FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のび太のママ「のび太!こんなにご飯残してもったいない」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:26:28.13 ID:+Rw2g3qZ0 [1/30]
スネ夫「ごめんなさい」

そう言うとたけしは下駄を履いて玄関を出た。

深夜4時である。

のび太「僕は眼鏡をかけている……」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:28:14.44 ID:+Rw2g3qZ0 [2/30]
のび太「一体どうしたというのだろうか」

T字路に差し掛かる。

左に進めば極楽、右に進めば極楽。

のび太は迷わず左の道を進む。

のび太「ふふふ」

しずか「ふふふ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:30:00.05 ID:+Rw2g3qZ0
のび太「ジャイアンじゃないか。どうしたのこんな昼間から」

たけし「のび太。なぞなぞを出すぞ。答えられたら先に進ませてやる」

ここでのび太は大きく深呼吸をして、地面の匂いと木星の匂いを同時に嗅いだ

のび太「一体どうしたの」

たけし「いいか」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:31:45.80 ID:+Rw2g3qZ0
たけし「ここに3つの人形がある。お前はこの中から2つを持って帰るんだ」

たけし「でも2つの人形には爆弾が入ってる」

のび太「僕はどうしたらいいのか分からないよ」

たけし「俺に任せろ」

ジャイアンは空に吸い込まれたように消えた

夢を見ていたのだ。

しずか「イタリア」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:33:15.63 ID:+Rw2g3qZ0
のび太「見慣れた家が並んでいる」

のび太「そろそろ家に帰ろう」

マンホールを見つけた。

蓋は閉まっている。

のび太「また難問だな」

のび太「夢を見よう」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:34:14.67 ID:+Rw2g3qZ0
のび太「誰かいるんですかーー?」

のび太「おかしいなあ」

ドラえもん「野比太君」

のび太「やあ」

ドラえもん「帰って来たんだね」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:35:44.01 ID:+Rw2g3qZ0
ドラえもん「ワクチンをあげるよ。飲んで」

のび太「未来の世界も、薬を必要とするのか」

ドラえもん「君だって海水を飲むのはいやなはずだ」

押入れを開けてみる。

そこには川が流れている。

ジャイアン「水浴びをしよう」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:37:18.55 ID:+Rw2g3qZ0
ドラえもん「これは天の川」

ジャイアン「違う」

のび太「カブトムシも連れてきていいかな?」

電柱に激突した。

眼鏡が割れたので、写真を取るのび太。

のび太「ばっちりだね、しずかちゃん」

のび太「はははは」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:38:48.39 ID:+Rw2g3qZ0
公園に入ると糸くずのようなものが落ちていた。

のび太「ああ、今日は」

のび太「ドラえもん…君に会いたいよ」

のび太「君なら」

ガラッ

ドラえもん「のびたくん」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:39:53.74 ID:+Rw2g3qZ0
のび太「これ、ドラえもん」

ドラえもん「糸くずじゃないか」

のび太「違うよ」

ドラえもん「そうかも」

ドラえもん「帰ろう」

のび太「うん」

ドラえもん「僕は向こう。君はあっち」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:41:12.34 ID:+Rw2g3qZ0
ジャイアン「何してる?」

のび太「今はまだ」

ジャイアン「スネ夫がいない」

のび太「いる」

犬が3匹だった。

のび太「スネ夫じゃなかったね」

しずか「まあ!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:42:52.71 ID:+Rw2g3qZ0
スネ夫「僕を探していたのか」

ドラえもん「君に聞きたいことがあるんだ」

スネ夫「僕は少しなら英語が話せる」

ドラえもん「スネ夫くん、君の家は真っ直ぐ?それとも曲がってる?」

スネ夫「思い出す」

ジャイアン「しっかりしてくれ」

のび太「僕は帰るよ。ドラえもんが待ってるんだ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:44:26.20 ID:+Rw2g3qZ0
道路が無かった。

のび太「誰?」

のび太「僕か。当たり前だ」

出木杉がいた。

のび太「ここはどこで今は何時なんだろう」

のび太「あの人にきいてみよう」

のび太「おーい!誰かいませんかー」

のび太「はい」

ちなみに6時だ。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:45:33.90 ID:+Rw2g3qZ0
のび太「ただいま」

のび太「お風呂に入ってきます」

僕はミカンを食べた。

すると5時になった。

のび太「こりゃいいや!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:47:11.44 ID:+Rw2g3qZ0
のび太「お前も、迷子なの?」

