FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ころらど!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:14:12.86 ID:yM8Bx39g0 [1/24]
律「じゃじゃーん! 唯~、これ見ろよ!」
唯「うわ、何これ!踏む所が二つ付いてるよ!!」
律「そうなんだよ!これはな、ツインペダルっていうんだ」
唯「ついん...ペダル?」
律「すごいぞー、早速使ってみようぜ!」
唯「うん!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:17:20.31 ID:yM8Bx39g0
~部室~
律「バスドラにつけてっ...と。よし、いくぞ!」
唯「おおーー!」
dkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdk...........

唯「す、す、す、すごーーーーい!!」
律「だろ?これで激しい曲もまかせろ!!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:22:44.33 ID:yM8Bx39g0
唯「で、りっちゃん。何でこれを買ったの?」
律「実はやりたい曲があってな......」
がちゃん
澪「dkdk聞こえてきたんだが、やっぱりお前か」
唯「あ、澪ちゃん、あずにゃん!」
梓「すごい、買ったんですか」
律「ああ、高かったんだがやりたい曲があったからな。ちなみに買ったのは
  アイアンコブラのTAMA / HP900RSWだ!中古楽器屋においてあったんだ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:28:24.93 ID:yM8Bx39g0
唯「で、やりたい曲って何?」
律「ああ、それはな......」
がちゃん
紬「みなさん、こんにちは!」
唯「むぎちゃん!」
澪「よぉ、紬」
梓「むぎ先輩、こんにちは!」
紬「こんにちは。今日は頑張ってクッキー作ってきたの。
  みんなで食べましょう!」
唯「食べるーー」
澪「早速だな」
梓「もう慣れました」

律「・・・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:37:05.35 ID:yM8Bx39g0
唯「で、三度聞くけどやりたい曲って?」ムシャムシャ
律「おお、今度は言わせてくれ。それはな、この曲だ!」
バン!
唯「おお.....みすた~....びっ....く?」
ガタっ!
澪「お前、本気か!!?このバンドって」
ガタっ!!
梓「最近再結成したからってそんなノリで言ってるわけじゃ」
澪「無いよな」梓「無いですよね」ズイっ
律「いやいや~、まぁなんというかその~....昨日テレビでこのバンドの特集やってて
  ・・・、まぁ・・ノリだ!許してくれ。」
澪「そんなとこだと思った!」
梓「もう慣れました」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:40:30.76 ID:yM8Bx39g0
唯「で、4回目で恐縮ですがそのバンドの曲のなんの曲をやるの?」
澪「まさかあの曲じゃないよな」
梓「やな予感しかしません」
律「まぁまぁそんなこというな!とりあえずみんな聞いてくれ!」
紬「なんだろぉねぇ~」
唯「ねぇ~」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:46:10.08 ID:yM8Bx39g0
http://www.youtube.com/watch?v=HNe6QaqVTqU

唯「・・・・これは、さわちゃん知ってそうだよね」
梓「知ってるもなにも、これはギター弾いてる人だったら結構知ってますよ」
澪「ていうかベースも鬼なんだよな、これ」
紬「私は何をすれば?」
律「紬はこれのコーラスだな。つってもそんな難しいものではないな!」
がちゃ!
さわ子「懐かしいと思ったらどうしたの?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:48:29.75 ID:yM8Bx39g0
唯「あ、さわちゃん」
律「さわちゃん、あのなこのきょ・・
さわ子「やるの?」
澪「らしいです」
梓「もう慣れました」
紬「こ~ろ~ら~ど~♪」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 04:52:30.07 ID:yM8Bx39g0
さわ子「唯ちゃん、梓ちゃん。どっちがあの部分やるかわからないけど
    私がメタルに目覚めたころ、その曲をコピーしようとしたの
    でもどうしてもあそこの部分ができなかったの」
唯「あそこって?」
さわ子「それはね、最初よ。」
唯「最初?」
さわ子「そうよ、もう一度聞いてごらんなさい」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:00:12.08 ID:yM8Bx39g0

