FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「憂、私のかわりに軽音部入ってくれない?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:51:05.41 ID:Nc1rMn1H0 [1/3]
憂「え?どうして??・・・何かあったの?」

唯「・・・・・いいから入ってよ。ね?」

憂「お姉ちゃん?そんなの無理だよ・・・」

唯「じゃあ死ぬ、舌噛んで死ぬ。いじじじじ」ぎゅう

憂「!?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:53:32.02 ID:Nc1rMn1H0 [2/3]
憂「お姉ちゃん駄目ぇ!!」

唯「入ってくれる?いじじじじ」

憂「わかったから!!舌噛むのやめて!!」

唯「ありがと、憂」

憂「・・・・理由聞かせてくれる・・・?」

唯「いじじじじじ」ぎゅうう

憂「!?聞かない!聞かないからお姉ちゃん舌噛むの駄目ぇ!!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 23:56:30.12 ID:Nc1rMn1H0 [3/3]
翌日

ガチャ

憂「どうも~・・・」

律「お、憂ちゃんじゃん!どしたの?」

梓「いや、憂が軽音部入るみたいで・・・朝聞いてびっくりしました」

澪「何!?そうなのか?」

紬「憂ちゃんが入るの!?素敵!」

憂「あはは・・・」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:00:23.47 ID:qpmlOHrf0 [1/33]
梓「あの・・・唯先輩・・・軽音部やめたそうです・・・」

澪「え?何??」

憂「お姉ちゃんの代わりに入れって言われて・・・」

律「なんだそれ?!唯の奴はどこだ!」

紬「今日は休んでたみたい・・・でも辞めるなんて嘘よね?憂ちゃん?」

憂「私も止めたんですけど・・・舌噛んで死ぬって言い出して仕方なく…」

澪「ひぃ!?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:03:41.91 ID:qpmlOHrf0 [2/33]
憂「みなさん・・・理由わかりませんか?」

紬「・・・わかんない・・・」

澪「何か悩んでたのか・・・」

律「もう唯呼べよ!私が電話して呼んでやる!」ぴぴぴ

電話「ただいま電源が切れているため・・・」

律「くっそー!!」

梓「・・・・・もしかして・・・私のせいかもしれません・・・」

憂「え?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:06:06.22 ID:qpmlOHrf0 [3/33]
梓「前に言ったんですよ・・・」


ほわわわわん


じゃじゃじゃじゃーん!♪

唯「ふぅー!どうだったみんな!?よかったよね!?」

澪「うーん、若干唯が走りすぎてたな」

唯「えー?そう?」

律「そうだぞー。ちゃんと合わせろー」

梓「律先輩もです」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:08:55.76 ID:qpmlOHrf0 [4/33]
律「じゃあさき帰るなー!戸締まりよろしくー」

澪「じゃあな梓、唯」

紬「じゃあね」

ガチャ バタン

梓「じゃあやりましょうか先輩」

唯「うん!ごめんね~残ってもらって!」

梓「いえいえ、練習ならいつでも付き合います」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:12:33.77 ID:qpmlOHrf0 [5/33]
~♪~♪

梓「ふぅ、こんなところですかね」

唯「これでみんなに合わせられるかな!?」

梓「それはセッションしないとわからないですね」

唯「そっか~。ぴったし演奏できるといいな~」

梓「はい、・・・・そういえば・・・」

唯「うん?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:16:10.21 ID:qpmlOHrf0 [6/33]
梓「唯先輩が学園祭前に風邪をひいた時、憂が代わりに来たじゃないですか?」

唯「うん!そうだったね~」

梓「憂すごいですよ!すごい完璧に演奏を合わせてましたよ!」

唯「へー!私が教えたからだね~!(汗)」

梓「いや…正直唯先輩より完璧な演奏でした・・・」

唯「うぅ・・・・」ズーン

梓「あ!?いや!!先輩の演奏の方が私は好きですよ!!?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:22:08.97 ID:qpmlOHrf0 [7/33]
梓「さ!練習の続きしましょう!」

唯「もしさ!憂が軽音部入ったらどう?」

梓「え・・・そうですね・・・まあ嬉しいですけど」

唯「そっかぁ・・・」

じゃんじゃんじゃんじゃん♪

梓(唯先輩・・・?)

