FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)はξ゚⊿゚)ξをいじめ続けるようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:30:40.34 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)

俺はブーン。平成生まれの都会ボーイシティだ。

極悪非道のジャンケン勝負でラウンジ中を恐怖のズンドコに落とした俺だ。

そんな俺がビィプ中へ電撃移籍だ。

( ^ω^)「ククク」

俺は指をバキバキ鳴らそうとした。

( ^ω^)「痛っ」

失敗した。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:36:10.28 ID:gPOBxlj3O
( ´∀`)「彼が転校生の内藤君モナ」

こいつは俺のニュー先生のモナー。

( ´∀`)「なんで男…女子中学生ハァハァ」

( ^ω^)「声に出てるぜ先生。まるで夜の深夜特急みたいだぜ」

( ´∀`)「これは一本とられたモナ!」

フッ。つかみは完璧だ。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:37:55.74 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「ん?」

ホームルームの後、俺は気になる女子を見つけた。

ξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)ニヤリ

俺のターゲットだ。

こいつを俺の奴隷にしてやる。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:41:28.83 ID:gPOBxlj3O
まずは計画を練る必要がある。

昨日通販で取り寄せた「嫌がらせする3つの方法」を読む。

( ^ω^)ヨミヨミ

( ^ω^)ヨミヨミ

( ^ω^)「なるほど」

女はオカズにされるのを嫌うらしい。

( ^ω^)+ ニヤリ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:44:11.46 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「なぁ」

そしてクラスの奴らからさらに情報を得る。

('(゚∀゚∩「なんだよ!」

( ^ω^)「ξ゚⊿゚)ξは昼にどこにいるんだ?」

('(゚∀゚∩「しらないよ!」

ミセ*゚ー゚)リ「やめなよーあいつ暗いし」

从 ゚∀从「調子のってるよなー」

( ^ω^)「ふむ」

どうもターゲットは嫌われてるらしい。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:46:44.79 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「つまりだ」

①いじめる

②奴隷が出来る

③クラスの奴らから羨望の眼差し

④俺最高!

( ^ω^)ククク


そして暗黒の昼休みがやって来た!

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:49:35.72 ID:gPOBxlj3O
ξ゚⊿゚)ξ「……」

ターゲットは昼休みになるやいなや直ぐに教室を出ていった。
俺は直ぐに追跡を開始する。

クラスの奴らからのメシの誘いはクーリングオフだ。

( ^ω^)ククク

ξ゚⊿゚)ξテクテク

壁|ω^)ククク

ξ゚⊿゚)ξテクテク

ターゲットは女子トイレへと入った。

( ^ω^)+

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:51:10.54 ID:gPOBxlj3O
これはいい。

( ^ω^)「個室で徹底的にオカズにしてやる」

俺は鞄から白米を取り出した。
( ^ω^)ククク

ミッションスタートだ。

暗黒の昼休みが始まる。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:53:55.48 ID:gPOBxlj3O
バタン。トイレの個室の扉が閉じる音が聞こえた。

( ^ω^)ククク

俺は女子トイレへと入った。

無論、白米は大盛りだ。

当然のエチケットである。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 08:56:56.81 ID:gPOBxlj3O
「グスン、グスン」

( ^ω^)「?」

なんだ?この声は。

( ;^ω^)「ま、まさか!」

コイツッ!トイレで自慰行為をしているのか!

(#^ω^)「ハレンチっ!」
俺は個室を上から覗いた。
無論箸は手に既に用意している。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:00:06.96 ID:gPOBxlj3O
ξ;⊿;)ξ「ううっ」

( ^ω^)「なん…だと…」
先手を打たれた。
既にコイツは弁当をトイレで食べている。

(  ω )「敗北か…」

涙だこぼれた。
こんな衝撃は初めてだ。マリオカートで一位の時にカミナリを使われた気分だ。死にたい。

ξ;⊿;)ξ「え?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:03:23.77 ID:gPOBxlj3O
ξ;⊿;)ξ「え?あなた転校生?え?」

まだだ。まだチャンスはある。
俺はその場から走って逃げた。
( ;ω;)「チクショウ」

内藤ホライゾン。初の敗北だった。

白米はしょっぱい味がした。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:05:42.39 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「次の手だ」

俺は諦めが悪い。
例えるなら波平ヘアーなのに髪を整える親父くらいの執着だ。

( ^ω^)「リベンジだ」

( ^ω^)ククク

今にだ。今に地獄を見せてやる。

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:08:13.58 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「情報収集だ」

( ^ω^)ヨミヨミ

( ^ω^)ヨミヨミ

( ^ω^)「なるほど…」


「悪魔の囁き!は~い二人一組作ってー」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:11:47.59 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「二人一組か…」

( ^ω^)「次は体育だな…」

( ^ω^)ククク

今度こそ地獄を見せてやる。
俺が以下にワルか教えてやる。

そして体育の時間がやって来た!

