FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条 「あっ、理后からメールだ」 浜面 「……滝壺から?」 2

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:18:38.11 ID:+gketVzt0 [52/61]
上条 「あっ、理后からメールだ」 浜面 「……滝壺から?」>>114の途中から再スタートする。

浜面「なあ、今日上条が遊んでる相手さ・・・実はその二人じゃないんだよ。」

美琴「ん、そなの?」

浜面「実はさ、今日上条が会っているのは、滝壺理后と言って、俺の・・・世界で一番大好きな人だ。」

美琴「ふ~ん。」

浜面「なあ、昨日は上条は誰と遊ぶと言って、お前の誘いを断ったんだ?」

美琴「青ピと土御門と遊ぶって言ってたけど?」

浜面「・・・! それじゃあ、お前は・・・その・・・浮気されてるんだぞ?」

美琴「うん。それで何?」

浜面「え?」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:23:26.57 ID:+gketVzt0 [53/61]
美琴「元々当麻に告白したのは私から何だし、それにちゃんと愛してもくれてるんだから、それでいいの。」

浜面「・・・ま、待てよ・・・本当にそれでいいのか? そんな複数人と付き合う奴を許せるのか!?」

美琴「いいのよ。それにあんた当麻の友達なのに当麻の良さ知らないの?

美琴「あいつはあれが普通なのよ。皆平等に愛す人なの。」

浜面「・・・・・・ただの節操なしじゃねえか・・・」

美琴「あ?」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:26:27.84 ID:+gketVzt0 [54/61]
浜面「だって・・・そうじゃねえか!! 彼女とか恋人とか・・・そういうのは1人だけ選ぶもんじゃねえのか!?」

浜面「そして、その大切な人をただひたすらに愛し続けるのが恋愛ってもんじゃねえのかよ!!」

浜面「上条のやってる事は恋愛なんかじゃねえよ、ただの性欲処理だろうが!!」

美琴「・・・」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:30:17.47 ID:+gketVzt0 [55/61]
美琴「ねえ、黒子?」

黒子「ああん・・・なんでしょうお姉さま・・・」

美琴「こいつ腹立つわ、もうアンチスキルに引き渡しちゃってよ。」

黒子「もちろんですの! お姉さまが悪と言ったら、そいつは完全な凶悪犯罪者ですの!! 黒子許しませんの!」

浜面「・・・は? ま、待てよ!! 俺はお前のためを思って・・・」

美琴「喋らないでよ? 当麻の友達だから良い人かと思って、ニコニコ相手してやったのにさ」

美琴「何なのあんた? 私に説教のつもり? 私に説教して感じさせてくれるのは当麻だけでいいの。」

美琴「あんたなんてキモいだけなの、わかる?」

浜面「テメェ・・・!!」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:37:49.77 ID:+gketVzt0 [56/61]
美琴「こっち見ないでよ、眼力だけで私を殺そうっての?」フッ

美琴「あんたみたいな童貞野郎が無理に決まってるじゃない。ちなみにあんたレベルいくつなのよ?」

浜面「・・・・・・・・・0だよ。」

美琴「プッ、0?www無能力者?ww 当麻みたいなレベル0でも特別な力も持ってないレベル0?ww
   生きる価値すらないじゃないwwほらほら、これが超能力よ? 珍しいでしょー?ww」ビリビリ

浜面「・・・」グッ

美琴「何? そんな右手を力いっぱい握り締めて? 私を殴ろうっての? 無理無理www私はレベル5の第三位『超電磁砲』なのよ?」

美琴「無能力者のあんたが私に勝てるはずないじゃない。バカじゃないの?」

浜面「・・・」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:42:15.75 ID:+gketVzt0 [58/61]
黒子「お姉さま?」

美琴「ん、何?」

黒子「それでアンチスキルに通報すればよろしいですの?」

美琴「そうしてー、どうせこいつ車上荒らしとかやってるんでしょ? 逮捕されて当然じゃん。」

黒子「わかりましたの。」ピポパ

浜面「・・・!(ま、まずい・・・このままだと・・・仕方ねえ・・何とか逃げるしか・・・!)」

黒子「ああ、逃げようと思っても無駄ですの。私はレベル4のテレポーターですの。あなたが逃げようとも簡単に追いついて、連れ戻せますの。」

浜面「(こっちの考えが読まれてる・・・まずい、どうする・・・どうする・・・!?)」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:47:14.95 ID:+gketVzt0 [59/61]
黒子「大人しくお縄につきなさいですの。」

浜面「(・・・仕方ねぇ・・・こうなったら!!)」

浜面「おい、お前」

美琴「あ?」

浜面「上条がお前の事・・・どうでもいい女で代わりなんていくらでもいる女だって言ってたぞ!!」

浜面「(って、何やってんだ俺はああああああ!! 浮気を許す女がこんな嘘で傷つく訳・・・)」

美琴「そ、そんな・・・そんなあああああああああああああああああああああ!!!
   いやあああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

浜面・黒子「・・・え?」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:51:32.49 ID:+gketVzt0 [60/61]
美琴「そんな・・・そんなああああ!!! 当麻が・・・私の事を・・・? いや・・・いやああああ・・・」

黒子「お、お姉さま? お、落ち着いてくださいですの!」

初春「お花の匂い嗅いで落ち着いてくださーい!!」ズボッ

浜面「うわ・・・『超電磁砲』の鼻に花が突き刺さった・・・」

美琴「・・ふ、ぐぐぅが・」フガフガ

浜面「(い、今だ・・・! 今しか逃げる隙じゃない!!)」ダッ

黒子「あ、ちょ、待ちなさいですの!! って、ああん、お姉さま!! 突然押し倒さないでくださいですの!!
   焦らなくても黒子は傍にいるですのおおおおおおおおお!!!!」

