FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「初詣行かないか?」 神裂「私で…良ければ」 2

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 00:41:55.99 ID:ZY2JuoaPO
一番好きって言われて
書いてて良かったです

今からストーリー作ります!!

404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 00:47:45.72 ID:ZY2JuoaPO
連作になりますが、
一晩ストーリー考えたり
書き溜めたりします

保守して頂ければ幸いです!

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 01:38:33.34 ID:ZY2JuoaPO
みんなありがとう!
コメントしてくれてる方の為に、
次のストーリーのプロローグが
出来たので投下しときます
本編は鋭意制作中です!

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 01:41:15.18 ID:ZY2JuoaPO
神裂火織には弱点がある。
そう、それは機械にめっぽう弱いのだ。
以前寮に届いた最新式全自動洗濯機に
散々振り回された事がある。

「ステイル、神裂にもう少し
機械の事を学ばせて欲しいと思いけるの」

妙な言葉使いで話すのは、
ローラ=スチュアート。
長く美しい金髪を持つ
イギリス清教の最大主教だ。

「はぁ、具体的にどうしろと?」

ステイルと呼ばれた長身、赤髪の魔術師は、
面倒くさそうに聞き返した。

「それはあなたの思いけるように…」

(結局僕に丸投げか)

ステイルは苦虫を噛み潰した様な顔で
その場を後にした。

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 01:42:12.66 ID:ZY2JuoaPO
「ふぁ~…」

上条当麻は今日も補習を受けていた。
世間は冬休みだというのに。
いっそ学校に住んだ方が早いんじゃ…
などと窓の外を眺めていた。

「上条ちゃん!何ボーっとしてるんですかっ!
今日はここまでにしますけど、
ちゃんと明日も来るのですよー!」

「へ~い…」

いつもの様に小萌の小言を聞き、
上条は校舎を後にする。

「はぁ…上条さんに
冬休みはないのでしょうか…」
上条が一人溜め息を吐いた時だった。
ポケットの中で携帯が上条を呼んでいた。

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 01:43:06.01 ID:ZY2JuoaPO
「はいは~い。上条さんですよ~」

「相変わらず間抜けな声だね、
上条当麻」

「す、ステイル!?」

珍しい人物からの電話に、
上条の警戒レベルがレッドになる。

「インデックスに何か…」

ステイルはインデックスの為なら
人を殺す事すら厭わない。
彼は否定しているが、上条からすれば恋にしか見えない程の執心だ。
そのステイルから突然連絡があるなんて、
上条にはインデックス絡みの事件としか思えなかった。

「落ち着いたらどうだ、上条当麻。
今日はあの子とは関係ない話だ」

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 01:43:56.31 ID:ZY2JuoaPO
上条の警戒レベルがグリーンに引き下がる。

「じゃあ何だよ?
まさか俺の声を聞きたいだけとか……」

上条は自分で言っといて、気持ち悪くなる。

「君は幸運だね。今そこに僕が居たら、
君を焼き殺しているよ」

「ぐっ、相変わらずムカつく奴!」

「君と言い合うつもりも、
世間話をするつもりもない。
手短に用件を伝えるよ」

やっぱ嫌な奴、
と上条は電話を握る手に力を込めた。

「神裂を機械に強くしてくれ。
場所は第十五学区の電器店。
時間は…そうだな、今から行けば間に合う。
ちなみにうちの最大主教からの依頼だ。
拒否は出来ないから
せいぜい頑張るといい」

上条が何かを言う前に電話が切れた。

「せっかく家に帰るとこだったのに……
不幸だぁぁ!!」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 01:51:36.70 ID:ZY2JuoaPO
>>419
ありがとう
後少し頑張る!

