FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「澪ちゃんっていつも昼休みに寝てるフリしてよね~」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 00:17:02.56 ID:oUjP0KOL0 [1/2]
唯「実は起きてるんじゃないのかな?」

律「ば、ばかっ!」

澪(ち、ちがうんだ…
   私は机の木目を眺めているだけなんだっ…)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 00:55:01.69 ID:I66WyJSn0 [1/20]
律「おい唯、秋山に話しかけるのだけはやめとけ、いじめられるぞ」

唯「ふぇ?なんでぇ?」

律「あたしとあいつ、中学で一緒だったんだけどさ、あいつ、おとなしくってすんげー地味だろ?
  だからいじめの対象になってたんだよなー。机に落書き、無視はまだマシ、靴をドブに入れられてたりなー。
  このクラスにもそのいじめてたやつらがいんのよ」

唯「……でも、それってヘンだよ。なんでそれだけでいじめられなきゃいけないの?」

律「オドオドして、すげー対人恐怖症みたいなところもあるからだと思うなー
(まぁ、美人なのが余計いじめっ子にはムカついたっていうのもあるんだろうけど)
 どれぐらいビビリかと言うとな…」ドンッ!!(机叩く)

澪「ぃヒィィイイイイイイイッ!」

律「…っと、これくらいひでーんだよ」

唯「…なんだか、かわいそうだよ」

律「それよりさー。唯、入る部活ってもう決めた?」

唯「え?うん!」

律「へぇ、それどこー?」

唯「帰宅部!」

律「」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 01:10:08.63 ID:I66WyJSn0 [2/20]
澪(な、なんだ…田井中さんか…)

律「あのな、帰宅部って…」

唯「えー、でもなんにも入らないよりはマシだよぅ」

澪(田井中さんとは…幼馴染なんだよな…エア幼馴染だけど…)

律「その状態がすでに何にも入ってないんだろーがっ!」ドゲシッ

唯「いだぁっ!」

澪(田井中さんってなんだかんだでちょっと話したことはあるから…
 私が積極的だったら、私が田井中さんに突っ込みしたりして…)

律「あのな、唯…そこで頼みがあるんだが…実は軽音部と言うのを……」

澪「うひ、ぐひひ…」

女子A「うわ、なにあれ……キモッ」
女子B「机に突っ伏して、白目剥いて笑ってる…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 01:19:53.16 ID:I66WyJSn0 [3/20]
唯「けいおん部?それって何するの?」

律「んーあたしがドラムやるとして、唯はギターかベースだな」

唯「ベース!野球に使うのだよね!」

律「」

律「まぁ、いいや…唯はギターでもベースでもカスタネットでもいいから!
  とにかく!けいおん部に入ってもらいたい!何にもしなくていい!ただ入れ!」

唯「え!?カスタネットでもいいの!?」

律「ああいいぞー、(ギターあたりテキトーにやらせるけどな)
  実は同じクラスの琴吹さんもキーボードで入ってくれたから、
  部員があと一人でも集まればけいおん部が立ち上げられるってわけだー!」

唯「そうなんだ!じゃああと一人は澪ちゃん入れようよー!!」

 教室「!!!  ざわ・・・」

澪「うひ、ひぃいいいいいいいいいいっ!!!????????!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 01:20:39.66 ID:I66WyJSn0 [4/20]
>>6-7
ありがとう、初SSだけど頑張る

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 01:26:45.00 ID:I66WyJSn0 [5/20]
律「ばっ!おまっ!!!」

唯「んー?」

律「(うわっ寸前の会話すら思い出せないのかこいつは!?)」

律「今後一切秋山の話題は出すな!!ほら…」

いじめっ子A,B,C「……」ジロ…

律「あたしらもいつあいつらの標的にされるかわかんねーんだぞ」ボソッ

唯「…う、うん…でも澪ちゃんは?」

律「お前の声にビビッてどっか行っちゃったよ…
  まあトイレだろうな、あいつトイレは友達ってつぶやいていたことがある」

いじめっ子A,B,C「…」ゾロゾロ…

律「あーほら、早速いじめスタートしちゃったよ。たぶん秋山は次の授業ずぶぬれで戻ってくるぞー」

唯「なんで?晴れてるのに」

律「…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 01:37:05.02 ID:I66WyJSn0 [6/20]
ほうかご!

