FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「お前自分のことSっていうか?普通」ラスト

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 01:41:27.56 ID:pNVsowNeO [17/90]
後は女友だけか…

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 01:54:38.10 ID:pNVsowNeO [18/90]
女友「あーあ」

男友「もっと!もっと叩いて!!」

女友「五月蝿い」バシッ

男友「ひいいんっ!!」

女友「男羨ましいなぁ…私も色んなプレイしたいなぁ…」

女友「よし」

女友「明日お嬢様に聞いてみるか」

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 01:57:45.27 ID:pNVsowNeO [19/90]
学校

女友「ねぇ」

お嬢様「はい?」

女友「男ってどんなプレイしてくるの?」

お嬢様「それは…」ゴニョゴニョ

女友「……!!」

女友「くそ、同じSとしてなんたる屈辱だ…」

女友「じゃ、今日お嬢様に試してもらうから、私と男、どっちがすごいか教えてくれ」

お嬢様「あぁ、そういうことならいいですよ」ニコ

420 名前:皆、寝たかったら寝ていいんだぞ?[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:09:31.23 ID:pNVsowNeO [20/90]
調教部屋
女友「いくよ」
ビシッ!

お嬢様「ぁうっ!!」
女友「どう?」

お嬢様「んーもう一度お願いします」

女友「それいっ」
ビシィッ!

お嬢様「はうぅ!!」

お嬢様「んー男さんに比べたら…」

女友「なにぃ~くそ…まだまだぁ!!」
―――
――

女友「はぁ…はぁ…どうだ…」
お嬢様「全然足りないです…」
女友「マジですか…ごめん、今日はちょっと休憩、付き合ってくるてありがと」

お嬢様「だめ」
ガチン
女友「え…」
女友「何これ…鎖…」
お嬢様「私を満足させてくれるまで帰しませんよ…うふふっ」

422 名前:ABとか初めて見る[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:13:34.13 ID:pNVsowNeO [21/90]
女友「どういうことよ…」

お嬢様「そのままの通りですよ」

お嬢様「私を満足させてくれたら、帰してあげます」

女友「な…」
女友「お、面白いじゃない!」

ビシィッ!!

お嬢様「うぁっ!!」
お嬢様「ん…まだまだですねー」

女友「うう…まだまだ!!」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:17:08.76 ID:pNVsowNeO [22/90]
一時間後

女友「まだ…なの…?」

お嬢様「えぇ…痛いだけです…」

お嬢様「痛いだけで…その…ゾクゾクッてするのがないんですよぉ」

女友「むぅ…」ムッ

お嬢様「そろそろ夕食の時間ですね」

お嬢様「夕食にしましょう」

425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:23:48.06 ID:pNVsowNeO [23/90]
執事「ご夕食、持って参りました。テーブルと一緒に」コンコン

お嬢様「あら、ありがとう」

女友「うわ…満漢全席…!」

お嬢様「今日は中華なのね…おいしそう…」

執事「光栄でございます」

お嬢様「いただきます…」

女友「い…いただきます…」

女友(なんかシュールだなぁ)

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:29:41.35 ID:pNVsowNeO [24/90]
お嬢様「さ、食べ終えたことだし、続きを始めますよ」

女友「う…」
―――
――

5時間後
女友「お願い…もう休ませてぇ…」ヨタヨタ

お嬢様「駄目ですよ!男さんの時は三日三晩ぶっとおしが当たり前ですもの!」

女友「もう…男みたいにならなくてもいいからさぁ…」

お嬢様「私が満足できません!」

427 名前:俺ももう…休ませてぇ…っ![] 投稿日:2010/06/20(日) 02:34:12.67 ID:pNVsowNeO [25/90]
女友「ぜぇ…ぜぇ…もうだめ…」バタッ

お嬢様「あ」

お嬢様「寝ちゃ駄目ですよぉ!!」

執事「失礼」コンコン
執事「冷水をどうぞ」ザバアアッ

女友「冷たぁい!!」

お嬢様「寝ちゃダメですよ!」ニコッ

女友「う…ぅぁぁ…」

429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:41:42.52 ID:pNVsowNeO [26/90]
女友「こ…こんなことなら…Mの方がよかった…」

