FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンジ「ミサトさんって黒が好きなんですか?」 おまけ

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 21:48:17.64 ID:xz3mLSfVO [1/10]
乙。
面白かった。

余りでなにか出来ないかっと

456 名前:ごめん[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:13:07.34 ID:xz3mLSfVO [2/10]
シンジ「なんだかやり遂げた男の顔になってるけど、どうしたの二人とも」

トウジ「ちょっと……いや大きく大人の階段上がったんや……自分にも解るときが来る」チラッ

レイ「……」

眼鏡雀斑「ああ……いろいろ踏み越えたね……」チラッ

レイ「……」

シンジ(ちゃんと『お願い』は守ってくれてる……か)
シンジ「ふーん」

委員長「鈴原ー、お弁と……どうしたの?」

シンジ「さあ」

―――
――


457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:15:27.54 ID:xz3mLSfVO [3/10]

――
―――

レイ「碇くん、これ」

シンジ「ありがとう綾波。ちゃんと『お願い』守ってくれたんだね」

レイ「……碇くん……」モジッ

シンジ「どうしたの?綾波?」

レイ「……ご褒美……ダメですか……?」

シンジ「……そうだね。今回綾波は頑張ってくれたし」スッ

レイ「あっ」チュッ

レイ「……ほっぺ……?」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:16:21.07 ID:xz3mLSfVO
シンジ「はは、やだなぁ綾波。あの二人のをくわえた口になんて触りたくもないよ」

レイ「そんな……碇くん……?」

シンジ「そうだな、じゃあ、もう少し『お願い』聞いてくれたら、考えてみるよ」

レイ「……は……んですか……」

シンジ「え?聞こえないよ」

レイ「『お願い』は……なん……ですか……」

シンジ「……ふふ、大好きだよ、綾波」
シンジ(替わりはいるし)

―――
――


459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 23:17:23.87 ID:xz3mLSfVO

――
―――

トウジ「お、アタリや」

―――
――


――
―――

シンジ(三号機は侵食されてた……か。暴走を理由にするつもりだったけど、調度いい……)
シンジ「(友を想う台詞)」

イザ コザ

キュウーン……

シンジ(これがダミープラグ……この程度で操作を乗っ取ったつもりなのかな……)


シンジ(動く動く)

―――
――



460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 23:19:39.05 ID:xz3mLSfVO

――
―――

委員長「鈴原くん……」

シンジ「……ごめん」

委員長「なんで……碇くんが……謝るの……?」

シンジ「……ごめん」

委員長「……私に謝らないで」

シンジ「トウジの事……好き……なんだね」

委員長「……なんで今聞くの」

シンジ「なんで……だろう……ね……。はは、なんだか頭がごちゃごちゃして……なんで……だろうね……」


461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 23:20:50.70 ID:xz3mLSfVO
委員長「ッ」
委員長(そうか……辛いのは友達を傷付ける事になった碇くんも同じなんだ……)

シンジ「あれ……変だな……雨……かな……」

委員長「碇くん……」ガバッ
委員長「泣いてていいんだよ……気が済むまで……」

シンジ「……ありがとう……」
シンジ(もう少しだな)

―――
――



462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 23:22:45.22 ID:xz3mLSfVO
委員長「ッ」
委員長(そうか……辛いのは友達を傷付ける事になった碇くんも同じなんだ……)

シンジ「あれ……変だな……雨……かな……」

委員長「碇くん……」ガバッ
委員長「泣いてていいんだよ……気が済むまで……」

シンジ「……ありがとう……」
シンジ(もう少しだな)

―――
――


463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 23:24:45.65 ID:xz3mLSfVO

――
―――

委員長「少しは楽になった?」

シンジ「うん。でも……もう少しこのまま……」

委員長「え?」

シンジ「委員長……洞木……さん」

シンジ「好き……だよ」

委員長「ッ!!そんなっ」

シンジ「冗談で言う言葉に聞こえる……?」

委員長「でも碇くんの周りには総流さんとか綾波さんとか……」

シンジ「周りなんてどうだっていい」

シンジ「洞木の……言葉が聞きたい」

委員長「」

―――
――


464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 23:27:25.82 ID:xz3mLSfVO

――
―――

委員長「はっあ、あっんッぐっあっいっ……はぁアッッ……!!」

―――
――


――
―――

シンジ「痛くなかった?」

委員長「ちょっと痛かった……けど、気持ちよかった……の、かな?えへへ」

シンジ「よかった……。トウジの言ってた大人の階段を上ったって、こんな気分だったんだね」

委員長「……え?」

469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 00:16:24.61 ID:/mlzcP7YO [1/2]
委員長「そう……じゃない」

シンジ「もう動かない人を想いながら」

委員長「ちがう……ちがう……」

シンジ「人を騙したんだ」

委員長「ちがうちがうちがうちがうッ!!」

シンジ「ヒカリ」ガバッ

委員長「!!」

シンジ「それでも、僕はヒカリが好きだ」

委員長「碇……くん……」

シンジ「[トウジ]はもう[いない]けど」

シンジ「僕がいてあげるよ、ヒカリ」

委員長「あ、ああ」

委員長「ありが……とう」


END

470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:17:40.91 ID:/mlzcP7YO [2/2]
なんかごめん

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。