初春「また来てくださいね~」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 23:53:57.77 ID:+gketVzt0 [61/61]
浜面「くそッ、どうにか逃げれたけど・・・上条の浮気説の話さえすれば、『超電磁砲』は俺の方についてくれると思ったが・・・」

浜面「どうする・・・滝壺をあのまま放っておいたら、確実に上条の餌食になる・・・」

浜面「一緒に来てくれる奴は・・・いないだろうな・・・」

浜面「滝壺を救えるのは俺だけ・・・そう、俺しかいねえんだよな・・・」

浜面「・・・よし! あのファミレスにまだいるかわからねえけど、行こう。」

浜面「行って、滝壺を助けてやろう。」ダッ

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:03:46.35 ID:zu55jQ5R0 [1/105]
 ~ファミレス店内~

上条「フヒヒヒヒヒwwwwwいいねいいねwww打ち止めに御坂妹達を呼んでもらって、ハーレムの中でヤリまくる・・・!! 最高すぎるだろ!!」

御坂妹「あっ・・・あなたとこうして繋がることができる日が来るなんて・・・とミサカ10032号は幸せと恥ずかしさで顔を真っ赤にします。」

10039号「こ、こっちもお願いします・・・とミサカ10039号は上目遣いであなたを誘惑します。」

上条「おう、任せとけ!! うりゃりゃりゃりゃりゃー!! その処女膜をぶち殺す!!」

13577号「ま、待ってください!! ミサカを先に相手をしてください!! とミサカ13577号は必死にあなたに抱きつきます!」

上条「あ? 相手してほしいなら、それなりのおねだりの1つや2つくらいやれよ。」

19090号「ふ、13577号はヤる事ばかりで駄目ですね・・・とミサカ19090号は13577号を鼻で笑います。私ならまずは気を引くためにこうします、とミサカ19090号はあなたの足の裏を舐めてます。」

上条「お、おい・・・流石にそれは引く。」

19090号「・・・」

御坂妹「あ・・ん・・・すみません、そろそろ・・・とミサカ10032号は自身の限界を告げます。」

上条「ああ、俺もそろそろ・・・く、ああああああああああああいくぞおおおおおおおおお!!!!」


305 名前:>>304むしろ、俺の中の初春は大体こんな感じ[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:07:16.95 ID:zu55jQ5R0 [2/105]
一方通行「け、三下の野郎・・・盛ってンなァ、よく中学生相手にあれだけ腰が振れるもンだぜ。」

打ち止め「あなたもあんまり変わりないかもってミサカはミサカはあなたの元気っぷりにため息を吐いてみたり」

一方通行「そォか? 俺はまだ3発目だけどなァ」

打ち止め「所構わず家でもずっとミサカの事で一人でやったり、ミサカを襲ったりしてるのは誰かな~ってミサカはミサカはあなたをジト目で見てみたり」

一方通行「だって、幼女が・・・幼女が近くにいるから・・・俺は悪くねェ!!」

打ち止め「・・・」

浜面「・・・あいつらファミレス内で何やってんだよ・・・」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:10:36.22 ID:zu55jQ5R0 [3/105]

浜面「(いや・・・これは好機だ・・・上条がここにいるって事は滝壺もこの店内にいるはず・・・
    ていうか、上条は何滝壺を放っておいて乱交してんだよ・・・やっぱりあいつなんかには滝壺は・・・)」

浜面「くそ、滝壺は何処だ? ・・・・・・・・・・・・・・・いた!!」

浜面「滝壺!!」

滝壺「・・・・・・はまづら?」

浜面「ああ、俺だ! 大丈夫か!? まだ上条には何もされてないか?」

滝壺「・・・・・・うん。」

浜面「よ、よし・・・(よかった・・・)そ、それじゃあ、早くここから逃げようぜ?」

滝壺「・・・・・・やだ。」

浜面「・・・え?」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:15:16.45 ID:zu55jQ5R0 [4/105]
滝壺「・・・私はまだとうまと、一緒にご飯を食べてない。」

浜面「何・・・言ってんだ? そんなのほっとけよ」

滝壺「いや。・・・はまづらは、いつも私の事は放ったらかし。」

浜面「・・・!」

滝壺「・・・それに比べて、とうまはメールすればちゃんと直ぐに返信もくれる。私の相手をしてくれる。
   はまづらは私の事が、嫌いなんでしょ?」

浜面「・・・!? ち、違う!! 俺は・・・」

滝壺「もういいよ。私はとうまと一緒にいる。・・・ばいばい。」

浜面「あ・・・そ、んな・・・」

滝壺「・・・・・・早く帰って、私はとうまとご飯食べるから。」

浜面「・・・」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:20:36.32 ID:zu55jQ5R0 [5/105]
上条「はいはいはいwwwはぁ~まづら君?www君はこんな所で何やってるのかな~ww」

浜面「・・・・・・かみ・・じょう・・・」

上条「早く帰れよ? 俺は理后と一緒に飯食うんだからさ。」

浜面「・・・」

上条「あー、日本語通じねえのか? おい、一方通行。」

一方通行「なンだよ、三下ァ」

上条「こいつ、やるわ。幼女の事バカにしてたし、とても許せねえわ。」

一方通行「・・・・・・・・・は?」

浜面「・・・」

一方通行「ほほォ・・・いやいや、恐れ入るねェェ? 天使の様な存在の幼女を・・・ねェ?」

浜面「・・・」

一方通行「ちょっと来いよ。」

浜面「・・・」

一方通行「来いつってンだろッ!!」ドガ

浜面「がはぁあ!!」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:26:00.00 ID:zu55jQ5R0 [6/105]
一方通行「テメェなめてンのか? 幼女の事をバカにした挙句、俺の事を無視ですかァ?」