唯「澪ちゃん、結局教室に戻ってこなかったね…」

律「察してやれ。授業すら受けらんねー状態にさせられたってことだ」

唯「? どーゆうこと?」

律「(あぁ、バカって罪…)」

唯「それにほら、澪ちゃんちゃんとあそこにいるよ! おーい!」

澪「…うひ!?」

律「げっ!?(帰ってねーのかよ!それに案の定水浸しじゃねーかぁ!)」

唯「おーいみーおちゃん!」タタタッ
唯「あれ、どうしたの水浴び!?」

澪「…」
唯「? !? あれ、澪ちゃんくさいね!いったいどうしたの?」

律 澪「」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 01:44:49.50 ID:I66WyJSn0 [7/20]
律「あ、あのな唯…」

唯「そうだ!澪ちゃん!いっしょにけいおん部!入らない?」

律「ゆい…」

唯「ちょうどあと一人でようやく部活できるんだよー!」

律「ゆ…」

唯「澪ちゃんもさ、入ろうよ!楽しいよ!」

澪「…でも、私……文芸部に………」

律「ほーら!秋山さんもう入る部活決定してー」

澪「入部拒否されたし…」

律「(どんだけだよっ!?)」

澪「臭いからって言われたし…」グスッ

律「(今日行ったのかよっ!?)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 01:51:49.71 ID:I66WyJSn0 [8/20]
唯「そんなことはだいじょーーーぶっ!ほら入部届けだして!」

澪「う、うん…」サッ…ポタ……ポタ…

律「(なんか滴ってるしー!!)」

唯「はいりっちゃん!」

律「……はい?」

唯「え、部長だって部長でしょ?これ書き換えて!
  大丈夫!乾かしたら使えるよ」ニコッ☆

律「」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 02:00:03.84 ID:I66WyJSn0 [9/20]
律「(くそー!こうなりゃやけだーちくしょー!!)
  おらー!(バッ)」

澪「…あっ//」

律「なんだこのやろー!ちくしょーくっせー!」

唯「ほら、りっちゃんも泣くほどうれしいんだよ!ね!」

律「よろしくなーみーおちゅわんよー!!」バシッ!

澪「……んぁ"っ!//」

律「(肩もいい具合に湿ってるし!)
  (ああ、もうしらねー……いざとなったら唯に澪をなすりつけて離脱しよう!うん!)」

澪「(田井中さんに…みおちゃんって呼ばれた…あふぅ……みおちゃんって…)ハァ…ハァ…」

律「(やっぱりキメェ)」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 02:15:28.01 ID:I66WyJSn0 [10/20]
ぶしつ!
紬「あら、じゃあけいおん部もようやく活動できるのね!よかったわぁ♪」

澪「…うふふ…あ、秋山…澪です……ぷっ、フフww
  (やばい、部活に勧誘されるとか私まじリア充wうれしすぎるwww)
  (友達一気に3人も出来たしwwwwww)」

律「(なんで始終にやけてんだよ、こいつは)」イラッ

澪「よ、よろしくお願い……ククッ、フフッ」

律「…」ドンッ!!

澪「ひぃっ!?」

唯「ちょっとーりっちゃん!壁殴っちゃダメだよ、かわいそう!」

律「あ、ああわりー、つい。で、だ。唯はギターな!決定!」

唯「えぇ!?カスタネット…」

律「つべこべ言うんじゃねー!で、澪は…ベースでもやってもらうか、バンドらしくなるだろ」

澪「(みんなと…仲良く…ん、フフ…)…フヒ」

紬「…なんだか澪ちゃんって、私ととても話が合いそうな気がするの…」

律「どこらへんがだ!?」

紬「//」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 02:37:31.83 ID:I66WyJSn0 [11/20]
唯「ギターが無いからアルバイトをしようと思うのです!」

律「おー、そうだなー、で、どれにするー?(パラパラ…)お、このティッシュ配りとかどうだ?」

澪「……ん、…無理……」

律「じゃあファーストフード」

澪「………(無理だってだから…何回言えばわかるんだww)…ちょ、ちょっとそれは…ぐ、ッフフ」

律「じゃあ交通量測定とか、座ってるだけだぜ」

澪「……(だwかwらwwww)……ップッ、ウフフフフ…グッフフ!」

律「おめー一体何が出来んだよ言ってみろこんにゃろーーー!!」

紬「りっちゃん落ち着いて!」

澪「(キレたwwwちょwww)ブプッwwwwwww」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 02:57:07.55 ID:I66WyJSn0 [13/20]
れんしゅう!

