FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純「ブタっ!」澪「ブタっ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:00:10.65 ID:Sp+XmZCd0 [1/21]

 ある休日
 純は梓の家に野球漫画を読みに来ていた

純「うへー」

梓「どうしたの?」

純「また空振ったよ~こいつ」ゴロゴロ

梓「ふーん」

テレビ「トゥーリオ! トゥーリオ!」

純「うわ……超泣いてる」ゴロゴロ

梓「あっ、一点入った」

テレビ「ゴール! ゴール! 日本先制!」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:01:35.01 ID:Sp+XmZCd0

純「この主人公、泣きすぎじゃない?」ゴロゴロ

梓「男は涙を流すほど強くなるらしいよ」

純「誰情報、それ」

梓「澪先輩」

純「へぇ。じゃ、この泣き虫もいつかメジャーリーグに行くのかな」

梓「その前にゴジラになるんじゃない」

純「どちらかというと、モスラになりそう」

梓「わかるわかるー」

テレビ「トゥーリオ! トゥーリオ!」ドドドド


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:02:36.14 ID:Sp+XmZCd0

梓「あ、日本勝った」

純「梓、この次の巻って持ってる?」

梓「ん、持ってないよ」

純「えぇー」ゴロゴロ」

梓「あんまり床転がると、猫の毛つくよ」

純「うげっ、それ早く言ってよー」モッサモッサ

テレビ「絶対に負けられない戦い!」

梓「本田△」

純「うひゃー」モッサモッサ


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:03:55.30 ID:Sp+XmZCd0

純「そういえば、澪先輩って楽器なんだっけ」

梓「ベースだよ」ポリポリ

純「あ、あたしも」ポリポリ

梓「この後何やるんだっけ」ポリポリ

純「知らなーい。てか、これ何味?」ポリポリ

梓「たくあん味」ポリポリ

純「ふぅん」ポリポリ


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:05:06.26 ID:Sp+XmZCd0

純「澪先輩ってベース上手いの?」

梓「上手いよ」

純「どのくらい?」

梓「純50人分」

純「なんだ、大したことないや」

梓(え……?)

純「なーんてね」ニヒヒ

梓「やっぱ1000人分」ズビシ

純「やった! ホームラン!」

梓「まだ読んでたんだ、漫画」

純「……と思ったらファールかよ~」

梓「救いようがないね。どっちも」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:06:26.63 ID:Sp+XmZCd0

純「とにかく、澪先輩がベース上手いのは知ってたんだけど」

梓「じゃあなんで聞いたの」

純「いや、なんとなく」

梓「…………」

テレビ「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ」

純「だって、さ」

梓「ごまかすな」ビシ

テレビ「尻毛も抜かれて、鼻血もでねぇ」

純「だって、さ」

梓「無駄に痛そうだ!」グワシ


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:07:41.41 ID:Sp+XmZCd0

純「ま、とにかく澪先輩にベースのいろはを教えて欲しいんだけど」

梓「いろはから教えてもらわないといけないんなんて……」

純「こ、言葉の綾だよ」

梓「大丈夫、分かってるよ純」

純「あ、梓……!」

梓「このコードが……」ジャンジャン

純「…………」

純(梓の指がスプラッターになればいいのに)

梓「ん、今何か不謹慎な事考えなかった?」

純「フキンシンって何?」

梓「……なんでもないよ」

純「うん」テヘヘ


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:08:59.95 ID:Sp+XmZCd0

純「じゃあ、今日はそろそろ帰ろうかな」

梓「今度来るときはドーナツ持ってきてね」

純「いいよ。どんなのがいい?」

梓「ライオンのやつ」

純「ライオン!?」

梓「あの、かわいいライオンのやつだよ」

純「が、がおーっ、ってやつ?」

梓「どちらかというと、ポンポン、ってやつ」

純「そんなライオンいるの?」

梓「いるよ。おいしいんだよ」

純「……探しとくね」

梓「うん、よろしく」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:12:29.37 ID:Sp+XmZCd0

 次の日、音楽室

梓「澪先輩」

澪「ん? 何だ梓」

梓「今日友達が来るんですけど」

澪「友達?」

梓「ジャズ研でベースやってる子なんです」

澪「へぇ」

梓「澪先輩にベースを」

澪「時に梓」

梓「はいっ!?」

澪「その友達は、鉛筆をどっちの手で持つ?」

梓「えっ」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:13:56.10 ID:Sp+XmZCd0

梓「えっと、確か右だったと……」

澪「…………チッ」

梓(えっ、今私何か変なこと言ったかな?)

梓「あの、澪先輩……?」

澪「ん? なんだ梓?」

梓「ベースを教えて欲しいそうなんです」

澪「だってさ、唯」ボソリ

唯「ほへ!?」

梓「お願いします!」ペコリ

唯「いいよー」

澪(いいのかよ!)


