FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「パン作ったんだけど」2

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:11:30.87 ID:sJdIiyPl0 [1/37]
唯「今、りっちゃんが遊びに来てます」

律「唯?誰に向かって言ってるんだ?」

唯「ううん、なんでもないー」

唯「ところでりっちゃん、パン作ったんだけど食べる?」

律「えっ!?唯が作ったのか……?」

唯「むぅ…何その反応~」

律「いや、だって憂ちゃんならともかく唯が……」

唯「もう私だってやろうと思えば出来るんだよ~」

律「ふうん。じゃあ食べてみようか」

唯「うん。ちょっと待っててね」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:14:48.87 ID:sJdIiyPl0 [2/37]
唯「はいこれ~」

律「ふむ、見た目はまともだな」

唯「もう、りっちゃんったら」

律「そんじゃ、いただきます」

律「ぱくっ……もぐもぐ……」

唯「どう、どう?」

律「ん~~…悪くないけどなんか変な味がするぞ」

唯「そっかー。まあちょっと失敗する事もあるよね」

律「おいおい……」



唯(にやり)

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:19:49.58 ID:sJdIiyPl0
律「はぁ……はぁ……」

律(どうしたんだろ……急に体が熱い……)

唯「りっちゃん、どうしたの?」

律「いや……別に何でもない……」

律(すごい体が火照って……)

唯「調子悪いなら帰る?」

律「ああ、そうするわ……」

律(駄目だ…いますぐオナニーしたい……)

律(今すぐアソコをぐちゃぐちゃに掻き回したいよぉ……)

律「んじゃ、唯また明日な……」

唯「うん、それじゃあねー」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:23:02.86 ID:sJdIiyPl0
唯「ふふ、りっちゃんだいぶきてたっぽいなー」

唯「えっちな気分になるっていうのをパンに混ぜてみたけど」

唯「りっちゃん、私のせいだって気づくかなー」

唯「ちょっと、強力らしいけどまあ大丈夫だよね」

唯「明日が楽しみだなー」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:28:08.01 ID:sJdIiyPl0
~律の部屋~

律「はぁ…はぁ……やっと帰ってこれた……」

律「もう…もう限界……」

くちゅぅ……

律「ひゃぁん……すごい…すごい濡れてるぅ……」

律「きもちいぃ……もっと、もっと……」

ぐちゅぐちゅぐちゅ……

律「はぁっ、あぁ!んんっ……くぅ……」

律「なんれ…こんなに…きもひいいのぉ……」

律「イくぅ…こんにゃの……すぐイっひゃうよぉ……」

律「あ、あぁん…あ、あ、あぁぁぁぁぁっっ!!」

律「はぁ……はぁ……こんなの…はじめてぇ……」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:33:57.80 ID:sJdIiyPl0
律「でも、全然治まらないよぉ……」

律「はぁ……はぁ……」グチュグチュ

律「ああ…だめぇ……気持ちよすぎぃ……」

律「わたひの体……どうなっちゃったんだろぉ……」

律「んんっ…はひぃ……はふぅ……」

律「いい…いぃ…イくぅ……」

律「また…またイっひゃう……」

律「イく、イく…んんあぁぁぁぁぁぁっ!!」

律「はぁ…はぁ………ぁ……」

律「…すう……すう……」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:38:53.65 ID:sJdIiyPl0
~次の日、通学路~

律(はあ…昨日のは何だったんだよ……)

律(唯の家でパン食べたらなんか体が変になるし……)

律(なんか唯に変な物でも飲まされたり……)

唯「りーっちゃん!」

律「ゆ、唯か……おはよう」

唯「りっちゃん、体大丈夫?調子戻った?」

律「あ、ああ、大丈夫だって」

律(か、考えすぎだよな…唯がそんなこと……)

唯「そっかー。あ、そうそうりっちゃん」

律「ん、なんだ?」

唯「昨日、何回オナニーしちゃったの?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:47:49.79 ID:sJdIiyPl0
律「えっ…はは…何言って……」

唯「昨日私の家から帰って、どうせオナニーしてたんでしょ?」

律「唯…やっぱりあの時何か……」

唯「今も、アソコいじりたくて仕方ないんじゃないの?」

律「そ、そんなことあるわけ……」

唯「ほんとかなぁ?」

くちゅ……

律「きゃう……!?」

唯「うわぁ、何これ?何もしてないのにパンツの上からでも分かるくらい濡れてるじゃん」

律「そ、それは……唯が何かしたからだろ……」

唯「えー?でも私が何かしたとしても、もう1日経ってるしそれだけでこんなになっちゃうなんて……」

唯「りっちゃんがいやらしいからじゃないの?」

律「そ、そんな……ことない……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 04:53:44.05 ID:sJdIiyPl0
唯「ほらほら」