浜面「・・・ぐぅ・・」

一方通行「オラ、早く来いよ、ちょォォォっとお話しようねェェ??」ガシ、ズルズル

浜面「あ・・・は、離せ!! た、滝壺!! お、俺は滝壺を救うんだよ!! 邪魔するなよ!!」

一方通行「・・・あ?」

浜面「お前ら悪党から・・・救ってやんだよ!!」

一方通行「・・・・・・何だよこいつ・・・やっと喋ったかと思ったら、意味不明な事をべらべらと・・・
     どう見ても、あのババアは上条の女だろうがッ!! お前の出る幕はねえんだよォ!! それよりも・・・ねェ?」

浜面「くそ・・・くそぉ!!」


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:30:03.06 ID:zu55jQ5R0 [7/105]
上条「理后・・・大丈夫か? 浜面に何かされなかったか?」

滝壺「ん、大丈夫。・・・とうまがすぐに来てくれたから。」

上条「そっか・・・・・・なあ、理后」

滝壺「・・・ん、何?」

上条「今さっき確信したんだ。俺はお前をこれからも支えてあげたい。
   今みたいに誰かに絡まれたら助けてあげたい。
   一生お前といたい・・・だから・・・俺と付き合ってくれないか?」

滝壺「・・・・・・・・・・・・ちゃんと相手もしてくれる?」

上条「当たり前だろ! 今まで俺が理后を放置した事があったか?」

滝壺「・・・ない。」

上条「だろ? ・・・もっかい言うぞ。付き合ってくれ。」

滝壺「・・・喜んで。」

浜面「・・・」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:31:38.44 ID:zu55jQ5R0 [8/105]
一方通行「おォ? 急に大人しくなったな。よし、行くぞォ~。」

浜面「・・・」ズルズル

上条「理后・・・」ダキッ

滝壺「・・・・・・」

上条「好きだ・・・愛してる。」

滝壺「・・・私も」ダキッ

浜面「・・・う・・・ぁ・・・」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:37:18.28 ID:zu55jQ5R0 [9/105]
 ~路地裏~

一方通行「ヒャッハー!! オラオラもっぺン幼女をバカにしてみろよ? エェ?」バキッボコッガスッ

浜面「・・・」

一方通行「なンだなンだァ? もう悲鳴もあげねえのかァ? さっきまでは良い声で鳴いてたのによォ?」ボスッボキッガッ

浜面「・・・」

一方通行「・・・・・・消えな。」スッ

浜面「・・・?」

一方通行「テメェみたいな奴を殴ってても無意味だァ。楽しくもなンともねぇ。」

浜面「・・・」

一方通行「ケッ・・・つまンねえ奴だぜ。今日は家に帰って、幼女フォルダ強化するか・・・っと、その前に打ち止め回収回収・・・」

浜面「・・・」

319 名前:>>318闇条さんってどんなんだ? できるなら面白そうだからやってみたい[] 投稿日:2010/07/10(土) 00:42:06.82 ID:zu55jQ5R0 [10/105]
浜面「・・・・・・・・・」スクッ

浜面「・・・・・・」

浜面「・・・」

??「あ、あの!!」

浜面「・・・?」

佐天「だ、大丈夫ですか・・・?」

322 名前:>>320やべえ、闇条さんマジぱねえっす、ちょっと闇要素もできたら入れてみる[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:04:03.40 ID:zu55jQ5R0 [11/105]
佐天「こんなにボロボロにされて・・・服もボロボロ・・・あの・・浜面さんの家は何処ですか? 一緒についていきますよ・・・」

浜面「・・・・・・」

佐天「・・・?」

浜面「・・・・・・こっちだ・・・」

佐天「あ、はい!(浜面さん・・・明らかに元気がない・・助けてもらったお礼に元気にしてあげたいな・・・)」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:08:42.30 ID:zu55jQ5R0 [12/105]
 ~浜面ん家~

佐天「大丈夫ですか・・・?」

浜面「・・・」スッ

佐天「あ、待ってください・・・そんな傷で無理に着替えようとかしないでください・・・
   私がします。」

浜面「・・・」

佐天「えっと・・・服は何処にありますか?」

浜面「・・・」ユビサシーノ

佐天「あ、はい。わかりました。・・・えーと、T-シャツとズボンを・・・あれ、ズボ・・ン?」

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:13:57.40 ID:zu55jQ5R0 [13/105]
佐天「(えーと・・・浜面さんは傷だらけでとても1人で着替えられそうにないし・・・
    そもそもこの家に到着するまでもずっと肩かしてたし・・・あれ? それじゃあ私がもしかして・・・)」フルフル

浜面「・・・?」

佐天「(いやいや、大丈夫・・・大丈夫! 浜面さんだったら・・・ってそっちの大丈夫じゃ・・・!!)」

佐天「(で、でも・・・どうしよう・・・ズボンを脱がして穿かせるなんてのは・・・)」

佐天「(ええい、どうにでもな~れ☆)」

佐天「それじゃあ、上脱がしますよ~。」

浜面「・・・」ヌギヌギ

佐天「はい、よいしょっと・・・(うわ、良い体・・・)は、はい、これ着せますよ~」

浜面「・・・」

佐天「そ、それj、じゃあ・・し、下脱いで・・・もらえますか?」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:21:37.74 ID:zu55jQ5R0 [14/105]
浜面「・・・」ヌギヌギ

