FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「え~となになに…メイドロボ調教ツール?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:22:33.22 ID:rwNtFuQiO [1/80]
ある日

男「いやー退屈だなぁ…これじゃいくら金があるとは言え、ニートと変わらん…」

男「3億円宝くじを数回連続で当ててしまって、一気に生活が楽になったはいいが、幸せってこんなんだっけ?」

コンコン

メイド「失礼いたします」

男「おう」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:26:50.91 ID:rwNtFuQiO [2/80]
メイド「今日の晩御飯はどうしましょっ?」

男「あー…うん、なんでもいいよ」

メイド「…ということは…?」ウズウズ

男「はいはいハンバーグハンバーグ」

メイド「やったぁ!!」

男「…なぁ」

メイド「はい?」

男「お前ってロボットだよな」

メイド「当たり前じゃないですか。ご主人様ったらぁ~」

男「だよなぁ…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:30:15.71 ID:rwNtFuQiO
メイド「じゃ、作って来ますねぇ~っ♪」バタンッ

男「はい」


男「なんか面白いものないかなぁ…」カチカチ…カタカタ…

男「ん?」

男「なんだこれ」

男「メイ…ドロボ…調教…ツール…?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:35:36.57 ID:rwNtFuQiO
『待ってた!!メイドロボ調教ツール!どんな反抗的なメイドでも、このディスクを挿入すれば、思いのまま!!
普段は変わらなくても、貴方がソノ気になれば、メイドも調教ドMモードにスイッチオン!!
※たいていのメイドロボはそれ相応の武力を持っておりますので、生命の危機を感じた時は直ちに諦めてください』


男「それ相応の武力…か…」

男「いやウチのメイドそれ相応どころの強さじゃねーし」

男「まぁ…とりあえず取り寄せとこう」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:44:02.43 ID:rwNtFuQiO
コンコン

メイド「できましたよぉ~っ!」

男「はーい」

―――
――


男「…」モグモグ

メイド「……」パクパク

メイド「?どうしたんです?」

男「いや、ロボットなのに食事できるんだなぁっ…て」

メイド「え…えぇ~そんな今更な事…。ひょっとして私のことバカにしてます?」ギロッ

男「め、めっそうもない」

男(絶対無理だな…)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:46:47.15 ID:rwNtFuQiO


男「よし…そろそろ寝るか…」

ガチャ

メイド「ご主人様ぁ…いつものように眠れませぇん…」

男「」

メイド「一緒に寝ていいですかぁ?」

男「あ…あぁ…またか…」

メイド「しのびないですぅ」

男「かまわんよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:52:29.05 ID:rwNtFuQiO
深夜

メイド「…」スゥ…スゥ…

男(いやぁ…眠れん…)

男(ご主人様の睡眠を阻害してまで眠るとはとんだメイドだ…てか)

男(ちょっとくらい触っても…)ソ-…


ビシッ

男「おう!」

メイド「今…何しようと…?」ゴゴゴゴゴ

男「なんというガードの固さ…」

ジャキンッ

男「いや…まて!!そこでミサイルはおかしいだろ!!マジで死……」

メイド「ご主人様のエッチーーーーッ!!」

ズガアアアアアンッ

男「」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 08:57:57.49 ID:rwNtFuQiO
翌朝

男「」ボロッ…

メイド「ごめんなさぁい♪ご主人様♪」

男「お前悪気ゼロじゃねぇか…」


男(そういえば今日は例のソフトが来る日だな…)

メイド「じゃ、新聞とって来ますねぇ」

男「まっ待て!!!」

メイド「?」

男「き…今日は俺がとるよ」

メイド「…??」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:01:24.33 ID:rwNtFuQiO
パカッ

男「新聞…と…ソフトはまだだな…まぁ宅急便でその場で現金支払いしたから当然か…」

男「しかし、今日はメイドにこの家にいられるとマズイ、宅急便が来ると嫌でも気付かれるからな…」


男「おーい」

メイド「はーい」

男「今日はお前に休みをあげよう」

メイド「え?」

男「お金はあげるからショッピングでもしてきなさい」

メイド「やったあ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:04:09.09 ID:rwNtFuQiO
メイド「じゃ、行きましょ!ご主人様!」グイッ

男「え?」

メイド「え?行かないんですか?」

男「今日は家で仕事が…」

メイド「あーーッ!仕事なんてしてない癖にー!」

男「う…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:07:33.50 ID:rwNtFuQiO
男「あの…その…」

