FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形「人間になりたい」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 19:50:38.38 ID:k7MbU/IT0 [1/39]
女「はー」

 「それでね、また失敗しちゃって」

人形(………)

女「皆に笑われちゃったんだー」

人形(………)

女「私、どうしたらいいのかな。人形ちゃん」

人形(………)

 (私に言われてもなぁ)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 19:51:20.96 ID:k7MbU/IT0
人形(はー)

女「ごめんね、いつも愚痴ばっかりだね」

人形(いいんだけど)

 (長い付き合いだからねー)

 (でも)

 (私に言われてもなぁ)

女「はー」

人形(最近、女はいつも寂しそう)

 (相談にのってあげたいんだけど)

 (人間になりたい)

神『任せろ』

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 19:55:02.42 ID:k7MbU/IT0
人形『……貴方は?』

神『私は神だ』

人形『貴方が神か』

神『お前を九十九神にしに来た』

人形『九十九神?』

神『モノに魂が宿る的なアレ』

 『お前はその娘に長年大事にされてきたから』

 『今でも半・九十九神状態なの』

人形『………』

神『で、今宵を以ってめでたく九十九神に昇格するわけ』

 『いよっ』ポン

人形『……!』フワァ

神『じゃ、そういうことで』スッ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 19:59:56.33 ID:k7MbU/IT0
人形「これは」グッグッ

 「動く」ノビーン

 「動くぞおおおおおおおお!」クルクルー

女「………」ポカーン

人形「あ」ピタ

 「どうも」ペコリ

女「………」ソロー

人形「………」プニプニ

 「いひゃいんれすけろ」ムニー

女「夢じゃ、ないよ、ね?」

人形「うん」

女「わぁ!」ガバッ

人形「息がつまる苦しい死んじゃう」ギュウウ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:05:32.85 ID:k7MbU/IT0
翌日・女家

女「だから、人形ちゃんが動いたんだってば」

女母「はいはい、遅刻するわよ」

女「もぉ」

人形「………」

 「ね、女」ヒソ

女「うん?」

人形「私のこと、皆に言っちゃダメだよ」ヒソ

女「どうして?」

人形「内緒にして。ね?」ヒソ

 (はたから見てるとアブナイ子だから)

女母(女ちゃん、人形と話す癖、ひどくなってる……)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:09:48.21 ID:k7MbU/IT0
街中

タッタッタッ

人形「ねぇ」ガッタガッタ

女「うん?」タッタッタッ

人形「歩こう。ゆとりは大切だよ」ガッタガッタ

女「ごめん、遅刻しそうだから」タッタッタッ

人形「そう……」ガッタガッタ

 (今は耐えるのよ、人形)

 (これも女を手助けするため)

ガン

人形「っ痛ぁ!」

 「角!教科書の角当たった今!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:15:42.09 ID:k7MbU/IT0
学校

オハヨー

ヨーッス

オハヨウゴザイマス

女「………」スタスタ

人形(………)

女「………」ガラガラ

 「………」スタスタ

 「………」ガタン

人形(………)

 (女……)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:22:14.03 ID:k7MbU/IT0
教室

人形(………)ヒョコ

 (…不安だ)ジー

女「……あ」

 「大丈夫だから」ニコ

人形(…不安だ)ジー

女「………」パラ

人形(読書をはじめた)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:26:22.13 ID:k7MbU/IT0
DQN女「でさー、そのエロオヤジがー」

取り巻き「ギャハハハハ」

取り巻き「あるよねー」

取り巻き「あ、DQN女の隣の席の奴さー、また本読んでるよー」

取り巻き「ネクラだよねー」

取り巻き「ギャハハハハ」

DQN女「ふんじゃあ、何読んでっか拝見してきましょーかー」

ツカツカツカ

ヒョイ

DQN女「えーっと、絵本かなーこれはー」

女「やめて、返して」

DQN女「ふーん」

 「今のあたしにゃ分かんないねー」ケラケラ

女「もうっ」ヒョイ

 「………」パラ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:30:47.80 ID:k7MbU/IT0
人形(………)ゴゴゴゴゴ

 (あの不良娘……)ゴゴゴゴゴ

DQN女(……ん?)スタスタ ピタッ

 (視線を感じる)クルッ

女「………」ペラ

DQN女(気のせいか)スッ スタスタ

人形(悔しい)

 (私には睨むことしか出来ないんだ)

DQN女「絵本だったわー」

取り巻き「何それ」

取り巻き「ギャハハハハ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:38:02.31 ID:k7MbU/IT0
授業中

現国教師「でー、階段を登る視点、上空からの視点へとイメージがー」

女(ほー)

現国教師「ではー、ここの段落においてー、作者の意図は何かー」

女(ここはきっとこうだって)ウズウズ

人形(女がとても発言したそうにしている)

 (今こそ手助けのとき)

 「はい!」

現国教師「え?」

ザワ…ザワ…イマノダレ…?

女「に、人形ちゃん…!」ヒソ

人形(さぁ女!)b

DQN女(……さっきの声)

 (女の方から聞こえたけど)

 (あいつそーゆーキャラだっけ?)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:44:08.71 ID:k7MbU/IT0
女「――、っと、私は思います」

現国教師「うむー、いい解釈だなー」

女(うぅ、恥ずかしい)ガタン

現国教師「積極的でいいぞ女ー」

女(あうぅ)カー

DQN女(………)

人形(この調子で行こう)


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:52:05.13 ID:k7MbU/IT0
体育の時間・教室

ワーワー

人形「流石に外に出て応援するのは躊躇われる」

 「頑張れ女」

女 ズコーッ

人形「ありゃー」

ガラガラ

人形(――!)