佐天「(あ、れ? 案外普通・・・? なぁんだ・・・てっきり・・・って私は一体何を・・・)
   はい、これ穿いてくだs・・ん?」

浜面「・・・?」

佐天「太ももが青くなってますよ・・・ひどい・・」サワ

浜面「・・・ッ」ビク

佐天「あ、だ、大丈夫ですか!? ご、ごめんなさい・・触っちゃって・・・」

浜面「・・・」

佐天「で、でもここが青くなってるのなら、他のところにももしかしたら・・・? ちょっと確認させてください」サワサワ

浜面「・・・ッ」ムクリ

佐天「・・・・・・・・・え?」

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:26:32.37 ID:zu55jQ5R0 [15/105]
佐天「(・・・え?え? な、何で膨らみが・・・? も、もしかして私が太ももを触りまくってた・・・から?
    えっと・・・こ、こんな時、ど、どうすればいいんだろ・・・うぅー・・・は、浜面さん・・・もしかして、私と・・・?)」

浜面「・・・」

佐天「(・・・・・・こ、こんなつもりじゃなかったのに・・・ただ元気になってもらいたかっただけなのに・・・
    ま、待って私・・・そういえば初春がこんな事を・・・)」

 ~佐天回想~

初春「うふふ~男の人はヤれれば、それで元気になっちゃうものなんですよ~ねーお花ちゃん?」

 ~回想終了~

佐天「(・・・・・・よ、よし・・・!!)」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:29:30.76 ID:zu55jQ5R0 [16/105]
佐天「そ、その・・・は、浜面・・さん・・・」カァァ

浜面「・・・?」

佐天「えっと・・・わ、私・・・私に責任取らせてください!」

浜面「・・・・・・・・・?」

佐天「その・・・ベッドで横に寝てもらえ・・ますか・・・」

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:35:11.22 ID:zu55jQ5R0 [17/105]
浜面「う・・・くぅ・・・」

佐天「は、はまづらさんん!! 処女なのに・・・処女なのにイキそうです!! 突いてください!!もっと!!」

浜面「うぅぅぅ・・・ああああああああああ!!」

佐天「浜面さん! 浜面さん!!」

浜面「あ、うぐああああああああああああ!!」ドピュドピュ

佐天「ああああああ!! 浜面さんのが・・・中にぃぃ!!」

浜面「はぁ・・・はぁ・・・(・・・あ、れ? 俺・・・)」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:39:31.13 ID:zu55jQ5R0 [18/105]
浜面「・・・」

佐天「はぁ・・・はぁ・・・浜面さん・・・どうでしたか・・・?」ニコ

浜面「・・・ッ! そ、その・・・」

佐天「あ、やっと喋ってくれましたね・・・嬉しいです・・・(少しは役に・・・立てたのかな・・・)」

浜面「俺・・・佐天を・・」

佐天「佐天じゃ嫌です。涙子・・・じゃないと・・・」

浜面「・・・・・・・・・涙子・・・」

佐天「はい! ・・・あの、私は気にしませんよ。・・・浜面さんの事・・・好き・・ですか・ら・・うぁ・・・」カァ

浜面「・・・え」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:44:00.06 ID:zu55jQ5R0 [19/105]
佐天「・・・浜面さんに助けてもらって・・・私一目惚れしちゃったんです・・・駄目・・ですか?」

浜面「・・・(俺には・・滝壺が・・・で、でも滝壺は上条に・・・)」

佐天「だから・・・後悔はしません。そして、もしよろしければ付き合ってください・・・!」

浜面「・・・(滝壺・・・お前は俺捨てたんだよな・・・だったら、さて・・涙子の事を好きになっても・・・いいよな? バチなんて当たらないよな?)」

佐天「・・・」

浜面「・・・それは俺からも是非頼むよ。俺と付き合ってくれ。」

佐天「・・・! は、はい!」ニコ

浜面「・・・」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 01:47:34.35 ID:zu55jQ5R0 [20/105]
 ~数ヵ月後~

佐天「仕上さん! 一緒に買い物行きませんか?」

浜面「ん、いいぞ。」

佐天「やった・・・それじゃあ、早速準備してくださいよ?」

浜面「わかったわかった。」ヨッコラセット



浜面「・・・滝壺・・・俺は涙子と付き合って正解・・かもしれない。」

浜面「今、お前は幸せなのかわからねえけど・・・俺は幸せだ・・・」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:01:08.93 ID:zu55jQ5R0 [21/105]
佐天「ほらほら、これ可愛くないですか!?」

浜面「あぁ、そうだな。」

佐天「これ似合いますか?」

浜面「あぁ、似合いそうだ。」

佐天「これ買ってきていいですか?」

浜面「あぁ、行って来い。」

佐天「・・・・・・仕上さんは来てくれないんですか・・?」

浜面「ああ、俺はここで待ってる。」

佐天「・・・・・・そうですか。」ダッ




上条「お、あれは浜面じゃねえか、それとあれは彼女か? ・・・・・・ふふ」ニヤリ

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:04:31.50 ID:zu55jQ5R0 [22/105]
上条「よお、浜面ぁ? 数ヶ月姿見なかったけど、元気にしてたかよ?」

浜面「・・・ッ! かみ・・じょう・・・」

一方通行「なンだ、あの時のあいつじゃねえか、ちゃんと幼女の良さに気づいたか?」

青ピ「セロリはほんとにロリ一筋なんやね、僕にはとても真似できんわー」

土御門「にゃー、青ピは逆に迷路みたいに好みが入り組みすぎだにゃー」

青ピ「ん、誉めてくれてんの? ありがとさん♪」

上条「雑談はいいってのwwそれで? 浜面はこんな所で何やってんだよ?」

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:08:22.46 ID:zu55jQ5R0 [23/105]
浜面「お、俺は・・・」

土御門「なー、上やん? この人誰だにゃー?」

青ピ「あ、それ僕も気になったわ。上やんから話しかけたんだから、知り合いなんやろ?」

上条「ああ、俺がこいつの大切な人寝取ったんだよwww」

青ピ・土御門「・・・(うわ、また上やん病かよ)」

上条「あれ!? 何で突然そんな距離置くんでせうか!?」

浜面「普通はそんなの平然と言ったら引くに決まってんだろ」

上条「・・・」イラッ

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:12:06.06 ID:zu55jQ5R0 [24/105]
上条「わりぃ、俺ちょっとこいつと話あるんだよ、ちょっと行ってくるわ。」

