FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「一体何が起きているの……?」 続き

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 15:01:20.54 ID:nqR5cia20 [1/60]

「やっぱり唯だけずるいよな。梓を独り占めするなんて。
 本当は私だって『あずにゃん』をいじめたいんだよ?」

「いやああああああ!! こないでええええ!!」

梓は両手を突き出して澪を突き飛ばそうとしたが、
がっちりと両手をつかまれてしまった。

「無駄な抵抗はするなよ。
 これから楽しいことをしてあげるから」

澪の獣のような吐息が梓にかかる。

澪は梓より一回り体格の大きい相手だ。

力比べでは勝てるはずがないと判断した梓が
どうやってこの危機を乗り切ろうかと考えていたが、

「ぐ…え…」

澪は短い声を発しながら梓の方へ倒れてくる。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 16:33:10.64 ID:nqR5cia20
梓は澪の体が迫ってきたのでなんとか手で押しのけた。


先程まで澪が立っていた場所のすぐ後ろに憂がいた。

肩で息をしながら大きいフライパンを握り締めている。

どうやらあれで澪の頭を叩いたらしい。

「あずさちゃん……大丈夫だった!?」

「え? あ、そうか。ありがとうね憂。助かったよ!!」

梓は飛び上がりたいくらいにうれしかった。

まさか憂が助けにきてくれるとは思っていなかったが、
これで障害となるものは全て消えたのだ。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 16:36:08.55 ID:nqR5cia20
澪が突然豹変したことは気がかりだが、
今は気絶しているようなので問題ないだろう。

後は玄関から脱出するだけだ。

梓が安堵していると、
階段の方から足音が聞こえてきた。



タンタンタン


ゆっくりとした足音が二階から聞こえてくる。
何者かが降りてきているのだろう。

その音は梓に死の恐怖を呼び起こさせた。


(唯が目覚めたの!? どうしよう!? 
 早く逃げないと……殺される!!)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 16:41:21.55 ID:nqR5cia20
唯に捕まればどうなるかは想像するのも恐ろしかった。
憂を含めて皆殺しにされても不思議ではない。

梓は全身の毛が逆立つような思いをしながら、
玄関の扉に手をかける。


タンタンタン


今も何者かが階段を降りる音が聞こえるが、そんなもの
にかまっている暇はない。

震える手をなんとか押さえながらドアノブを回そうとしたが、
びくともしなかった。


(そんな……!?)


梓は目を見開いた。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 16:48:07.62 ID:nqR5cia20
開かない理由は梓の手が震えているためでも、
ドアノブが壊れているせいでもない。


そばにいる憂が……ドアノブをそっと押さえていた。


「どこに行くの?」


憂は梓の行動を非難するような目つきをしている。
しかし、梓の方がよほど憂を非難したい気持ちだった。
たまらず声を張り上げてしまう。

「どこって……ここから脱出するに決まってるでしょ!! 
 ふざけるのもいい加減にしてよ!!
 どうして私の邪魔をしようとするの!?」

「……もう遅いんだよ。わからないの?」

「は!? 意味が分からないこと
 言ってないで早くその手を離して!!

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 16:54:06.43 ID:nqR5cia20
その問答の時間が無駄だった。


タン、タン


何者かは階段を降りてしまった。

そいつは玄関にいる梓の方を真っ直ぐ見つめていた。


「…………!?」


その人物と目が合った瞬間、梓は気絶しそうなほどの衝撃を受けた。

これは幻覚だと信じたいが、
階段から降りてきた人物は憂だった。

髪の毛は憂と同様のショートのポニーテールに
まとめられていて、梓のすぐそばにいる『憂』と
瓜二つだった。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:00:10.85 ID:nqR5cia20
頭から出血が確認できることから、先程まで
二階の階段前で倒れていた人物で間違いはないはずだ。

血塗られたシャツを着た人物は、
機械人形のような無機質な表情で梓を見つめていた。


「……………な……!?」

梓はまともな言葉を発することができないでいた。

耐え難い現実に頭が混乱しているのだ。

いっそのこと思考を停止して発狂してしまえば、
どんなに楽になるだろうかと考えたほどだった。

(ありえない……同じ人間が二人もいるわけない……
 きっと唯がどちらかに化けているんだ)