お嬢様「え?」
お嬢様「今なんて言いました?」

女友「Mの方が楽だなぁ…て」

お嬢様「今からでも遅くないと思いますよ?」

女友「え?」

お嬢様「男さん呼んで」

執事「かしこまりました」

女友「待て!待ちなさいッ!!」

ピッポッパ

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:47:00.31 ID:pNVsowNeO [27/90]
男「呼んだか」

お嬢様「はい」

女友「あっ!」

男「何の用かな?」
お嬢様「女友さんが、Mになりたいとか…」

女友「こらぁ!!」

男「ほほう」 キラッ…

女友「目、目光らすな!!ただの冗談だから!」

男「言っていい冗談と悪い冗談がある!!」

女友「なんで悪い冗談みたいになるのよ!!」

431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:50:27.22 ID:pNVsowNeO [28/90]
男「しかもご丁寧に拘束済みとな?」

女友「いや…これは…このコを満足させないと帰してくれないって…」

男「それで弱音を吐いたわけか、よろしい、Mの素質充分だ」

女友「なっ…」

男「さぁ…始めよう…」

お嬢様「スイッチ入っちゃいましたね」

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 02:55:34.74 ID:pNVsowNeO [29/90]
男「とりあえずこんな拘束はまだまだだ」
男「ギッチギチにしないとなギッチギチに」

女友「うぁ…やめるなら今の内よ!やめなさい!!」

男「やだなぁ、そんな言い方されたら、マジで血が騒ぐ。大騒ぎだ。祭だ祭」

お嬢様「テンションが…」

男「あぁ、これで俺の知り合い全員Mにできるからな。コレクターの血が祭だ」

男「じゃ、ギッチギチに」

女友「や、やめて…やめろ!離してっ…!!」

434 名前:ひゃっはあああああッ!![] 投稿日:2010/06/20(日) 03:00:07.59 ID:pNVsowNeO [30/90]
女友「うう…」ギッチギチ

男「さて…始めるか」

男「ツンデレと後輩は快感、幼馴染は鞭で一通りやり尽くしたからなぁ…」
男「…」
男「筆持ってきて、筆」

お嬢様「まぁ!」

執事「かしこまりました。最高級のものを」

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:04:50.67 ID:pNVsowNeO [31/90]
男「ほぉら」サワッ

女友「んっ」

男「ほらほら」サワサワサワサワサワ

女友「あっあはははははッ!!やめて!!くすぐったい!!あはははははッ!!!」

男「大丈夫、その内気持ちよくなるから」コチョコチョ

女友「やめてーッ!あはははははッ!!」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:09:49.36 ID:pNVsowNeO [32/90]
男「ほぉらほら」ズル

女友「脱がさないでぇ!!あはははははッ!!」

男「どれ」サワッ

女友「んぁッ!?」ピクンッ

男「おっとすまない、乳首にあたってしまったか。いつまでも甘い痺れがとれないだろう?」

お嬢様「なんか聞いたことあるフレーズですねぇ」

男「気のせいだ」

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:17:46.76 ID:pNVsowNeO [33/90]
男「そうかそうか、じゃあ太ももは?」

女友「やっやめっ…!」

サワッ

女友「んっ…!」

男「やっぱり素質あるな」

お嬢様「いつも疑問に思うんですけど、男さんの他にSに向いてる人っているんですか?」

男「俺は世界中の女は全てMになれると思っている」

男「女友、お前も例外じゃないからな」

女友「……!!」ゾクッ

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:24:38.49 ID:pNVsowNeO [34/90]
男「あ」
男「いい事思いついた」