425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 02:10:43.87 ID:ZY2JuoaPO
上条は学校のある第七学区から、
学園都市最大の繁華街がある
第十五学区へ急いだ。
指定された時間は分からないが、
とにかく急いだ方がいいと駅から走っていた。

「くそー!!勉強の後は体育かよっ!!」

目的の電器店に辿り着く頃には、
冬なのに汗だくだった。

電器店は地上6階、地下2階の
巨大なビルになっている。
その全てのフロアに、
学園都市の科学技術が溢れているのだ。

「くそ、詳しい話もしないで!
あの不良神父め!不幸だっっ!!」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 02:12:48.31 ID:ZY2JuoaPO
「か、上条当麻?」

ビルの入り口で人の波を避け、
申し訳なさそうに佇んでいた神裂は、
聞き覚えのある声にその人物を探す。

「か、上条当麻!?
あなたが学園都市側の協力者だったのですか!?」

「へ…?協力者?」

上条の反応がおかしいとは思ったが、
神裂は彼が協力者で
少し得したような気分だった。

「まさか…何も聞いていないのですか?」

「おう!」

自信満々に答える上条に、
神裂は肩の力が抜けてしまった。

「はぁ~、あなたはいつもそうです。
考える前に体が動いたのですね」

呆れて、けれど嬉しそうに
神裂は溜め息を吐いた。

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 02:13:43.99 ID:ZY2JuoaPO
「つまりこういう事か。
神裂の機械音痴を治す為、
ステイルが用意した
学園都市側の協力者ってのが俺。
そんで今からこの電器店を
神裂に案内する。
実際に機械に触れて勉強って事か」

「はい」

神裂の説明で上条はようやく
ステイルの意図が理解出来た。

「最初からそう説明しろよな、あの不良神父!」

「ステイルには私から言っておきますから。
それにもし面倒ならお断り
して頂いても……」

「乗りかかった船だ!
上条さんに任せなさいっ!
神裂さんを今日中に機械博士にします!」

「ふふ、いつもいつも大袈裟です」

こうして二人は任務遂行の為、
ビルの中へと足を踏み入れたのだった。

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 02:15:21.93 ID:ZY2JuoaPO
プロローグ終了
みなさんのお言葉に甘えて
今日はこれで休ませて頂きます
ありがとー!!

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:03:37.62 ID:ZY2JuoaPO
みなさんおはようです
保守して下さった方、
ありがとう!

あまり早くないですが
投下していきます

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:06:23.16 ID:ZY2JuoaPO
「よし!こういうのは
上から攻めるのが常套手段だ!」

上条と神裂は最上階、つまり6階にいた。

「な、なるほど!」

神裂は上条の適当発言を
メモに一生懸命取っている。
最上階は清掃ロボットなどの
展示、販売をしている。

「こいつは自動で汚れやゴミを
お掃除してくれる、とっても
優秀な機械だ」

ロボットの実演コーナーで、
上条は神裂にも分かり易い様に、簡単な言葉で説明する。

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:07:21.62 ID:ZY2JuoaPO
「か、勝手にですか?
人が入っているのでしょうか…」

神裂はお掃除ロボットをコツコツと
叩いてみる。

ビー!!ビー!!

「ひっ!!かかか上条当麻!
これ何か鳴ってます!!」

神裂は上条の後ろに隠れて怯えている。

「これはただの警報だぞ。
叩いたから鳴ってるだけだ」

(神裂の機械音痴は重傷だな)

上条は引き受けた事を
ほんの少し後悔したのだった。

449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:13:48.69 ID:ZY2JuoaPO
「よし、上条さんが悪かった!
いきなりお掃除ロボットは
難易度が高い!次だ!」

二人は次のフロア、5階に下りた。
ここは洗濯機、冷蔵庫などが置かれている。

「あ!私冷蔵庫なら得意です!」

神裂はそう言うと近くの冷蔵庫
へ嬉しそうに向かった。

「冷蔵庫に得意も不得意もないんじゃ……」

上条は一抹の不安を抱えるのだった。

「あれ?」

冷蔵庫を開けようとした神裂が、
戸惑った声を出す。

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:14:44.57 ID:ZY2JuoaPO
「んっ!あれ?えいっ!あ、あれ?
おかしいです…開きません!」

「神裂さん、逆…」

取っ手の無いタイプだったので、
神裂は必死に逆から開けようとしていた。
上条の指摘通りに、神裂はもう一度開けてみる。

「あ…」

カパッという音と共に、冷蔵庫の扉が開いた。
中から冷気が漏れる。
神裂の顔はみるみる
真っ赤になっていく。

「うぅ………」

神裂は泣きそうな顔をすると、
冷蔵庫に頭を突っ込んでしまった。

「な、何してんだ神裂…」


「…ほっといてください…」

上条はいよいよ頭を抱えるのだった。

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:25:02.68 ID:ZY2JuoaPO
「さてと、次は4階だな」