梓は深呼吸して偽者探しを始めた。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:06:00.78 ID:nqR5cia20
今日梓をベッドの上で襲っていたのは間違いなく唯だった。

いくら姉妹がそっくりだとはいえ、話し方や微妙な
仕草の違いから、あれは唯本人だったことが判断できる。

ゆえに、階段の近くにいるのは憂に変装した唯。

そして梓のそばにいる憂は本物のはずだ。

そうでなければ、澪から梓を助けてくれるはずがないからだ。

毎日のように平沢姉妹に接してきた梓だけに、
姉妹の見分け方は心得ているつもりだった。

それは健全で常識的な思考であったはずだった。

本来であれば……

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:11:12.51 ID:nqR5cia20

「すごい汗だよ?」 

それは隣から聞こえた声。

そばにいる憂がハンカチを取り出して梓の顔を拭いていた。

それに反応する余裕がない梓は黙ってされるがままの
状態だった。恐怖のあまり、ハンカチが肌に触れるたびに
ナイフで命を削られているような錯覚に襲われた。

「そんなに震えてどうしたの? 具合でも悪いの? あずにゃん」

「…………!?」


梓が疑惑の目でそいつの顔を凝視した。


今のは聞き間違いだと信じたいが、間違いなく
目の前の憂が発言したものだった。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:17:07.91 ID:nqR5cia20
(あずにゃん……ですって?)


その呼び名はけいおん部に入部して間もないころに唯から
頂戴したあだ名であり、唯以外の者が使用することはない。

通常であれば……。


(まさか……こいつ……もしかして…)


梓は背中に冷や汗が流れているのを感じていた。

口の中はすっかり乾いてしまって気持ちが悪いが、
今はそれでことではない。

梓は恐怖のあまり感覚が狂い、金縛りにあったように
体を動かせないままでいた。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:22:48.50 ID:nqR5cia20
ドサッ


突然、人の倒れるような音がした。

何が起きたのかと梓が驚くと、
階段から降りてきた憂が倒れていた。

先程と同じようにうつ伏せの状態で、
後頭部のあたりから出血が確認できる。

まるでその姿は力つきて
倒れてしまったかのようにも思えた。

先程までは立っているだけでも
限界だったのだろうか。


「あーあ。お姉ちゃんが倒れちゃった」


梓のそばいる憂がゴミを見るような目で
倒れている者を見ていた。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/13(火) 17:28:45.87 ID:nqR5cia20
(お姉ちゃんですって……!? 白々しい!
 あんたが変装した唯なんでしょうが……!!)

梓は今にもそいつに食って掛かりたいのを我慢していた。


「あちゃー。死んだのかな?」

その憂は倒れている憂に近づいて頭を持ち上げていた。

傷の様子でも確認しているのか、その場に膝をついていた。

ちょうど梓には背中を見せている位置になる。


(……!!)


この時点で梓に最大の好機が訪れた。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:33:12.72 ID:nqR5cia20
背後には玄関の扉があるので、今すぐここから脱出することができる。

しかし、どうしても確かめたいことがあった。

それは犯人についてだった。

今日リビングで頭を殴られて部屋に拉致されて以降、
梓を痛めつけたあの人物の正体は一体誰なのか知りたかった。

同時に、梓はそいつのことを殺してやりたいほど憎んでいた。
あれだけのことをされたのだから、それは当然の感情だ。

地獄の拷問に耐えながらも、いつか復讐してやると
心に決めていたのだ。


「うああああああああああああああああああああああ!!」

梓は大声を出しながらその人物へ接近した。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:38:39.80 ID:nqR5cia20
その勢いのまま、そいつの頭を後ろからつかんで壁にぶつけた。

「ぎゃ」

そいつの悲鳴のようなものが聞こえたが、
梓は無視して行為を続行する。

何度も、

何度も壁に打ち付けた。


「げ」



打ちつけるたびに肉がつぶれるような音と
血が飛び出る音が聞こえたが、梓は容赦しなかった。

そいつの頭を掴む手に思い切り力をこめた。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:44:26.72 ID:nqR5cia20
グチャ


