FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスカ「おっぱいは揉まれると大きくなるって本当なのかな…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 16:49:07.09 ID:t8oSf7A50 [1/22]
アスカ「シンジー。シンジー」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 17:07:49.55 ID:t8oSf7A50 [2/22]
シンジ「なに?アスカ」

アスカ「あんたって、おっぱい好きよね?」

シンジ「ぶっ」

アスカ「私の胸見てオナニーしちゃったこともあるし。あ、これ証拠映像ね」

シンジ『はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・・・・。最低だ、俺って』

シンジ「勘弁してよ・・・」

アスカ「ま、許してあげてもいいけど? 代わりにひとつ言うこと聞きなさい」

シンジ「うん・・・分かった。僕が悪いんだしね」

アスカ「じゃあ、おっぱい揉んで」

シンジ「えーと。僕の?」

アスカ「なにが楽しいのよそれ。私の」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 17:23:04.62 ID:t8oSf7A50
シンジ「な、なんで?!」

アスカ「揉まれた方が大きくなるって聞いたからよ。なによ。怖い?
    七夕に女の子の胸触ったら、織姫様が見てるかも知れないから」

シンジ「いや意味分からないけど。・・・こわかないよ、胸くらい」

アスカ「ならいいじゃない。手近にいて、こういう事させてもまーどうでもいい男ってあんたくらいだし」

シンジ「前はそれでキスしたしね」

アスカ「あ、ただし服の上からよ。直接触れるなんて勘違いしないで」

シンジ「はいはい(・・・・・・orz)」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 17:31:56.66 ID:t8oSf7A50
シンジ「で、どうすればいいの?前から?後ろから?」

アスカ「なんか表現が卑猥ねー。そうね、とりあえず前から」

シンジ「分かった。じゃ、揉むね。・・・ホントにいいの?」

アスカ「私がいいって言ってるんだから、さっさとする!あんた男でしょ」

シンジ「う、うん(ゴクリ)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 17:43:12.06 ID:t8oSf7A50
アスカ(や、シンジ、なんて目で見てんのよ・・・)

シンジ(大きくするって言っても、アスカの胸って年の割に十分大きいよな・・・)

アスカ(なんか私まで・・・ノリで始めたけど、シヌほど恥ずかしくなってきたじゃない!)

シンジ(ユニゾン訓練の時の夜も凄かったし。さ、触っていいのか)

アスカ(大体、服着てるって言ってもよく考えたらタンクトップだけだし!!)


ふにっ

アスカ「あっ・・・!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 17:56:30.20 ID:t8oSf7A50
ふにふに

アスカ「ン・・・やっ・・・・」

むにゅっ

アスカ「ぁんっ」

シンジ「はぁ、はぁ、アスカ・・・」

もみもみもみ

アスカ「あ、んン・・・あぁっ、あんっ」

もみもみもみもみもみもみ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 18:09:31.33 ID:t8oSf7A50
アスカ(あ、あ?嘘っ。な、なんでこんな、胸揉まれてるくらいで異常に―――)

アスカ(だめ、シ、シンジの手だと思うと)

アスカ(あぁ・・・シンジ、シンジも興奮してる・・・シンジに見られてる)


シンジ「アスカ、もしかして感じてる?」

アスカ「あ、あんたバカ?!お、おっぱい揉まれたくらいで女は・・・ひ、あぁ!」

もみもみもみ

アスカ「はぁっ、ン!あ、くぁん、あ、ああ、っぁん!やだっもう!!」


ドゴンッッ

シンジ「ぐはっ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 18:17:12.13 ID:t8oSf7A50
アスカ「はぁー、はぁー、はぁー」

シンジ「い、つつ・・・。いきなり何すんだよアスカ!?」

アスカ「うるさいうるさい!!ちょっと触っていいって言われたからって、調子に乗りすぎよ!」

シンジ「ええー・・・」

アスカ「やっぱりこの話は無し!バストアップには別の方法を考えるわ」

シンジ「はあ。アスカ、どこ行くの?」

アスカ「シャワーよ。あんたなんかに揉まれて気持ち悪いから」

シンジ「めちゃくちゃだよ、もう・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 18:31:11.34 ID:t8oSf7A50
ふにふに

アスカ「ん・・・」

アスカ(やっぱりなんともない。シンジにされた時は、おかしなくらい感じたのに)

アスカ(シンジの―――指だと思って)

ふにふにふに

アスカ「・・・ぁっ、んん」

アスカ(これだと、少しは・・・)

アスカ「んっ、あっ、しん・・・、シンジ!」



シンジ(アスカ、遅いな。そんなにイヤだったのかな)


くちゅ、くちゅっ

アスカ「ふぁ、シンジ、シンジ、シンジ、シンジ、しんじぃぃっ!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 18:41:19.88 ID:t8oSf7A50
ヒカリ「大丈夫?アスカ。なんだか疲れてるみたいだけど」

アスカ「えっ、そう?へーきよ、へーき」

アスカ(まさかヒカリに、毎晩遅くまでシンジでスルのが止められなくなってる、なんて言えないわよね)

アスカ(でも、足りない・・・。悔しいけど、もう一度シンジに・・・。むっ!)