唯「あいっづ!」

律「ん?どーしたーゆいー」

唯「ふぇー、弦が硬くて指が切れちった…ほらー澪ちゃんも見てー」

澪「……」

律「お、おい澪ー?」

唯紬 タッタッタ …つんつん

唯「りっちゃん隊員!立ったまま死んでます!」

律「どんだけだよ!?っていうかどうしてだよ!?」

唯「ぷにぷに~~」

律「そして何故指を触る」

紬「ぷにぷに~」

律「お前はどこ触ってんだ!ムギぃ!」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 03:11:02.76 ID:I66WyJSn0 [14/20]
職員室!
さわ子「…はい、絆創膏貼ったから、これでいいわよー」

唯「せんせーありがとー!」

さわ子「ギターって言うのはね、何度もやっていくうちに…」

紬「……」ジー

澪「(…職員室覗いて何やってんだこいつ?)あ、あのー、琴吹s」

紬「ふえっ!?」 澪「ひぃっ!?」

紬「あ!その、ごめんなさい、き、綺麗だったなって、先生と、唯ちゃん…」

澪「は?」

紬「あの、女の子同士の組み合わせって、なんだかドキドキしない?//」

澪「(え…なにこいつ…ぶっとびすぎだろwwwwwww)ドゥフwwwうwwうんwwwww」

紬「だよね!やっぱり澪ちゃんとは気が合うと思っていたの!」

澪「は?」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 03:31:04.46 ID:I66WyJSn0 [15/20]
またぶしつ!
律「しっかしあれだよなー、唯はなんでいじめられなかったんだ?」

唯「ふぇ?私の学校、いじめなんてなかったよ?」

律「うそつけー! お前んとこの中学、ピースフル・トゥルース・ポットとかいう頭のイカれた女子グループが学校を取り仕切ってたって……」

澪「ブフゥwwwwwww(平和なwwww真実のwwww鍋wwwwwwww)」

ガラッ 和「お邪魔するわね、ちょっと、部活動申請用紙、あれ今日期限なんだけど」

律「おー、悪い悪い! 書ーくのわっすれてたー!」 唯「あーのどかちゃん!」

律「なー、のどかー、どうして唯はいじめられなかったんだー?」

和「さあ、どうしてかしらね?……はい、用紙書いたわね、それじゃ」

澪「……平和な…真実の…」チラッ

和「…」ギンッ!!!

澪「ひぃいいいいい!?(なに!?すごいにらまれた!?!??)」

和「さあ、どうしてかしらね」…ニヤッ ガララッ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 03:48:34.68 ID:I66WyJSn0 [16/20]
ある夏の日、校内にて
唯「じゃあねー澪ちゃーん!」

澪「うwww…うんww」

テクテク…

澪「やばい、本当にヤバい、けいおん部入った日からいじめ無くなったwww」

澪「やっぱりあれかなー、あのクソアマどもが私に恐れをなして手出し出来なくなったんだろうなwwwww」

澪「私も会話に草はやせるようになってきたwww机を眺めてポエムを考える日々が遠いwww懐かしいwwww」

澪「唯はノータリンだし律は仕切り屋だしムギはレズだしであれだけど、あれほど環境がいいとこもめったにないよwwwドゥフ」

澪「うははっクソアマABCざまぁああああああっ!」

いじめっ子A,B,C「…おい」ヌッ

いじめっ子A「だれがクソアマだって?おぉ?」

澪「」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 03:55:52.40 ID:I66WyJSn0 [17/20]
トイレ
澪「い、痛い…髪の毛はぁっ、引っ張らないで…!」グイ!!

いじめっ子A「お前マジで最近チョーシのってんね?あ?おい」

澪「ぐ、ぎぃいいいいい…」

いじめっ子B「ほーら水のご到着ー♪」

いじめっ子C「オラ、夏だし涼めよ、みーおちゅわんっ!」ビシャァ!!