クチャクチャ……

律「あっ…だめ唯……やめてぇ……」

唯「どんどん、りっちゃんのいやらしいお汁が溢れてるよ?」

律「うそぉ…うそだぁ……」

唯「りっちゃんったら分かってるの?ここ道のど真ん中なんだよ?」

律「!いやぁ…やめて…誰かに見られちゃう……」

唯「えーでも……」

ぬちゃぁ……

唯「ほら、こんなに糸引くくらい感じちゃってるじゃん」

唯「りっちゃんってほんとは見られたい変態さんでしょー」

律「そんなことない……そんなことない……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:03:26.24 ID:sJdIiyPl0
律「唯やめて…お願いだから……」

唯「えーなんでー?こんなに感じてるのに」

唯「もしかして、感じすぎてイっちゃうの?」

律「はぁ……あん……く…ぅ……」

唯「あはは。声を我慢してるりっちゃんも可愛いねー」

唯「うーん…じゃあ私が今から聞くことを正直に答えてくれたらやめてあげる」

律「あぁ…ほ、ほんとぉ……?」

唯「うん。えっとまずねぇ……」

唯「昨日帰ってからオナニーしたでしょ?」

律「は、はい…しました……」

唯「何回したの?」

律「ひぅ…あぁ…え、えっと…に、二回ですぅ」

唯「ほんとーに?」グチュグチュ

律「ん、んぅぅぅぅっ!!ほ、ほんとですぅ……その後疲れて寝ちゃって……」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:13:25.73 ID:sJdIiyPl0
唯「じゃ、そういうことにして」

律「はぁ…はぁ……」

唯「今日、朝からいやらしい気持ちになってたでしょ?」

律「は、はい……」

唯「オナニーしたくてしょうがなかったでしょ?」

律「……」

唯「どうなの?」グチュグチュ

律「あひぃぃぃ!!し、したかった……オナニーしたかったです……」

唯「で、りっちゃん今イきそう?」

律「イきそう……もうイっちゃいそう……」

律「だからもう…もうやめてぇ……」

唯「うーんじゃあ、次で最後ね」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:19:52.76 ID:sJdIiyPl0
唯「りっちゃん、イきたい?」

律「えっ……?」

唯「ほんとーに嫌だったら、正直に言ってくれればやめるけど」

唯「りっちゃんの体はそれで我慢できるのかなぁ?」

律「あ……あ……」

唯「こんなに乳首硬くして」クリクリ

律「あう……やぁ……」

唯「こんなにアソコびしょびしょにして……」クチュクチュ

律「くひぃ……らめぇ……」

唯「こんなにクリトリス大きくさせて」キュ

律「ひゃぁぁぁっ!つ、摘まないれぇ……!」

唯「ほんとーにイきたくないのぉ?」

律「あ…ぁ…あぅ…ぁ……たい」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:29:26.50 ID:sJdIiyPl0
唯「えっ?よく聞こえないよ?」

律「イきたい…イきたいです…イかせてくださいぃ……」

唯「あはははは、りっちゃんってやっぱり……」グチュグチュ

律「あ、あぁ…気持ちいぃ……」

唯「ド変態で淫乱だね」

唯「ほら、イっちゃえ!!」

律「あ、あぁ、イく、イく、イく…っくぅぅぅぅぅぅ!!」

ぷしゃ!ぷしゃ!

唯「うわぁ…潮まで吹いちゃうなんて…りっちゃんってば、どこまでいやらしいんだろうね」

律「はひぃ…ひぃ…ぁ……」

唯「りっちゃん、りっちゃーん」

律「はへぇ……?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:38:37.80 ID:sJdIiyPl0
唯「はい、ちーず」

ぴろりーん

律「へ……?唯…今何を……?」

唯「えー、だってこんなにいやらしいりっちゃんを、私だけ見てるのも勿体無いよね」

律「そ、それって……」

唯「じゃあ、まず澪ちゃんから送ってみようかなー」

律「いやっ!お願いやめてぇっ!」

唯「うーん、どうしようかなー」

律「ぐす…お願いします…その画像消してください…ひっく…お願いします……」

唯「もうりっちゃんったら泣かないでよー。それはりっちゃんの今後の態度次第かなー」

唯「この意味分かるよねー?」

律「はい……」

唯「うんうん。りっちゃんは賢いねー」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:51:59.00 ID:sJdIiyPl0
唯「じゃありっちゃん、パンツ脱ごうか」

律「えっ……?」

唯「だってそれ、りっちゃんのいやらしい汁でもうぐちょぐちょじゃない」

唯「そんなの、いらないよね?」

律「は、はい……」

唯「だよねー。じゃあここに捨てようよ」

律「えっ…、そ、そんなの……」

唯「私ちゃんと聞いたよね、『いらない』って?」

唯「いらないんだったら捨てても全然いいじゃん」

律「で、でもそんなことしたら……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 06:05:00.20 ID:sJdIiyPl0
唯「あんまり聞き分けが悪いと、私機嫌が悪くなっちゃうなー」