唯「えへへ!さ!続き続きあずにゃん!」

じゃかじゃかじゃかじゃか♪

梓「は!はい!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:24:22.52 ID:qpmlOHrf0 [8/33]
ほわわわん

梓「と。こんな事がありまして・・・私のせいですね・・・」

律「あー・・・やっちまったな・・・」

憂「あ・・梓ちゃんは悪くないよ!・・・・・・私が余計な事をしたから!!・・・」

憂梓「・・・・・うぅ」ずーん

澪「唯の奴いじけて・・・そんなんだったら練習すればいいだろ!まったく!」

紬「で、唯ちゃんの代わりに本当に入るの?憂ちゃん?」

憂「あ・・・それは・・・」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:28:15.93 ID:qpmlOHrf0 [9/33]
梓「私!唯先輩呼んできます!!みなさん待っててください!!」

憂「あ!梓ちゃん!?」

律「しゃーない。みんなで行くぞ!ついてこーい!」

澪「今から!?」

紬「そうね!みんなで説得しに行きましょう!!」

憂「待ってください!もしみんなで行ったりしたら・・・」

唯「いじじじじじ!」ぎゅうう

憂「お姉ちゃん舌噛んで死んじゃう!!うぅぅ」うるうる

律「大丈夫だよそれは・・・」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:30:54.92 ID:qpmlOHrf0 [10/33]
平沢邸

ガチャ

憂「どうぞみなさん」

紬「おじゃましまーす」

律「シー!みんな!部屋まで静かに上がっていきなり脅かしてやるぞ!」ひそひそ

澪「余計な事考えて・・・」

梓「唯先輩・・・まったく・・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:32:52.35 ID:qpmlOHrf0 [11/33]
唯「・・・・・」

ガチャ!!!

律「ほわちぇぇぇぇぇい!!!」ごろんごろん!!!

唯「うわぁああ!!?びっくりしたぁあ!!!」

澪「馬鹿!どたばたすんな!!」ゴチン!!

律「あ痛ってー!」

梓「唯先輩!」

唯「みんな・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:36:35.55 ID:qpmlOHrf0 [12/33]
律「馬鹿!!会いたかったんだから!!」ぎゅう

唯「あはは・・・律っちゃん・・」

紬「唯ちゃん!ケーキ持って来たよ!」

唯「ムギちゃん・・・ありがとう」

澪「さて・・・唯」

梓「唯先輩!!!」

澪律紬「!!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:41:12.77 ID:qpmlOHrf0 [13/33]
梓「ごめんなさい!!!」

唯「あずにゃん?」

梓「私が悪いんです!!憂の演奏の方がうまいとか言って・・・本当にごめんなさい!!辞めないでください!!」ぽろぽろ

唯「な・・泣かないでよあずにゃん・・・」

律「・・・なあ唯」

唯「うん・・」

律「すぐ辞めるなんて言ってんじゃねええ!!!!!!」どん!!

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:45:27.45 ID:qpmlOHrf0 [14/33]
唯「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」

澪「そうだぞ。なんで辞めるなんて考えたんだ?練習する時間なんかいくらでもあるだろう。」

紬「唯ちゃんは才能あるじゃない?ね?」

梓「そうですよ、辞めないでください!」

唯「いや~、でも・・・憂に入って欲しいんだ~・・・だから、みんなお願い、ね?」

憂「え?」

律「まだ言うか!!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:47:54.22 ID:qpmlOHrf0 [15/33]
憂「律さん落ち着いてください!・・・お姉ちゃん・・・?」

唯「お願いします!憂を軽音部に入れてあげてください!」

澪「!??何を・・・」

梓「・・・これは・・この本は・・・」

紬「料理の本?」

律「??・・・唯、お前・・・」

唯「えへへ~・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:51:00.73 ID:qpmlOHrf0 [16/33]
憂「なんで料理の本なんか・・・」

唯「いや~・・・いつも憂に作ってもらってるからね~」

澪「・・・なるほど」

律「あぁ・・・わかったぞ」

澪「唯、お前は憂ちゃんに部活をして欲しいんだな。」

憂「え?えぇ!?」

紬「!!そういうことか~」

梓「どういう事です・・・?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 00:54:21.21 ID:qpmlOHrf0 [17/33]
律「憂ちゃんは家事をしなきゃいけないから部活ができない。」