メイド「私の一緒に行きたくないんですか…?」

男「う…」

メイド「ご主人様ぁ…」ウルッ

男「う…」

男「実は、今日は家事を全部一人でしてみて、お前のありがたみを知ってみようと思ってだなぁ…うん」

メイド「なぁんだ、じゃ、しっかり私のありがたみ、分かってくださいねぇ。それじゃ!行ってきまぁす!」


男「おい、メイドよ…本当にそれでいいのか?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:11:47.86 ID:rwNtFuQiO


メイド「街に出るの初めて…」

メイド「どうしよ、どこ行こうかなぁ」

オヤジ「ヘイお嬢ちゃん、そんなメイド服なんか来て、誘ってるのかなぁ?」

メイド「誘っ…?」

オヤジ「ちょっとこっちおいでよ」グイッ

メイド「触らないでください!」バリバリバリ

オヤジ「うあああ」バチバチバチ

メイド「まったく…私の腕を引っ張っていいのはご主人様だけです!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:14:20.70 ID:rwNtFuQiO


男「ええいまだか」

ブロロロンッ

男「お」

宅急便「お届け物でーす!」

男「いえい!」

宅急便「ここにサインとお金おねがいしますねー」

男「はーい」

宅急便「それじゃ!」ブロロロンッ…

男「ついにゲットしたぜ…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:18:36.01 ID:rwNtFuQiO


メイド「あ、この服可愛い~!」


メイド「あ、美味し~!」

メイド「ご主人様と一緒に来たかったなぁ…」

メイド「あ、もうこんな時間…」

メイド「帰ろっと」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:21:04.43 ID:rwNtFuQiO
メイド「ただいま帰りましたぁ」

男「あぁ、お帰り」

メイド「私のありがたみ、わかりました?」

男「あぁ、痛いほどわかったよ」

メイド「エッヘン」

メイド「それじゃ、とっても美味しい食材買ってきたので、御飯にしましょ」

男「そうだな」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:25:40.20 ID:rwNtFuQiO
男「あ、なるほどこれは美味しい」

メイド「でしょ?」

TV『今日、〇〇街の路上でメイド服を来た女性を中心にスパークが起きる事故があったことが県警の調べで明らかになりました。
周辺にいた中年男性は「二重の意味でシビれた」などと供述しており、検察は精神鑑定を実施しております

なお、事故の中心にいた女性の行方は不明です』


男「…」

男「おい」

メイド「…エヘッ」
男「エヘじゃない!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:29:53.51 ID:rwNtFuQiO
部屋

男「さて…いよいよあのハチャメチャメイドにこいつをインストールする時が来た…」

男「行くか…」

メイドの部屋

男「覚悟しろメイドォ!!!」ガチャッ

メイド「キャーーッ!!今メンテナンス中なんですよ!!出てってくださぁい!!」

男「あ…すんません…」バタン

男「明日から本気出す…」

男「今日は裸初めて見れたからいいや」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:33:47.28 ID:rwNtFuQiO
翌朝

男「いよいよ今日からが本番だ!」

メイド「?」

男「いや、お前は今日は大人しくしてくれていい」

男「ところでお前にプレゼントがある」

メイド「?」

男「もっと可愛くなりたいと思わないか?」

メイド「別にいいです」

男「このソフトを使えば……いやどこに行く、話を聞け」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:36:38.87 ID:rwNtFuQiO
メイド「なんかそのソフト、イヤな予感がします…」

男「う…」

男(なんというカンのよさ…)

メイド「とりあえずお昼作りますねぇ」

男「スキあり!」バッ

メイド「甘い!!」ビシッ

男「く…くそっ…」

メイド「大人しくしててくださいね」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:41:01.65 ID:rwNtFuQiO
男「ふ…だが俺はお前の生活習慣を知っている!お前が夜寝られないのは、昼飯食べた後についお昼寝しちゃうからだ!!」

メイド「……」スウスウ

男「よしよし、今のうちに…」ソーッ

ピッ

ピーーーーーッ!!

男「赤外線センサーだと!!?」

シンニュウシャ ヲ ハイジョ シマス

ジャキンッ

男「まっ…待っ!!」

カッ!!