犬「わん」

のび太「じゃあ君になぞなぞを出すよ」

のび太「スネ夫の家はどこ?ちなみに曲がってる?」

しずか「何をしてるの!」

のび太「回る?何様のつもりだ」

僕はつい怒ってしまった。無理もない。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:48:48.52 ID:+Rw2g3qZ0
ドラえもんはプリンが好きなようだ。

ドラえもん「スネ夫くん、今日はパーティだ。遠慮なく」

スネ夫「人工衛星の羽みたいな部分に似てるよ」

ドラえもん「そう?」

のび太のパパ「おやすみドラえもん」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:50:18.01 ID:+Rw2g3qZ0
のび太のママ「スネ夫さんは帰ったの?」

ドラえもん「帰ってないけどここにいるよ」

のび太「どうして?」

ドラえもん「まだ分からないのか」

のび太「ドングリを拾ったんだ」

ドラえもん「ありがとう」

一方ジャイアンは、歩いている!

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:51:47.95 ID:+Rw2g3qZ0
お帰り「のび太」

ドラえもん「古い新聞かな?」

髪が伸びてるようだった。

ドラえもん「新しい新聞は?」

のび太「取ってくる」

ドラえもん「いいの?」

伸びた「お風呂に入ってきます」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:53:08.29 ID:+Rw2g3qZ0
のび太「下駄は?」

ドラえもん「履いて行ったじゃないか」

のび太「君がか」

ドラえもん「さちわぬ。さちわぬ」

のび太「どこへ行こう?」

のび太「木星かな」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:54:27.24 ID:+Rw2g3qZ0
ジャイアン「のび太、おはよう」

のび太「君はいつもそうだ」

ジャイアン「公園に何があったか知ってる?」

のび太「骨?」

ジャイアン「骨だけじゃない。全部」

はい。

意味が分かった。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:56:42.85 ID:+Rw2g3qZ0
しずか「何色だった?」

たけし「のび太図鑑で見てみよう」

家はそれなりに新しい感じだが、電話は黒電話のようだった。

ドラえもん「ぼくドラえもん」

今夜中に逃げようと思った。

のび太「川が流れてる。天の川だな」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:58:12.19 ID:+Rw2g3qZ0
ドラえもん「違うよ」

ドラえもんの話では、これはカラスの大群らしい。

のび太「危ない所だったね」

ドラえもん「そうかも」

のび太「君はまた行くのか」

ドラえもん「呼んでるから」

のび太「石かい?」

ドラえもん「おはよう」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 02:59:21.17 ID:+Rw2g3qZ0
今度は出木杉がいない。

僕1人なのだ。

ドラえもん「大丈夫?」

ジャイアン「さっきまで赤い服を着てた。上も下もだ。なぜ?」

切符を買った。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:00:18.30 ID:+Rw2g3qZ0
僕がこの町に帰ることは二度とないだろう。

僕は自分の影が見えなくなるまで寝て、時間は1時を過ぎていた。

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:04:57.98 ID:+Rw2g3qZ0
スネ夫「助けてドラえもん!僕ぐにゃぐにゃになっちゃう!」

ドラえもん「落ち着いて。残念」

ジャイアン「たけし」

助けてもらうことにした。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:06:12.37 ID:+Rw2g3qZ0
駄菓子屋のおばあちゃん「君」

のび太「違いますよ」

駄菓子屋のおばあちゃん「君じゃなかったかしら」

のび太「お花、奇麗だね」

僕はお弁当を食べて、海に潜ってみた」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:07:01.90 ID:+Rw2g3qZ0
ドラえもん「ここは?」

のび太「バルコニーだよ」

僕はドラえもんと再開した。

後のことはよく覚えている。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:08:53.53 ID:+Rw2g3qZ0
足元が無かった。

しずか「怖くないの?」

のび太「あのね、これ、あげる」

しずか「カセットテープ?」

のび太「え?焼き鳥?」

足元はあった。

しずか「怖くないの?」

かまってられない。

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:09:38.80 ID:+Rw2g3qZ0 [29/30]
ジャイアン「今何時?」

スネ夫「帰るよ」

沖縄のような場所です。

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 03:11:01.21 ID:+Rw2g3qZ0 [30/30]
後日談


のび太はとうとうスネ夫に会わなかった。

本当に沖縄だったのだ。

おしまい

コメント

キチってる‥‥

No title

文学?

No title

マジキチ文章を頑張ってひねり出してる感があふれてる。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。