律「ひっ……ごめんなさい……」

唯「そうそう、素直じゃないとね」

唯「それじゃあ早く学校にいかないと」

律「唯……」

唯「ん?」

律「どうして……どうしてこんなことするんだ……?」

唯「んー特に理由は無いよ?」

唯「強いて言うなら……普段明るいりっちゃんの、泣いてる所を見たいからかな」

律「そ、そんな理由……」

唯「ほら~早くしないと遅刻だよ」

律「うぅ…ぐす……ひっく……」

唯「そうそう、そういうりっちゃんが見たいの」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 13:49:57.01 ID:sJdIiyPl0
~学校~

律「うう……」

律(結局ノーパンのまま……)

澪「律、おはよう」

律「ひゃぁっ!?」

澪「ど、どうしたんだよ律?」

律「え、あ、あはは!と、突然声かけられてびっくりしちゃって」

澪「全く、ぼーっとしてたのか?」

律「そうなんだよー。寝不足でさー」

律(澪…お願い……今の私をあんまり見ないで……)

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 14:04:25.91 ID:sJdIiyPl0
~授業中~

律「はぁ…はぁ……あぁ……」

律(どうしよう…すごい見られてる気がする)

律(ばれてないよね…私がノーパンだってこと…ばれてないよね……)

ひそひそ ひそひそ

律(ああ、あの子達何話してるんだろう。私の事なのかな……)

律(学校にノーパンで来るなんて、変態だって思われてるのかな……)

律「いやぁ……お願い見ないで……見ないでぇ……」

律(嫌なのに…嫌なのに……)

くちゅぅ……

律(どうして濡れてるんだよ……)

律(どうしちゃったんだよぉ…私の体……)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 14:24:00.36 ID:sJdIiyPl0
律(もうだめ…我慢できない……)

律(唯が私の体に変なことしたせいで……私はこんなことしたいわけじゃ……)

律(そう、これは唯のせい…唯のせい……)

くちゅくちゅ……

律「はぁ…っ……んん……」

律「声…我慢……しなきゃ……」クチュクチュ

律「くぅ…ん……ふぅふぅ……」

律「あぁ…なにこれぇ……すっごい……」

律「頭…おかしく…なりそ……」グチャグチャ

律「もしかして…誰かに、ばれちゃってるかなぁ……」

律「授業中に…オナニーする…変態だって…思われちゃってるのかなぁ……」グチュグチュ

律「あぁ…だめ…イく…イく……」

律「ん…んんっ…っっっっ!!」ビクビク

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 14:40:36.56 ID:sJdIiyPl0
~休み時間~

唯「りーっちゃん」

律「ゆ、唯…どうした……?」

唯「一緒におトイレいこーよ」

律「しょ、しょうがないなー……」

……
…………
………………

唯「ねえ、りっちゃん」

唯「授業中オナニーしたでしょ?」

律「……!」ビクッ

唯「気づいてないと思ってたのー?」

律「あ…あれは……」

唯「あれは?」

律「唯が…私の体に何かしたから…私の体が変になって…だからしかたなく……」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 14:47:29.38 ID:sJdIiyPl0
唯「ふーん…でもさ」

唯「授業中にしちゃうなんて、りっちゃん変態すぎじゃない?」

唯「そんなに気持ちよくなりたかったんだ?」

唯「そんなに、みんなにオナニーしてるところ見られたかったんだ?」

律「ち、ちが……」

唯「違わないよ」

くちゅぅ!

律「あひぃん!?」

唯「りっちゃん、気づいてないの?」

唯「ここに来るまでに、りっちゃんのいやらしいお汁、太ももまで垂れてたよ?」

律「えっ……」

唯「期待してたんでしょ?私に虐められるのを」

唯「興奮してたんでしょ?ノーパンだって気づかれるかもしれないって」

律「嘘…うそぉ…」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 14:56:36.83 ID:sJdIiyPl0
唯「りっちゃん駄目だよ。私の前では素直にならないと」

唯「りっちゃんって、授業中にオナニーしたがる変態だよね?」

律「ち、違う……あれは、唯の……」

唯「私の飲ませた薬のせいだって言いたいの?」

唯「でもさー、あの薬の効き目なんてとっくに無くなってるよ(たぶんだけど)」

唯「それに……」グチュグチュ

律「あひぃっ…あっ、あっ、あぁぁっ!」

唯「ちょーっといじっただけで、こんなにぐしょぐしょにしちゃってるのにさ」

律「だめ…だめぇ…そ、そんなに…したらぁ……」

唯「ん、どうしたの?」

律「イきたく…はぁん…イきたくなっちゃうの……」

唯「ふふ、ちょっとだけ素直になってきたね」

唯「でも、だーめ」

律「はぁはぁ……えっ……?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 15:12:29.39 ID:sJdIiyPl0
唯「だって、もう休み時間終わっちゃうよ?」

