FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「美しいって罪」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:04:29.40 ID:zJXsQLZy0 [1/17]
唯「フンフーン 君を見てるといつもハートドッキンドキン♪」ジャカジャーン

律「……なぁ唯」

唯「なに? りっちゃん」

律「最近お前、なんか綺麗になったよな」

袖「そういえば……お肌もツルツスベスベだし。ねえ、澪ちゃん」

澪「ああ、そういえば…む、胸も大きく……///」

唯「え、えへへ、そうかな?」

律「ずるいぞっ!」

梓「もう~、みなさんちゃんと練習してください!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:10:38.33 ID:zJXsQLZy0
梓「あ、でも…唯センパイ歌上手になりましたよね。なんていうか声が綺麗になったような」

澪「ああ。それにギターも上達してる」

袖「テストの点数もよくなったわよね」

澪「授業中ずっと起きてるよな」

律「もしかして……さてはお前! 憂ちゃんだな!?」

唯「えー違うよぉ~。唯だよぉ」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:15:17.30 ID:zJXsQLZy0
梓「でもセンパイ、どうしたんですか? 最近の唯センパイはその……輝いてます」

唯「やだぁ~もうっ、あずにゃんったら! 照れるよぉ~」ギュッ

梓「にゃっ……(唯センパイ、いい匂い……)」

律「はは~ん……これは唯、『女』になったな」

袖「女!」ドッキーン

澪「り、律! 変なこと言うな!」

律「アハハッ。でもホントに彼氏でも出来たんじゃねーか?」

澪「唯、そ、そうなのか……?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:20:51.12 ID:zJXsQLZy0
唯「ぶっぶー、はずれ~! うっふっふ、実は……」

律澪袖梓「じ、実は……」ゴクリ

唯「さわちゃんに美しくなる秘訣を教えてもらったのだよ!」エッヘン

澪「さわ子先生に?」

律「ゆゆゆ唯! なんだそれは! 美しくなる秘訣? あたしも知りたいぞっ!」

唯「フフーン♪ それだけじゃなくってね、とっても健康にいいんだよコレは」

袖「まぁ……」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:25:12.22 ID:zJXsQLZy0
律「なぁ唯、どうすればいいんだ? あたしでも綺麗になれるか?」

唯「もちろんだよ! この方法さえ試してみれば女を磨けるよ!」

澪「そ、そうなのか? ちょっと興味あるな……」

袖「それでそれで? 唯ちゃん、どうやるの!?」

梓(はぁ……なんだかうさんくさいです)

唯「じゃあみんなにも教えてあげるね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:28:39.04 ID:zJXsQLZy0
ヌギヌギ

律「ん? パンツなんか脱いでどうすんだ?」

澪「こ、こら唯! ここは神聖な部室だぞ! そ、そんな破廉恥な……!」

袖「ゆ、唯ちゃんのお尻……///」

梓「何やってるデスか唯センパイ」

律「って、おい! なんで全部脱ぐんだよ! 全裸じゃないか!」

梓(唯センパイの裸…綺麗……)

唯「まあまあ、見てなって」

唯「いっくよ~~~」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:32:01.75 ID:zJXsQLZy0
ブリブリブリブリッ♪

澪「ぎ……ぎゃあああああああああッ!!!」

梓「ゆ、ゆゆゆ唯センパイ!? な、何やってるですか!!」

律「ゆ、唯! さすがにお前それは……!」

袖「ゆ、唯ちゃんが私の目の前で排便を……///」

唯「このうんこをねー、こうしてー」ヌリヌリ ベタベタ

律「おおうっ! 唯の奴、自分のうんこを身体に塗りはじめた!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:37:57.97 ID:zJXsQLZy0
唯「フンフーン♪ こうやってー、マッサージするようにうんこを塗り込んでね」

唯「首筋も…おっぱいも…脇の下とか」

唯「あっ、背中届かないからあずにゃん塗ってくれるかな?」

梓「えぇ~、嫌ですよ。汚い」

唯「ぶー、汚くないよぉ。これは綺麗になれるお薬なんだよ」

袖「唯ちゃん、私が塗ってあげる♪」

唯「ありがとームギちゃん」

袖「うふふ、唯ちゃんの背中、本当に綺麗ね」ヌリヌリ

唯「あんっ……ムギちゃん、うんこ塗るの上手だね」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:42:20.58 ID:zJXsQLZy0
唯「で、仕上げに顔も……」ヌリヌリ