レイ「碇君」

シンジ「なに?」

レイ「話があるの。来て」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 18:49:16.06 ID:t8oSf7A50
シンジ「珍しいね。綾波のほうから話って」

レイ「―――碇君は、おっぱいが好きなの?」

シンジ「ぶっ」

レイ「この携帯動画を見て」

シンジ『はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・・・・。最低だ、俺って』

シンジ「・・・・・・・・・ねえ。出回ってるの?これ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 18:56:34.45 ID:t8oSf7A50
レイ「赤木博士が女性職員に1本1000円で配布しているわ」

シンジ「なにやってるんだよ、リツコさん・・・」

レイ「碇君は、おっぱいが好き?」

シンジ「あの、面と向かって言われると照れるけど・・・好き、です」

レイ「私のおっぱいでも、好き?」

シンジ「勿論好きだけど。え?」

レイ「―――碇君に、ぽかぽかして欲しい」プチプチ

シンジ「待って待って、待ってよ綾波!脱がないで!!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 19:09:11.91 ID:t8oSf7A50
シンジ「ね、落ち着いて綾波。外で服脱いじゃダメだよ」

レイ「私では、ダメ?」

シンジ「・・・そういう事じゃなくてさ。大体、脱いでどうするつもりだったの?」

レイ「碇君にぽかぽかして欲しい」

シンジ「あの、ごめんよく分からない」

レイ「司令に聞いたの。『胸を揉ませてやれば喜ぶ。俺の息子だから間違いない。俺のムスコもそうだ』って」

シンジ「父さんって・・・」

レイ「ここなら、誰も見てないわ」

アスカ「見てるわよバカ!!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 19:21:57.51 ID:t8oSf7A50
シンジ「あ、アスカ?!」

アスカ「まったく、ちょっと目を離すとすぐこれなんだから・・・ほらシンジ、さっさと帰るわよ」

レイ「・・・どうして邪魔するの?あなたには関係ない」

アスカ「あるわよ。バカシンジには、帰って私のバストアップに協力するって仕事があるんだから」

レイ「?」

アスカ「揉んで大きくするのよ。つまりシンジには私のおっぱいがあるから、あんたの出る幕はないって事」

シンジ「アスカ・・・それはもうやらないはずじゃ」

アスカ「・・・また協力させてあげるわ。喜びなさい」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 19:40:48.13 ID:t8oSf7A50
レイ「―――待って」

アスカ「なによ。あんたもう用済みなんだから・・・」

レイ「碇君。私は、碇君に喜んで欲しい。胸を大きくするためじゃない」

シンジ「綾波・・・」

レイ「碇君が、好き」

アスカ「なっ」

レイ「だから―――だから、私の部屋に行きましょう。そこで、碇君のしたいことをして」

シンジ「し、、、したいこと・・・?」(ゴキュ)

アスカ「ちょっ!ちょっとシンジ、なに赤くなってんのよ!!もう行くわよっ」

シンジ「・・・・・・ごめんアスカ。先帰ってて」

アスカ「シ、シンジ?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 19:51:02.42 ID:t8oSf7A50
シンジ「アスカは別に、僕が他の子とどうするかはどうでもいいんでしょ?」

アスカ「あ、当ったり前じゃない!あんたなんか・・・男として見てない」

シンジ「キスのときもこないだも、アスカから言ったのに最後は酷い目にあったし」

アスカ「う・・・」

シンジ「病室でのことは、もちろん後で改めて謝罪するけど。やっぱり、その代わりがおっぱい揉めってのもヘンだし」

アスカ「ううぅ・・・」

シンジ「ちゃんと夕ごはん作るのに間に合うようには帰るから。ね?」

アスカ「」

シンジ「ね?」

アスカ「ふ、ふん!勝手にすればいいじゃない!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 20:06:05.62 ID:t8oSf7A50
【レイの部屋】

ガチャッ

マリ「やっほー。おかえりー」

シンジ「え・・・っと。誰、ですか?あ、いや、あの屋上の・・・」

マリ「そうだよ。ネルフのわんこ君♪」

レイ「真希波・マリ・イラストリアス。ユーロ支部のエヴァパイロットよ」

シンジ「はあ。初めまして・・・じゃないか。こんにちわ」

レイ「呼んでおいたの。おっぱいが大きいから」

シンジ「へ?」

マリ「にゃはは」

レイ「おっぱいが多い方が、碇君が嬉しいと思って」

シンジ「え?いや・・・だって、綾波、僕のこと好きだって・・・」

レイ「ええ。だから」

マリ「ほらほら、わんこ君、こっちおいで。二人で可愛がってあげるにゃ」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 22:45:54.97 ID:t8oSf7A50
マリ「ん、ちゅっ・・・・・・。ねえ、これまでにキスの経験は?」

シンジ「えと。一応、3回だけ」 ※マナ、アスカ、ミサト

マリ「今のが初めてじゃないのかー。残念。でも可愛いから、ぱふぱふしてあげよう」むぎゅっ

シンジ「うわっ」

シンジ(真希波さんの胸、ホントにおっきい・・・柔らかしくて、いい匂いが・・・)

レイ「碇君。私とはキス、したことない」

シンジ「綾波・・・・・・ん、んンっ」

マリ「ふふ、おっぱいに挟まれながら、他の子にキスされる気分はどうかな?わんこ君」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 23:03:52.88 ID:t8oSf7A50
シンジ「き、気持ちいいっていうか、嬉しいですけど・・・でもいいんですか?」

マリ「据え膳食わぬは男の恥だよ。
   女がいいって言ってるんだから、わんこ君は思い切り楽しめばいいにゃ」

レイ「部屋でなら―――」するり

シンジ(あ、あやなみのおっぱぉ!じゃないおっぱい!)

レイ「今度こそ、好きに触って。碇君」

シンジ「あ・・・う・・・じゃ、じゃあ・・・」

むにゅっ

レイ「んっ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 23:26:01.14 ID:t8oSf7A50
シンジ(うわ、な、生の感触が。前の時はわけわからなかったけど・・・)

むにっもみもみ

レイ「・・・ぁ・・・ん、っく・・・あっ・・・」

マリ「ほれ、おっぱいはこっちにもあるからね」プルンっ

シンジ「ま、真希波さん!」

マリ「マリでいいにゃ。手、貸して」むにゅっ

シンジ(ああっ。両手におっぱいがっ)

シンジ(くぅぅっ。おっぱい・・・・おっぱい!おっぱいおっぱい!!)( ゚∀゚)o彡゚

もみもみもみもみ
もみもみもみもみ

レイ「ぁっ、ん、あんっ、あ、あっ!」

マリ「くぁ・・・あん!わんこ君、じょうず、ぁンっ」




アスカ(シンジのバカ。早く帰ってきなさいよ・・・)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 23:44:04.47 ID:t8oSf7A50 [22/22]
マリ「あ、はぁぁ・・・君の手、なんか凄く感じる・・・。ね、下も触ってみて?」