唯「早く教室に戻らないとねー」

律「あ……そんなぁ……」

唯「ほら、行くよーりっちゃん」

律「唯…まって…おねがい……」

律「このままにされたら……私…わたしぃ……」

唯「ふふ、また授業中にオナニーしたくなっちゃうとか?」

律「あぅ……」

唯「でもぉ、りっちゃんが変態じゃないっていうのなら、それくらい我慢できるよね」

律「ごめんなさい…無理…むりなのぉ……」

唯「うーん、でももう遅いよ」

キーンコーンカーンコーン……

唯「ほら、ね」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 15:22:19.16 ID:sJdIiyPl0
唯「まあ、放課後にでもまた続きをしてあげようかな。それまで我慢してね」

律「ほ、放課後なんて無理だよぉ……ゆい…おねがい……」

唯「ふふふ、りっちゃんこれはお仕置きなんだよ」

律「えっ……?」

唯「私に嘘言うなんて、まだ自分の立場が分かってないの?」

唯「これ、みんなに見せちゃってもいいのかなー?」

律「あ…あぁ……許して…おねがい……」

唯「あーでも、りっちゃんだと、喜んじゃうかな?」

唯「授業中にオナニーするくらいだもんねぇ」

律「ごめんなさい……ごめんなさい……」

唯「分かったら、もういいよね。教室にもどろっか」

律「はい……」

唯「勝手にオナニーしちゃ駄目だよ?」

律「は…はい……」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 20:53:37.83 ID:sJdIiyPl0
~放課後、軽音部~

唯「今日はりっちゃんの部長権限で休みにしました」

唯「まあ、りっちゃんがそんなに調子悪そうにしてたら、みんなも納得するね」

律「唯…はやくぅ…もう…私げんかい……」

唯「ふうん…じゃあ、スカートたくし上げて見せてみてよ」

律「はい……」

唯「うんうん。素直になってきたねー」

唯「うわぁ。スカートにまで染みができてるね」

唯「りっちゃん、イかせて欲しい?」

律「はい……イかせてください…お願いします……」

唯「それじゃあ、スカート脱いで床に座って」

律「……」

唯「ほら、足開いてよ。りっちゃんのアソコが良く見えるようにさ」

律「……」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 21:17:45.34 ID:sJdIiyPl0
唯「あははは、さっきからずっと私の言いなりになっちゃって……」

唯「りっちゃん、人として恥ずかしくないの?」

律「うぅ…ぐす…ひっく……」

唯「そんなりっちゃんのために、私の手を汚すなんて嫌だからさ」

唯「もう足で十分だよね?」

律「えっ……?」

ぐりぐり!

律「あっ!?あっ!?あぁぁぁぁぁっっっ!?」

唯「きゃはははは。りっちゃんったら、こんなのでも感じまくってるの?」

唯「私の靴、りっちゃんの愛液まみれになっちゃってるよ」グチュグチュ

律「あひぃっ!か、感じるっ!気持ちいいのぉっ!!」

唯「うわぁ、りっちゃんってもう最悪だね」

唯「ほんと、救いようのない変態でマゾだね」

律「いいっ!それでもいいからっ!」

律「もっと…もっとしてぇ!イかせてぇっ!!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 21:33:10.42 ID:sJdIiyPl0
唯「しかたないなぁ。じゃあ……」

唯「思いっきり踏んであげるから、思う存分イきまくってね」

律「ふぇ……?」

唯「えいっ!」グチャア!

律「あぎっ、あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”っっっ!!?」

律「……あ…あぅ……ぁぅ……」ビクビク

ぷしゃあぁぁぁぁぁ……

唯「うわぁ、お漏らししながらイっちゃうなんて」

唯「私の靴汚れちゃったじゃん」

律「あ…ごめ……なさ……」

唯「りっちゃんが綺麗にしてよ」

律「えっ……?」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 21:47:43.77 ID:sJdIiyPl0
唯「聞こえなかった?りっちゃんが汚したんだから綺麗にしてよ」

律「あ…うん……今拭くから……」

唯「はぁ?何言ってるのさ」

唯「舐めて綺麗にするんだよ。」

律「えっ……どうして……」

唯「えへへ、そんなの決まってるじゃん」

唯「りっちゃんには、それがお似合いだからだよ」

律「そ、そんな……冗談だよ…ね……?」

唯「ほら、早くしてよ!」

律「あ…あぅ……」

ぴちゃぴちゃ……

律「はぁ……んっ…じゅる……」

唯「あはは、あはははははははは!!」

唯「うわー、最悪だよりっちゃん!よくそんなことできるね!」

律「うっ…ううっ…ひっく…ぐすっ……ふぇ……」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:01:13.26 ID:sJdIiyPl0
律「綺麗に……できました……」

