FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「昨日憂にお尻ペンペンしたんだけどさ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 21:00:42.03 ID:7q2+Nt9y0
唯「なんか叩かれて喜んでるみたいな感じでさ」

紬「まあ」

唯「憂がもし変態さんだったらって不安で…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:27:52.56 ID:SKj7eWPdO [1/15]
律「そもそもどうして憂ちゃんの尻を叩いたりしたんだ?」

唯「それがねー、憂ったら私の下着を勝手に部屋から持ってちゃうんだよ」

梓「えっ…」

澪「なんでまた?」

唯「理由は分かんない。けど、しょっちゅう持ってくの」

唯「で、昨日部屋に下着が一つも無くてね」

唯「パンツもブラも一個も無いんだよ?」

紬「それでそれで!?」

律「ムギ、興奮し過ぎ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:31:02.17 ID:SKj7eWPdO [2/15]
唯「それで家中探してたらさ、お風呂場から楽しそうな声が聞こえるの」

澪「憂ちゃんか?」

唯「そう!行ってみたら、憂が浴槽に私の下着を敷き詰めて、その中に埋もれて鼻血出しなから笑ってるの!」

律「そりゃ…軽くホラーだな」

梓(くっ、羨ましい…!)

唯「流石の私もカチンときちゃってね…。考えるよりも先に手が動いちゃったよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:36:43.74 ID:SKj7eWPdO [3/15]
紬「それで憂ちゃんのお尻を叩いたのね?」

唯「うん。そうなんだよー」

以下、回想

唯『なんでこんなことしたの!?』

憂『ち、違うのこれは…』

唯『何が違うの!どうしてお姉ちゃんの下着でいっつも悪戯するの!?』

唯『憂はお姉ちゃんの事嫌いなの?』

憂『きっ嫌いな訳無いよ!』

唯『…いいよ、お仕置きだね、憂。あんまり度を過ぎたら私だって怒るんだから!』

憂『おっ、お仕置き!!』


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:39:17.11 ID:SKj7eWPdO [4/15]
唯『お尻出して!』

憂『え…な、なんで』

唯『何回注意しても反省しない憂には、ジャイアンのママばりのお尻ペンペン位しなきゃ!』

憂『恥ずかしいよぉ』

唯『良いから早くお尻出して!!』

憂『は、はい…』

唯『綺麗なお尻して…、反省しなさいっ!』パシーン

憂『きゃう!?』

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:43:08.34 ID:SKj7eWPdO [5/15]
唯『変な声出さない!』パシーン

憂『ひぃあぅ!』

唯『まだまだ終わらないからね!』パシーン

憂『きゃいん!』

唯『ふふ、ちょっとずつ赤くなってきたよ』パシーン

憂『ひっ!あう…』

唯『憂の大事なトコが全部まる見えだよ~!』パシーン

憂『ぃあ!あ…ぁ』

憂(お姉ちゃんに、大事なトコ全部見られちゃってるぅ…)

憂(あそこから、お尻の穴までっ…!)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:46:12.21 ID:SKj7eWPdO [6/15]
唯『どんどんいくよ~っ!』パシーン ネチャ

唯『…ねちゃ?』

憂『っあ!』

唯『う~い~、手になんだかネバついたものが付いたんだけど?』

憂『はっ、あの、それはっ…』

唯『もしかして実の姉にお尻叩かれて喜んでるの?』

憂『ち、違いま『違わないでしょっ!』パシンパシン!

憂『っあんぅ!!』

唯『そんないやらしい声挙げて!全然お仕置きになってないじゃん!』パシーン

憂『ふぁあ…!!』

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:48:37.56 ID:SKj7eWPdO [7/15]
回想終わり

唯「みたいな感じで…」

律「壮絶だな…。澪なんか顔真っ赤にして気絶してるぞ」

澪「」

唯「ホントだ…。あれ?あずにゃんは?」

律「唯の話聞いてる途中で、モジモジしながらトイレ行くって出てったよ」

唯「?」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 21:53:50.49 ID:SKj7eWPdO [8/15]
唯「で、憂はやっぱり変態なのかなぁ…」

律「まぁ、まず間違いなくへんた「待って!」

律「…ムギ?」

紬「それだけのコトで、憂ちゃんを変態さんと決め付けちゃうのは早いと思う」

唯「そうかなぁ?」

紬「もっと色々、変態さんが喜ぶようなことを憂ちゃんにしてみれば良いんじゃないかなぁ?」

唯「そっか!それで喜んだら憂は変態だって分かるもんね!」

律(突っ込みたいけど、色々面倒くさいし黙っておこう)

