FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「お姉ちゃんほしい…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:05:07.14 ID:D/RaZrKk0 [1/19]
憂「お姉ちゃーん ごはんできたよー」

唯「うぁーい」

私は平沢家の長女で憂のお姉ちゃんだ。
といっても憂には家事をしてもらったり勉強を教えてもらったりと
どっちが姉なのかは周りからすれば微妙なのかもしれない。
でも私からすれば憂は私によく甘えてくる妹だし姉として私もそれに答える。
お姉ちゃんだからしっかりしないとっていう気持ちは私にもあって、だから私から憂に甘えることはそうはない。
…と思う。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:07:06.44 ID:D/RaZrKk0 [2/19]
そんな私も高校生にもなれば悩み事だってあるしそのことで誰かに甘えたくもなる。
特に自分の将来のこととか、どんな大人になるんだろうとか。
そんな時にふと最近思うようになったことがある。
私にも甘えられるお姉ちゃんがいたら…なんて。
まぁ妹ならともかくお姉ちゃんは無理だよね…

唯「ごちそうさまー 今日もおいしかったよー」

憂「ふふっありがと。お風呂入る?」

唯「ういっす!」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:09:52.22 ID:D/RaZrKk0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「ふぃ~今日もいい湯加減だよ~」

憂「お姉ちゃーん 着替えここにおいとくねー」

唯「おおーサンクス憂ー」

やっぱりどっちがお姉ちゃんなんだか…

憂「あのね…お姉ちゃん…お風呂…一緒に入ってもいいかな…」

唯「もちろんおっけーだよ憂」

憂「えへへ…ありがと」

でもやっぱり私からすると憂はかわいい「妹」だなぁ…

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:15:23.82 ID:D/RaZrKk0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「よーし今日も元気に部活の時間だー!」

澪「よしじゃあれんしゅ 律「ムギ!お菓子の準備!」

梓「ちょっと!律先輩!」

紬「アイアイサー!」

梓「ムギ先輩まで!」

澪「こらバカ律!」ゴツン

律「ぐぇあ」

唯「あはは…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:20:11.99 ID:D/RaZrKk0
この流れは結構よくあるパターンだ。
二年以上繰り返して見てる。
でも決して見飽きたから嫌なんてことはなく私もこの流れに参加してりっちゃん
達と騒いだりする。
けど今日は昨日の考えが頭をぐるぐるしてなんだか参加する気になれなかった。

澪「…?唯…大丈夫か?なんかしんどそうだけど…」

梓「そういえば今日は抱きついてきませんでしたね」

律「なんだなんだぁ~梓は唯に抱きつかれたかったのか~?」

梓「なっ…ちっ…違います!!」

紬「あらあらまぁまぁまぁ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:25:58.15 ID:D/RaZrKk0
唯「…」

澪「おいおい…唯ホントに大丈夫か?」

唯「ごめんね…ちょっと調子悪いみたい…今日は帰らせてもらうね…」

色々と考えすぎなんだろうか。体の調子まで悪くなってきたらしい…
ギー太がすごく重く感じる。

唯「じゃあみんなまた明日ね。」

律「おぅ!しっかり休んで元気になってこいよー!」

紬「明日もおいしいお菓子用意しておくからね」

梓「はやく元気になってくださいね!…唯先輩が元気ないと調子でないですから…」

唯「ありがと…みんな」

私はすごくいい友達にも恵まれてる。
私の考えは贅沢なんだろうか。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:31:21.50 ID:D/RaZrKk0
澪「唯!送ってくよ。ギター重いだろ?」

唯「そんな…悪いよ澪ちゃん…ムギちゃんのお菓子もあるのに…」

澪「私はその…いいんだ別に」

律「実は澪ちゅわんってば…また太っちゃったみたいですわよ~!」

澪「り~つ~!」

律「ドゥフフフ」

澪「ま…まぁそういうわけだから気にするな」

唯「うん…ありがと」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:36:56.25 ID:D/RaZrKk0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

澪「唯、また風邪でもひいたのか?」

唯「ううん…そういうわけじゃないよ」

こんな変な悩みどうすればいいんだろう…ホントに治るのかな…?

澪「もしかして進路のことで悩んでるのか?そろそろ本格的に決めないといけな
いからな」

え…澪ちゃんなんでわかったんだろう…すごいや…悩みに気付いてくれるなんて…
私が考えてるお姉ちゃんみたい…お姉ちゃん……澪ちゃんなら……

澪「…?どうした唯?急に立ち止まって」

唯「う…う゛…うわ゛ ぁ゛ぁぁぁん!み゛おぢゃーん!!」

澪「わ!わ!唯っなんで泣いてっ…すっごい見られてる……と…とりあえずそこの公園に行こう?…な?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:42:31.55 ID:D/RaZrKk0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「ひっ…ひっく…」

澪「大丈夫か…?唯…」

唯「ごべん…ね…」

澪「ゆっくりでいいから…理由を聞かせてくれ…な?」

私は澪ちゃんに私の今の悩みを話した。自分の進路や将来、どんな大人になるの
か不安なこと。その悩みに対して甘えられるようなお姉ちゃんが欲しいこと。憂
が実はすごく甘えんぼうなこと。最後のは言わなくてもよかったかも…

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:48:06.41 ID:D/RaZrKk0

澪「そうか…」

唯「うん…ごめんね…変な悩み事相談して…」

澪「いやそんなことはないさ。私だって進路とか将来のことについて悩むし不安にもなる。
それに一人っ子だからな。お姉ちゃんが欲しいと思ったこともある。
まぁ途中からは律が姉妹みたいなもんだけど…」