唯「りっちゃん何言ってるの?」

律「えっ……?」

唯「ほら、床もりっちゃんのおしっこでびしょびしょじゃない」

唯「早く綺麗にしてよ」

律「うぅ……ぐす……」

律「んんっ……ぴちゃぴちゃ……」

唯「うんうん。それでいいよ」

唯「それじゃあ、素直なりっちゃんに御褒美あげないとね」

律「ごほうび……?」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:13:57.56 ID:sJdIiyPl0
唯「はい、これ」

くちゅ……

律「はぁぁん……な、何これぇ……?」

唯「んー、ローターってやつだよ。明日はこれをつけて学校に来てね」

律「ひゃぁぅ…はぁ…あぁ……そんな…むりぃ……」

唯「そんな事いっても、りっちゃんならすぐ喜んじゃうかもね」

律「そんなこと…無い……」

唯「えー?あんなによがってたくせに?」

律「あ…あれは……」

唯「もうりっちゃんったら、早く自分でも認めなよー」

唯「りっちゃんは、虐められて喜ぶ変態だって」

唯「じゃ、私は帰るね。ちゃんと綺麗にしとくんだよー」

律「あ…唯……待ってぇ……」

律「うぅ…う、ひっく……ぐす…うわぁぁ……」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:41:27.12 ID:sJdIiyPl0
~次の日、通学路~

唯「りっちゃーん、ちゃんと昨日言った通りにしてる?」

律「ゆ、唯……うん…し、してるよ……」

唯「んじゃ、確認するね」ポチ

ヴヴヴヴヴヴヴ

律「ひゃひぃっ!?」

唯「うんうん。ちゃんと言う通りにしてるみたいだね」

律「ひゃぁ……唯なにこれぇ……?」

唯「何ってローターのスイッチ入れただけじゃん」

律「だめ…唯……これ止めてぇ……」

唯「もう~、まだ『弱』なのに何言ってるの」

唯「それにりっちゃんには、今日一日このままでいてもらうんだから」

律「唯…まってぇ…こんなの一日中なんて…むりだよぉ……」

唯「ほらほら、早く学校にいこー」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:59:34.48 ID:sJdIiyPl0
~学校~

律「はぁ…あぁ…やっと…くぅ…着いた……」

唯「もう、りっちゃん遅いよー」

律「そ、そんなこと…言ったって……」

澪「お、律おはよう」

律「あ、澪…んん……おは……」

唯「……(『中』っと)」ポチ

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!

律「よ、う、んんっっっ!!?」ビクビク

澪「り、律!?どうしたんだよ、大丈夫か?」

律「あ…ら、らいじょうぶ……だから……」

澪「でも……」

律「いいから…気にしないでいいからさ……」

律(もう声でちゃいそうだからぁ……)

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:21:46.08 ID:sJdIiyPl0
唯「澪ちゃん、りっちゃんはまだ調子が戻ってないんだよ。そっとしてあげよう」

澪「あ、ああそうか。どうしても駄目だったら保健室行けよ?」

律「あ、ああ……わかっ、てるって……」

澪「じゃあ、私は席に戻るから……」

唯「ふふふ、澪ちゃんの前でイっちゃいそうだった?」

律「唯…これ止めてぇ……こんなの私おかしくなるぅ……」

唯「うーん、仕方ないか。じゃあ昼休みまでで許してあげる」

律「くぅん……ほ、ほんとぉ……?」

唯「その代わり、教室から出たら駄目だよ」

律「え、なんで……?」

唯「だって~、私の見えないところで、ローターを取らないとも限らないし」

律「あ、はぁ……で、でもぉ……」

唯「何?それとも一日中着けてる?」

律「は、はい…分かりましたぁ……はぁはぁ……」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:41:18.25 ID:sJdIiyPl0
……
…………
………………

律「んんっ…くぅ…はぁ……」

律「あ、イク…またイク…」

律「くっ、うん……んっっ!!」ビクビク

律「またイっちゃった……もうやだぁ……」

律「もうイきたくないのに…いやなのに……」

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

律「どうして……気持ちよくなっちゃうのぉ……?」

律「こんなの…ばれちゃう…誰かにばれちゃうよぉ……」

律「ふ、むぅ…ん……あぁ…はぁ……」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:55:32.29 ID:sJdIiyPl0
~休み時間~

