FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女騎士「…そんなに私のは大きいのか???」

完結まで追加
1 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 01:46:16.57 ID:KsYcoxVVO [1/72]
団長「おいメイド、話がある…」

メイド「はい、なんでしょう?」

団長「お前は副団長の女騎士のメイドだろう?」

メイド「そうですが……」

団長「副団長の乳が大きすぎるんだ。なんとかしてもらいたい」

メイド「そ、そんなの気にしなければいーじゃないですかぁ」

団長「目の前で素振り100回されてみろ!乳の揺れが気になって練習にならないんだ!!」

3 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 01:55:26.74 ID:KsYcoxVVO [2/72]
メイド「確かに大きいですけど…」

団長「大きいなんてレベルではない!あれは剣に生きる男を惑わす魔乳なのだ!!」

メイド「じゃあそれを副団長に伝えればいいんですか?乳が大きいぞって…」

団長「言えるか馬鹿!いくら俺があいつと幼なじみとはいえ言えないでいるんだぞ!!」

メイド「ええー?じゃあどうしたらいいんですか?」

団長「本人に気付かれないように、それとなく乳をなんとかするんだ」

メイド「めちゃくちゃ難しいですよ、それ…」

団長「いいか?これはこの騎士団全員の問題なんだ。わかるな」

女騎士「ん?なんの話をしてるんだ?」

団長「!!」

4 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 01:59:15.57 ID:KsYcoxVVO
団長「な、なんでもない!」

メイド「ただの世間話ですよ世間話!!」

女騎士「本当か?アヤシイな…」ジロジロ

団長「なんでもないんだ!気にするな!」

女騎士「フフッ…まぁいい。それより剣の練習がしたいんだ。受けてくれるか?」

団長「お、俺が剣を受けるのかっ!?」

女騎士「当然だ。他に誰がいる…?」

5 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:04:22.03 ID:KsYcoxVVO
団長「わかった。受けようじゃないか」

女騎士「よし!それなら早速ここで…」

団長「ま、待て!待ってくれ!」

女騎士「どうした?怖じけづいたのか?」

団長「さ、30分後にやろうじゃないか!俺は部屋で精神統一したいんだ!」

女騎士「……本気の覚悟のようだな。いいだろう!」

団長(メイド、この30分でうまくやれよ)ヒソヒソ

メイド(が、頑張ります!)ヒソヒソ

団長「では30分後に練習場で会おう!」

8 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:13:59.38 ID:KsYcoxVVO
女騎士「…最近の私は剣術の上達が素晴らしいと思わないか?」

メイド「そ、そうですねー!アハハ…」

女騎士「騎士団で最強のあいつが、私を相手に30分も精神統一するんだぞ?」

メイド「ど、どーしてなんしょうかねー」

女騎士「つまり!それくらい本気にならないと私と勝負ができないという事に違いない!フフン!」

メイド「さ、さすがですー」

女騎士「私も本気で勝負しないと失礼にあたるな…準備をしなければ…」

メイド(どーしようどーしよう…………そうだ!!)

9 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:19:57.54 ID:KsYcoxVVO
メイド「女騎士さん、準備ならこのさらしを胸に巻いてみてはどうでしょう?」

女騎士「さらし?なんだそれは」

メイド「ハチマキみたいなものですよー!」

女騎士「ふーむ、ハチマキか…」

メイド「この細い布を胸に巻く事によってですね、気合いを入れるんです!!」

女騎士「なるほど!それは名案だな!すぐにでも巻いてくれ!」

メイド(おっぱいが揺れないようにキツーく巻いちゃおう!あたしって天才だわー!)

11 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:24:17.05 ID:KsYcoxVVO
女騎士「ほら、頼むぞ」ボイーン

メイド(な、なんて大きさなのかしらっっ!!!)

女騎士「早くしてくれ。時間があまりない」

メイド「わかりました!」グルグル

女騎士「これで勝ったも同然だな!ハハハ!」

メイド「わ、笑わないでくださーい!」

女騎士「あぁ、巻いている途中にすまなかったな」

メイド(こぼれたりはみ出したりして上手く巻けないよーう!一本じゃ長さが足りないかも……)

12 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:29:46.49 ID:KsYcoxVVO
女騎士「おい、まだなのか?」

メイド「もうちょっと待ってくださいね!」

女騎士「わかった」

メイド「……これでオーケー!バッチリですよー!」

女騎士「よし!時間も調度だ!行くぞ!」ダダダ

メイド「あっ!待ってくださーい!上着を着ないとダメですよぉー!!」ダダダ

13 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:36:16.11 ID:KsYcoxVVO
団長「私は剣の道に生きているのだ……」ブツブツ

団長「剣は心、心は剣―――」

団長「乱れや揺らぎがあれば、何も斬れない」

団長「だがっ!30分の精神統一によって、私はすべての乱れや揺らぎを取り除いたのだぁ!」ブツブツ

女騎士「おーい!待たせて悪かったな!」ボインボイン

団長「どおおおあああああああああッッ!!!!???」

女騎士「どうした?早く始めるぞ?」ボイーン

14 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:40:18.51 ID:KsYcoxVVO
団長(おいッ!話が違うぞッッ!!)ヒソヒソ

メイド(すいませーん!)

女騎士「早くやるぞ」ビュンビュン

メイド「その前に上着を着てくださーい!」

女騎士「ん?わかった」ボヨン

団長(あぁ、もう何もかもが手遅れだ……さらしの巻き方も下手だから、余計に乳が強調されて見える…)

16 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:49:45.55 ID:KsYcoxVVO
団長「こうなったらやるしかないッ!たあー!」

女騎士「行くぞ!たぁあー!」バインバイーン

団長「うおおおお!?」ピタッ

女騎士「隙あり!」バシッ

団長「いてっ!」

女騎士「どうした?私の気迫に負けて何もできないのか?」バシバシ

団長「く、くそっ!」

19 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:53:52.26 ID:KsYcoxVVO
女騎士「それそれー!」バイン

団長(ダメだ!つい目が胸に行ってしまう!)

女騎士「これで終わりだ!」ドカン

団長「うわあああああああっ!」ドサッ

女騎士「勝ったぞ!!」

メイド「ありゃー……」

女騎士「良い練習になったぞ!さらばだ!ハッハッハ……」

22 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 02:59:33.27 ID:KsYcoxVVO
団長「なぜあんなにイヤラシくなるように巻いたんだッッ!!」

メイド「そ、そんなつもりじゃなかったんですよー!」

団長「くそう!昔は別にあんな乳ではなかったのに!!」

メイド「ほら、女の子の成長って色々とありますから…」

団長「胸のないお前が言った所で説得力はない!!」

メイド「あっ!団長ひっどーい!!」

25 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 03:05:44.19 ID:KsYcoxVVO
メイド「私なりに頑張ったんですよー!もう!!」

団長「まるっきり逆効果だったぞ!お前も敵になったのかと思ったくらいだ!」

メイド「団長だって30分も精神統一したくせに、意味なかったじゃないですかぁー!!」

団長「それを言うなあぁ!!!」

メイド「今回の件は、誰も悪くないんです!!」

団長「だが俺は負けたんだ!くそう!あいつにあんな立派な乳は必要ないんだぁぁぁーー!!」

女騎士「何がどうしたって?」

団長「!!!!」

29 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 03:13:40.94 ID:KsYcoxVVO
女騎士「私の話をコソコソとしていたんだな?」

メイド「えーっとですね!その!そのですね!なんと言いましょうかね!」

団長「あ、後は任せたッ!!」ダダダ

メイド「あっ!ひどいーー!私も!!」ダダダ

女騎士「待て」ガシッ

メイド「きゃーん…」ビクビク

30 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 03:21:53.16 ID:KsYcoxVVO
女騎士「何の話をしていたか言うんだ」

メイド「えーっと、女騎士さん強かったなーって話を…」

女騎士「嘘を付くならその頭のプリムを引っこ抜いて首に刺すぞ?」

メイド「りり、立派な乳がですね!必要ないって話です!はい!」

女騎士「フフ…最初からそう言えばいいんだ」

メイド「はぁい…?」

女騎士「その部分だけは聞いていたんだ―――私に立派な父は必要ないと、そういう事だな?」

メイド「んんんー??」

32 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 03:27:44.01 ID:KsYcoxVVO
女騎士「私の父は騎士団をまとめる立派な領主だ」

メイド「そーですねー」

女騎士「私はその父に甘えすぎていた…」

メイド「えーっと、そー、なん、で、すかね?」

女騎士「だから立派な父は必要ないと、そういう事なんだな?」

メイド「ど、どーでしょー?」

女騎士「言わなくてもいい……よし!甘えを捨てて、私もここに住むぞ!」バイーン

メイド(めんどくさいなーこの人…)ゲンナリ

34 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 03:33:37.72 ID:KsYcoxVVO
コンコンコン

団長「どうぞ」

女騎士「私だ」ガチャ

団長「なんだどうした!!!??」

女騎士「今日からここで世話になる!ベッドを半分借りるぞ」ボフ

団長「勝手に俺のベッドで寝るな!!」

女騎士「……zzz……」

団長「寝てるし…しかも完全に、ち、乳を放り出しているという……」

女騎士「うぅーん………」

37 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 03:44:04.92 ID:KsYcoxVVO
団長(落ち着け…こいつは単なる幼なじみに過ぎない存在だ……)

女騎士「…むにゃむにゃ……」ボイン

団長(気にする必要なんてないはずだ…)

女騎士「…Zzz…」バイン

団長(乳くらいがなんだっ!!俺は団長なんだ!!!)