唯「ジャーン! できました~、全身うんこパック!」

澪「おげえぇぇぇぇぇえぇ」ゴボゴボ

律「み、澪! しっかりしろ――ってクサッ!」

袖「あらあら澪ちゃんったら。わたしが食べてあげるわね」

梓「」

唯「毎日これやってるんだよぉ。自分のうんこだからお金も掛からないし、とってもお得ぅ!」

梓(それで唯センパイ、いい匂いがしたんだ……)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:48:25.84 ID:zJXsQLZy0
梓「でもセンパイ、お肌が綺麗になるのはわかるとして……それで健康になるんですか?」

唯「もちろんだよあずにゃん! 全身の毛穴にうんこが染み込んで血行をよくしてくれるんだよ」

袖「まあ…すごいわぁ」

律「なぁ、でも唯。うんこって汚くないか?」

唯「汚くないよ-。だって元はケーキや憂の作ってくれたご飯とかなんだよ?」

袖「そうよ、りっちゃん。澪ちゃんのゲロだって……酸味が利いてておいしい」

澪「ああっ、袖! わたしのゲロなんだから少し残しといてくれよ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:53:08.04 ID:zJXsQLZy0
唯「でね、でね! これだけじゃないんだ~」

律「まだなんかあるのか」

唯「ムギちゃん、このコップ貸して」

袖「どうぞぉ」

唯「うんしょ――こぼさないように……」シャーーーー

ジョボジョボジョボ

梓「今度はおしっこですか」

唯「ふひぃ~…スッキリした!」

唯「でね、これを飲むんだよ」ゴクゴクゴク

唯「ぷっはぁ~~! んまいっ!」

唯「飲尿健康法って言うんだって。さわちゃんが言ってた」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 05:57:42.05 ID:zJXsQLZy0
律「そうかっ! おしっこの成分が喉を刺激して声質を変化させたんだな!」

唯「えへへ、自分じゃわかんないけど」

澪「ま、まあ、唯の美しさの秘密はわかったよ」

唯「みんなも試してみなよ!」

律(お、おい澪、どうする?)

澪(どうするって…みんなの前で裸になるのは恥ずかしいし……)

袖(うふふ)ニコニコ

梓「唯センパイ」

唯「なあに、あずにゃん」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 06:02:49.47 ID:zJXsQLZy0
梓「そ、それって、む、胸も大きくなるですか!?」ズイッ

唯「もちろんだよ~。あずにゃんのこの可愛いおっぱいもボインボインだよ!」

律「わ、わたしもちょっとやってみようかな……」

澪「り、律っ!」

律「澪も試してみろよぉ。あっ、それとも澪ちゃんはそんなことしなくても充分……」イッヒッヒ

澪「…………///」

袖「それじゃあ、せっかく唯ちゃんが教えてくれたんだし、みんなでやってみましょうか」

律「オーーッ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 06:09:34.95 ID:zJXsQLZy0
――こうしてわたしたちは全員全裸になってうんこをしたです。……部室で。

この美容法は自分のうんこよりも他人のうんこの方がより効果があるということなので、

わたしたちはお互いにうんこを塗り合ったです。

うんこまみれでセンパイたちと抱き合ったのですが、うんこのヌルヌルが気持ちよくってクセになりそうだったです。///

律センパイはうんこが少し目に入ったらしく、泣いていたです。

澪センパイが律センパイの眼球をペロペロして綺麗にしていたのを見て、「ああ、この二人は本当にお似合いです」

と思いました。

……少し妬けるです。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 06:14:15.81 ID:zJXsQLZy0
それから、私は袖センパイのおしっこを飲ませて貰ったです。

袖センパイのおしっこは、いつも飲んでいる紅茶のように上品な味がしたです。

唯センパイも欲しがっていたけど……ダメです。これはわたしのおしっこです。

唯センパイ、家では憂とこのようなことをやっているらしいです。

わたしは今度、友達の純にも教えてあげようと思いました。


――こうして、わたしたち軽音部は、ご近所でも評判の美少女バンドとして知られるようになったのです。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 06:19:45.83 ID:zJXsQLZy0
――そして六年後

唯「い、いよいよだね、みんな」

澪「ああ、夢にまで見た武道館ライブだ」

律「みんなちゃんとうんこ塗っておしっこ飲んできたか?」

袖「もちろん♪」

梓「みんな、これが終わったら憂やさわ子先生たちも呼んでうんこパーティーをやりましょう」

律「おっ、いいなぁそれ!」

澪「よしっ! みんな準備はいいか!」

唯「それじゃあ……いっくよ~~~!」

ジャカジャーーーーン♪

                                                  おわり

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 06:23:40.56 ID:zJXsQLZy0 [17/17]
痔になるとうんこする夢をよく見るよね
それじゃあみんなおやすみ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。