シンジ「下って・・・」

マリ「こっち」くちゅっ

シンジ(うわっ)

マリ「そう。そこ弄って・・・胸は、お口で、ね?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:10:58.78 ID:PTFUbY6H0 [1/61]
ミサト『もしもし、アスカ?私今日帰れないから―――うん、そう。シンちゃんと仲良くね』

アスカ「ん、分かった。大丈夫よ。ご飯はシンジが作ってくれるし・・・」


マリ「ひぁ!あ、はンっ!あ、すご、なんで、ああぁ!」

マリ(やばぃ、ぜったい変っ・・・これくらいで、気持ちよすぎっ、あぁぁ)

マリ「あ、あ、まって!わんこくん、ストップ!!」

シンジ「えっ?!」

マリ「はぁ、はぁ・・・。こ、これ以上は我慢できなくなっちゃうから。先は譲るって、約束―――」

レイ「ぁ・・・ぁ・・・はぁっ・・・ぁ・・・」

マリ(といってもあっちは、胸揉まれただけで忘我してるにゃ)

マリ「わんこ君、横になって。で、レイちゃん。レイちゃん?」

レイ「あ、は・・・?」

マリ「うっとりしてないで、愛しの碇君の童貞を奪ってあげないと」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:23:02.59 ID:PTFUbY6H0 [2/61]
シンジ「マリさん・・・あの、童貞って」

マリ「ありゃ?違った?」

シンジ「童貞ですけど。いや、そうじゃなくて」

マリ「薬も飲んでるし、心配ご無用!
   上半身は私が可愛がってあげるから、大人しくされるがままの愛玩動物になってるといいにゃ」

レイ「碇君は・・・私じゃイヤ?」

シンジ「まさか!そんな事無いよ。ええと・・・その。ありがとう」

マリ「レイちゃんの次は、私にもね♪」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:38:36.10 ID:PTFUbY6H0 [3/61]
アスカ(シンジとファースト、本当に今頃・・・)

アスカ「ぁっ・・・ん、んン・・・」

アスカ(ああ。イヤ。ヤなのに・・・こんな想像で、私・・・)


レイ「ひぁっ、あん、あっ、ふぁぁぁっ!あんっ、あっ、いかりくん!あああぁっ!」

マリ「ん、ちゅっ、んちゅっ・・・。ふふ、レイちゃん凄い感じっぷりだにゃあ」


アスカ「んぁ・・・く・・・シンジ、しんじぃ・・・」


マリ「んあっ、あっ、ああぁぁっ!す、すご、いぃぃぃ! ひぃあ、わんこくん、すごいよっ!!」

レイ「あぁ。碇君・・・ちゅっ、んン。つぎ、終わったらまた私に―――」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:48:29.97 ID:PTFUbY6H0 [4/61]
【葛城邸】

ガチャッ

アスカ(シンジ、帰ってきた!)「おかえ・・・」

マリ「おー。これがシンジ様のウチかにゃ」

アスカ「な?! だ、誰よあんた。ファーストまで」

レイ「・・・」

シンジ「ただいま、アスカ。こちらは真希波マリさん。ユーロ所属のエヴァパイロットなんだ」

アスカ「エヴァの・・・そいつが何の用よ」

シンジ「うん。せっかくだから、皆でご飯食べようって。すぐ作るから待ってて」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:00:29.75 ID:PTFUbY6H0 [5/61]
アスカ「どういう事よファースト。あんた、シンジを連れて帰ったんじゃなかったの?」

マリ「そうだよ。それで、さっきまで3Pしてた」

アスカ「さんっ・・・・・・はぁ?!」

マリ「可愛いわんこだとばかり思ってたシンジ君が、シンジ様だと分かったにゃ」

アスカ「意味分かんないわよ!最低っ」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:21:04.12 ID:PTFUbY6H0 [6/61]
【NERV】

アスカ「と・に・か・く、すぐにでも引っ越したいの。できるんでしょ?」

ミサト「そりゃあ出来るわよ。でもねえ・・・」

アスカ「あいつら、毎日ファーストの部屋に寄ってんのよ!それから夕食たかりにも毎日」

ミサト「うーん」

アスカ「『碇君』『シンジ様』ってべたべたべたべた、イヤらしいったら」

ミサト「だから出て行きたい、と」

アスカ「もううんざりよ。あいつらと同じ空気を吸うのも嫌」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:36:37.79 ID:PTFUbY6H0 [7/61]
ミサト「アスカの言い分は分かったわ。でも、それでいいの?」

アスカ「なにがよ」

ミサト「アスカが家を移せば、3人のそういうのは見る機会を減らせるでしょうけど。
    でも見なくなるだけで、シンちゃんがレイやマリに取られたままなのは変わりないのよ?
    むしろ決定的にアスカの付け入る余地が無くなるんじゃない?」

アスカ「あ、あたしは!目に映るところで不潔な真似されるのがうっとうしいだけで・・・っ」

ミサト「ふうん。オーケイ、じゃあこうしましょ。3人には、私の家に集まる事を止めるよう伝えます」

アスカ「え・・・?」

ミサト「レイの部屋でどうこうするだけならアスカの目に映らないし、
    シンちゃんの女性関係自体には興味ないならそれで解決。ね?」

アスカ「あ・・・・・・」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:50:51.65 ID:PTFUbY6H0 [8/61]
ミサト「ほら。なんて顔してるのよ、アスカ」

アスカ「私は、別に・・・」

ミサト「シンジ君はね、確かに八方美人なところがあるわ。
    誰に愛されても喜ぶし、誰のためにも本気で命をかけてしまう。
    そうね―――女からしたら、相当やっかいだけど」