唯「ちょっとちょっと、りっちゃんどこ行くの?」

律「へ……?トイレだけど……」

唯「もう忘れたの?りっちゃんは今日教室から出たらだめなんだよ」

律「え…トイレくらいいいだろ……?」

唯「そんな事いって、ローター取っちゃうんじゃないの?」

律「そ、そんな事しないから……そうだ!唯も一緒に来れば……」

唯「はぁ……まだ分かんないかなぁりっちゃんは……」

律「えっ…何を……?」

唯「そんなの建前に決まってるでしょ」

唯「私は教室でお漏らししちゃって、泣いちゃうりっちゃんが見たいんだよ」

律「は、はは……何言って……」

唯「分かってるでしょ?りっちゃんは私に逆らえる立場じゃないんだよ?」

唯「それに…昼休みまで我慢すればいいだけの話だよ」

唯「まあ、我慢できなかったときは……知らないけどね、あはは」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:22:59.87 ID:Y0EQEtSw0 [1/20]
律「はぁ…あっ…も、もう限界…かも……」

律「でも、この授業が終わったら昼休みだし、ローターの刺激も慣れてきたし……」

律「なんとか……いけそ……」

唯(ふふふ…りっちゃんったら、これで終わりとか思っちゃってるのかな)

唯(今からりっちゃんがどうなるか、楽しみだよ~)

唯(そーれ、『強』にしちゃえ)ピッ

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!!!

律「ひぃっ!?嘘…こんなの…むり…むりぃっっっ!!」

律「あっ、あっ、あぁぁぁぁぁっっっっ!!」ビクビク

ぷしゃぁぁぁぁぁぁ……

先生「た、田井中さん、どうしたの!?」

「この歳でお漏らしとか……」ヒソヒソ
「恥ずかしくないのかしら……」ヒソヒソ

澪「り、律…だ、大丈夫か……」

律「ぐす…見ないでぇ…こんなの…見ないでぇ…ふえぇぇぇぇ……」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:35:57.84 ID:Y0EQEtSw0 [2/20]
先生「と、とりあえず誰か保健室に……」

唯「あ、私が一緒に行きまーす」

……
…………
………………

唯「ふふふ、りっちゃん可愛かったよー」

律「唯…ぐす…もうこんなの…やめてよぉ……」

唯「えーやだよー。泣いてるりっちゃんがこんなに可愛いもん」

唯「それに、気持ちよかったんじゃないの?」

律「何が……」

唯「みんなに見られながらイっちゃって、おしっこしちゃって」

律「……そんなこと……」

唯「じゃあ、今からそれを確認しようかー」

ガラッ

律「ここって……?」

唯「空き教室だよー」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:59:04.88 ID:Y0EQEtSw0 [3/20]
唯「全然使われてないから、人が来ることがまず無いんだって」

唯「だから今からするようなことをやるのにぴったり……ってムギちゃんが言ってたの」

唯「さ、りっちゃん、下脱いで」

律「はい……」スルスル

唯「どうしたの?パンツも早く脱いでよ」

律「は、はい……」

ぬちゃあ……

唯「うわぁ…糸引いてるよ?どれだけ感じてたの?」

唯「教室でお漏らししといて、そんなに感じてさ。救いようがないね」

律「う…うぅ…ぐす…ふぇ……」

唯「しかも、ローター入れてイきまくっちゃって、恥ずかしくないの?最低だと思わないの?」

律「お、思い…ます……」

唯「だよねー。そんなりっちゃんにはお仕置きが必要だね」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 04:04:19.83 ID:Y0EQEtSw0 [5/20]
律「お、お仕置きって……」

唯「おっと、その前にローターは取ってあげるね」

律「ん、んっ……」

唯「お仕置きって言ったら決まってるじゃん」

パァッン!

律「!?ったぁ……」

唯「おしりペンペンだよねー」

パンッ!パンッ!

律「いだっ!いたいっ!ゆい、いたいよぉっ!」

唯「何言ってるの?お仕置きなんだから当たり前じゃん」

パンッ!パンッ!

律「やめてっ!ゆい、やめてぇっ!やめてよぉっ!」

唯「だーめ。私の気が済むまでやめなーい」

律「そ、そんなぁ……」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 04:05:05.16 ID:Y0EQEtSw0 [6/20]
……
…………
………………

パンッ!パンッ!

律「あぎっ…うぅ…ぐす…たいよぉ……」

唯「うわー、りっちゃんのおしり、真っ赤ー」ナデナデ

律「ひゃあっ!だめ…唯…さわっちゃらめぇ……」

唯「どーしてー?」ナデナデ

律「今…びん、っかんでぇ……」

唯「気持ちよくなっちゃう?」

律「っ……違う……痛いだけだから……」

唯「えーでもりっちゃん気づいてないの?」

律「な、何を……」

唯「おしり叩いてるときも、えっちなお汁がどんどん溢れてたよ?」

律「うそ…嘘だよ……」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 04:05:48.86 ID:Y0EQEtSw0 [7/20]
唯「痛いのが気持ちいいなんて、もうどうしようもないね」

唯「お仕置きのつもりだったのに、りっちゃんにとってはご褒美だったかー」

律「そんなこと…ない……」

唯「へぇー……」

パンッ!パンッ!