澪「ひぃいいい……」

いじめっ子A「おい、いつになったら退学してくれんの?マジでwwwあとどれくらいやったらいいですかー?」

澪「うぅ、ううう…」

いじめっ子B「つか、A、これぶっ壊してやったらいいんじゃねー」

澪「! そ、それはだめ、ベースは…あぐぅ!!」ドッ!

いじめっ子C「うわぁ、攻撃力つよすぎっしょwwほら、ライブでギター壊すのとか見たこと無い?あれやろーよ」

澪「!!そ、それだけはやめて!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 04:08:58.74 ID:I66WyJSn0 [19/20]
ガッ!ガッ!!

澪「あぁ!!私の、」

ガッ!!!、バキィッ!!

澪「私の…ベース…」

いじめっ子B「うわぁ、まじでやっちゃったよww」

澪「…私の……大切な…」

いじめっ子A「なーにボケッとなってんの?次はーーー」

澪「次は、わ…わた…」

バタンッ!!

唯「澪ちゃんっ!!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 04:15:47.40 ID:I66WyJSn0 [20/20]
紬「あら、あら、なに、これ?」
律「うわー、派手にやっちゃってんね、これ」

いじめっ子A「チッ、何だよおめーらは!」

唯「それは、…それはこっちのセリフだよっ!!どうして、どうしてこんなことするの!?」

いじめっ子B「それはこいつがーー」

バタンッ
さわ子「ちょっと、トイレ騒がし…ちょっと、あなたたち何やってるの!?」

いじめっ子C「やべっ!いこっ」

紬「あら、あら、あら、…」

ダッ×3

唯「澪ちゃん、ぬれてるよ…拭いて上げるね! …って、ハンカチ内からベストで拭くけどいいよね!?」

澪「だ、だめ、唯のが、汚れる…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 04:54:40.27 ID:InVZIGoS0 [3/20]
唯「ううん!大丈夫だから!」脱ぎ、ゴシゴシ、ゴシ…

フキフキ…グッ、グス………

澪「ゆ、ゆい…?」

唯「ご…ごめんね…今まで何にも気づいてあげられなぐっで……ごべんね…」ズビッ

澪「……」

紬「私も、いつも一緒にいたのに、こんなことも気づかなくって……」

さわ子、律「…」

澪「…ウフ、違うよ、私があいつらの目の前で、悪口言ったから」

澪「それに、けいおん部のみんなのことだって、私、ずっと…かげで色々言ってた」

「……」

澪「(私、なに言ってんだろ、もう、死にたい)」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:02:54.48 ID:InVZIGoS0 [4/20]
澪「……さよならっ……」

ガッ

澪「!?」

律「待てよ、澪。ベース、かわいそうだろ、このままじゃ」

澪「り、律、それ、きたな…」

律「汚くなんかねーよ、(…半分嘘だけど…)みんなで苦労して買った、いわば相棒みたいなもんだ。
  あたしたちの大事なメンバーの、大事なベース」

澪「…」

唯「そうだよ、澪ちゃん!(グシッ)エリザベスは、二世になっても、三世になっても、えいきゅうに不滅だよ!」

澪「(え、エリザベスってなに・・・!?)」

紬「「(ピッピッピッ…プルルルル…)…もしもし、斉藤?あのね……」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:10:47.95 ID:InVZIGoS0 [5/20]
さわ子「…しょうがない…この前ボーナス入ったばっかりだけどっ」

バッ!

さわ子「こ、この財布には、国民と私の血と汗と涙…
    それらが諸々入ってるの!これでいいのを買ってちょうだいっ」

唯&律「おぉ~さわちゃん太っ腹~!」

澪「……そ、それは…(なんで?私、みんなの悪口言ってたのに…)」

律「…みーお、こういうときは好きなだけ甘えとくとお得なんだぞ~♪」

唯「そだよそだよ~っ♪あ、さわちゃん先生私アイスい~い?」

さわ子「それとこれとは別でしょう…」

澪「……ごめん、私、急用思い出した」

ダッ

唯「あっ!澪ちゃん!待ってよ!」

紬「でね、その子の名前が、Aさん、Bさん…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:16:43.02 ID:InVZIGoS0 [6/20]
唯「行っちゃったね…」