5階では冷蔵庫を見た後に
洗濯機も見る予定だったが、
神裂が異常な拒否反応を見せたので、
諦めて4階に下りる事になった。
ここは主に電子レンジや炊飯器、
食に関する物が集まっている。

ここに来るまで神裂は何故か目も合わせない。
よっぽど恥ずかしかったのだろう。

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:30:16.91 ID:ZY2JuoaPO
「これは調理してくれる電子レンジだ」

上条がそう言って指差したのは、最新式のオーブンレンジだ。

「ち、調理をですか?」

神裂は理解しているかは別だが、メモだけは取っていく。

「包丁などが入っている
という事……」

「…………」

「…という事はありませんよね」

「ありません!!」

上条はまるで子供に教えるように、
仕組みを簡単丁寧に説明していく。

「な、なるほど!」

本当に理解しているのだろうか。
上条の不安は募るばかりだ。

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:49:05.22 ID:ZY2JuoaPO
その後も上条は、
炊飯器、ポットなど懇切丁寧に
使い方や仕組みを教える。
それを神裂は必死にメモしていく。

「や、やっと中盤か!
神裂、上条さんは休憩を提案します!」

上条はエスカレーター脇のベンチで、
大きく伸びをする。

「さ、賛成です…」

実は神裂も苦手な機械に囲まれ続け、
主に精神が疲れていた。

「そういやインデックスに
連絡してないな。」

上条が携帯を取り出すと、タイミング良く着信があった。

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:56:05.10 ID:ZY2JuoaPO
「言い忘れていたよ、上条当麻」

「あっ!お前もっとちゃんと
説明し……」

「少し黙っててくれないか。
耳が痛い」

「ぐぬっ!!」

「インデックスは遊園地に
招待しておいたよ。
あの子の友人と月詠小萌も一緒にね。
夜まで戻らないだろう。
安心して働いてくれ」

それだけ言うと電話は一方的に
切られてしまった。

「あいつと話すと、
言いたい事言わせてもらえねー!
モヤモヤする!!」

(誰と何を話してたのでしょう?)

神裂もモヤモヤしていたのだった。

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 10:57:46.38 ID:ZY2JuoaPO
ちょっと出掛けます!
すいません!

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 14:18:49.25 ID:ZY2JuoaPO
保守ありがとう!
少し手があいたから
続きを貼ります

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 14:19:59.17 ID:ZY2JuoaPO
とりあえずインデックスの問題は片付いた。
上条は同じフロアにある喫茶店
に入る事にした。

「よし、神裂。作戦を立て直そう」

「ご、ご迷惑おかけします……」

神裂は申し訳なさそうに小さくなった。

「やっぱ、勉強だと思うから
ダメなんだと思うぞ。
堅苦しいというか」

「そ、そうですか…
ではどうすれば…」

神裂は不安そうな顔をしている。
「うーん……そうだ!
上条さん閃いた!」

上条はそう言ってある作戦を
神裂に伝える。

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 14:26:38.88 ID:ZY2JuoaPO
「要は勉強だと思わなきゃいいんだろ?
だったら今日はデートだと思えばいいんだよ」

「ぶっっ!!ケホッ!ケホッ!」

神裂は飲んでいたアイスティーを
吹き出す。

「デデデデート!?」

「ん?何か変な事言ったか?」

上条はただ神裂の気分を
変えるために言ったのだが、
神裂はそれどころではない。

「し、しかし任務ですし!
……デートは…
したいです…けど…」

「ん?」

神裂は上条に聞こえないように
本音を呟いた。

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 14:37:21.26 ID:ZY2JuoaPO
「とにかくさ、デートだと思えば、
気も楽だし。自然に
覚えてしまうんじゃねーか?」

「の、乗ります!私そのアイデアに乗ります!!!」

神裂は身を乗り出して答えた。

(そんなに機械音痴を治したいんだな)

