FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条 「御坂二人っきりなると凄ぇ甘えてくる」 海原 「マジでか」

未完
1 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 19:32:47.07 ID:k86k5VRR0 [1/24]
上条 「打ち止めって案外そっちの知識あって上条さんビックリだわ」

一方通行 「マジでか」

3 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 19:34:45.12 ID:k86k5VRR0 [2/24]
NTRじゃなくて、疑似NTR


5 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 19:37:20.21 ID:k86k5VRR0 [3/24]
上条 「昨日アレ見たか?」

海原 「アレとは?」

上条 「ジブリの耳をすませば」

海原 「あーはい……え、っと何でそんなこと聞くんです?」 

上条 「いや俺って御坂と付き合ってるじゃん」

海原 「……はい」

上条 「お前じゃなくて俺な、俺」

海原 「……はい」

上条 「あの映画みたいな青春はお前送れないわけじゃん」

海原 「……はい」

上条 「今どんな気持ち?」

6 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 19:41:47.92 ID:k86k5VRR0
海原 「……どうといわれましても、映画の感想でよかったですか?」

上条 「んなわけないだろー、嫌だな。お前の意中の女の子が俺の掌の中にいる感想だよ」

海原 「自分は御坂さんに幸せになってほしいと思ってますよ。たとえ隣にいるのが僕でなかったとしても」

上条 「うん、隣にいるのはお前じゃないんだけどな」
 
海原 「…………」

上条 「で、だ。俺は何もお前に嫌がらせを言いたいんじゃないんだよ」

海原 「では何を?」

上条 「御坂がどれだけ幸せにやってるかお前に見せてあげるんだよ」

海原 「いえ結構です」

上条 「いやいいから、いいから」

海原 「いえですから……」

上条 「見ろ。じゃないと上条さんつまらん」

9 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 19:48:57.29 ID:k86k5VRR0
海原 「自分の主張を押し付けるだけじゃなくて僕の話も聞いてくださいよ! 僕は見たくありません!」

上条 「気にすんな!!」 

海原 「ぶふぅぅぅっ!!?」 バキィッ!

上条 「いや見ようぜ一緒に。な?」

海原 「だから見な……ぐぶぅぅ!!?」 バキィッ!!

上条 「……強情だなぁお前も、たかが見るだけだってのに……よし決めた。見ないならお前御坂に言いつける」

海原 「言いつけるだなんてまるで子供みたいに……何をです? 僕は御坂さんの中でどう思われようが彼女が幸せなら……」

上条 「俺がアステカの魔術結社と戦ってるっていうわ」

海原 「……は?」

上条 「あいつ怒るだろうなー、なんたって俺を傷つけるような屑魔術師相手だし。あっ、お前のショチなんとかもその仲間だっけか」

海原 「やめてください!!」

上条 「じゃあ見るだろ?」

海原 「……少しだけなら」



15 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 19:54:48.99 ID:k86k5VRR0
上条 「そんじゃ今から俺ん家な」

海原 「すいません……今から裏の仕事が入ってるんです。行けません」

上条 「あんな脅し……じゃなくて歓迎した後だし嘘ついてるわけじゃなさそうだな。じゃあ明日でいいや、分かったな?」

海原 「……えぇ」

上条 「じゃ、ばいばいきーん」








海原 「…………」

一方通行 「何ぼっとしてやがンだお前、死ぬぞ?」 

海原 「…………」

一方通行 「まァ俺としてはお前が死ぬのも歓迎すンけどな」

海原 「……冗談きついですね、一方通行さん」

一方通行 (……やけに張り合いねェなこいつ)

16 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:01:15.69 ID:k86k5VRR0
一方通行 「仕事に支障をきたすようなら帰れよ」

海原 「いえ大丈夫です。……ちょっと上条さんに……はは、意地悪されただけですから」

一方通行 「三下だァ? アイツは気に食わない野郎だがンなことするやつじゃないだろ」

海原 (やはり上辺では前任を取り繕ってるようですね……そうでもないと御坂さんがあの人と付き合う由もありませんが)

一方通行 「たまに打ち止めの面倒も見てもらってるしな」

海原 「えっ?」

一方通行 「あ? ンだよ」

海原 「いえ別に……」 (さすがにそれは……いやでもあの正確だとやもすると……)



17 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:06:07.39 ID:k86k5VRR0
ーーーーー ~次の日の上条の部屋~ --ーーー  

上条 「よ! とりあえずまぁ上がれよ」

海原 「お邪魔します」

上条 「何か飲み物飲むか? っていっても麦茶くらいしかないんだけどな、上条さん貧乏だし」

海原 「いえお構いなく」

上条 「そうか、じゃ俺の分だけ」 コトコト

海原 (十万三千冊がいない……?)