さわ子「どう?わかった?」
唯「う~ん、六つの音が連続してるのかな?」
さわ子「そう、六連ね。最初が一番難しいのよ。私はこれを弾けなくて
    悔しかったわ。だって指が・・届かないんだもん!」
唯「え?どのくらい届かないの?」
さわ子「これを見なさい!」

http://www.youtube.com/watch?v=vDKVhrdmYHA

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:10:16.16 ID:yM8Bx39g0
唯「最近のけーたいは動画も見れるんだねぇ・・すごいなぁ」
さわ子「そこじゃないわ!いい?とりあえずこの人は手もでかくて
    若いころから早い曲ばっかやってたから出来るかもしれないけど
    あなたはまだ始めて3年目。梓ちゃんでもこれ出来たら大したものよ」
唯「あずにゃん?出来そう?」
梓「もう慣れま・・いやいや、こればっかりはさすがに・・」
唯「でもこんな感じでしょ、よいしょ」
てれれててれれててれれててれれて・・・・
梓「・・・やっぱり先輩の絶対音感って馬鹿にならない。全部音あててる。
  スケールもきっとわからないのに」
唯「でも早く弾けないけどね」
さわ子「さすがだわ、唯ちゃん。でもねこの曲をやるにはまだまだ苦労が絶えないのよ」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:13:27.65 ID:yM8Bx39g0
ビシっ!!
さわ子「澪ちゃん、りっちゃん、あなたたちよ!!」
澪、律「!!」
さわ子「もしかしたらリズム隊が一番大変かもしれないわ、とりあえずこれを見なさい」
http://www.youtube.com/watch?v=J-ZdmlKX06A


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:22:00.05 ID:yM8Bx39g0
さわ子「澪ちゃん、とにかくこの曲はスリーフィンガーが必須よ。
    あとりっちゃん。このバスドラはただのDKDKじゃないわ。
    ちょっとシャッフル気味なのよ。」
律「あぁ、そういえば!」
澪「確かに」
さわ子「あと澪ちゃんも一番最初が難関だわ。やり過ぎて指を怪我しないようにね」
澪「先生、ピックじゃ駄目ですか?」
さわ子「確かにピックでも弾けるわ。でもそれじゃ音のニュアンスがどうしてもピック
    弾きになってしまうわ。やっぱりコピーするなら完コピを目指さなきゃ」
澪「分かりました!!」


律「な~んかだるくなっちゃったなぁ~」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:29:22.36 ID:yM8Bx39g0
紬「こ~ろ~、ら~ど~」
さわ子「あとむぎちゃん!」
紬「はい!」
さわ子「どうしてもこの曲はそれぞれのパートで精一杯になっちゃうから
    ボーカルやってみない?」
紬「私が・・ですか?」
唯「あっ!それ斬新!」
律「それはいくらなんでも無理だろ!だって英語だぜ、さすがのむぎでも・・」
紬「Ace high in Golden, I was tall & On the rocks♪」
澪「さすがだな」
紬「もう慣れました」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:37:26.30 ID:yM8Bx39g0
数日後
唯「見て見てあずにゃん、こんな感じ?」
テレレテテレレテテレレテテレレテ・・・・
梓「(すごい、もう出来てる。私だって先輩が出来ないかもしれないから
  練習してきたのに。私より早く・・・)・・すごい・・ですね」
唯「でしょでしょ?へへ~ん」
紬「すご~い」
唯「でしょ?ところでむぎちゃん、今日のおかしは?」
紬「きょうはマカロンよ!」
唯「わ~い!!」
梓「どうして、私より・・・」ボソっ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:45:03.21 ID:yM8Bx39g0
唯「そういえば、澪ちゃんはできるようになった?」ムシャムシャ
澪「いや、さすがに数日では難しいな。というか唯が凄すぎだろ」
律「ホントだな、私なんかもうあきらめ
澪「お前は早すぎだ」
律「だって~、シャッフルだけじゃないんだよー。リムの雰囲気だすのが難しいだって」
澪「そこは練習だな。まぁ、この曲はすっごく練習になるのは確かだな。」
律「だろだろ?褒めて褒めて☆」
澪「唯、律のマカロン食っていいぞ」
唯「ほんと!?りっちゃん!!」
律「ちょWW」
梓「(なんでなんでなんでなんで・・・・)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 05:51:24.85 ID:yM8Bx39g0
梓家
梓「なんで・・・私よりもギター歴は浅いのに・・」
てれれててれれててれれててれれててれっ!・・・・・
梓「っ!!・・・もっと・・・練習しなきゃ!!」