と鈍感な上条は思うのだった。

「よし、そうと決まれば次行くぞ!」
二人は次のフロア、3階へ向かった。

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 14:50:09.76 ID:ZY2JuoaPO
3階はテレビやパソコンが集まるフロアだ。
神裂は物珍しそうに見て回っている。

「か、上条当麻!見てください!
このテレビすっっっごく薄いです!
私の七天七刀と同
じくらいしか厚みがありません!!」

神裂は最新式デジタルテレビの前で
興奮している。

「物騒なもんと比べるんじゃありません」

その後も神裂は、

「ふぁ~!」

とか

「ほぇ~!」

とか訳の分からない言葉で、
感動していた。
そんな神裂を見て、
やっぱりさっきは肩に力が入ってたんだな、
と上条は微笑むのだった。

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 14:50:50.88 ID:ZY2JuoaPO
「か、上条当麻!最近のテレビは
勝手に録画してくれるそうです!」
エスカレーターで2階へ向かいながら、
神裂は先程仕入れた知識を
自慢気に披露していた。

「へー、そりゃすげぇな」

もちろん学園都市の住人である
上条は知っていたが、
神裂の嬉しそうな顔を見れば
そんな事は言えない。

「さて、と。2階は…カメラやおもちゃか」

2階にやって来た二人は、
まずカメラのコーナーにやって来た。
実際に試せるように、
電源が入ったカメラが並んでいる。

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 14:51:38.74 ID:ZY2JuoaPO
カメラは小さなモニターと繋がっていて、
その場で確認しながらビデオカメラ
などを試せる様になっていた。

「わ、私です!」

モニターの自分を指差しながら
神裂がキョロキョロする。

「ど…どれに撮られているのでしょう…」

たくさん並んだカメラを前に
首を傾げる神裂を見ていると、
自分が未来から来た人間のように思える。

「ま、楽しそうだからいっか」

「か、上条当麻!来てください!
こっちにもカメラがいっぱいです!!」

「へいへい、今行きますよーっと」
上条はその後も、カメラコーナーで散々振り回されるのだった。

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 14:57:43.34 ID:ZY2JuoaPO
カメラに飽きた二人は、隣のおもちゃコーナーへやって来た。
プラモデルから最新のゲームまで
幅広い品揃えだ。

「あっ!」

神裂は何かに気付くと、
小走りにおもちゃの体験コーナーへ向かう。

「み、見てください…ネコです…
ネコさんです!」

そこにはロボットのネコがいた。
外見は本物の様なネコだが、
中身は最新式のロボットだ。
使用者の声などを分析し、
プログラムされた動作をする。

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 15:00:17.96 ID:ZY2JuoaPO
「な、なぜネコさんがここに…」

「神裂さん、それロボットです」

「………知っていましたが何か?」

神裂は分かり易い強がりを言う。上条はやれやれという顔で
使い方を説明する。

「そのロボットに向かって話しかけてみー。
動くぞ」

「な、なるほど…」

神裂はネコロボットを抱き上げる。

493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 15:01:11.74 ID:ZY2JuoaPO
「に、にゃー」

「!?」

「あれ、動きません…
にゃー!にゃーにゃーにゃー!」

「……人間の言葉でな、神裂…」

「………………」

「上条さんは何も見てない事にします」

「……………」

神裂はネコをそっと戻し、
その場をそっと立ち去るのだった。

494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 15:02:42.02 ID:ZY2JuoaPO
一旦ここまで
年末は大忙しです
夜には再開出来ると思います
みなさんごめんなさい!

