FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「りーつ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 22:43:41.59 ID:cFmRCCCT0 [1/8]
憂「話ってなーに?梓ちゃん」

梓「憂は・・・私が律先輩の事を好きなのはしってるよね?」

憂「うん、だから軽音部に入ったんだよね」

梓「そう・・・でも、あんまり絡みがないというか、タイミングが無いと言うか・・」

憂「もっと積極的に話かけてみたら?」

梓「でもイキナリだと変に思われないかな?」

憂「慣れれば大丈夫だよ」

梓「そういうもんかな・・・」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 22:49:27.09 ID:cFmRCCCT0
放課後

梓「こんにちわ~」ガチャ

唯「あずにゃーん!抱き!」

梓「にゃ!ちょっと、熱いですよ~唯先輩~」

律「あはは、またやってるよ」

澪「飽きないよなー唯も」

紬「ニコニコ」

梓(うう・・・ここからどうやって律先輩と絡もうか・・・)

唯「ほれ~すりすり~」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 22:56:31.10 ID:cFmRCCCT0
梓「(よしっ)た、助けて下さいよ~律せんぱーい・・・」

律・澪・唯・紬「へっ!?」

梓「(ちょっと甘えた感じに・・・)りつせんぱ~い・・・助けてぇ」

律「え!あ、あたし!・・・お、おお!唯ーいい加減にしとけよー(棒)」

唯「え!あ、あうん、そうだねーごめんねー(棒)」

澪「どういう風の吹き回しだ?」

紬「わかりません・・・」

梓(よしっ!出だしは良いかも!)





9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:05:44.56 ID:cFmRCCCT0
梓「~で、純が私の玉子焼きを・・・って、ちゃんと聞いてますか?律先輩?」

律「え?お、おう!聞いてる聞いてる!」

唯・澪・紬「・・・・・・・」

澪「今日は梓、随分と律に絡むな・・・」

紬「ホント、こんなの初めて」

唯「何があったし・・・」

律「・・・(チラッ)」

唯「あ、目が合った」

澪「あいつも何が起きてるか理解できてないんだな」

紬「・・・(私達もなにがなんだか分かんないの・・・)」チラッ



律「・・・(マジか・・・)」

梓「~って、結構良いバンドなんですけど・・・・・聞いてます?」

律「き い て る よ ~ 」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:13:50.91 ID:cFmRCCCT0
梓(律先輩とこんなに話したのって初めてだな~)

梓(すっごく楽しいよ~。楽し過ぎて時間も・・・えー、今何時だろ・・・)

澪「あ、梓・・・そろそろ・・・」

梓「・・・はっ!スミマセン!夢中になっちゃって。練習ですね、直ぐに準備を・・・」

唯「いや~あずにゃん・・・そろそろ・・・」

梓「はい、今ギターを・・・」

紬「・・・帰る時間よ・・・?」

梓「・・・えぇん!?」


澪「おーい、律ー生きてるかー?」

律「わたしに・・・なんの・・・怨みが・・・ぐふっ・・・」ガクッ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:23:55.04 ID:cFmRCCCT0
梓「今日はスミマセンでした!私のせいで練習が・・・」

澪「いや、そういう時もあるさ」

唯「そうだよあずにゃん!欲求不満ってやつだよ!」

律「おいおい・・・」

紬「たまにはこういうのもいいわね~」

梓「はい・・・」

唯「じゃあ、私こっちだから~また明日ね~」

律「おうじゃあなー」

澪「またなー」

紬「気をつけてね~」

澪「じゃあ、私達もさっさと帰るか」

律「そうだな」

梓「・・・・あの、律先輩・・・」

律・澪・紬「・・・!!!」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:38:13.39 ID:cFmRCCCT0
律(今・・・私を呼んだよな・・・)

澪(お次は何だ・・・)

紬(まさか・・・告白!?・・・でもシチュエーションがイマイチだし・・・)

梓「あの・・・私、本屋に寄りたいんですが・・・付き合ってくれませんか?」

澪・紬(放課後デートキターーー!!!)