律「ひぎっ!いたいっ!やぁ…らめぇ……!」

唯「本当に痛いだけ?だんだん声がえっちな感じになってるけどなー」

パンッ!パンッ!

律「あはぁ…ったい……くぅん…あっ、ん……」

唯「ほら!ほらほらっ!」

パンッ!パンッ!

律「あぎっ…も、もう…やめへぇ…おねがいぃ……」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 04:08:24.02 ID:Y0EQEtSw0 [8/20]
唯「しょうがないなー。じゃあこれで最後にしてあげるね!」

パァッン!

律「あぐぅ……んあぁぁぁぁっ!!?」ビクビク

律「あ…あぅ…ぁ……」

唯「ん、おーいりっちゃん?りっちゃーん」

律「……」

唯「あっちゃー、やりすぎちゃったかなー」

唯「りっちゃーん、聞こえるー?」

律「ぁ…ぅ……?」

唯「あ、聞こえてるかな?もうすぐ授業始まっちゃうし、私教室に戻るねー」

唯「りっちゃんも早く戻って来るんだよー」

律「ぅ…ぁぃ……」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 04:09:05.74 ID:Y0EQEtSw0 [9/20]
~放課後~

唯「りーっちゃん」

律「ゆ、唯…何だ……?」

唯「ねぇねぇりっちゃん、今日私の家で一緒に遊ばない?」

律「え、唯の家で……」

唯「いいでしょ~?まさか…嫌だなんて言わないよね?」

律「あ、ああ…いいぞ……」

唯「良かった~。2人でいっぱい遊ぼうね!」

唯「……それで沢山虐めて、痛いことしてあげるよ」

唯「今日もあーんなに、喜んでいたもんね」

律「喜んでなんて……」

唯「あはは、おしり叩かれて、喋るのもままならないくらい感じまくってたくせに……」

律「……うぅ……」

唯「それじゃあ、いこっか~」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:27:03.30 ID:Y0EQEtSw0 [11/20]
~唯の部屋~

唯「ほらほら、座って座って」

律「うん……」

唯「今、飲み物持って来るね」

律「あ、別にいいよ……」

唯「心配しなくても、もう変なお薬は入れないよ。そんな必要もうないしね」

……
…………
………………

唯「それじゃあ、りっちゃん……」

どんっ!

律「えっ……うわぁっ!」

律「い、いきなり押すなよ……」

唯「えへへ、ごめんごめん」ゴソゴソ

律「なあ、何してるんだ……?」

唯「んー、見て分からない?りっちゃんが逃げないように両手をベッドに括り付けてるんだよ」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:42:15.08 ID:Y0EQEtSw0 [12/20]
唯「ついでに暴れないように両足も縛っちゃおうかー」

律「やだぁ……こんなのやめてよ……」

唯「後は目隠しでもしようかー」

律「きゃ……」

律「いやぁ……怖い…怖いよぉ…ゆいぃ……」

唯「ふふふ、何されるか分からないからドキドキするでしょ」

律「な、何する気なのぉ……?」

唯「何しようかな~」

ビリッ!

律「ひっ!?」

唯「あはは、1回やってみたかったんだよねー」

唯「服を無理矢理引きちぎるのって」

ビリッ!ビリリッ!

律「ううっ……もうやめてぇ……こんなの…ぐす…酷い……」

唯「ん~~、ゾクゾクしちゃうね」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:00:31.43 ID:Y0EQEtSw0 [13/20]
唯「ふふふ、可愛い乳首がちょっと上向いちゃってるよ?」

唯「りっちゃんも期待してるのかなー?」

律「ぐすっ……そんなこと……」

唯「さてさて、ここで取り出しますは……」

バチンッ!

律「ひぎぃっっ!?」

唯「洗濯バサミ~」

バチンッ!

律「あぎぃぃぃっっ!」

唯「あはは、すっごい声~。りっちゃん痛い?痛いよね~」

律「ひっぐ……痛い……とってぇ……痛いよぉ……」

唯「まだだーめ。まだ、残ってる場所があるしねー」

律「あぅ……残ってる…場所……?」

唯「というわけで、りっちゃんのアソコはどうなってるかなー?」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:19:40.93 ID:Y0EQEtSw0 [14/20]
唯「うわぁ…少し濡れてるじゃん。痛いのが気持ちよかった?」

唯「りっちゃんってほんと、変態なマゾさんだね。あはははは」

律「うっ…ううぅ…ぐす……」

唯「そんなりっちゃんなら、きっとこれも気に入ってくれるよね」

唯「りっちゃんのクリトリスもして欲しいって、期待しておっきくなってるし」

律「え…まさか……やめ……」

バチンッ!