アスカ「単にスケベなのよ。あいつは」

ミサト「でも、好きなんでしょ?」

アスカ「・・・・・・」

ミサト「いいアスカ。シンジ君にも問題あるけど、不満をぶつけたいなら、まず自分が素直にならなきゃ」

アスカ「・・・・・・」

ミサト「―――まぁ、私から言いたいのはそれだけ。
    あとは自分でよく考えて、やっぱり引っ越したいと思ったらもう一度来なさい」




ミサト「あ、日向君?シンジ君とレイ、まだ本部内にいる?うん。リツコのところに呼び出して」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 02:10:27.55 ID:PTFUbY6H0 [10/61]
ミサト「さて、と。なんで呼ばれたかは、薄々分かってるわよね」

シンジ・レイ「「はい」」

ミサト「ちなみに、さっきまで何してたの?」

シンジ「あ、それは・・・」

リツコ「レイ?」

レイ「・・・更衣室で、碇君にフェラチオをしていました」

ミサト「はぁ・・・。あなたたちに、今更年相応にー、なんて言わないけどね。ちょっと節度を考えなさい。
    これは上司としてじゃなく、大人としてのアドバイスよ」

シンジ「すいません、ミサトさん。あの、僕が浮かれちゃって、それで綾波は―――」

リツコ「それはどうかしら」

シンジ「え?」

リツコ「悪いけれど、ここ数日はレイの部屋を内部まで監視させてもらったわ。
    映像は私しか見ていないけど」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 02:22:49.70 ID:PTFUbY6H0 [11/61]
リツコ「確認した限り、レイやマリからも非常に積極的に求めている様子が伺えたわ。
    それも尋常じゃないレベルで・・・シンジ君、薬でも使った?」

ミサト「リツコ?!」

リツコ「冗談よ。でも、そのくらい不自然な性感を得ている」

レイ「・・・」

リツコ「心当たりがあるのね、レイ」

シンジ(・・・・・・・・・てっきりあれが普通だと思ってた)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 02:28:47.02 ID:PTFUbY6H0 [12/61]
レイ「碇君・・・」チラリ

シンジ「ん?いいよ、綾波。正直なんだかよく分からないけど、僕には気をつかわないで」

ミサト「レイ、お願い」

レイ「―――碇君が性的な意識を持った時、碇君から、微弱なアンチATフィールドが発生しています」

シンジ「ええええぇっ!?」

リツコ「間違いないの?」

レイ「はい」

シンジ「いやいやいやいや、待って綾波。アンチATって、あの、あれ?」

レイ「ええ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 02:40:21.43 ID:PTFUbY6H0 [13/61]
ミサト「なんで私のシンちゃんからそんなものが・・・」

リツコ「補完計画の中心になった後遺症かしら?」

ミサト「あ、そういえば、これ時系列ってどうなってるの?マリもいるし」

リツコ「・・・・・・そういうメタな発言をするものではないわよ、ミサト」

レイ「人間の性感は、肉体の刺激以上に精神に左右されます。
   アンチATフィールドは心の壁を溶かし―――」

リツコ「肉体をも快楽と共に溶かす。なるほど、適度に発現するなら最強の媚薬ってわけね」

シンジ「」(゚Д゚)

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 02:52:16.13 ID:PTFUbY6H0 [14/61]
【葛城邸】

シンジ「ただいま」

アスカ「なによ、珍しく一人じゃない」

シンジ「うん・・・しばらく綾波もマリさんも来ないと思うよ」

アスカ「え?そ、そう」

シンジ「ちょっと疲れたから、しばらく休むね」バタン

アスカ「あ・・・」

アスカ(なによ、少しは素直になってやろうとしたのに)

アスカ(でもあいつらは来ないって・・・ミサトが言ってくれたのかな)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 03:00:14.63 ID:PTFUbY6H0 [15/61]
シンジ「この部屋の天井も、すっかり見慣れたな―――」


レイ『ごめんなさい、碇君。やっぱり言わない方が』
シンジ『えっ。いや、大丈夫。うん。びっくりはしたけど』

リツコ『それで、安全は保障できるの?』
レイ『はい。問題ありません』
リツコ『そう・・・・・・他ならぬあなたが言うなら信用するわ。まぁ念のためデータは―――』

ミサト『一応、検査の結果が出るまではえっちな事は我慢してね』
ミサト『あ、それと、家でイチャつくのは―――』

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 03:18:55.65 ID:PTFUbY6H0 [16/61]
【学校】

シンジ(あれからもう一週間か・・・検査結果、まだなのかな)

シンジ(うぅ・・・したい。したいよ母さん!いや母さんとしたいわけじゃないけどっ)

シンジ(おっぱい!おっぱい!おっぱい!)

シンジ(くそっ、前はこんな事なかったのに)

女生徒「あの・・・碇君、大丈夫?変な顔してるけど」

シンジ「え、そ、そう?変な顔してた?」

女生徒「変っていうか、苦しそうっていうか」

シンジ「そっか・・・ん、大丈夫。ごめん、心配かけて」ニコッ

女生徒「あっ」

シンジ「?」

女生徒「碇君・・・///」ぽーっ

シンジ「あれ?」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 04:17:17.38 ID:PTFUbY6H0 [17/61]
【NERV】

ミサト「はーいリツコ。結果出たって?」

リツコ「ええ。レイの言うとおり、危険視するほどの事は無いわね」

ミサト「そりゃ結構」

リツコ「ただ、シンジ君の性欲が高まっていると、そこにいるだけで周囲に影響が出るかも」

ミサト「え゛。問題ないの?それ」

リツコ「人類の問題にはならないわ」

ミサト「それはそうだろうけど・・・ねえ、今、シンジ君に禁欲させて一週間経ってるのよ?」

リツコ「レイ達との行為を禁じてるだけでしょ。自慰くらいはしてるわよ、きっと」

ミサト「ん~。ま、ダイジョブか」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 04:26:25.00 ID:PTFUbY6H0 [18/61]
【再び学校】