 (取りあえず隠れよう)コソコソ

DQN女「お邪魔しますよーっと」

人形(あいつは)

DQN女「ちょっとお金借りますねー」

 「いーいーよー」

 「ではでは遠慮なくー」ガサゴソ

人形「……おい」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 20:57:33.36 ID:k7MbU/IT0
DQN女「げ」

 (まだ誰かいたのか…?)キョロキョロ

人形「………」ムスッ

チョコン

DQN女「( ゚д゚) ・・・ 」

 「(つд⊂)ゴシゴシ」

チョコン

DQN女「(;゚д゚) ・・・」

 「(つд⊂)ゴシゴシゴシ」

チョコン
       _, ._
DQN女「(;゚ Д゚) …!?」 

見回り教員「誰かいるのかー?」カツカツ

DQN女「やっべ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 21:14:12.04 ID:k7MbU/IT0
見回り教員「お前は…DQN女か…」

 「ここで何をしていたんだ…?」

DQN女「いや、さっき妖精さんが」

見回り教員「妖精さんだー?お前まさか怪しげなヤクに」

DQN女「ねーよ!マジ居るんだって!」

 「ほら!」ビシッ

シィン

見回り教員「…何も見えんが」

DQN女「居たんだっつーの!」

見回り教員「はいはい」

 「そんなこと言って体育サボりたいだけだろ?」

 「ちゃんと出席してこい」

DQN女「チッ」

人形(……ふー)コソ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 21:24:39.64 ID:k7MbU/IT0
授業中

数学教師「であるからしてこの式は」カッカッカッ

女(うんうん)カリカリ

数学教師「この値を代入するとこうなってだな」カッカッカッ

女(あれ?)カリ

 (数字、間違えてる気がするんだけどな)ハラハラ

人形(女がとても指摘したそうにしている)

 「間違ってるよ!」

数学教師「え?」

 「あ、あぁ、そのようだな」

 「女…か?すまんな」

女「い、いえ、その」カー

DQN女(やっぱり…!)

 (あのちっこいのだ!)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 21:36:46.85 ID:k7MbU/IT0
キーンコーンカーンコーン

女「ふい、放課後だ」

 (今日は何だか疲れたな…)

 (人形ちゃんったら強引なんだから…)

人形(今日は何だか疲れたなー)

 (ま、これもかわいい女のため)

DQN女「なぁ」

女「!」

DQN女「ちょっとお喋りしようぜ」

 「ツラ貸してくれよ」

女「え…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 21:51:17.66 ID:k7MbU/IT0
校舎裏

女「な、何の用、かな」

DQN女「トボケんじゃねー」

 「その鞄の中!見させてもらう」グッ

女「ちょ、ちょっと」グイ

DQN女「ぜっ!」ガバッ

人形「………」

DQN女「ヤー、こいつだ」

人形「…何よ」

 「財布なら、ここには入ってない」

女「…財布?」

DQN女「い、いやっ、何でもねーよ」

 「それより」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 21:56:37.44 ID:k7MbU/IT0
DQN女「何これ!何このカワイイ生き物!」キラキラ

 「マジ欲しーんだけど!くれ!」キラキラ

女「え、それはちょっと」

DQN女「写メ撮っていい?撮っていい?」カシャーンカシャーン

人形「………」

DQN女「ひょおおおすっげえええええ」ツンツン

人形「………」ムニムニ

DQN女「んほおおおおおおお」スリスリ

人形「…やめろ気持ち悪い」ウニウニ

DQN女「ありがと!すっきりした!」ペカー

女「あ、そう…」

DQN女「また見せてくれ!じゃ!」タッタッタッ

女「な、何だったんだろう」

人形「……知らない」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:02:28.48 ID:k7MbU/IT0
夜・女の部屋

女「明日の準備は…これでオッケーかなぁ」

 「よし、寝よう」

人形「おやすみ」

パチン

人形「………」

 「女、寝た?」

女「……スゥ」

人形「そっか」

 (今日の様子を見た感じだと)

 (女は学校で一人みたいだね)

 (どうにか友だちを作ってあげたい)

 (よし、明日も頑張ろう)

……スゥ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:08:26.54 ID:k7MbU/IT0
DQN女「送信っと」テンテンテン

 「はーあんなメルヒェンな生き物が実在したとはなぁ」

 「世の中捨てたもんじゃねーわぁ」


ピロリロリン

取り巻き「DQN女からメールだ」

 『題:

 本文:やべーまじやべー

 添付ファイル:有』

取り巻き「何の写メだろ…」

 「………」

 「鞄?だよな…」

 「何がやべーんだろ…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:14:04.25 ID:k7MbU/IT0
翌日・教室

男友「男ってさー、好きな子いんの?」

男「ん、まぁ」

男友「へー、どんなのよ」

男「こう、おしとやかで、物静かでだな」

男友「んー、例えば」

 「女、とか」

男「ブッ」

男友「え、まじで…?」

男「………」カー

男友「へ、へー…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:22:05.97 ID:k7MbU/IT0
男友「どこがいいの?」

男「分かってねーな」

 「大人しいし!黒髪ストレートだし!」

 「理想のやまとなでしこじゃねーか」

ガラガラ

女「………」テクテク

男友「あ、女来たぞ」

 「話しかけてみたら?」

男「いきなりそんな、話題が」

男友「挨拶でいーじゃん、ほら」ドン

男「わたっ」フラッ

女「………」チラ

男「あ、あの」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:29:22.68 ID:k7MbU/IT0
DQN女「妖精さーん!と女」ダダッ

 「おっす」

女「う、うん」

 「おはよう」

男(機先を制された…ッ)

 (しかし、DQN女と女が何で…)

DQN女「見せてよ…あ・れ」

女「こ、ここじゃまずいよ」

DQN女「いいじゃんーほらほらぁ」グイグイ

女「ちょ、ちょっと」

男(まさか二人はそっち系?!)ガビーン

 (何という)トボトボ

男友「え、先越されたくらいでそこまで落ち込むなよ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:34:41.09 ID:k7MbU/IT0
人形(………)ジー

 (さっきの奴)

 (女に話しかけようとしてたな)

 (気があるんだろうか)

 (………)

 (ふむ)

DQN女「みーせーてーよー」

女「ダメだって!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:44:00.45 ID:k7MbU/IT0
授業中

日本史教師「えーじゃあ、
この年に結んだ条約は何か分かるかね」

女(あー…)

 (何だっけ)パラパラ

人形「はい!」

女(え、ちょっ)

日本史教師「女か、言ってみろ」

女「…わ、分かりません」

日本史教師「何だそれは」

ドッ

男(何だか女さん、最近よく発言するようになったな)

DQN女(かわいいよう声だけでもかわいいよう)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:49:21.95 ID:k7MbU/IT0
キーンコーンカーンコーン

男友「お昼だな」

男「あぁ」

男友「女さん誘ってくれば?」

男「えええいや流石にそれは大胆にすぎるだろ」

男友「いつも一人で食ってるじゃん」

 「声かけたら喜ぶんじゃねぇの」

男「そうかな…」

 「あ、あの」

DQN女「飯食おうぜー女ー」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 22:59:05.31 ID:k7MbU/IT0
男「……!」

 (一度ならず…二度までも…)

女「え?うん、いいよ」

DQN女「机つけるぞー」ガッチャン

 「あのさ、弁当にタコさんウィンナー入れてきたから」

 「妖精さんにあーんってしたい!」

女「え、えぇ…?」

人形「……!」ガタン

DQN女「あーん」

人形「パク」

DQN女「かわえー」テレッ

女(食べるんだ……)

男(……?)