ピチャ


そいつの頭から出る血があたりに飛び散る。

梓は返り血で洋服を汚す。

それでも梓は打ち付けるのを止められなかった。

文字通り、そいつを殺してやりたいほど恨んでいた。

あの時の痛みと恐怖が梓の心に鬼を生んでしまったのだ。


「ぐげ」


そいつは両手をだらりと垂らして倒れた。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:50:23.95 ID:nqR5cia20
壁にはそいつの血がこびり付いていたが、
梓はそれには目も向けず、そいつのそばに膝をつく。

白目をむいているそいつの顔を持ち上げ、
髪の毛をほどいてやった。

梓はふわりとしたボリュームのある
彼女のショートカットを注視した。


(やっぱり……こいつは唯だった)


梓がそう思った理由として、唯の髪の毛は
くせのある髪であるのに対して憂の髪は直毛に近い。

そして目の前にいるそいつの髪は前者のものだった。

それに加えてあずにゃんと呼んでいたこと、
梓の逃亡を阻止しようとドアノブに手を
かけていたことも根拠になりうるだろう。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:55:29.63 ID:nqR5cia20
その結論が梓の表情を凍らせた。


(なら……あいつの正体は憂だ)


梓はぞっとした。

階段から降りてきた人物が唯ではなく憂ということは、
いままで梓を拷問したのはかつての親友だったことになる。

憂は恐るべき変装技術で梓を欺いていたとでもいうのだろうか。

(でも、あいつも間違いなく唯だったはず)

今でも自分の考えに自信が持てなかった。

念のため、階段から降りてきた方も確認してみることにした。

同じように髪の毛をほどいてやる。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 18:00:10.06 ID:nqR5cia20
ショートカットの髪質を細かく確認したところ、
こちらも唯と全く変わらないくせのついた髪だった。

梓は流れ出す冷や汗をぬぐうこともなく、
両方の女の口元や目元、眉毛、体型などあらゆる部分に
違いを見つけようとしたが、何もかもが瓜二つだった。



まるで唯が二人いるかのように。




(……もうやめよう……今日はきっと疲れてるんだ。
 家に帰ってゆっくり休めば、何もかも忘れられる)


ふらふらする足取りで梓は立ち上がり、玄関の扉を開いた。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:05:15.52 ID:nqR5cia20
一歩外に踏み出て道路を見た瞬間、梓は猛烈な吐き気に襲われた。


(…!!)


なんと表現していいかわかならい感覚だった。
吐き気を通り越して失神してしまいそうな苦しみだった。

もう立っているだけでも限界に近かった。

手足が痺れて感覚を失っていくのが恐ろしかった。


(もう……だめ……がまんできない)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:11:08.13 ID:nqR5cia20
梓がその場に手をついて嘔吐しそうになった時、
今度は強烈な頭痛が発生し、何も考えられなくなった。


(頭が……ぐるぐると回っている……気持ち悪い……)


梓の意識はそこで途絶えた。

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:16:09.19 ID:nqR5cia20
           二、


梓は暗闇の世界にいた。


「~~~~~♪」


闇にわずかな光が差すような感覚で、
誰かの鼻歌が頭に流れてきた。

「~~~~~~♪」

梓にとって聞き覚えのあるその曲は、
ふでペン・ボールペンだった。

楽しかったけいおん部の思い出が形となって
梓を祝福しているような気がした。

次第に気分が高揚し、梓の意識が覚醒していく。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:21:23.42 ID:nqR5cia20
「目が覚めたの?」

その声に反応して梓は目を開けた。

「ここは……?」

「けいおん部の部室だよ。あずにゃんが気持ちよさそうに
 寝てたから、起きるまで待っててあげたの」

梓は唯に膝枕されて頭を撫でられていた。

顔を持ち上げてあたりを見渡すと、他には誰もいなかった。

窓から真っ赤な夕日が差し込んでいた。

「他の皆はもう帰ったよ。
 私だけあずにゃんとずっと一緒にいたの」

「そ、そうなんですか。すいません。迷惑かけて」

「全然気にしてないよ。
 可愛い後輩の面倒をみるのも先輩の務めだよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:27:13.32 ID:nqR5cia20
屈託無い顔で笑う唯は、いつもの唯だった。