女生徒「私ね、前から碇君のこと・・・」

シンジ「ちょ、ちょっと?!」

女生徒「いかりくぅん」

シンジ「いや、ここ教室だし・・・あのっ」

ガタッ

シンジ「ごめん!」ダダダッ

女生徒「あんっ」

ヒカリ「碇君、どこ行くの?!授業始まっちゃうよっ」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 05:20:06.06 ID:PTFUbY6H0 [19/61]
【屋上】

シンジ「はぁ、ビックリした・・・。ん?あれって」

マリ「おぉーーーーい」バサバサバサ

シンジ「うわあっ!」

ドサッ

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 05:22:21.55 ID:PTFUbY6H0 [20/61]
マリ「ふぅ―――。こんちわ、シンジ様。ちょうど良かった」

シンジ「っつう・・・・・・マリさん、空から落ちてくるって決まりでもあるの?」

マリ「そんなわけじゃないけど・・・。んふふ、こうしてると初めて会った時みたい。
   あぁ、相変わらずいい匂い♥」ぎゅうっ

シンジ(あああ、久しぶりのマリさんのおっぱいがっ)

マリ「あはっ♪ もうシンジ様のが大きくなってるにゃ」

シンジ「だ、ダメだよ。今は禁止されてるんだってば」

マリ「知ってるけど、もう我慢の限界っ!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 05:31:45.14 ID:PTFUbY6H0 [21/61]
マリ「ちゅっ、んん、ちゅうっ」サワサワ

シンジ「あ、あうぅ」

マリ「ほらぁ。シンジ様だって溜まってるんじゃん」

シンジ「でも…あ、くっ…」

マリ「私、すっかり病みつきでさ。シンジ様の玩具にしていいから―――」

シンジ(い、今そんな顔で、そんな事言われたら…)

マリ「一緒に気持ちよくなろ?」

シンジ「うぁ…!ああっ、マリさん!!」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 05:35:51.16 ID:PTFUbY6H0 [22/61]
ヒカリ(授業なのに。もう、早く連れ戻さないと)

ぁっ・・・ぁぁンっ

ヒカリ(え?なに?この声・・・)

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 06:04:56.85 ID:PTFUbY6H0 [23/61]
ヒカリ(屋上から・・・まさか・・・)

ギィっ

マリ「はぁっ!あぁ、あっ、はぁッ!い、ぃい、ひっ、ああぁぁぁっ!!」

ヒカリ「ッッ?!!」

マリ「あん、あはっ、イイ! しんじさま、すごっ、ンあ、はぁんっ!」

シンジ(なんだ・・・これっ?!溜めてたから?)

マリ「らめ、ひ、あんっ!あぁ、また、イっ!!ああ、あ、いああぁぁ―――っ!!」

シンジ(なんか、抑えが、きかなっ)

マリ「ひぁぁ、あぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~っっ!!」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 06:16:56.98 ID:PTFUbY6H0 [24/61]
シンジ「・・・・・・・・・ふぅ。はぁ、はぁ、はぁ」

ヒカリ「あああ、あなたたち―――」

シンジ(い、いいんちょう!?)

ヒカリ「学校でなにしてるの!!!」

シンジ「来ちゃダメだ!!」

ヒカリ「碇く・・・・・・えっ?」カクン

ヒカリ(ヤ・・・なに、これ?身体、あつ―――あっ)

マリ「ふぁ・・・新客かにゃ?ふふ、きみもおいで」

シンジ「ちょ。マリさん」

マリ「しんじさまの、きもちいいよぉ?」

ヒカリ「気持ち、いい?あ・・・いかりくん・・・」

シンジ「洞木、、、さん?」

ヒカリ「わたし、も・・・あぁ。ちがっ。あぁ・・・おねがい」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 06:26:19.90 ID:PTFUbY6H0 [25/61]
シンジ「ま、まずいって、洞木さん。お願いだから正気に―――」

ヒカリ「どうして?わたし、もう・・・」

シンジ「あのさ、とにかくなんか僕もおかしいんだ・・・今、自分で歯止めが、ってうわぁっ!」

ヒカリ「あは。いかりくんのおちんちん。ねぇ、舐めてもいい?」

シンジ(・・・・・・ゴキュリ)

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 06:33:18.44 ID:PTFUbY6H0 [26/61]
キーンコーン

アスカ(ヒカリ、帰ってこなかったわね。ミイラ取りがミイラになってどうすんのよ)

アスカ(まさか。ヒカリの事だから、私の話とかしてるのかな)

アスカ(あの子、心配性だし)


ミサト『不満をぶつけたいなら、まず自分が素直にならなきゃ』


アスカ「人任せより、まずは自分で動かないとね・・・」

女生徒「アスカ、何か言った?」

アスカ「ん。ヒカリとシンジ探してくる。私のお弁当持ってるのシンジだし」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 13:07:42.05 ID:PTFUbY6H0 [28/61]
アスカ(あ、あれって)

アスカ「ヒカリ!どこ行ってたのよ。ねえ、シンジ見つかった?」

ヒカリ「あ・・・アス、カ?」

アスカ「?」

ヒカリ「うん。碇くん、いたよ。碇くん・・・」

アスカ「ちょっと―――大丈夫?」

ヒカリ「ごめんねアスカ、私・・・・・・。碇くん、いて・・・・なんだか分からなくなって・・・」

アスカ「なに?何を言ってるの?」

ヒカリ「あぁ・・・凄かった・・・♥」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 13:26:51.47 ID:PTFUbY6H0 [29/61]
【屋上】

シンジ「立てる?マリさん」

マリ「なんとか~」

シンジ「肩、つかまって」

ダダダダダダダダッ バタン!

アスカ「シンジっっっ!!!!」

シンジ「え、アス―――」ごしゃっ!