紬「だからこれから唯ちゃんの家に行って、憂ちゃんに色々してみましょう?」

唯「そうだね!じゃあムギちゃん、りっちゃん、澪ちゃん、早速私の家に行こう!」

律「えっ、私達も!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 22:38:04.56 ID:SKj7eWPdO [9/15]
平沢家

唯「到着です!」

律「わた、し、はぁ、みお、ここま、で、はぁ、せおっ…」

紬「りっちゃんお疲れ様!」

澪「う…ん?ここは…」

唯「澪ちゃんも丁度目が覚めたみたいだね!」

律「この、たい、、みんぐで、かよ、はぁっ」

澪「私は…」

紬「実はかくかくしかじかで」

澪「そうだったのか。で、律はなんでそんなに興奮してるんだ?」

律「疲れてんだっ!!ぜーっ、ぜー」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 22:40:42.65 ID:SKj7eWPdO [10/15]
唯「で、ムギちゃんどうするの?」

紬「まず憂ちゃんにバレないように家に入るの」

唯「ふむふむ」

紬「そこで私が用意した色々な計画を憂ちゃんに試します!」

唯「おおっ!それで憂が変態さんかどうか判断するんだね!」

澪「私達関係無くない?」

律「言うな。出番が減る」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 22:49:26.14 ID:SKj7eWPdO [11/15]
唯「そろ~っと…。シャワーの音が聞こえるから憂はお風呂かな…」

唯「皆、入ってー」

律「おー…なんかちょっとドキドキするな」

紬「とりあえず唯ちゃんの部屋に行きましょう?」

唯「!?」

澪「…唯?なんでそんなに驚くんだ?」

唯「わ、私の部屋はちょっと…」

紬「でも唯ちゃんの部屋以外じゃ、憂ちゃんに私達が居ること気付かれちゃう」

唯「…そうだね。じゃあ皆、とりあえず私の部屋に」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 22:54:24.36 ID:SKj7eWPdO [12/15]
唯自室

唯「憂にまだ帰って来てないと思わせるために鍵をかけといて…と」

律(あれ?唯って部屋に鍵付いてたんだ)

澪(さっきの唯の慌てよう、気になるな…)

唯「ムギちゃん、それで色々な計画とは!?」

紬「ふふ、慌てないで。まずはこれ!」

律「…モニター?」

紬「唯ちゃんの家中にカメラが仕掛けてあるの」

紬「憂ちゃんが何処に居て、何をしようとこれで丸わかり!」

唯「…えっ?は?あれ、ちょっ、カメラ、え?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 23:20:46.11 ID:SKj7eWPdO [13/15]
紬「細かいことはいいのよ!」

澪(全然細かくないぞ)

律(…帰ったら家の中調べて見よう)

紬「あっ、ほら!憂ちゃん上がったみたい!」

律「風呂上がりの憂ちゃん、なんだか色っぽいな」

唯「りっちゃん!憂をそんな目で見ないで!」

律「えっ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 23:23:22.54 ID:SKj7eWPdO [14/15]
実験その1

紬「さっき、唯ちゃんの部屋に来る前に、これを落としてきました」

澪「…毛?」

律「いつの間に。ていうかそれ…縮れ具合とツヤと良い…もしや…」

唯「…ムギちゃん、何の毛?」

紬「唯ちゃんの陰毛」

唯「」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 23:26:27.44 ID:SKj7eWPdO [15/15]
紬「これを見た憂ちゃんはどう反応するか、というのが実験その1です」

律「流石に普通に捨てるんじゃないか」

澪「そう思いたいトコだが」

唯「それよりムギちゃんがなんで私のあそこの毛を持ってるの!?」

紬「あっ!憂ちゃんが唯ちゃんの陰毛に気付いた!」

唯「話を逸らさないでっ!!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/28(月) 00:24:50.25 ID:LLnDWJyAO [1/7]
澪「なぁムギ。そ、その、い…毛、毛が落ちてたからってそれが唯のとは分からないんじゃないか?」

紬「あ…」

律(何も考えてなかったな)

唯「憂、ブツブツ呟いてるよ~…!?」

律「口に…」

紬「含んだ…!!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/28(月) 00:27:40.00 ID:LLnDWJyAO [2/7]
実験その2

紬「実は唯ちゃんの部屋に来る前に、唯ちゃんのパンツを落としてきました」

唯「もう突っ込む気力も…」

澪(というより、既に落ちてた陰毛を口に入れちゃう時点で…)

律「お、憂ちゃんが唯のパンツに気付いたみたいぞ」

澪「これは…」

唯「何の迷いもなく…」

紬「被った…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/28(月) 00:37:23.54 ID:LLnDWJyAO [3/7]
紬「それで…実験その3だけど…」