「ところでさ、あずにゃんはずっとうなされていたけど、
 もしかして怖い夢でも見たの?」

「え? 私、うなされてましたか?」

「うん。すごく苦しそうな顔をしてたよ。それに泣いているし」

「…?」


梓が自分の顔に手をあてると、涙を流していることに気がついた。


「夢を……見ていたんだね。とても怖い夢を……」


梓は唯に抱きしめられた。

抱きしめられた瞬間の安堵感は
形容しがたいものだった。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:33:11.47 ID:nqR5cia20
梓は涙が止まらなかった。


「はい…本当に……本当に怖い夢でした……」

「もう大丈夫だよ。私が一緒にいてあげるからね」

「…………ありがとう」


梓は気がすむまで唯の胸の中で泣き続けた。

その暖かさに包まれながら、
暗い感情が洗い流されるような気がして心地よかった。




その後は何事もなく、梓は家に帰ってぐっすり寝た。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:37:31.31 ID:nqR5cia20
           三、


次の日の放課後、梓は音楽室に直行して
先輩達が来るのを待っていた。

現在、音楽室にいるのは梓と亀のトンちゃんだけだ。

待っていても暇なので、何気なくトンちゃんにエサを与えていた。

(1人……か)

梓は水槽を眺めながら妙な孤独を感じていが、
やがて音楽室の扉が開かれた。


「来てるのは梓だけか?」


一番最初に来た先輩は秋山澪だった。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:42:28.61 ID:nqR5cia20
「はい。待ってたんですけど、まだ誰も来てないんですよ」

「ああ。唯達は掃除当番だからちょっと遅れてくるよ」

「そうなんですか……」

梓が水槽の中の亀を見ながら呟いた。

「来年は……」

「え?」

「澪先輩達が卒業したら、私は一人ぼっちになるのかな……」


不安そうな梓の顔が水槽に写っていた。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:49:34.33 ID:nqR5cia20
それは反応に困る話題だったため、
澪は難しい顔をしながら少し考えてこう言った。


「大丈夫だよ。私と律だって廃部寸前だったこの部を
 復活させたんだから。
 梓なら真面目だし、きっと立派な部長になれるよ。」

「……ありがとうございます。気休めでもうれしいです」

「そんな……気休めで言ったんじゃないよ……」

「__うるさい!!」

「__!?」


澪は驚いて梓の目を凝視した。

梓に怒鳴られるのは初めてだったので、
心臓を飛び出すんじゃないかと思うほどの衝撃だった。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 19:54:26.13 ID:nqR5cia20
「私は毎日不安に思っているんだ!!
 いつかこのけいおん部が廃部になるんじゃないかって!!
 今年だって部員が一人も入ってこなかったじゃない!!」

ものすごい剣幕だった。

普段梓が唯達の不真面目さに
怒鳴るようなものとは別種のものだった。

澪はなぜ梓がここまで怒っているのか理解できなかった。

恐らく、梓は日頃から溜めていたストレスをここで
発散しているのではないのだろうかと分析した。


「澪先輩はいいですよ! 同年代の仲間が四人もいて!!
 私なんて一人ぼっちですよ!? 先輩達が卒業したら
 私は一人ぼっちなの!! このトンちゃんみたいに!!」

「……梓、落ち着いて……今日はどうしたんだ。
 いつもの梓らしくないぞ……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 20:00:46.56 ID:nqR5cia20
澪は梓にゆっくりと近づいて肩に手を置こうとしたが、

「触るな!!」

梓に冷たく払いのけられた。

瞬間的にカッとなった澪は、大きく息を吸って梓に怒鳴った。


「__梓!!」


「ひ!」


梓はびくっと震えて床に座り、
子猫のように縮こまって鳴き始めた。

声を押し殺して泣いているその姿は哀れだった。

梓とて自分でも最低のことをしている自覚はあったが
暴走する感情を制御できなかった。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 20:06:32.81 ID:nqR5cia20
入部以来、自分を大切にしてくれた先輩に対しての
この仕打ちは、誰から見ても酷すぎる。