女騎士「…やぁーん……」ポヨポヨ

団長(…自分から抱き着いておいて、やぁーんはないだろ………)

73 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 13:42:32.87 ID:KsYcoxVVO
団長(落ち着け!落ち着くんだ!!)

女騎士「……zzz…」

団長「深呼吸だ…すぅーーはぁーーすぅーーはぁーー」

女騎士「ムニャ!」ギュウ

団長(だ、ダメだ!部屋から出よう…)スルスル

女騎士「……うぅーん……Zzz…」

74 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 13:46:17.86 ID:KsYcoxVVO
コンコンコン

メイド(誰か来たぁ………)ビクビク

ガチャガチャ

メイド(カギを掛けておいてよかった…)ドキドキ

ガチャ…バキン!

メイド(ええっ!?)

団長「お前だな!?あいつを放置したのは!!」

メイド「ごごごごめんなさいぃぃー!!」

76 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 13:51:07.85 ID:KsYcoxVVO
団長「理由を説明しろっ!!」

メイド「その、えっと、乳が父で乳なんですよ!!」

団長「わかりやすく言わないと殴るぞ!!」

メイド「実は………という訳なんです!」

団長「最悪な状況にしてくれたな…あいつはずっとここにいる予定なんだろう?」

メイド「た、たぶん…」

団長「何てことだ……あの乳がずっと視界に入るのか……」

77 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 13:54:45.54 ID:KsYcoxVVO
メイド「こうなったら、もうしょうがないですよー」

団長「他人事のように言うな!」

メイド「えへへー、他人事でーす」

団長「お前に責任があるんだぞ!俺はこの部屋で寝る」

メイド「えっ!?自分の部屋があるじゃないですかぁ!!」

団長「あいつがいるから無理だ」

メイド「そんなぁー!!」

78 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 13:58:41.00 ID:KsYcoxVVO
団長「ベッドを借りるぞ」モゾモゾ

メイド「ちょっ!?きゃあ!!私のベッドに入って来ないでくださいよ!!」

団長「静かにしろ…眠れないだろ……」

メイド「やぁだぁ!!ちょっと団長!やぁん!!」

団長「黙って寝るんだ…Zzz……」

メイド「きゃーん…」

83 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 14:15:07.86 ID:KsYcoxVVO
メイド(団長が寝ちゃったよ……)

団長「……グーグー…」

メイド(…団長って、よく見ると良い体格してるなぁー)ジロジロ

団長「……グーグー…」

メイド(胸の筋肉とか…結構すごい…)サスサス

団長「……何をしている?」

メイド「わわっ!?」

84 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 14:21:02.96 ID:KsYcoxVVO
団長「自分の胸がないからって、何も俺の胸を触らなくてもいいだろう」

メイド「そういうつもりじゃなくて…そのですね…」

団長「お前は本当に胸がないのか?」モミモミ

メイド「やぁん!!ダメ!!団長!!やめてください!!」

団長「何もないな、お前…」

メイド「うえええん!!団長のバカー!!」バシバシ

85 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 14:23:19.57 ID:KsYcoxVVO
団長「追い出されてしまった…」

団長「部屋に戻ってもあいつが寝てるしな…」

団長「騎士達も寝てるだろう」

団長「困ったな…」

団長「剣でも振るか」

団長「練習場で訓練しよう」

86 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 14:27:23.84 ID:KsYcoxVVO
団長「いち!にい!さん!」ブンブン

騎士A「……あれ?団長、こんな夜遅くに練習ですか?」

団長「む、すまない。起こしてしまったか?」

騎士B「いえ、散歩していたんですよ。団長はどうしたっていうんです?」

団長「そ…その…俺の部屋に…副団長が……」

騎士A「ええっ!?」

騎士B「どういう事ですか!?」

87 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 14:29:56.61 ID:KsYcoxVVO
団長「じ、実は………というわけなんだ」

騎士A「本当ですか!?」

騎士B「ちょっとオレ、みんなに知らせて来ます!!」ダダダ

団長「あっ!待て!」

騎士A「隠された方が困りますよ…」

団長「そ、そうかもしれないな」

96 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 15:35:59.51 ID:KsYcoxVVO
騎士達「集まりました!説明をお願いします!!」

団長「全員呼ぶ奴があるか!」

騎士B「す、すいません…」

団長「実はだな……というわけなんだ」

騎士C「マジすか!」

騎士D「あの魔乳を前に練習なんてできるわけがない……」

97 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 15:40:41.46 ID:KsYcoxVVO
騎士C「で、団長は何をしてたんスか?」

団長「部屋に戻れないから剣術の練習を…」

騎士D「俺達もやろう!団長だけ練習させるのも間違いだ!」

騎士達「やるぞぉー!」

団長「あ、あまり大きな声を出すな!あいつが起きるだろ!!」

騎士A「すいません…」

団長「黙って練習するぞ。素振りなら音も出ない。照明はロウソクだけにする」

98 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 15:48:47.75 ID:KsYcoxVVO
団長「………」ビュン

騎士達「………」ビュン

トタトタ…

団長「誰か来たぞ!ロウソクを消して全員隠れろ!!」

メイド「練習場に…人……?」トタトタ…

騎士達「………」コソコソ

メイド「今誰か………きゃああ!!」

団長「うおおっ!……ってメイドじゃないか…驚かすなよ……」

メイド「こっちの台詞ですよぉぉぉぉぉぉー!!」ドキドキ

106 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 15:59:54.16 ID:KsYcoxVVO
団長「何してるんだよ」

メイド「トイレに行く途中ですけど……」

団長「迷惑な奴だな…練習再開だ!」

メイド「迷惑って何ですかぁー!!人の事を驚かしておいてぇー!」ムカムカ

団長「シー!静かに!女騎士にバレる!!」

女騎士「私がどうしたって?」

団長「お前いたのかっ!!」

109 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 16:08:07.58 ID:KsYcoxVVO
メイド「二人でトイレに行く途中だったんですよ」

団長「なんて事だ…台無しじゃないか…」

女騎士「お前達!隠れてないで出て来るんだ!」

騎士達「はい……」ゾロゾロ

メイド「全員いるじゃないですか!!」

女騎士「なんでこんな夜中に隠れて練習を?……フフ…わかったぞ!!」

112 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 16:18:14.38 ID:KsYcoxVVO
女騎士「さっき私に負けたから、悔しくて秘密特訓をしてるんだろう!」

団長「ち、違う!」

騎士A「団長が負けた…?」

騎士C「どういう事っスか??」

団長「しまったぁ!!」

女騎士「聞いてないのか?さっき私は団長と勝負をして勝ったのだッ!!」

騎士達「ええーっ!?」

女騎士「つまり私がこの騎士団で最強という事だ!!!」

115 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 16:22:52.96 ID:KsYcoxVVO
騎士C「信じられないっス!」

女騎士「証人もいるぞ!そこのメイドだ!」

騎士A「本当なのか?」

メイド「え!?まぁ、確かに女騎士さんが勝っちゃってました……」

団長「ぬぐぐ……」

女騎士「訓練するなら私が教えてやる!今から素振りを始めるぞ!」

メイド「…どーでもいいんですけど、私おしっこしてきてもいーですかぁ?」

124 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 16:37:02.53 ID:KsYcoxVVO
団長「ダメだ!メイド、お前も素振りしろ!!」

