FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五和「しばらく泊まりこみで護衛します」上条「えっ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 10:36:24.68 ID:QLzsFUa40
上条の寮廊下にて

上条「いや、どうしてまた急に?まさかまた俺宛に処刑宣告でもきたのか?」

五和「そういう訳ではないのですが…最近はあなたの能力を狙っている組織も多いので…天草式との連絡役兼護衛という事で」

上条「うーん…」

インデックスはなんというだろうか?何故か機嫌が悪くなるインデックスの姿が思い浮かぶ

五和「あ…あの…何か問題がありますか…?」

五和はなんだかもじもじしてしまっている。いかん。彼女は任務で来ているのだ。断る事など出来ない

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 10:39:38.73 ID:QLzsFUa40
上条「いやいや問題なんてとんでもないですよ!五和は料理もしてくれるし上条さんは大助かりです」

五和「あ…ありがとうございます!家事などは任せて下さいね!」

…あの白いのと比べると五和が天使のようにみえるな…
未だに働かないシスターを思い出す

上条「では今日からよろしくお願いします…っとこれでいいのか?」

五和「あ…よろしくお願いします」

五和はぺこりと頭を下げた。女の子らしいしぐさに何故かどきどきしてしまう

上条「(何かこのシチュエーション照れるな…)とりあえず上がってくれよ。まずはお茶でも出すからさ」

五和「あ…お茶なら私が入れます。この間お邪魔した時に家具の配置は覚えましたから」
…じーん…

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 10:42:33.98 ID:QLzsFUa40
上条の部屋

五和「はい。お茶です」

上条「うう…上条さんは今猛烈に幸せですよ」

一人暮らしを始めてから家で誰かが優しくしてくれる事などなかったので自然と涙が出そうになる

五和「?」

上条「インデックスは何もしてくれないからさ、誰かが自分の為に何かをしてくれるっていうのがうれしくてさ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 10:45:32.07 ID:QLzsFUa40
そこでがちゃ!と玄関が開く音が響く

禁書「ただいまー。ってあれ?あれれ?何で五和がここにきてるの?」

五和「こんばんは。お邪魔してます」

ああ…不幸が帰ってきてしまった…
出来れば先のばしにしたかったが結局話すのだ。観念してこのシスターを説得しよう


上条「インデックス。今日から居候がお前以外にも増える事になったぞ。目の前にいる五和だ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 10:49:31.32 ID:QLzsFUa40
禁書「ええ!!そんな事きいてないんだよ?相談もナシにいきなり決めるなんて当麻は(ry」

上条「働かないでくっちゃねてばかりいる君に文句を言う資格なんてありません!」

禁書「そ…そこまで言わなくても…」

インデックスはシュンとへこむが上条は動じない

五和「その…落ち込まないで下さい…美味しいご飯作りますから…ね?」

禁書「あたしはやっぱり五和の事が大好きなんだよ!」

インデックスはすぐに元気を取り戻した
本当に単純な奴…

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 10:55:21.06 ID:QLzsFUa40
五和「では早速夕飯を作りますね」

禁書「今日はカレーライスがいいんだよ!」

上条「うーん…カレーはちょっとなあ…食材がな…」

五和「あ、それなら三人でスーパーまで行きませんか?またバイクを借りて…」

禁書「やったあ!五和のバイクは凄く気持ちがいいから楽しみなんだよ!」

上条「安全運転でおねがいします…」

以前乗せてもらった時はスリリングだったからな…

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:05:23.33 ID:QLzsFUa40
原作未読の人への説明
五和(いつわ)
天草式の一員
槍使い
私脱ぐと凄いんです
五和の乗るバイクはバイクの横に子供やペットを乗せられるタイプの映画でたまに見かけるあれ
禁書はそこに乗ってる

ースーパーへの道にてー
上条(やっぱバイクってはええ…)

まだバイクや原付に乗り慣れていない事もあり自然と五和の腰に手をまわししがみつく

五和(スピードを出すとぎゅってしてくれる…うれしいな)

禁書(当麻と五和少しくっつくすぎなんだよ!)

上条「五和さん…少しスピード出しすぎでは…」

さすがにスピードを出しすぎたからか五和の耳元で声を出す。しかしいきなり声を出したので驚いたのか
五和「きゃっ!!」
と悲鳴を上げ、キイイイイイイッ!っとバイクが悲鳴をあげる
上条「うおわッ!!」

バランスを崩し慌てて再度五和の腰につかまろうとするが
ぎゅむっ
五和「ひゃんっ」

胸を後ろから鷲掴みにつかんでしまった

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:09:54.54 ID:QLzsFUa40
上条(この神聖な感触…まさか…)

状況確認のために再度掴んだ物をもみしだく

五和「んんッ!」

上条(!!)

冷静さをかきさらにもみしだく

五和「ん…いやぁ…」

上条(すげえ大きい…はあはあ…)
もはや猿になってしまった
もみもみ
五和「ああああのッ!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:14:32.52 ID:QLzsFUa40
禁書&美琴「……」

ー少し前にもどりー

御坂美琴は普段はよらないスーパーに向かってあるいていた。
美琴「スタンプ集めてげこたのストラップをゲット…かあ」
ため息をつき独り言をつぶやく
美琴「あのスーパーも粋な事するじゃない。面倒だけどがまんしていくかな」

そのとき突如、キイイイイッ!!っと音が鳴り響いた
上条「うおわッ!!」

五和「ひゃんっ」

美琴「うわっ!危ないバイクだなぁ…気をつけなさいよね…」
ふと聞いた事のある声が聞こえたなと思いバイクの方をふりかえる
美琴「今の声ってもしかして…」
そこにはやはりやつがいたのであった

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:19:16.70 ID:QLzsFUa40
禁書「当麻!いつまで五和の胸にふれてるんだよ!」

インデックスが吠える
上条「こ、これはしょうがないというか事故というか…」
正気に戻りあわてて手を胸から話必死に弁明する。しかしそこに

美琴「死にさらせええええええええ!!いつまで母性の塊に触れてるんだあんたはああああああああ!!」
ものすごい形相をしたビリビリがやってきたのであった。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:26:36.89 ID:QLzsFUa40
上条「げええ!ビリビリ!!」

五和「敵ですね!任せて下さい!」
五和には敵意を持って接近してくるビリビリが敵に見えてしまったようだ。五和はどこから持ち出したのか槍を構えてビリビリに対して攻撃の構えを取った。

上条「違う違う!五和も前にあったろ!ビリビリは友達だ!!」
上条は五和を抱きしめなんとか攻撃を止めようとしたがその行為は美琴をさらに激怒させた
美琴「死ねええええええ!」

五和「離して下さい!応戦します!」

上条「やめてええええええ!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:33:34.45 ID:QLzsFUa40
ー数分後ー

上条「いい加減怒りっぽい性格直してくれよ…」

美琴「珍しいじゃない。あんたが多人数で買い出しなんて」

無視っすか…同居する事は言わない方がいいよな…多分…

上条「今日は二人とも俺の家で飯を食うんだよ」

美琴「へえー。ふーん。楽しそうじゃない…」
なんだか機嫌を損なってしまったようだ
上条「何怒ってるんだよお前は…」

美琴「別に何でもないわよ!」

上条「?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:43:31.82 ID:QLzsFUa40
そこに買い物を終えた五和と禁書が戻ってきた
五和「食材かってきましたよ。さ、帰りましょう」

美琴「ちょおっとまったあ!そもそもあんたは誰なのよ!?」

五和「あ、私は五和です。よろしく…っと御坂さん」

美琴「あ…ああうん…よろしく」

上条「うんうん友情も結べたしそろそろ」

美琴「あんたはだまってて!!」

上条「ごめんなさい」

美琴「で?五和さんは、あ、あいつのなんなのよ…」

五和「えっと…しばらくボディガーd」

上条「ちょちょちょまったあああ!!ストップ五和さん!!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:45:41.67 ID:QLzsFUa40
かきためきえたでござる
一時間でもどってくる

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:51:55.02 ID:QLzsFUa40
もう少しだけ書いてから一旦きえます


美琴「で?五和さんは、あ、あいつのなんなのよ…」

五和「えっと…しばらくボディガーd」

上条「ちょちょちょまったあああ!!ストップ五和さん!!」
ビリビリを魔術サイドのごたごたには極力関わらせたくないので慌てて五和に静止を求める
五和「?」

美琴「いきなりどうしたのよ」

上条「ぼそぼそ(あいつは巻き込みたくないからあんま神の右席とかボディガードの事は…)」

五和「ぼそぼそ(あ、すいません…では…)」

五和「えっと恋人です」

美琴「( ゚д゚ )」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:55:39.34 ID:QLzsFUa40
うはwwwみすってるしwww




五和「ですからその…今日から上条さんの部屋で一緒に暮らすことになりました」

美琴「( ゚д゚ )」
なんかもうこの設定でいいか…
上条「という訳なんだ。俺達はそろそろ」

美琴「ば…ばか!!」

ダッ!とビリビリは走りさってゆく

上条「あ!おいビリビリ!どこいくんだよ!」

禁書「あー!当麻が短髪を傷つけた!乙女を傷つけたらいけないんだよ!」

上条「え?俺が悪いの?」

五和「(あの人もしかして…悪い事しちゃったな…)とにかく今日は戻りましょう。時間も遅くなってしまいました」

上条「うーむ…俺何か悪い事したかね…」

禁書「おなかへった!おなかへった」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 11:59:47.31 ID:QLzsFUa40
>>27貧乳に興味ないんれす(^p^)
いったんきえます


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 13:09:19.21 ID:QLzsFUa40
もどりました!
再開します

ー上条家ー
上条&五和&禁書「いただきます」

こ、これは…うまい!
上条「すげえ上手いよ五和!おふくろのカレーより上手いかもしれない」

禁書「おかわりなんだよ!」

上条「流石にはやいなインデックス…しかし今日は俺も負けないぜ」

五和(なんだか嬉しいな…お母さんの料理手伝っててよかった)

上条「うぐっ…つまった…」

五和「はい!お水です!」

上条「うう…かたじけない…」
こういうのっていいな…新婚さんみたいで…

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 13:20:02.95 ID:QLzsFUa40
上条&禁書「ごちそうさまでした」

五和「おそまつさまでした」

禁書「五和のご飯本当においしかったんだよ!」

上条「そうだなあ…あ、食いすぎて眠くなってきた…ってそうだ!!」
これから生活する上で一番重要な事を忘れてしまっていた

五和&禁書「?」
五和の寝る場所である

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 13:30:04.42 ID:QLzsFUa40
上条「うーん…今思い出したが五和にはどこで寝て貰えば…もう寝る場所がないんだよな」
床に布団をしこうにも布団のあまりがない
もう店もしまっているので買いに行く事もできない
五和は俺の考えが大体わかったのか
五和「大丈夫です!天草式は床でも寝れますから」
という
さすがにレディにそれはまずいでしょう…
上条「よし!インデックスにはこれから風呂場で寝てもらう!」
禁書「!?」
上条「そして五和にはベッドで寝て貰います!」
禁書「そんなの嫌なんだよ!あたしはふかふかのベッドで寝たいんだよ?」
上条「うるさいうるさい!最初からお前がベッドで寝て上条さんが風呂場で寝る事事態おかしかったんだ!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 13:41:44.42 ID:QLzsFUa40
五和「でもそれではあなたはどこで寝るんですか?」