上条 「どうしたよ、ぼぅっとして?」

海原 「えっ、あぁ綺麗な部屋だなぁって思いまして」

上条 「そりゃそうさ、なんたって御坂が毎日掃除しに来てくれてるからな」

海原 「そう……ですか……」

上条 (今の表情たまんねぇ。もっと見せろ)

18 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:12:59.57 ID:k86k5VRR0
上条 「そんじゃさっそく風呂場行けよ」

海原 「……風呂場? 別に僕は汚れてないんですが」

上条 「そう風呂場。後三十分もしたら御坂家に来るから、そこで俺たちの熱愛っぷりを見てろ」

海原 (何て人だ……隠れてお二人をこっそり見ていろということですか)

上条 「風呂場狭いけどちゃんと待機してろよ。御坂来るまではちゃんと話し相手もいるし」

海原 「話し相手?」


ーーーーー 上条家の風呂場 --ーーー 

インデックス 「お風呂場は寒いんだよ~」

海原 「十万三千冊さん」

インデックス 「むっ、誰かな君は!?」


20 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:18:37.87 ID:k86k5VRR0
海原 「僕は上条さんの知り合いです。ところであなたはどうしてこんなところに?」

インデックス 「インデックスはとうまが好きだったんだよ! でもとうまに好きな人がいるなら仕方ないって思ったんだよ!!」

海原 「はい?」

インデックス 「ちゃんと短髪と付き合うのも口を挟まなかったし……なのにとうまは!」

海原 「……もしかしてあなたも、無理やり見せ付けられている口ですか?」

インデックス 「……君もなのかな?」

海原 「はい。僕が御坂さんに好意を持ってることを知ってて、それなのにここに呼ばれました」

インデックス 「インデックスもとうまが大好きなんだよ……でも、もうこれ以上あの二人を見てると頭がおかしくなっちゃいそうなんだよ」

海原 「……それは辛いですね」

インデックス 「なのにとうまは……そんな泣いてる私を見て……おちんちんから汚い白いものをかけてくるんだよ……」

海原 「!!?」

25 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:28:46.93 ID:k86k5VRR0
インデックス 「慰めてやるとか何とか上手いこと言ってきて……泣いてる私にかけてくるんだよ……」

海原 「あ、あなたは上条さんと付き合っているわけじゃないんですよね!?」 

インデックス 「とうまには短髪がいるのにそんなことするわけないんだよ! 恋愛は綺麗なものじゃないと駄目なんだよ!」

海原 「でしたら警備員に通報することをオススメします。それはあなたに許可を得ていない強姦ですから」

インデックス 「……大丈夫なんだよ。インデックスはとうまがちゃんと元の道に戻ってくれることを信じてるし、それに……」

海原 「それに?」

インデックス 「そこまで強引じゃないんだよ。ホントにかけてくるだけなんだよ」

海原 「それは上条さんにもわずかばかりの良心が……いや待ってください、あなたが泣いてるときにしか行為に及ばないんですか?」

インデックス 「うん……」

海原 (もしや彼はそういった境遇の相手にある種の興奮を示す異常性愛者……)

インデックス 「私はただ……よしよしってインデックスの頭を撫でてくれたら、慰めるなんてそんなことでいいのに……」

海原 「……許せませんね」 

27 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:35:44.92 ID:k86k5VRR0
インデックス 「…………」 グスグス

海原 「泣かないでください。お辛いでしょうけど」

インデックス 「……とーま」 グスグス

海原 (僕一人のことでしたら我慢をしていればいい。だがしかしこのような純粋な女の子を泣かせるとは……)

インデックス 「……とーまぁ、とーまぁ」 グスグス

海原 (えぇ決めましたよ上条さん。あなたの腐った幻想僕がぶち殺してあげますよ……いつか必ず)



<<< ピンポーン!! >>>


御坂 「ただいまー」

上条 「お帰り御坂」

海原 (御坂さん……)

28 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:42:54.07 ID:k86k5VRR0
御坂 「あれ、誰か来てるの?」

上条 「は? 俺は一人だけど?」 (靴はちゃんと隠したはずだけど……)

御坂 「当麻以外の人の匂いがするっていうか……」

上条 「お前は犬か」

御坂 「いやホントにするもん!」

上条 「はいはい、ここにはお前と上条さん二人っきりですよー」

御坂 「む~……わんわん!!」 

上条 「……んぉ!? 帰って早々抱きついてくるなぁ!」 ダキッ!!