メイド「やだぁー!私は騎士じゃないし関係ないですー!!」

団長「黙れ!お前が余計な事を言ったから、俺はあいつに敗北した事になったんだぞ!」

メイド「だ、だって団長は負けたじゃないですかー」

団長「あの状況で勝負しろという方が間違いだったのだ!!あれは敗北ではない!!」

女騎士「コラッ!そこの二人!!無駄口を叩いてないで剣を構えろ!!」

団長「くっそおおおおおおぉぉぉー!!!」ブンブン

メイド「おしっこしたいよぉぉぉー!!!」モジモジ

128 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 16:45:02.83 ID:KsYcoxVVO
女騎士「いち!」ボイン

騎士A「ぬおお!」

女騎士「にい!」バイン

騎士B「うぐぐぐ!」

女騎士「さん!」ボヨン

騎士C「俺もう無理っス!」ダダダ

騎士達「逃げろぉぉー!!」ダダダ

団長「あっ!待て!!俺を置いて逃げるなぁぁぁー!!」

メイド「逃げろー!」ダダダ

女騎士「待て」ガシッ

メイド「きゃーん…」

131 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 16:59:13.69 ID:KsYcoxVVO
騎士C「団長を置いて逃げてきてしまったっス!」

騎士A「仕方ないだろ…あの魔乳を見て練習に集中しろと言う方が無茶だ」

騎士B「団長が負けた理由がわかったぜ…乳が頭から離れねぇ……」

騎士D「あれは勝てなくて当然だ…乳揺れが恥ずかし過ぎる」

騎士C「助けに行くっスか?」

騎士A「………無理だろ…半分くらい乳が出てたんだぞ」

騎士B「本人もまるで自分の乳に対する自覚がないからな……」

騎士達「はぁ……」

140 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 17:22:59.93 ID:KsYcoxVVO
女騎士「まずメイドは声が出せていないのだ」

メイド「声…ですかぁー?」

女騎士「私のように!とぁぁー!」

メイド「きゃーん!」

女騎士「違う!とぁぁー!」

メイド「みゃーん!」

女騎士「ダメだ!もっと腹にチカラを入れて、体の内から声をしぼり出すんだ!!」

メイド「お腹に……チカラ???」

156 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 17:42:37.80 ID:KsYcoxVVO
女騎士「やってみろ!腹からしぼり出すんだ!!」

メイド「やああぁー!!」

女騎士「お!なかなか良くなったぞ!もう一回だ!」

メイド「やあーっ……あん!?」ビクッ

女騎士「………どうした」

メイド「な、なんでも…ないですぅ……あ…あぶなかった……」モジモジ

161 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 17:46:13.49 ID:KsYcoxVVO
女騎士「なぜ前屈みになるんだ?背筋を伸ばせ」グイ

メイド「やぁん!」

女騎士「内股も治すんだ」グイ

メイド「無理に脚を開かせないでください!!やめてください!!きゃーーーん!!!」

女騎士「どうしてだ」

メイド「じ、自分で開きます!!!」

女騎士「もう一度上手くできたら合格にしてやろう」

メイド「わかりました。が、頑張ります……」

167 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 18:01:22.21 ID:KsYcoxVVO
女騎士「背筋を伸ばす!」

メイド「はいっ!」ピーン

女騎士「脚を肩幅に開く!」

メイド「はいっ!」ピピーン

女騎士「腹に力を入れる!」

メイド「はいっ!」ピピピーン

女騎士「声を出せ!」

メイド「やああああぁー!!」

女騎士「合格だっ!」

メイド「やったーー♪」ピョンピョン

174 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 18:17:15.56 ID:KsYcoxVVO
メイド「団長!聞きましたか!?」

団長「あぁ…」

メイド「やりましたー!」ショロロロロロロ

団長「あっ!おい!」

メイド「え?」ショロロロロロロ

団長「う、嬉ションが出てるぞ!」

メイド「わああああああ!!見ないでくださいいいいぃぃぃぃ!!!!」ショロロロロロロ

女騎士「情けない…」

メイド「違うんです!!これは違うですよぉぉぉー!!!だめぇぇぇぇぇ!!!!」ショロロロロロロ

182 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 18:26:53.26 ID:KsYcoxVVO
女騎士「掃除しておけよ?」

メイド「うぅ…ぐすっ…はぁい……」フキフキ

女騎士「さて、と」ズイ

団長「な、なんだ」

女騎士「なぜ勝手に部屋からいなくなった?」

団長「別にいいだろう!」

女騎士「よくない。私がさみしいだろう」

団長「な、何を言ってるんだよ……」

女騎士「領主の館から出て来たばかりの私を、ひとりぼっちにするとはいい度胸だ……」

187 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 18:45:30.04 ID:KsYcoxVVO
女騎士「一緒に部屋で寝るぞ!」

団長「嫌だ!」

女騎士「なぜだ!昔は一緒に寝てくれただろう!」

団長「それはまだお互いまだ小さかったからだろ!!」

女騎士「そうやって私をのけ者にするんだな……?」

団長「そうじゃない…そうじゃないんだ」

女騎士「決めた!私はおんぶしてもらえるまで、ここから動かないぞ!」

190 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 18:48:01.46 ID:KsYcoxVVO
団長「断る!」

女騎士「断るな!早くしろ。ぐずるぞ」

団長「わ、わかった」スッ

女騎士「よろしい」ギュウ

団長(なんという乳なんだ…)

女騎士「早くベッドまで運べ」ポヨポヨ

団長「わかったから、あまり動くな…」

女騎士「~♪」

241 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 20:32:38.80 ID:KsYcoxVVO
女騎士「お前の背中は大きいな!」

団長(お前の乳は無限大だ…)

女騎士「お前の背中は固いな!」

団長(お前の乳はプリンだ…)

女騎士「なにか言ったらどうだ!」ムギュー

団長「つねるな…」

女騎士「つまらん」

247 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 20:39:56.86 ID:KsYcoxVVO
団長「着いたぞ、降りろ」

女騎士「………」

団長「おい、降りろるんだ」ユサユサ

女騎士「……Zzz……」

団長「まいったな……どうしたものか……起こすのも面倒だ…」

女騎士「……すやすや……」

団長「……油断し過ぎだろ………」

248 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 20:47:52.57 ID:KsYcoxVVO
団長「とりあえず俺がベッドにうつぶせで寝よう」ドサ

女騎士「………」

団長「あとは背中のこいつをベッドに降ろせば…」グイ

女騎士「…うぅーん……」ガシッ

団長「ダメだなこれは…」

女騎士「………」ボイン

団長「背中に変な汗をかいてきたぞ…」

250 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 20:52:39.40 ID:KsYcoxVVO
騎士A「団長ー!」

騎士B「団長殿ー!」

メイド「あ、あれ!?みなさん一体どうしたんですかぁー?」

騎士C「見捨てる訳にもいかなくて、戻って来たっス!」

騎士D「そのバケツと雑巾はなんだ?」

メイド「え!?こ、これですか!?ナイショです!!」

騎士A「なぁ、何か臭わないか?」

メイド「練習場は汗で臭いんですよ!!!」

騎士A「いや、そうじゃない。お前が掃除している周辺が臭い」

253 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 20:58:47.95 ID:KsYcoxVVO
メイド「臭くないですよ!さよなら!」

騎士C「待つっス!」ガシッ

メイド「きゃーん…」

騎士A「正直に言え」

メイド「わーん!ちょっとだけ、嬉ションしちゃったんです!」

騎士D「嬉ションって、なんだ?」

騎士A「犬って喜んだ時に理性が飛んでおしっこもらすだろ?あれだよ」

メイド「説明しないでぇぇぇぇぇ!!!!」

255 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 21:02:59.11 ID:KsYcoxVVO
騎士D「そのバケツ一杯にもらしたのか?」

メイド「はい……うぅ…ぐすっ……」

騎士B「明らかにちょっとじゃねーだろ…」

騎士C「リッターっスね!」

騎士A「ジョッキ何杯分だ?」

メイド「単位はどうでもいーですよぉぉぉー!!ああぁーん!!」

260 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 21:09:02.77 ID:KsYcoxVVO
騎士A「お前のせいで練習場が臭くなっただろーが」