ピポパ
男「今からあいつらに来てもらおう」

女友「あいつら…?」
―――
――

ガチャ
幼馴染「こんにちわ―ッ」

後輩「お邪魔します」

ツンデレ「…女友!?」

男「あぁ、聞いてくれ、今からこいつをMにしたいんだ」

男「だからさ、こいつにMのよさを教えてあげて欲しいんだ」

女友「そっそんな事…」

幼馴染「うん…わかった…///」

ツンデレ「仕方…ないわね…///」

後輩「女友さんもこっちの世界に来ちゃうんですね…Sなんかよりよっぽどいいですよぉ…?」

女友「ぅ…来ないで!教えて欲しくなんてないからーッ!!」

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:29:51.90 ID:pNVsowNeO [35/90]
男「じゃ、俺は散歩でもしてくるよ」ガチャ…バタン

女友「なっなによ!何見てんのよ!」

後輩「私も最初はこんなんだったなー…なんて…」

ツンデレ「…うん…」

幼馴染「女友ちゃんってかわいい…んちゅっ…」

女友「むっんむぅうッ!?ちゅ…んちゅ…」

女友「ぷはっ!はぁ…はぁ…女の子同士で…こんなの…」

幼馴染「大丈夫だよ、私が好きなのは男だからぁ」

お嬢様「始めましょうか!」

女友「いや…なにするの…?」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:35:34.97 ID:pNVsowNeO [36/90]
後輩「ん…」

サワッ
女友「あぅ、そんなとこ触らないで…」

後輩「まだ濡れてないんですね…」ズル

後輩「見て…私、男先輩と話すだけで、こんなにトロトロになっちゃう変態さんなんです…」くぱぁ…

女友「……!!」
女友「こんなのって…!」

ツンデレ「大丈夫、すぐにアンタもそうしてあげるから…」ペロッ

女友「ふぁんっ!!」

幼馴染「男が帰ってくるまで、私たちが相手するね…」スリスリ

女友「ん…くぅ…」ヒクッヒクッ

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:43:41.51 ID:pNVsowNeO [37/90]
5分後

女友「あぅ…ぅんッ…」

幼馴染「うふふ、大分濡れてきたね…」

お嬢様「ふふっ…」ペロッ

女友「うぁああッ!そんなとこ舐めないで…」

お嬢様「こんなに濡れてるんですもの」チュウウウ

女友「吸うのはもっとダメェ!」

ツンデレ「じゃ、私と後輩は胸を」

幼馴染「私は口だね」

女友「何を…んむ!ッ?」

幼馴染「ん…むちゅっ」

ツンデレ「ん…ちゅ」ペロペロ

後輩「ん…」チュゥウウ…

お嬢様「ん…む…」クチュクチュペロペロ

女友「んぅうう…ちゅ…む…」ビク…ビクンッ…

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:50:04.25 ID:pNVsowNeO [38/90]
女友「ん…んむぅう…!!」
女友(もう…イキ…そ…)

パッ

女友「…え…?」

お嬢様「仕上げはやっぱり…」

後輩「男先輩が…//」

ツンデレ「…うんっ…」

幼馴染「それまでイカせてあげないよぉ」

女友「う…うぅ…」

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 03:57:00.08 ID:pNVsowNeO [39/90]
3時間後

男「ふぅ…よく歩いた」

お嬢様「あ…おそいですよっ」

男「?」

幼馴染「女友ちゃん、ずっと男のこと待ちわびてたんだからっ!」

男「?」

ガチャ

ツンデレ「あ…帰ってきた」

後輩「お帰りなさいっ!」

女友「あぅ…これでイカせてもらえるの…?早く…早くイカせてぇ…?」ヒクッヒクッ

男「これはこれは」

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 04:04:13.69 ID:pNVsowNeO [40/90]
男「よくも俺の楽しみを奪ったな」

お嬢様「えっ…」

男「ガンプラで例えると、あとはもう銃をもたせるだけって感じだな」

後輩「うぅ…」

幼馴染「ごめんなさい…」

ツンデレ「…」ショボンッ…

男「よし、おしおきだな」

男「お前ら、その場で四つん這いになれ」

幼馴染「…ぅん…」スッ

後輩「はぃ…」スッ

お嬢様「…」スッ

ツンデレ「ぁぅぅ…」スッ

女友「!?」

男「よし」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 04:08:25.87 ID:pNVsowNeO [41/90]
女友「そんな…本気で…」