上条「女の子には体を張ってでも優しくするのが上条さんの心構えです。という訳で床で眠ろうと思います!」

五和「そんな!だめですよ!あたしが床で眠ります」

上条「いやいや俺が!」

禁書「あたしはベッドがいいんだよ!」

上条「(#^ω^)ピキピキ 」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 13:53:25.47 ID:QLzsFUa40
五和「あ…あの…そ…それなら一緒に眠れば問題ないんじゃ…」
突如五和が物凄く魅力的な提案をした
上条&禁書「!?」

禁書「ちょ…それってどういう事なの?」

五和「あなたがベッドで寝て私と上条さんでお風呂場の布団で…」

禁書「そそそそんなの認めないんだよ!問題大アリなんだよ!って当麻もだまってないで何かいってよ!」

うう…上条さんは幸せです…

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 13:56:12.74 ID:QLzsFUa40
>>52
居間にベッド、そして床
風呂場に布団がある状態
床に女の子を寝かすのは失礼という考えで男女の痴情は特に関係ないです><

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 13:58:23.41 ID:QLzsFUa40
五和「わ、私は上条さんさえよければ問題はないです…」
五和の胸が目前にあったら上条さんは問題を起こしてしまいます…下半身的な意味で…
上条「いや!俺はいつも通り風呂場で眠る!インデックスと五和がベッドで眠る!これで問題ナッシングだ!」

禁書「ええ!?」

五和「少し…残念です…」
何故か五和がへこんでいた
俺も残念です五和さん

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:03:23.64 ID:QLzsFUa40
ー深夜ー

インデックス以外の女の子がいるって何か緊張するな…眠れん…
上条「五和ちゃんと寝れてるかな…インデックスのやつは滅茶苦茶寝相が悪いわいびきもうるさいわで不安だ…」

五和「きゃあ!」
何かあったのか?と慌てて五和(と禁書)の元へ駆けつける
上条「!?」

目前に広がる光景はねぼけた禁書が五和の胸をもみしだくという煽情的な光景
禁書「肉まんやわらかいんだよ…」
もみもみ
禁書のやつ…何て羨ましい…
五和「んんッ…」
これ以上ここにいたらルパンダイブをしてしまうな…大人しく寝よう…と思う上条さんであった

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:10:13.52 ID:QLzsFUa40
ー翌朝ー

ん…朝か…
五和はもうおきてるのかな?

五和「あ、おはようございます。もうすぐお米が炊けるので待ってて下さいね」
朝起きたら女の子がご飯の支度をしてるなんて…嬉しすぎて泣きそうだ…インデックスとはなんだったのか…
上条「おはよう五和」
いい…凄くいい…このシチュエーションは物凄くいい…
周りにはいつもかみついてくるシスターやら電撃をとばしてくる中学生やらコスプレをして病室に突撃してくる聖人であったりにゃーにゃーうるさい多重スパイ
優しく包容力のある女の子はこんなにも魅力があるのかとついにやけてしまう
五和(?)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:19:25.19 ID:QLzsFUa40
ー通学路ー

上条「あのですね…」

五和「はい?」

上条「五和は何故うちの高校の制服を着ているのですか?」

五和「護衛の為ですよ。学校でいきなり襲われでもしたら大変じゃないですか」

上条「しかしいくらなんでも部外者がいたらばれるんじゃ…」

五和「天草式は場に溶け込むのがうりの一つですから。問題ありませんよ」
…しかし五和って制服すごい似合うな…
はたからみもて女子高生にしかみえない…
っていうか五和って何歳なんだ!?
免許はもってるから18才よりは上か…?

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:30:30.67 ID:QLzsFUa40
ここから少し某ギャルゲーのトレース展開です
悪く言えば軽くパクリ展開ですがお許しくだせえ

ー学校ー

土御門「なあなあカミヤン」

上条「んー?どうした?」

土御門「最近おまじないにはまってるんだ。カミヤンもやってみないかにゃ?」
こいつがおまじないって胡散臭いな…そもそも幻想殺し持ちの俺にまじないなんか効くのか?
上条「どんなまじないなんだ?」

土御門「色々種類があるみたいなんだが…これなんてカミヤンむけかにゃ?」

上条「なになに…【気になる子と体育倉庫に閉じ込められるおまじない】これってまじないじゃなくね…?」

土御門「こまけえ事はいいんだ!物はためし!カミヤンやってみてくれよ」
上条「えーとなになに…リタフニコウソクイータって三回心の中で唱えればいいのか」
リタフニコウソクイータ、リタフニコウソクイータ、リタフニコウソクイータ
ん?唱えたはいいけど誰と閉じ込められるんだ?…

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:34:42.11 ID:QLzsFUa40
>>68
一瞬でばれたかw


ー放課後 体育倉庫前ー

上条「何故俺はここに来ているんだ…無意識に期待していたのか…」

上条「アホらしい…帰るか…」

五和「上条さん」

上条「ん?あ、五和じゃないか」

五和「はい。その…帰る気配がしなかったので話かけちゃいました。どうしたんですか?こんなところで」
…あのまじないこええ…っていうか五和ずっと俺の事を見ててくれたのか…

上条「ああ…校内をぶらついてたらなんとなくここにな…」

五和「?」
ここから二人っきりで閉じ込められる…?どうしたらそうなるんだ…魔術か何かか?
上条「って五和後ろ!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:41:21.89 ID:QLzsFUa40
野球の球か?野球部の野郎!五和に当たっちまう!
五和を抱いたまま地面に転がる
がらがら!がしゃん!
おおきな音と共に倒れこんだのは体育倉庫の中。
ドアも何故かしまってしまい中は真っ暗闇であった
…まじないという名の呪いは存在するのか…
さらに俺は何か重い用具の下敷きになり身動きがとれずにいた
懐には五和の温かさだけが感じ取れていた
五和「あの…大丈夫ですか…?」
驚くほど近くで五和の声が響く、
ほとんど抱擁しあっている状態で転がりこんでしまったらしい

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:46:40.35 ID:QLzsFUa40
上条「ごめんな。なんか偶然が重なりこの状態に…」

五和「いえ、すいません。私もボールに気づくべきでした。護衛の身なのに守られるなんて…」

上条「立場なんかきにしないでくれよ。俺は五和があぶなかったから守った。それだけなんだ」

五和「上条さん…」
五和と会話をするたびにたがいの息がかかりくらくらしてしまう
ってか用具が重い…
このまま五和に体重を全てかければ楽なのだが…
上条「五和…このまま抜けられないか?」

五和「あ…えと…はい!やってみます」
すりすり…すりすり…
「ん…ん…」
…五和が動く度に全身が擦られとても気持ちがいい。
上半身は五和の胸が胸の辺りにずりずりとおしつけられ首筋には「はあはあ」と息がふきかけられる
そして五和が体をくねらせて進もうとする度に股間に程よい刺激があたえられる
すりすり…
……
すりすり…
……
上条「ちょっとまって五和!」
五和「はい」
上条「ちょっと休憩してくれ」
五和「はあ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 14:56:39.65 ID:QLzsFUa40
…………
五和「もういいですか」

上条「お、おっけー…」

五和「ん…ん…」
五和が体をくねらせながら抜け出そうとする
体が密着しとてもあたたかくていい匂いがする
ずり…ずり…
…まずい…下半身が…
すりすり…
股間がこすられ理性が崩壊してくる
ずり…ずり…
くお…胸が…あたってる…
上条「ストップ五和!!」
五和「あ!はい…」

五和「あの…これじゃ全然すすみません…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:04:24.80 ID:QLzsFUa40
ああ…もうこのまま抱きしめてしまいたい…股間をすりすりされながら…
胸に顔をうずめたらきっと凄い気持ちがいいんだろうな…
いい匂いもしそうだ…
五和の胸はマシュマロみたいに柔らかいし…

五和「ん…ん…」
ハッ!!このままでは理性がふっとんでしまう…
こうなったら…土御門がいってた解呪の儀式をやるしかない…
どうやるんだっけか…

ー回想ー
土御門「まじないの解除の方法はだね…」


土御門「まず尻をだします」


土御門「そしてノロイナンテヘノヘノカッパと三回心の中で唱えるんだにゃ☆」



ー回想終了ー

できるかあああああああああああああああああ!!
しかしまじないは超強力だ…
どういう訳か幻想殺しも働かないこのまじないは解除の呪文を唱えるまで効果を発揮するだろう
やるしかねえ!

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:12:50.55 ID:QLzsFUa40
>>75
いえす
今回の話しでは渚ルートの体育倉庫イベントを使ってます

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:15:57.11 ID:QLzsFUa40
上条「なあ五和」

五和「はい…」

上条「俺のズボンを下ろしてくれないか?」

五和「はい…って、え!?」

五和「あああ、ああ、あの、いくらなんでもまだはやすぎると思うんです!」

上条「そんな事ない!今やらないとどんどん遅くなっちまう!頼むよ五和!」

五和「え?でも…でも…いくらあなたでも…私達…もっとお互いを知ってから…」

上条「あああ!違う!下心がある訳じゃないんだ!!能力を使う為に必要なんだ!」

五和「あ…はい!」
五和もこの極限状態でかなり頭が混乱してるのかこんな説明でやる気をだしている
俺の能力が幻想殺しなのも吹っ飛んでいるようだ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:17:29.12 ID:QLzsFUa40
>>82
某大学の1年生です

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:21:04.87 ID:QLzsFUa40
五和が俺のズボンに手を伸ばす
ボタンがなかなか見つからないようですりすりと股間の辺りをさすり続ける形になっている
その間体はさらに密着し息が首にかかる形になり胸の柔らかい感触が襲いかかる
股間の方はこのままでは発射してしまう状態にまでなってしまっていた
五和「あ」
ようやくボタンを見つけボタンをはずしてくれた
チャックがジィィィィィと下ろされる
そしてついに五和がズボンをおろしてくれた
…女の子にズボンを脱がせるのって…なんだか凄くエッチだ…
さあ唱えるんだ…ノロイナンテヘノヘノカッパノロイナンテヘノヘノカッパノロイナンテヘノヘノカーーーーーーッパ!!
ギイイっと音がし男子生徒の声が聞こえてくる
男子A「大丈夫か!?ってお前らなにやってんの?」
上条「不幸だ…」
気持よかったけど…
五和(どきどきした…)

>>85
俺の文章力不足だすまない
なんとか妄想で保管してくれ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:28:05.43 ID:QLzsFUa40
しかし…五和って本当に女の子なんだなと実感した
なぜだか胸の鼓動がはやく感じる
体にはまだ五和の柔らかい体の感触がのこり心地いい
五和には恋人がいるのだろうか?
今度一緒に町に出かけてみようか
何故だかそんな事を考えてしまった