自らがそれを分かっているからこそ辛いのだ。



澪は梓を呆然としながら見続けていたが、
音楽室の扉が開かれて唯が入ってきた。


唯はうずくまって泣いている梓を見て取り乱した。


「あずにゃん!? __どうしたの!?」


唯は梓に駆け寄って抱きしめた。

梓は澪の時とは違い、唯に対しては抵抗しなかった。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 20:11:37.57 ID:nqR5cia20
唯は昨日のように梓を抱きしめながら頭を撫でていた。


「ごめん澪ちゃん。少し席を外してくれないかな?
 あずにゃんと二人っきりになりたいの」


唯が澪と目線を合わさずにそう言った。

澪は何か言いたそうな顔をしていたが、
ため息をついた後、部屋を出て行った。


梓は唯にしがみつきながら震えていた。

「うぅ…………ごめんなさい……」

「いいんだよ」

「私……いらいらしてて……澪先輩に酷いことを……」

「大丈夫だよ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 20:17:31.72 ID:nqR5cia20
「どうしてだろう……唯先輩といると落ち着きます……」

「ふふ。そう言ってもらえるとうれしいな」


唯に抱きしめられると暖かくていい匂いがした。

頭を撫でられると心がふわっとして落ち着いた。

梓は……唯が愛しくてたまらなかった。


「欲しいです……唯先輩が……」

「__あ」


梓に胸を触られた唯が短い声を発した。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 20:50:07.87 ID:nqR5cia20
「やわらかい…」

梓は唯の制服の上からこねるように触っていたが、
だんだんと興奮して唯のブレザーを脱がしてしまった。

Yシャツもブラジャーも脱がしていくが、
唯は抵抗しなかった。

梓は唯の胸に顔をうずめた。

両手で唯の乳房を持ち上げながら、
吸い付いてその感触を味わっていた。

「やさしい匂いがします……唯先輩の匂い……」

梓は唯の背中に手を回しながら、
赤子のように甘えていた。

唯はそんな梓を責めることもなく、
ただ頭を撫でていた。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 20:55:59.30 ID:nqR5cia20
それが心地よくて、梓はいつまででもこうしていたいと思った。


「キス……してもいいですか?」

涙目で上目遣いの梓がそう言った。

梓は唯の他には何も考えられなくなっていた。

もう唯以外は誰も必要としていなかった。



「__ごめんね。それは無理」


対する唯の反応は淡白だった。

唯は申し訳なさそうな顔をして梓から顔をそらした。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:01:16.88 ID:nqR5cia20
今の梓の心はガラス細工のように繊細で崩れやすかった。

それを支えてくれた母のような存在に否定されたことで、
梓は悲鳴をあげたいのを必死で我慢していた。


「__どうしてですか?」


それは唯にではなく、この世界の不条理に対して
放たれたような言葉だった。

唯は目をつむりながらこう答える。


「もう時間切れなんだよ」

「……? どういう意味ですか?」

「ほら、__が来てるよ?」


唯は音楽室の扉を見ながらそう言った

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:05:28.07 ID:nqR5cia20
何か嫌な予感がして梓はおびえそうになるが、
歯を食いしばって耐えた。


梓はゆっくりと唯の視線の先を追ってみた。



「………………………………………………え?」


音楽室の扉は開けられている。

扉を開けた体勢でこちらを見ている人物が一人いた。


中野梓だった。


(うそ…………でしょ…………!?)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:10:14.36 ID:nqR5cia20
その梓は患者衣を着ていた。

彼女の顔色はその服と同様に青白くて恐ろしかった。

まるで病院から抜け出してきた入院患者のようだった。



「あ………………う………………ああ…………」


梓の歯が震えてカチカチと音を鳴らしていた。

反応しようにも体が固まってしまって反応できない。

圧倒的な恐怖で瞳孔が開いており、
手足は機能を失うように痺れてしまった。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:16:34.06 ID:nqR5cia20
「……」


そいつは無言で梓を親の敵のように睨んでいた。

特に襲い掛かってくる様子もなく、扉の所で立ち尽くしている。

髪の毛は下ろしていてストレートのロングヘアーの状態だ。

その姿は寝起きに鏡に写る自分の姿と瓜二つ。

無論、現時点では別人という可能性は完全に否定できない。

だが常識で考えれば、
患者衣を着て音楽室を訪れる人などいるわけがない。


(……………………あいつは………一体誰?)