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 17:57:58.17 ID:ZY2JuoaPO
ネコの件がよっぽど
恥ずかしかったのだろう、
神裂は先程から黙って拗ねている。

「ま、まぁ神裂、誰にだって
間違いはある!」

「………」

「そ、それになかなか可愛かったと
上条さんは思うにゃー…なんて」

「うぅっ!バカにしてます!
絶対バカにしてます!!」

神裂は目に涙を溜め、
真っ赤な顔で落ち込んでしまう。

「わ、悪かった!上条さんが悪かった!
もう機嫌直してくれ!神裂さん!」

今土御門が現れたら、
きっと瞬殺される…
上条は悪友が現れない事を、
心から願うのだった。

510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 17:58:54.22 ID:ZY2JuoaPO
「さて、いよいよ最後だ。
なんかRPGみたいだな」

拗ねていた神裂を何とか宥め、
上条は1階へ辿り着いた。

「先程は失礼しました。もう大丈夫です。
さぁ行きましょう!」

この階は携帯電話や、
MPプレーヤーなどが集まった階だ。

「上条当麻、この小さい箱に
音楽がたくさん入っているのですか?」

神裂はちょっと前に発売された
プレーヤーを手に、上条に尋ねる。
上条は神裂が理解出来るように、
簡単に仕組みを説明してやる。

「な、なるほど!やっぱり学園都市は凄いですね…」

余談だが神裂が手に持っているのは、佐天が使っているのと同じモデルだ。

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 17:59:56.05 ID:ZY2JuoaPO
「あっ、これ可愛いですね。」

神裂は最新の携帯電話を手に取る。

「それ最近出たやつだろ?
便利な機能いっぱい付いてるしなー」

上条がその"便利な機能"を説明すると、
神裂は携帯を静かに戻した。

「わ、私には使いこなせそうもありませんね…」

それから二人は1階をのんびり
見て回った。

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 18:00:50.41 ID:ZY2JuoaPO
「今日はありがとうございました」
神裂はビルから出るなり、
深々と頭を下げた。
その丁寧なお辞儀に、
上条もつられて
深々とお辞儀してしまう。

「お、お粗末さまでした」

「今日一日で少し機械に強く
なった気がします。
あなたのおかげです、上条当麻」

そう言って笑う神裂の顔は、
機械には出来ないだろう
柔らかな笑顔だった。

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 18:01:31.08 ID:ZY2JuoaPO
「また困ったら何でも
上条さんに言いなさい。
でも突然はもう勘弁してくれ」

上条は頭を掻きながら
苦笑いをした。

「ふふ。では失礼します」

神裂はそう笑うと、
人混みの中に消えていった。

「頑張れよ、神裂…」

上条は人混みに向かって呟いた。

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 18:02:34.77 ID:ZY2JuoaPO
「やぁ神裂。どうだったかな?」

イギリスに戻った神裂は、
ステイルに報告書を
渡しているところだった。

「ステイル、あまり上条当麻を
イジメるのはやめて下さい」

「んー?」

ステイルは煙草に火をつけながら
興味なさそうに報告書をめくっている。

「彼氏をイジメられると
君でも怒るんだね?」

「か、彼氏!?ちちち違います!
切りますよ!?」

「冗談だよ神裂。僕は最大主教に
この報告書を届けてくるよ」

ステイルは何か嫌な含み笑いを
しながら姿を消した。

「まっ、まだ…"まだ"彼氏じゃないんです!」

自分で言っといて、
神裂は顔が真っ赤になるのだった。

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 18:04:18.83 ID:ZY2JuoaPO
「これを見て欲しいのでございます」

そう言ってオルソラが、
神裂の部屋を訪ねて来た。
オルソラ=アクィナス。
元ローマ正教所属の、巨乳なシスターだ。

「これ…ですか?」

神裂が手渡されたのは
小さな携帯型テレビだ。

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 18:05:30.58 ID:ZY2JuoaPO
「どうも調子が悪いらしく、
映らないのでございます。
あなたは学園都市で
機械を学んだのでございましょう?」

神裂は自信満々な顔で答える。

「私に任せてください!」

テレビを受け取ると、
神裂はあちこちいじっていく。

「あ、あれ?えぃ!」

「……………」

「んっ!この!!」

「…………」

「えいっ!!(バキッ!!)」

「バキッ??」

アンテナは見事に折れている。
神裂はオルソラにテレビを返すと、静かに部屋のドアを閉めた。

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 18:06:27.24 ID:ZY2JuoaPO
「人はそう簡単に変わらないのでございます…」

オルソラは悲しそうに
テレビに目をやると、
悲しそうな背中で帰って行くのだった。

「完」

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 18:07:40.80 ID:ZY2JuoaPO
なんかいまいちストーリー
まとめ切れなかった

支援、保守、みなさんありがとう!

