FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある少女の熱血談義

456 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/09(金) 12:17:58.28 ID:Q4VyxQAO [1/12]
すみません。5、6レス程お借りします。初アイテムSSなので、おかしな点などありましたら脳内変換よろしくお願いします。

それでは投下します。


457 名前:とある少女の熱血談義[sage] 投稿日:2010/07/09(金) 12:19:47.48 ID:Q4VyxQAO [2/12]

「ですから、ここが超良いんですよ! ――って、聞いてますか浜面?」

「……お、おぅ」


浜面仕上は、正直ウンザリしていた。
このお決まりのファミレスで、以前より幾度となく繰り返されてきた、絹旗最愛による映画談義。最初は少し興味深いなどと思っていたが、それも今ではただの気の迷いだったのだと、浜面は確信している。

(
もうかれこれ三時間だぞ……)


しかも、同じ映画の話をぶっ続けで三時間。これは浜面でなくてもウンザリするだろう。どこぞの電撃ビリビリ姫なら、一時間経過した辺りで確実に雷が落ちる。


(……た、助けを求めよう)

浜面は絹旗に見えないように、こっそりポケットに手を入れた。その手に握られているのは携帯電話。手汗を滲ませながら、浜面はゆっくりメールの文面を打っていく。


(頼むぞ、滝壺……!)

そう、浜面は滝壺理后にSOS信号を送った。
手元を見ずに打ったメールで、果たして正しい内容を伝えられたかどうかは甚だしく疑問だが。




458 名前:とある少女の熱血談義[sage] 投稿日:2010/07/09(金) 12:21:41.50 ID:Q4VyxQAO [3/12]

「……なんだか超上の空ですね。そんなんだから超浜面なんですよ」

少し携帯に集中してしまった浜面に、違和感を感じたか。絹旗は不機嫌そうにストローを加えて、勢いよくグラスの中に入っていたメロンソーダを飲み干した。


「……は、はは」


背中に冷や汗が一筋伝う。浜面はカップに入っていたコーヒーを一口飲むと、絹旗のグラスを持って席を立った。


「……え?」

「注いでくるけど、何がいい?」

「……じゃあ、コーラを」

「分かった」


絹旗は何やら少し顔を赤らめてもじもじしていたが、浜面はそれを大して気にも止めずにそそくさと席を離れる。それと同時に、タイミングよく滝壺から着信があった。


「……滝壺!なぁ、今すぐ来れないか?」

『……なんで?』

「なんでって……。メール送ったの見ただろ?」

『……はまづら、もしかして気付いてないの?』

「……は?」

『……そういうことなら、ちょっと行けないかな。ごめんね、はまづら』

「……へっ!?あ、ちょっと滝壺さん!?」




459 名前:とある少女の熱血談義[sage] 投稿日:2010/07/09(金) 12:23:01.40 ID:Q4VyxQAO [4/12]

浜面の悲痛の叫びも虚しく、滝壺は無情にも浜面の蜘蛛の糸を容易く断ち切った。
浜面は携帯を握り締めたまま固まるが、とりあえず絹旗にコーラを頼まれていたことを思い出し、急いで注ぎに行く。


そうして、ようやく浜面がコーラを持って席へ戻ると、絹旗が手元にある何かを眺めながらニヤニヤしていた。


「……何見てんだ?」

「……!!」


浜面が声を掛けると、絹旗は慌ててその紙を隠す。見るからに怪しい、と浜面は絹旗を疑いの眼差しで見つめた。


「戻ってくるのが超遅いんですよ!全く、何をやっていたんですか!?」

「お前こそ、今何を見てたんだよ?」

「……! は、浜面には超関係ないです!」


再び絹旗は顔を赤らめながら答える。
ニヤニヤしたり赤面したりと忙しいやつだな、と浜面はそんなことを思いながら席に着いた。


「……なんで遅かったんですか」

受け取ったコーラをちびちびと飲みながら、絹旗は少し伏せ目がちに言う。
浜面が苦笑いしながら「トイレだよ」と言うと、絹旗は明らかに嫌そうに眉をひそめて「超浜面ですね」とだけ言って、再びコーラを飲み始めた。



460 名前:とある少女の熱血談義[sage] 投稿日:2010/07/09(金) 12:25:23.92 ID:Q4VyxQAO [5/12]


「……あの」

しばらく沈黙が続いた後。絹旗が躊躇いがちに口を開いた。
浜面がまた同じ映画の話か! と身構えたその時。絹旗はゴソゴソとカバンを漁り、何かを取り出す。絹旗の手の中には、二枚のB級映画チケットが握られていた。


「こ、これ。今度一緒に見に行きませんか?」

俯き、震える声で絹旗が言う。いつもの横柄な態度は幻だったのかと疑うほど、今の絹旗は良い意味で女の子らしい。

(……ちょっと、可愛いかも)

そこまで考えて、浜面はハッと我に返る。


(何を考えている浜面仕上。相手はあの絹旗最愛なんだぞ?映画の誘いなんてただの偽装(フェイク)。目的はまた別にあるはず!)

そう思いながら、ちらりと絹旗へと視線を戻す。絹旗は依然として顔を赤くしたままもじもじしていた。


「あ、」

ここで、ようやく浜面は気付く。
絹旗が何をしたいのか。絹旗が何を言いたいのか。

それはきっと。







「……トイレ我慢してるなら行って来てもいいんだぞ?」


無論、その後に窒素装甲を纏った拳が飛んできたのは、言うまでもない。


~終わり~


461 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/09(金) 12:27:33.75 ID:Q4VyxQAO [6/12]
とりあえず浜面さんを上条さん化して浜面×絹旗が超書きたかっただけです。超オナニーです。
でも後悔はしてないです。

それでは失礼しました。

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。