シンジ「ぐはっ!?」

マリ「んにゃっ」

アスカ「ぜはー・・・ぜはー・・・。あ、あんた、バカだバカだバカだとは思ってたけどヒカリにまで~」

シンジ「ア、アスカ、もう知って・・・。いや、ゴメンでもまずは話を」

アスカ「うるさいっ」

どごっ!

アスカ「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやるううううっっ!!」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 13:57:12.16 ID:PTFUbY6H0 [30/61]
【NERV病棟】

リツコ「全身打撲、左腕骨折。脳震盪。この程度で済んで良かった、と言うべきかしら。
    報告通りなら、マリが止めなかったら本当に殺してたかも知れないわね」

ミサト「怒りたくなる気持ちは察するけど・・・やりすぎよ。アスカ」

アスカ「だって、あのバカが―――」

ミサト「自業自得、か。でもね、今のところシンジ君の女性関係の輪にアスカは入って無いの」

アスカ「・・・」

ミサト「これで切れたのがレイだったり、アスカとシンジ君が恋人同士だったりしたら、
    私だってシンジ君だけ責めてるわよ。分かる?」

アスカ「・・・私には怒る資格が無い、って言いたいの?」

ミサト「ま、ハッキリ言えばね。前に言った話の繰り返しみたいになるけど。
    さすがに、友達に手を出されてってだけじゃ、ここまでする理由にはならないでしょ?」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 14:17:11.85 ID:PTFUbY6H0 [31/61]
リツコ「もう使徒の襲来が無いとはいえ、NERVの研究においてシンジ君の能力は不可欠なの。
    もちろんアスカ、あなたの力もね」

アスカ「・・・」

リツコ「今後もこうした事件の起こる可能性があるなら、
    あなた達二人の接触を最低限まで制限することになるわ」

アスカ「そっ!?」

ミサト「いい? あと2時間後に、シンジ君の準備が整い次第、個人的な面会を許可します。
    これが最後の機会よアスカ。何か伝えに行くのも、会わずに帰るのも、全てあなたに任せる」

アスカ「2時間後・・・・・・」

ミサト「そ。どうするか、よく考えてね」

アスカ「でも、ミサト、シンジの準備って?検査は終わったんでしょ?」

ミサト「あ~・・・。それはその」

リツコ「まったく、迂闊ねあなたは。アスカ、聞かないほうがいいわよ」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 14:27:14.28 ID:PTFUbY6H0 [32/61]
シンジ(もう見たくなかったのにな。この天井)

レイ「具合、どう?」

シンジ「痛み止めも効いてるから大丈夫。しばらくは安静にしてろって」

ヒカリ「ごめんなさい碇君。私が―――」

シンジ「洞木さんのせいじゃないよ。僕がだらしないから・・・」

マリ「エヴァのパイロットならこのくらい慣れっこだよね♪」

シンジ(・・・慣れたくないけど)

シンジ「ところでどうしたの?洞木さんまでNERVにいるなんて」

ヒカリ「あの、赤木さんって方に呼ばれたの。協力して欲しい・・・って」

シンジ「協力?」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 14:50:52.54 ID:PTFUbY6H0 [33/61]
マリ「これから2時間後くらいに、シンジ様に面会客がくるにゃ」

シンジ「・・・誰なの?」

マリ「秘密!」

レイ「それまでに、無意識でのアンチATフィールド発生を一時消滅させておくのが私達の役目」

マリ「なるべく、お互い素の状態で話し合わせるためらしいよ」

シンジ「へえ・・・・。それで、一時消滅って、どうするの?」

ヒカリ「ふふっ」

マリ「ぬっふっふ」

シンジ「あの・・・? なんだか、目が怖いんだけど・・・」

ヒカリ「あのね。碇君の・・・せ、せーしを」

マリ「枯れるまで搾り取っておけば! 意図しない発生は抑えられるらしいにゃ」

レイ「・・・碇君はそのまま。寝ていてくれてれば、いい―――」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 15:20:47.59 ID:PTFUbY6H0 [34/61]
ヒカリ「あぁ、身体中あざだらけ・・・・・・。全部舐めてあげる」ピチャッ

マリ「あは♪ こっちは元気じゃん。大事なところが無事で良かったね」

シンジ「っっ、ぁうっ」

マリ「奥まで、のむね・・・? ん、んくっ、んン」

レイ「碇君―――」むにゅっ

レイ「あっ、んぁ・・・おっぱい、気持ちいい?碇君・・・」

ぴちゃっ、ぺろ、ぺろ
ちゅく、ちゅぅ、くちゅっ
むにっ・・・むにゅ、むにっ・・・

シンジ「うぁ、あっ、みんな、い、うっ、くあっ、ああぁっ・・・」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 15:38:51.85 ID:PTFUbY6H0 [35/61]
シンジ(あ、うぁっ、凄い・・・ああ、もうっ出るっ)

どくんっ

マリ「ンんっ!? んっ~~~~」ごくっごくっ

シンジ「あっ!はぁ、うわ、マリさ、ああぁぁぁっ!!」

ごくっごくっ ちゅううぅ

マリ「―――――ふぅ。いっぱい出た出た」

レイ「一回目、ね」

マリ「時間内に何度イカせてあげられるか、楽しみだにゃあ」

シンジ「あ、あ、はぁ、はぁ、はぁ・・・」

ヒカリ「あの、そろそろ、い、入れてもいい? 私、また・・・」

マリ「んー。順番ね」

レイ「じゃあ私は、キスを・・・、ん、ちゅぅっ・・・」

シンジ「ちゅ、ンん、綾波、んん、ちゅぷっ」

ヒカリ「あぁ・・・碇くんの、入ってくる・・・! やっぱり、これ、ああ、素敵ぃ・・・」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 16:20:42.87 ID:PTFUbY6H0 [36/61]
アスカ(会って―――会うの? 会ったとして、なんて言おう。今更、どう・・・)



