロップは何味がいい」

純「なにがあるの」

憂「えーっと、イチゴとメロンとレモン味があるよ」

純「じゃあイチゴ」

憂「はい」

純「どもども」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:57:12.06 ID:kylbaaI20

純「うーん、うまいっ」

憂「純ちゃんが喜んでくれて嬉しいな」

純「ういも食べなよ」

憂「うーん、わたし趣味じゃないから」

純「そっか」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 22:58:20.25 ID:kylbaaI20


梓「ふんっ」

梓「ふんっ」

梓「ふんっ」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:00:02.05 ID:kylbaaI20

純「梓なにしてんの」

憂「いたんだ」

梓「かき澪食べたくてさ」

純「そう、食べるならお尻がいいよ」

梓「うんわかった」

梓「ふんっ」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:02:18.54 ID:kylbaaI20

澪「あ、ああ、ああ」

梓「ふんっ」

純「梓、澪先輩が何か言ってるよ」

憂「とけてきたんだね」

梓「ふんっ」

澪「あず、あず」

梓「ふんっ」

澪「梓、駄目じゃないか人をスコップで殴るなんて」

梓「ふんっ」

澪「やめろよ」

梓「すみませんです」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:03:29.31 ID:kylbaaI20

律「梓、人をスコップで殴るのは犯罪だからな」

純「あ、律先輩いただいてます」

律「ん、えっと、えー、誰」

憂「純ちゃんです」

律「ああ、純ちゃんね、どう、おいしいの」

純「ははは、律先輩って面白いですね」

律「どういう意味だよ」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:05:07.29 ID:kylbaaI20

憂「あ、そうだわたし買い物があるんだった」

憂「皆さんはおねーちゃん鑑賞会でもしていらしてください」

憂「ではー」

澪「できた妹だ」

律「ああいう妹がいるってだけで、強いよな」

澪「唯も少しは見習ってほしいんだが」

律「あんななってるし」

澪「まったく、冷凍庫の中で凍ってるなんてありえないよな」

澪「ハッハ」

律「ハッハ」

澪「ハッハ」

梓「食べてみましょうか、かき唯」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:06:19.97 ID:kylbaaI20

澪「ふんっ」

律「ふんっ」

梓「ふんっ」

純「ふんっ」

澪「ふんっ」

律「ふんっ」

梓「ふんっ」

紬「ふんっ」

純「ふんっ」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:08:09.18 ID:kylbaaI20

律「あれムギ、いつからいたんだ」

紬「わたし、唯ちゃんを食べてみるのが夢だったのー」

律「都合いいよな、それ」

澪「さてと、あとはかき氷機で削るだけだな」

律「ありゃー、唯とうとう首だけになっちゃったのか」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:09:40.26 ID:kylbaaI20

律「どうせだからさ、頭開いてみようぜ」

梓「そんなのダメですっ」

澪「そうだぞ、死んじゃうかもしれないだろ」

律「でも絶対うまいぞ」

純「じゅるり」

梓「うう、じゃあ今回だけですよ」

澪「いいのか」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:11:07.18 ID:kylbaaI20

律「じゃあムギ、唯の頭開いてくれ」

紬「え、わたし」

律「夢なんだろ」

紬「ええ、まあ」

律「やれよ」

紬「う、うん」

紬「どんとこいですどんとこいですどんとこいですどんとこいですどんとこいです」

澪「手でやるのか」

律「怪力だからなああ見えて」

澪「まるで」

梓「澪先輩だめですよ」

澪「ああ、すまん」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:12:46.68 ID:kylbaaI20

紬「や、やったわ」

律「うおー、これが唯の脳みそか」

梓「きれいなピンク色ですっ」

純「うわー、おいしそう」

澪「じゃあわたしがまず試食な」

律「おい待てよ、最初はわたしだろ」

梓「唯先輩はわたしのものですっ」

紬「頭開いたのはわたしなんだけど」

純「わたしは最初じゃなくてもいいです」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:14:03.19 ID:kylbaaI20

唯「わたしが最初だよ」

澪「うおっ」

律「うおっ」

律「生きてるのか、信じられん」

梓「唯先輩ですからね」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:15:38.36 ID:kylbaaI20

唯「わたしが最初でいいよね」

澪「まあ、唯の脳みそだからな」

唯「ねえ、だれか食べさせて食べさせて」

律「あ、そっか、首だけだもんな」

紬「唯ちゃん、あーん」

唯「あーん」

唯「うおお、うまいっ」

唯「これ、アイスみたいだよ」

澪「そうなのか」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:17:24.29 ID:kylbaaI20

唯「すっごく冷えてて」

唯「おいしいおいしい」

律「じゃあわたし達も食べてみよう」

澪「どれどれ」

梓「はむはむ」

純「ぱくぱく」

律「こいつぁうめぇ」

澪「うめー」

梓「止まんないですっ」

純「うへへ」

紬「これは商機だわ」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 23:18:42.51 ID:kylbaaI20 [68/68]

律「うわ、もう無くなっちまった」

澪「もう少し味わって食べるべきだったな」

梓「もっと食べたいですっ」

律「しばらく経てば、またできるだろ」

澪「そうだな」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:20:08.26 ID:kylbaaI20

唯「あああああああ」

澪「唯、どうした」

唯「たべえええ」

梓「なんですか」

唯「あーあぁあ」

律「ちゃんと言えって」

唯「い、いい」

紬「どうしたの唯ちゃん」

唯「わたしもあいすたべたいぃいい」

純「ははは、唯先輩ってキチガイですね」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:20:53.10 ID:kylbaaI20

律「あははははははははははははは」

澪「あははははははははははははは」

梓「あははははははははははははは」

純「あははははははははははははは」

紬「あははははははははははははは」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/16(金) 23:21:53.22 ID:kylbaaI20

憂「ただいまー」

憂「あれ、皆さん何して」

憂「キエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエィ」

和「おわり」



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。