平沢家
唯「憂~、ア~イ~スぅ~」
憂「はいはい。(今日はなんのおねぇちゃんの写真でしようかな)」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 06:00:20.84 ID:yM8Bx39g0
また数日後
律「よぉ~し、じゃあ合わせてみようぜ!!」
澪「緊張するなぁ」
唯「よし、やるぞぉ~」
梓「・・・・・・・」
紬「♪♪♪」
律「よし、いくぞ!カウントいれるぞ。ワン、ツー。ワン、ツー、スリー、フォー!!」

・・・・・・

ジャーン♪♪

律「一発目にしては、・・・・まぁ、そこそこだな」
澪「お前は走ってたがな・・・ただ・・」
唯「・・・あずにゃん・・どうしたの?」
梓「・・・・なにが・・ですか?」
澪「梓・・・お前・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 06:05:32.94 ID:yM8Bx39g0
唯「・・・・手が・・指が震えてるよ・・・」
さっ!
梓「そんなことないです!!見ないでください!!」
澪「(確かに難しい曲だ。けれど梓の担当はバッキング部分だ。
   そんな難しいところじゃない。でも素人でも分かるくらいミスしていた)
   ・・・・もしかして、梓。お前、腱症炎・・・」
梓「そんなことありません!!大丈夫です。もう一度やりましょう!!」
唯「あずにゃん・・・・」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 06:14:52.55 ID:yM8Bx39g0
澪「駄目だ。もし腱症炎ならお前は今すぐギターを置いて休むべきだ!」
梓「大丈夫って言ってるじゃないですか!腱症炎なんかじゃないですよ」
唯「あずにゃん・・・無理しちゃだめだよ・・」
梓「・・無理してません」
律「お前がいなきゃHTTは成り立たないんだぜ?だから澪の言うとおりにしろよ。な?」
梓「何回言えば分かるんですか!!!大丈夫ですって!!ほら!!」
ピロピロピロピロピロピっ!!・・・
梓「痛っ!!・・もう一回!!」
ピロピロピっ!!・・・
梓「(・・・・痛い・・・)・・・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 06:25:12.37 ID:yM8Bx39g0
漢字違った 腱鞘炎だった