律「あ、ああ、いいぜ!じゃあ皆で行・・・」

梓「え!?いや、あの・・・」

澪「あ!私、用事があったんだ!ゴメンな帰るよ!」

紬「あ!私も~用事が・・えーと・・・・・帰るわ!」

律「・・え!な、なんだよ・・・」

澪・紬「じゃあまた明日~」タタタ・・・

律「皆行っちゃったけど・・・」チラッ

梓「・・・・」じ~

律「・・・・・・行くか?」

梓「・・・!は、はいっ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:48:55.60 ID:cFmRCCCT0
律(一体何なんだ・・・)

梓(律先輩と二人っきり・・・律先輩と二人っきり・・・)



澪「なぁ・・・どう思う?」ヒョコッ

紬「あれは・・・絶対好きなのよ、りっちゃんの事」ガサッ

澪「でも、急過ぎないか?今日になっていきなりなんて」

紬「多分、今まで仕舞い込んでいた思いが爆発したのね」

澪「確かに、梓ってたまに爆発するしな・・・」

紬「皆は気がついてないかもしれないけど、梓ちゃん、いつもりっちゃんの事チラチラ見てたのよ」

澪「ムギ・・・伊達に観察してないな・・・」

紬「それh・・澪「いや、褒めてないから」

紬「・・・・・」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:02:20.25 ID:LoG67xPi0 [1/31]
律「なぁ、梓」

梓「・・・」

律「おーい!」

梓「ひっ!な、何ですか!急に!」

律「いや何ですかって・・・着いたぞ、本屋」

梓「え!あ、そうでしたね!では参りましょうぞ!」

律(熱でもあんのか・・・)



澪「あの二人、何処に行ったんだ・・・」

紬「本屋さんって行ってたけど・・・」

澪「うん、何処の本屋か分からないんだ・・・ムギは・・・」

紬「この辺あんまり来ないし・・・」

澪「完全に見失ったな」

紬「尾行失敗ね・・・」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:12:51.02 ID:LoG67xPi0 [2/31]
梓「律先輩!コレ見て下さいよ!世界中の猫が載ってるんですよ!」

律「へぇ~カワイイな、いくらするんだ?」

梓「えと・・・4000円!高っ!これはちょっと手が出ませんね・・・」

律「あはは、つーか、猫の本買いに来たのか?私はてっきりギターの本かと・・・」

梓「えっ!えーと・・・特に決めて無いというか・・・なんと言うか・・・」

律「ん、まぁ本は見てるだけでも楽しーしな」ニカッ

梓(うぁ~その笑顔は反則だよ・・・)///

律(顔赤っ!こいつやっぱり熱あるんじゃ・・・)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:26:06.33 ID:LoG67xPi0 [3/31]
梓「あ、ここの向かいに美味しい鯛焼き屋さんが出来たんですよ!行きましょう!」

律「いやー、そろそろ帰った方が良いんじゃないか?梓も・・」

梓「・・・」

律「あんまり体調・・・」

梓「・・・」うるうる

律「・・・私クリームな」

梓「!はいっ!私は餡子です!」



澪「・・・ここの鯛焼き美味しいな・・・」モグモグ

紬「・・・ちょべりぐね・・・」モグモグ

「はい、餡子とくりーむを・・・」

紬「!澪ちゃん!あれ」

澪「梓!それに律も!」

紬「よく見たら向かいが本屋さんだわ!」

澪「なんつーご都合主義・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:35:59.41 ID:LoG67xPi0 [4/31]
律「うめー」モグモグ

梓(ああ・・・美味しそうに鯛焼き食べてる律先輩・・・)

律(顔赤いし、ボーっとしてるし・・・何より今日は色々おかしーし・・・)

梓「・・・・・」

律(絶対熱あるなこりゃ)