ヒカリ「ひぃっ!あ、はぁぁぁっ、イクっああっ、い、ああああああああっっ――――!!」

ドサッ

マリ「あ~あ。ん、ちゅくっ。ヒカリちゃん、一度イカせるまでに・・・ちゅっ、れろ・・・10回はイったね」

レイ「仕方ないわ。次、ぁっ、あん・・・わ、私が―――」

マリ「えー・・・最後かぁ。あ?! や、あんっ。ガマン、、、できるかなあ」

シンジ「―――う、あ、あうぅ」

マリ「んっふふ。けどシンジ様のほうも、だいぶ、あっン、焦点怪しくなってきたね」

レイ「ふ・・・くんっ・・・」ぬぷぅ

マリ「ならこっちは、その可愛いお顔に・・・あはっ♪ 久しぶりのぱふぱふしてあげる」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 16:32:10.58 ID:PTFUbY6H0 [37/61]
リツコ「1時間経過ね。そっちはどう?」

ミサト「いやー、それが凄い凄い。何回り目だったっけか?。呑みながらじゃないとやってらんないわ」


マリ『あああ、あっく!はあぁ、すご、イイっ!!ああ、ああぁ、ひっ、あ!くる、あぁんっ!!』
レイ『いかりくん、ちゅくっ、んんっ、つぎまた・・・』
ヒカリ『あぁ、ダメよ!私の番なんだからぁ。ね、ね、マリさん終わったらまたちょうだい』


リツコ「精力は若さ?才能かしら?どっちにしろ大したものね」

ミサト「うえへへ、リツコものめ~い」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 16:44:34.65 ID:PTFUbY6H0 [38/61]
【二時間後―――病室前】

アスカ(素直に伝える。聞きたいことは聞く。とにかく、考えるのはそれからでいい)

アスカ(進まなきゃ何も変わらない。アスカ、行くわよ!)

プシュッ

アスカ「―――って、なんで誰もいないのよ」

プシュッ

シンジ「アスカ?」

アスカ「あっ。バカ、あんたなに出歩いてんの」

シンジ「ごめん、ちょっとシャワー浴びてきたんだ。左腕は洗えないけど、なんとかね」

アスカ「・・・・・・悪かったわね。怪我させて」

シンジ「・・・アスカは悪くないよ」

アスカ「・・・そんなこと・・・・・・ない」

シンジ「お客ってやっぱりアスカだったんだね。そうじゃないかなって思ってた」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 17:01:22.61 ID:PTFUbY6H0 [39/61]
アスカ「あんたの身体のこと、リツコに聞いたわ。ヒカリと何があったかも」

シンジ「うん」

アスカ「さっきまでの準備ってのが何かも聞いた」

シンジ「え゛」

アスカ「もう驚きゃしないわよ。まったく・・・」

シンジ「ごめん、アスカ」

アスカ「なんで謝るの?」

シンジ「―――え?」

アスカ「謝る必要ないじゃない。私、あんたの彼女でもなんでもないんだし」

シンジ「そう言われれば・・・そうなんだけど(その割にめちゃくちゃ怒られたような・・・)」

アスカ「ねえ。シンジにとって、私って何?」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 17:19:21.23 ID:PTFUbY6H0 [40/61]
アスカ「マリを初めて家に連れてきた日、覚えてる?
     あんた、ちゃんと夕食には間に合うように帰ってきてくれた。
     それまでスケベな事して楽しんでても、約束は守るって聞かなかったって。マリが言ってた」

シンジ「・・・」

アスカ「その後もずっと―――それまでしてくれてた事は、全部変わらずしてくれてた。
    ファーストやマリと何してても。・・・私、間抜けだから、そんな事も自分じゃ気づけなかったけど」

シンジ「アスカ・・・」

アスカ「それって私は女に数えて無いから?それとも、あんたスケベで八方美人だから、私のことも?」

シンジ「あれ? えっと。その2択だけ?」

アスカ「他にどんな選択肢があんのよ」

シンジ「まぁ・・・・・・・・・無い、のかな?」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 17:35:56.92 ID:PTFUbY6H0 [41/61]
アスカ「私、あんたが好きよ」

シンジ「?!」

アスカ「碇シンジが好き。だけど他の女とセックスしてるから嫌い。
     私も抱かれたいけど、殺したくもなるの。全部どっちかに染まれば楽だけど、できないし―――」

シンジ「・・・」

アスカ「だからせめて、あんたが私をどう思ってるのか・・・はっきり知りたい」

シンジ「そしたら、アスカの役に立つ?」

アスカ「そしたら、きっと次に進めるわ」

シンジ「―――うん。分かった。アスカ、手を出して」

アスカ「手?」

シンジ「言葉より確実な方法で伝えるよ。少しだけ、僕とアスカの境界を崩す」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 17:39:31.03 ID:PTFUbY6H0 [42/61]
シンジ「今なら、アンチATフィールドを制御しやすいから」

アスカ「・・・・・・・・・賢者モード、てやつね」

シンジ「まあ、、、言ってみればそうだけど。どこでそんな日本語覚えたんだよ・・・」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 17:55:17.17 ID:PTFUbY6H0 [43/61]
アスカ「そういえばシンジの心の中、見るのって二回目よね」

シンジ「あの時よりは落ち着いてると思うけど」

とぷっ

アスカ「んっ」

シンジ「大丈夫?アスカ」

アスカ「平気よ・・・ぁ、くぅッ」

アスカ(やだっ声。指先だけでっ)

アスカ(今回は・・・シンジとだけ溶けてる・・・から?)