澪「だから音楽の才能のある憂ちゃんに軽音部に入って欲しかったんだな」

憂「え!?そうなのお姉ちゃん!?」

唯「う・・うん・・」

紬「それで料理を勉強しているのね?」

唯「うん・・・・」

憂「お姉ちゃん・・・」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:00:34.65 ID:qpmlOHrf0 [18/33]
唯「憂にも部活動してほしいと思ってたんだー。ギターなら時々いっしょに練習してるし憂にもすぐ出来ると思ってね~」

律紬澪「・・・・」

唯「ね!憂!!私が家事洗濯するから軽音部入りなよ!みんなもお願い!!入れてあげて!!」

梓「唯先輩はどうするんですか・・・もう私たちと演奏しなくてもいいんですか!?」

唯「・・・うん!もう十分楽しんだよ!!学園祭やライブハウスで演奏できたし!!ギターなら空いてる時間に練習できるし!!」

憂「お姉ちゃん・・・私の事考えてくれてたんだ・・・うぅ」うるうる

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:04:52.61 ID:qpmlOHrf0 [19/33]
唯「お願い・・・みんな・・・」

律「・・・・憂ちゃんはどうなんだ?これでいいのか?」

憂「え・・・私はお姉ちゃんに続けて欲しいです・・」

澪「だろうな」

唯「憂、もう気を使わないでいいから!」

憂「でも・・・」

紬「!!唯ちゃん!?」

唯「いじじじじ!憂が入らなきゃ舌噛んで死ぬ!!いじじじじ!!」ぎゅううう

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:07:26.05 ID:qpmlOHrf0 [20/33]
憂「お姉ちゃん駄目!!みなさん!私は入ります!!お願いします!!」

律「どんな頼み方だよ唯・・・」

唯「じゃあ!みんなお願いね!!」

ぱしーーーん!!!

唯「痛・・・・」

梓「うぅぅぅぅ」ぷるぷる

澪「梓!?」

紬「梓ちゃん!?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:12:03.52 ID:qpmlOHrf0 [21/33]
梓「私は・・!唯先輩に憧れて軽音部に入りました・・・!」うるうる

憂「梓ちゃん!」

梓「私の気持ちはどうなるんですか!!?唯先輩がやめるなら私もやめます!!」

唯「・・・あずにゃん駄目だよぅ・・・わがまま言わないで」うるうる

澪「唯・・・」

唯「このままじゃ憂は部活できないんだよ!!?あずにゃんわかってよ!!」

梓「いやです!!唯先輩が辞めるなら私も辞めます!!!!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:15:50.40 ID:qpmlOHrf0 [22/33]
律「だあもう落ち着け!!」

紬「・・・唯ちゃん。憂ちゃんも入れて六人でやるっていうのはできないの?」

唯「無理だよ・・・」

澪「両親は・・・?」

憂「まだ海外での仕事で・・・」

唯「あずにゃん?」

梓「もういいです、私辞めます」

唯「!!あずにゃん・・」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:18:43.98 ID:qpmlOHrf0 [23/33]
唯「辞めないで~!うぇぇん!!」

梓「・・・・・」

憂「お姉ちゃん!」

唯「憂・・・・?」ぐすん

憂「私はお姉ちゃんにご飯作ってあげたりするのが大好きなの」

憂「それに家事も大好き。だから軽音部入らなくても私幸せだよ?」

唯「憂・・・・びぇぇぇえん!!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:21:58.10 ID:qpmlOHrf0 [24/33]
憂「それにギー太もお姉ちゃんに弾いて欲しいと思ってるよ。はい、ギー太」

唯「・・・・ギー太ぁ・・」ぎゅ

梓「・・・・・辞めないでください・・・」

唯「ふぇ・・・あずにゃん・・・」

澪「あぁ。辞めて欲しくない」

律「おお。辞めるな唯」

紬「辞めないで・・・唯ちゃん」

唯「みんなぁ・・・」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:26:14.75 ID:qpmlOHrf0 [25/33]
憂「お姉ちゃん、気持ちだけで胸がいっぱいだよ?だから続けて?ね?軽音部」