 (今何か見えたような)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:04:10.71 ID:k7MbU/IT0
人形「モグモグ」

 (ん)

男 ジー

人形(またあいつか)

 (やっぱ気があるに違いない)スゥ

DQN女「まだあるからねー」ヒョイ

人形「……!」パク

 「モグモグ」

男(何なんだろう……)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:10:43.46 ID:k7MbU/IT0
キーンコーンカーンコーン

男友「放課後だな」

男「あぁ」

男友「女さん誘って帰れば?」

男「家知らないし」

男友「じゃあ聞いてさぁ」

男「お、おう」

 「あの」

DQN女「女の家って近いの?」

女「うん、割と」

DQN女「じゃさ、寄ってっていい?」

女「え、うん」

男「………」ガクッ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:14:43.34 ID:k7MbU/IT0
人形「………」ヒョコ

男 ガクッ

人形(つくづく間の悪い奴だな)

 (よし)

 (この本を…)ガシッ

 (とうっ)ポトッ

パタン…

DQN女「菓子屋寄ろうぜー」スタスタ

女「買い食いはダメって」スタスタ

男「………」

 「……ん」

 「本落ちてる…女さんのかな」

 「お、女さん!」

 「……居ない」

 「えーっと」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:19:21.58 ID:k7MbU/IT0
女家

女「ただいま」

女母「あら、おかえり」

DQN女「お邪魔しまー」

女母「あら、いらっしゃ」

DQN女 ギャルーン

女母「い」

女「えっと、」

DQN女「友だちでーす」

女母「そ、そうなの」

 (女ちゃん…そんなギャルギャルした子と…っ)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:23:25.05 ID:k7MbU/IT0
女の部屋

女「ここが私の部屋」

DQN女「こざっぱりした部屋だなー」

 「あ、本すっげー置いてる」

女「本、好きだから」パカ

人形 ガサガサヒョコッ

DQN女「妖精さーん!」ガバッ

人形「見切った!」スッ

DQN女「………」スカ

人形「………」ドヤ

DQN女「お菓子あるんだけどなー」チラチラ

人形「……!」ガバッ

DQN女「かわえーのー」テレテレ

女「……あれ?」ガサ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:34:47.25 ID:k7MbU/IT0
女「あの本がない…鞄に入れたと思ったのに」

人形「あー」

 「学校に忘れてきたんじゃないかな!」

女「そうかな…」

人形「きっとそう!なかった気がする!」

女「そっか」

人形(あいつ…すぐに追っかけて渡しに来ると思ったのに)

DQN女「あのさ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:39:27.56 ID:k7MbU/IT0
DQN女「アド、交換しよーぜ。携帯持ってるだろ?」

女「う、うん」

セキガイセン

DQN女「オッケー」

女(高校入ってはじめての登録だ…)ワナワナ

DQN女「よろしくなー」

女「うん!」

人形(……何か違うんだけど)

 (ま、いっか)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:43:46.74 ID:k7MbU/IT0
男の部屋

男「本、持って帰ってきてしまった」

 「明日、学校で渡そう」

 「………」

 「……どんな本読んでるのかな」

カサ

 『星の王子さま サン・テグジュペリ作』

 「ふーん」

 「絵本、か?」パラ

 「………」パラ

 「いや、帽子だろーこれ」

 「………」パラ

 「は!」

 「折癖とかつけたら悪いし、やめとこう」パタン

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:47:28.65 ID:k7MbU/IT0
翌日・学校

女 ガラガラ

DQN女「おっす」

女「おはよう」

男「あ、あのさ!」ズイッ

女「ひっ」ビク

男「あ、ごめん」

 「この本、昨日落としてたよ」

女「あ、やっぱり学校に忘れてったんだ」

 「ありがとう」ニコ

男「いいいいやぁ」ワタワタ

 「面白い絵本だね!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:53:38.72 ID:k7MbU/IT0
DQN女「勝手に読んだのかー?」

人形(お前が言うなよ)

男「いや!えっと…うん、ちょっとだけ」

女「そっか」

 「どうだった?」

男「はじめの方だけしか見てないよ!」

 「本、傷んだらいけないと思って」

女「………」

 「よかったら、貸そうか?」

男「えっ」

 「うん、貸して!」

 (共通の話題ゲットォオオオオオ!)グッ

女(オーバーだなぁ…)

 (この人も本、好きなんだろうか)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:56:05.12 ID:k7MbU/IT0
男「………」ペラ

男友「なっ!男が読書だと…」

 「いつからインドア派になった」

男「ついさっき」

男友「あぁ」

 「カバーなんかかけちゃって実はエロいなんかだろ?」チラ

男「ちげーよ」ペラ

男友「何それ。絵本?」

男「女さんから借りた」

男友「ついにアプローチが実ったのか」

男「そんなところ」ペラ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:00:25.15 ID:mSWGXAEl0
キーンコーンカーンコーン

DQN女「おっ昼ぅー」

取り巻き「DQN女、飯食おうぜ」

DQN女「悪ィ、女と食うわー」

 「飯だぞー」ガチャン

男「あ、俺も一緒いい?」

女「うん」

男「失礼ー」ガチャン

人形(……ふふ)

 (なかなか楽しそうな昼食の風景になったな)

DQN女「はいっ、唐揚げ!」ヒョイ

人形「パク」

男「気になってたんだけど、その子何?」

女「この子はね、人形さん」

DQN女「へー、人形だったんだ」ヒョイ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:03:25.85 ID:Sr/JXnl60 [1/35]
キーンコーンカーンコーン

DQN女「っしゃぁ授業終わりー」

取り巻き「DQN女、ゲーセンいかね?」

DQN女「悪ィ、女と帰るわ」

 「女ー」

男「あ、俺も」

 「って行っちゃった…」ガクッ

取り巻き「………」

取り巻き「最近、DQN女、付き合い悪くね?」

取り巻き「調子乗ってね?」

取り巻き「ハブらね?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:06:21.21 ID:Sr/JXnl60 [2/35]
街中

DQN女「それで頭キてさー」

女「うん」

人形「お前が悪い」

DQN女「えー?そうかなー」

 「と」チラ

老婆 オロオロ

DQN女「あー」

 「おい婆さん」

老婆「……!」ビク

DQN女「今時そんな風呂敷包みとかねーだろー」

 「ほら、持ってやるから貸せよ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:09:14.54 ID:Sr/JXnl60 [3/35]
老婆「けっ結構ですじゃ」フルフル