唯「ありがとう…澪ちゃん…」

やっぱり澪ちゃんは優しい。りっちゃんもムギちゃんもあずにゃんもみんな優しいけど
澪ちゃんはお姉ちゃんみたい。二年ちょっと過ごして初めてこんな風に感じた。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 00:54:50.13 ID:D/RaZrKk0

澪「まー…その…唯が妹ってのも悪くないかもな。」

唯「え?」

澪「私が唯のお姉ちゃんになる!ってのも変な話だけど、唯が悩みを相談してくれたり
私を頼ってくれるってのはうれしいよ。私ってあまり人から頼りにされたことないからさ…ハハ…」

唯「そんなことないよ…澪ちゃんはすっごく優しいもん…」

澪「ありがと。だからさ唯も悩みがあったり誰かに甘えたいならさ、頼ってくれよ。」

唯「う゛ん…あ゛りがど澪ぢゃん…」

澪「ほらほら泣くな唯。いくらでも甘えていいからな」ギュッ

澪ちゃん暖かい…ホントにお姉ちゃんみたい…

唯「お姉ちゃん…」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:00:19.92 ID:D/RaZrKk0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「ん?あそこの公園にいるの澪と唯か?」

梓「そうですね…ギター持ってますし…でもなんで抱き合ってるんでしょうか…」

紬「キキキキマシタワー」

律「あやしい…みんな突撃だー!」

梓「あっ律先輩!」

紬「りっちゃん待ってー!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:05:48.93 ID:D/RaZrKk0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「すぅ…すぅ…」

澪「唯…寝ちゃったのか…ハハ…どうしようかな…」

律「み~お~ちゅわ~ん…なにをしてるだぁー!!」

澪「うっわぁあぁぁぁぁぁぁぁ!?」

律「でははははははは」

澪「なにすんっだ!」ゴツン

律「うぐぉ」

梓「はぁ…はぁ…ほんとに何してるんですか…律先輩…」

紬「もーっりっちゃんのバカ!」

律「あれ…ムギさん…?バカ…?」

澪「あんまり騒ぐな…唯が寝てるんだ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:11:13.44 ID:D/RaZrKk0
梓「そういえば唯先輩と澪先輩はなんでこんなところに?」

澪「唯のやつ今日元気なかったろ?悩み事があったみたいで相談に乗ってたんだ。」

紬「なっなんで抱き合ってたの!?」

澪「ど…どうしたんだよムギ…」

紬「いいから!!」

澪「あぁ…いや唯のやつ進路のこととかで悩んでたみたいなんだけど誰にも相談できなかったみたいなんだ。
それで相談できるようなお姉ちゃんが欲しかったみたいだ。それで私がお姉ちゃんみたいだって…」

律「なんだよーだったら私たちにも相談してくれればよかったのによー」

澪「唯のやつも私たちに気をつかってくれてるんだよ。いろいろ」

律「憂ちゃんじゃだめなのかな?憂ちゃんのほうがしっかりしてるし」

澪「唯もこれでもお姉ちゃんだってことさ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:16:21.49 ID:D/RaZrKk0
紬「でもそうしてると澪ちゃんホントにお姉さんみたいよ。うふふ」

澪「そうかな…?まぁこういうのも悪くないかな…」

唯「う…うぅーん…」

梓「あっ唯先輩」

唯「みおちゃん…あれ?みんな…?」

私寝ちゃってたんだ…すごく気持ちよかったな…

律「このぉー薄情だぞ唯!私たちにも相談しろー!」

澪「悪い唯…みんなにも一応言っておいた」

唯「ううん。いいよ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:21:54.64 ID:D/RaZrKk0
律「唯が元気ないとおもしろくないからな!悩みがあるなら相談しろ!ていうか
私がお姉ちゃんになってやろう!」

紬「私も私もー♪」

梓「そうですよ!唯先輩!私も妹とかならその…憂とかぶるけど…」

唯「えへへ…ありがとみんな…」

やっぱりみんな優しいな…
でも澪ちゃんがいいかも…なんて…

澪「唯。これからもどんどん甘えてくれていいからな」

律「澪ちゃんったらすっかりお姉さん気取りになっちゃって~」

澪「うるっさいっ!」ゴツン

律「ぐっへぇぇえ!」

梓「今日一番に強烈なゲンコツですね…」

紬「(痛そう…うらやましい…)」

唯「ぷっ…あはははははは」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:27:55.02 ID:D/RaZrKk0
律「おー!やっと笑ったな唯!」

あ…ホントだ…体もなんだかさっきより楽になった気がする。

澪「よし。それじゃあ帰るか」

唯「あー!もうこんな時間!憂におこられちゃうよ~」

律「ほんとにどっちがお姉ちゃんなんだか…」

唯「でへへ…」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/08(木) 01:34:02.66 ID:D/RaZrKk0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうしてわたしの悩みは一応解決(?)した。

唯「澪ちゃん…手、つないでもいい?」

澪「ん…恥ずかしいけど…ほら」

唯「えへへ…」ギュ


将来の事やどんな大人になるのかは不安だけど、がんばって生きていればなんとかなるよね。


きっと。



おわり



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/08(木) 01:35:21.88 ID:D/RaZrKk0 [19/19]
読んでくれた方ありがとうございます。
出来が微妙なのとか展開が急なのとか問題が根本的に解決してないとかなぜ和ちゃんがでないのかとかは許してください…

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。