FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「あずにゃんってレズだったんだ……気持ち悪い」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 19:35:17.21 ID:cUxRwWOs0 [1/33]
「あずにゃん…いや、もう梓って呼ばせてもらうね。
 二度と私の前に姿を現さないで」

唯は無表情で梓の前から去ろうとしていた。

「待って!! 待ってください!! これは違うんです。
 紬先輩が持っていたものを私が預かっていただけなんです」

梓は写真を握り締めていた。
それに写っていたのは唯の盗撮写真。
唯の寝顔を写したものだった。

「うるさいんだよ!! その写真で私のこと
 想像していやらしいことしてたんでしょ!?
 気持ち悪いんだよ。このレズ女!!」

唯は膝にすがり付いてわめいている梓を殴った。

「あ……! 痛いけど気持ちい…」

梓は叩かれた頬を押さえながら震えていた。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 19:40:35.20 ID:cUxRwWOs0
「私……大好きな唯先輩に殴られちゃいました……」

梓の瞳は怪しく輝き、何かが目覚めようとした。

「なに気持ちよさそうな顔してるんだよ!!
 なんだか余計に腹が立ってきた!!
 もう一発殴らせてね!!」

激怒した唯は梓の頬をもう一度殴った。

「ひゃあああ!!」

梓の小さな体は後ろの椅子を倒しながら吹き飛んだ。

「はぁはぁ……あんたなんかに
盗撮された人の気持ちなんてわからないよね。
すごく、すごく嫌な気持ちになるんだよ?」

唯は肩でいきをしながら梓を睨んでいた。

「はぁぁぁ。唯先輩の手……気持ちよかったです…」

しかし梓は唯の言葉が耳に入っておらず、
涎をたらしていた。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 19:45:13.28 ID:cUxRwWOs0
「そういう態度が気持ち悪いんだよ!! こいつ! こいつめ!!」

唯が鬼となって梓を蹴り始めた。

梓は痛がるどころか、気持ちよさそうな顔をしていたため、
唯はますます苛立って蹴り続けた。

「こいつめ!! こいつめ!! どうだ!!」

「今度は唯先輩に蹴られちゃった…。
 私……もう死んでもいいです」

梓は唯の足をつかんだ。

「__!?」

「先輩の足……おいしそう…」

梓は唯の上履きを脱がし、タイツごしに足の裏を舐め始めた。

「あ!」

「先輩!? どうですか? 足の裏を責められる感触は?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 19:50:25.55 ID:cUxRwWOs0
梓は上目遣いで唯を見ていた。

「ここもおいしいです」

梓は唯の足の指を舐め始めた。

「ひゃん!」

「ふふ。先輩の可愛い声を聞いているとこっちまで
 興奮してきちゃいました」

「ちょ……やめ……なさい」

梓は唯を押し倒し、タイツを脱がそうとしたが、

「お姉ちゃん!! 大丈夫!?」

憂が登場し、梓をグーでぶん殴った。

「ほげええええええええ!!」

梓は再度吹き飛んだ。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 19:55:14.84 ID:cUxRwWOs0
「梓ちゃん。…もう絶好するから!
 二度と私のお姉ちゃんに近づかないでよね」

憂はそう言うと、唯と一緒に帰ってしまった。


一人残された梓はしくしく泣いていた。

「うえ~ん。唯先輩たちに嫌われちゃったぁ…
 どうして唯先輩にあんなことしちゃったんだろう。
 私、明日からどうすればいいの!?」

ここは悩みどころだった。
唯に性癖がばれてしまった以上、明日から
普通の顔をして音楽室に行くのは難しい。

しかし、梓は諦めなかった。

「ううん。大丈夫。ちゃんと謝れば唯先輩だって
 許してくれる。明日は朝一で唯先輩に謝ろう」

梓はそう決心して帰途についた。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:00:26.07 ID:cUxRwWOs0
次の日の朝、梓は唯の教室に来ていた。