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 20:40:46.12 ID:ZY2JuoaPO
みなさん楽しく読んでくれて
ありがとう!

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/27(日) 22:12:15.91 ID:ZY2JuoaPO
「よし!お前ら、ルールの確認するわよ!」

ライオンの様な金髪をした、
褐色肌のシェリー=クロムウェルが
全員に確認を取る。

「肉体的な接触は失格でございます」

元ロシア正教、巨乳の
オルソラ=アクィナスが答える。

「魔術による脅迫、暴行も失格ですね」

天草式十字凄教、五和が頷く。

「とーまに最初に"好きだ"って
言わせたら勝ちなんだよ!」

インデックスも珍しく真剣だ。

「よ、よくないですよ…こんなの」
イギリス清教必要悪、
そして天草式十字凄教女教皇、
神裂火織だけは乗り気ではない。

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 22:14:40.56 ID:ZY2JuoaPO
5人はイギリス清教の女子寮、
物置部屋でコソコソしている。

「なら神裂は参加しなくていいわよ。
邪魔者は少ない方がいいしな」

シェリーは面倒くさそうに言い放つ。

「どうせあなたには無理だと
思うのでございますよ」

オルソラも横から口を出す。

「そ、そんな事ありません!!」

神裂が真っ赤になって否定すると、シェリーがニヤリと笑う。

「じゃあ参加ね。証明してみせろよ」

「い、いいでしょう!やります!」

神裂はまんまと罠に嵌ったのだ。
上条当麻はインデックスと共に
イギリスに来ていた。
イギリス清教が魔導書の知識を必要とした為だ。

565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 23:17:14.75 ID:ZY2JuoaPO
その上条は、今まさに5人の
悪ふざけに巻き込まれようとしていた。

「優勝者には、敗者4人から素敵な商品
という事でございます」

そう言いながら、オルソラがくじを用意する。
5人は順番を決めるくじを引く。

一番手はシェリーだ。

「持ち時間は一人10分なんだよ!」
「よーい、ドンです!」

五和の合図でゲームがスタートした。

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 23:20:40.65 ID:ZY2JuoaPO
上条が部屋でくつろいでいると、
シェリーがいきなり入って来た。

「な、なんだ!!」

「久しぶりだな、上条当麻。
私のこと覚えてる?」

シェリーは上条の向かいに座ると、
足を組む。お色気作戦だ。


「えっと確か…石ころ魔術師?」

「ぐっ………」

シェリーは耐える。ここでキレたら
かなり不利だ。
シェリーと上条は一度戦闘している。
マジ喧嘩だ。
普通に接しても無駄だと思ったシェリーは、
足を何度も組み替える。
胸を寄せ谷間を作る。

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/27(日) 23:21:32.36 ID:ZY2JuoaPO
普通に接しても無駄だと思ったシェリーは、
足を何度も組み替える。
胸を寄せ谷間を作る。

(さあ、好きだと飛びかかって来い!
私の色気に我慢出来る訳ないわ!)

「なぁ…何クネクネしてんだ?お前なんか気持ち悪いぞ」

シェリーの眉間にシワが出来る。

「死ねぇぇぇ!!」

【シェリー=クロムウェル
暴力により失格】

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:22:50.34 ID:ZY2JuoaPO
「つ、次は私ですね」

五和は深呼吸をして
上条の部屋をノックした。

「し、失礼します!」

「ん?どうしたんだ五和」

「たっ、たたたたいした事じゃ
ありっありません!」

五和は既に緊張でガチガチだ。

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:24:28.55 ID:ZY2JuoaPO
「お、おしぼり…おしぼりどうぞ!」

「あぁ、サンキュー」

「の、飲み物!飲み物はいかがですか!」

「お、おう。もらうよ」

結局五和は、上条の身の回りの
世話をして10分を使い切った。

「な、なにをしてるんでしょう
…私は…」

戻って来た五和はガックリとうなだれる。

【五和
タイムオーバーで失格】


570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:29:31.57 ID:ZY2JuoaPO
続いて上条の部屋に現れたのは
オルソラだ。