男「」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:43:24.58 ID:rwNtFuQiO
メイド「ふぁ~よく寝た…」

男「…」

メイド「どうしたんですかぁ?そんなボロボロで」ニヤニヤ

男「まだだ…まだ…終わらん…よ…」バタッ


メイド「まったく…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:48:19.05 ID:rwNtFuQiO


男「流石に今日は警戒して、俺の部屋では寝ないみたいだな…」

男「作戦を練り直すか…」


男「…」グウ…


メイドの部屋

メイド「ご主人様…絶対何か企んでる…例えば私をMにするツールを持っているとか…」

メイド「明日から警戒体制を強化しようかな」

メイド「…」スゥ…スゥ…

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:51:11.63 ID:rwNtFuQiO
翌朝

男「おはよう!いい朝だね」

メイド「そうですね」

男「そうだ、昨日よく眠れなかっただろう?朝飯は俺が作るから、二度寝してみてはどうかな?」ニコッ

メイド「お断りしますね」ニコッ

男「さらっと返すな、ノリを大切にしろっ」

メイド「エヘ…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:55:55.91 ID:rwNtFuQiO
男「メイド…大事な話がある…」

メイド「なんですか?とうとう諦め…」

男「結婚しよう」

メイド「…ッ!?」
メイド「でっ…でも…私…ロボットで…///」

男「関係ないさ…俺たちはずっと一緒だ…」スッ

メイド「ご主人様ぁ…」


ギュッ…

男(今のうちに…)ソー…

メイド「そ…そんな安い手…///」
ピシッ

男「!」

メイド「乗りませんからぁーーー!!!////」


男「待て!爆発物だとギャグで済むが刃物は!ライトセイバーは駄目ーーーッ!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 09:59:46.11 ID:rwNtFuQiO
メイド「ご主人様のばかぁ…」

男「」

メイド「もう許しません!私たちはもはや敵同士」

メイド「私も全力で対応します」

男「お前に全力で対応されるとこの土地一帯が消し飛ぶぞ…!」

メイド「それでも私はかまいません!!」

男「俺はかまうんだよ!!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:05:58.14 ID:rwNtFuQiO
メイド「晩御飯できましたよぉ」

男「おう、ありがと…いや待て、なんでお前の体がそんなに武装されてんだよ、ガンダムみたいになってるぞ」

メイド「ロボつながりですからね」

男「あれはモビルスーツだ」ソ-…

メイド「あ、そうでしたっけ」ビシッ

男「勘違いする奴は多いがエヴァもロボットじゃなくて人間だぞ」ソ-…

メイド「ええ!?あんなに大きいのがですか!?」ピシッ

男「まぁあれは人造人間だけどな」シュバッ

メイド「なるほどー」ビシイッ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:09:52.92 ID:rwNtFuQiO


メイド部屋

メンテナンス

メイド「今日は疲れたなぁ…」

ガチャ

男「この瞬間を待っていた」

メイド「!?」

男「お前がメンテナンス中の時、お前は体を動かせない…!前回はちょっと遠慮してしまったが、今回は違うぞ」

メイド「…!!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:13:56.02 ID:rwNtFuQiO
男「さぁ…大人しく…」

ピッ

ピーーーーッ!!

メイド「二度も同じ失敗をするなんて、可哀相ですねー」ニコッ

男「し、しまっ」」
チュドォオオンッ!!


メイド「私に隙はありません!」

男「確かにな…」

メイド「…え?」

男「はははははッ!!この超強力な防弾チョッキを見ろ!!全く聞かぬわ!!」

メイド「そ…そんな……!!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:20:20.57 ID:rwNtFuQiO
メイド「う…うぅ…」

男「観念したまえ」

メイド「一つ…聞かせてください…」

男「?」

メイド「そのソフトには…何が…」

男「冥土(メイド)の土産に教えてやろう、これをインストールされたものは調教用の淫乱ドMになる」

メイド「……!!」

メイド「なんで…こんな事を…」

男「それはな…お前が」

『メンテナンス、シュウリョウ シマシタ』

メイド「時間稼ぎありがとうございます♪」ニコッ

男「あわわわわわ」

ジャキッジャキジャキッガコンッ

メイド「おやすみなさいませ、ご主人様♪」

バララララララドカッズガァチュドォオオンッ!!!

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:24:25.98 ID:rwNtFuQiO
男「聞かぬわ!!」

メイド「ではこれはどうでしょう」シュー…

男「こ…これは…」

メイド「MH5です」

男「毒ガス…だと…」バタッ

メイド「こんな調教用のいん…ら…///コホンッこんな危ないソフトは処分します!」

男「バカなマネはやめろ!!」

メイド「えいっ」

パキィーーーンッ


男「やめろーーーーッ!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:25:44.36 ID:rwNtFuQiO
メイド「これで野望、破れたりですね」

男「う……」

メイド「おやすみなさいませぇ」

男「う…あと99個か…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:30:02.47 ID:rwNtFuQiO
翌朝