「おはようございます唯先輩!!
 今日もいい朝ですね!!」

唯の姿を確認した梓は元気よく挨拶をしたが、

「……」

唯は視線すら合わさずに無視した。

「せ……先輩……どうして無視するんですか?
 私ですよ? いっつも先輩が愛してくれた
 中野梓ですよ?」

「……」

「……む、無視しないでよぉ…」

梓はその場に座り、泣き出してしまった。

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:04:47.43 ID:cUxRwWOs0
>>36 変換ミスだ。猛スピードで書いているから許せ。な?
_______________________________

「あのさ、そこの人、さっきからうざいんだけど?」

「え?」

梓が驚いて見上げると、唯が睨んでいた。

「あんた、名前なんていうんだっけ? 中野さんだっけ?
 早く出ていってくれない? 邪魔だから」

「そ……そんな……嘘でしょ? 唯先輩がそんな酷いことを
 いうわけ…」

「早くどっか行きなさいよ!! このクソチビ!!」

「!」

梓はびくりと体を反応させ、猫のようにその場から去ってしまった。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:10:17.85 ID:cUxRwWOs0
梓が自分のクラスに帰って
最初に話しかけてきたのは憂だった。

「あずさちゃん……あなた…お姉ちゃんのクラスに
 迷惑をかけに行ったでしょ?」

「__へ?」

「昨日私行ったわよね? お姉ちゃんに話しかけないようにって!!」

「ちょ…!?」

憂が鬼の形相で梓を押し倒した。
そして梓の両手を後ろ手で縄で縛った。

ちなみに縄は憂の机の中に用意してあったものだ。

憂は怪力で梓の体を持ち上げ、教壇の上に載せた。

「これからみんなの前でお仕置きするからね!! 覚悟しなさい!!」

クラスメイト達がざわつきながら、二人の様子を見守っていた。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:14:50.52 ID:cUxRwWOs0
「まずはスパンキングよ!!」

憂は梓のスカートをめくり、パンツをずり降ろして
お尻たたきを展開した。

「きゃゃあああああ!!」

「どう!? 痛いでしょ!?」

「あああああ!」

憂が叩くたびにすごい音が響いた。
梓の小ぶりなお尻には憂の手形が真っ赤に
残り、その痛みを強調しているようだった。

「どんどんいくよ!!」

「やめ……あああああ!!」

「何よこのくらいでそんなに叫んじゃって…。
 梓ちゃんに傷つけられたお姉ちゃんはもっと
 痛いんだからね!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:20:06.60 ID:cUxRwWOs0
「あの~君達?」

まもなく朝のHRが始まる時間だ。
教室にやってきた教師(初老の男性)が、
憂達に注意しようとしたが…

「今大切なことをしてる最中なの!!
 邪魔すんじゃない!!」

「ひぃぃ!!」

憂に一括され、その場でうんこを漏らしてしまった。

結局、梓は一時間目の授業が始まるまで
憂にスパンキングを喰らうのだった。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:24:17.70 ID:cUxRwWOs0
放課後、梓は音楽室の扉を開いた。

「こんにちわ。みなさん」

梓は笑顔で挨拶するが、

「……」

けいおん部のメンバーは無言だった。
まるでお通夜のような雰囲気に耐え切れず、
梓は明るく振舞った。

「きょ、今日のおやつはなーにかな!?
 ムギ先輩! 今日のおかしは?」

「……」

紬は明後日のほうをみながら黙っていた。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:28:07.70 ID:cUxRwWOs0
「なあ梓」

律が席を立ち上がった。

「おまえ、けいおん部首な」

「え!?」

「唯に話は全部聞いたよ。おまえレズなんだってな。
 うちのクラブに同性愛者はいらないよ。
 気持ち悪いし」

「そ、そんな……」

「いいから早く出てけよ」

「う……うわーん!!」

梓はあふれでる涙をぬぐう事もなく、
その場を走りながら出て行ってしまった。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:33:04.22 ID:cUxRwWOs0
(うふふふふふふふふふ、
 これで計画通り…
 これからはたっぷりとあずにゃんを可愛がってやろう)

唯は笑いを必死でこらえながら、
おやつのクッキーを頬張っていた。

この時の律たちには知る由もなかった。
唯の中で何かが目覚めようとしているここに。



その日の夕方、梓は公園でブランコに乗っていた。

「私……とうとう部活を首になっちゃった。
 けいおん部だけが私の生きがいだったのに…」

梓は声を押し殺して泣いていた。
だが、昨日今日で泣き続けていたため、
すでに涙もかれていた。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:39:27.70 ID:cUxRwWOs0
「おーい! あずにゃん!! 今一人!?」