ー翌日学校ー

土御門「かみやんよ。まじないはどうだった?」

上条「まじないどころじゃねえってあれ…もはや呪いだったよ…」

上条「つーか暴力未遂で危なく停学する所だったぜ…五和が庇ってくれなかったらどうなっていたことか…」

土御門「そういえば五和っていったっけあの天草式のこ。かみやんの停学より先生にあの子が部外者と気づかれないかどうかの方が心配したにゃー。

上条「天草式ってまじで人に溶け込むのがマジで得意なんだな…」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:31:23.72 ID:QLzsFUa40
>>87
幻想殺しとは運命の赤い糸やらまじないやら呪いやら治癒魔術の効果も勝手に殺す能力
なので本来まじないなどは上条さんは受け付けない
ズボン下ろしたのはケツを出すためである

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:38:39.71 ID:QLzsFUa40
ー帰宅途中ー

上条「あのさ、五和」

五和「はい、なんですか?」

上条「今日は少し公園によってから帰らないか?」

五和「はい!!(やったあ!好意を持たれてるって考えていいのかな…)」

上条「よっし。そうだ。ジュースでも奢ろうか?」

五和「あ、自分の分は自分で払いますよー」

上条「いえいえ、誘ったのは俺ですからこれくらい奢らせてほしいのですよ」

五和「でも…」

美琴「…」

高校生が男女二人で一緒に帰宅するというシチュエーションで浮かれていたからか俺はすっかり忘れていた
この時間帯の帰宅途中公園にはビリビリがいる事を

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 15:49:52.65 ID:QLzsFUa40
ー帰宅途中公園ー

美琴「あいつ…今日はここに来るのかな…」
美琴「うう…なによ…恋人がいたなんてしらなかったわよ…」
あの五和って子、凄くスタイルが良かった…それに雰囲気も凄く温かくて…
あたしなんかよりも大人っぽくて…
はあ…
美琴「あ!あいつだ!おーい!!ってあれ?」

上条「はい。お茶。熱いから気をつけてな」

五和「ありがとうございます。…本当に奢ってもらっていいんでしょうか?」

上条「いいのいいの。いつもご飯作ってもらってるしこれ位なら余裕ですよ」
実際一人暮らしの高校生は金銭面に余裕なんてないのだが少しでも女の子にいい顔を見せたいのが男の子である


美琴「やだ…やっぱり付き合ってるんだ…」
うそ…やっとあいつが好きって気づいたのに…
気づいた時にはもう駄目だなんて…やだな…泣きそうだ…
なによ…いつもご飯作ってもらってるとか…
あいつ…さんざん自分の事不幸だとかいっておいてあんなにやけて…

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 16:00:36.86 ID:QLzsFUa40

なんだか…いらいらしてきた…
そうだ。うじうじしてるのなんてあたしらしくない
いつも通り接すればいいだけよ!
そう心に決めて美琴はやつに近づいて行った


美琴「なーににやけてんのよ!この幸せ者!!」
背後からバシッと叩かれおどろき振り返る。
上条「ゲッ!!ビリビリか!」
美琴「何?デートなんかしちゃってさ。見せつけてくれるじゃない」
上条「そ、そんなつもりはないんだが…」
五和「こんにちは。御坂さん」
ぺこりと五和があいさつした
美琴「あ、こんにちは、五和さん」
ビリビリもぺこりとお辞儀した。
上条「んで、何か用事でもあるのか?」
美琴「いや?姿が見えたから話かけただけよ」
上条「さいですか…」
五和と二人で散歩したかったので少しへこんでしまう


書きためが\(^o^)/
2時間ぐらい書きためてきます

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 18:07:53.74 ID:QLzsFUa40
美琴「ねえ…あんた達ってさ…その…キスとかしたの?」
上条&五和「!?」
いきなりすぎてつい飲んでいたお茶を口から吹き出してしまう
上条「なななななんで俺が五和と?」
美琴「だって付き合ってるし…その…同棲してるんでしょ?それなら…あんたも高校生だしキス位もう…」
ビリビリがごにょごにょ呟いている

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 18:11:43.08 ID:QLzsFUa40
すっかり忘れていた
そういえばビリビリには五和と付き合っていると誤魔化していたのであった
一度誤魔化した以上この設定を貫き通した方がいいよな…

上条「ぼそぼそ(あの…少し話を合わせて欲しいんだが…)」

五和「え?あ、は、はい…任せて下さい…」

上条「そ、そうだな…キスはしたな…」

美琴「そ、そうなんだ…はは…あんたもやるじゃない…」

上条「ま、まあな!上条さんもやる時はやる男なんです」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 18:19:24.19 ID:QLzsFUa40
なんだかビリビリの表情がおかしくなっている…

何故だろう?泣くのを必死に我慢している子供のような表情のまま笑っている

五和「あ、あの…御坂さん。私と少し二人でしゃべりませんか?」

そこで五和がそんな事を言った

上条&御坂「え?」

二人同時に間抜けな声を出してしまった

五和「あ、あの…無理にとは言いませんけど…駄目でしょうか?」

御坂「え?あ、ううん!平気!平気よ?じゃ、ちょっと向こうに行きましょうか」

五和「ぼそぼそ(ごめんなさい上条さん。ご飯ちょっと遅くなってもいいですか?)」

上条「お、おう!むしろ今日位は俺がつくろうk」

五和「それは駄目です!ごはんは私がつくります。インデックスさんにも遅くなる事伝えておいてくださいね」


非常に申し訳ないんですが外食にいってきます
保守出来る人お願いします><
書きためはできたんで夜またきます
本当に申し訳ない

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 23:50:26.27 ID:QLzsFUa40
ー公園のはずれー
五和「話しというのはですね…」

五和「すみません!上条さんとあたしが付き合っているというのは嘘なんです!」

美琴「へ?ちょ、ちょっと待って!え?え?」

話があると聞いて美琴は覚悟していた
もう近付かないで欲しいとかあなたは彼のなんなの?
などどろどろした展開を予想していたが…

五和「ごめんなさい。詳しくは話せませんが彼は今とても大きな事件に巻き込まれているんです」

五和「私が彼の家に滞在しているのもその事件が原因なんです。どうかこの事は内密に…」

美琴「ふえ?ああ…うん…」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 23:54:26.95 ID:QLzsFUa40
保守ありがとうございます
酒に飲まれてぶっ倒れてました
遅くなってもうしわけないっす



今重要な話しを聞いた気がするがあまり耳に入らなかった
頭の中では付き合っているのは嘘というセリフがリピートされる

美琴「ひっく…う…うぅ…あれ…?」

気がついたら涙が流れていた
安心したのだ
まだあいつを好きでいてもいいという事に

五和「あの…もう一つあなたに言わなければいけない事があります」

美琴「ふえ?」

五和「そ、その…えっと…私も彼がすきなんです…」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:03:35.79 ID:l/Hp3fSf0
美琴は五和のそのセリフに何故かときめいてしまった
女の自分がときめいてしまうのだ
もし直接伝えられれば多分あいつは完璧に惚れるんじゃないかと思う


美琴「その…あたしだって!あいつが好きなの!!」

五和「はい。何となくわかります…私も彼がすす、すき…です。あ、あの…だから…あ、あなたには負けません!」

美琴「こ、こっちだって負けないんだからね!」

しかし美琴は心の中ではうっすらと気づいていた
多分あいつはこの人がすきなんだろうなと


美琴は五和に色々話した
主にあいつやルームメイトの愚痴なのだが五和がふむふむとうなづいてくれるのでつい喋り続けてしまった
美琴「ねえ…」

五和「はい」

最後に聞きたい事があったのだ
美琴「どうしたらそんなに胸がおおきくなるの?」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:07:28.64 ID:l/Hp3fSf0
ー上条家の食卓ー

上条「五和おそいな…」

禁書「おなかへった!とうま!おなかへった!」

どうするべきだろうか…
五和は自分でつくると言っていたので勝手に料理を作る訳にもいかない

五和「ただいまです。遅くなってすいません」

上条「おお!おかえr」

禁書「五和!!おなかへった!おなかへった!」

五和「すいません。今作りますね。ちょっと話しこんでしまって…」

上条「あの…びりびりと何をはなしていたのでしょうか…」

五和「それは…ですね…」

上条「?」

五和「えと…内緒という事で」

…二人はいったい何をはなしていたんだろうな…
今度ビリビリにでも聞いてみるか…

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:14:54.51 ID:l/Hp3fSf0
ー数日後ー

上条「静かだ…」

禁書と五和は買い物に行っちまったし一人になるのも久しぶりだな…

ピンポーン

と音が鳴ったので慌てて玄関へ向かう
土御門とかだったら嫌だなと思いつつ扉を開けると

建宮「どうも!!上条さんですね!!」

なんともごつい宅配便の方が大きな段ボールを持ってたっていた

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:26:45.39 ID:l/Hp3fSf0
あれ?何か注文した覚えなんてないのにな…

建宮「これを五和さんにわたしておいて下さい!!お願いします!!あ、ハンコはいりませーん!!」

と言い残し嵐のように去っていってしまった
…なんだこの箱は…大精霊の箱とかかいてあるな…
勝手に開けてもまずいし五和が帰ってきたら渡しておくかな…

上条「お」

ちょうど禁書と五和がもどってきた


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:30:51.64 ID:l/Hp3fSf0
ー数分後ー

上条「五和。そういえばお届け物がとどいてたぞー」

五和「?」

五和は心辺りがなさそうだがでかいおっさんに託された段ボールを渡す

五和「こ、これは…」

上条「ん?」

なんだか様子がおかしい

上条「どうした?五和」

五和「え?ええええとですね…そ、その…あ!これを持ってきた人ってどんな人だったか覚えてますか?」

上条「ええと…クワガタみたいな髪型のどっかで見た事あるようなおっさんだったな…」

五和「!!!!」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:38:54.07 ID:l/Hp3fSf0
…なんだろう…五和が珍しく怒っている…
あの段ボールはそんなにやばい物なんだろうか…

上条「なあ五和。もしかしてやばい物でも入ってるんだったら俺が」

五和「だめです!!これは絶対開けたら駄目です!!絶対見ないでください!!」

上条「りょ、了解しましたあ!!」

禁書「?」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:43:10.71 ID:l/Hp3fSf0
五和「あわわわ…」

ど、どうしよう…まさか建宮さんがこれを送ってくるとは…
大精霊チラメイド…これを着たら彼はどんな反応をするんだろう…
プリエステルは堕天使エロメイドを着て彼にアタックしていた…
そんなプリエステルに対抗して体をつかってせめればと思い購入しようか迷ってはいたがまさかこれをこの家に送りつけてくるとは思わなかった
そもそも建宮さんは何故自分がこれを購入しようか迷っていた事をしっているんだろう…
いや…そもそもこんなの着なくても頑張れば彼はきっと振り向いてくれるはず…!

禁書「ねえ五和!これって何かの儀式に使う衣装なの?とってもかわいいんだよ!!」

五和「!!」

五和「だ、だめです!!返して下さい!お願いです!!」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:46:49.10 ID:l/Hp3fSf0

上条「んー、二人とも、どうした?」

五和「き、きゃあああああああああああ!!」

ばきっ!!