土御門「にゃー、そうなのかにゃー?」

青ピ「それじゃあ、僕らはちょっとその辺ぶらぶらしてるから、終わったら適当に見つけて声かけてなー」

上条「おぉ、わかった。んじゃな。」

土御門「ばいにゃー」

一方通行「・・・(お、あっちに幼女が集まってンな・・・・・・ッ!? ショタも混じってンじゃねえか・・クソ、興ざめだァ)」

青ピ「ほらセロリも気持ち悪い顔しとらんと、いくで?」スタスタ

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:15:13.15 ID:zu55jQ5R0 [25/105]
上条「・・・」

浜面「・・・」

上条「おい、ちょっと人影の少ない所に移動すっぞ。」

浜面「・・・わかった。(涙子にはちょっと急用できたってメール送っておこう。)」ピッピ

 ~裏路地~

浜面「・・・それで何だ?」

上条「・・・オッラァ!!」

浜面「・・・ッ!?」

上条は浜面が声をかけると唐突に殴りかかってきた。
当然の事で、浜面は驚くが、それでもどうにかガードをする。

上条「・・・チッ」

浜面「・・・テメェ・・・」

上条「お前さ、本当うぜーんだわ。」

浜面「・・・は?」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:23:08.72 ID:zu55jQ5R0 [26/105]
上条「滝壺がさー、死んだんだわ。」

浜面「・・・は?」

上条「死んだんだよ。ちょっと能力使わせただけでな。」

浜面「・・・お前・・滝壺に能力を・・・使わせたのか・・・?」

上条「仕方ねえだろ? 夜に滝壺と遊んでたら、能力者のスキルアウトに襲われて、仕返ししたくて、滝壺に追跡してもらおうと思ったら、死んだんだわ。」

浜面「・・・」

上条「体晶だっけか? あれをさ、どうにか頑張って手に入れたのによぉー。
   それなのに、役にも立たずに死にやがってよ、訳わかんねぇよ。」

浜面「・・・」

上条「使う最後までさ、はまづらならこんな事させないだの、ごめんなさいってずっと言い続けてるんだよ。キモすぎだわ。」

浜面「・・・」

上条「それで、今は性欲処理するための女しかいねえし、んで、お前は普通の彼女作ってるし、うぜえんだわ。」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:27:39.81 ID:zu55jQ5R0 [27/105]
上条「んで? 童貞の浜面君? 今の彼女はどうなんだよ? ヤったのか?」

浜面「・・・」

上条「何とか言えよ、何だよ? もしかして、滝壺が死んだのが悲しいのか?www」

浜面「滝壺の・・・」

上条「あ?」

浜面「滝壺の死体はどうしたんだ・・・」

上条「ああ、そのまま放置してきたから、知らねえよ。」

浜面「・・・メェ・・」

上条「は?」

浜面「テメェええええええええええええええええええええええ!!!!」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:31:56.28 ID:zu55jQ5R0 [28/105]
浜面は迷わなかった。
あのファミレスの時にも携帯していた銃を懐から取り出し、それを上条の方へと向けた。
あの時は、まだ理性があった。
滝壺の相手をしなかった浜面自身が悪いともしかすると思っていたのかもしれない。
しかし、今回は違う。
上条が一方的にやらかしている。
これは絶対に許す事が浜面にはできなかった。

浜面「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

浜面は引いた・・・引き金を。
そして、弾丸は発射され、それが上条目掛けて飛んでいった。

上条「・・・は?」

浜面が撃った銃の弾丸が上条に命中した。

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/10(土) 02:36:46.16 ID:zu55jQ5R0 [29/105]
浜面「ハァ・・・ハァ・・・」

浜面はしばらく上条を呆然と眺めていた。
だが、すぐにでも、周りが騒がしくなっていく。
それから気づいた。

浜面「・・・そうか、俺の銃声で人が・・・」

浜面は捕まりたくない。
その一心で逃げ出した。

浜面「・・・・・・遂に・・・上条を・・殺した・・・!!」

浜面の顔にはいやらしく口が裂けて、笑みを作る顔が張り付いていた。

369 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 12:51:11.13 ID:zu55jQ5R0 [31/105]
浜面「ハァ・・・ハァ・・・う、家までもう少し・・・つ、捕まりたくねえ・・・!!」

??「待ちなァ!」

浜面「・・・ッ!!」

一方通行「テメェ・・・何勝手にどっか行ってンだよ。」

浜面「・・・」

一方通行「騒ぎを聞きつけたら、三下が倒れてた・・・俺が急いでベクトル変換でこれ以上出血しないようにしなかったら、本当に死ンでたンだぞ。」

浜面「(な、何だと・・・上条は・・まだ生きてる? ま、マズイ・・・仕返しされる・・)」

一方通行「それでよォ、テメェを追いかけてきた意味はわかってンだろうな?」

浜面「・・・」

一方通行「テメェを連れ戻しにきたぜェ」

370 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 12:56:38.12 ID:zu55jQ5R0 [32/105]
浜面「(クソ・・・こいつはバカみたいにつえぇ・・・勝てるのか・・・? 勝って逃げれるのか・・・?)」

一方通行「おい、何ボーっとしてやがる。とっとと行くぞ。」

浜面「・・・・・・何処にだ。」

一方通行「決まってンだろ? 三下の元へだァ。」

浜面「(・・・ここは無難に従うべき・・・か? もしもの時はこっちには拳銃がある・・・俺は上条さえ殺せればそれでいい
    後は、こいつに殺されようが・・・どうでもいい。)」