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:14:39.02 ID:gPOBxlj3O
( ´∀`)「はーい二人一組作ってモナー」

突風。
俺の周りのストューデントが何人か吹き飛んだ。

「グハァ!」

「ゲハァ!」

「ジーザス!」

隣の席のドクオとか言うやつは死んだ。

寒い時代だ。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:19:40.96 ID:gPOBxlj3O
俺の計画はこうだ。

①ξ゚⊿゚)ξが誰かと組もうとする

②間に割って入る

③ξ゚⊿゚)ξ不機嫌( ^ω^)ご機嫌


天才だな…
悪魔の発想だ。

ミセ*゚ー゚)リ「内藤君~組もうよ」
聞こえないフリをした。俺は目的を果たすのが第一優先なのだ。

( ^ω^)ククク

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:22:52.61 ID:gPOBxlj3O
从 ゚∀从「おいちょっとこっち来いよ」

ξ;゚⊿゚)ξ「い、嫌よ!」

从#゚∀从 「あ?」


ククク…早速組もうとしているようだな。

( ^ω^)ククク

俺は間に踵落としを放った。

クラスメイトのハインリッヒの手に直撃した。


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:26:35.51 ID:gPOBxlj3O
从 ;∀从 「いてぇぇぇ!」

ククク…この世は邪気肉教職。

真理だ。

( ^ω^)「コイツは俺が貰っていく」

ククク…決まったな…
我ながら極悪だ。


ξ*゚⊿゚)ξドキドキ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:31:59.01 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「結局、最初の時点での怪我人続出で」

( ^ω^)「体育の授業は中止になりました」

( ^ω^)「( ´∀`)は自主退職したそうです」

( ^ω^)「後、クラスからの視線が冷たいです」

( ^ω^)「王者故の孤独でしょうか」


俺はまた失敗した。
その夜、枕は濡れた。
何故か布団も濡れていた。


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:36:10.51 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「くそう」

俺は悩んだ。なぜ上手くいかない。

ラウンジ中(全校生徒二名)はあっさりと制圧できたのに。

( ^ω^)「まだだ。まだ手はある」

俺は最後の手段を使う事にした。

( ^ω^)「孤立させる」

極悪だ。ノーベル極悪賞も受賞間違いない。

( ^ω^)ククク

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:40:35.20 ID:gPOBxlj3O
孤立させる。

なぁに簡単な事だ。

( ^ω^)「ξ゚⊿゚)ξの友達と言う友達を」

潰す。

( ^ω^)「徹底的に」

( ^ω^)「悪だ悪だな俺は」

( ^ω^)ククク


いけー♪内藤ホライゾ~ン♪(ホライゾン!)

すごいー♪内藤ー♪(内藤)


頭の中にテーマソングが流れる。
もはや勝ったようなものだ。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:45:11.59 ID:gPOBxlj3O
そして新しい朝が始まった。

( ^ω^)「ん?」

二時間目。俺は異変に気づいた。

( ^ω^)「ξ゚⊿゚)ξがいない?」

おかしい。一時間目はいたはずだ。

( ^ω^)「逃亡?」

まさか気づかれたのか…

糞…侮っていた…


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:52:45.33 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「おいξ゚⊿゚)ξはどうした」

隣の席の女子に聞いてみた。

ミセ*;゚ー゚)リ「し、しらないよ!校舎裏に読んで苛めてなんかいないもん!本当だもん!」

( ^ω^)「そうか…」

くそう…一体どこに行きやがった。

俺は授業を脱走した。窓ガラスを破り脱出する!

⊂( ^ω^)つ 「うおおぉ!」

ベチン

( ×ω×)「グハァ!」

強化ガラスだった。
普通に教室からでた。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 09:58:31.31 ID:gPOBxlj3O
~校舎裏~
  _
( ゚∀゚)「おい、服脱げよ」


ξ;゚⊿゚)ξ「いやよ!そんなの!」

(#´∀`)「なにぃ!てめえジョルジュさん馬鹿にしてんのか!」

从 ゚∀从「怒ると怖いぞ!あれだぞ!
砂糖と塩の入れ物こっそり変えたりするからな!」

ξ゚⊿゚)ξ「いや…別にそれは…」

  _
( ゚∀゚)「……」

( ´∀`)「……」

从 ゚∀从「……」


ツン!ピンチ!

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:01:18.46 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「待ちな…ザッ」

ククク…遂に発見したぜ…
  _
( ゚∀゚)(ザッって口で言った…)

( ´∀`)(ザッって口で言った…)

从 ゚∀从(ザッって口で言う男の人って…)

ξ゚⊿゚)ξ「……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:04:44.42 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「ゴゴゴ…ゴゴゴ…」

流石俺だ…空気が振動しているようだな。

地球が俺に恐怖している!

( ^ω^)ククク

  _
( ゚∀゚)(口で…)

( ´∀`)(口で…)

从 ゚∀从(口で言う男の人って…)

( ^ω^)「お前ら…」

( ^ω^)m9「ξ゚⊿゚)ξに何をしている」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:08:39.22 ID:gPOBxlj3O
  _
( ;゚∀゚)「あ、あれだよね!モナー」

( ;´∀`)「そ、そうモナ!ね!ハイン!」

从;゚∀从「そうそう!こっそりいじめて学校から追い出そうなんてしてねぇよ!」

  _
( ゚∀゚)

( ´∀`)

从;゚∀从「あ…」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:12:32.35 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「なん…だと…」

先を越された…だと…!?