律「ぎっ…!?あっ、あぁぁぁぁぁっっ!!」

律「あが…ぎ…ゆい…とってぇ…いだい…いたいよぉ……」

唯「取って欲しい?そんなに取って欲しい?」

律「あぅ…早くとってぇ……」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:36:47.86 ID:Y0EQEtSw0 [15/20]
唯「そこまで言うなら取ってあげるけど……どうなっても知らないよ~」

律「えっ……どういう……」

バチンッ!バチンッ!バチンッ!

律「あ”あ”あ”っっっっっ!!?」

ぷしゃあぁぁぁぁぁ……

唯「あ、お漏らししちゃうなんて、駄目だよりっちゃん~」

律「ぁ……ぅ……」ビクビク

唯「もう~、そんなに気持ちよかった~?」

唯「でも、私のベッドにお漏らししちゃうし……」

唯「私も、少し怒っちゃうなー」

律「ぁ…ごめ……ん……」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:54:14.58 ID:Y0EQEtSw0 [16/20]
唯「りっちゃんわかってる?もう、りっちゃんは私のモノなんだよ」

律「ぇ……?」

唯「私の許可なしに、おしっこしちゃ駄目だし、気持ちよくなっちゃ駄目なの」

唯「りっちゃんは私のペットだね」

律「そ…そんなの……」

くちゅくちゅ……

律「はぁん…あっあぁ……」

唯「ねえ、りっちゃん。イきたいよねぇ?こんなに濡らしちゃってるんだもん」

唯「でも、りっちゃんが私のペットだって認めないと、ここで終わりにしちゃうよ?」

律「あ…そ、そんなぁ……」

唯「ふふふ、嫌だよね?じゃあ、認めようよ。認めたらご褒美あげるよ」

律「あ…ああ……」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:08:38.82 ID:Y0EQEtSw0 [17/20]
唯「ほら、認めるの?認めないの?」グチュグチュ

律「あ…あぅ……あぁ……そ、そんなの……」

唯「もうやめちゃおうっかなー」

律「い…いや……続けて…欲しい……」

唯「じゃあ、認めるよね?りっちゃんは私のペットだって?」

律「認めます…認めますからぁ……」

唯「あはは、あははははははは。惨め過ぎるよりっちゃん、あはははは」

唯「そんなにイきたいの?イかせて欲しいの?」

律「はいっ……イきたいんです…もう体が熱くて……我慢できないのぉ……」

唯「なーに?さっきのでそんなに気持ちよくなっちゃったの?」

律「そうです……痛いのが…気持ちいいんです……」

唯「うわぁ最悪だね。同じ人とは思えないね。あ、もうペットか、あははは」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:14:38.46 ID:Y0EQEtSw0 [18/20]
唯「じゃあ、素直なペットにはご主人様がご褒美をあげないとね」

ぐちゅぐちゅぐちゅ!

律「あぁっ!気持ちいっ!きもちいぃっ!」

唯「ふふふ、おっぱいも、アソコも、クリトリスも、おしりも、全部全部虐めてあげる!」グッチャグッチャ

律「あぁぁぁっっ!!らめぇっ!おかしくなりゅう…おかしくなっひゃうっ!!」

唯「あははは、駄目だよぉ。私の許可なくおかしくなっちゃ」グチュグチュ

律「んひぃっ!だめっ!イく、イく、もうイくっ!」

唯「ん~、もうイきそうなの?もう少し我慢しようよ~」グチュグチュ

律「むりっ、むりなのぉ!もうイっちゃう…イくの許してくださいっ!」

唯「しょうがないなぁ……じゃ、イっちゃえ!」グチャグチャ!

律「あっ、イぐ、いぐ、いぐ……」

律「いっ、くぅぅぅぅぅっっっっ!!」

ぷしゃ!ぷしゃ!

唯「うわぁーすごい愛液の量」

律「ぁ…あぁ…きもひ……」ビクビク

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:16:19.97 ID:Y0EQEtSw0 [19/20]
唯「りっちゃん、まだ終わりじゃないよ?」

律「ふ…ぇ……?」

唯「まだまだ時間は沢山あるんだし、もっともっと虐めてあげるね」

唯「りっちゃん嬉しいよね?」

律「う、嬉しいですぅ……」

唯「本当に可愛いペットになったねぇりっちゃん」

唯「私が飽きるまでは、可愛がってあげるよ」

唯「まあ、その前に壊しちゃうかもしれないけどね」

律「ぁ…ぁ……」

唯「でも、勝手に壊れちゃうのは許さないからね」

唯「りっちゃんは、私のペットなんだから……」

律「は……はい……」

唯「ふふふ、あははは、あはははははははは!」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:19:37.42 ID:Y0EQEtSw0 [20/20]
というところで終了にします。この先はたいして考えてないので
まあ今までその場その場の思いつきで書いてたから今更だけど


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。