律「梓ーおでこ出して」

梓「へ!な、なんでででですか!」

律「おちつけ、熱あるか見てやるから」

梓「え、熱なんてありませんよ!いいですって!」

律「いいからっ!」グイッ

梓「にゃん!」

ピトッ

律「んー・・・確かに熱は無いかも・・・」

梓(やばいやばい・・・近いし色々・・・目とか鼻とか・・・)

梓(く、唇ととか・・・)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:45:52.78 ID:LoG67xPi0 [5/31]
チュッ


律「ッ!!!」ガバッ

梓「・・・はっ!!!」

律「あ、梓!なに!」

梓(ししししまったついやってしまったどうしよう)

律「あ!ゴメン!当たったの私だな!?うん!いやーでもたまには良いかーなんて・・あはは」

梓(そ、そうだよね!たまたま当たってしまった事にしよう、別にありえない事ではないし・・・)

梓「いえ、当たったのは私です!」

律「そっか、でも私も近すぎたしよくある・・・」

梓「・・・事故なんかじゃないです・・・」

律「・・・へ?」

梓(ええ!!わ、私、なにを!)


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:56:12.04 ID:LoG67xPi0 [6/31]
梓「私が・・・したくてしたんです・・その・・・キス・・・」

律「・・・」

梓(ああ・・・頭の中がぐちゃぐちゃだ・・・もう・・・無理)

梓「・・・ずっと見てました、律先輩の事。軽音部に入った一番のキッカケだってホントは・・・」

梓「わたしは・・・その・・・り、律先輩の事が・・・す・・・すっ・・・!」

律「・・・ゴメン、私帰るわ」

梓「え!・・・」

律「じゃあな」

梓「え・・・律・・せんぱい・・」

梓「・・・・っつせんぱ・・・うぅ・・・」ヒック



澪「・・・梓」

紬「・・・梓ちゃん・・・」

澪「こういうとき、どうすれば良いのか・・・」

紬「分からないわね・・・」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 01:04:15.31 ID:LoG67xPi0 [7/31]
次の日

梓「失礼します・・・」ガチャ

唯「あ、あずにゃんだー!あずにゃーん」抱きっ

梓「・・・」

唯「・・・えーと」

梓「・・・」

唯「・・・ごめんなさい・・・」

梓「・・・」チラッ

律「・・・」

梓(絶対怒ってるよね・・・・律先輩・・・・)

澪「・・・」

紬「・・・」



唯「・・・え、なにこの空気・・・」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:29:04.07 ID:LoG67xPi0 [11/31]
澪「・・・梓が部室に入った瞬間急に静かになったな・・・律・・・」

紬「えぇ・・・やっぱり昨日の事が・・・」

唯「なに?何のこと?」

澪「唯、ちょっとトイレ行こうか」

唯「う、うん・・」

澪(・・・後は頼むな、ムギ)

紬(まかせて!)

紬「梓ちゃんはミルクティーでい~い?」

梓「はい・・・いただきます・・・」

紬「りっちゃん、おかわりは?」

律「ん?あ、ああ!貰うよ。いやー今日のお茶もサイコーだな!ムギ!」

紬「うふふ、りっちゃんたら」

梓「・・・・・」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:52:50.27 ID:LoG67xPi0 [12/31]
澪「てなわけで・・・」

唯「・・・そんなことが・・・」

澪「律も相当戸惑ってるみたい・・・いや、へたしたら梓の事・・・」

唯「!そんなのヤダ!私達でりっちゃん達を仲直りさせてあげようよ」

澪「いや、多分律も皆に知られたく無いと思うんだ。梓を傷つけたくないと思ってるはずだから」

唯「・・・」

澪「だから、今はとりあえず様子を見ておこう」

唯「うん・・・そうだね!」

澪「いい子だ。じゃあ戻るか」

唯「うん!」



梓「・・・り、律先輩!このケーキ美味しいですね!」

律「!・・・あ、あぁ、そうだなー・・・」

梓「はぃ・・・えっと・・・・・・・」

紬(梓ちゃん・・・頑張って!)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 04:14:46.00 ID:LoG67xPi0 [13/31]
ガチャ