と室内に音が響く。五和の拳が自分の頬に叩き込まれる寸前精霊が見えたきがしたが多分きのせいだろう

五和「上条さん!!」

禁書「とーま!!」

二人の声で目が覚める

上条「あれ?俺っていったい…」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 00:52:07.43 ID:l/Hp3fSf0
五和「ご、ごめんなさい!!あたし…取り乱して…あなたを殴りたおしてしまいました!」

上条「ああ…そういえばそんな光景を見たような…」

五和「ごめんなさい…」

上条「いや、いいって。五和の意外な部分が見れてラッキーだったなって思うからさ」

五和「上条さん…」

上条「だから気にすんなって、俺は飯作ってくれてるだけでも助かってるんだしさ」

五和「はい。ありがとうございます」

上条「うわ、もう深夜じゃないか。はやく寝ようぜ」

五和「はい!」

空気「…」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:01:19.52 ID:l/Hp3fSf0
>>200
/(^o^)\

ーその数分後ー

五和は上司に連絡をとっていた

五和「建宮さん!こまります!あんなものをいきなり送ってくるなんて!」

建宮「だってよー。お前が護衛任務ついてから割と時間がたったのに何も進歩してねえってきいてよお」

五和「だれにですか!」

建宮「護衛対象の隣人のにゃあにゃあうるせえ奴から聞いたんだ」

五和「…とにかく…あまり変な事しないで下さい。おねがいします」

建宮「まあそう言わずに一度彼の前であの服きてみろって。男なら間違いなくよろこぶから…」

五和「…ほ、本当ですね…わかりました…」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:11:45.66 ID:l/Hp3fSf0
>>203
原作の16巻辺り読んだのダイブ前だから言葉づかいおかしいかも
脳内保管してくれると助かる
>>204
五和天使すなあ



ー翌朝食卓ー

上条「ふああ…」

今日は休日か…しかし…五和きてから生活サイクルがしっかりしてきたな…

上条「おはよう五和…って…その格好は…」

五和「あ、おはようございます…えと…似合ってますか?」

そういって五和はほほ笑む
可愛い。凄い可愛い。しかし五和の着ている服が現実離れしすぎていて思考がストップする
前にも似たような光景をみた。
そういえば…そうだ。神裂だ。

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/12(火) 01:20:47.41 ID:l/Hp3fSf0
しかし神裂は普段からあの格好なのでまだ耐えられた
今回はあの大人しい五和が胸を強調しへそを丸出しにしているのだ
日本では五和は割と地味目の服を着ているので非現実感が神裂の時よりも感じ取れる

分からない…

どんなリアクションをとればいいのか分からない

多分夢だな…そう思おう…

上条「おれ、まだ夢を見ているみたいだ。五和。おやすみ。」

二度寝する事にした

五和「あ…」


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:27:29.89 ID:l/Hp3fSf0
五和「終わって…しまいました…」

やってしまった…もうだめだ…なかった事にされてしまった…
もう…私の恋はおしまいですね…

上条「そ、そうだ!!夢の中の五和さん!!そ、その服…そ、そのですね。凄い可愛いと思います」

五和「へ?」

上条「えっと…寝る前に一応伝えようと思って…そ、その…すげえ…いいと思う」

五和「…」

上条「お、おやすみ!!」

がしゃーとお風呂場の扉が閉まる

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:32:25.51 ID:l/Hp3fSf0
五和「あ…」

う、うれしい…
おかあさん…私を生んでくれてありがとう…
好きな人に可愛いと言ってもらえました…

五和「えへへ…」

禁書「五和が一人で笑ってる…なんだか怖いんだよ…」



書きためがまたもや\(^o^)/
ここからペース落ちます…

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:43:59.27 ID:l/Hp3fSf0
ー休日ー
よし…心の準備は出来た
今日こそ俺は…不幸をぬけて幸運な男になる!

上条「ああのさ、五和」

五和「あ、なんですか?」

上条「もしよかったら…その、さ…」

五和「!」

も、もしかして…

上条「あー…今日映画でもみにいかないか?」

五和「はい!喜んで!(やったああああ)」

「映画を見に行くの?それならあたしもいくー!!」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:44:44.86 ID:l/Hp3fSf0
あ、禁書いれるの忘れてた

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:54:06.50 ID:l/Hp3fSf0
>>226
ルチアさんには興味がないんだ…すまない…


上条「なあインデックス。こいつを見てどう思う?」

こんなこともあろうかと用意したとある店のケーキ食べ放題の無料券をちらつかせる

禁書「あ!ケーキ食べたい!とーま!その券ちょうだい!」

上条「あげるぞ…ただしこの券は今日までしか使えない。という訳でインデックス君は映画は諦めて今日はケーキを食べていなさい」

禁書「はーい!やったー!」

五和「あの…さすがに一人でいかせるのは…」

上条「問題ないさ…あいつなら一人でも強くたくましくケーキを食べてくる」


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 01:58:28.75 ID:l/Hp3fSf0
すいません明日提出のレポートをやらなければなのでやっぱここでおちます

保守してくれる方いたらお願いします
おちたら自分であらすじいれてまた立てます!

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 18:39:22.22 ID:l/Hp3fSf0
保守ありがとう!
19:30には再開します!


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 19:27:24.63 ID:l/Hp3fSf0
ー上条家前ー

上条「よし!天気もいいしいくか!」

五和「はい!」

上条「…」

今日中に何とか彼氏がいるか聞き出そう…

五和「…」

今日中に彼を何とか名前で呼びたいな…

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 19:35:19.12 ID:l/Hp3fSf0
ー映画館前ー

五和「到着しました!」

上条「おう!」

五和、気のせいかいつもよりテンションが高いような…

…可愛いなぁ…

五和「上条さん!何をみますか!?」

上条「ああ!さて…何をみようかな…っと」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 19:42:42.32 ID:l/Hp3fSf0
五和「今やってるのは…」

1 エヴァンゲリアン 波
2 涼宮ハヒルの消失
3 魔道戦士リリカルなのは
4 ローマの中心で愛を叫ぶ
5 fate pray night
6 後で会い行きます
7 ワトリックス2 
8 空恋(笑)

上条「…」

アニメ多くないか…?
っつーかろくなのがないような…

五和「えっと…どうしましょう?」

上条「そうだな…じゃあ>>290で。もし違うのがでたらその下の奴で」

五和「?」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 19:46:07.64 ID:l/Hp3fSf0
上条「んじゃ女子高生に人気あるみたいだし空恋でもみるか?」

五和「は、はい!」

上条「うっし!」


ー映画館内ー

上条「五和。なんか飲み物でも買うか?」

五和「はい。あ、後ポップコーンもお願いします」

上条「おっけー」

五和「後でちゃんと返しますね」

上条「ラジャー」

奢っても別にいいんだけどな…

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 19:53:14.27 ID:l/Hp3fSf0
ー上映中ー

空恋とは女子中高生の間ではやってる恋愛映画で

主人公の女の子とその彼氏との恋愛を描いた作品だそうな

途中で彼氏がガンを患うも、残された時間を二人で一生懸命生きていくという話らしい

上条「…」

おかしいな…

こういう作品あんま好きじゃないんだけどな

…何か…うるってきた…

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 19:57:51.71 ID:l/Hp3fSf0
ー上映後ー

上条「うう…ん…」

長い間座っていたので背伸びをする

五和「うう…感動しました」

上条「思ってたより泣ける話だったな」

五和「だけど女の子が1人残されるラストはどうかと思いました」

上条「うーん…ガンじゃ流石にどうしようもないんじゃ…」

五和「あ!この後はどうしますか?」

上条「もう13:00過ぎなのな…んじゃ、飯でも食いにいくか!」

五和「はい!」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:01:59.00 ID:l/Hp3fSf0
まさか空恋(笑)がくるとは思わなかったんだぜ

ーファミレスー

上条「…」

五和は俺の事をどう思ってるんだろう…

護衛対象…?それとも友達…?

いや…そろそろ彼氏がいるのか聞いてもいい位には…

仲よくなったはず!

上条「なあ五和…その…ひとつ聞いてもいいか?」

五和「はい。なんですか?」

上条「五和って付き合ってる人とかいるのか?」

五和「!?」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:09:40.60 ID:l/Hp3fSf0
こ、これは…期待していいんですか?

えと…好意を持たれてるって事でいいんですか?

いや…彼の事だし…ただ何となく興味があるだけかも…

五和「…」

上条「!!」

やべっ!!五和もしかして困ってる?

…いくら何でも急すぎたか!?

いや…しかしこれを確認しない限り何も進めないんだ…

五和「い、いません!」

上条「!!」


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:13:43.89 ID:l/Hp3fSf0
いよっしゃー!!ッとつい心の中で叫ぶ

やった!やったぞ!最近は不幸がすくないな!

絶好調だぜ!上条さん!!

五和「あの…何でそんな事を…」

上条「え…えと…ははは…いや、何となく彼氏とかいるのかな…って思ってさ」

五和「あ…う…そうですか」

やっぱり…何となく出た興味なんですね…

でもでも!何となくは興味がひけているんです!

それにデートも誘ってくれたしきっと少し位は…

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:19:24.59 ID:l/Hp3fSf0
上条「おーい五和さーん?」

五和「!?」

五和「あ!ごめんなさい!!ついぼーっとしてました!」

上条「あ…」

五和の顔が赤い

意識してくれてるのか?これは…意識してくれてるのか?

いや…こういうのは多分勘違いだ…

ここで勘違いして男の子は女子に

えー?マジで?きもーい

といわれるんだ!

自意識過剰になるな…

クールになれ…とーま…

店員「お待たせしました。イタリアンハンバーグとラミノ風ドリアです」

上条「あ…どうも…」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:28:35.41 ID:l/Hp3fSf0
ー食後ー

上条「ああー。食った食った」

五和「はい。このお店初めてきましたが料理美味しかったです。」

上条「値段の割にうまいんだよな…でも五和の作るドリアのが俺はずっとすきだぞ」

五和「あ、あ…ああありがとうございます…」

この人はなんでこんなにドキドキさせる事ばかり言うんだろう…
こっちの気持も知らないでさらりと嬉しい事を言う

五和「上条さんは…ずるいです…」

上条「う…ごめん…俺なんか失礼な事いったか?」

五和「は!」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:34:09.20 ID:l/Hp3fSf0
つい声に出してしまった!

五和「ごめんなさい!今のはナシです!」

上条「いやいや!上条さん馬鹿だからもし失礼な事言ってたとしても分からないんです!」

上条「なんか悪い事いったなら謝るよ」

五和「その…謝らないで下さい。上条さんは…そのままでいいです…」

上条「?」

馬鹿のままでいいという事だろうか

五和「あの…あの…」

上条「へ?どうした?」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:41:05.23 ID:l/Hp3fSf0
五和が急にもじもじしながら何かを言おうとしている

!!!

告白か!?

いや落ち着け!このタイミングでそれはない!

平常心だ!とーま!

