FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラムザ「アルマーーーーーーーーーッッッ!!!!」次

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 00:54:35.03 ID:vTnzN+iJO [1/30]
悪漢「頼む!金なら払うからもっとやってくれぇぇぇ!!」

クラウド「アホに付き合っている暇はない。宿に帰るぞ」

労働八号「モウ ジュウブン ダロ? オッサン…」

悪漢「………わかった!行けよ!ありがとうな!!」

クラウド「意外とあきらめがいいんだな」

悪漢「天国を見せてもらっちまったからな………」

労働八号「ニンム カンリョウ」

クラウド「さぁ、帰るぞ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 00:58:29.85 ID:vTnzN+iJO
メリア「アグリアスはどこに………?」ダダダダ

労働八号「メリアドール ハッケン」

クラウド「よう」

メリア「アグリアス見なかった?」

クラウド「こっちには来てないが?」

メリア「なら、森だ………森に行こう!」ダダダダ

労働八号「ナニガ アッタンダ?」

クラウド「とりあえずメリアドールを追うぞ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 01:00:10.76 ID:vTnzN+iJO
メリア「…実は正気を失ったラムザがアグリアスを除名してしまったんだ。そのショックで行方不明に…」

労働八号「ヒトリデ イク モリハ カナリ キケン」

クラウド「そうだな………強力なモンスターがウジャウジャいたぞ」

メリア「早く見つけてあげないと!!!」

労働八号「アグリアス ノ モノ ラシキ アシアトヲ ハッケン!」

クラウド「あっちだ!急ぐぞ!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 01:05:20.15 ID:vTnzN+iJO
アグ「死ねッ!」ビュン

赤チョコボ「グエッ」グサリ

アグ「喰らえッ!」シュバ

赤チョコボ「ギャッ」ザクリ

アグ「こんなところで…死んで…たまるかものか…」

赤チョコボ「チョコ………メテオ!」ゴォォ

アグ「きゃあああああああああああああああああああ!!!」ドォン

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 01:11:31.89 ID:vTnzN+iJO
労働八号「アグリアス ハッケン!」

メリア「アグリアーーーーース!!!!!!」

労働八号「ワワワ! アカチョコボノ ムレモ ハッケン! カナリ キョウテキ!! キケン!!」

クラウド「メリアドール、アグリアスはッ!?」

メリア「今から手当てをすれば間に合うけど、ひどいケガよ………」

クラウド「頭に来たぞ………蹴散らしてやる………!!」

労働八号「ショリ スル!」

クラウド「桜華狂咲!!」

メリア「氷天の砕け落ち、嵐と共に葬り去る滅びの呼び声を聞け!咬撃氷狼破!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 01:19:56.84 ID:vTnzN+iJO
労働八号「ナントカ ニゲダセタ………」

メリア「まともに相手をすれば勝てなかったわ………」

クラウド「アグリアスは気を失ったままか?」

メリア「ええ。宿に連れて行きましょう。私が運ぶわ」

クラウド「助かって良かった」

労働八号「ピピ ニンム カンリョウ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 01:25:56.94 ID:vTnzN+iJO
労働八号「ヤドニ トウチャク」

メリア「アグリアスを運んで、向こうの部屋で寝かせてあげようと思う………」

クラウド「その方がいい………頼んだ」

労働八号「クラウド! オトコノ ヘヤニ イドウ シヨウ」

クラウド「………嫌な予感がするな」

メリア「ラムザをよろしくね………」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 01:30:20.33 ID:vTnzN+iJO
メリア「ただいま………」

風水士「アグリアス!?」

踊り子「一体どうしたの?」

竜騎士「意識がないみたいですけど………」

メリア「気を失っているだけよ」

ベイオ「よ、良かった………」

レーゼ「かわいそうなアグリアス………」

メリア「看病したいから、みんなは部屋の外に行っててね」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 01:35:28.47 ID:vTnzN+iJO
アグ「うぅ………ん」