唯「たっだいまー!」

紬「あ、唯ちゃん・・」

唯「うん、全部聞いたよ」

紬「・・・そう」

澪「それより、あの二人は・・・」

紬「梓ちゃんはなんとか会話しようとしてるんだけど・・・やっぱりぎこちないわ」

澪「ふむ。」

唯「・・・もう一度、二人っきりにしてみたらどうかな?」

澪「逆効果にならないか・・・?」

唯「二人とも、もう一度話したがってると思うんだ。そんな気がする」

紬「なるほど」

澪「確かにな・・・唯にしては冴えてるじゃないか」

唯「えへへ~」

紬「そうと決まれば!早速!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 04:34:19.56 ID:LoG67xPi0 [14/31]
唯「あ、私さわちゃんに呼ばれてたんだった!ちょっと行って来るねー」タタタ

澪「私も、ちょっとファンクラブの子と話があるから・・・」ガチャ

紬「わ、私は・・・も、もうひとこえ~」バタンッ

律「へ!お、おい、何だよ!」

梓「み、皆さん何処行く・・・」

シーン

律「・・・」

梓「・・・」

律「・・・昨日の事だけど・・・」

梓「ビクッ!は・・・はい・・・」

律「・・・いきなりでびっくりしたよ。挙句の果てにはワザとキスしましたーだもんな」

梓「・・・すみません・・・」

律「しかも女同士だぜ?どうなってんだっつーの・・・」

梓「・・・すみ・・ませ・・ヒック・・・」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 05:13:49.71 ID:LoG67xPi0 [19/31]
梓「うぅ・・・」

律「だーーー!もう!泣くなよぉ!」

梓「!律先輩!?」

律「正直、どうすれば良いのか分からないんだ・・・でも、梓を傷つけたくないし」

梓「・・・律先輩・・・」

律「・・・・・よし!梓!デートしよう!」

梓「・・・へ!?」

律「明日土曜日だろ?丁度いいじゃん」

梓「・・いや、あの・・・」

律「・・・ダメか・・・?」

梓「いえ!大丈夫です!お願いします!」

律「よーし!思いっきり遊ぶぞー!」

梓(律先輩・・・気を使ってくれてるのかな・・)

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 05:28:53.41 ID:LoG67xPi0 [20/31]
どようび!

梓「・・・」

律「おーい!梓ー」

梓「!律先輩!こんにちわ」

律「じゃあ!行くか」

梓「あの、何処行くんですか?」

律「ゲーセン!」

梓「はぁ・・・もっとオシャレな事出来ないんですか・・・」

律「なにをーー!」

梓「あはは」



澪「いい感じじゃないか」

紬「そうね・・・でも何でいきなりデート・・・」

唯「あずにゃん嬉しそ~」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 05:40:33.22 ID:LoG67xPi0 [21/31]
律「梓ギタフリやってみー?」

梓「はぁ、なんですかそれ」

律「ギターのゲームだよ、ほれ」チャリン

梓「え!始まっちゃいましたよ!どうするんですかこれ!?」

律「HTTのエースだろー!余裕余裕!」

梓「え!あ!くぅ!」 BAD!!!

律「梓へったくそだなー」

梓「むぅ、こんなオモチャだからです!ムスタングで勝負してやるです!」

律「あはは!ばっかでー!」




唯「あ!澪ちゃん!ムギちゃん!アレ可愛いよー」

紬「ホント~かわいい~」

澪「おい!ばれちゃうだろ!もっと静かに・・・」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 06:37:04.20 ID:LoG67xPi0 [22/31]
梓「お昼何食べますか?」

律「そうだな・・・寿司!」

梓「一人で食べてて下さい」

律「あずさぁ~」

梓「あ、そこのファミレスでどうですか?」

律「しゃーねーなー」



澪「私達も・・・」

唯「お寿司だね!」

紬「おいしいお寿司屋さんがあるのよ~」

澪「そこのファミレスだ!」

唯・紬「は~い・・・」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 06:38:55.83 ID:LoG67xPi0 [23/31]
なまじシリアス入れちゃったせいでやり辛いな