男「さて、まずは一人ずつスパンキングだな」

バシイッ!
幼馴染「ひぁあッ!!」

ビシィッ!
後輩「んぁああッ!!」

バチンッ!
お嬢様「あはぁあッ!!」

バシッ!
ツンデレ「あぅううッ!!」

四人「はっ…ぁ…はぁ、はぁ、…」

男「まだだ…」

四人「はいぃ…」ゾクッ

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 04:13:54.88 ID:pNVsowNeO [42/90]
男「つぎは一人一個ずつリモバを入れろ」

後輩「はぁ…う…」ツプ…

お嬢様「ん…ぁ…」ヌプッ…

ツンデレ「ぁぅ…あ…」プチュッ…

幼馴染「ひぃ…ぅ…」クチュ…

男「よし、入れたな」
男「このリモコン一つはその4つと連動している」
男「最初にイッた奴をもっとおしおきしてやる」カチ

ヴゥゥゥン

四人「ふぁあああッ!!」ビクッビクビク

女友「ぁ…ぅああ…」

455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 04:19:23.78 ID:pNVsowNeO [43/90]
ヴゥゥン…

男「君ももうすぐこの5人目になるからな」

女友「ぃ…ぅ…」ゾクッ

男「大丈夫だよ、SからMになるなんてよくある話だ。現に後輩がそうだった」

女友「ぅ…うう…」

男「恥ずかしいことなんてないさ」ポチ中→強

四人「あはぁああッ!!」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 04:24:18.03 ID:pNVsowNeO [44/90]
後輩「ぁあッ!んぁあああッ!!」ビクッビクッ

男「後輩が一番か…」ピタッ

男「お前みたいな変態はあとでおしおきもっとしてやる」

後輩「え…へへ…」ビクッビクン

男「女友、お前も仲間になるか?」

女友「……」





女友「………」コクッ

460 名前:ち→れ→み→そ…め?[] 投稿日:2010/06/20(日) 04:28:51.37 ID:pNVsowNeO [45/90]
一週間後

五人「あはぁあああッ!!」ビクンッ

男「ダメだな…幼馴染が一瞬遅れた」

幼馴染「ふぇえ…ごめんなさいぃ…」

男「いいか、同時だからな、五人同時にイカないと駄目だぞ」カチ

ヴゥウウウンッ!

五人「んぁああああああッ!!」



おわり

508 名前:待たせすぎた…すまん(´;ω;`)ブワッお前ら[] 投稿日:2010/06/20(日) 17:14:35.74 ID:pNVsowNeO [48/90]
幼馴染「ねぇ」

男「なんだ?」

幼馴染「ほら、今放送でDJみたいなのやってるでしょ?」

男「あぁ、今みたいな昼休みは毎日やってるな」
男「なんか、校内放送なのに、凄い人気があるとかないとか」

幼馴染「うんっ!特に男の子のファンが多いらしいよっ!」

『さ、次は1年B組の女の子からのリクエストをいただきましたっ!!いやぁ~私もこの曲好きなんですよねぇ~♪』

男「確かに人気あるみたいだな」

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 17:19:04.02 ID:pNVsowNeO [49/90]
『お~っと、もうすぐ午後の授業が始まってしまいますねぇ。じゃ、リスナーの皆さん、今日も聴いてくれて、ありがとネ!バイバ~イッ!』

男「なるほど、そういえば去年あたり前から流れてたっけ?」

幼馴染「う~ん」

男「それが続いてるのも人気がある証拠かな。よし、そろそろ授業行くぞ」

幼馴染「うんっ」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 17:41:30.57 ID:pNVsowNeO [53/90]
授業中

幼馴染「…」ツンツン

男「なんだ」

幼馴染「思い出した!あのDJの子、確か前の体育祭で実況してた…!」ボソッ

男「あぁ、ユリちゃん…だっけ?」

男友「ユリちゃんがどうした、ユリちゃんのことなら俺にまかせろ」

男「お前はいいや」

男友「んな…俺は彼女をこんなにも愛しているのに…!!」

教師「男友、お前その口に縫い針突っ込んでやろうか…」

男友「ひっ…」
男友「なんでもありません」

男「やっぱいらねぇ…」

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 17:44:51.43 ID:pNVsowNeO [54/90]
帰り道