澪「やっぱり、急な練習のしすぎは腱鞘炎のもとだ。多分ピックは持てるし
  ある程度は弾けるからそんなに酷いものじゃないだろう」
紬「梓ちゃん、休んで。お願い」
唯「あずにゃん・・・・」
律「そうだぞ。先輩のいうことは少しでもなぁ~
梓「唯先輩が悪いんですよ!!」
唯「・・・えっ?・・私?」
梓「唯先輩が・・・・唯先輩が・・・あんなに早くあのフレーズを
  弾けるようになったから・・・」
澪、律、紬「?」
唯「・・・・」
梓「私・・・・悔しくて・・・ヒック・・どうしても追いつきたくて・・
  ・・ヒック・・・」ボロボロ
唯「あずにゃん・・・」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 06:32:04.89 ID:yM8Bx39g0
律「そうか・・・でもな梓、休むべき時に休まないと後々後悔するぜ?」
さわ子「そのとおりよ」
唯、澪、律、紬「さわちゃん!!」
律「ほんといつもどうやってタイミング良くでてくるんだよ!」
澪「・・・びっくりした・・・びっくりした・・」ガクガクブルブル
さわ子「この曲はコピーできなかった。前、私が唯ちゃんに言った言葉。覚えてる?」
梓「は・・い・・ヒック」
さわ子「それはね、怖かったの。今とあなたと同じ症状が」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 06:42:04.09 ID:yM8Bx39g0
さわ子「もしかしたら今練習したら出来るようになるかもしれない。
    でももしあの症状になったらって思うと・・・」
澪「それって・・もしかして・・先生も・・・」
さわ子「そう。なったの。前にも話したと思うけど
    好きだった人に振られつつ言われた言葉にしたがって
    私はワイルドになりたかった。そこでとにかくやろうと
    思って当時解散して話題になっていた有名なバンドを
    コピーしようと思ったの。」
律「それがMr.Bigなわけか」
さわ子「そう。それで難関な曲をコピーしようとおもって一生懸命練習したわ。
    それこそ身を粉にするかのように。それで私はなってしまったの。」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 06:51:24.19 ID:yM8Bx39g0
さわ子「当時の仲間も澪ちゃんと同じように注意してくれたわ。
    それで今の私があるの。」
澪「だから私達にあんなにこの曲に対する注意点を熱心に教えてくださったんですか。」
さわ子「そんなとこね。まぁ思い入れがあるのよ。だから梓ちゃん、
    無理をしちゃだめよ。休むときは休まなきゃ。」
唯「うう・・ごめん・・あずにゃん」ボロボロ
律「Σええ!!何故にそこで泣く?」
唯「らって・・わたひが・・出ひたかりゃ・・でひたから・ヒック・こんな・・
  (だって、私が出来たから、こんな)」ボロボロ
梓「・・・・ごめん・・・なさい・・」ボロボロ
紬「うんうん、いいのよ、休んで」ボロボロ
澪「いや、何故にむぎも泣く?」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 07:07:47.07 ID:yM8Bx39g0
律「よし、じゃあ梓が治るまで部活は無しな!今日はみんなでどっかいこうぜ!」
梓「え?先輩たちだけでも練習して下さいよ」
律「さっきも言ったけどお前がいないとHTTじゃないんだよ。だからいいんだ」
澪「そうだな。部長らしいこといえる様になったじゃないか!」
律「えへん!褒めて遣わすぞ!」
澪「唯、今日は律がなんか奢ってくれるらしいぞ!」
唯「ええ!?ほんちょ??」ボロボロ
律「うおぃ、そりゃねぇ~よ~、ってお前まだ泣いてんのかよ!」
紬「そぉ~よ~、涙をふいて~」ボロボロ
澪「(お前もな)」
梓「(ほんとに・・・この人達は・・。・・・・でも
  一緒にいて、なんだか安心する。・・・正直この人たちが先輩でよかった。)」
律「よぉし、なんか喰い行こうぜ。私はすた丼が食べたいぞ!」
唯「りっちゃん、私はハンバーガーが食べたいな!!奢りで」
律「お~い、まだそれ言ってるのかよ」
澪「よろしくな」
紬「よろしくお願いします」
律「二人もかよ!!そんな金ねぇ~って!」
唯「あずにゃんほんとこんな部活でごめんよ~」
澪「お前がいうな!」
梓「もう慣れました」


  
  


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 07:11:06.82 ID:yM8Bx39g0
過疎どころかほぼ自分でスレ埋めてました。

律が一番好きなので部長らしいことを言わせてみました。


コメント

No title

俺得自転車SSかと思ったが
どうやら違ったようだ

No title

けいおんとメタル絡めたSSないかなー
ポール先生はメタルじゃあないか。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。