律「だ~いじょうぶだよ。明日、みんなでベース、買いにいこうぜ」

唯「じ、自殺とかしたら……!」

さわ子「私もちょっと様子を見に行ってくるわ!」

律「ん~、中学のときにだいじょぶだったし、今回も問題ねーって!
  …なんだかんだで、強いところはあると思うんだ、澪って。
  さ、このベース、集めようぜ」

紬「……あれ…澪ちゃんは!?」

唯「え、もう行っちゃったけど……」

紬「そ、そんなぁ~~!」ぷく~

唯「ど、どうしたの?」

紬「私も言いたかったぁ!」ウルウル

唯&律「何を?」

紬「励ましのことばぁっ!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:24:12.18 ID:InVZIGoS0 [7/20]
手ぶらの帰り道

トボ…トボ…
澪「…ノータリンの唯、仕切り屋の律、レズの、ムギ……」

澪「でも、本当におろかなの、私だよ。
  誰よりも、誰よりも浅ましくてさ。だから、いじめられる。
  こんなに陰湿で、臆病で、……ごめん、ごめん、みんな…」ポロポロ

澪「私は、こんなんじゃだめだ。…もう、生きていけない、こんな私」

澪「ありがとう…唯、律、ムギ」


梓「~♪」シャー 
梓「(あ~、自転車って日焼け跡に気持ちいい~)」

梓「…ん?」キッ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:27:36.88 ID:InVZIGoS0 [8/20]
澪「……」ボー

梓「(うわ、綺麗だな、あの人…髪が濡れてて、夕日がそこに差し込んで…
  まるで何かの物語りにでも…)」

澪「……ありがとう…」バシャッ!ザブザブ

梓「えっ?入水、し…」

澪「……」バシャ!!

梓「頭から突っ込んだっ!!???」

梓「ちょ、ちょっと待ってください!ああああぁ~!ながされないで~!」
ガシャッ、ダッ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:34:22.30 ID:InVZIGoS0 [9/20]
澪「……ゲホッゲホッ!!…なんだよ、邪魔しないでくれ!」

梓「(こんな浅くて人がいっぱいいるところで死のうとかよく思えますね!)
  とにかくこっちにきてくださいっ!!」

---

梓「…はい、タオルです」

澪「…いらない…」

梓「……なんであんなことしようとしたんです?辛いことでもあったんですか
  (なんで私、人生相談みたいなことしてるんだろ…)」

澪「…学校でいじめられた…私が原因なんだよ。それに、私は仲間の悪口とか言ってる
  ひどいやつだったのに、みんな、やさしくしてくれて…私…ダメな奴で…」

梓「……なんか話の筋道がよくわかんないですけど。
  私は小学校の時!男子からゴキブリって呼ばれてたんですよ!?
  こっちの方がずっとひどいですよ!!」プンプン

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:40:49.06 ID:InVZIGoS0 [10/20]
澪「ゴキブリ…?なんで、そんなにかわいいのに…」

梓「えっ!?/// …い、いや、今も絶対男子がどこかで言ってるはずです。
  ツインテールが触覚に見えて、日焼け跡なんて…もうおぞましいから言いたくないですけど!」

梓「それに、自分が悪いって気づいてるんならそこをちゃんと直せばいいんです!
  それでもいじめっ子がいるようなら、その人たちをシュッシュッ!
  ……って、一網打尽にやってやればいいんです! だから、元気だしてください」

澪「…でも、」 梓「(まだ何かあるんですか)」

澪「大切なベース…こわれちゃった…」

梓「! ベースですか!? ちょ、ちょっと今からうちにきてくださいっ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:50:04.85 ID:InVZIGoS0 [11/20]
梓の家

梓「じゃ、弾いて見てください」

澪「え…そんな…それにこれ…私弾けない…私、左利きだし…」

梓「あ、レフティーのもありますよ!待っててください」ダッ

澪「(逃げられそうに…ない……)」

梓「はい、じゃあ、弾いてみてください、適当でいいです」

澪「……(唯、律、ムギ…)……」
澪 スッ

♪♪♪♪♪

---…

澪「……ど、どう?」

梓「す、すごいです!とてもお上手です! どれくらい練習したんですか?」キラキラ

澪「ま、まだ半年も…」

梓「おぉっ! 上達、お早いんですね!」

澪「いや、やっぱり部員になった以上は頑張らないとって…それで…大事にして…」ウルッ…

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 05:58:59.43 ID:InVZIGoS0 [12/20]
梓「じゃあそれ、差し上げます」