一方通行「おい、早くしろよ。三下は感謝してンだぜ?」

浜面「・・・は?」

371 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:00:38.99 ID:zu55jQ5R0 [33/105]
一方通行「聞いたぜ? 話してる最中にスキルアウトが乱入してきて、交戦してたら、相手のスキルアウトが拳銃を取り出して
     三下を撃ったそうじゃねえか。それで、お前は一人でスキルアウト全員を迎撃して、更に救急車まで呼んで立ち去ったそうじゃねえか。」

浜面「なん・・・だって?」

一方通行「事情はわかってンだ。早く行こうぜェ? 上条も病院で待ってるはずだわ」


浜面「(どうなってる・・・? どうして上条はこんな事をわざわざありもしない嘘を吐いて・・・
    何だ・・・何か狙いがあるのか・・・? だとしたらそれは何だ・・・)」

一方通行「・・・早く来い」グイ

浜面「あ・・・(く、考える時間がほしい・・・しかし、ずっとこうして突っ立ってるのも不自然・・・か。
        仕方ない。ついていこう。)」

一方通行「オラ、摑まれよ。俺がさっさと連れて行ってやるよォ。」

浜面「・・・」

372 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:04:25.57 ID:zu55jQ5R0 [34/105]
 ~病院内~

青ピ「おお、僕らのヒーローのお出ましやね?」

土御門「にゃー、上やんを助けてくれて本当にありがとうだにゃー・・・」

浜面「・・・(こいつら・・嘘を吐いてる様な顔をしてねえ・・・もしかして、本当に上条がそう証言したのか?)」

一方通行「お前らそのくらいにしとけェ、三下がこいつと会いたがってるンだからよォ」

青ピ「あ、そやったね。それじゃあ、君には今度お礼に妹系のエロ画像を進呈するわ。」

土御門「にゃー、それは俺に渡すべきだにゃー。」

一方通行「ロリの妹系なら、俺にもよこせよォ。」

浜面「(こいつらは本当に平和だな・・・)」

373 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:06:54.19 ID:zu55jQ5R0 [35/105]
一方通行「三下ァ、つれてきたぞ。」

上条「あ、ああ・・・入ってもらってくれ・・・くぅ・・ぁ」

一方通行「・・・? どうした三下ァ、傷でも痛むのか?」

上条「あ、ああ、そうだ・・・ぅ、悪い・・けど、一方通行は帰ってくれ。浜面と二人きりで・・・話がしてぇ」

一方通行「・・・わかった。それじゃーなー」

浜面「・・・(さっきから上条のこの微妙なうめき声・・・何だ?)」

上条「どうした、早く入って来いよ。」

浜面「・・・」ガラ

浜面「・・・ッ!?」

374 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:11:22.43 ID:zu55jQ5R0 [36/105]
佐天「・・・ぁ・・・ん・・いぃ・・・」

上条「おぉ、浜面ぁ、遅かった・・なぁ? あまりに遅かったから、いただいちまったよぉ~」

浜面「・・・・・・か、上条おおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

佐天「あ・・・ま、待って仕上さん・・・上条さんに手を出さないで・・・」

浜面「・・・あ?」

佐天「わ、私が・・・あん・・悪いんです・・・だから、殴るなら私を・・・」

上条「お前ら仲良いなー、まあ? 実際はこの始末だけどなwww」

浜面・佐天「・・・」

378 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:14:55.21 ID:zu55jQ5R0 [37/105]
上条「お、そろそろ出るぞ!!」

佐天「ん・・・だ、出してください・・・な、中にぃ・・・」

上条「うおおおおおおおおおおおおおおおあああああああああ!!!!」ドピュ

浜面「あ・・・あぁ・・・」

佐天「う・・ん・・・気持ちいい・・・」

浜面「・・・・・・」ガク

上条「あれ? 浜面はショックのあまりに地面にへたり込んだぞ?」

佐天「・・・」

上条「まぁいいや。おい、舐めろよ。綺麗にしろ。」

佐天「あ、はい・・・」

浜面「」

379 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:16:51.31 ID:zu55jQ5R0 [38/105]
上条「さてと・・・テメェいい加減にしろよゴラ!!」ゴス

浜面「・・・ぐ」

上条「何、人の事撃ってくれてんのかなぁ? 流石の上条さんも死ぬかと思ったんですよ?」ボスゴス

佐天「あ、や、やめてください! 仕上さんに手を出さないで!!」

上条「あ? 今更そんな事言うの? 俺に犯されて気持ちよくなってたくせにさ。」

佐天「・・・!」

上条「お前みたいな尻軽をよく浜面は相手してたな。逆にそっちの方を尊敬するわ。」

佐天「・・・」

381 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:18:45.17 ID:zu55jQ5R0 [39/105]
上条「どうせ、お前って浮気三昧だったんだろ?」

佐天「そ、そんな事あるはずが・・・」

上条「へぇ?」

上条「それじゃあさ、これ何だよ?」ピラ

佐天「・・・?」

上条「この写真にさ。映ってる娘・・・誰かな?」

佐天「・・・ッ!?」

上条「普通に浮気してんじゃんwwwしかも、援交かよww」

佐天「・・・ぁ」

浜面「」

382 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:21:02.31 ID:zu55jQ5R0 [40/105]
上条「ほらほら、浜面ぁ? お前の大好きな彼女さんよぉ、援助交際してたんだわ。おっさん相手に股開いてさ~残念だったね~。」

浜面「・・・」

上条「・・・何とか言えよ、何かリアクション起こせよ!!」バキ

浜面「・・・ぁ」

上条「そんな無反応だったらさぁ? つまんねえんだよ!! もっと楽しませろよ!! せっかくテメェを追い詰めて追い詰めて追い詰めて追い詰めて殺すためにさぁ
   こんな写真まで俺のコネで持ってきてもらったのさぁ?」