メイド「ごめんなさーい……ぐすん…」

騎士C「柑橘系っスか?」

騎士B「ワインみたいな薫りもするな」

メイド「………ミカンとブドウ食べたの…………」

騎士C「なるほどー!」

騎士B「言われてみれば確かに!」

騎士A「どうでもいいだろ!」

メイド「そ、そうですよ!!団長はどうしたんですか団長は!!!!」

騎士達「忘れてた!!」

271 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 21:29:59.29 ID:KsYcoxVVO
女騎士「ん…うーん!」

団長「起きたか」

女騎士「お!ベッドだ!でかしたぞ」ナデナデ

団長「降りてくれ」

女騎士「やだ」

団長「降りろっ!」グイン

女騎士「きゃあ!何をする!」

団長「いいからちょっとそこに座れ!!」

272 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 21:33:13.75 ID:KsYcoxVVO
団長「もう我慢できん!」

女騎士「な、何がだ?」

団長「お前は胸が大き過ぎるんだっ!!!」

女騎士「……そう…なのか?」

団長「俺に聞くなっ!」

女騎士「だが、メイドに胸の話をすると、火の玉のように怒るんだ…」

団長「人に聞くな!自覚しろ!」

277 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 21:37:45.45 ID:KsYcoxVVO
女騎士「…そんなに私の胸は大きいのか???」

団長「そうだっ!!十分すぎるほどにだ!!!」ビシッ

女騎士「ゆ、指を刺すな!」

団長「なぜ気付かなかった?」

女騎士「少し大きいとは思っていたが、そこまで大きいとは…」

団長「あきれた奴だな…」

女騎士「い、医者に診てもらった事ならあるが……」

団長「話してみろ」

302 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 22:12:13.25 ID:KsYcoxVVO
女騎士「私の胸は日に日に大きく腫れ上がっていくから、心配になったんだ…」

団長「腫れているわけではないが…まぁいい、話を続けてくれ」

女騎士「医者に診てもらったら異常ではなく、逆にうらやましいと言われたんだ」

団長「医者にか?」

女騎士「あぁ…でも私は嬉しくも何ともなかった…………」

団長「どうして?」

女騎士「は、恥ずかしいだろ、こんな胸!!!!!!!!」

307 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 22:19:11.65 ID:KsYcoxVVO
女騎士「私はその医者を信じてはいない…」

団長「なぜだ?異常ではないんだろう?」

女騎士「患者が悩んでいる事に対して、うらやましい等と平気で言える人間なんて信用できるものか!!」

団長「お、怒るなよ…」

女騎士「だから回復を信じ、神に祈りながら毎日もんでいるんだ…」

団長「もんでいるのか…」

女騎士「そうだ…この辱められた苦しみ、お前には…わからないだろう…ぐすっ……」

団長「な、泣くなよ…」

320 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 22:29:10.65 ID:KsYcoxVVO
女騎士「だって…ぐすっ…おっぱい……ちっちゃく…ならないんだ……」

団長「泣くほど嫌なのか…」

女騎士「うぅ…胸は…ひっく…大きくなるだけ………」ボインボイン

団長「しかし困ったなー、小さくする方法なんて俺は知らないぞ…」

女騎士「こんな事を相談できるのは…お前くらいなんだ……頼む…」

団長「他に悩んでいる事は?」

女騎士「…あせも」

団長「そうか…」

336 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 22:42:11.93 ID:KsYcoxVVO
団長「…騎士団員の悩みは、団長の悩みでもある」

女騎士「…ぐすん………ぅん?」

団長「俺が何とかしてやろうじゃないか!」

女騎士「すまない…ぐすっ………よろしく頼む」

団長「一つ聞く。何で胸をもんだんだ?」

女騎士「メイドがこっそりやってたから真似したんだ……何か効果あるのかと思って…」

団長「あー、あいつみたいになりたいのか」

338 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 22:47:53.15 ID:KsYcoxVVO
団長「メイドに聞いてみよう」

女騎士「奴に聞くと怒るんだ…」

団長「団長の俺から聞けばあいつも口を割るだろ」

女騎士「そうだろうか」

団長「そうだ。あいつは異常に胸がない。たまに男なんじゃないかとも思える」

女騎士「とにかく頼む…」

344 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 22:54:31.31 ID:KsYcoxVVO
女騎士「メイドはどこだ?」

団長「練習場にいるんじゃないのか?」キョロキョロ

騎士達「団長!!」

団長「おお、お前達」

騎士達「無事でしたか?」

女騎士「………??」

団長「お、お前らは寝ろ!!」

女騎士「待て。メイドがどこにいるか知らないか?」

騎士達「メイドなら川に行きましたよ」

女騎士「ありがとう。さぁ行こう」

345 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:01:50.16 ID:KsYcoxVVO
メイド「よーし!綺麗になった!!」

メイド「川は気持ちがいいなー」ジャブジャブ

団長「あ、いたいた…おーい!」ダダダ

メイド「だ、団長!?待ってくださーい!服を今着ます!!」

団長「着るな!」

メイド「ええっ!?」

団長「あえて問おう!なぜお前の胸は小さいんだ!」

メイド「きゃーーー!!聞こえません!!何も聞こえませーん!!!!アワワワワーー!!!!」

女騎士「き、聞き方が直球すぎるぞ…」

348 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:06:14.57 ID:KsYcoxVVO
団長「女騎士の胸を小さくする方法を教えてくれー!!」

女騎士「私まで恥ずかしいからやめろ!!」

メイド「アハハハハ!アハ!アハハ!……うええぇぇん!!」

団長「泣いていてはわかないぞー!」

メイド「私が教えてほしいくらいですよぉぉぉぉぉぉ!!!」

団長「ダメか…………」

358 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:13:02.55 ID:KsYcoxVVO
女騎士「すまなかった…服を着てくれ……」

メイド「胸のない私なんかに…ひっく…胸のある女騎士さんが服を……優しいんですね…」

女騎士「ほら!お前のせいでメイドが卑屈になってしまったではないか!」

団長「す、すまない…」

メイド「いいんです…私にはボリュームのカケラもないメイド服がお似合いなんです……」

女騎士「わ、悪気はなかったんだ…許してくれ…」

379 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:22:43.70 ID:KsYcoxVVO
メイド「服、着ました!」

団長「本当にすまなかった………」

メイド「いいんですよ!でも、女騎士さんも私と同じで悩んでいたんですねー!意外です」

女騎士「大きいか、小さいか。それが問題だ」

メイド「ところで団長さんは、どっちが好みなんですか?」

団長「えっ?」

女騎士「そうだな。お前の価値観が気になるな」

メイド「重要ですっ!!」

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:33:39.86 ID:KsYcoxVVO
団長「胸が大きいとか小さいとか、そういう判断は個人の尺度によって違う」

メイド「ど、どーいう話なんですか?」

団長「小さい胸が好きな人がいれば、大きい胸が好きな人もいる。それに優劣を付ける方が間違いだ」

メイド「でもおっきい方が良いに決まってます!!」

団長「そうか。だがそれはお前の価値観に過ぎない。だから絶対的な意見でもないし真理でもない。女騎士はどうだ?」

女騎士「わ、私は小さい胸がかわいらしくて好きだ…」

団長「なるほど。それもお前の価値観だ。大事にすべきだが、それを人に強要するのは間違いだ。わかるな?」

女騎士「そうだな……」

メイド「あー、人それぞれって事なんですね……良くわかりましたぁ」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:40:36.39 ID:KsYcoxVVO
団長「どうだ?納得したか?」

女騎士「………何一つしていない。お前の価値観をまだ聞いていないからな」

メイド「あああ危ない!騙されるところでしたぁぁー!!」

団長「そんなつもりじゃ…」

女騎士「貴様の話はすべて論旨のすり替えに過ぎない!!」

メイド「よくわかんないけどそーだぁぁー!!どっちが好きなんですかぁー!!」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:49:49.12 ID:KsYcoxVVO
女騎士「それに優劣の話もしていない!!私の胸を小さくするのが約束だろう!!」

メイド「そうだー!ついでに私のおっぱいも大きくしろー!!」

女騎士「下らない一般論は必要ない!!お前の意見を言え!団長だろ!」

メイド「そうだー!最少サイズの服を着ている私の身にもなってみろー!!」

女騎士「答えろ!」

メイド「答えろ!」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/11(日) 23:54:41.92 ID:KsYcoxVVO [72/72]
団長「そんな事より俺は剣が好きだな……」