澪「!?え、でも、それはダメだ! 手入れもされているし、弦もまだ新品だし、」

梓「いえ、それは親が『ベースがかわいそう』とか変なこといって、定期的に手入れしてるだけです。
  それに、うちは左利きの家族がいないんです。
  親も、本当は弾ける人にもらってほしいって、いっつも言ってましたし」

澪「でもそこまでは…」

梓「…じゃあ、私……あの、桜が丘高校ですよね?……私もじつは、そこに受験するつもりです。
  合格して、入学したら、そのときに返していただけますか?」

澪「う…あ…うん…」

梓「(ふふっ)決まりですね!」

---

梓「じゃあ、また頑張ってくださいね。…さっきダメだ!って、強く言えたじゃないですか。
  それくらいの勇気があったらだいじょぶです、ファイトです」

澪「…うん!ありがとう!」

---

梓「……綺麗だったな、あの人…って、ああっ、名前聞くの忘れた! …ま、いっか」
梓「(きっと来年、わかるもんね)」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 06:06:51.79 ID:InVZIGoS0 [13/20]
よくあさ!

律「澪ー!おっすー!」

唯「ふたりとも~おっはよ~」

澪「あ、律、唯…おはよう」

律「今日の部活はみんなでベースを…あれ!?生き返った!?」

澪「こ、これは違う…借り物」

唯「え?誰にぃ?」

澪「え?えぇっと………来年、会えると思う」

唯&律「はぇ?」

澪「それと……それと……(カァァッ///)昨日はごめん、二人とも!!」ダッ!

律「あ、謝って…」 唯「逃げた…」

律「…捕獲するかー!」 唯「だねー!りっちゃーん!!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 06:16:09.28 ID:InVZIGoS0 [14/20]
ほうかご! 部室

律「し~っかし結局、今日はあいつらABCはなんにも言ってこなかったなぁ」もぐもぐ

唯「だねっ、私も臨戦態勢でちょう緊張したよ~」もぐもぐ

律「あれ、でも澪は?」もぐ…

唯「ん~とね~AちゃんBちゃんCちゃんと澪ちゃんで話し合いするって~」

律「…っておい!それ非常事態じゃねぇかぁ!」

唯「だぁいじょぶだよぉ♪さわちゃん先生がいっしょにいて話してるから~」

律「あっ、そう…じゃあ、澪のケーキは私のもんだっ」

唯「あぁっ!(ガーン)私が密かに狙ってたのにぃ!」

紬「…(私が斎藤に頼んでみんなに謝ってもらうようにするって、やらなくてもよかったのね…シュン)
  …(ピッピッピ…Trrrrr...)あ、あの、もしもし斎藤?…実は昨日のはもういいの…」
  
澪「…」ガラッ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 06:24:49.05 ID:InVZIGoS0 [15/20]
唯「澪ちゃん! …と、さわちゃん先生!」

さわ子「話を終えてきたわよ~あ、ごめ~ん私にもお茶~」

紬「はいどうぞ♪ 冷たいレモンティーです♪」

さわ子「ん~ありがと♪ (ゴクッゴクッ…)ぷはー!
   …でね、まあ話し合いの結果、程度の差はあれど、澪ちゃんが悪いっていうところもあったから」

律「から?」

さわ子「お互いに謝ってもらって、それでそこでは終了」

唯&紬「お~」パチパチ   律「…ん?でも、『そこでは』っていうのは…?」

さわ子「そう…それが問題なの…」ギラッ!  澪「ヒィッ!!」

さわ子「少々、この子には教育が必要なのよ!その性根をかんっぺきなまでに正しく清くしてあげる!」

澪「ええっ、私はもう、…」

さわ子「つべこべ言うんじゃねェ!
    その腐りきったタマゴみてーな濁った眼を洗い直してヤルァアアアアアア!!!

澪「ひぇええええええええええええええええ助けてくれみんなあああああああ」

唯&律&紬「ごしゅーしょーさまでーす」…チーン

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 06:30:41.27 ID:InVZIGoS0 [16/20]
ぶんかさい!