女「歩道橋の向こうまで運ぶだけですよ」ニコ

老婆「………」

 「じゃあ…お願いするかのぅ」

DQN女「はじめッからそう言ってんじゃねーかー」ブスッ

 「先行くぞー」ヒョイ

女「お手を」

老婆「すまんなぁ」

女「いえ」

 (DQN女さん…良いところも、あるんだよね)クス

51 名前:はい[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:12:21.02 ID:Sr/JXnl60 [4/35]
人形「意外なことをする」チョコン

DQN女「あー?そうかもなー」

 「思い出しちまったんだよ」

人形「何を?」

DQN女「なんだろーなー」

 「まだ純粋だったころをさ」

人形「………」

DQN女「女の読んでた絵本、星の王子さまだろ?」

 「あれ、あたしも昔読んだことあってさぁ」

 「こんなおとなにゃなるまいと思ったもんだ」

 「今のあたしじゃあ笑っちまうけどなー」ヘラッ

人形「そっか」

52 名前:内藤濯(あろう)訳、岩波書店[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:16:02.16 ID:Sr/JXnl60 [5/35]
夜・男の部屋

男「続き続き、と」

ペラ…

 『ずるそうなふるまいはしているけど、

  花はやさしいんだということをくみとらなきゃいけなかったんだ。

  花のすることったら、ほんとにトンチンカンなんだから。

  だけど、ぼくはあんまり小さかったから、

  あの花をあいするってことが、わからなかったんだ。』

男「この絵本…なんか」

 「子ども向け、じゃあないよなぁ」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:20:14.87 ID:Sr/JXnl60 [6/35]
翌日・教室

DQN女「ふんふんふふーん」ガラガラ

 「………」

 「なに、それ」

DQN女の席。

そこには、一瓶の花瓶が置かれていた。

取り巻き「クスクスクス」

取り巻き「クスクスクス」

取り巻き「クスクスクス」

DQN女「………」ヒョイ

DQN女は、静かに教室の隅、

花瓶が元あった場所へと戻したのだった。

54 名前:欝展開はいりまーす[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:23:53.62 ID:Sr/JXnl60 [7/35]
授業中

化学教師「じゃ、資料集のー」

女「あ、忘れてきた」

DQN女「バカだなー」

 「嵩張るんだから学校に置いとけば」スッ

『死ね』。『臭い』。『消えろ』。

開いた資料集には、油性ペンで罵詈雑言が書き殴られていた。

DQN女(まさか)

国語の便覧。倫理の資料集。その全てに。

DQN女(……ッ)

女「……どうか、した?」

DQN女「なんでもー」

 「一昨年のやつと間違えてたわー」ニヘラ

女「雑把すぎるよー」

DQN女(………)ギリッ


55 名前:次からは大丈夫[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:26:59.44 ID:Sr/JXnl60 [8/35]
キーンコーンカーンコーン

DQN女「おっ昼ぅ」ガチャン

男「さりげなく」ガチャン

女「うん」

人形「うん」

DQN女「今日のおかずはなんとー」パカッ

はじめはトッピングかと思った。ギトギトした黒いもの。

平たく潰れたそれは、ご飯の上に、

DQN女「………」バン

 「………」ギッ

取り巻き「クスクスクス」

取り巻き「クスクスクス」

取り巻き「クスクスクス」

DQN女「……購買、いくわ」ス

ツカツカツカ ガラガラバタン

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:29:36.52 ID:Sr/JXnl60 [9/35]
女「終わったね」

DQN女「4限の体育って腹にくんだよなー」

女「そうだね」

ザワ…ザワ・・・

女「ん、なんだろう」ガラガラ

DQN女「うちの教室か」テクテク

取り巻き「クスクスクス」

取り巻き「クスクスクス」

取り巻き「クスクスクス」

DQN女「………」

取り巻き「おめーの席、ねぇから!」

58 名前:1,2,3,昼,4,5の65分授業[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:33:02.28 ID:Sr/JXnl60 [10/35]
教室からは、DQN女の席だけが消えていた。

開け放たれた窓から、校庭が一望出来るのだが、

放り投げだされたと思われる机が、椅子が、

そこに見えた。

脚の一部が歪な曲がり方をして。

中に入っていただろう教科書、資料類が散乱して。

DQN女「あんたたちさ」

DQN女は、静かに告げる。

DQN女「あたしに気に入らないことがあったならさ、謝るよ」

 「最近付き合い悪かった、って言われればまぁ、その通りだ」

 「でもさ」

DQN女は、静かに怒っていた。

DQN女「そーゆーやり方って、ないんじゃねぇの」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:37:03.06 ID:Sr/JXnl60 [11/35]
取り巻き連中は、戸惑っていた。

ほんの少し、悪ふざけをしたつもりでしかなかったのだ。

取り巻き「みっちゃんがやろうって…」

取り巻き「なっ、のりピーだって乗り気だったじゃん!」

皆でやったから、なんて、

特有の連帯感が、悪い方向に働いて。

DQN女「歯。喰いしばろっか」

殴り飛ばした。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:39:54.92 ID:Sr/JXnl60 [12/35]
DQN女「………」

女「DQN女さん…」

男「DQN女…」

DQN女「机」グシ

 「取ってくるわ」ニッ

女「手伝うよ」

男「うん」

DQN女「別に一人で」

女「手伝う」

 「友だち、でしょ?」

男「それ」

DQN女「……あぁ」

 「…さんきゅー」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:42:47.04 ID:Sr/JXnl60 [13/35]
人形「………」シュン

女「あれ、どうしたの?」

人形「私ね」

 「ずっと教室いたから」

 「見てた」

女「……うん」

人形「止めようと思ったんだ」

 「お前ら何やってんだーってさ」

女「うん」

人形「でもね」

 「いくら叫んでも、全然聞いてくれなくて」

 「何も…出来なかった…!」

女「……そうだったの」

DQN女「……そういや」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:44:51.03 ID:Sr/JXnl60 [14/35]
DQN女「あたし写メ撮ったじゃん」

 「で、送ったんだけど。……あいつらに」

女「うん」

DQN女「鞄が何よ、って反応しかなかったわ」

 「確かに写ってんだけど」ピ

男「すっごい嫌そう」

DQN女「ほんとに見えてんのかよ!」

男「いや、これはどうみても」

女「私も、そう見えるかな…」

DQN女「見える見えないあるのかもなー」

人形「………」

DQN女「だから、気にすんなって」

 「なっ」

人形「……うん」

 (ほんとに辛いのは…)

67 名前:>>65 書いてて思って付け足した奴だったりします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:46:43.81 ID:Sr/JXnl60 [15/35]
授業中