五和「その…あたしもインデックスさんみたいに…その…」

上条「へ?」

何故ここでインデックスの名が…

五和「その…とーまさんって呼んでいいですか!?」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/12(火) 20:47:45.13 ID:l/Hp3fSf0
上条「あ、ああ!」

五和「あ…ありがとうございます!」


ー帰宅途中ー

上条「あ…あのさ…」

五和「はい…」

上条「手、つないでいいか?」

五和「は、はい!」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 00:31:10.04 ID:RTTDzVXQ0
上条「え…と…それじゃ…」

自分の手を五和の手に近付ける

…心臓がバクバクうるさい

なんだ…これ…死ぬほど緊張する…

何とか手をつなぐ

五和の手は意外な程小さくて可愛い

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 00:37:13.57 ID:RTTDzVXQ0
五和「…」

どうしよう…

嬉しい…凄く…凄く嬉しい

嬉しすぎて心臓の音がうるさくなってくる

体が熱くてむずむずしてきたが不思議と心地いい

五和「あの…」

上条「あ…っと、何?」

五和「その…手、握ってくれて嬉しいです。」

五和「ありがとうございます。とうまさん」

にこっと五和は笑った

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 00:44:15.60 ID:RTTDzVXQ0
上条「あ…ああ…」

これは反則だった

心臓が破裂したのではと思うほどの威力であった

手をにぎっている状態で笑いながらまだ呼ばれ慣れていない名前をよばれる

あまりにも破壊力があったからか体が暑さで爆発しそうだ

上条「あ、あのさ…」

五和「は、はい!」

上条「来週の休日もさ」

五和「…」

期待して彼の言葉を待つ

上条「どこか出かけないか?」

五和「はい!よろこんで!!」

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 00:55:04.40 ID:RTTDzVXQ0
好きな子と手をつないで同じ家に帰れるなんて…

俺は幸せものだな…

もう不幸だなんて二度と言わないぜ!!

ー上条家ー

禁書「おなかへったんだよ!!とうま!!」

上条「不幸だ…」

五和「ふふ…今夕飯作りますね」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 01:02:54.11 ID:RTTDzVXQ0
上条「はあ…」

五和の手柔らかかったな…

そういえば前に体育倉庫に閉じ込められた時は体も密着してたな…

くそ…何であのときもっと堪能しなかったんだ…俺の馬鹿野郎

いやまて…またあのまじないを使えば…

いやいや!何考えてるんだ俺は!!

禁書「五和!とうまがニヤニヤしてて気持悪いんだよ」

五和「え?あ、今何かいいましたか?」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 01:12:01.35 ID:RTTDzVXQ0
禁書「なんだか五和もニヤニヤしてるんだよ…二人とも何かあったの?」

五和「えと、えと…秘密です」

禁書「五和のけち!!」

上条「へへへ…」

五和「ふふふ…」

禁書「…」
なんだか居心地が悪いんだよ…

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 01:18:24.53 ID:RTTDzVXQ0
ー翌日ー

上条&禁書「ごちそうさまでした」

五和「おそまつさまでした」

上条「なんだか五和が帰った後の事を考えたら不安になってきた」

五和「?」

五和「何が不安なんですか?」

上条「いや…朝飯も夕飯も五和に作ってもらってるからさ…」

そうだ…五和が帰ったら朝飯と夕飯をまた自分で作り、部屋の掃除も一人でやる事になる

上条「五和がずっといてくれたらなぁ…」

あ…まずい…今つい本音が…

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 01:26:15.37 ID:RTTDzVXQ0
五和「あ…」

上条「う…」

とうまさんは…本当にずるい人です…

そんな事を言われたらずっとそばにいたくなってしまう

このまま平和な日が続けばそのうち私は帰国するだろう

それがとても残念だった

五和「私も出来ればこの家にずっといたいです…」

ぼそっと呟く

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 01:32:30.40 ID:RTTDzVXQ0
上条「…」

今とても嬉しい言葉が聞こえた

五和「あ…なんでも…ないです」

照れているのかぷいっと向こうを向いてしまった

おかしいな…五和の仕草が全て可愛く見えてきた

そっぽむかれて喜ぶなんて俺は変態なのだろうか

上条「あ、五和!そろそろ行かないと遅刻しちまう!!」

五和「あ、今行きます」

上条&五和「行ってきます」

禁書「…いってらっしゃいなんだよ…」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 01:46:49.08 ID:RTTDzVXQ0
ー通学路ー

上条「なあ五和」

五和「あ、はいなんですか?」

上条「次の休日だけど…どこか行きたい所はあるか?」

五和「そうですね…私は学園都市はよくわからないのでとうまさんにお任せします」

上条「ういっす了解。」

返事はしたものの迷うな…

流石に2連続で映画もどうかと思うしどうすれば…

ぴろろろろと携帯の着信音が鳴る

五和「あ…すいません…上から連絡がきました。少し失礼します」

上条「了解です」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 01:55:15.81 ID:RTTDzVXQ0
五和「もしもし」

せっかく二人で歩いていたのに邪魔されたからか少し不機嫌な声を出す

建宮「おう!大精霊さん。上手くやってるってきいたのよな」

五和「…からかいの電話ならすぐ切りますよ?」

建宮「おこらないで聞いてほしいのよな。現段階で上条当麻の安全が割と保障された」

建宮「だからお前の護衛任務も来週で終りだ」

五和「え…?うそ…ですよね?」

建宮「本当だ。まあショックなのは当たり前なのよな。だが上の決定な訳でどうしようもねえんだ」

五和「はい…分かりました…」

携帯をきる

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:01:55.23 ID:RTTDzVXQ0
五和「そうですよね…こんな幸せが続く訳ないですよね…」

いずれ来ると分かってはいたが想像よりもショックが大きい。

顔は崩れていないだろうか。今彼の目の前にいって普通に接する事が出来るだろうか?

上条「五和!そろそろ行かないと俺遅刻しちまう!」

彼が慌てて叫ぶ

五和「う…あ!さ、先に行ってて下さい!少し長引きそうなので!」

上条「OK!帰りにまた!」

五和「休日のデート…楽しまないとな…」

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:14:27.74 ID:RTTDzVXQ0
ー教室ー

上条「なあ土御門」

土御門「にゃー…いきなりどうしたんだいカミヤン」

上条「この前のまじないって呪文唱えればまた発動するのかな」

土御門「うーむ…同じまじないを繰り返すと不幸がふりかかるらしいにゃ」

上条「まじかよ…駄目か…」

一応唱えておこうかな…

ええと…リタフニコウソクイータ、リタフニコウソクイータ、リタフニコウソクイータ

…うし…
…頼む…呪いよ…発動してくれ…

上条「…なんでおれこんなに必死なんだろう…」

…むなしくなってきた

そこまでして五和に触れたいのか俺は…

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:21:00.92 ID:RTTDzVXQ0
ー校門前ー

上条「体育倉庫に向かうかな…ん?校門にいるのは…五和か?」

いつもは学校をうろついてると向こうから話しかけてくるのだが…

上条「五和!!」

五和「あ…とうまさん!」

上条「おう!ごめんな。またせちまったみたいで」

五和「いえ…何となくですけど…校門であなたを待っていたかったんです」

上条「あ、そ、そうか…んじゃ…帰るか」

俺って馬鹿だな…

…体育倉庫に入らなくても十分な幸福がそこにあった

五和「はい!」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:27:07.91 ID:RTTDzVXQ0
ー帰宅途中ー

五和「あの…次の休日なんですけど」

上条「ん?あ!そうだ!どこいくか決めないとな…」

五和「遊園地…行きたいんですけど…その…いいでしょうか…」

上条「遊園地か…少しとおいな…うーむ…」

上条「オッケー上条さんにまかせなさい!」

五和「ふふ…ありがとうございます!」

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:28:54.32 ID:RTTDzVXQ0
上条「あのさ…」

五和「あ…はい!」

上条「家までさ…手つないで帰らないか?」

五和「はい…」

そっ…と手をつなぐ

やだな…嬉しいのに…

もう少しで一緒に帰れないと思うと

なんだか泣きそうだった

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:32:28.30 ID:RTTDzVXQ0
ー上条家ー

禁書「あ、とうま!五和!おかえり!」

五和「ただいま。インデックスさん」

上条「ただいま…」

五和「…」

後何回このやり取りを出来るのかな…

いつの間にかこれが日常になっていたのだと実感し驚く

もっと…この家にいたいな…

ー休日ー

あっという間にこの日が来てしまった

今日のデートが終わったら彼に伝えようと思う

上条「五和…おはよう…っとまだ外暗いな」

五和「あ、おはようございます。」

上条「んじゃ飯食ったら出かけますか」

五和「はい…」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:34:06.03 ID:RTTDzVXQ0
ごめんなさい…今日はここまでで…
明日の午後には再開して終わらせます…
保守出来る方いたらお願いします…

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 13:14:34.01 ID:RTTDzVXQ0
保守してくれた人ありがとう!
14;00から14;30の間に再開します
エロ希望してる人いますがそういう描写書いた方がいいのだろうか

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 14:17:57.51 ID:RTTDzVXQ0
ー食後ー

上条「あ…やべ…」

そういえばインデックスを追放する方法を考えていなかった

五和「どうかしましたか?」

五和がきょとんとしている

上条「…」

クソッ!浮かれすぎててすっかり忘れてた…

どうする…?どうすれば奴を追い出せる?

…遊園地に三人で行くのだけはごめんだ…

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 14:26:20.90 ID:RTTDzVXQ0
五和「あ、おはようございます」

禁書「うーん…おはよ…二人とも」

上条「ああ…おはよう」

クソッ!寝たままだったら最悪起こさないで勝手に行くという手もあったのに…

禁書「ん?二人ともどこか出かけるの?」

上条「ああ…ちょっと…な…」

上条「遊園地に行ってきまーす!!」

なんていったら絶対ついてくる…どうする…?

禁書「…」

なんだかとうまが迷惑そうな顔をしてるんだよ

禁書「…いってらっしゃいなんだよ。私はもう一度ねる…」

上条「!?」

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 14:34:07.87 ID:RTTDzVXQ0
上条「!?」

そうか…空気を読んでくれたのか…

奴はやっぱり…シスターなんだな…

そのうち美味しい飯でも食わせてやるか

ー玄関ー

上条「それじゃ…いってきまーす」

五和「いってきます」

禁書「いってらっしゃいなんだよ!」

とうまのばか…なんだよ…

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 14:41:01.21 ID:RTTDzVXQ0
ーとある道ー

五和「外…少し冷えますね」

上条「まだ早朝だからな…しょうがない」

五和「あ、あの…こうしたら…温かくなります…」

上条「!?」

五和がいきなり手を握ってきた

心臓の鼓動が速くなり体が熱くなる

いつから五和にこんなに夢中になったんだろうな

ぎゅっと握りかえす

上条「こうしてるとあったかいな」

五和「はい!」

440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 14:47:16.24 ID:RTTDzVXQ0
五和が笑う

ずっとこの笑顔を見ていたいと思う

思えば夏休みから不幸な目にあうばかりだった

しかしその不幸な出来事のおかげで五和が家に来てくれた

そう考えるとあの時不幸でよかったと思えるから不思議だ

上条「あ…」

五和「どうしました?」

上条「いや…なんでもないんだ」

いつ帰るんだろう

そんな後ろ向きな事を考える

しかし五和と話ているうちにその不安も消えていった

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 14:57:04.60 ID:RTTDzVXQ0
ー遊園地入り口前ー

上条「おっし!やっとついたな」

五和「そうですね…」

いつもよりも時間の流れがはやくかんじる

今日が終わって明日が過ぎればもうイギリスに向かわなければいけない

五和「…」

いや!だめだだめだ!せっかく彼が遊園地にまで連れてきてくれたんだ

今日は楽しんでそれで…

最後に自分の気持ちと帰る事を伝えないと…

上条「…」

なんだか五和が色々考え込んでいる

思えば最近たまに様子がおかしいきがする

何か悩みでもあるのだろうか

そうだな…悩みも吹っ飛ぶくらい今日は楽しませないとな!