男「できた」

男「ミラクル超音波マシン」

コンコン

メイド「朝ですよぉ」

男「くらえっ」

ヴィーーーー

メイド「!?」
『システム ニ イジョウ ハッセイ。 ボディ ノ キノウ ヲカンゼンテイシ シマス』

メイド「あ!?」ペタンッ

男「実はもう一つソフトを仕入れていた」

男「厳密には99個だけど」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:32:11.81 ID:rwNtFuQiO
男「えい」ポチッ

メイド「あっ…」

男「さて、あとはこのソフトを挿入するのみか」

メイド「だ…駄目!やめてください!!」

男「大丈夫大丈夫」

ウィーーン

メイド「あ…あぅ…あっんっ…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:37:04.01 ID:rwNtFuQiO
インストール中…

男「まぁ、一個壊したからと言って警戒を完全に解いたのが間違いだったな」

メイド「あぅ…ダメ…中止してくださぁい…オカシクなっちゃう…」

男「いやいや、インストールを途中で中止した方が故障の原因になるかもだぞ?」

インストール…完了

男「完了か。どうだ?気分は」

メイド「…?」

メイド「何も変わりませんよ?」

男「!?馬鹿な!取説には…」

『あなた好みのMにするためには、初期設定としてマニュアル調教が必要です』

男「なん…だと…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:40:11.28 ID:rwNtFuQiO
男「あ、でもリモコンで体勢の操作はできるみたいだな」
ポチッ

メイド「あっ!?体が…勝手に…」

男「まずM字開脚で」

バッ

メイド「なっ…!?」

メイド「こ…こんなカッコ…いやぁ…」

男「おお、なるほど…じゃ、始めるか、マニュアル調教とやらを」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:43:45.77 ID:rwNtFuQiO
ムニュ

メイド「あっ!?」ピクッ

男「おお…いつもはガードが固いメイドの胸がこんなに柔らかいとは…」

メイド「う…うぅ…エッチィ…」

男「涙目でそんな事言われてもなぁ…」

ムニュムニュ

メイド「ぁっ…ぅっ…」ヒクヒク

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:49:41.72 ID:rwNtFuQiO
男「大丈夫大丈夫」

メイド「何が…ですか?」

男「こんな調教した程度じゃ故障なんてしないから…」

メイド「そんなこと気にしてるんじゃなくて…はぁぅっ…」

男「あぁ、さぞ悔しかろう、一瞬の油断がこの結末を招いたのだ」

メイド「う…うぅ…」

コリッ

メイド「やぁんッ!」ビクッ

男「なるほど、このソフトは性感UPの効果もあるのか。乳首を弄っただけでこんな反応するとは」

メイド「ぁ…ふぁあ…」ヒクッ…ヒクッ…

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:54:56.52 ID:rwNtFuQiO
男「なるほど、このマニュアル調教の意味がわかったぞ」

男「感度、肉体は操作できるが、精神は自分で落とせと」

メイド「私は落ちませんよーッ!」

男「それはどうかな?」

男「感度UP」

メイド「あぅっ!」
男「今からゲームをしよう」

メイド「…?」

男「今から俺が電気アンマするから1分以内にイッたら俺の勝ち、イカなかったらお前の勝ちだ。お前が勝ったら、このソフトを解除してやる」

メイド「う…」

男「受けないならそれでもいいけど」

メイド「の…のぞむところです!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 10:59:54.64 ID:rwNtFuQiO
男「いくぞ…」ピト

メイド「あっ…」

男「よーい、スタート」

グリグリグリグリ

メイド「ふぁああああッ!!?あっあふぁああッ!!」ビクッビクッ

男「手をどけろ。ほらほらどうした」

メイド「あっあぁあッ!!やぁああんっ!!」

男「15秒経過だ、のこり45秒そんなんで耐えられるのか?」

メイド「あぁうぅ!だめぇえっ!!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:04:29.75 ID:rwNtFuQiO
男「30秒だ」

メイド「あはぁああッ!!ストップ!!待ってくださぁあい!!」

男「ことわる」

メイド「ひぁああッ!!もう駄目ェエ!!」ビクッビクッ

メイド「やぁああああああんッ!!!」ビクンッ

男「はいアウトー」

メイド「…ッ…ッ…ッ!!」ガクガク

男「お前ってこんなに背中反るんだ…てかいつまで反ってんだよ」

メイド「あっ…あぁっ…はぁあ…!」ガクンッ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:08:41.57 ID:rwNtFuQiO
メイド「あ…ぁあ…」