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:15:21.18 ID:Sp+XmZCd0

唯「私が純ちゃんにベースを教えればいいの?」

梓「へ?」

澪「何言ってるんだ唯。ベースを弾いてるのは私だぞ」

梓「ですよねー」

唯「でも、今み」

澪「あっ、クリームが口についてる」ガバッ

唯「むぎゅ、むぎゅ」フガフガ

紬「…………ポッ」

梓(唯先輩……)


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:16:30.30 ID:Sp+XmZCd0

 そして純がやって来た

純「こんにちはー」

紬「あら、こんにちはー」

純「それ、なんですか」

紬「紅茶よ」

純「えっ、紅茶ってパックで飲むものじゃないんですか」

紬「違うわよ、こうして葉っぱを淹れて飲むものなよ」

純「えっ」

紬「えっ」

梓(どうして悲しい気持ちになるんだろう……)


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:17:49.35 ID:Sp+XmZCd0

梓「こちらが澪先輩だよ」

純「よろしくお願いします」ペコリ

澪「あぁ、よろし……」

律「トゥーリオのヘディング!」ドカッ

純「痛ッ!?」

澪「バカ律! トゥーリオは昨日ヘディングしなかったぞ!」

律「てへへ、バレちゃった?」

純(怒るとこそこかよ……)

梓(うおっ、まぶしっ!)


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:19:02.47 ID:Sp+XmZCd0

純「ベースのいろはを教えてください!」

澪「うん。じゃ、楽器出してみて」

純「はいっ」ガサゴソ

唯「ねぇ澪ちゃん」

澪「なんだ唯」

唯「あずにゃんのネコ耳どこいったのかな」

澪「律がつけてるぞ」

唯「あっ、りっちゃん!」

律「なんだ唯」

唯「それ、あずにゃんのなんだよ。ダメだよ勝手に使ったら」

律「お前は何を言ってるんだ」

唯「へ?」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:20:04.93 ID:Sp+XmZCd0

律「よく見てみろ、アタシは何もつけてないぞ」

唯「えっ、だって黒いネコ耳が……」

律「それはな、唯。唯の心が黒く汚れているからそう見えてしまうんだ」

唯「えっ」

律「あれだ、この服は正直者にしか見えないとかそういうやつなんだぞ!」フンス

梓「いただきます」パシ

律「あっ」

唯「あっ」

紬「あっ」

澪「あっ」

純「あっ」

梓「えっ」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:40:43.69 ID:Sp+XmZCd0

律「うあー」フラフラ

唯「り、りっちゃん!」

紬「あら大変」

梓「えっ、どうしたんですか」

唯「りっちゃんが大変だ!」

紬「これは危篤ね……」

律「うあー」

梓(このネコ耳、もしかして呪われてる……?)


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:42:12.98 ID:Sp+XmZCd0

唯「というわけで、三人でりっちゃんを保健室に連れて行くよ!」

紬「はい、梓ちゃんは頭を持って」

梓「はいっ」

律「うあー」

梓(うわっ、でこまぶしっ)

紬「私は右足。唯ちゃんは左足をお願い」

唯「ラジャ!」ガシッ

律「うあー」

梓(これでいいのかな……)

紬「この持ち方でどうかしら、澪ちゃん」

澪「うん、大丈夫そうだな」

純(大丈夫なんだ……)


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:44:02.65 ID:Sp+XmZCd0

 というわけで、澪と純以外の四人は音楽室の外へ出た

唯「えっちら」

紬「おっちら」

梓「…………」

唯「えっちら」

紬「おっちら」

律「よーし! ストップだ!」

梓「ひゃっ!」

律「よしっ、アタシの迫真の演技で上手く脱出できたみたいだな」

梓(うあーしか言ってなかった気がするんですけど……)

紬「と、いうことは……」

唯「のぞくんだねりっちゃん!」

律「おうよ!」

梓(最低だー!)


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:45:14.52 ID:Sp+XmZCd0

 一方、音楽室

純「えっと」

澪「そのコードはこう抑えて」

純「はいっ」

澪「じゃ、もう一回メトロノームに合わせて」

純「はいっ」

メトロノーム「カチ、カチ、カチ、カチ」

純「んっ、んっ、んっ、んっ」

澪(なんか……違う気がする)


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:48:19.67 ID:Sp+XmZCd0

澪「ちょっと身体に力が入ってるな。少しマッサージしてみようか」

純「はいっ」

澪「指を前に出してみて」

純「あ、もしかしてくにくにするやつですか?」

澪「うん、そういう感じのやつ。ほら、指をこう交互に動かして……」

純「んぐ、んぐ、んぐ」

澪(なんか可愛いな……)

梓(頑張れ、純!)


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/25(金) 23:49:27.48 ID:Sp+XmZCd0

純(あ、やばい、これはあれをやりたくなってくる)

澪「ほら、こうリズミカルに」

純「んぐぐ……」

澪「ん、大丈夫か?」

純「…………」

澪「?」

純「ブタっ!」

梓(おおい!)