そんで今日こそ…こ、告白を…

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 15:05:31.76 ID:RTTDzVXQ0
上条「五和!行こうぜ!」

五和「は、はい!」

ー遊園地内ー

上条「さて…まずは何からいこうか」

五和「え、えーと…」

個人的には観覧車は最後がいいな

遊園地といえばお化け屋敷…とかジェットコースターですよね…

あ…お化け屋敷とかいいかもしれません

怖がったふりをしてくっついたりして…

五和「えへへ…」

上条「五和?どこがいいんだ?」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 15:14:40.82 ID:RTTDzVXQ0
なんだかニコニコしている

連れてきてよかったな

五和「は!」

五和「すすすすみません!私またぼーっとして…」

上条「いいっていいって。場所は決まったか?」

五和「えっと…お化け屋敷で」

上条「おーけい!んじゃいくか!」

ーお化け屋敷ー

上条「…」

結構雰囲気出てるけどこの年にもなるともうびびったりはしないな…

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 15:23:16.43 ID:RTTDzVXQ0
ど…どうしよう…

どうにかしてとうまさんに触れたいな

だけど…タイミングが…

上条「うお!」

急に物音がしたので驚いて声を上げてしまった

五和「きゃ、きゃあ!

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 15:29:52.45 ID:RTTDzVXQ0
特に驚かなかった
が、とりあえず声をだしてとうまの腕にしがみつく
五和(や、やったあ!)
い、いまの、自然にできましたよね!
彼の腕…あったかい…

上条「…」
…胸が腕に押しつけられて気持ちがいい
やっぱり五和の胸…やわらかくてあったかい…
お、おちつけ、落ち着くんだ!
クールになれ…とうま!
五和はおそらく怖がっている…俺が慌ててたら示しがつかんだろ…
男らしくどうどうと進もう…

449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 15:38:07.53 ID:RTTDzVXQ0
五和「あ、あの…」

上条「どうした?」

五和「急にくっついて…ごめんなさい」

五和が上目づかいでそう言った

上条「い…いや…怖いなら…しょ、しょうがないしな!」

ああ…物音よ

グッジョブだぜ

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 15:49:34.93 ID:RTTDzVXQ0

ージェットコースター前ー

上条「さて…遊園地といったらこれだよな」
五和「えへへ…楽しみです」
上条「お…順番まわってきたな」

……

上条「やっぱ絶叫ものはいいなあ!大声を出せて凄く気持がいいぜ」
五和「そうですね…あ!もうお昼すぎです!」

上条「おお!もうそんな時間か」

やっぱ楽しいと一瞬で時間が過ぎていくな

五和「そろそろお昼ご飯にしませんか?」

上条「おーけい!何食べようか?」

五和「その…お弁当作っておいたんです…もしよかったら…」

上条「頂きます!!」

しかしいつの間に作っていたんだろう…

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 15:53:05.67 ID:RTTDzVXQ0
申し訳ない
少し出かける事になった…
21;00にはもどります
長びかせてマジ申し訳ない

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:09:52.18 ID:RTTDzVXQ0
保守本当にありがとう!
今回でなんとか終わらせます!


ー某芝生ー

五和「シートを持ってきてるので今しきますね」

上条「はは…準備がいいな」

俺の為に弁当作ってくれたんだよな…

それが無性にうれしい

五和「…」

上条「お…?」

なんか照れてるな

…可愛い

抱きしめたくなってきた

五和「あ、あまりからかわないで下さい…」

上条「あ、ごめんごめん。」

五和「もう…それじゃ、食べましょう」

474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:13:53.66 ID:RTTDzVXQ0
上条「おお…」

朝飯と同じ内容かと思ったがお弁当の中身は違っていた

本当にいつ作ったんだ…

五和「とうまさん。その…」

上条「ん?」

なんだかもじもじしている

五和「そ、その…はい!あーん」

上条「…!!」

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:22:45.99 ID:RTTDzVXQ0
なんとなくこうなる気はしていた

いや、こうなると期待していた

しかしいざやられるともの凄く恥ずかしい

体がむずむずしはじめた

上条「お、おう…」

パクっと口元に運ばれたハンバーグを食べる

味は言うまでもなく美味い

しかし今は味などどうでもよかった

五和「ふふ…はい!あーん」

至高の笑顔を見せながら口元に料理を運んでくる

上条「あ…ああ…」

もぐもぐ…

俺…今なら死んでもいいかも…

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:28:36.16 ID:RTTDzVXQ0
ー食後ー

上条「んじゃ次はまわるティーカップにでも…」

五和「はい!」

そうして時間は過ぎて行った

本当に、あっというまに

上条「ふいー…流石に今日は疲れたな」

五和「そうですね…でも、本当に楽しかったです」

本当に

好きな人と一緒に遊園地に行く事がこんなに楽しいなんて知らなかった

恋人が一緒に行く場所としては遊園地がメジャーだと聞いた

そんな理由で遊園地に行きたいといったのだが正解だった

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:33:51.53 ID:RTTDzVXQ0
五和「あの…最後に観覧車に乗りませんか?」

上条「ああ!俺も最後は観覧車にするつもりだったんだ」

そうだ…そして伝えるんだ…

好きだって気持ちを

ー観覧車ー

上条「上から見下ろすと遊園地って綺麗なんだな」

五和「はい…光がとてもきれいです」

上条「もうすぐてっぺんかな」

五和「…」

言わないと…自分の気持ちと…帰る事を

上条「…」

さあ…男上条…

勇気をだせ…!

伝えるんだ…

上条「あのさ!」
五和「あの!」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:38:56.30 ID:RTTDzVXQ0
上条&五和「!?」

上条&五和「さ、先どうぞ!!」

上条&五和「…」

上条「じゃ、じゃあ俺から言ってもいいか?」

五和「ははは、はい!」

上条「そうだな…俺の…その…話っていうのはさ…」

五和「は、はい…」

これって…もしかして…

もしかして…やだ…だめだよ期待しちゃ…

彼だもの…きっとなんでもないことをいうにちがいない

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:41:48.89 ID:RTTDzVXQ0
上条「え…と…その…さ…だから…その…」

心臓がかつてないほどうるさい

体が熱くて痒くなる

胸が痛くなってきた

いえ!

言うんだ!!

男だろ!!

上条「俺…俺は!!」

五和「…」

期待してしまう

だってこの雰囲気で言う言葉なんて一つしかない

どきどきしてしまう…胸がいたい

体がとてもむずむずする

上条「俺は五和が好きだ!!だから…付き合って下さい!」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:47:31.90 ID:RTTDzVXQ0
……!

言った!

ついに言ってしまった!

何故か恥ずかしい

顔は多分真っ赤だ

穴があったら入ってしまいたい

だけど…後悔はしていない

後は…返事をまつだけだ

五和「あ…」

夢なのではと疑う

告白しようとしたら告白されたのだ

こんなに素敵な事が現実にあるのだろうか

どうしよう…何か言わないと…

ただはずかしくて…なによりもうれしくて言葉が出ない

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 21:57:49.48 ID:RTTDzVXQ0
上条「…!」

もしかして…

だめか…?

迷惑だったのか!?

まさか…俺を傷つけないでふるための言葉を考えてるのか!?

ああ!後ろ向きになるんじゃねえ!

五和「あ…あの!!」

上条「…!!はい!!」

五和「わ…わ、わたし…」

上条「…」

頼む…

俺の恋よ!実ってくれ!!

五和「私も!あなたが好きです!」

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:03:16.13 ID:RTTDzVXQ0
上条「は…はは…」

やった…

やった!

あれ?だけどこれってもしかしたら夢じゃないのか?

少しほっぺをつねってみる

…痛い

上条「夢じゃ…ないよな…」

五和「えと…その…ゆ、夢じゃないです…きっと」

五和が顔を下に向けて体を縮めている

多分照れているのだろう

顔が真っ赤だ

その姿を見ているうちに抱きしめたいという衝動に駆られた

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:10:53.19 ID:RTTDzVXQ0
いや…落ち着け…

いくらなんでもまだ早すぎる…

上条「五和。その…ありがとう…すげえ嬉しい」

五和「いえ…こちらこそ…嬉しいです」

多分俺の顔も真っ赤なんだろうな

ただ…なんというか人生で一番幸せな時間を過ごしている気がする

気のせいか遊園地のライトが俺達を祝福している気さへしてきた

上条「あのさ…その…好かれてるって事は…その…付き合ってもいいってことか?」

五和「はい…ただ…」

上条「ん?」

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:16:28.00 ID:RTTDzVXQ0
上条「ん?」

何故だろう

なんだか嫌な予感がする

五和の顔つきが笑顔から少し悲しそうな顔になった

五和「私は明後日にはイギリスにもどらなければいけないんです」

上条「な…うそ…だろ?」

五和「ごめんなさい…本当なんです」

五和「なので…その…遠距離恋愛で良ければ…」

上条「ああ…!」

ショックだ…

かなりショックだ

だけど…ここで五和に不安を感じさせる訳にはいかない

上条「ああ!全然構わない!その…電話とか…するからさ」

五和「はい…!!その…改めて、これからもよろしくお願いしますね」

上条「いや…その…こちらこそ…」

499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:20:04.57 ID:RTTDzVXQ0
そっか…五和は明後日になったら帰るのか…

しょうがない事とはいえやっぱさみしいな…

しかし今は思いが通じ合った喜びのほうが上であった

五和「あ…とうまさん!あそこを見て下さい」

上条「ん?あ…」

どうやら遊園地の夜のパレードが始まったようだ

眼下には先ほどよりも綺麗な光景が広がっている

上条「綺麗だな…後で近くにいって見てみるか」

五和「はい…えへへ…」

上条「ははは…」

お互いに笑いあう

何となく空気が甘い

ドラマではこういう時にキスをするのでは…と思った

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:24:52.16 ID:RTTDzVXQ0
勇気を出してトライするか!?

さっき告白ができたんだ!

これくらい…

いや…嫌がるか?

いや…男なら堂々とした態度でアグレッシブにだな…
ええい!

上条「なあ…五和」

五和「はい。なんでしょう」

上条「そ、その…な」

五和「?」

首をかしげてこちらを見つめてくる

ああ…!反則だその仕草は!