女騎士「貴様ーっ!!」

メイド「それはひどすぎます!!」

団長「俺は別に…どっちでもいい」

女騎士「そんなハズはない!!」

メイド「そうだー!!」

団長「俺の話を聞いてなかったのか?俺の価値観では、胸の大小は優劣がないんだよ」

メイド「それでもチンチンついてるんですかー!!ちょっと私に見せなさい!!」

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:05:41.62 ID:eofzMfICO [1/10]
団長「やめろ!」

メイド「いーじゃないですかぁー!さっき私のハダカを見たんですからー!」

団長「そういう問題ではない!!」

メイド「ずーるーいー!!」

団長「お前も何とか言ったらどうだ!」

女騎士「わ、私は……その……」

メイド「隙ありです!」スルン

団長「ああっ!?」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:10:23.59 ID:eofzMfICO [2/10]
メイド「きゃーーーん!!!きゃーーーん!!団長のおちんちん見ちゃったーー!!」

団長「うわああああああ!!!!」

女騎士「わ、わわ、うわ……」

団長「見られたああああ!!!!!!」

メイド「見ぃーちゃったー見ぃーちゃったー♪団長のおちんちん見ぃーちゃったー♪」

女騎士「十数年ぶりに見た………」

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:15:15.57 ID:eofzMfICO [3/10]
団長「ズボンを下げるな!!手を離せ!!!」

メイド「えへへー♪……あれ?」

団長「離すんだ!!」

メイド「ち、ちょっと待ってください!!」

団長「何がだ!!」

メイド「団長、なんでそこに少し毛が生えてるんですか?」

団長「………どういう事だ?」

メイド「私はそんな所に生えてませんよ???」

団長「………生えていたら………変なのか?」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:19:17.66 ID:eofzMfICO [4/10]
メイド「女騎士さんもちょっと見てくださいよ!ほら!!」

団長「や、やめろよ………」

メイド「隠したらダメですよ!見せてあげてください」グイ

女騎士「わ…本当だ………」

団長「お前らは毛が生えてないのか?」

女騎士「生えてないぞ」

メイド「普通はそんな所に生えませんよー」

574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:22:38.54 ID:eofzMfICO [5/10]
メイド「やーいやーい!団長のおちんちん変ですー!!」

団長「ちょっと待て!!お前らが変なんじゃないのか?」

メイド「でも2対1で生えてない人の方が多いですよ?」

団長「うぐぐ……」

女騎士「メイド、ちょっと見せてみろ」

メイド「いいですよ」

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:28:00.21 ID:eofzMfICO [6/10]
団長「お、俺にも見せろよ…」

女騎士「貴様はダメだ!」

メイド「団長さんは見ちゃダメですからね!!これは女の子の世界なんですから!!」

女騎士「メイド、上流に行こう」ジャブジャブ

メイド「そうですね!変な毛の生えた団長さんは下流にでも行っててください」ジャブジャブ

団長「くそ…なんで俺だけ生えているんだ………」ジャブジャブ

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:38:40.72 ID:eofzMfICO [7/10]
女騎士「ここならいいだろう」

メイド「そうですね!」ペロン

女騎士「ほら、生えてないぞ」ペロン

メイド「ですよねー!確か騎士Cも生えてませんでした」

女騎士「み、見たのか?」

メイド「はい、偶然。きっと生えてるのは団長だけです!」

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:43:14.48 ID:eofzMfICO [8/10]
メイド「女騎士さんのおへそ、かわいー!」

女騎士「へそだけは自慢できる」

メイド「かわいーなー」ムニムニ

女騎士「押すな!あぁ、メイドが押すからトイレに行きたくなってきた…」

メイド「まだ行ってなかったんですか?」

女騎士「どうしたものか…」

メイド「ここですればいいんですよ」

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:49:45.60 ID:eofzMfICO [9/10]
女騎士「川でするのか?」

メイド「そうですよ!なかなか気分の良いものです!開放感が違うんです!」

女騎士「そういうものなのか…しかし、仮にも領主の娘である私が川でなどと…」

メイド「作法とかそんなの別にいいですよー」ショロロロロ

女騎士「お前はなぜそんなに出るんだ?」ショロロロロ

メイド「なんでですかねー?」ショロロロロ

女騎士「不思議だな…」ショロロロロ

メイド「私達の胸とか団長さんの毛とか、人間の体って不思議がいっぱいですねー」ショロロロロ

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:58:43.33 ID:eofzMfICO [10/10]
メイド「終わったらそのまま洗えるので衛生的です!」ゴシゴシ

女騎士「なるほど…だからメイドは川に行っていたのか…」ショロロロロ

メイド「そうですよ!パンツも洗いたかったんで調度良かったんです」

女騎士「フフ…賢いな」ショロロロロ

メイド「あの岩の上で干してるんですけど、コケがぬるぬるしてて転んでしまって…」

女騎士「あ、尻が赤いな…痛そうだ……」ショロロロロ

メイド「そうなんですよー!尻餅をついたから痛くて痛くて……え?赤くなってるんですかぁー!?」

609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:08:02.24 ID:EjgUPKPvO [1/32]
女騎士「私が診てやろう!」ショロロロロ

メイド「ちょっと待っ……きゃーん!おしっこを私のお尻に引っ掛けないでくださいよ!!」

女騎士「ハハハハハ!すまないな!すっかり忘れていた!」

メイド「しみるー!女騎士さんのおしっこが傷口にしみるー!!痛いよぉぉぉ!!」

女騎士「水で洗えば大丈夫だ」バシャバシャ

メイド「ば、ばい菌が入ったらどうするんですか…もう…」

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:15:10.27 ID:EjgUPKPvO [2/32]
女騎士「調度良い、ここに薬草が生えているぞ」ブチブチ

メイド「そんな草が効くんですかぁ…?」

女騎士「私を信じろ。さぁ、尻を見せるんだ」

メイド「は、はい…」

女騎士「少ししみるが我慢しろ」ヌリヌリ

メイド「い、痛いです…」ヒリヒリ

616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:19:51.36 ID:EjgUPKPvO [3/32]
団長「川なんて久しぶりだなー」ジャブジャブ

団長「たまには良いもんだ……」

団長「しかし、なぜ俺には毛が……くそう……」

団長「生えているのは変なのだろうか…」

団長「…ん?川が生温くなってきたぞ…?」

団長「どういう事だ?部分的に温かい流れが存在している……」バシャバシャ

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:24:44.07 ID:EjgUPKPvO [4/32]
女騎士「そろそろ戻るぞ」

メイド「わかりました」

団長「おいお前ら!」

メイド「あっ!団長さん!」

団長「川でおしっこしただろ!ふざけるなよ!」

メイド「な、何の事ですかー?」

団長「俺は下流で行水していたんだぞ!!ちょっと水も飲んだんだぞ!!」

メイド「あちゃー…」

女騎士「す、すまない…」

団長「あきれた奴らだな…」

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:27:59.95 ID:EjgUPKPvO [5/32]
団長「そ、それで、どうなったんだよ」

女騎士「なにがだ?」

団長「何がって、会議してたんじゃないのか?」

メイド「あー、会議の結果、団長さんが変だという事になりました」

団長「そ、そうか……」

女騎士「それも問題だが、私達の問題が先だろう」

メイド「そうですね!一旦川から出ましょう」

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:33:20.60 ID:EjgUPKPvO [6/32]
団長「さて、どうやって胸を小さくするか、だ」

女騎士「ここはメイドの意見を聞くしかない…」

メイド「どーしてですか?」

団長「メイドは何か努力してるんだろ?」

女騎士「何か唱えながら胸をもんでいたのを、私は知っている」

メイド「えぇーっ!?知ってたんですかぁ!?」

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:38:07.44 ID:EjgUPKPvO [7/32]
女騎士「その呪文を教えるんだ」

メイド「えと、大きくなーれ、大きくなーれって言ってただけです…」

団長「念じるといいのか?」

メイド「でも、あまり効果ないです…」

女騎士「困ったな…」

メイド「そうだ!私が女騎士さんの胸をもんだらいいんですよ!」

女騎士「そう…なのか?」

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:45:30.28 ID:EjgUPKPvO [8/32]
メイド「物は試しです!大きくなーれ、大きくなーれ」モミモミ