メリア「アグリアス………」

アグ「メリアドール………ここは………?」

メリア「ここは宿よ。みんなには部屋の外に出て行ってもらってるわ」

アグ「………………」

メリア「アグリアス………?」

アグ「一人に………させてくれないか………?」

メリア「………うん。わかった。私はアグリアスを信じてる………」

アグ「すまない………………」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 01:40:52.36 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「さて、このルートを通ってアルマを探し、別の街でアルマの目撃情報を………」

シド「ラムザ、さっきからアルマの事しか出ていないぞ!」

風水士「ぜんぜんまともな作戦になってないわ!」

クラウド「とてもじゃないが冷静な指揮とは思えない………」

ラムザ「うるさいぞ!!僕がリーダーなんだ!!!」

メリア「何を騒いでいるの?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 01:46:21.43 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「なんだ、メリアドールじゃないか。僕の作戦会議にも来ないで何してたんだ?」

メリア「………アグリアスを看病してたのよ」

ラムザ「アグリアスだって!?除名した人間をどうして看病する必要があるんだ!!」

話術士「そんな言い方ないでしょう!!」

ムスタ「そうだぞ!お前、いい加減にしろよな!!」

ラムザ「黙れ黙れッ!!」

メリア「ラムザ、ごめんなさい!!!!!!!!!!」バキィ!!!

ラムザ「うぐっ………」ドサッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 01:50:51.18 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「………………」

踊り子「ラムザには頭に来ちゃうわ!アグリアスを除名だなんて許せない!」

算術士「ラムザめ、このままボコボコにしてやるぞ!!」

メリア「待って!!!!ラムザも悪いけど、私達も悪いのよ!!そう思わない?」

シド「どういう意味かね?メリアドール………」

メリア「本当のラムザは心優しい人だって皆は知ってるでしょ?でも、今のラムザは別人だわ………」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 01:58:38.19 ID:vTnzN+iJO
メリア「ラムザは貴族の地位も家族も捨てて戦ってきているわ。さらには私達のリーダーまでやっているの」

シド「聖石も無事に手に入っている。ラムザのリーダーとしての功労はとても大きい」

メリア「ええ。だからラムザはきっとこの中で一番苦労しているのよ。それを常に我慢して来たはずだわ」

ムスタ「そうか………………」

メリア「でも私達はラムザに甘えすぎていたの。だからラムザは妹のアルマに甘えざるを得なかった。違う?」

レーゼ「そうかもしれないわ…私だってベイオウーフがいなければ、プレッシャーに押し潰されているもの」

メリア「その甘えられる唯一の家族を失ってしまう状況に、耐えられる訳がないわ…気が狂っても不思議じゃない…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:04:24.93 ID:vTnzN+iJO
メリア「ラムザ…うぅ………ぐすっ………ごめんねラムザ……辛かったよね…………」

ムスタ「ラムザは実の兄まで殺しているんだよな………………」

シド「力ない自分が情けない………」

風水士「ひっく………ぐすっ………うぇぇ」

ラムザ「………うぅーーん………あれ?………みんな?」

メリア「ラ、ラムザッ!!」

ラムザ「こんばんは」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:12:26.02 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「なんでみんな泣いてるの?」

ムスタ「へ、へへっ!こいつ、いまさら治りやがったな!!メリアドールの一発が効いたか?」

ラムザ「???」

メリア「フフ………やめてよムスタディオ……ぐすっ………」

ラムザ「変なの!」

ムスタ「ずっとそうやって元気でいろよバカ!泣いて損したぜ畜生!ラムザなんか、き、嫌いだ!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:19:49.77 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「ふーん。ねぇ、それより今日は何日?」

シド「今日は7月1日だぞ」

ラムザ「げげ!僕はだいぶ寝てたのかな………全然記憶が………あれ?アグリアスは??」

メリア「そ、それが部屋に一人で閉じこもってしまって、誰とも会おうとしないの………」

ラムザ「ふーん。僕が見てくるよ」タタタ…

侍「ラ、ラムザ殿!」

ムスタ「行かせてやるんだ!今のラムザにならきっとできる!」

メリア「私ですら部屋から出されてしまった。でも、ラムザなら………」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:27:04.82 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「えーっと、どうしようかな………?」ウロウロ