御坂 「だって今の私犬だもん!」

上条 「ったく……テメェが犬だってんなら俺もじゃれちまうぞ?」




海原 「…………」

インデックス 「大丈夫?」

海原 「……すいません、背中さすってくれると助かるのですが。吐き気が酷くて……」

32 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 20:52:59.07 ID:k86k5VRR0
上条 「お前海原のことどう思うよ?」

御坂 「海原光貴? ……悪い人じゃないと思うけど、どうしたの急に?」

上条 「いやまぁ何となく……そうだよなぁ悪いやつじゃないよな」

御坂 「うん。ちょっと私に合わないってだけで基本いい人だし」

上条 「じゃあ海原と俺だったらどっちが好きだ?」

御坂 「断然当麻!」 

上条 「だよなぁ?  じゃあ俺が……そうだなぁ、100とすると海原はいくつだよ?」

御坂 「……海原光貴と何かあったの?」

上条 「いや別に。ほらどんくらいか言えよ」

御坂 「比べ物にならないわよ! あっ、もちろん海原光貴を馬鹿にしてるわけじゃないんだけど……」

上条 「お前はいい子だなぁ……でも仕方ないさ。比べるとどうしても差は出るから。だからちゃんと数字で言ってほしいなぁ」

御坂 「あまり気が進まないけど……当麻が100としたら、0、000000000000001くらいかしら。もちろん悪い人じゃないんだけどね。当麻と比べてるからだけどね」




海原 「…………」

34 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 21:01:32.47 ID:k86k5VRR0
上条 (ちゃんと風呂場まで聞こえたかな? ……あぁヤベぇ、海原の表情想像すると……)

御坂 「どうかしたの当麻?」

上条 「なんでもない……じゃあ今度は大きさで例えてくれよ」

御坂 「大きさ……もしかして当麻、友達に話すノロケ話のネタ探し?」

上条 「バレちゃった? 今度学校のやつらと遊ぶからな。そのときに思いっきり自慢してやろうかと思ってさ」

御坂 「性格悪いよ!」

上条 「御坂を自慢したいんだよ。ほら俺が人間だとすると海原は?」

御坂 「もぅ……当麻が人間大だったら、海原光貴はミジンコサイズってところかしら」

上条 「もっと大声で」

御坂 「何でよ?」

上条 「俺が頼んでるんだからいいだろ? 今日は久しぶりにしてやるからさ」

御坂 「ホント!? ……海原光貴はミジンコ!! ……でもコレは相対的に見えるからであの人が嫌ってわけじゃ……」

上条 「ホントにお前はいい子だなぁ」



海原 「……オゲェーッ!!」

35 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 21:09:57.81 ID:k86k5VRR0
上条 「じゃ、さっそく」 チュパチュパ

御坂 「んっ……と、当麻いきなりすぎるよ……」 チュパチュパ レロレロ

上条 「今日してやるって言ったろ? っていうかもうお前こここんな……」 ビシャビシャ

御坂 「それは言わないで///」 ビシャビシャ チュパチュパ




海原 「あぁ……あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

インデックス 「ドア閉めるんだよ!」 ビシャ!

海原 「あぁぁあぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁ……」

インデックス 「大丈夫!? とりあえず落ち着くんだよ」

海原 「……す、すいません。あなたもお辛いでしょうに」

インデックス 「私は慣れちゃってるからちょっと平気なんだよ。それよりも深呼吸して」

海原 「…………」 スーハー スーハー

インデックス 「辛かったね……」 

40 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 21:29:18.06 ID:k86k5VRR0
海原 「すいません汚いものをお見せして……」

インデックス 「私も最初はそうだったんだよ。もう短髪来る日はご飯食べないようにしてるから平気だけど」

海原 「食事を取ってないんですか?」

インデックス 「うーん、というよりとうまがご飯出してくれなくなったんだよ。私のゲロ片付けるのが面倒なんだと思うよ」

海原 (片付けてはいたようですね……普通の人間なら当たり前、いやそもそも女の子を吐かせるようなマネなどしないのですけど)