女騎士「きゃああ!」ボイン

メイド「嫌がったらダメです!耐えないと小さくならないです!」ムニムニ

女騎士「んん!……くぅ……ふぅ…んっ!んっ!」バイン

団長「俺は何かする事ないのか?」

メイド「じゃあ、私が右乳を担当するので、団長さんは左乳を」モミモミ

団長「は、恥ずかしいだろ…」

女騎士「恥ずかしいのは私だ!は、早くしないか!!んんん!!」

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:54:22.22 ID:EjgUPKPvO [9/32]
女騎士「早くしろ!これで胸が小さくなるんだ!私はなんだって耐えてみせる!」

団長「うっ…くく……」

メイド「ためらったら女騎士さんに失礼ですよ!」

団長「無理だ!すまないが俺は帰る!」ダダダ

メイド「あっ!団長さーん!」

女騎士「私達も戻ろう…」

メイド「はい…」

702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:04:19.30 ID:EjgUPKPvO [11/32]
―翌朝―

女騎士「…………おい…起きろ…」

団長「うぅ…ん……もう朝か…って、なんでメイド服を着てるんだ!?」

女騎士「フフ…借りたのだ。似合うと思わないか?」

メイド「これで胸を窮屈にして、小さくする作戦なんですー!」

団長「む、胸がはみ出しいるぞ!」

メイド「それが問題なんですー!団長さんが仕上げに縛ってくださいよ!私じゃチカラが足りなくて…あふれる…」

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:08:16.51 ID:EjgUPKPvO [12/32]
団長「どうすればいいんだ?勝手がわからないぞ」

メイド「胸元の生地を寄せ集めて、胸を服の中に押し込んでください」

団長「???」

女騎士「胸が邪魔でシャツのボタンが閉まらないから、力づくで閉めてくれ」

団長「わかったぜ」

メイド「がんばれー!」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:13:37.91 ID:EjgUPKPvO [13/32]
団長「全力で閉めるけどいいな?」

女騎士「や、やってくれ」

団長「行くぜ!ぬおおおおおおお!!」ギュウウウウ

女騎士「あっ!?ああん!!やああああん!!」

団長「ど、どうした!?痛かったか?」

女騎士「ち、違うんだ!……痛くはないんだが……その…何だか気持ちが良くてつい声が漏れてしまった…」ドキドキ

団長「続けてもいいのか?」

女騎士「頼む……で、できればさっきのように力一杯やってほしい…」ドキドキ

711 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:21:05.23 ID:EjgUPKPvO [14/32]
団長「ぬおおおおおおお!!!」ギュウウウウ

女騎士「あん!!んん…はあ…んっ!!ふぅ…ん!」

団長「ぬおおおおおおお!!」ギュウウウウ

女騎士「くっ…ふぅ!!あっ!あっ!あっ!!やああああん!!」

団長「…お前、大丈夫か?」

女騎士「じ、自分でも良くわからないが、無理矢理に胸をいじめられると、物凄く気持ちが良いんだ…」

団長「いじめられて気持ちが良いとか、どこか病気なんじゃないか?顔も赤いし軽く汗ばんでるし…」

女騎士「なぜだろうか…胸がたまらなく、キ、キュンキュンしている…切ないというか苦しいというか…」キュンキュン

団長「とりあえずボタンを閉めるのは、俺の力でも無理だ」

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:26:17.03 ID:EjgUPKPvO [15/32]
団長「わかった!!すべてがわかったぞ!!」

女騎士「ほ、本当か!?」

団長「お前は乳牛みたいな状態なんだよ!」

女騎士「に、乳牛……」

メイド「どーいう事なんですかぁー?」

団長「では説明してやろう」

メイド「お願いしまーす」

717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:31:03.61 ID:EjgUPKPvO [16/32]
団長「まず、乳牛は胸がとにかく大きい」

女騎士「そうだな」

団長「次に、乳牛は乳をしぼってやらないと、胸がパンパンに張ってしまうんだ」

メイド「確かに自分じゃしぼれないですからねー」

団長「パンパンになった乳牛は、苦しさのあまり鳴くんだよ。ブモーブモー、と」

女騎士「牛も大変なんだな…」

団長「まるでお前じゃないか」

女騎士「………そう…なのか?」

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:35:39.84 ID:EjgUPKPvO [17/32]
団長「だってお前、胸を締め付けたら気持ち良かったんだろ?」

女騎士「き、気持ち良かった………」

団長「乳牛もな、乳をしぼってやると、胸がしぼんで苦しさから解放されるんだよ」

女騎士「!!!!!」

メイド「!!!!!」

団長「理解したか?」

女騎士「理解できたぞ!!」

メイド「わかりやすいです!!」

団長「ついに結論が出たな。自分で言うのも何だが、俺は天才だと思う」

726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:45:10.33 ID:EjgUPKPvO [18/32]
メイド「じゃあ、しぼってあげればいーんですか?」

団長「簡単に言うとそうだ」

女騎士「それで小さくなるのか!?」

団長「おそらく」

女騎士「やってくれ!!」

メイド「どーやるんですか?」

団長「乳牛の場合だと、リズミカルに絞るんだ。それでいこう」

736 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:56:51.75 ID:EjgUPKPvO [19/32]
女騎士「わ、私は胸を出した方が良いのか………?」

団長「当然だ。メイド服を着た乳牛がいるわけないだろう。脱げ」

メイド「胸の部分だけ脱いで出せばいーんですよ!」

女騎士「そうだな…」ヌギヌギ

団長「メイド服って面白い構造だな」

女騎士「ぬ、脱いだぞ………」バインバイーン

団長「まるで乳牛だな」

女騎士「き、今日の貴様は随分と強気だな…!」

団長「俺はお前が心配なだけなんだよ」

女騎士「!!」キュンキュン

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:06:15.81 ID:EjgUPKPvO [20/32]
団長「じゃあ乳を絞るぞ!俺は左乳を、メイドは右乳を頼む」

メイド「わかりました!」

団長「おそらくお前の力では、全力でやらないと乳は出ないだろう…わかるな?」

メイド「了解です!」

団長「じゃあ乳に手を沿える」ムニ

女騎士「あっ!あっ!あん!あん!!」キュンキュン

団長「そ、その声は何とかならないのか………?」

女騎士「つい出てしまうんだ…うぅ……」

団長「仕方ないな。だができるだけ我慢してくれ。下唇を噛むんだ」

メイド「準備できましたよー!」

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:13:31.39 ID:EjgUPKPvO [21/32]
団長「じゃあ行くぞ!えい!」ギュウ

女騎士「んっ…ん…あん…」

メイド「えい!」ギュッ

女騎士「んんっ!…ん!」

団長「やぁ!」ギュウ

女騎士「んんー!?あん!!あっ!はぁん!!」

メイド「はい!」ギュッ

女騎士「あ…あっ…あん…あっ!はあああああああん!!!」

750 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:18:52.36 ID:EjgUPKPvO [22/32]
団長「おい、声を出すな」

女騎士「ああ…す、すまない…」

団長「今の俺は限界を超えた精神統一の元でお前の乳をしぼっているんだ」

女騎士「あ、ありがとう…」

団長「この集中が解けたらすべては終わりなんだ…できればお前は今だけ乳牛でいてくれ…」

女騎士「努力する…」

メイド「それにしてもおっぱいが出ませんねー」

団長「仕方ない。乳牛にならって乳首を集中的にしぼるぞ」

754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:28:06.94 ID:EjgUPKPvO [23/32]
女騎士「ち、乳首を………?」

団長「そうだ。乳牛は乳首をしぼると乳が出る。胸ではなく、乳首をしぼる」

女騎士「だが私のち、乳首は乳牛よりも小さいし…」

団長「つまむしかないな」

女騎士「ま、待ってくれ…さっきから………乳首は…その……ジンジンしているんだ…」

団長「だが乳が出ない以上、つまむしかないだろ」

女騎士「…触られたら絶対に…声が出てしまう…」

団長「それも仕方ない事だ」

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:32:51.38 ID:EjgUPKPvO [24/32]
女騎士「わ、わかった…やってくれ………」

団長「…よし。メイドもいいな?」

メイド「はわわ…や、やります…」

団長「行くぞ!それ!」キュッ

女騎士「きゃあああああああああ!!!」ガクガク

団長「どうした!」

女騎士「腰が抜けて…もう…あぁ…立てない…」ガクガク

団長「ベッドに移すぞ」ガシッ

女騎士「はぁん…………」ボフッ

764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:40:53.58 ID:EjgUPKPvO [25/32]
団長「まだ出ないな…さて、どうしたものか」