「え!? 嘘!?」

梓は心情を一言で表すと驚天動地だった。

なんと唯が笑顔でこちらに走ってきている。

「あーずにゃん!!」

「わ!」

それは、かつて存在したはずのスキンシップ。

唯は梓に抱きついて頬っぺたをこすり付けてた。

「!? 先輩……私のことが嫌いになったんじゃ!?」

「そんなことあるわけないじゃん……私もあずにゃんのこと
 愛してるんだよ?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:45:14.78 ID:cUxRwWOs0
梓は嬉しさと驚きがミックスした顔をしていた。

唯に尋ねる。

「それじゃあどうして私のことをあんなに嫌ってたんですか?」

「それはね…こうするためさ!!」

「んぐ…!!」

唯は梓に口付けした。

軽く触れるだけのフレンチキスだが、梓は
顔を真っ赤にしてしまった。

「う、うれしいです……先輩」

「うふふふふふ。もっと楽しいことしようか」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:52:04.87 ID:cUxRwWOs0
>>54 サーセンwww
____________________________

唯は隠し持っていたスタンガンを取り出した。

「え!?」と梓が驚いた次の瞬間、高圧電流が流れる。

梓は気絶してしまった。

「イッヒひひひひいっひひいひひひひひひひひ!!
バカな奴……簡単に騙されてくれた!!」

唯は梓の足を引きずり始めた。

「さあ! これから本当に楽しいことをしようねぇ
 あずにゃん!! たっぷりと可愛がってあげるらねええ!!」

唯の目には狂気が宿っていた。

突如豹変した唯。はたして梓の運命は?

                                  続く

続きは気が向いたら書くわ。読みたい奴は全裸で逆立ちして待機してろ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 21:25:47.42 ID:cUxRwWOs0
梓はその後、平沢家まで拉致され、
お風呂場で全裸にさせられた。

「絶景だね。
 ここからだとあずにゃんのお尻がよく見えるよ?」

「…!!」

梓は羞恥で顔を赤らめていた。

現在の梓は四つんばいで唯にお尻を
見せている態勢だった。

「まずはあずにゃんのアナルをいただくね」

「ひゃ?」

唯がアナルにキスした。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 21:30:31.07 ID:cUxRwWOs0
「どんどん舐めちゃうね」

「う…!」

唯はアナルに吸い付いて舌をぺろぺろさせていた。

「ああ……やあ……だめですぅ」

梓のそこは唯の唾液でてかてかになっていた。

「ほーら。ぺろぺろ~」

「いや……やだぁ!」

梓は涙目で歯を食いしばっていた。

「あずにゃんは初心なんだねぇ。
 お尻を責められるのは初めてかな?」

「いや……いや……やめて…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 21:35:20.82 ID:cUxRwWOs0
唯は顔をにやけさせた。

「いやいや言ってちゃわからないよ?
 それはもっと可愛がってもいいってことかな?」

「だ、駄目ですぅ」

「うふふふ。その声、そそるなぁ」

唯は梓のアナルに指を入れようとした。

「痛い!! だ、駄目。そこは駄目!!」

梓のアナルは狭くて、唯の指を受け入れようとしなかった。

「そんなに力んでいたら入らないよ?
 もっと力を抜いて」

「いや! それだけは嫌!! お願いだからもう許して!!」

梓は涙を流しながら懇願した。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 21:43:02.25 ID:cUxRwWOs0
「私がやめるわけないじゃん。
 相手が悪かったと思って、早く諦めてよ」

唯の指がアナルにねじり込むように挿入されていった。

「あ……!」

梓は体をぴんと張ってしまった。

「ほらほら。苦しいのはこれからだよ?」

唯は指の間接を曲げると、梓は体をくねくねさせた。

「ちょっと……痛い!! 抜いて……抜いてよぉ!!」

「そうそうその反応だよ。私が見たかったのは。
 最高の気分だよあずにゃん」

「や……やだやだやだ! 誰か助けてえええ!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:26:33.87 ID:cUxRwWOs0
「ほらほら。お尻の中を責められるのはどんな気分?」