インデックス 「おなか減ったんだよー」

海原 「……この学生寮を去ろうとは考えませんか? あなたの肉体的にも精神的にも決して良くはありません」

インデックス 「さっきも言ったけど信じてるんだよ。とうまがいつか元のとうまに戻ってくれるって」

海原 「そうですか……無理はしないでください。限界が来たらそのときはイギリス精教に頼ったっていいでしょう」

インデックス 「イギリス精教を知ってるってことはあなた魔術師だったの?」

海原 「そんなことより無理はしないでくださいね」

インデックス 「……えい!」

海原 「……何で僕の耳を塞いでるんですか?」

インデックス 「無理をしちゃ駄目なのはあなたのほうなんだよ! 今のあなたはあの声を聞いちゃいけないんだよ!」

海原 「……ありがとうございます」


45 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 21:39:34.36 ID:k86k5VRR0
上条 「……それじゃあな」

御坂 「うん、また明日来るから」

上条 「あいあいさー」






上条 「で、どうだったよ? 俺と御坂仲良かったろ?」

海原 「はい、そうですね」

上条 「感想お聞き願いたいですねー、ミジンコ海原さんよ」

海原 「……人のプライベートをとやかく言うのは失礼だと思うので」

上条 「別に気にしちゃいねーよ。さっさと言えよ」

海原 「…………」

上条 (だからヤベぇってのこの表情……この悔しさでいっぱいって感じが……) ポロッ

海原 「……上条さん? 何で股間を曝け出してるんですか!?」

上条 「何でもねーよ。お前はその顔続けてろ」

海原 (ま、まさか……彼は!?)

49 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 21:47:56.81 ID:k86k5VRR0
海原 「……くっ」

上条 「逃げんなよっ!!」

海原 「ぐわぁっ!?」 バキッ!!

インデックス 「とうま止めるんだよ!!」

上条 「だって最近のお前無表情でつまんねーだもん。御坂の後だからちょっとばかし性欲湧かないのは気がかりだけど……」

海原 「……あなたは間違ってます!」

上条 「うるせぇ。ってかむしろ喜べよ? お前の大好きな御坂の膣内の味がするチンポだぜ?」シコシコ

海原 「僕は御坂さんをそういう目で見ているわけではありません!!」

上条 「あーイきそう……出るわこれ……出る、出る出る出る……」シコシコ

インデックス 「とうま!」

上条 「……ずぁぁぁぁ!!!」 ビシャッ!!

海原 「うわぁっ!?」 ビチャァァァァ!!

上条 「あースッキリした……もうお前帰れよ、また今度呼んでやるからよ」 

53 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 21:56:48.48 ID:k86k5VRR0
ーーーーー ~第七学区の道路~ --ーーー 

海原 「…………」

海原 「…………」

海原  「……今の僕に残っているのは怒りなんかじゃ有りません」

海原 「……絶対的な正義感です」

海原 「御坂さんを奪られた……許せます。僕を殴った……許せます。御坂さんとの行為を見せ付けられた…………許せます」

海原 「でも十万三千冊……あの子を、何の罪もないあの子を傷つけてることだけは絶対に許せません!!」

海原 「上条当麻をぶち殺させていただきます!!」 




土御門 「な~に道端で怖いこと叫んでるにゃーお前は」

海原 「土御門さん……」

土御門 「まっそれだけ必死だったってことか。社会的に殺すって意味だったら俺も協力するぜ?」

海原 「……何故あなたが。上条さんとは親友でしょう?」

土御門 「俺も舞花を傷つけられたからな」

63 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 23:12:42.42 ID:k86k5VRR0
海原 「……妹さんとも付き合ってたんですか」

土御門 「上やんと舞花が付き合うのは1万歩譲って認めてやるにゃー」

海原 「案外大人ですね」

土御門 「からかうな。……しかし、上やんが舞花をだしに使ってることはどうあっても許せんぜよ」

海原 「だし?」

土御門 「分かってると思うけどあいつはNTR狂にゃー。人の苦痛にゆがんだ顔が大好きぜよ」

海原 「……もしかしてあなたも」

土御門 「トレードマークのグラサン取っ払われてぶっかけにゃー」

海原 「…………」

土御門 「まぁでもあいつの性癖なんて知ったことか。それよりも俺はアイツにちゃんと舞花を見て欲しい」

海原 「一人の女性として……ですか。でも彼は御坂さんとも付き合っているんですよ?」

土御門 「その問題はそのとき解決すればいい。今はアイツの腐った性根をぶち殺す」

海原 「協力感謝します」

土御門 「さって、と上やんには痛い目見てもらいますかにゃー」

66 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2010/07/10(土) 23:37:56.11 ID:k86k5VRR0 [23/24]
ちょっと無理なった

ここでスレ落ち

コメント

No title

上条さんクズすぎワロタw
面白いから誰か続きかいてよ

No title

上条さんマジ、クズすぎwwwwこれはひどいwww

(ごめん笑い事じゃなかった)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。