梓は混乱する頭をなんとか落ち着かせながら、
答えを探そうとしていた。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:22:26.50 ID:nqR5cia20
しかしすぐに無駄だということを悟った。


(この世界が……狂っているんだ……!!)


そう思った瞬間、目に見える世界がくるりと
反転し、梓は床に手をついて嘔吐した。


「_______おえっ」


凄まじい勢いで異の中のものが逆流してきた。

胸がむかついて、気持ち悪くて、寒気がして
死んでしまいたくなった。


「______________うえ」


吐いたものが音を立てて床に落ちていった。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:28:04.65 ID:nqR5cia20
その勢いでしぶきが梓の服にかかるが、
そんなことを気にする余裕はなかった。

唾液と鼻水を垂らしながら吐き続けていたが、
もう吐き出すものがなくなると、その場に倒れた。

酸味のかかった激臭が音楽室に充満した。

梓は目がかすんで何も見えなくなりそうだった。
気が遠くなってこのまま気絶するのだと思っていた。

だが、もう一人の梓がそれを許してくれなかった。


「……」


そいつは無言で梓の体を持ち上げた。


(何を……するつもり……_?)

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:34:11.64 ID:nqR5cia20
梓は死人のような顔でそいつにされるがままの
状態だったが、やがて何かに乗せられた。

車椅子のようだった。



「何をするの……?」


梓は声に出して言ったが、返事が返ってくることは
なかった。

そいつは淡々とした様子で梓の車椅子を押して、
部屋の外へ連れ出そうとしていた。

強烈な死の恐怖を感じ、梓は唯に助けを求めようと、
したが、いつのまにか消えていた。

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:40:25.51 ID:nqR5cia20
梓は唯の名前を叫び続けたが、
むなしく梓の声が木霊するだけだった。


やがて車椅子は部屋の扉をくぐった。


(……………!!)


梓は発狂しそうなほど驚愕した。

そこにあるはずの廊下や階段がなかったからだ。


ここは手術室のような部屋だった。

薄暗くて部屋の全貌を見ることは出来ないが、
中央にベッドのようなものに寝せられてた
少女の姿があった。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:45:24.66 ID:nqR5cia20
少女の周りに医者と数人の看護士がいて、
オペをしている最中だった。

医者は少女の体にメスを入れ、臓器を取り出そうとしていた。

ここにあるのは、血と薬品と体臭が混じった匂い。

梓は再び吐きそうになったが、すでに
もどすものは異の中に残っていなかった。


「……」

相変わらず、もう一人の梓は無言で佇んでいたが、
しばらくすると注射器を取り出した。

それを見た梓がパニックを起こしそうになり、
ここから逃げ出そうとしたが、体が動かなかった。

手足を見ると、いつのまにか
車椅子にベルトで拘束されいる。

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:50:11.01 ID:nqR5cia20
「薬だから……」


そいつは初めて言葉を発したかと思うと、梓の腕に注射した。


「……………………………………ぁぁ」

梓は力の限り叫ぼうとしたが、出せたのは蚊の鳴くような
声だけだった。

意識が混乱し、迷走し、全ての思考回路が切断されて
しゃべることさえできなかった。

(これで……この……世界とはおさらばってわけね……)


最後にそう思いながら梓は意識を失った。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 21:56:14.77 ID:nqR5cia20
          四、

目が覚めると、ここは砂浜だった。

定期的に押し寄せる波はすんでいて透明だった。

足元の砂は照りつける夏の太陽で焼けていて、
素足でいるのは熱くてしょうがなかった。


(足が熱い……?)

そう疑問に思いながら自分の格好を確認し、
水着を着ていること気がついた。


デジャブ。


梓はこの場所に見覚えがあったのですぐに思い出せた。
ここは一年の時に合宿で訪れた紬の別荘だ。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:01:09.46 ID:nqR5cia20
陸地に琴吹家所有の別荘がある。

一年前に見たそれと寸分違わない景色と夏の暑さ。


なんともバカバカしいと思った。

タイムスリップしたわけではない。
ここは夢の世界なのだと一瞬で気がつくことができた。

夢の中で夢を見ていることに気がつくという滑稽さに
苦笑しそうになりながらも、海へ入った。


そのまま海に浸かりながら塩水の匂いと
ゆっくりと流れる雲を眺めていると、
異変はすぐに起きた。

雲はありえないくらいの速さで動き始め、
やがて雷雲に変わって雨が降ってきた。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:06:19.57 ID:nqR5cia20
雨は一瞬で強さを増し、シャワーのような勢い
になった。