「いやああああああ!!」

梓は体を暴れさせる。

唯は微笑みながら、指を高速で動かして梓をいじめた。

「ほーら。ぐりぐり~」

「あああああああ!! 痛いよおおおお!」

梓はお尻をえぐられるような痛みに絶叫した。

一方の唯はどこまでも楽しそうだった。

「そんなに必死な顔してどうしたの?
 もうやめてほしい?」

「はい! お願いします!! なんでもしますから!!」

梓は息を荒くして大声を出していた。

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:30:27.50 ID:cUxRwWOs0
「じゃ、許してあげるね!」

唯はすっぽりはまっていた指を抜いた。

「はぁはぁ……痛かったです……」

梓は猫のような顔をして泣いていた。

唯はそんな梓が愛しくて、抱きしめながら
顔を近づけた。

「あずにゃんの涙をふいてあげるね? ぺろぺろ~」

「あ!」

唯が梓の涙を舐め取っていた。

梓はそれがくすぐったくて脅えたようなそぶりを
見せていた。


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:35:05.56 ID:cUxRwWOs0
「痛いことしてごめんねあずにゃん」

「先輩は……意地悪です…」

二人はキスをしていた。

舌をからめて互いの唾液を舐めあっていた。

むさぼりあるような強烈な大人のキスだった。

「はぁぁぁ……唯さん……大好き……」

「私も大好きだよ……あずにゃん」

すると突然、唯は口を離した。

「あれ? やめちゃうんですか先輩?」

梓は物足りなそうな顔をしていた。

「もっとキスしてくださいよ……私、興奮しちゃって……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:40:04.26 ID:cUxRwWOs0
梓は内股ぎみに足をもじもじとさせていた。

子猫のようなつぶらな瞳で唯を見つめている。

その姿は十分に愛らしいのだが、唯は梓に
襲い掛かりたくなるのをぐっと我慢しつつ、
洗面所へ向けて叫んだ。

「おーーい! 憂!! 聞こえる~~~!?
 例のものを持ってきてええええ!!」

その少し後、憂の返事が聞こえてきた。

「はーい! 今持ってくるから、待っててね~~!!」

ずいぶん遠くから憂の声が聞こえた。

「えへへ。あずにゃん。憂が来るまでちょっと待ってましょうね」

唯はにこにこと笑っていた。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:45:11.92 ID:cUxRwWOs0
現在、梓は床に女の子座りしていている状態だ。
唯は梓を後ろから抱きしめた。

唯はボディーソプを手で泡立てて、
梓の胸を触り始めた。

「うわああ!?」

「そんなに驚かないでよ。あずにゃんをきれいにしてあげるから」

唯の手つきはいやらしく、胸から乳首へ、その次は腰の周りから
背中へと移っていった。

そのたびに梓は体をびくんと反応させていた。

「ひゃああん! くすぐったいですぅ!」

「あずにゃんが汚れてないか心配だからね。
 もっと念入りに洗ってあげるね」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:49:41.27 ID:cUxRwWOs0
唯の手は梓のお尻の下に移行した。

唯の手が床とお尻に挟まれる形になる。

「お尻の穴が汚れてないか心配だね?」

唯が梓のアナルの回りを円を描くように
なぞっていった。

「ひゃ……んん……ああ……ん」

梓は体を緊張させながら短い声を発していた。

「今度はこっちだよ?」

唯の指が梓の秘所を触った。

「あ!」

「怖がらなくても大丈夫だよ。今回はやさしくしてあげるから」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:54:54.37 ID:cUxRwWOs0
唯が割れ目を開き、膣の中に指を挿入した。

「いやあ!」

「そんなに嫌がるようなこと言わないでよ。
 本当は私にこういうことされてうれしいんでしょ?
 あずにゃんはどうしようもない変態さんだもんね?」

唯の指が膣の中をかき乱していた。
梓の愛液とからまって、やらしい水音を立てていた。

「あ!……だ……だめ……そんなに…!」

梓はうつろな目で荒い息を吐いていた。

「ここをこんなにびしょびしょにするなんて……。
 体は正直だね。梓ちゃんも正直になりなよ。
 素直に気持ちいって言ってごらん?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:59:18.74 ID:cUxRwWOs0
「はい! 私……気持ちいです……。
 唯先輩にアソコをぐちゃぐちゃにかき回されて
 感じてる変態です!!」