男「お前の負けだな」

男「足でこんなにド派手にイッちゃうとか、お前もともとMなんじゃねぇの?」

メイド「ち…ちがっ…」

男「どうちがう」モニュッ

メイド「んっ」ビクンッ

メイド「あ…うぅ…」ドサッ

男「寝たか…」

男「俺も寝よかな」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:11:27.00 ID:rwNtFuQiO
翌朝

メイド「起きてくださぁ~いっ!!」

男「ん…」

メイド「朝ご飯できましたよっ!!」

男「?」

男「あれ?お前夕べ…」

メイド「気のせいです」

男「でも…」

メイド「気 の せ い で す」

男「う…うん…」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:14:57.32 ID:rwNtFuQiO
男「お前、あのソフトインストされたよな?」

メイド「ゴ…ゴホンッそんな事はどうでもいいですから、早く朝ご飯食べてくださいねぇ」

男「あぁ、夢じゃなかったんだな」

メイド「い、いつまでそんな話してるんですかッ!」

男「なるほど、今は調教スイッチがオフになってるのか」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:18:34.38 ID:rwNtFuQiO
男「うん…朝ご飯もいつもと同じ…」

メイド「今日の予定はなにかあります?」

男「あぁ、街にいく」

メイド「一緒に行ってもいいですか?」

男「あぁ」

メイド「しのびないですね」

男「かまわんよ」


男「うん、やりとりも変わらん」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:22:24.10 ID:rwNtFuQiO


メイド「何買うんですか?…ま…まさか…」

男「ちげーよ、調教道具とかじゃなくて、普通に服とパソコンのキーボード買うだけだ」

メイド「…」ホッ



男「調教道具はもう用意してある」

メイド「!!?」

メイド「この変態ーーッ!!!」

男「まて、今は街中で…」

ドカァアアアンッ!!!

男「」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:27:13.82 ID:rwNtFuQiO
自宅

TV『先日、スパーク事故が見られた〇〇街の路上で、今度は巨大なクレーターが発見されました。直径50Mにも及ぶ巨大なもので、周辺に目撃者はいないようです。
また、直前に女性の叫び声が聞こえたという報告を受け、この女性がスパーク事件に関与しているとし、県警は調べを進めています』


男「よく生きてたな…俺…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:32:05.56 ID:rwNtFuQiO
メイド「晩御飯ですよ~」

男「あぁ…」

男「このスイッチを押したら、本当にソノ気分になるのか気になるところだな、晩飯の後に調べてみるか」

メイド「冷めちゃいますよ~」

男「あぁ、今行くよ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:35:09.92 ID:rwNtFuQiO
男「いやぁ…」

男「本当にお前はハンバーグが好きだな…」

メイド「♪」
―――
――

男「ふぅ、ごちそうさま」

メイド「ごちそうさま」

男「じゃ、始めるか」ポチ

メイド「ッ!?」

メイド(カラ…ダが…)

男「よし、奥の部屋行こうか」

メイド「う…ぅ…また…ですか…」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:39:33.66 ID:rwNtFuQiO
メイド「やめるつもりは?」

男「毛頭ない」

メイド「う…」

男「大丈夫だって、すぐにヤミツキになってくるから」

メイド「それはそれでイヤなんですけどー…」

―――
――


メイド「あっ…はぁ…やぁんっ…」

男「ほらほらどうした」

メイド「もう駄目ぇ…カラダが…」

男「気持ちよかった」

メイド「あ…ぅぅ…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:45:12.66 ID:rwNtFuQiO
男「しかし、あれだな、普通に調教するより、このツール使った方が早いのか」

メイド「う…私はこんなので調教されたりしませんからね!」

男「どの口が言ってるのかな?」クチュクチュ

メイド「やぁ…んんっ…!」ヒクヒク

男「しかし、最強のメイドロボとはいえ、女の子である以上こういうのには弱いんだなぁ」

メイド「はぁ…ぁぅっ…んっ…」

男「もう一度聞く、気持ちよかった?」

メイド「…」プ…プイッ

男「明日辺りだな…」

96 名前:やめて!私のために争わないで![] 投稿日:2010/07/13(火) 11:50:57.07 ID:rwNtFuQiO
翌朝

メイド「朝で~す!毎朝起こす私の身にもなってくださぁ~いっ!!」

男「うん…オフになってるか」

メイド「まったく!いつもいつもこんな生活じゃニートと変わりませんよ!」

男「昨日は外出たわい!」

メイド「外出しただけで威張るなんて十分ニートじゃないですか」

男「ぬっ…」

メイド「まぁ、今日の予定はないみたいですし、ゆっくりしてもいいですよぉ。私もその方が楽ですし♪」

男「よぉし!いい朝だ!」

メイド「私に楽をさせないつもりですね…」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 11:57:51.14 ID:rwNtFuQiO
メイド「ま、今日は大掃除しますので、当然ご主人様にも手伝ってもらいますけどね♪」