数学教師「で、ここは漸化式となるわけだ」カカカッ

女(うーん)カリカリ

DQN女「ほうほう」ジー

数学教師「であることを利用して、問題六が解けるものは?」

DQN女「えーっと、あーるひくいちぶんのあーるのえぬたすいちじょう…?」ジー

女「………」カリカリ

DQN女「ひく、いちだ!」

数学教師「DQN女…」

 「女と同じ席、同じ椅子で窮屈だとは思わないか?」

DQN女「だってぶっ壊れたし」チョイチョイ

数学教師「何があったらそうなる…」

女「触れないでください!」

男「そうです、無神経ですよ!」

数学教師「え、あ、すまん」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:48:33.60 ID:Sr/JXnl60 [16/35]
キーンコーンカーンコーン

女「放課後だ」

DQN女「よし、帰ろー」

男「あ、俺も」

男友「男ー、部活いこうぜ」

男「………」

男友「な、なんだよその反応は」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:50:34.68 ID:Sr/JXnl60 [17/35]
街中

DQN女「んでさー、そこの服屋がマジお勧め」

女「そうなんだ」

DQN女「あとは、」

 「………」

女「………」

 「大丈夫?」

DQN女「挫けそうだよー」ヨヨヨ

 「人形さんがうちに来てくれたらなおっちゃうかも」チラチラ

人形「………」

 「まぁ、一日くらい」

DQN女「ひゅう!」スリスリ

人形(やっぱ止めようかな)ウニウニ

DQN女「あ、そうだ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:53:01.37 ID:Sr/JXnl60 [18/35]
女「うん?」

DQN女「『友だち、でしょ?』」キリッ

女「………」

DQN女「嬉しかったぞー」

 「そんなわけで記念品を贈呈したく」

DQN女は、首にさげていたアクセサリーを外すと、

女の手に、包んで渡した。

DQN女「友だち記念」

 「安物だけどなー」

女はその、ちょっと派手めな銀のチェーンを、

自分の首に、つけてみた。

女「……『その水は、たべものとは、べつなものでした。』」

DQN女「『しみじみとうれしい水だったのです。』ってか」

◇おめでとう! DQN女 は 女友 に 進化 した!

女友「似合ってるよ。また明日な!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:56:01.58 ID:Sr/JXnl60 [19/35]
夜・男の部屋

男「また一緒に帰る機会を逃してしまった」

 「ゆくゆくは女さんと一緒に」

 「あわよくば家に」

 「………」

 「は!」

 「まずは、続きを読もう」

 「えーっと」

パラ

75 名前:じゃあ不慮の事故でも起こそうか[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:58:35.53 ID:Sr/JXnl60 [20/35]
 『よくわすれられてることだがね。〈なかよくなる〉っていうことさ。』

 『なかよくなる?』

 『そうだとも。おれの目から見ると、あんたはまだ、

  ほかの十万もの男の子と、べつにかわりない男の子なのさ。

  だからおれは、あんたがいなくたっていいんだ。

  あんたもやっぱり、おれがいなくたっていいんだ。

  あんたの目から見ると、おれは、

  ほかの十万ものキツネとおんなじなんだ。

  だけどあんたがおれをかいならすと、おれたちはもう、

  おたがいにはなれちゃいられなくなるよ。

  あんたはおれにとって、この世でたったひとりのひとになるし、

  おれはあんたにとって、かけがえのないものになるんだよ』

  ………

76 名前:頭痛いので休憩します 落ちたら立てな[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 01:01:11.45 ID:Sr/JXnl60 [21/35]
夜、女友の部屋

女友「グガー」

人形「苦しい」

 「ずっとベアハッグ状態なんだが」

 「………」

女友「スピー」ボイン

人形「………」スカッスカッ

 「おのれ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 09:19:00.32 ID:Sr/JXnl60 [22/35]
翌日・教室

女友「おっす」ペカー

人形「や、やぁ」ゲッソリ

女「…どうしたの?」

女友「分かんない」

人形「女ぁ」ピョン

女「うん?」ダキッ

人形「やはりここが落ち着く」

女友「お、新しい机きてんじゃん」

女「綺麗だね」

女友「思わず傷を残したくなる」シャカッ

女「やめよう?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 09:26:48.63 ID:Sr/JXnl60 [23/35]
キーンコーンカーンコーン

女友「おっ昼ぅ」ガチャン

男「さりげなく」ガチャン

女「うん」

人形「うん」

男「そういや」

 「そろそろだな。中間テスト」

女「そうだね」

女友「……え?」

女「え、って告知あったけど」

女友「……何もやってねぇ」

 「女!勉強会をしよう!」ガバッ

 「女ん家で!」

女「うん、いいよ」

男(好機…ッ!)

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 09:33:16.94 ID:Sr/JXnl60 [24/35]
街中

女「こっちの方」

男「へ、へー」

 (一緒に帰るどころか家まで)

 (ついてるぅ)

DQN女「おー、面白いもん咲いてる」プチッ

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 09:40:20.44 ID:Sr/JXnl60 [25/35]
女家

女「ただいま」

女母「あら、おかえり」

女友「お邪魔しまー」

女母「あら、いらっしゃい」

男「お邪魔します」

女母「あら、」

 (……今度は異性連れてきてる)

 (女ちゃんの交友関係って…)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 09:45:38.07 ID:Sr/JXnl60 [26/35]
女の部屋

女「ここが私の部屋」

男「ほー」

 「おんなの子の部屋ってはじめて入った」

女友「かまととぶってんじゃねーよー」

男「ほんとだって」

 「本、いっぱい置いてあるんだな」

女「うん」

 「気に入ったのあったら貸すよ?」

男「あ、いや」

 「まだ星のやつ読み終わってないし」

女友「あんな短いもんすぐだろ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 09:53:06.60 ID:Sr/JXnl60 [27/35]
男「活字って苦手なんだよ」

女「え……?」

 「じゃあ、無理に薦めちゃってたかな」

男「いや!そんなことは!」

 「女さんが好きだから好きです!」

 (――あ、言っちゃった)

女「…?なら、いいんだけど」

男(流されたー!)