浜面「・・・」

上条「わざわざさ? 嘘の証言言って、ここまで来てもらったのだって、考えてあんだぜぇ?
   俺が浜面に襲われたって言えば、一方通行たちは絶対にお前を許さねえ。
   下手すりゃ、浜面をそのままアンチスキルに引渡しちまいかねねえ。
   でもよ・・・それじゃあ駄目なんだよ。」

浜面「・・・」

上条「お前は俺を撃ったクソったれ野郎だ。そんな奴に俺が直接仕返しをせずにアンチスキルになんかに捕まっちまったら
   今度は逆にお前に手を出せねえから、駄目なんだよ。
   わかるか? わざとああいう証言をして、お前をアンチスキルに捕まらない様にしてやったんだよ。」

浜面「・・・」

上条「それなのによぉ・・・なんだよそれ。もう動けねえのかよ。せっかく俺も撃たれたってのに無理して体動かしてんのによぉ」


386 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:25:57.90 ID:zu55jQ5R0 [41/105]
浜面「・・・」

上条「・・・もういいや、お前にいつまでも生きてもらっててもつまらねえし、死ねよ。」ガスバキボス

浜面「・・う、ぐ。ぎゃが・・・」

上条「何だよ。悲鳴、出るじゃねえか。んじゃ、これどうよ?」ガッベリ

浜面「・・・ッ!? ぎぐぎゃあああああああああああああ!!!!」

上条「おぉーおぉー鳴くねえ」

佐天「・・・ひ、酷い・・・つ、爪を剥がすなんて・・・」

387 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 13:26:40.85 ID:zu55jQ5R0 [42/105]
上条「やっとかよ・・・その悲鳴が聞きたくて仕方なかったんだよぉぉ」

浜面「ぐぅぅぅぅううううううう」

上条「・・・・・・えい」ブス

浜面「あああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

佐天「目、目を・・・うぇええ・・・」

上条「おおおおおおおおおおおおおおおお!!!!! いいねえいいねえええええええ!!!! お前の絶叫が心に染みるぜええええええええ!!!!」

上条「さてさて・・・次はどうしようかなぁ・・・」

浜面「あがああああああ・・・こ、殺せよ・・・」

上条「あ?」

389 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 14:00:52.04 ID:zu55jQ5R0 [43/105]
浜面「ぐぅ・・・こ、殺せよ。俺が憎いんだろ? だったら、殺せばいいじゃねえか。俺は・・・もう生きているのが嫌だ。」

上条「・・・」

浜面「涙子は俺の最後の心の砦だった・・・それがこんな事になって・・・もう生きていたくない。」

上条「・・・」

浜面「・・・ほら、殺せよ、拳銃やるよ。」ポイ

上条「・・・」スッ

浜面「・・・一思いに殺せよ。」

上条「・・・・・・だぁ~め!」バキ

浜面「・・・あ?」

390 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 14:09:29.67 ID:zu55jQ5R0 [44/105]
上条「なんだお前、死ぬのがお望みなのか? だったら、殺さねえよ。俺はお前を散々絶望へと追い込んで殺してぇんだからよぉ?」

浜面「・・・」

佐天「・・・あ、悪魔・・・」

上条「おぉ、上条さんは浜面に嫌がらせをするためなら、全力で悪魔にでもなりますよ。」

浜面「・・・て、メェ・・・うああああああああああああああああああ!!!」ダッ

上条「うお、ビックリした。突然殴りかかってくるなよ。・・・まぁ、お前の攻撃なんて当たらねえけど」ヒョイ

浜面「ああ・・・あああああああああ!!!!」ブン

上条「・・・」ヒョイ

浜面「おおおおおおおおおおおおおお!!!!」ビュ

上条「・・・」ヒョイ

浜面「おおおおおおおおおお 上条「うぜえ」ゴスッ ・・・・・あ」

394 名前:>>393どうやって力抜くんだよwww[] 投稿日:2010/07/10(土) 14:15:33.88 ID:zu55jQ5R0 [45/105]
上条「お前さ、俺が何もしねえからって、うぜえんだよ。この部屋。蛙のおっさんに頼んで防音仕様の部屋にしてもらったけどよぉ
   そこまで五月蝿いとうぜえし、もしも部屋の前に誰か通ったら、バレんだろ。隣の部屋くらいなら大丈夫だけどよぉ。」

浜面「あ・・・が・・」ゴフ

上条「何だよ、お前から渡された拳銃で溝打ちしたぐらいで、何吐きかけてんだよ。」

浜面「・・・あぁ・・ぎ・・・ゴフッゲフッ」

上条「・・・」バンッ

浜面「・・・ッ!?」

上条「おぉ、弾が太もも貫いたな。」

浜面「あ、が、ハァッ・・・!!」

上条「おぉ、めちゃくちゃのた打ち回ってるしwwwおもしれえwwwんじゃ、もう一発っと」バンッ

浜面「ッ!!」

佐天「」

396 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 14:25:31.72 ID:zu55jQ5R0 [46/105]
上条「あぁー、何か飽きてきたなー。そろそろこいつも悲鳴上げれないくらいに喉も枯れてきてるし。」

浜面「・・・」

上条「えっと・・・弾は・・お、後1発残ってんな。よし、もうこんなブサメン見てても気分悪くなるだけだし、殺すか。」

佐天「・・・あ」

上条「あ? 何だよ。」

佐天「・・・殺さないで・・・ください・・・」

上条「Oh,,,」

佐天「仕上さんは・・・私にとってとても大切な人なんです・・・援助交際だって少しでも仕上さんのためになろうって・・・」

上条「WOWWOW,,,テメェ・・・何か勘違いしてねえか?」

佐天「・・・え?」

401 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 15:21:05.97 ID:zu55jQ5R0 [47/105]
上条「浜面が少しでもお金に困ってるからって言って、そんな事しろって言ったのかよ?」