エアリス「すみませーん」コンコン

ラムザ「はいはい。どなた?」

エアリス「あの、このプレゼントを届けに来たの」

ラムザ「プレゼント?………うわぁ、綺麗な花だね!!誰に?」

エアリス「さぁ………?この宿に届けるようにしか言われてないから………」

ラムザ「とりあえず受け取るよ!ありがとう」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:32:16.29 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「おや?可愛い小ビンが花で包んであるけど………」

エアリス「やっぱり気付いた?すごく良い薫りのする香水なのよ!」

ラムザ「こ、こ、これはセッティエムソンじゃないか!!売れば30000ギルの超高級品だよ!?」

エアリス「実は私、大きな額の借金を抱えていたから、それを売って返済しようとしていたの」

ラムザ「う、うん。それで………?」

エアリス「でも、見ず知らずのロボットさんに助けてもらったから、お金は必要なくなったのよ!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:35:31.12 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「へぇー!珍しいロボットもいるんだね………」

エアリス「自分を犠牲にして、ただの花売りの私を助けてくれたわ………本当に嬉しかった……」

ラムザ「会ってみたいなぁ………」

エアリス「すっごく優しい子だったのに、私のせいで………帰ってから大泣きしちゃった………」

ラムザ「そのロボットが、どうしてこの宿に花を?」

エアリス「理由はわからないの………でも、きっと自分を犠牲にしてまで花を届けたかった理由があったのよ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:40:12.48 ID:vTnzN+iJO
エアリス「その花だけじゃ助けてもらったお礼にしてはあまりにも安いから、その香水も貰って!お願いよ」

ラムザ「わかった。遠慮なく君のプレゼントを受け取るよ」

エアリス「ありがとう!もしそのロボットさんに会う事がったら、花売りが本当に感謝していたと伝えて!」

ラムザ「………必ず伝えるよ」

エアリス「よろしくね。それじゃあ行くわ………」

ラムザ「さよなら………」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:45:07.67 ID:vTnzN+iJO
労働八号「ピピ」

ラムザ「労働八号!いつからそんな所にコソコソと隠れていたんだ?」

労働八号「ナイショ」

ラムザ「それより聞いたかい?盗み聞きするような君とは違って、素晴らしいロボットがいたんだよ!」

労働八号「フーン」

ラムザ「でもどうしてそんなロボットがこの宿に花を………?」

労働八号「サアネェ… ニンム ナンジャ ネーノカ?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:50:08.28 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「この花と香水どうしよう………僕が貰っていいかな?」

労働八号「………………………モラッテ ドウスル?」

ラムザ「決まってるよ!一番相応しい人にプレゼントするのさ!」

労働八号「ソレガ イイ ハナガ スキデ ニオイデ コマッテル ヒトニ ワタセ」

ラムザ「そういう事!ところでアグリアスの部屋を知らないかい?」

労働八号「アノ ヘヤダ」

ラムザ「ありがとう!じゃあね!」タタタタ…

労働八号「ニンム カンリョウ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 02:56:21.32 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「アグリアス?僕だよ」コンコンコン

アグ「ラムザ………ラムザなのか?」

ラムザ「そうだよ。だから部屋に入れてよ」

アグ「………どうぞ」

ラムザ「アグリアス………」ガチャ

アグ「ラムザ………ラムザだ………!!」

ラムザ「そうだよ。ラムザ・ベオルブだよ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 03:00:06.64 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「実は僕、知らない間に自分を見失っていたみたいなんだ」

アグ「知っている………」

ラムザ「だから、皆にもたくさん迷惑をかけたと思う」

アグ「そうだ………本当に迷惑だったぞ………」

ラムザ「ごめんね?アグリアス………」

アグ「………」

ラムザ「アグリアス?」

アグ「………………」

ラムザ「どうして泣いているの?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 03:05:50.68 ID:vTnzN+iJO
アグ「………ひっく…ひっく……」