「おーい! 梓ー!! そこにいたのか」


遠くから誰かが呼んでいた。

後ろを振り向くと、澪が別荘から走ってくるのが
確認できた。

雨で濡れる砂浜を駆けている先輩の姿を見て、
妙に懐かしく感じるのが不思議だった。

まるで数年ぶりに澪に会うような気分だった。


「梓、まだ一人で遊んでいたのか? 
 この天気だし、今日は泳ぐのは諦めよう。
 早く別荘に戻るぞ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:13:43.16 ID:nqR5cia20
「え? 他のみんなは?」

「もうとっくに戻ったよ。
 梓の姿が見えなかったから探しに来たんだ。
 どうして雨の中、ずっと浜辺にいたの?」

「……」


梓にとっては答える必要のない質問だった。
目が覚めたらここにいたので、いつからここに
いたかなんて分かりようがない。

それよりも澪に言いたいことがあった。


「あの時はすいませんでした……私、イライラしていて、
 澪先輩に八つ当たりをしてしまいました」

「……いきなり何の話?」

今度は澪が首をかしげる番だった。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:18:13.23 ID:nqR5cia20
それはこの世界の澪にとって、
記憶にない事柄だったからだ。

しかし梓はあの世界でのことをはっきりと
覚えていて、いつか澪に謝りたいと思っていた。
たとえそれが梓の知っている澪とは違う人であってもだ。


「えっと……なんで梓は泣いているの?
 私、梓に八つ当たりされた覚えがないぞ……?」

「いいんです。ただ一言謝りたかったんです……。
 ごめんなさい。変なこと言って……。
 でも私のこと嫌いにならないでください……」

「あはは。悪い夢でも見たんだろ。
 私が梓のことを嫌いになるわけないじゃないか。
 他のみんなも梓のことが大好きだよ」

「はい……うれしいです……先輩……」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:23:51.43 ID:nqR5cia20
それは梓が一番聞きたい言葉だった。

けいおん部という大切な居場所。

そこに所属することが梓の生きがいだった。

梓の心の中に暖かい感情が生まれた。

梓は涙を拭きながら澪に抱きつこうとしたが、
澪の体は消えていた。


「…………………!!?」


全周囲を見渡しても澪の姿は確認できなかった。

つまり、一瞬で消えてしまったのだ。

まるで煙のように。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:30:43.59 ID:nqR5cia20
澪が消えた後で身を切り裂くような寂しさが
残ったが、梓はすぐに落ち着きを取り戻した。

ここは夢の世界なのだから、異変が起きるたびに
いちいち驚いていてはきりがないと判断したのだ。


雨は今も降り続けている。

先程より勢いは弱くなって小雨ほどになった。

広大な海の水面をじっと見てみると、
地平線の彼方まで続いているように思えた。


(いつになったら……この夢は終わるのかな……)


気力を失った梓が浜辺に座り、ボーっと海を
眺めていると、人の話し声が聞こえてきた。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:36:23.28 ID:nqR5cia20
無論、あたりに人の姿はない。

その声は館内放送のように何処からか聞こえてくる
特殊なものだった。


「ねえ、聞いた? 二年の生徒の話……」

「聞いた聞いた。四階から飛び降りたんだって?」

「そうそう、何でも薬をやってて頭が
 おかしくなったんだって」

「怖いよねぇ~。幻覚でも見えてたんじゃないの?」


話し声から察するに、女子高生の会話のように思えた。

女の子同士の他愛ない噂話のようだが、
なぜか梓には他人事のようには思えなかった。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:41:25.73 ID:nqR5cia20
「その女の子、部活をやってたんでしょ?」

「確かあの有名な……けいおん部だっけ?」

「ギターがすごくうまくて有名な子だよね。
 私、あの子のファンだったのに……。
 本当に残念だよ……」

「あの子供っぽいツインテール、可愛かったよぇ。
 一体何が不満で薬なんてやったんだろうね。
 人って分からないなぁ」


それを最後に会話は聞こえなくなった。


梓は眺めていた海に変化が起きているのに気がついた。


水面のはるか先に人影が浮かんできたのだ。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:46:20.89 ID:nqR5cia20
遠く離れすぎてそのシルエットは親指程度の大きさ。