 「べ、勉強、はじめましょうよ」

女友「そうだった」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:03:06.83 ID:Sr/JXnl60 [28/35]
女「――で」

男「うん」

女友「うーーん?」


女「――でしょ」

男「あーなるほど」

女友「ヴァー」ゴロゴロ


女「ってこと」

男「そういう」

女友「ほれ、猫じゃらし」ピョコピョコ

人形「私を何だと思っているのか」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:07:39.73 ID:Sr/JXnl60 [29/35]
女友「うーん」ジー

人形「………」

女友(そもそも)

 (人形さんにテスト助けてもらえば)

人形「………」

 「自分でやれよ?」

女友「……はい」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:12:24.12 ID:Sr/JXnl60 [30/35]
女「じゃ、またね」フリフリ

人形「………」フリフリ

男「お邪魔しましたー」

バタン

女友「あんた家どっち?」

男「駅まで歩いて電車」

女友「遠いとこからよくやるな」

 「あたしこっちだから」

 「じゃ」

男「おう、また」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:19:47.51 ID:Sr/JXnl60 [31/35]
電車内

男「………」ガタンゴトン

 「わりとローカルな駅までだから」

 「各駅停車の普通なんだよな」

 「………」ガタンゴトン

 「そうだ、このヒマな時間に」スッ

ペラ

 「………」ガタンゴトン

 「……酔った」ガタンゴトン


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:25:55.46 ID:Sr/JXnl60 [32/35]
夜・女友家

女友「ただいまー」

 「ん」

 「また書き置きか」

 『夕飯、つくってあるので

  あたためて食べてください

  今日も帰り、遅くなります

  女友母』

女友「ま、いいけど」

 「いつものことだし」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:30:42.60 ID:Sr/JXnl60 [33/35]
夜・女家

女「いただきます」パチ

女母「いただきます」パチ

 「女ちゃん、最近よくお友だち呼ぶようになったわね」

女「うん、まぁ」

 「この子のおかげなんだよ」

人形(………)

女母「またそんな人形持ち出して」

女「ほんとだって」

人形(女、友だちも出来たし)

 (次、何やればいいんだろう)

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:36:42.94 ID:Sr/JXnl60 [34/35]
女の部屋

女「お母さんったらまだ信じてくれないんだよね」

 「『おとなの人ってものは、

   よくわけを話してやらないとわからないのです。』かー」

人形「女」

女「うん?」

人形「今さ、悩み事とか相談とか、何かないかな」

女「とくにないかなぁ」

人形「そ、そっか」

女「うん」

人形(………)

女「じゃ、電気消すねー」

パチン

人形(何、すれば……)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 10:42:36.02 ID:Sr/JXnl60 [35/35]
夜・男の部屋

男「……よし」

 「今日は全部読むぞー」

ペラ

 『ぼくはつるべを、王子さまのくちびるにもちあげました。

  すると王子さまは、目をつぶったまま、ごくごくとのみました。

  おいわいの日のごちそうでもたべるように、

  うまかったのです。

  その水は、たべものとは、べつなものでした。

  ほし空の下をあるいたあとで、車がきしるのをききながら、

  ぼくのうでに力をいれて、くみあげた水だったのです。

  だから、なにかおくりものでもうけるように、

  しみじみとうれしい水だったのです。』

  ………

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 10:48:11.71 ID:Sr/JXnl60
翌日・学校

女「おはよう」

女友「おっす」

男「おう」

人形(挨拶…は自分からするようになったしなぁ)

男「あ、昨日読み終わったよ」

女「うん、どうだった?」

男「寂しい終わり方だったね」

 「でも」

女「でも?」

男「優しい終わり方だった」

女「……そうだね」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 10:56:10.83 ID:Sr/JXnl60
授業中

現国教師「でー、この曇り空という一文がー、心理を描写していてだなー」

女(うんうん)

現国教師「ではー、ここの段落においてー、作者の意図は何かー」

女(これは…)ウズ

人形(女がとても発言したそうにしている)

 「は――

女「はい」

現国教師「じゃあ女ー」

人形(え……)


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:02:53.75 ID:Sr/JXnl60
女「――、っと、私は思います」

現国教師「なるほどなー、そうとったかー」

 「いい発想だぞー」

女「……ほっ」ガタン

 「………」テレ

人形(………)シュン


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:08:21.87 ID:Sr/JXnl60
キーンコーンカーンコーン

女友「おっひ」

女「とう」ガチャン

女友「るぅ」

 「うお、負けた」

女「えへ」

男「俺もいるぞ」ガチャン

女友「あんたはいつも遅いなー」

男「場所が悪いから仕方ない」

人形(………)

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:14:33.20 ID:Sr/JXnl60
女友「うさりんご剥いてきたよー」

 「ってあれ」

 「人形さん、元気なくない?」

人形「……ん」

 「そんなことはない」

女「どうか、した?」

人形「別に」

男(……?)


110 :>>108 いいえ:2010/06/26(土) 11:21:22.65 ID:Sr/JXnl60
………

人形「………」

ペラ

 『ねえ…ぼくの花…、

  ぼく、あの花にしてやらなくちゃならないことがあるんだ。

  ほんとによわい花なんだよ。

  ほんとにむじゃきな花なんだよ。

  みのまもりといったら、四つのちっぽけなトゲしか、

  もってない花なんだよ。…』

人形「いつまでも弱い花じゃーない、か」

男「ね」

人形「……!」ビクゥ

男「どうしたの」

 「やっぱ様子おかしくて、心配になった」

人形「あー」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:27:26.58 ID:Sr/JXnl60
人形「正直私はもう、いらない存在なんじゃないかってね」

男「え?」

人形「前の女ったらさ、ずっと一人ぼっちで」

 「よく私に話しかけてきたんだよ」

 「他人に話せない悩み事とか」

男「そうなんだ」

人形「人形ながらも私はさ」

 「女とは長い付き合いだから」

 「何とかしてやりたいと思ってた」

男「うん」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:32:30.59 ID:Sr/JXnl60
人形「何とかなった」

 「今の女、楽しそうだろ」

男「そうだね」

 「よく話すし、よく笑うようになった」

人形「もう、もし何かに悩んだって」

 「友だちがついてるから、大丈夫だよね」

男「………」

 (『きみが、きみのバラの花をとてもたいせつに思ってるのは…』)

………


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:39:28.41 ID:Sr/JXnl60
数日後・女の部屋

ザァアア

女「う、ん…」

 「雨か」

 「今日も一日頑張ろう」

 「さ、人形ちゃん」

人形「……あー」

 「私、部屋にいるよ」

女「え?」

 「具合でも、悪かったりとか」

人形「そんなんじゃない」

 「気分だよ、気分」

 「行っておいで」

女「……うん」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:44:24.58 ID:Sr/JXnl60
バタン

人形「……はぁ」

 「だって、一緒にいたって」

 「何も出来なくて、虚しくなるからさ」

 「人形離れしても十分な年頃だろう」

神『よ』

人形「……神か」

神『お前も一応神クラスなんだがな』

 『調子どう』

人形「いまいち」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:53:48.74 ID:Sr/JXnl60
教室