ラムザ「みんなも泣いていたんだよ。変なんだ」

アグ「ラムザ………良かった………!」

ラムザ「ねぇ、アグリアスが閉じこもってた理由、僕は知っているよ」

アグ「……ぐすっ……………え……?」

ラムザ「今日はもう7月1日だけど6月22日、イヴァリース歴で巨蟹の月1日は君の誕生日だったんだよね」

アグ「ラムザ………」

ラムザ「誰も祝ってくれなかったから、すねちゃってたんでしょ?だからこのプレゼントをあげるよ!はい!」

アグ「ラ………ラムザァァァァァァァァ!!うえええええええええぇぇぇぇぇぇぇん!!!!!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 03:07:42.45 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「ど、どうしてそんなに泣くのさ?」

アグ「嬉しくて………誰も私の誕生日なんか………祝ってくれなくて…ぐすっ……」

ラムザ「ひどい仲間達だね!」

アグ「でも………ラムザが祝って…くれたから…ひっく……もういいんだ………」

ラムザ「そんなに泣いて、みっともないなぁ」

アグ「うえぇぇぇん………」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 03:12:15.08 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「君はいつも一人で頑張りすぎるんだよ。何でも一人で背負い込んでしまっている」

アグ「ひっく………そんなことない……それはラムザの方だ…………」

ラムザ「アグリアスだよ。この部屋のチョコボの血の臭い、相当な数を斬らなきゃここまで臭くならない」

アグ「ラムザ……………」

ラムザ「一人で街を守るために戦っていたんでしょ?ここまでひどいと、何をしても臭いは取れないよね」

アグ「血の臭いは、洗ってもずっと取れないままなんだ………」

ラムザ「………プレゼントは花と香水だよ。二つの香りが合わさって、素晴らしい香りになるはずだ」

アグ「……………ぐすっ…………ありがとう。私はもう………大丈夫だ、ラムザ。もう戦える………ぐすっ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 03:17:42.13 ID:vTnzN+iJO
アグ「私は部屋から出る。出て、騎士に戻る。またアルマを助ける旅に出よう………」

ラムザ「ありがとうアグリアス………でもね………そうだ、今から二人でこっそり出かけようよ!」

アグ「二人で………?」

ラムザ「そう!アグリアスの誕生日を忘れる人達なんて放っておいてさ!」

アグ「わかった………ラムザに任せる………」

ラムザ「せっかくだ、このセッティエムソンの透明効果を使おうよ」

アグ「ああ………」シュッシュッ

ラムザ「素敵な香りだね」

アグ「本当に素敵な香り………」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 03:22:17.58 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「ここまで来れば見つからないかな。あ!ほら見て!月が綺麗だ!」

アグ「夜風も気持ち良い………」

ラムザ「落ち着くなぁ………」

アグ「ラムザ………アルマは心配じゃないのか?」

ラムザ「実はね、アルマが夢に出て来たんだ」

アグ「本当か?」

ラムザ「僕が可愛がりすぎて、物凄く嫌われる夢だったけどさ………」

アグ「フフ………」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/01(木) 03:30:42.30 ID:vTnzN+iJO
ラムザ「すっごく可愛かったなーっ!夢の中のアルマ………」

アグ「それは………良かったな」

ラムザ「この宿の夢だった。一緒に本を読んだり看病したり。でもなぜかアグリアスはいなかった…ごめんね」

アグ「フフフ………」

ラムザ「それとねアグリアス、僕は夢の中でアビリティを一つ見つけたんだ!」

アグ「なんだ?アビリティって――――うわっ!?」

ラムザ「肩車だよッ!move+2さ!!」


Chapter 1 (THE MEAGER) finished.
Thank you for reading this stupid story.
Move on to chapter 2.
I present another little tales for dear vipper.
Coming soon. See you. Good bye.

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。