唯「もういーよ、憂は変態だよ」

澪「唯が段々投げやりになってきた」

律「まぁ私も憂ちゃんは間違いなく変態だと思うよ」

紬「口で陰毛をテイスツしながら、頭にお姉ちゃんのパンツを被って楽しそうに料理してるものね…」

唯「はぁ~ぁ、こんな変態が妹だなんてホントにヤになるよ」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/28(月) 00:46:52.04 ID:LLnDWJyAO [4/7]
唯「ホントにがっかりだよ」

唯「憂は料理も出来て、頭も良いし、可愛い完璧な妹だと思ってたけど」

唯「まさか変態だったなんてね」

唯「私今日から憂との付き合い方考えないといけないな~」

唯「変態と一緒の屋根の下で暮らしてるかと思うとぞっとしないね」

唯「今日辺り襲われるかも。怖いなぁ~」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/28(月) 01:17:23.61 ID:LLnDWJyAO [5/7]
律「…なぁ唯。さっきから気になってたんだけどさ」

唯「なぁにりっちゃん?」

律「机の上に置いてあるシャーペン私のだよな?」

唯「…え?」

唯「ち、違うよりっちゃん。たまたま同じの持ってただけじゃない?アレは私のだよ!」

澪「…唯。あそこに置いてあるの、先月無くなった私の体操着じゃないか?」

唯「!?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/28(月) 01:22:37.23 ID:LLnDWJyAO [6/7]
紬「あ…私の無くしたハンカチもある」

唯「いや…あの、これは…」

澪「とりあえず体操着返して…うわっ。なんか濡れてる」

律「シャーペンもカピカピするんだけど」

紬「あれ?ハンカチは別に…」

唯「…そうだよ」

律「え?」

唯「どーせ私も変態ですよ!!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/28(月) 07:51:59.63 ID:LLnDWJyAO [7/7]
唯「どーぞ軽蔑して頂いて結構ですよ!」

唯「ムギちゃんのハンカチ噛み締めながら」

唯「澪ちゃんの体操着の匂い嗅いで」

唯「りっちゃんのシャーペンを出し入れして」

唯「おなにー楽しんでましたよ!!」

律「お…おぅ…」

紬「まぁまぁまぁまぁ」

澪「…ははは」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 08:07:49.98 ID:LLnDWJyAO
唯「憂のコトなんて言えないよ!」

唯「正直私だって皆にお尻ペンペンなんてされたら喜ぶよ!」

紬「…唯ちゃん」

唯「ううっ…ぐすっ、もういいよ、みんな出てって、出てってよ!うわぁぁ~ん!」

紬「実は私も変態なの」

唯「…えっ?」

澪「ムギ!?」

律(これは…嫌な流れだな)

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 08:52:20.13 ID:LLnDWJyAO
紬「実はレモンティーとか言って、私のおしっこをティータイムに出したコトもあるわ」

唯「!!」

律「え…ムギ、う、嘘だよね?」

澪「唯…。私も変態だよ」

唯「澪ちゃん!?」

澪「私、そのレモンティーをムギのおしっこと分かっていながら飲んだりしてたし」

唯「変態だ…!三人共、私と寸分違わないまごうことなき変態だよ!」

律「ちょ…違う、私は変態じゃないぞ…」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 09:51:02.39 ID:LLnDWJyAO
唯「私、憂に謝ってくるよ!」

澪「うん、それがいいんじゃないか」

紬「私、皆で一緒に色々変態ちっくなコトするの夢だったの♪」

律「私は変態じゃないって…!」

澪「じゃあ皆で憂ちゃんに謝りにいこう!」

律「モウヤダ」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 10:54:50.91 ID:LLnDWJyAO


こんにちは!平沢憂です!
昨日、全裸で頭にお姉ちゃんのパンツを被って、口の中にお姉ちゃんの陰毛を含みながら、
料理に私のよだれを垂らしていた所に突然お姉ちゃんと軽音部の皆さんがやってきて
…思い出すと顔がニヤけます。

そして今日はなんとけいおん部のティータイムに招待されちゃいました!
楽しみだなぁ。
今?勿論全裸です!

憂「すいませーん…」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 11:44:10.91 ID:LLnDWJyAO
紬「憂ちゃん、いらっしゃい!」

そこには夢のような光景が広がっていました。

唯「う~い~、私のおしっこ飲んで~」

憂「うんっ!」

梓「唯先輩のおしっこは私が飲みます!」

澪「律も早く脱ぎなよ」

律「私はノーマルなんで…」


おわり

コメント

No title

リっちゃん以外ハッピーエンドだな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。