女「おはよう」

女友「おっす」

男「おう」

女友「あれ、人形さんは?」

女「部屋にいるって」

女友「えーーー」

ザァァアア

女「雨、強くなってきたね」

男「そうだ、今朝のニュース見た?」

女「見てない」

女友「人形さん人形さん人形さんー!」バタバタ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 11:58:59.63 ID:Sr/JXnl60
数学教師「では今日の授業はここまでとする」

 「で、お楽しみ中間テストの返却だ」

工工エエエエエェェ(´д`)ェェエエエエエ工工

数学教師「出席番号順に取りに来い」

 「平均点は42点、追試は20点未満からだ」

ザワ…ザワ…

男「………」

 「はっ!」ガバッ

 「……おし、平均超えた」

男友「男…裏切りものめ…」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 12:04:30.21 ID:Sr/JXnl60
女「………」チラ

 「……ほっ」

女友「70点だと…化け物め」

女「女友さんは?」

女友「あたしは前より20点上がった」

女「……24点」

女友「ふ」ドヤ

女「お、おめでとう」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 12:10:59.71 ID:Sr/JXnl60
女の部屋

人形「あのさ」

 「元の、ただの人形に戻してはもらえないかな」

神『え、無理』

 『許可はするけど否定は出来ない』

人形「じゃあ」

 「人間に」

神『もっと無理』

人形「そ、っか」

 「いっそ、意思なんて持たなければよかったと思うよ」

神『………』

 (人の身に近過ぎたが故、か)

 『ま、頑張って』

人形「………」

 (私はいない方が、いいな)



120 :脳内とかで:2010/06/26(土) 12:17:53.73 ID:Sr/JXnl60
キーンコーンカーンコーン

世界史教師「では、授業をはじめます」

 「と」

 「言いたかった、のです、が」

 「暴風警報が出たので下校です」

女「暴風警報?」

男「うん」

 「大型の台風がくるかもって言ってた」

女友「そーゆーこと先言えよ」



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 12:22:38.34 ID:Sr/JXnl60
街外れ、橋下

ザァァァアアアア

人形「………」

 「ほんとに寂しかったのは」

 「私かもしれないね」

 「………」

 「私は」

 「女を幸せにしてあげたかったんだ」

 「これでいい」

 「これで」ギュ


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 12:30:43.51 ID:Sr/JXnl60
ザァァア

ヒュオオ…

女「風、強くなってきたなぁ」

女友「暴風だし」

男「あのさ、電車止まったかもしれないから」

 「泊めってもらってもいいかな!」

女「うん、いいんじゃない?」

女友「あ、じゃ、あたしも泊まるー」

 「どうせうち帰ってこないだろうし」

男「じゃあお菓子でも買って」

女「はやくかえろ?」


125 :数学はうちの高校だとこんなもん:2010/06/26(土) 12:39:43.45 ID:Sr/JXnl60
女家

女「ただいま」

女友「お邪魔しまー」

男「お邪魔します」

女母「あら、いらっしゃい」

女「台風で帰れないから、泊まりたいって」

女母「あらあら」

女友「お世話になりまー」

男「ご厄介になります」


126 :あ、過去形ですよ?念のため:2010/06/26(土) 12:43:52.02 ID:Sr/JXnl60
女の部屋

女友「人形さーん」ガチャ

シィン

女友「あれ」

 「いなくない?」

女「え?」

 「ほんとだ」

男「いないな」

 (……まさか)


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 12:48:52.26 ID:Sr/JXnl60
男「あ、あのさ」

女「うん?」

男「人形さん、何か悩んでたみたいで」

 「もしかしたら、……」

 「ちょっと探してくる!」ダッ

女友「あ、あたしもっ!」ダッ

女「そんな…」

 「人形ちゃんが…悩んでたなんて」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 12:55:43.26 ID:Sr/JXnl60
男「一応レインコート持ってきてるんだ、貸すよ」

女友「気がきくじゃん」

 「あたし東の方探すから」タッタッタッ

男「俺、西」タッタッタッ

女「わ、私も」

ヒュオオオオオ

女「っ」

 「風…飛ばされたり、しなきゃいいけど」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 12:59:37.03 ID:Sr/JXnl60
女「気付かなかった」

 「気付いてあげられなかった」

 「…一番、近くにいたのに」

 「悩んでたなんて」

 「………」

 「昔、よく悩み、聞いてもらってたよね」

 「どうしても泣きたいときは、よくあの橋の」

 「……!」ダッ


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:04:36.35 ID:Sr/JXnl60
男「どうだった?」

女友「ダメ」

 「女は?」

男「あれ」

 「女も捜しに行ったのか」

ピロリロリン

男「「メールだ」」女友

 『多分、街の外れの橋の下だと思う

  昔ね、よくあの子とそこに行ったから』

男「どこ?」

女友「こっちだ」ツイ


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:08:26.06 ID:Sr/JXnl60
女「よし」ピ

 「今、行くから!」

女は堤防沿いを走っていった。

傘。骨が折れたから、捨てた。

合羽。顔を覆う部位が水に濡れ煩わしく、

向かい風に押されるのもあり、外した。

首から上は直に雨を受けていた。

その隙間から滲む滴と、走り続けたことの汗で、

どのみち、女の身体はベタベタとなっていた。

横目に流れる川は、体積を増して、荒く。

牙を剥くときを、今か今かと待ち構えているかのようだった。


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:12:16.74 ID:Sr/JXnl60
人形「雨、止まないな」

 「風もきつくなってきたし」

 「地面も泥ッ泥じゃあないか」スッ

 「……まったく、気が滅入るね」パンパン

 「もうちょい、上にのぼろ」

 「う」ズル

 「しま――」

女「人形ちゃん!」ザザザ


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:19:02.37 ID:Sr/JXnl60
男「まだかよ!」

女友「うっせぇもうそこだ!」

 「ほら、あの橋のことだ、きっと」

男「あれは…、下に女と…人形もいるか?」

女友「見えねーよ遠いし」

 「いるんだな、そこに?」

男「あ」

 「ぁ?」

女友「何さ」

男「飛び込んだ。川に」

女友「はぁ?!」


136 :>>133 女が3歳のとき、祖母が姿を似せて作ったものでした。削ったの忘れてた:2010/06/26(土) 13:22:49.57 ID:Sr/JXnl60
 『ぼくが、ぼくのバラの花をとてもたいせつに思ってるのは…』