あふれ出て止まらない梓の愛液は、
唯の手だけではなく、床まで汚していた。

「よく言えたねあずにゃん。でもね、まだ
 イくのは早いよ。今、ちょうど憂が来たみたいだから」

唯がそう言うと、浴室の扉が開いて憂が顔を見せた。

「お姉ちゃん。例のもの、持って来たよ?」

「ありがとね。憂。後は私一人でやっておくから、
 憂はもう行っていいよ」

「うん。分かった。それじゃ、がんばってね」

憂は笑顔で去っていった。

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:04:17.17 ID:cUxRwWOs0
「あずにゃん。これが何か分かるかな?」

唯が見せたのは極太バイブだった。
先程憂から渡されたものだ。

「まさかそれを私に…!?
 で、でも……そんな大きいの入らないですよ」

「大丈夫だよ。さあ、早く四つんばいになって」

「で、でも…」

「…………………………言うことが聞けないのかな?」

「__!!」

梓は唯の寒気がするくらい恐ろしい笑顔を見て驚愕した。
そしてすぐに唯の指示通りの態勢になった。

「いい子だねあずにゃん。それじゃあいくよ?」

梓の秘所にバイブが挿入された。

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:09:05.92 ID:cUxRwWOs0
「うわああああああ!! そんな大きいの!!
 無理だよおおおおお!」

梓はお尻を振り振りさせるが、唯はかまわず
バイブを押し入れる。

「ここがこんなに濡れてるんだから大丈夫だよ。
 大人しくしなさい」

「う……あああ!!」

「ほら、入ったでしょ?」

唯はバイブを出し入れしてピストン運動を開始した。

「ああ……やん……や……あん!」

「いい声で鳴くね。すごく、すごく可愛いよあずにゃん」

唯は暴れようとする梓の腰を抑えながら、
もう一方の手でバイブ責めをしてた。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:13:51.38 ID:cUxRwWOs0
「すごく気持ちいでしょ? よだれを垂らしてるよ?」

「はぁ……はぁ……あん!……ああ!」

「しゃべる余裕が無いのかな?」

「もう……だめ……それ……おっきくて…
 太くて……私、もうイっちゃいそう…」

「ふーん」

唯はつまらなそうな顔をして責めを中断した。

「イきたいの? それだったらね、私の
 ペットになるって誓いなさい」

「え?」

「私のペットになるって言ってくれたら、
 気持ちよくさせてあげるって言ってるんだよ。
 それとも途中で中断してもいいのかな?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:19:50.52 ID:cUxRwWOs0
梓は取り乱した。

「いや! お願い! ペットにでも何でもなりますから!
 お願いだから途中でやめないで!!」

「うふふふ。分かった」

唯はそう言って笑うと、
バイブでピストン運動を再開した。

「あああん! もっと……もっと突いてえええ!!」

「そう? じゃあ早く楽になりなさい?」

「はぁはぁ……ああああああ!!」

梓が達したようなので、唯はバイブを抜いてやった。

「どうだった? 最高の気分だったでしょ?」

「はい……気持ちよかったです……」

唯は力なく倒れてる梓を抱きしめていた。

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:24:39.69 ID:cUxRwWOs0
「今日からあずにゃんは私のペットだからね。 
 これから毎日家で可愛がってあげる。
 他の女に寄り付いたりしたら駄目だよ?」

唯は梓を膝枕して頭を撫でていた。

「はい……私は…唯先輩だけのものです……
 これからもずっと唯先輩だけを愛し続けます…」

そう言いながら、梓は満足そうに微笑んだ。

「うふふふふふ。いい子いい子」

唯はなまめかしく笑いながら、何度も何度も梓の
頭を撫で続けるのだった。



こうして本日の騒動は終了し、梓は唯のペットになったのだ。

                         THE END


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。