シンジ「腕くらいまで溶ければ、伝わると思う」

アスカ「う、腕って、腕全部?」

アスカ(指だけで、こんななのに・・・)

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 18:09:20.33 ID:PTFUbY6H0 [44/61]
ずぶ・・・ずぶ・・・

アスカ「ひっ!あ・・・やっ・・・あぁんっ」

シンジ「アスカっ?慌てないで。ゆっくりでいいから」

アスカ「ああ、シン・・・はぁ、ひンっ、私、あぁ! シンジと、混ざって!」

シンジ「うん。気持ちを鎮めて。ゆっくり・・・そう」

アスカ「はーっ、はーっ、はーっ」

シンジ「ほら、ね。腕まで繋がったよ」

シンジ(ふう。僕は賢者モードで良かった)

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 18:29:12.71 ID:PTFUbY6H0 [45/61]
アスカ「・・・ぁ・・・シンジ・・・の、中・・・分かる・・・」

シンジ「どう?」

アスカ「情けないこととか・・・えっちなこと、いっぱい」

シンジ「うっ」

アスカ「・・・・・・でも、やさしいことも・・・それに、私の、こと・・・好きぃ、って・・・」

シンジ「うん」

アスカ「私のこと・・・『も』なのが、ムカつくけど・・・」

シンジ「うん・・・いやごめんなさい・・・・・・。あの、じゃあ、身体を元に戻すね」

アスカ「え?!や、もっと!しんじと、もっと一つになる・・・っ」

ぐいっ

シンジ「わあ!? マズイって、アスカ!」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 18:44:21.91 ID:PTFUbY6H0 [46/61]
どん!

アスカ「痛っ!!」

シンジ「はぁ・・・びっくりした。あ、大丈夫?」

アスカ「この・・・・・・大丈夫?じゃないわよっ。自分で突き飛ばしたんじゃないこのバカシンジ!」

シンジ「ああ良かった。いつものアスカに戻ってる」

アスカ「失礼な反応ねー」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 20:46:18.34 ID:PTFUbY6H0 [48/61]
【シンジ退院の日―――NERV】

ミサト「で。結局どうすることにしたわけ?」

アスカ「・・・・・・部屋を出て行く、てことにはならないと思う」

ミサト「ほほう」

アスカ「ミサトには感謝してるわよ。少なくとも、考えるスタートラインには立たせてもらったし」

ミサト「どういたしまして。ま、当事者だけだと見えにくくなってることってあるものなのよ」

アスカ「・・・さてっと。じゃ、そろそろシンジも準備できただろうから、私行くわね」

ミサト「あ、待ってアスカ」

アスカ「なに?」

ミサト「今日は、レイもマリも洞木さんも来ないように手配しておいたから」

アスカ「えっ」

ミサト「がんばってねん」

アスカ「・・・・・・Danke、ミサト」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 21:00:57.15 ID:PTFUbY6H0 [49/61]
【帰り道】

てくてくてく

アスカ「こないだのあれってさ」

シンジ「あれ?」

アスカ「融合よ。つまるところ、あんたの気が多いってのが分かっただけよね」

シンジ「あー。まあ・・・そうだね」

アスカ「でも、あんたは私のこと好きだし、私もあんたを好きだから。一応両想いではあるわけよ」

シンジ「う、うん」

アスカ「なのに言葉で聞いてない」

シンジ「え?」

アスカ「私のこと、好き?」

シンジ「―――うん。アスカが好きだよ」

アスカ「じゃ、手繋いで歩きましょ。あんた片手使えないから、荷物持ってあげる」

ぎゅっ

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 21:21:54.39 ID:PTFUbY6H0 [50/61]
てくてくてく

アスカ「そんでさ。骨折も直ったら、また手伝いなさいよ。バストアップ」

シンジ「また?!いや、僕は構わないけど」

アスカ「俗説みたいなもんだけど、要は異性に触られることで女性ホルモンが分泌されるんだって。
     そういう意味じゃあんた程の適任、世界中探しても他にいないわ」

シンジ「どうして?」

アスカ「あんたバカァ? あんたの身体使えば、女を感じさせる事に関しては問答無用なんでしょ」

シンジ「か、身体・・・感じって・・・」

アスカ「それと、これも骨折が直ったらだけど―――」

シンジ「まだあるの?」

アスカ「私のことも抱いて」

シンジ「えええええ゛っ」

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 21:32:10.71 ID:PTFUbY6H0 [51/61]
アスカ「予想しなかったわけじゃないけど・・・なによ、そのリアクション」

シンジ「だって、マズイよアスカ。好きって言ってくれるのは嬉しいけど―――」

アスカ「ヒカリ達みたいになるってんでしょ」

シンジ「そうだよ」

アスカ「いいじゃない、それで」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 21:48:10.09 ID:PTFUbY6H0 [52/61]
アスカ「きちんと認めて、伝えて、考えて、分かったわ。私あんたから離れられそうにない。
     今だって、一緒に歩いてるだけでヤバイの。道端で気持ちを爆発させないように抑えてる」

シンジ「・・・・・・ちなみにそれ、抑えておかないとどうなるの?」

アスカ「さあ? この場で引き倒して、窒息するまでキスするかもね」

シンジ(うぁぁ・・・。目が本気だ・・・)

アスカ「だけど、独占もできそうにないし。正直、気が狂いそう―――シンジ、前に言ったの覚えてる?
     どちらかに染まらないと楽になれないって。私、同じ狂うのなら、幸せな方に狂いたい」

シンジ「アスカ・・・・・・」

アスカ「ねえ、バカシンジ。私のことも、ヒカリ達みたいに堕とす自信・・・ある?」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 22:04:21.05 ID:PTFUbY6H0 [53/61]
アスカ「もっと早くに素直になってれば、私だけのモノにできたかも知れないのにね」

シンジ「・・・」

アスカ「あんたの全部を私のモノにできなくて、でも結局は離れられないなら。
     私の全部をあんたのモノにしてもらうしかないじゃない」

シンジ「それで、後悔しないの?」

アスカ「ばぁか。後悔なんてできないようにして・・・って言ってるのよ」

シンジ「――――――分かった」

アスカ「ホント?」

シンジ「約束するよ。アスカの全部を貰って、絶対幸せにする。たださ、その前に・・・」

アスカ「なに?」

シンジ「キスしよっか?」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 22:05:40.61 ID:PTFUbY6H0 [54/61]
本編終わりで、あとおまけ


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。