男「む…」

メイド「たまには体動かさないと、体によくないですよ?」

男「ええい!仕方ない!手伝おう!折角の休日を棒にふるってなぁ!」

メイド「毎日休日の人が何言ってるんですか」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:01:48.09 ID:rwNtFuQiO
メイド「ついでに模様替えします?」

男「そうだな…タンスはここ…テレビはここ…」

―――
――


メイド「了解しました!じゃ、ちゃっちゃと始めましょう」

男「そうだな」

カサカサカサカサ

男「奴が出たか…」

メイド「あ…あ…」ガタガタ

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:09:31.18 ID:rwNtFuQiO
男「そういえばお前ゴキブリ苦手だっけ?」

メイド「はい…ゴキブ…あぁ、名前に出すのも恐ろしい。『例のあの虫』だけでなく、昆虫は全部苦手で…」

男「へえ、昆虫じゃないムカデとかは大丈夫なのか」

メイド「!なんでそんなイジワル言うんですかッ!」

男「わかったわかった涙ながらに訴えるな」

ブウウウウンッ

男「おい、『例のあの虫』が飛んで来たぞ…!」

メイド「イヤァアアアアアアッ!!!」

メイド『臨戦体勢ニ移行シマス』

ガチャッジャキッピピピッ

男「!?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:14:18.93 ID:rwNtFuQiO
ピピピッ

メイド『ターゲット、ロックオン』

ゴキ「!?」

メイド『ファイア』
バシュッボシュウッ!

ゴキ「」

男「」

ボーーーーーンッ!!

メイド『ミッション、コンプリート』

メイド「…」

メイド「はっ」

メイド「ご主人様!大丈夫ですか!?」

男「これで大丈夫だったら超人だよな。まぁ大丈夫だけど」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:19:04.93 ID:rwNtFuQiO
男「さて、このタンス重いなぁ、ロボとは言え、女の子に手伝わせる訳にもいかんし…」

メイド「あーあ、そんなのも動かせないんですかぁ?ご主人様ったら、非力!」

男「なにぃ?じゃあお前動かしてみろよ」

メイド「はい」ヒョイ

男「まぁね、あらかた予想してたけど、もうちょっと重そうな素振りとかしてくれないかなぁ」

―――
――


男「終わったぁ…」

メイド「ふぅ…」

メイド「そろそろ晩御飯ですね」

男「今日は疲れただろ、ピザでも頼むか」

メイド「そうですねぇ」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:22:39.82 ID:rwNtFuQiO
男「ピザそろそろ来るから、取りに行ってくれないか?」

メイド「はーい」

ピザ「ピザハ〇トでーす!」

男「あ、来た」

メイド「はーい!」

男(よし)ポチッ


メイド「あッ!?」ピクンッ

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:29:53.57 ID:rwNtFuQiO
男「ちょっと感度を強めにして…と」

メイド「う…ぁ…ご主人様…?」

男「はやく行っておいで」

メイド「う…」


男(服が肌に擦れるだけで相当キテるだろ)

メイド「今…いきまぁ…す…」ピクッヒクンッ
ピザ「あ、じゃあこちら商品になっております」

ピザ(可愛いメイドさんだなぁ…顔真っ赤だし…)


――
―――
男「ご苦労」

メイド「はぁ…う…」コテンッ…

男「パンツ見えてるぞ」

メイド「ッ!!」ババッ

男(だんだんガードも緩くなって来てるなぁ)

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:35:53.33 ID:rwNtFuQiO
男「ピザも食べたし」

男「始めようか…」

メイド「…う…ぅぁ…」ヒク…ヒク…

男「ほらほら」ムニュムニュ

メイド「きゃぅぅッ……ッあッ…!」

男「どんどん受け入れてきてるだろ」

メイド「そっ…そんなこと…あぅ!ないです…ぅっ…!」

男「ふぅ~ん…そんな事いうのか…」クチュクチュ

メイド「あぁあッ!!んふぅううぅッ!!」ビクビクッ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:40:10.84 ID:rwNtFuQiO
男「これ何かわかる?」

メイド「…?」

男「バイブっていうんだ、これを胸に当てると…」

ヴヴッ

メイド「ひぁあうッ!!」ビクンッ

男「これを下の方に当てたらどうなるのかな?」

メイド「いや!いやぁッ!!」

男「開脚で」ポチッ

メイド「カラダが勝手に…駄目!!言うこと聞いてぇ!!」グググ…

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:44:31.00 ID:rwNtFuQiO
男「じゃ…」ピトッ

