FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスカ「おっぱいは揉まれると大きくなるって本当なのかな…」後日談

アスカ「おっぱいは揉まれると大きくなるって本当なのかな…」
の後日談
320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 22:35:34.07 ID:PTFUbY6H0 [55/61]
~~ここからおまけの後日談~~

アスカ「ああっ!あ、はぁん!あ、いぃ、ああッ!♥」

もみもみもみもみ

アスカ「ひぅ、あァっ、ああん♥ ふぁ!ああっ、はんっ!! ♥」

シンジ(アスカのおっぱい!おっぱい!おっぱいおっぱい!)( ゚∀゚)o彡゚

もみもみもみもみ

アスカ「らめっ、らめぇ!イ、イク、ああぁ♥ おっぱいでっっ!!」

もみもみもみもみ

アスカ「ああぁ、くはっ、あはああぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~ッッッ!!♥♥♥」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 22:50:23.00 ID:PTFUbY6H0 [56/61]
シンジ『―――ふぅ。ねえ、また少し大きくなった?』
アスカ『ぁぁ・・・あ、だってぇ・・・しんじが・・・いっつも触るんだもん・・・』
シンジ『アスカが胸だけでイクところ見るの、好きなんだ』
アスカ『ばかぁ。えっち・・・。ね、しんじぃ。キスもぉ♥』
シンジ『はいはい。ん・・・ちゅっ、んン、ちゅう・・・』


ミサト「おー。やりおるやりおる」

リツコ「あら? まだ予定時刻には早いんじゃない?」

ミサト「レイ達を待ちきれなくて、アスカがおねだりしたのよ。
    こんな事もあろうかと待機しておいて正解だったわ」

リツコ「まったく・・・・・・すっかり出歯亀が趣味になっちゃって」

ミサト「あんたも人の事言えないでしょうが・・・おっ」

リツコ「あら」

ミサト「育ててもらったおっぱいでパイズリかっ! いいアイデアよアスカっ!」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 23:04:31.08 ID:PTFUbY6H0 [57/61]
アスカ「んっ・・・んっ・・・」むにっ、むにっ

シンジ「あ・・・ぁぁっ、くぅっ」

アスカ「んんっ、んっ、ね、気持ちいい?」ぐにゅぐにゅ

シンジ「う、うん・・・アスカ、一生懸命やってくれるから・・・ああっ」

アスカ(ああ、シンジが感じてくれてる。もっと、シンジ、シンジ、シンジぃぃ)

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 23:13:46.95 ID:PTFUbY6H0 [58/61]
アスカ『はぁ、くぁぁんっ、ンん・・・』ビクビクッ


ミサト「え?! リツコ、あれってまさか・・・」

リツコ「ええ。アスカの方が先に軽く達したようね」

ミサト「すっっごいわねー。パイズリしてる方がイクなんて、AVの演出でもやらないわよ」

リツコ「シンジ君のアンチATとアスカの情念、恐るべしというところかしら」


シンジ『ぁッ、アスカ! 僕も、もうっ!』


ミサト「シンちゃんのほうも限界ね」


どくっ!どくっ!
アスカ『んん~~~っ。ごくっ。・・・・・・はぁ♥ しんじのせーし、美味しい♥』


ミサト・リツコ「「おおー!」」

マヤ「何してるんですか、二人とも」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 23:33:14.47 ID:PTFUbY6H0 [59/61]
ミサト「あ~・・・マヤちゃん。ええとこれは、ほら、アレ」

リツコ「以前に話した通り、チルドレンの性生活の観察よ」

ミサト(話したのかぃ!)

リツコ「自慰ならともかく、直に性交渉を行うとなれば、
    シンクロに必要なA10神経に何らかの影響を及ぼす可能性も懸念されます。
    それがチルドレン同士、かつシンジ君は性行為でアンチATフィールドを発生させるとなれば、
    天と地と万物を紡ぎ、相補性の巨大なうねりの中でエネルギーの凝縮態へと・・・まぁいいわ。
    とにかくこれも仕事よ」

マヤ「・・・はぁ」

ミサト(どこからねじりハチマキを・・・?)