女騎士「…………す、吸ってくれ……」

団長「吸うのか?」

女騎士「…ふ、二人で吸ってほしい…私の…乳首……吸って…お願いだ………」

メイド「はわわわわ……」

女騎士「胸を強くもみながら……吸ってほしい…切ないんだ…頼む…」

団長「やるぞ、メイド」

メイド「きゃーん…」

773 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:50:41.42 ID:EjgUPKPvO [26/32]
団長「……」チュー

女騎士「あっ!あああ!はぁぁん!!」

メイド「……」チューチュー

女騎士「うああ!あっ!あっ!あっ!」

団長「……」チュウウウウ

女騎士「んんーっ!!んっ!はぁん!!あああ!!??」

メイド「……」チュチュチュ

女騎士「きゃあああああああああああああああああああ!!」ガクガク

団長「お、おい…」

女騎士「………」

団長「気絶している…」

779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:03:31.04 ID:EjgUPKPvO [27/32]
メイド「ど、どーしましょう…」

団長「ベッドに寝かせておいてやろう」

メイド「そうですね……」

団長「俺達は部屋から出るぞ」

メイド「団長さん…」

団長「なんだ?」

メイド「私の部屋に来てください…」

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:13:26.98 ID:EjgUPKPvO [28/32]
団長「お前の部屋ってさっぱりしているよな」

メイド「団長さん……」

団長「…さっきからどうした?お前まで顔が赤いが………」

メイド「その………私にもよくわからないんですけど…女騎士さんを見てたら…私まで胸が切なくなってきて…」

団長「流行り病か何かだろうか」

メイド「わかりません…」

団長「心配だな」

メイド「女騎士さんではないんですけど………私もちょっと診てください…」

団長「わかった。どこが変なんだ?胸か?」

メイド「…………そのですね………お、おまた…です…」

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:17:51.98 ID:EjgUPKPvO [29/32]
団長「み、診るべきなのか?」

メイド「お願いします…ジンジンするんですぅ………」

団長「じゃあ、ベッドに寝るんだ」

メイド「あの、ベッドには団長に寝てもらいたいんです……」

団長「意味がわからないんだが」

メイド「あのですね………その………き、きゃーん…」キュンキュン

団長「とりあえず寝るぞ」ボフッ

796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:32:31.65 ID:EjgUPKPvO [30/32]
メイド「上を向いて…そうです、仰向けで寝ていてください………」

団長「こうだな。それで、どうやって診るんだよ」

メイド「診る、というよりも、私のこの切なさを……団長さんに治してもらいたいんですぅ…………」

団長「協力しよう。どうするんだ?」

メイド「ちょっと失礼ですけど、私が…団長の………上にですね………乗りたいんです………良いですか?」

団長「乗るのか?」

806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:43:04.96 ID:EjgUPKPvO [31/32]
メイド「………団長の右の太股の上に…またがりたいんです………」

団長「全然意味がわからないが、いいだろう」

メイド「じゃあ失礼して……アハ…私、団長さんに……乗っちゃったぁ…きゃーん…」

団長「で、どうするんだ」

メイド「動いても良いですか………?」

団長「いいぞ」

メイド「それでは失礼して………あん…あっ…あぁん…」コスコス

団長「こ、こすると治るのか?」

メイド「そうです…あん!……私はおまたが切ないんです…だから…あっ!んん…あん!!」ヘコヘコ

816 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:57:45.28 ID:EjgUPKPvO [32/32]
団長「理解できない………」

メイド「…あぁん!…そのですね…腰が勝手に…あっ!あっ!…ヘコヘコ動いちゃうの………」ヘコヘコ

団長「そうなのか」

メイド「……んぁん!わぁん!あっ!私…団長さんに……思い切り…甘えたいの!」ヘコヘコ

団長「普段から甘えきっているだろう」

メイド「違うの!違うの!………あぁん!だんちょ…!団長しゃあん!!」ヘコヘコ

団長「うーん………」

メイド「あぁ……私も……乳首なめたい…あん!!…団長しゃんの乳首……私に見せてぇ…?ね?」サスリサスリ

842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:43:51.77 ID:+0ieBWTcO [1/12]
団長「………もうお前に任せる…乳首でも何でも好きにしろよ…」

メイド「えっ!?私が団長しゃ、団長さんを好きにしてもいーんですかぁぁ!!!??」

団長「訳がわからないから、いちいち聞かれても困るんだよ」

メイド「じゃあ!だ、だ、団長さんの、ち、乳首を!」チュウウウ…ペロペロ

団長「……」

メイド「団長しゃんの乳首おいしい!かわいい!あぁーん!もっとちょーだい!!きゃーん!!」ヘコヘコ

871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 08:07:50.12 ID:+0ieBWTcO [2/12]
メイド「団長さんナデナデして!私にナデナデしてぇ!あーん!あぁーん!!んん!!」ヘコヘコ

団長「はいはい」ナデナデ

メイド「嬉しい!嬉しい!…んぁーん!……私、団長しゃんにナデナデしてもらえた!!」チョロ…

団長「おい、嬉ションもれてるぞ!止めろ!」

メイド「えへへ!頑張ります!あん!…んぁぁ!!」ヘコヘコ

団長「人の太股におしっこ引っ掛ける奴があるかよ」

876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 08:26:17.18 ID:+0ieBWTcO [3/12]
メイド「止めましたよ!おしっこ止めましたよ!」ピタ

団長「よくやった。えらい」

メイド「えへへ!私えらい!団長さん、ごほーびちょーだい!」

団長「褒美って言われてもな…」

メイド「団長さんの…チューが欲しいなぁ……」

団長「好きにしろよ」

メイド「…はむ…ちゅ……ちゅ…ペロ……ちゅ…ちゅ…ぷはぁ…んふふ!」ヘコヘコ

880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 08:37:35.44 ID:+0ieBWTcO [4/12]
団長「出来れば、その腰の動きも止めてくれると嬉しい」

メイド「こ、これはですね…無理なんです……私…あん!勝手に動いちゃう病気なんです!あん!」ヘコヘコ

団長「いつになったら治るんだ?」

メイド「わぁん!一生治したくないですぅ!しあわせ!しやあせ!はぁん!」ヘコヘコ

団長「じ、冗談じゃないぞ!早く治せないのか?」

メイド「私にもどうやったら治るのか、わかんないんです!ふぁあああ!!」ヘコヘコ

団長「俺はもう疲れた…一度起きるぞ」ムクリ

メイド「やああああん!!起きちゃやだあああ!!まだ治ってませぇぇん!!」グイグイ

882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 08:51:55.11 ID:+0ieBWTcO [5/12]
メイド「やだあああ!!起きちゃやぁぁぁぁだぁぁぁぁ!!」グイグイ

団長「柱にでもこすってろよ!」

メイド「団長さんじゃないと、やだ!」ムラムラ

団長「俺は自分の部屋に戻る!」スタスタ

メイド「どこでも良いけど逃げちゃやだーー!!」ヘコヘコ

団長「ろ、廊下でするな!やめろ!」

メイド「えへへ…あん…あぁん……団長さんの太股だぁ…うふふ…」ヘコヘコ

団長「と、とりあえず部屋に入るからな」ガチャ

女騎士「コラ!どこに行ってたんだ!私をひとりぼっちにするとは良い度胸だな!」ムカムカ

団長「………………………こいつを忘れていた…」ゲンナリ

885 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 09:00:24.13 ID:+0ieBWTcO [6/12]
女騎士「ん?メイド…どうしたんだ?」

メイド「わかりませぇん………」ヘコヘコ

団長「お前の胸をなんとかしようとした後から、ずっとこんな調子なんだよ」

メイド「切ない気持ちを………団長さんに治してもらってるんです」ヘコヘコ

女騎士「………ずるい!二人だけで治療するとは…私も切ないんだぞ!」

団長「どうしろって言うんだよ…」

女騎士「わ………私の胸を………メチャクチャにするんだ………」ドキドキ

団長「メチャクチャなのはお前だろ…」

女騎士「は、早くしろ……もう…風が吹くだけで全身がキュンキュンする……」キュンキュン

890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 09:14:36.74 ID:+0ieBWTcO [7/12]
女騎士「私はベッドに寝るから、き、貴様が上からもむんだぞ…?」ボフッ