上条「キス…していいか?」

五和「は…はぃ…」

五和がとても小さな声で返事をする

そして目を閉じた

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:27:12.18 ID:RTTDzVXQ0
上条「ごくり…」

顔をちかづけ目をとじる…

互いの唇が触れ合う


五和「ん…」
上条「…」

…長いような短いような曖昧な時が流れ二人は唇をはなした

五和「き…キス…しちゃいましたね…」

真っ赤になりながら五和がつぶやく

上条「あ…ああ…」

未だにドキドキしている

幸福すごてとろけてしまいそうだ

しかしそのせいでスイッチがはいってしまった

多分俺は興奮している

今度は顔だけでなく体も動かす

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:31:12.30 ID:RTTDzVXQ0
五和「とうまさん…あの…!あの!!」

上条「…」

問答無用で近づき五和の体を覆いかぶさるようにして抱きしめる

五和「あ…」

五和も手を俺の背中の方にまわし抱きしめてくれた

幸せだ

五和の体は柔らかくて温かい

これが女の子の体なんだなと実感する

いい匂いがする

…キスしたいな

そう考えた時にはもう唇を押しつけていた

五和「ん…」

五和もこたえてくれる

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:35:42.89 ID:RTTDzVXQ0
もはや考える力もなくなってきた

唇の間から五和の口の中に舌を侵入させる

五和「うむぅ!?」

流石に驚いたのか五和がじたばたしてきた

しかし押さえつけて構わずに続行する

チュパ…チュパ…ジュルル

観覧車の部屋に淫靡な音が響く

五和「んっ!んむう…うむむ!」

さすがに苦しそうなので一旦唇をはなす

五和「はあ…はあ…」

上条「はあ…」

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:44:13.34 ID:RTTDzVXQ0
まだ…足りない…

もっともっと五和にふれたい

五和「はあ…はあ…んむう!!」

もう一度強引にキスをし舌をいれ抱きしめる

レロレロと五和の口の中をなめまわす

なめまわすたびに淫らな水音が部屋に響く

その音がさらに興奮を駆りたてる

ビチャ…ビチュ…チュプ…

息が苦しくなってきたので唇をはなした

上条「はあ…はあ…ふう…」

五和「はあっ!はあっ!」

深呼吸をして息を整える

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:47:33.92 ID:RTTDzVXQ0
五和「はあ…あ!」

理性が完璧に崩壊し五和の首筋をなめる

五和「んん…!」

なめる度に五和が喘ぎ声を出す

その仕草も声も愛しくまたキスをする

五和「んん!!んむう!!」

ばたばたと暴れるが気にしないで舌を入れる

ちゅぷ…ぴちゃ…

五和「んんん!!」

少々やりすぎたと思い唇をはなす

五和「あ…ああああの、あの!」

上条「あ…!!えと…はい!!なんでしょうか」

やばい!さすがに調子に乗りすぎたか?

謝ってどうにかなるレベルを超えちまった…

なにやってんだおれは…

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:54:29.21 ID:RTTDzVXQ0
五和「もうちょっと…そ、その…優しくキスしてほしいです…」

上条「へ?」

五和「そ…その…駄目でしょうか」

上条「あ…ああ!」

互いに顔と体を寄せ合いまたキスをする

俺達は観覧車がしたにつくまで何度も何度もキスをしていた

それ以上の行為をしたかったが時間も度胸もない上条さんであった

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 22:59:34.10 ID:RTTDzVXQ0
ー観覧車前ー

上条&五和「…」

き、きまずい…何をはなせば…

五和「えと…あの」

上条「あ…ああ」

五和「ぱ、パレード見に行きましょうか!」

上条「あ、ああ!そうだな!」

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:01:46.31 ID:RTTDzVXQ0
ーパレードー

五和「わあー。綺麗ですね」

上条「ああ…上からみるのとはまた違うな」

五和「きっと…私は今、世界で一番幸せな女の子です」

上条「はは…大げさじゃないか?」

五和「いいえ…心の底からそう思えるんです。今日は…本当にありがとうございます」

来る前はお別れの事を伝えるのが辛い…そればかり考えていた

実際に来てみたらずっと幸せでいられた

五和「本当に…あなたにあえてよかった」

上条「五和…」

今なら客は皆パレードを見ている

キス…していいよな

五和の頬に手をそえる

五和「あ…」

そっと優しくキスをした

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:06:00.71 ID:RTTDzVXQ0
ー学園都市某駅前ー

上条「さて…やーっとついたぜ!!」

五和「はい!ただ…家についたらもう二人きりになれないんですね…」

上条「そうだな…ま、しょうがないだろ?」

五和「はい…あの…手を繋いでいいですか?」

上条「ああ…」

互いに手を握る

上条「さて…んじゃ帰るか!俺たちの家にさ」

五和「は、はい!」

ー上条家ー

上条&五和「ただいまー」

………

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:10:45.88 ID:RTTDzVXQ0
上条「あれ?返事がないな」

五和「インデックスさーん!いないんですか!?」

上条「あれ?なんだ…留守電が入ってる…小萌先生からか」

禁書「とうまも五和も帰ってこないからお腹すき過ぎて死ぬかとおもったんだよ!」

何故かインデックスの声が再生される

禁書「だから今日は小萌の家で夕飯を食べてくるんだよ!」

上条「なるほど…」

インデックスには悪い事したな…

今度たらふく飯食わせてやるからな

ぷるるるっと電話の音が鳴る

上条「だれだろう?」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:13:53.51 ID:RTTDzVXQ0
上条「はい。上条です」

小萌「あ、かえってきてたのね。」

上条「あ、先生。もしかしてインデックスに何かあったんですか?」

小萌「うーん…インデックスちゃんが眠っちゃったんですよ。今日はこっちに泊まらせておくわね」

上条「え?そんな!悪いですよ!」

小萌「もー遠慮しなくていいんですよ?それじゃまた学校でね」

上条「…これは…」

もしかして…

いや…でも…僕達は今日つきあいはじめたんだ

まだ…心の準備が…

五和「どうしたんですか?」

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:18:31.67 ID:RTTDzVXQ0
上条「かくかくしかじか」

五和「え?そうなんですか…」

どうしよう…これって…

いや…だめです!

五和「あ…とりあえず夕ご飯作ります」

上条「え?ああ…そういや腹も減ってきたな…」

ー数十分後ー

上条&五和「いただきます」

五和「とうまさん。はい。あーん」

上条「あ、ありがとう」

もぐもぐ…

やばい…さっきから今日の夜の事しか考えられない

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:21:27.83 ID:RTTDzVXQ0
>>533

          ____
        /      \
       /  ─    ─\      脇役の口調とか
     /    ⌒  ⌒  \     ハハッ わろす
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /   
       /   _ ヽニソ,  く

正直申し訳ない

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:26:16.11 ID:RTTDzVXQ0
五和「はい…あーん」

上条「ん」

もぐもぐ

五和「はい…あーん」

上条「…」

もぐもぐ

五和「ふふふ…」


どうする

俺は…

1 紳士になる(オオカミ的な意味で)
2 紳士になる(変態的な意味で)
3 紳士になる(まじめな意味で)
>>539
>>540
>>541
>>542
の集計で

544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:32:00.64 ID:RTTDzVXQ0
把握w
ってか3が一人もいないってどういう事なの…
軽くエロ書くがあまり期待しないで欲しい


ー食後ー

上条「ごちそうさまでした」

五和「おそまつさまでした」

上条「あ…五和先に風呂入ってきていいぞ」

五和「あ…いえ…大丈夫です。先にどうぞ」

上条「そ、そうか…じゃあお言葉に甘えて…」

ー風呂上がりー

無駄に体を綺麗に洗ってしまった

何期待してんだよ俺は…

さて…五和が風呂からでたら寝る準備をして寝よう…

五和「とうまさん…あがりました」

上条「あ…ああ。それじゃ俺お湯抜いて布団しいてくるわ」

五和「はい」

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:35:55.87 ID:RTTDzVXQ0
…はあ…とため息をつく

お風呂場に布団をしかなくても…

ベットで一緒に眠るという選択肢もあるのに

もしかして私の体は魅力が足りていないのだろうか

少しへこんでしまう

ーそこそこに深夜ー

上条「それでな…そこで青髪ピアスと土御門がさ…」

五和「ふふふ…」

しばらくはとりとめのない話をしていた

といっても俺が一方的に五和に喋りかけてる気がする

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:39:21.66 ID:RTTDzVXQ0
上条「お…もうこんな時間か…」

五和「あ…」

どうしようもう今日が終わってしまう

まだ…もっと彼と一緒にいたいのに…

もっと話したいのに…

上条「なあ…五和」

いくか…!?

いうのか!?

上条【「俺とSEXしてください」】

そんな事いえねええええええええええ!!!

五和「はい。なんですか?」

ええと…何ていえばいい?

どう言ってその場面までいけばいい?

ええい!ままよ!!

上条「最近風呂場で眠ると寒くてさ…だから…俺もベッドで寝ていいか?」

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:43:20.84 ID:RTTDzVXQ0
我ながら酷い言い訳だと思う

しかし言ってしまったものはしょうがない

五和「はははははい!!だだだ、大丈夫です!」

上条「え?はは…そっそっかー!いやーありがとな!!」

これは…
これは…



オソッテモイイッテコトデスヨネ

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:47:41.21 ID:RTTDzVXQ0
ーベッドの前ー

上条「…」
五和「…」

二人で立ち尽くしていた

上条「あの…その…まだ寝ないの?」

五和「い、いえ…そういう訳ではないんですが…」

上条「そっそっか…」

五和「あの…では…お先にベッドに…そ、その…はいります」

上条「あ、なら俺も…」

ごそごそと音をたて二人でベッドに入る

体を密着させないとベッドから落ちてしまうので自然と体が触れ合う

上条「…」

横を向けば驚くほど近くに五和の顔がある

風呂上がりだからか五和の方からいい匂いがする

吐息が聞こえてくる

くっ…下半身が…膨らんできやがった

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 23:51:24.04 ID:RTTDzVXQ0
上条「あ…あのさ…」

くっ…いいにおいが…

五和「…はい…」

声がちかい…

はあ…はあ…マジで興奮してきた

上条「キス…するな」

五和「は…はい んむぅ!!」

正直限界だった

もはや理性もなにもない

お猿さんとよばれようが構わない

俺は今日

童貞を捨てる覚悟を決めた

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:02:37.14 ID:TbU31z3C0
本能の赴くままに五和にからみつく

目の前にある首筋がとてもきれいだ

首筋を下から上へべっとりと舐める

五和「んん…いや…」

五和が喘ぐ

その声がもっと聞きたい

もっと喘いでほしい

なめ続ける

音をわざと立てて舐めまわす

時折じゅぅぅぅっと強く首筋にキスをし五和を愛でる

びちゃびちゃ…じゅるう…じゅぅ…

五和「んぅ!だ…めぇ!!」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:12:07.42 ID:TbU31z3C0
その声でさらに興奮する