 『にんげんっていうものは、このたいせつなことをわすれているんだよ。

  だけど、あんたはこのことをわすれちゃいけない。

  めんどうみたあいてには、いつまでもせきにんがあるんだ。

  まもらなけりゃならないんだよ、バラの花とのやくそくをね……』


137 :終わったら、没案のところ貼ります:2010/06/26(土) 13:26:51.51 ID:Sr/JXnl60
………

『……な』

『女』

女「う…ん……」

『起きて』

女「はっ」

 「人形ちゃんは…!」

『ここにいるから』

女「え……」

 「その姿は…」

人形『何よ』

 『私はこれでも、女の保護者のつもりだったんだ』

女(お姉ちゃんがいたら…こんな感じなのかな…)


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:29:31.76 ID:Sr/JXnl60
人形『悪かったね』

 『暴走した』

女「…ううん」

 「私こそ」

 「ごめんね、気付けなくて」

 「私の悩みは、聞いてもらってたのに」

人形『言わなかったからなぁ』

女「言ってよ…」

 「そんなに、頼りない?」

人形『…意地みたいなもんかな』

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:32:31.32 ID:Sr/JXnl60
人形『私の悩み、聞いてくれる?』

女「うん」

人形『頼りない妹分がいて、不安で仕方なかった』

女「………」

人形『だから、背中を押してやった』

 『するとびっくり』

 『その子は自分で歩いていけた』

女「………」

人形『成長を喜ばしく思う反面』

 『寂しかったかな。ちょっと』

女「………」


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:35:45.24 ID:Sr/JXnl60
人形『ここからは約束』

女「約束?」

人形『強く生きて』

 『私を不安にさせないように』

 『私に出来ることはもう、これが最後』

女「それ、って」

人形『さ、目を閉じて』スッ

 『次に目が覚めたら、そこがあなたの居るべきところ』

 『友だちを、大切に、ね』ポワ

女「………」クラ

ポワン

人形『はぁ』


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 13:37:58.28 ID:Sr/JXnl60
人形『本当はさ』

 『やっぱりそばに居たくて仕方ないんだ』

 『願いが叶うんだったなら』

 『私は人間になりたかったよ』

神『無理だって』

 『その姿で我慢するって話だろう』

人形『はいはい』

 『……しっかりな。女』

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 14:05:15.99 ID:Sr/JXnl60
 『あんたたちのためには、しぬ気になんかなれないよ。

  そりゃ、ぼくのバラの花も、なんでもなく、

  そばをとおってゆく人が見たら、

  あんたたちとおんなじ花だとおもうかもしれない。

  だけど、あのいちりんの花が、

  ぼくにはあんたたちみんなよりもたいせつなんだ。

  だって、ぼくが水をかけた花なんだからね。

  おおいガラスをかけて、ついたてで風にあたらないようにして、

  ケムシをはらって、――チョウになるよう、少しはのこしておいたけど、

  ふへいもきいてやって、じまんばなしもきいてやったし、

  だまっているならいるで、ときにはどうしたのだろうと、

  ききみみをたててやった花なんだからね。

  ぼくのものになった花なんだからね。』


146 :とけた:2010/06/26(土) 14:08:31.29 ID:Sr/JXnl60
………

「……な!」

「女!」

女「う…ん……」

「起きて!」

女「ん」

女友「おい目覚ましたぞ」

男「よかった、もしものことがあったらって」

女「人形ちゃんは…?」

女友「手」

女「……!」ギュ

人形 ギュ

女友「ずっと握ってたんだ、手を」

 「助かってからもずっとな」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 14:11:14.84 ID:Sr/JXnl60
男「結構水飲んでて危なかったらしいんだけど」

 「医師の話じゃ、後遺症の心配もなさそう、って」

女「そっか」

 「きっと守ってくれたんだね」ハグ

人形

女「人形ちゃん?」

 「………」

人形

女友「女……」

………

  『子どもたちだけが、なにがほしいか、わかっているんだね。

  きれでできた人形なんかで、ひまつぶしして、

  その人形を、とてもたいせつにしてるんだ。

  もし、その人形をとりあげられたら、子どもたちは……』


148 :前半は引用改変です:2010/06/26(土) 14:14:33.60 ID:Sr/JXnl60
さて、今となってみると、もう、確かに六年前のことです。

私は、この話をまだ、誰にもしたことがありません。

その後、私にあった知人たちは、

私が生きているのをみて、たいへん喜びました。

私は悲しかったのですけれど、知人たちには、

『なにしろ、疲れているので……』

と言っていたものです。

今となっては、悲しいことには悲しいのですが、

けれど私は悲しみません。

彼女と約束しましたから。

私は、まだ彼女の人形を、繕って部屋に置いてあります。

弱音を聞かせるためではなく、

私の生き様を、見守っていてもらえるように。

fin.


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 14:17:27.90 ID:Sr/JXnl60
本編は以上です。
お付き合いありがとうございました。



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 14:19:52.23 ID:Sr/JXnl60
◆没案1

女家・女の部屋

女「はー」

この部屋の主は、今日何度目かのため息をついた。

女「それでね、また失敗しちゃって」

彼女の部屋は、年頃の娘の部屋にしては、装飾が少ない。

女「皆に笑われちゃったんだー」

そんな彼女の部屋で、女の子らしさを感じさせるものが、

学習机に鎮座した、かわいらしい、小さな人形だった。

この人形は女が三歳のとき、祖母が姿を似せて作ったものだった。

幼かった女は、人形をいたく気に入ったものだ。

それは今も、なお。

女「私、どうしたらいいのかな。人形ちゃん」

彼女は、人形に話しかけていた。


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 14:21:21.90 ID:Sr/JXnl60
◆没案2 はじめはこんな感じだったのですがめんどくさくて会話文のみに

人形(はー)

その人形は、いろいろなことに頭?を悩ませていた。

女のことである。

十六歳にもなってこんなおままごとじみた真似を、だとか、

先ほどから上の空で、宿題が全然進んでいないぞ、だとか、

そんな気持ちを伝えられない、自分の無力感について。

人形は、女との付き合いは彼女の両親に次いで長いと自負しており、

女のことは自分の妹のように思っている。

女の相談に乗ってあげたいのはやまやまなのだが……。

人形(人間になりたいな)

人形(そうしたら、女を助けてあげられるのに)

叶わぬ願いと知りながらも、思わず嘆息してしまうのだった。

神『別にいいけど』

人形(え)


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土) 14:24:50.84 ID:Sr/JXnl60
改めて記載を。

星の王子さま サン・テグジュペリ 作

内藤濯 訳、 岩波書店

若干改変とかで字数削ったりもしました


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。