それはまるで蜃気楼のようにあやふやとしたものだが、
遠めでも分かるくらいの狂気が感じられた。


(また……あいつが現れたんだ……)


水面に浮いているのは自分の分身だった。

あの時と同じ服を着ていて、
氷のように冷たい無表情だった。

死人のような気味の悪い肌が印象的だった。


そいつは直立不動のまま水面をすーっとすべり、
梓に接近した。


「な……!!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:52:05.81 ID:nqR5cia20
梓はそいつに手を引かれ、海の中に引きずり込まれた。

水の中で息が出来ない梓に抱きつきながら、
そいつは耳元で語りかけた。


「戻ろう。現実に」


水中にもかかわらず、そいつの言葉が
はっきりと聞こえた。

そもそもなぜそいつが水中で話が
できるのかと考えようとしたが、
そんな些細なことはどうでもよくなった。

梓は息が苦しくて返事をするどころではないが、
かまわずそいつは話し続けた。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 22:57:21.07 ID:nqR5cia20
「もう夢を見るのは……終わりにしよう。
 あなたはもう戻ることはできない場所まで
 来てしまったの」

「だからね、一緒に行こう?」


そいつはもう梓を睨んでいない。

慈悲深い聖母のような目で微笑んでいた。

そいつと目を合わせると。
梓は夢から覚めるような不思議な感覚に襲われた。

水の中の温度は次第に暖かくなってきた。

その温度は安らぎを感じさせ、梓は
何もかもがどうでもよくなってきた。


死が間近に迫ろうとしていた。

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:02:03.11 ID:nqR5cia20
梓はそいつの手を握ってこう思った。


(いいよ。早く連れて行って……)


それは梓の最後の願いだった。




「あずにゃん……」



空耳に違いないが、
大好きだった先輩の声が聞こえた気がした。

そして梓の意識は永遠に途絶えた。

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:07:33.49 ID:nqR5cia20
         五、


数日前の新聞にこう書かれている記事があった。

『○月×日 ○○県の桜ヶ丘高校に所属する
 二年の女子生徒が四階から飛び降りた。
 女子生徒はすぐに病院へ運ばれたが、
 その日のうちに死亡した。医者の話によると
 落下した際に頭を強く打ったことが原因と見られている。
 なお、警察の調べによると、女子生徒はドラッグを
 服用していたことが明らかになっているとのこと』


それを読んでいた娘が顔を上げ、
キッチンで朝食を作っている母親にこう言った。


「ねえ、母さん。例の女子高生の事件知っているでしょ?
 薬って怖いよね。まさかうちの学校の生徒から自殺者が
 出るとは思わなかったよ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:12:09.26 ID:nqR5cia20
「あなた、まだその新聞を読んでたの? 
 ……薬は一度やったら止められないし、
 人生を棒にする恐ろしいものなの。
 あなたは絶対にやったらだめよ?」

「わかってるよ」

そう言うとその女子生徒は席を立ち、
カバンを持って登校の準備を始めた。

「あら、朝ごはん食べていかないの?」

玄関で靴を履いている娘を呼び止める母。

娘は笑顔でこう答えた。

「うん。今日は早く学校に行ってやらなくちゃ
 いけない事があるの。それじゃ行ってきます」

その娘のカバンには、学校用に製作した
ドラッグ防止を呼びかけるポスターが入っていた。

     『最後の願い』  THE END  

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:32:42.48 ID:nqR5cia20 [60/60]
作者よりネタバレ。

一から四まで梓の走馬灯。実は物語の最初から梓は病院にいた。
全ては死ぬ直前に見た梓の妄想 (悪夢と理想の狭間の精神世界)
四の最後で梓が昇天した(病院で死んだ)

梓がドラッグをやっていたのはけいおん部の
将来に不安を感じてヤケクソになったため。

もう一人の梓は妄想世界の梓に現実を教えようとして現れた。
自分を律しようとする心が生み出した想像上の産物。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。