  _
( ;゚∀゚)「ああああ違う!違う!」

( ;´∀`)「そう仲良く!友達!」

从;゚∀从 「友達同士でいじめてたんだよ!」

  _
( ゚∀゚)

( ´∀`)

从 ゚∀从「あ…」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:15:28.59 ID:gPOBxlj3O
俺の中でどす黒い感情が渦巻く。

最後らへんは聞こえなかったが友達という言葉は聞こえた。


( ^ω^)+(つまり)

こいつらはξ゚⊿゚)ξの

友達!

( ^ω^)「お前ら」

( ^ω^)m9「潰す!」

フッ…決まった。

( ^ω^)m9「潰す!」

二回言ってもカッコいい!やはり決まったな…

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:20:17.60 ID:gPOBxlj3O
  _
( ;゚∀゚)「なんだと!」

( ´∀`)「こっちは三人だぞ!」

从 ゚∀从「私は手を骨折してるから戦力外!
モナーは職なしだから手なんてだしたら人生終わりだから実質ジョルジュだけだけどな!」

  _
( ゚∀゚)

( ´∀`)

从;゚∀从「あ…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:24:23.25 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「関係ないな…」

( ^ω^)つスッ

( ^ω^)「お前らを駆逐するのは暴力なんて生ぬるいものじゃあない」

( ^ω^)「それは…」



( ^ω^)m「じゃんけんだ!!!」

  _
( ;゚∀゚);゚∀从;´∀`)「なんだってええー!!!!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:29:53.18 ID:gPOBxlj3O
蛇暗拳(ジャンケン)とは…

愚(グー)!超鬼(チョキ)!羽亜(パー)!からなる特殊闘法である!

内藤は!

内藤ホライゾンは!

ラウンジ中(全校生徒二名)を蛇暗拳で制覇した!

超ベテラン!

凄い!!!!

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:32:00.24 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)イクゾ

  _
( ゚∀゚)エ?マジデ

( ^ω^)マジマジ

  _
( ゚∀゚)ジャンケン

( ^ω^)ポン


勝負が…ついた…

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:34:01.88 ID:gPOBxlj3O
結果は…

  _
(  ∀ )「ぐぷっ」

( ^ω^)「勝ったな」

後だしによる…

内藤の完全勝利であった…



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:39:11.53 ID:gPOBxlj3O
从;゚∀从;´∀`)「ジュルジュー!!!!」

  _
( ;゚∀゚)「お…おっぱい」

  _
(  ∀ )

ジュルジュ長岡。

おっぱいに生きた男。

気絶。



ξ゚⊿゚)ξ「……」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:41:42.65 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「フッ…」

「逃げろー」

勝利…圧倒的な勝利であった…

ξ゚⊿゚)ξ「あ…あの!」

( ^ω^)「ん?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:47:52.25 ID:gPOBxlj3O
ξ゚⊿゚)ξ「どうしてこんな事を…」

ククク…来た…来たぞ…

( ^ω^)「それはなぁ!」
その時だ。朝食べたご飯の米粒が気管に入った!

( ^ω^)「ゲフッ」

不味い!むせた!

( ^ω^)「お前ゲフッとゲフッ友達」

お前の友達を

( ^ω^)「ゲフッなゲフッって」

ぶんなぐって

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:49:13.73 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)「ゲフッゲフッゲフッやる」

恐怖のズンドコにしてやる

( ^ω^)「計画」

ふぅ。ようやく喉が通った。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:52:53.65 ID:gPOBxlj3O
ξ゚⊿゚)ξ「……」

ξ゚⊿゚)ξ←お前と友達になってやる計画と聞こえた。

ξ゚⊿゚)ξ

ξ;⊿;)ξブワッ

ξ;⊿;)ξ「ありがとう!」

(;^ω^)「えっ」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:57:06.99 ID:gPOBxlj3O
( ^ω^)

俺はブーン。平成生まれの都会ボーイシティだ。

新たな生活の地でも極悪非道の限りを尽くした。

尽くした。

はずだったのに。

ξ゚ー゚)ξ「ブーン!学校行こう!」

( ^ω^)「なぜだ…」

何故か奴隷(予定)が友達になってしまった。

( ^ω^)「なぜだ…」

なぜだ…

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/28(土) 10:59:32.59 ID:gPOBxlj3O
まぁいい。

( ^ω^)ククク

これからだ。これから極悪非道の限りを尽くしてくれる!

先ずは今日の昼休みに奴隷(予定は永遠に未定)をオカズに白米を食ってやる。

俺の極悪人生は始まったばかりだ!


( ^ω^)はξ゚⊿゚)ξをいじめ続けるようです

終わり

120 名前: ◆fG1I1UcIeI [] 投稿日:2009/11/28(土) 11:01:16.32 ID:gPOBxlj3O
終わりです。

まさか昼間の時間にここまで支援を貰えるとは思ってませんでした。

読んでくれた人どうもありがとうございました!

コメント

No title

なごんだ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。