「お久しぶりでございます」

「今度はオルソラか。
一体何なんだ?みんなして」

「私の事どう思っているのでございますか?」

「へ?ど、どういう事ですか?オルソラさん」

「みんなの事は気にしないで
結構でございます」

「は?え?」

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:31:20.98 ID:ZY2JuoaPO
「ですから、私の事をどう思って
いるか聞いているのでございます」

「????」

会話が行ったり来たりするので、
上条はパニックになってしまった。

結局一度も会話は噛み合わないまま、
オルソラもタイムオーバーに
なってしまった。

【オルソラ=アクィナス
タイムオーバーにより失格】

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:35:54.53 ID:ZY2JuoaPO
「みんな情けないんだよ。
私ととーまの絆を見てるといいんだよ!」

そう言ってインデックスは
勢い良く上条の部屋へ飛び込む。

「とーま!とーまとーま!!」

「インデックスまで!?
何かみんな変だぞ…」

「とーまは私の事好きー?」

「んー、上条さんは疲れたから
あっちでオヤツでも食べてなさい」

「むきぃぃぃ!!!!」

インデックスは思わず
上条の頭に噛みついた。

「あっ………」


【インデックス
暴力により失格】

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:39:56.64 ID:ZY2JuoaPO
「さ、最後は私ですね…」

神裂は緊張しながら
上条の元へ向かう。

「神裂まで…これはあれですか?
みなさんから上条さんへの
嫌がらせですか?」

ガックリとうなだれる上条を見て、
神裂は申し訳ない気持ちで一杯だった。

(やっぱりこんなのいけません)

神裂は本当の事を
打ち明けることにした。

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:44:17.99 ID:ZY2JuoaPO
「はぁ~、そういう事だったんですねー」

上条は溜め息を吐く。

「も、申し訳ありませんでした」

上条を困らせてしまっていた事に、
神裂は心から申し訳ないと思っていた。

「でもいいのか?
話たらルール違反になるんじゃ…」

「い、いいんです!
これはやっぱり良くない事です!」

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:06:15.13 ID:QJxVCN/vO
上条は頭を掻きながら、何かを考えている。

「ど、どうしたのですか?
まさか怒ってたり……」

「んー、教えてくれたお礼考えててさ……いい事思いついた」

上条はいきなり立ち上がると
大きな声で叫んだ。

「俺は!神裂が好きだっ!!」

神裂の頭は真っ白に、
頬は真っ赤に染まる。

「は……わわわわ…な、何を!?」

「これで神裂の勝ちだな」

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:10:54.35 ID:QJxVCN/vO
そう言って笑う上条に、
ボンっと音を立てて神裂の
頭はショートしてしまった。

「ん?顔真っ赤だぞ、神裂」

上条はお礼のつもりなので、
神裂がなぜ真っ赤なのか分からなかった。

「今私…し…死んでも…構いません」

神裂はそう呟いて部屋を後にした。

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:15:02.69 ID:QJxVCN/vO
「チッ、神裂の勝ちかよ。
つまんねー」

シェリーはそう言って
さっさと姿を消す。

「負け…でございますね」

オルソラは何故か悲しそうに
その場を後にする。

「とーまぁぁ!!!!!」

インデックスは上条の部屋へ
駆け込んで行く。

「うっ…うぅ」

五和メソメソと泣いていた。

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:21:57.73 ID:QJxVCN/vO
(い…いくらお礼とはいえ
、上条当麻にすっ、すす好きだって言われてしまいました)

神裂は自分の部屋で
キャーッと顔を覆う。

(で…ですが…)

これで満足していては、
きっといつまでも関係は変わらないと思う。
神裂は頬をパンと叩く。

(いつか…いつか本当の"好き"を
言わせてみせます!!!)

神裂は心にそう誓ったのだった。

ちなみに…
その後上条はインデックスや五和の
誤解を解くのに、
200倍の労力を使うハメになるのであった。



598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:23:44.61 ID:QJxVCN/vO
みなさんへのお礼にと
お祭り的な内容で書いてみました

あまり深い話ではないですが、
気楽に読んで頂けたら有り難いです

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。