澪「うおっ!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:08:53.61 ID:0bVnUtys0

律「なんだありゃ」

唯「かわいいねーブタっ!」

紬「ブタっ!」

梓「伝染してる……」

澪(や、ヤバイ。中々ときめいちゃったぞ……)ドキドキ

純「? どうしたんですか澪先輩」

澪「あ、あぁ」

澪(もう一回……)

澪「もう一回、今のやってもらってもいいかな?」

純「ほへ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:10:20.55 ID:AE1LSjOo0 [1/12]

純「今のって何ですか?」

澪「いや、だからこうして……」

純「こうして……ブタっ?」

澪「ぶ、ブタっ!」

純「ブタっ!」

澪「ブタっ!」

梓(い、意思疎通してる……のかな?)

律「ブタっ!」テカテカ

梓(サングラスほしくなってきました……)


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:11:27.84 ID:AE1LSjOo0 [2/12]

澪「可愛いな、これ」

純「えっ、ホントですか?」

澪「うん。凄く可愛い」

純「照れちゃいますよー」テヘ

澪(なんだろう、この胸のときめき……)

純(澪先輩、近くで見ると胸おっきいなぁ)


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:12:57.11 ID:AE1LSjOo0 [3/12]

律「あれ、澪の顔が赤くなってきたぞ」

唯「パターン青?」

律「いや、赤だって」

紬「そろそろ突撃隣の夕ごはん?」

梓「それはテレビ番組です」

紬「一度でいいから、隣の夕ごはん食べてみたいわ……」キラキラ

律「ブルジョワめ……」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:14:02.10 ID:AE1LSjOo0 [4/12]

純「澪先輩、続きやりましょうよ」

澪「あっ、そうだな」

純(ちょっと胸触ってみたいかも)

純「あ、ゴミついてますよ」

澪「えっ?」

純「ブタっ」グニュ

澪「あっ……」

純「すいません! 手が滑っちゃいました!」

梓(確信犯め……)


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:15:31.54 ID:AE1LSjOo0 [5/12]

澪「いいよ」ポッ

純「えっ」

澪「ブタっ」ぷにゅ

純「あっ」

純(ま、まさか澪先輩とアタシちちくりあってる……?)


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:18:21.83 ID:AE1LSjOo0 [6/12]

律「やばいな、これは澪が暴走するかもしれないぞ」

唯「りっちゃん隊員! 指示をお願いします!」

律「うむ。ここは突撃して」

紬「突撃して?」

律「みんなで澪をちちくりあうぞ!」

唯「おー!」

紬「おー!」

梓(それはもはやちちくりあうとは言わないんじゃ……)


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:37:58.22 ID:AE1LSjOo0 [7/12]

律「たのもーっ!!」

澪「うわっ!?」

律「それっ、者共ちちくりあってしまえー!」

唯「ブタっブタっ」

紬「ブタっブタっ」

純「ちょ、何のドッキリ!?」

梓「ゴメン、純。私には先輩達を止められなかった……」

澪「うあ、ちょ、やめ……」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:39:29.25 ID:AE1LSjOo0 [8/12]

澪「んふ、あ、んっ」ビクンビクン

律「飛ばない豚は?」

唯「ただのブタっ!」プニュ

澪「ひゃん!」

律「飛べる豚も?」

紬「ただのブタっ!」プニュ

澪「んあっ!」

純「滅茶苦茶だね、梓」

梓「ゴメン、こういう部活なんだ」

純「アタシ、梓のことちょっと見直した」

梓「私は純のこと、ちょっと見損なった」

純「なんで!?」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:40:32.43 ID:AE1LSjOo0 [9/12]

澪「や、やめろぉ……」

唯「ブタっ」

紬「ブタっ」

律「よーし。今日はこのへんでかんべんしておいてやる」

澪「律ぅ……覚えてろよ」

律「なぁ、純」

純「は、はいっ!?」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:42:13.60 ID:AE1LSjOo0 [10/12]

律「澪の家に行きたいとか思わないか?」

澪「な……!」

純「凄く行きたいです」

律「よし。じゃあ今度一緒に行くぞ」

純「え、いいんですか?」

律「いいよな? 澪」

澪「も、もちろんだ」カーっ

梓(澪先輩……顔真っ赤ですぅ)


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:43:59.59 ID:AE1LSjOo0 [11/12]

梓「というわけで、純は今度澪先輩の家に行くことになりましたとさ」

憂「めでたしめでたしだね!」

純「澪先輩、(胸が)ぷにぷにしてたよ」

憂「え、ホント!? 今度触ってみたいなぁ」

梓「憂……」

憂「お姉ちゃん、いつも一緒にいてうらやましい!」

純「今度、みんなで澪先輩ちちくりあおうよ」

憂「そうだね!」

梓(澪先輩、どうかご無事で……)

 おわり

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 00:47:01.46 ID:AE1LSjOo0 [12/12]
ごめん、鼻水止まらないから寝る
今度また書くと思うので……
最後まで読んでくれてありがとう



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。