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 23:43:48.12 ID:PTFUbY6H0 [60/61]
アスカ『ねー・・・しんじ、おねがぁい・・・。私、もう、欲しくてダメなの・・・♥』


マヤ「とにかく、これも必要なこと、なんですね?」

ミサト「ま、まぁそうよ」

マヤ「だったら・・・私も見ます」

ミサト「えっ?」

マヤ「ほ、本当は、こういう不潔なのは見たくありませんけど・・・仕事なら我慢します」

ミサト(とか言いつつ最前列に座りやがった)

リツコ「ちょうど良かったわねマヤ。そろそろ本番が始まるところよ」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 23:51:22.68 ID:PTFUbY6H0 [61/61]
アスカ「きてぇっ、ああ・・・はやくぅ」

シンジ「ん、入れるよ。アスカ」ぐっぬぬ

アスカ「っくぁ・・・はぁぁぁっぅ!ああっ、ひ!ぁ、いぃっ!シンジのぉ♥ 入るだけで、すごぃぃっ!!♥」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 00:21:26.05 ID:Zwe3ML6H0 [1/4]
じゅぷっ、じゅぷっ、じゅぷっ
アスカ『ふあっ、あっ、あはぁっ!ひっ!わたし、あぁッ、とけるぅ!しんじぃ、しんじぃっ♥』


マヤ「アスカちゃん、随分気持ちよさそうですね・・・」

ミサト「シンちゃん相手だと、初めての時から、そりゃもう滅茶苦茶イイらしいわよー」


アスカ『あは、んンっ! やぁ…あん♥ ああっ、だめ、もっとぉ!!ふぁ!いっ、あはぁっ ♥』


マヤ「初めてでも、ですか(ゴクリ)」

ミサト「力の件を除いても、素質ありそうだしねえ・・・・・・あれ?ひょっとしてマヤちゃんも処女?」

マヤ「わ! 私のことはどうだっていいんですっ」

リツコ「二人とも。そろそろイクわよ」


アスカ『ああぁぁぁっ、イ、ああっ!!は、くあっ、あああぁぁぁぁぁぁぁぁ――――――!!!♥♥♥』


マヤ「」ポーッ

ミサト「ただねえ・・・シンちゃんと一回スルと、抜けられなくなるのが難点で。って、聞いてる?」

リツコ「マヤには刺激が強すぎたかしらね」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 00:42:50.10 ID:Zwe3ML6H0 [2/4]
リツコ「この調子じゃ、近いうちにシンジ君の恋人が一人増えるかも知れないわね」

ミサト「んー・・・ま、いいんじゃないの、それはそれで。当人が幸せならさ。
    シンちゃんの功績考えたら、ハーレムの一つや二つ作ったってバチは当たらないわよ」

リツコ「・・・」

ミサト「碇家と六文儀家の両方からとんでもない額の遺産が入るんだし、養うには困らないでしょ」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 00:45:54.41 ID:Zwe3ML6H0 [3/4]
リツコ「だからアスカもああ仕向けたの?」

ミサト「・・・・・・なにそれ。どういう意味?」

リツコ「アスカへのあなたのアドバイス、間違いだったとは言わないけど・・・。
    こうなるように誘導したようにも見えなくは無かった、って事」

ミサト「まさか。あくまでアスカが自分の気持ちで決めたことだわ」

リツコ「本当に?」

ミサト「まぁ、歪だけどこうなるしかないかも―――くらいには思ってたけどね。
    シンジ君のハーレム作るために女の子捧げたりするほどバカじゃないわよ」

リツコ「ならいいけど。とにかく、あなたはシンジ君に甘いから」


マリ『こんちわー!って、もう始まってるし!』
ヒカリ『アスカ、やっぱり・・・』
レイ『ええ。セカンドは信用できない』
シンジ『いや、ごめん!僕が・・・』
アスカ『シンジが謝ることないわよ。だいたい一緒に住んでるんだからちょっとくらい―――』


ミサト「ふふっ。みんな元気なもんじゃない。それだけでお姉さんは満足だわ」

リツコ「それは同感だけど・・・そろそろ、"お姉さん"は諦める時期じゃなくて?」


【おしまい】

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/09(金) 00:50:14.61 ID:Zwe3ML6H0 [4/4]
以上です。進みが遅くてごめん
既に二日かかってるので、マヤルートは今ここではさすがに無理だった
レス感謝


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。