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 06:58:55.90 ID:LoG67xPi0 [24/31]
いるよ

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 19:38:10.94 ID:LoG67xPi0 [25/31]
律「いやー、色んな服があったなー」

梓「そうですね・・・あ、もう6時ですよ・・・この後はどうします?」

律「・・・梓、そこの公園行ってて」

梓「へ?なんで公園」

律「いいからいいから!じゃあちょっと待っててなー」タタタ・・・

梓「あ・・・」

梓「・・・」



澪「何が始まるんだ・・・」

紬「まさか!告白・・・」

唯「ドキドキ・・・」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 19:49:39.29 ID:LoG67xPi0 [26/31]
梓(公園で二人っきりなんて・・・やっぱり、一昨日の返事だよね・・・)

梓(やっぱり振られちゃうのかな・・・でも、今日は楽しかったな・・・)

律「梓ー」

梓「あ、律せんぱ・・・」ポフッ

梓「これ・・・鯛焼き・・・?」

律「んああ・・・その・・・一昨日の続き。私途中で帰っちゃったし」

梓「律先輩・・・」

律「私と一緒に食べたかったんだろ?タイヤキ」ニカッ

梓「りつ・・・せんぱ」

律「あと・・・これ御詫びに・・・はい」

梓「・・・・・・・!世界の・・猫図鑑・・・」

律「コレ見てたとき梓の目ー輝いてたしなー。あはは!なんか笑えてきた」

梓「・・・・うぅ・・・うあーーーん!!!」

律「えぇ!?何で泣いてんの!?別のが良かった?」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 19:59:20.60 ID:LoG67xPi0 [27/31]
梓「ちがいます!そんなんじゃないです!嬉しいんですー!!!」

律「そ、そっか。それは良かった・・・なぁ、梓・・・」

梓「・・はい・・・」

律「私さ、梓の事は大事にしたいとは思ってるけど・・・その、付き合うとかじゃあ無い気がするんだ」

梓「・・・・はぃ・・・・・・・」

律「だからさ・・・もう少し、時間くれない?」

梓「・・・え・・・?」

律「もっと梓の事良く知って、それから決めたいと思う」

梓「それって・・・」

律「まぁ、保留って奴?」

梓「マジですか・・・良いんですか!私振られないんですね!」

律「お、おちつけ!付き合うとも決まってないんだし・・・」

梓「はぁああ・・・よかった~・・・・うぅ・・・よかった・・・・」

律「直ぐに返事出来なくてごめんな・・・」ナデナデ



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 20:03:16.96 ID:LoG67xPi0 [28/31]
梓「先輩はどんな女の子がタイプなんですか?」

律「いや・・・私も女だし・・・」

梓「これからはガンガンアタックしますから!」

律「あはは・・・お手柔らかにな・・・」

梓「好きなオカズはなんですか!?」

律「弁当作る気満々かよ!」





澪「よかったな・・・」

紬「ええ・・・ほんとに」

唯「うぅ・・・りっちゃん!男前やでー」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 20:21:17.39 ID:LoG67xPi0 [29/31]
数日後

梓「あの・・・田井中先輩いますか?」

姫子「ん?ああ・・・律ー後輩ちゃんまたきてるよー」

律「おお、ここだよー」

唯「あれー最近あずにゃんよく来るねー」

澪「しかも律に弁当作ってな」

紬「ラブラブなのかしらぁ?」

律「なっ!ち、違うよ!梓が料理の練習したいって言うから・・・それに付き合って・・・ごにょごにょ・・」

唯・澪・紬「ニヤニヤ」

梓「律先輩!今日はから揚げです!・・・それと・・・・」

チュッ!

唯・澪・紬・律・和「!!!!!」

梓「えへへ・・・律先輩・・・大好き・・・」

律「・・・あ、あああずさぁぁぁぁああああ!!!!あほーーー!!」ゴチン!

梓「あいたっ!」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 20:23:18.16 ID:LoG67xPi0 [30/31]
おわり


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。