FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁書昔話・織姫と彦星

1レスSS
312 名前:禁書昔話・織姫と彦星[saga sage] 投稿日:2010/07/07(水) 20:47:09.65 ID:IrVEmu2o [2/2]
むかしむかし
天の神様である天帝(神裂)には織姫(五和)という美しい娘がいました。

ある時、織姫は彦星(上条)という牛飼いの青年に出会い、恋に落ちました。
天帝は二人の仲を認め、めでたく結婚の運びになりました。

しかし二人は幸せのあまり仕事を怠け、織姫は機を織らなくなり、彦星は牛の世話をしなくなりました。
怒った天帝は天の川を隔てて二人を引き離し、年に一度だけ合うことを許しました。

7月3日

五和「彦星さんは元気かな………」

上条「メシできたぞ~」
イン「遅いんだよ!」


7月4日

五和「7日は晴れるといいな……」

上条「あーもう、いい加減にしろって!」
美琴「うるさい! 勝負しなさい!」ビリビリ


7月5日

五和「早く会いたいな……」

上条「インデックスの奴がさぁ~」
姫神「あなたはいつも。相変わらず」


7月6日

五和「待ち遠しいな……」

上条「もう勘弁してぇ……
子萌「この問題ができるまでは帰らせないのですよ~」


7月7日

五和「『凡人崩し』!!!!」ズギャギャギャ
上条「ひでぶ!!」



めでたしめでたし。

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。