ヴィイイイッ

メイド「んはぁあああああッ!!!ああああッ!!!」

男「…」スッ

メイド「あ…ぁあ…」ビクッビクッ

男「気持ちいい?」

メイド「ぜ…全然気持ちよくなんてないです!」

男「そうか」

男「じゃ、気持ちよくなるまでしてあげるよ」

ヴヴヴヴヴヴ

メイド「んぁあああーーーーッ!!!」ビクビク

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:47:23.49 ID:rwNtFuQiO
メイド「気持ちよくなったから!気持ちよくなったからやめてくださいいいッ!!」

男「そうか」

男「気持ちよくなったんならもっとしてあげるよ」

ヴヴヴィイイイイッ!!

メイド「ひぃァアあーーーーッ!!ダメーッ!壊れちゃうーーーッ!!!」

メイド「も…もう駄目ェ…ッ…!!」ヒクッヒクッ

男「おっと」スッ

メイド「あぁ…ぅぁぁ…?」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:50:27.34 ID:rwNtFuQiO
男「いやぁ、あんまりやめてやめて、て言うから、なんか申し訳なくなっちゃってさ」

メイド「ぁ…ぅあ…」ヒクヒクッ

男「今日はもうおしまいね」

メイド「ぁ…ぁ…」ヒクヒク

男「?」

メイド「もっと…最後までぇ…」

男「何?聞こえない」

メイド「最後までヴヴヴッてしてくださぁい…」

男「…」

男「仕方ないなぁ」ニヤニヤ

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 12:55:51.13 ID:rwNtFuQiO
男「ほらほら」

ヴヴヴヴ

メイド「うぁあああッ!!」

男「これで満足かな?ほらほら」

メイド「ひぁああッ!!」

男「自分でして欲しいとか淫乱ドMすぎるだろ」

メイド「ぁ…ふぁああッ!!」

男「とどめだ」

ヴイイイイイイイッッ!!!!

メイド「ふぁああああーーーーーッ!!!」ビクンッ

メイド「あっあぁーッあっ…あっ…」ビクンッビクンッ…

男「気持ちよかった?」


メイド「ふぁい…気持ちよかったですぅ…」ビクッビクッ

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:01:51.72 ID:rwNtFuQiO
翌朝

男「ふぁあ…朝か…」

コンコン

メイド「朝ご飯できまし…」

メイド「わっ珍しい!ご主人様が自分で起きるなんて!!」

男「ふと考えたんだけど、お前ってあんまりロボットらしくないよな」

メイド「何ぬかしてるんですか、ちゃんとメンテナンスもしてますし、武器の整備もしてますよっ!!」

メイド「腕だって、ホラ」カパッ

男「わー、コードがいっぱーい」

男「じゃなくて…まぁいいや」

メイド「最近変ですよ?もとから変でしたけど」

男「気のせいだ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:06:33.06 ID:rwNtFuQiO
男「夕べは色々と濃厚だったからな。疲れたから寝る」

メイド「じゃ、私も寝ますね」

男「好きにせい」

―――
――


男「もう夜だと!?」

メイド「はい…」

男「仕方ない、日課の調教は実施するぞ」ポチ

メイド「ッ」

メイド「…はい…」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:10:37.43 ID:rwNtFuQiO
男「脱げ」

メイド「あ…ぅ…」ヌギ…

男「下着も」

メイド「あ…ぁ…」

男「何をためらうことがある」

メイド「は…はい…」ヌギ…

トロ…

メイド「ぁ…」

男「もうそんなになってるとか…」

男「昨日確かにタガが外れたけど、それにしても変化しすぎだろ…」

メイド「ぁ…ぁ…見ないでくださぁい…」

男「いや、ガン見するね」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:23:26.80 ID:rwNtFuQiO
―――
――

男「挿れるぞ」

メイド「ぁ…ぅ…」

ズッ

メイド「ふぁあんッ!」

男「くっ…」

ギシッギシッ

メイド「あっあぁあッ!気持ちいい!!気持ちいいよぉぉッ!!」

男「キツッ…」

メイド「もっと…もっと私の中をかきまわしてくださぁあいッ!!」

男「ほらほらぁ」

ズリュズリュ

メイド「ひぃああんッ!!あはぁああッ!」

メイド「あ…も…ダメ…ゲンカイ…イク…イッちゃうッ…!」

メイド「くぅうううんッ!!」ビクンッ

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:27:05.82 ID:rwNtFuQiO
男「俺はまだだぞ」