団長「メチャクチャって言われてもな…」

女騎士「私の胸を小さくする約束だろう?言われた通りにするんだ………」キュンキュン

団長「そうだったな。わかった」

メイド「私は放って置かれちゃうんですかぁー!!??」ムカムカ

団長「落ち着いていたら後で褒美をやるから、イスに座ってろ」

メイド「やった!ごほーび!ごほーび!団長さんのごほーび!ここで良い子にしてます!!」

892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 09:24:00.84 ID:+0ieBWTcO [8/12]
女騎士「さぁ…早くもんでくれ…」ムラムラ

団長「………」ムニムニ

女騎士「ふああ!んっ!んっ!あん!」ボインボイン

団長「………」ムニムニ

女騎士「んんーっ!!はぁん!!あん!」ボインボイン

団長「………」ムニムニ

女騎士「あん!はぁん!…もっと!もっと強く!!力が弱すぎる!」ボインボイン

団長「………」ギュウウ

女騎士「ふああああああん!!」ガクガク

団長「腰を浮かすな。もみにくいだろ…」ギュウウ

女騎士「そんなの無理だ!勝手に浮くんだ!あぁん!」ガクガク

893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 09:35:02.89 ID:+0ieBWTcO [9/12]
メイド「私も手伝っていーですか?」

団長「じゃあ右乳を頼む」

メイド「女騎士さんは、こーしてほしいんですよね?」ペロペロ

女騎士「ん…ぁん………」ビクン

メイド「これもですよね?」コリコリ

女騎士「はぁあああん!」ビックン

メイド「それで、こう」カプッ

女騎士「あっ!ああああああああああーーっ!!」ガクンガクン

団長「お前、なんでわかるんだ…すごいな…」

894 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 09:39:11.17 ID:+0ieBWTcO [10/12]
女騎士「はぁ…はぁ…あん……」ドキドキ

メイド「治りました?」

女騎士「す、少し楽に…なった…」ドキドキ

団長「良かったな」

メイド「私のおかげですよ!」

団長「………そうだな」

メイド「ごほーび!ごほーび!団長さん、寝てください!!」

団長「仕方ないな…」ボフッ

897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 09:47:42.96 ID:+0ieBWTcO [11/12]
メイド「よいしょ」チョコン

団長「………こするのか?」

メイド「えへへ!決まってるじゃないですかぁー!我慢してたんですからね?」

女騎士「ち、ちょっと待て!………何をするんだ?」

メイド「私はおまたが切なくなるんで、こーして団長さんにこすると…やぁん!」ビクン

女騎士「わ、私もやりたい!」

メイド「こっちの足は私がもうマーキングしちゃったんで、そっちの足にまたがってください」

女騎士「ま、またがっていいのか?」

団長「……Zzz…Zzz………」

メイド「寝てるからオッケーです!!」

899 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 09:54:23.87 ID:+0ieBWTcO [12/12]
女騎士「だ、だが…私は下着が……さっきので汚れてしまったんだ………」

メイド「え?それっておもらしですか?」

女騎士「よくわからないが……自然に出ていたんだ………メ、メイドはこうならないのか?」

メイド「私ですかぁ?………わわわ!…パンツぐちょぐちょでしたぁ!!」

女騎士「とんでもない事になってるじゃないか………」

メイド「ちょっとくらい良いんですよ!メイドの私が洗濯するから良いんです!

女騎士「わ、わかった」

メイド「じゃあ私がお手本を見せるんで、見ててくださいね?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 22:55:46.41 ID:+0ieBWTcO [4/12]
メイド「………という訳です…こんな感じでですね…あん」ヘコヘコ

女騎士「こうか……?ん…あん…」ヘコヘコ

メイド「そうです!そうしてるとですね!…あん!ふぁあ!」キュンキュン

女騎士「なるほど……なぁメイド、ちょっといいか?」

メイド「な、なんですかっ?…あん!」キュンキュン

女騎士「こいつの…下着を下げてもいいだろうか?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 22:59:50.25 ID:+0ieBWTcO [5/12]
メイド「また団長さんのおちんちんを見るんですか?」

女騎士「ふ、不思議と見たいんだ…」

メイド「女騎士さんは変わってますねー!ま、寝てるから良いんじゃないですか?」

女騎士「そ、そうだな…寝てるしな…」スルン

メイド「わあ!相変わらず毛が生えてますね!!変なの!」

女騎士「し、静かに!」

団長「うーん…」

女騎士「!!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 23:04:09.10 ID:+0ieBWTcO [6/12]
団長「おい!なんで俺のチンチン出てんだよ!」

女騎士「こ、これはだな!その……」

メイド「別に良いじゃないですかー!」ギュ

団長「ああっ!!触るな!」ムクムク

女騎士「!!」

メイド「きゃーん!!」

団長「お、俺まで切なくなったじゃないか!まったく、精神統一もクソもあるかよ!治療させろ!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 23:13:18.98 ID:+0ieBWTcO [7/12]
メイド「治療って言われても…」ドキドキ

団長「四つん這いになればいい」

メイド「わかりました…」

団長「行くぞ?」ズン

メイド「きゃーん!きゃーん!」ガクンガクン

団長「こういう事なんだよ!」ズンズン

メイド「あっ!あっ!あん!団長さぁん!あああああああ!!」ヘナヘナ

団長「腰砕けになるの早いだろ…全然治療にならん」

メイド「き、休憩です!……はぁん……」

女騎士「わ、私がいるだろう…」ドキドキ

団長「それもそうだ…元々はお前の乳をどうにかする約束だったし、調度良い」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 23:18:58.38 ID:+0ieBWTcO [8/12]
団長「俺はお前の胸をもむからな。いいな?」

女騎士「た、頼む…」ドキドキ

団長「行くぞ?」ズン

女騎士「んぁん!あっ!ああぁん!!」

団長「そして、もむ」ギュウウ

女騎士「ああああぁん!いい!もっと強く頼む!!はぁん!」キュンキュン

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 23:23:47.44 ID:+0ieBWTcO [9/12]
女騎士「い、痛い!」キュンキュン

団長「だ、大丈夫か?」

女騎士「いや、むしろこれくらいが良い!ああ…続けてくれ……」キュンキュン

団長「わかった」ズンズン

女騎士「あっ!あああ!!!団長!いいぞ!!すごく切ないが、良い!」キュンキュン

団長「お前の胸も最高だ!」モミモミ

女騎士「大きいのにか!?いいのか!?はぁん!」ゾクゾク

団長「そうだ!自信を持つんだ!!」ズンズン

女騎士「う、嬉しい!良かった!あぁん!はあっ!嬉しい!」ゾクゾク

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 23:33:07.53 ID:+0ieBWTcO [10/12]
団長「手で押さえるのも一苦労だな…」モミモミ

女騎士「仕方ないだろうっ!ギュッてしてくれ!強く!あぁん!」バインバイン

メイド「私も手伝います!」ギュウウウ

女騎士「んああ!き、気持ち良い!!はぁん!胸が大きくて良かった!」バインバイン

団長「俺もなんだか気持ちが良いぞ!」ズンズン

女騎士「あぁん!!痛みが気持ち良い!痛いのに!良い!んんっ!」キュンキュン

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 23:38:19.85 ID:+0ieBWTcO [11/12]
団長「あっ!何か出る!」ズンズン

女騎士「腰は止めないでくれ!あん!今止められたら…はぁん!頭がおかしくなる!」キュンキュン

団長「いいのか?出すぞ?」ズンズン

女騎士「止めないで!あん!ダメ!そのまま!あん!」ゾクゾク

団長「わ、わかった!うあっ!?あっ!ああっ!」ピュー

女騎士「あああああああん!!」ピュー

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 23:42:18.41 ID:+0ieBWTcO [12/12]
団長「はぁ……はぁ……」

女騎士「あぁ……はぁん…」

団長「どうだ…?まだ胸を小さくしたいか……?」

女騎士「こ、このままで……満足だ…はぁ…はぁ…」

団長「これで…すべて解決だな……あぁ、良かった…」

メイド「ま、待ってください!まだ私が解決してないですよぉー!!」

団長「もうカンベンしてくれー!!」


終わり

コメント

No title

カトレアさんで脳内変換余裕でした

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。