唯「い・・・いいの?」

憂「うん・・・!ありがと、お姉ちゃん」ぎゅう

唯「・・・・・」うるうる

唯「憂ぃ・・・大好きぃいー!!」ぎゅうううう

憂「お!お姉ちゃん!恥ずかしいよぉ・・・」

律「一件落着かな」

澪「だな」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:28:35.33 ID:qpmlOHrf0 [26/33]
紬「はい!ケーキ!みんなで食べよ!」

唯「!!うっわーい!!」

梓「まったく、人騒がせな人です先輩・・・」

唯「ごめんね~あずにゃん!」ぎゅう

梓「ふにゃ!?引っ付かないでください!!もー」

律「あっはっは!」

澪「なあ。たまには憂ちゃんも部活に来ないか?」

憂「え・・・?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:33:34.75 ID:qpmlOHrf0 [27/33]
澪「家事で時間が無いのはわかってる、でもたまになら来れるだろ?」

憂「・・・そうですね・・・」

紬「お茶だけでもいいんじゃない?」

律「あぁ、休みの日とかでも来なよ!」

唯「そうだね!いいね!ギター教えてあげるよー憂ー」

憂「・・・・・・・」

梓「憂?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:37:19.27 ID:qpmlOHrf0 [28/33]
憂「ありがとうございます!でも、お気持ちだけで十分です!」

唯「憂?」

憂「私はやっぱり家で待ってて料理をする、そして帰って来たお姉ちゃんの笑顔を見るのが大好きなんです!えへへ」

澪「・・・そっか。余計な事言っちゃったな、ふふ」

憂「ありがとうございます澪さん!」

唯「憂ー」

憂「お姉ちゃん?」

唯「ちょっと待ってて!!」タタタタタタ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:39:59.61 ID:qpmlOHrf0 [29/33]
律「唯の奴どこ行ったんだ?」

澪「さあ・・・」

たたたたた

唯「おまたせー!」

紬「まあ!料理!」

唯「うん!今日学校休んで作ってみたんだ~!みんなおいしいか食べてよ!」

梓「唯先輩の手料理…大丈夫なんですかこれ・・」

唯「失礼な!!がんばって作ったんだよ!」

憂「お姉ちゃんすごい!!」

唯「えへへ~」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:43:28.12 ID:qpmlOHrf0 [30/33]
律「見た事の無い料理だな、じゃあ食べてみるか」ぱく

澪「あむ。」

紬「もぐ・・・もぐ」

梓「もぐ・・・・」

憂「もぐもぐ・・」

唯「どお!?これだったら私が家事してもいいんじゃない!?」

律「うぅ・・・・うぅぅ」

澪「・・・・」カタカタカタカタ

紬「んん・・・・・おえっぷ」

梓「ごほ・・!唯先輩は家事しちゃ駄目です!!部活に来てください!!!」

憂「・・・・だね」

唯「えー・・・ぶーぶー!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:46:10.05 ID:qpmlOHrf0 [31/33]
唯「そんなおいしくないのー?またまたー、私に辞めて欲しくなくてそんな嘘言ってるんでしょー・・・あむ・・・もぐもぐ」

律「どうだ・・・満足か?」

唯「・・・・・すいませんでした!憂に料理はまかせます!!!」

憂「あはは!はーい!」

澪「ふふ・・・みんな、ごしょごしょ」

梓律紬「・・・!」

唯「??内緒話~?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:51:12.54 ID:qpmlOHrf0 [32/33]
梓「・・・わかりました」

澪「じゃあ行くぞ、いっせーの」

律澪梓紬「おかえりなさい唯!!(先輩!!)」

唯「!!みんなぁ~・・!!」うるうる

憂「よかったね~お姉ちゃん」

唯「憂~・・・・!」

唯「ただいまー!!軽音部ぅぅううう!!!!!」

終わり


数分後

憂「という事でさっきのお姉ちゃんの料理を手直ししてきました、どうぞ!」

五人「もぐもぐ・・・・うまぁああああ!!!!!」

律「天才かっ・・・!この子は!!」

唯「私の妹だからね!!」

梓「はいはい・・・」(先輩ったら・・・ふふ)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:52:55.51 ID:qpmlOHrf0 [33/33]
終わりです
ありがとうございました

コメント

No title

面白かった
とりあえず自分勝手梓はでしゃばるな

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。