ハスキー唯「いよいよだね、澪ぢゃん」

澪「う、うん…クッ……(ちょ、唯おもしろい…)」

アナウンス「次は、軽音楽部によるーー」

澪「(…だめだ…緊張しすぎて逆におもしろいwwww)…プフ…」

唯「澪ちゃん。」  澪「…?」

唯「みんな、澪ちゃんが練習してたの、知ってるから」

律「そうだよ、澪」  澪「…!」

紬「澪ちゃん!」

澪「うん…(私は…)…スゥ…」

唯「澪ちゃん。絶対大丈夫だよ。がんばろ!」

律「1,2,3,4,1,2,3!」

--------放課後ティータイム「ふわふわ時間」--------

澪「君を見てると、いつもハートどきどき…♪」


おしまい!

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 06:37:10.07 ID:InVZIGoS0 [17/20]
おまけ!!

澪「あ、あの!」

いじめっ子ABC「あぁん?」

澪「…そ、その、い、今まで、本当にごめんなさい!!」

いじめっ子B「え、い、いや…あたしらは…ってかこの前謝ったじゃん」

澪「でも、でも、改めて言っておきたかったの。その、ごめんなさい!」

いじめっ子C「い、いいよもう、みんな見てるし…ここ教室だよ」

澪「あ、あと! これ、あなたたちのために作った歌詞です!
  いつか必ず歌にするから、聞いて!」バッ、ダッ…!

いじめっ子A「うわ、逃げ足はえー…どれどれ」ピラ…

『ぴゅあぴゅあはーと』

ABC「(うわっ!なんか恥ずかしい歌詞!っ///)」


こんどこそ、おしまい!!


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/06(火) 07:07:26.15 ID:InVZIGoS0 [20/20]
おまけのおまけ!!!

下校の帰り道

和「唯、ちょっと…」

唯「な~に、のどかちゃん?」

和「唯、あんたね…中二にもなってぼけーっとしてたらそのうちいじめの対象になっちゃうわよ
  あんたのこと快く思ってない女子、結構多いみたい」

唯「え~? そのときはしっかり者ののどかちゃんに守ってもらうよぉ♪」

和「私が守れる相手なら、いいんだけどね…じゃあね、唯」

唯「うん、じゃあねのどかちゃん!」

テクテク…

不良A「よぉ、平沢さァん♪」

不良B,C「フフ…」ゾロゾロ…

唯「え、なに…」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 07:24:20.28 ID:InVZIGoS0
不良A「あんたさぁ、ムカつくからいっぺんしめてやろうとおもって…」

唯「私のことそんな風に思ってたんだ…ひどい…ひどいよ…」ヌギッ

憂「自らが杯に染まることも知らねぇで、そんな愚行を侵しちまうなんてよォ!!!」

不良ABC「ッッッ!!!!!!」

不良A「お、おい!! ちょっと待ってろ!!」不良Aは仲間を呼んだ!
不良 C~Zがあらわれた!

憂「和さん、いるんでしょ?」

和「ばれてしまってはしょうがないわね。…唯を愛でる一人として、大義は果たす、それが私ら
  ピースフル・トゥルース・ポットでしょう?」

和「しかし、これでは多勢に無勢…あのお方をお呼びするしか…」

憂「近所の大婆さまですね!!」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 07:33:37.88 ID:InVZIGoS0
唯「…うーいー、なに、これ? なんでクラスメイトと、のどかちゃんと…おばあちゃんが喧嘩してるの?」

憂「おねえちゃんは隠れてて!どうなっても知らないよ!?」

唯「だって、それにさわちゃんだって混ざってるよ」

さわ子「ガタガタうるせぇんだよ!!今のあたしゃあキャサリンだ!!わかったかクソども!!!」

唯「それに、クリスティーナも、ジャニスも…あとだれだっけ…」

---

唯「う~~ん、キャサリン、きゃさりん~~~」

憂「お姉ちゃん!お姉ちゃん、どうしたの?」

唯「…んはっ!」ガバァ

憂「お姉ちゃん、ずいぶんうなされてたよ…?」

唯「…いや、変な夢みた…なんかのどかちゃんとか憂とかが、戦ってる夢」

憂「ふふ、な~に、それ」

唯「い、いや!なんでもない~」

憂「…(ばれてないよね?)」

おしまい


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。