上条「言ってねえだろ!! 浜面はバカなんだよ!! 例え手元が苦しくなっても、お前には絶対に助けを求めねえ!!」

上条「仮に求めても、援助交際しろだなんて言う訳ねえだろうが!! 勝手に浜面の価値を下げてんじゃねえぞ!!」

上条「・・・いいぜ、テメェがそんなふざけた浜面の幻想を抱くってんなら・・・」

上条「まずはそのふざけた幻想をぶち殺す・・・!!」

佐天「・・・」

上条「・・・あ(何で俺説教してんだよ・・・)」

浜面「・・・」

上条「・・・」

佐天「・・・」


402 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 15:25:18.48 ID:zu55jQ5R0 [48/105]
上条「・・・・・・まぁ、どうでもいいや。とりあえずよー」

浜面「・・・?」

上条「浜面ぁ、立てよ。いい加減俺らの間にけりをつけようぜ。」

浜面「・・・お前に撃たれて立てるはずねえだろ・・」

上条「あ、そっか。・・・ごめんな。」

浜面「あ?」

上条「・・・」ドンッ

浜面「・・・ガ・・ァ・・・」ドサ

佐天「あ・・・や・・・いやあああああああああああああああああ!!!」

上条「・・・」

403 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 15:32:00.71 ID:zu55jQ5R0 [49/105]
一方通行「よォ、浜面は殺ったのか?」

上条「・・・」

一方通行「おォ、殺ってんな。」

佐天「あ・・・ぁぁ・・・」

一方通行「この女も浜面に泣きついて、既に終わってンな。」

上条「・・・なぁ、これであいつは救われるのか?」

一方通行「あァそうだなァ。滝壺は何せ、浜面仕上にストーカー行為やセクハラ行為を受けていた。」

上条「・・・」

404 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 15:42:03.59 ID:zu55jQ5R0 [50/105]
一方通行「浜面仕上は過去に滝壺に振られてる。」

上条「・・・はまづらは、いつも私の事は放ったらかしだから嫌だって言って振ったんだよな。」

一方通行「そうだァ。ファミレスでも確か同じ理由で拒んでたよな。んで、浜面仕上はそれが信じられずにだんだんと堕ちていった。」

上条「・・・そして、俺は理后に助けを求められた。」

一方通行「あァ・・・」

上条「・・・だからって、殺す事はないんじゃなかったのか?」

一方通行「だから、テメェはあめェンだよ三下ァ」

一方通行「今回の被害者はたまたまババアだったが、もしも幼女だったとしたら・・・戦慄を覚えるぜェ・・・」

上条「・・・」

406 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 15:51:18.03 ID:zu55jQ5R0 [51/105]
一方通行「何ショボくれた顔してンだよ。今回は浜面がわりィ・・・まァ、お前のその節操なしも結構駄目だけどよォ」

一方通行「でもよ、今回はその節操なしのおかげで、被害にあってる滝壺を助けれたんだろォ? これで堂々と滝壺と会えるじゃねえか。」

上条「・・・でもよ・・・」

一方通行「・・・あァ。」

上条「・・・・・・理后は・・もう死んじまってるんだぞ・・・?」

一方通行「・・・」

407 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 15:55:15.35 ID:zu55jQ5R0 [52/105]
上条「・・・俺さ、初めてあんだけ人を好きになったんだよ。」

一方通行「・・・(それでも性欲は全く消えてねえから、ヤリまくりだけどな」

上条「・・・途中から心の中の呟きが声になって出てるぞ。」

一方通行「おっとっと。それでどうしたンだよ。」

上条「それでさ、ファミレスで告った事も本当だったんだよ。実際に理后と付き合って、理后が死ぬまで女には手を出してねえ。」

一方通行「こりゃ雪でも降るな。」

上条「・・・・・・んで、風のうわさで浜面は佐天って人と付き合ってるって聞いた。俺は嬉しかったよ。
   ようやく、理后がストーカー行為がなくなるってな。それでも・・・」

一方通行「あァ・・・浜面の考えてる見守るって行為は終わらなかった。」

上条「・・・うん。・・・それに耐えられなくなって・・・理后は・・・」ウグッ

408 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 16:04:09.22 ID:zu55jQ5R0 [53/105]
上条「だからさ、これで仕返しが終わるんだよ・・・理后のな。」

一方通行「・・・この女も殺すのか?」

上条「・・・ああ。」

一方通行「・・・・・・ほらよ。」

上条「これは・・?」

一方通行「サイレンサー付きの拳銃だァ。三下の拳銃は弾切れだろ? ・・・殺るなら、さっさと殺っちまえ。」

上条「・・・・・・・・・・・・・・」ダンッ

佐天「あ・・・ぐ・・・はまづ・・ら・・さ・・・」バタ

上条「・・・」

一方通行「・・・終わったな。」

上条「・・・ああ。」パカ

一方通行「・・・待ち受けの画面・・・まだ理后と三下のプリクラ画像だったのか。」

上条「・・・・・・理后・・・また・・メールほしいな・・・」

 ~完~

409 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2010/07/10(土) 16:06:14.61 ID:rDIA9pjX0 [11/23]
ちょっと強引すぎないかい?

410 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 16:08:19.47 ID:zu55jQ5R0 [54/105]
>>409本当にすまない。SS初めてだから、オチどうすればいいのかわからんかったww

スレ立ての仕方さえわかれば、もっと書いて練習したいんだけどなー



415 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2010/07/10(土) 16:41:37.10 ID:zu55jQ5R0 [56/105]
まあ、待てよ。
実際他の奴らはどうなんだ?
このエンドでもまだ不満なのか?
あくまでゲス条がそのままゲス条を貫いて、女かっさらってくのがいいのか?

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。