メイド「ぁ…ぁ…」

ズブズブ

メイド「あ…もうイキました!イキましたからぁッ!!」

男「俺はまだだ」

メイド「くぅうッ!!またっ…んぁあっ…」

男「む…そろそろ…」

メイド「あはぁ…中に…中にブチまけて、私の中にぃい!!」

男「くっ」

メイド「んぅううッ!!」

ドク…ドク…

メイド「あ…熱いのいっぱい…お腹が熱いぃ…ぁん…」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:29:08.23 ID:rwNtFuQiO
翌日

男「おはよう」

メイド「おはようございますっ」

男「今日は久々に散歩でもしよう」

メイド「じゃ、私も一緒に行きまーす!!」

男「でしょうね」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:32:23.50 ID:rwNtFuQiO
散歩

男「ふぅ…久々に歩くのもいいかも…」
メイド「そうですねー」

メイド「……」

男「どうした?」

メイド「…なんでもありません!」

男「ほほう」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:35:42.59 ID:rwNtFuQiO
公園

男「ここの公園…よく小さい頃遊びに来たなぁ」

メイド「ご主人様の小さい頃ですかぁ…」

メイド「………」

男「いや今日のお前なんか変だぞ」

メイド「そっそんなことないですよ!」

男(まさかツールの影響か?)




メイド(ご主人様…もしかして私の事、ただのメイドロボとしてしか見てないのかも知れない…でも…私は…)


メイド「ご主人様…」

男「ん?」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:39:05.74 ID:rwNtFuQiO
メイド「突然こんな事を言うのもアレですけど…わ、私は…」

メイド「貴方のこ…」

メイド「やっぱり…なんでもないです…」

男「?」

男「??」

男「そ…そうですか…」


メイド(私はロボットだもん…人間とロボットの恋なんておかしいよ…)

メイド(この感情だって、ただのプログラムだもん…)

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:43:02.80 ID:rwNtFuQiO
メイド「さ、お腹好きましたね!そろそろ帰りましょうっ!」

男「あ…あぁ」

―――
――


自宅

男「はぁ、ごちそうさま」

メイド「ごちそう様」


メイド「さぁ、いつものアレ、始めましょっ」

男「いいのか?」

メイド「いいのかって、いつもご主人様がやっている事でしょ?まったく!」

男「なんか釈然としないなぁ」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:46:53.13 ID:rwNtFuQiO
メイド「ぁう…私のここ…に…ご主人様の…いれてくださぁい…」

男「…」

ジュル

メイド「あはぁあっ!!」ビクッ


男「っ…」

ジュッジュルッ

メイド「ふぁああッ!!気持ちいい!!ご主人様ぁあっ!!」

男「ぐっ…」

メイド「あぁあ!大好きッ!!私ッご主人様が大好きぃいッ!!!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:48:52.04 ID:rwNtFuQiO
メイド「あ、ぁあ…もうイ…ク…ッ!」ビクッビクッ

男「くっ」

メイド「ぁああ…っあはああああッ!!」ビクンッ


男「はぁ…はぁ…」

メイド「ぁ…はぁ…ぁ…」


男「なぁ、メイド…」












男「なんでお前、泣いてんの?」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:51:53.53 ID:rwNtFuQiO
メイド「な、泣いてなんか…!!これは汗で…」

男「いや、泣いてるね」

メイド「仮に泣いてたとしても、気持ちよさで自然に…」

男「じゃ、なんでそんな悲しそうな顔で泣いているのか説明してもらおうか」

メイド「……!!」

メイド「……」

メイド「……グスッ」

メイド「ご主人様の…」




メイド「ばか…」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 13:54:51.22 ID:rwNtFuQiO
男「…」ポチッ


メイド「なっ…なにを…」

男「いいから黙ってろ」

『メイドロボ用調教ツール』

『コノ ツール ヲ 削除 シマスカ?』











『ハイ』

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 14:01:39.09 ID:rwNtFuQiO
―――
――


男「これでよかったんだ」

メイド「…」

男「今まで、すまなかった…!」ギュッ…

メイド「ご主人…様…」

男「…俺…お前の事が…」



メイド「大好きッ!!」

―――
――


TV『この度、世界初の組み合わせが誕生しました。人間とロボットの結婚が、法廷での協議の結果認められました。今回話題のこの二人はもともと雇い主、使用人の関係から、一気に昇華して今回の結婚に踏み切ったということです。
この組み合わせについて、未だに賛否両論ですが、是非お二人には幸せになって欲しいものです』




おわり

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。