上条「五和…胸…さわるぞ」

五和「え!?あ…待って!!あ…」

両手を使い五和の胸をパジャマの上からもみしだく

五和「きゃあ!!うう…ん…いやあ!」

柔らかくて気持ちがいい

だがもんでるだけでは手は満たされても口が満たされない

何かにしゃぶりつかなければ本能が満たされない

五和の唇を唇でふさぐ

そのまま舌を入れて五和の舌にからみつかせる

じゅぶ…じゅるう…

そのまま胸を鷲掴みにし指を使いもみしだく

五和「んん!!んむぅ!!!」

駄目だ
パジャマが邪魔にかんじる

唇をはなし五和に一応告げる

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:21:27.53 ID:TbU31z3C0
上条「パジャマぬがすな」

五和「はあ…はあ…へ?あ…んむぅ!!!」

ボタンが邪魔なのでひとつひとつ外していく

その間にもキスをする

音をたてながら五和の口内をなぞるように舐めていく

五和「むううう!!」

そしてボタンが全てはずれた

目の前には五和の大きな胸がある

もうこれ以上はないという程興奮していると思っていたがさらに興奮する自分がいる

五和「と、とうまさん…」

少し五和がおびえているがその表情がさらに激情を駆りたてた

そのまま胸にある乳首にしゃぶりつく

五和「ああ…うぅ…」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:31:01.78 ID:TbU31z3C0
ちゅぶっちゅぶぅっ

っと乳首にしゃぶりついている音が部屋に響く

五和「いやっ!!んんぅ!だめぇ…」

そろそろいいかなと思い五和のズボンを下ろした

五和「きゃあ!!な、ななな何するんですかぁ」

上条「そろそろ下…ぬがすな」

五和「は、はい…って…え?」

五和のこえを無視し

ズボンをひきおろした

今の五和は上半身はボタンがはずされ肌が丸見え、下半身はパンツ一枚というなんとも卑猥な姿だった

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:37:35.53 ID:TbU31z3C0
上条「なあ…五和…俺さ…そろそろ…」

五和「はあ…はあ…あ…ふえ?」

五和のパンツも下ろし女の子の大切な部分を眼下にひきだす

上条「さわるからな…」

五和「ひぅ!!あああ!」

指を使ってなるべく丁寧にあそこをなぞる

これでいいのだろうかと不安はあったが今はAVで得た情報を信じ愛撫を続ける

五和「んん!いやあ…うう!!」

可愛すぎて愛しすぎてついキスをする

五和「ふむ!!うむぅぅぅ!!んん…」

愛撫を続けているうちに五和のまたが少し湿ってきていた

575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:43:59.14 ID:TbU31z3C0
上条「…」

だめだ…

そろそろ…挿れたい

五和「はあ…はあ…」

上条「なあ五和」

五和「はあ…は、はい。なんですか?」

この状況ですら五和はにこっと笑った

上条「その…な…」

五和「はい…」

上条「挿れるな」

五和「……は、はい」

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:49:40.84 ID:TbU31z3C0
初めてする時女の子は痛いというはなしをよく聞く

五和は初めてなのだろうかと今になって気になってくる

五和「あの…あの…」

上条「ん…?どうした?」

五和「私…その…」

五和「初めてだから…その…えっと…!!

五和「その…本番は…もう少し優しくしてほしいです…」

これは…反則すぎる…!!

ここでそのセリフを言う辺り五和は俺を興奮させる天才なのではないか

湧きあがる黒い感情を抑え俺はいう

上条「その…努力します」

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:54:43.02 ID:TbU31z3C0
上条「あ…五和。ベッドの横にある鞄とってくれないか?」

五和「あ、はい!どうぞ」

上条「さんきゅーな」

ごそごそと鞄をあさる

確かこの中に…あった!土御門様…今は感謝するぜ…

さすがに中出はまずいのでコンドームを装着する

五和「あ…とうまさんの…大きくなってます」

上条「はは…五和がかわいいからついね…」

なんかこれつけてる所見られると恥ずかしいな

上条「んじゃ…いれるぞ…」

五和「はい…ん…」

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 00:58:26.41 ID:TbU31z3C0
上条「んお…」

一気に腰をつきすすめる

五和「ん!」

少し五和の顔が歪んだ

上条「はあ…はあ…大丈夫か?」

五和「はい…その…思ったよりは痛くないです…えへへ…」

上条「そ、そうか…」

こっちは五和の中が気持よすぎてすぐにいってしまうところであった

上条「ごめんな……動く…からな…?」

五和「ん…!んん…」

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:05:41.98 ID:TbU31z3C0
ちゅくちゅく…ぱんぱん…

上条「く…はあ…はあ…」

まだ腰をどう動かせばいいのかよくわからない

とにかくがむしゃらに腰をふる

五和「んん…!あ、うぅ…!」

五和は痛がってるのか気持がいいのかよくわからない声を上げるが無視する

とにかくはやく出したかった

ださなければ頭が狂ってしまいそうだったからだ

五和「と、とうまさん!とうまさん!」

五和がさけんでいる

腰を振りながら五和の体に覆いかぶさりキスをする

五和「うむぅ…!うむむ!!」

もう限界だった

俺は五和の唇をふさぎ抱きしめながら腰を振り続け

上条「…!」
あっけなくいった

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:09:34.67 ID:TbU31z3C0
上条「はあ…はあ…」

五和「はあっ…はあっ」

抱きしめあったまま息をなんとかととのえる

気持ちがよすぎてしばらくぼーっとする

五和「と、とうまさん」

上条「ん…どうした?」

だらしない声で返事をする

五和「そ…その…次する時は…その…」

上条「ごくり…」

五和「優しくしてくださいね」

上条「ごめんなさい…」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:13:49.61 ID:TbU31z3C0
ー平日の朝ー

五和「ん…あ…朝ですか…」

昨日は…してしまった

なんとなくぼーっとしてしまう

しかしずっと呆けている訳にもいかない

まずは…お風呂でシャワー浴びて…着替えて…帰る準備をしないと

ふと横をみる

幸せそうな顔で眠っている

五和「ふふ…」

自然と頬笑んでしまう

そうだな…

今日はやるべきことを早めに片づけて彼と一緒に過ごそう…

がちゃり

禁書「ただいまなんだよ!!」
五和「あ」

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:18:10.43 ID:TbU31z3C0
禁書「あ…あ…」

五和「こ…これは…」

禁書「とうまのばかあああああああ!!!」

彼女はそう叫ぶと走って眠っている彼に近づきそのまま頭にかみつく

上条「ん!?ぎゃあああああああ!!なにすんだインデックス!!」

五和「と、とうまさん!」

禁書「なんで二人とも裸なの!?昨日一体このベッドで何をしていたの!?」

そして最後の日が始まった

594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:20:19.60 ID:TbU31z3C0
ー通学路ー

上条「そういえば五和と登校するのも今日で最後か…」

五和「そうですね…」

上条「やっぱ残念だな」

五和の制服姿を拝む機会はもう二度と訪れないのか…

五和「はい…私もです」

もっと彼とこの道を歩きたかったな…

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:26:06.64 ID:TbU31z3C0
ー放課後ー

上条「待たせてごめんな!」

五和「ふふ…大丈夫ですよ」

上条「んじゃ…帰るか!」

五和「はい!!」

自然と手をつなぐ

今日は家で三人でお別れパーティをする事になった

本当はずっと二人きりでいたかった

とうまさんは放っておいて遊びに行こうといってくれた

しかしインデックスさんには昨日迷惑をかけてしまった

それに何より数週間一緒に暮らしたので家で一人で留守番というのもどうかと思ったのだ

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:33:39.20 ID:TbU31z3C0
ー上条家ー

上条「という訳で本日は五和のお別れ会です。皆さんいえーい!」

五和「わー」

ぱちぱちと五和が手をたたく

禁書「ご、は、ん!!ご、は、ん!!」

インデックスはちんちんとお皿をスプーンで叩いている

上条「さて…今日が五和と過ごす最後の日だ」

五和「はい…」

五和が少しさみしそうな顔をする

上条「という訳で今日の料理は上条さんが頑張って作りました。二人ともよく味わって食べてくれ」

禁書「はーい!なんだよ」

上条「んじゃ…五和。今までありがとな…」

「かんぱーい!!」

お酒はないが三人で盛り上がりその日が終わった

602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:37:34.76 ID:TbU31z3C0
ー早朝の風呂場ー

五和「とうまさん…起きてください」

上条「ん…どうした?」

五和「ごめんなさい…その…少しでも長く話したくて…おこしちゃいました」

上条「お、おお…そうですか…」

五和「えへへ」

そうして五和が笑う

やっぱ五和は可愛いな…

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:40:02.78 ID:TbU31z3C0
上条「五和…」

五和「あ…」

キスをする

近くでインデックスが寝ているので流石にそれ以上は出来なかった

五和「んん…」

……

気がつけば空港に向かう時間になっていた

605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:44:14.85 ID:TbU31z3C0
ー空港ー

禁書「五和ぁ…帰らないでほしいんだよ…五和の料理美味しいからずっと家にいてほしいんだよ…」

五和「ごめんなさい…きっと、またお料理食べさせてあげますから…ね?」

禁書「うう…」

五和「それじゃ…上条さん。休暇使ってまたきますね」

上条「ああ…!その時を待ってるよ。インデックスと一緒にさ」

五和「はい!では…これで…」

上条「ああ!またな!」
禁書「ばいばいなんだよ!!」

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:50:04.43 ID:TbU31z3C0
その後は割と平和な日々が続いた…

五和は仕事の合間に積極的に連絡をくれるので良好な関係が続いてる

禁書は俺の料理がまずいだのもっと美味い物食わせろだのうるさい

しかし五和の影響をうけたのか掃除は手伝うようになった

ぴんぽーん!

ん…誰だろう?まさかまた変な宅配便じゃないだろうな…

がちゃり!

上条「はーい!!どなたですか…って」

五和「しばらく泊まりこみで護衛します!!」

上条「えっ?」



終了

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 01:53:20.36 ID:TbU31z3C0
最後の方は正直ぐだぐだになってもうた

正直申し訳ないっす

ここまで支援してくれた方や保守してくれた方

本当にありがとう!

617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 02:03:44.31 ID:TbU31z3C0
ここからは完璧チラシの裏

これを書いたきっかけは友人との会話でして

1「最近禁書スレ増えたよね」
友人「確かに」
1「なのに五和スレが一つもない。おかしくね?」
友人「なら自分で立てればいいじゃない」
1「なるほど」

そんな訳で五和スレたてました

ssスレはほぼ初めてだったんで途中かなり誤字ありますが気にしないでいただけると嬉しいです

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 02:22:11.54 ID:TbU31z3C0
ー後日談ー

帰宅途中公園

美琴「あいつ…最近なんだかへこんでたわね…」

美琴「もし今日ここにいたら…」

美琴「あ…!いたいた。」

よし…

「最近元気ないじゃない!よかったら一緒に出かけない?」

これだ!あたしだってあいつの気晴らしぐらいは出来るよね…?

美琴「おーい!って…」

五和「んっ…」
上条「…」

美琴「」

美琴「こんな公共の場でなにしてるんじゃああああああ!!」

上条「げええ!!びりびり!!」



コメント

No title

やっぱり、最高にして嗜好のヒロインは五和なのよなぁ

五和が可愛すぎて生きるのが辛い。

No title

小萌センセーの語尾がおかしい。
五和がヒロインの話って少ないよなあ…

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。