男「うーん、なんかあそこまで話をされたら気にならざるをえない」

幼馴染「ユリちゃんのこと?」

男「あぁ」

幼馴染「ぅ~……」

後輩「ユリちゃん?」

男「ん?」



523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 17:50:24.06 ID:pNVsowNeO [55/90]
男「これでますます、わからんようになった」

幼馴染「そーだねー」

男「まぁいいや、調べるのは明日にしよう。今日は疲れた」

幼馴染「じゃ、バイバーイ!」

後輩「さよならーっ」

男友「ばいばーいっ!」

男「お前…いたのか…」

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 17:52:37.30 ID:pNVsowNeO [56/90]


男「あれ…?」


男「結局後輩の奴、なんかいいたそうだったよな…」

男「あー…でも『さよならーっ』とか言ってたし、まぁいいや、明日明日」

男「…」Zzz…

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 17:58:04.34 ID:pNVsowNeO [57/90]
学校

男「あ、後輩、昨日何かいいたそうにしてなかったか?」

後輩「そうなんですよ!男先輩が勝手に話すすめて解散の流れにしたから、つられて帰っちゃったんですよ」

男「あぁ、すまんすまん」
男(調教の影響が思わぬところで出た…だと…?)

後輩「あのですね」

後輩「ユリちゃんっていうのは本名じゃないです」

男「え?」

後輩「私も詳しくは知りませんけど、ファンが殺到して、それで本名を隠してラジオネームにしたとか…」

男「それがユリちゃんか…くそ、体育祭の時にもっとしっかり顔を見ておけば…!!」

後輩「どんだけ悔しがるんですか…」

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:02:42.83 ID:pNVsowNeO [58/90]
男友「ユリちゃんっていいよな~声がすごい可愛い…」

男「確かにいい声はしてるな」

幼馴染「む…」
幼馴染「に…にゃーッ」キャピッ

男「はいはい」

幼馴染「むぅ~」

男友「あぁ…俺もあんな声で罵倒されて調教されたいなぁ…」

男「……!」
男「…」スクッ

男友「ん?どうした?」

男「男友、こうしてお前はまたしても俺のやる気スイッチをオンにしたか」

男友「え?」

男「ユリちゃんとやら、首を洗って置くがいい…」

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:09:46.50 ID:pNVsowNeO [59/90]
男「まずは情報収集だな」

男「すいません、いかなりすみませんが、ユリちゃんってコがどんなコか…」

クラスメイト女「あぁ、彼女いいよねぇ~、なんか嫉妬する気も失せちゃうくらい」

男「あ…はい…そうですか…はい…」

男「あの…いきなりですみませんが…」
―――
――

男「あぁ、100人近く調べたが」

男「収穫はゼロだ」

男「お前らも…手伝って…くれ…」ガクッ

幼馴染「りょ―かい!」

お嬢様「わかりましたわ」

ツンデレ「しっ仕方ないわねっ…//」

男友「私も頑張っちゃうんだからっ」キャピッ

女友「うわぁ…」

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:15:33.45 ID:pNVsowNeO [60/90]
女友「すみませーん」

ツンデレ「あの、ちょっと聞きたい事が…」

男友「ねぇねぇ君、ユリちゃんって知ってる?てか僕と付き合わない?」

静女「え…い、遠慮しときます…」

男「さりげなくナンパしてんじゃねーよ、しかもそんな明らかに知らないですみたいなコに…」

男友「いやっ…タイプだったから…」

男「」ゴッ

男友「ぶたないでぇ!いや、むしろもっと!!」

男「死ね」


後輩「あの…ユリちゃんのことなんですけどぉ…」

お嬢様「ちょっとそこの殿方?失礼…私少々聞きたいことが…」


531 名前:>>529ロムってるだけと信じたいな[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:18:46.81 ID:pNVsowNeO [61/90]
―――
――

男「はぁ…まるで手掛かりがないな…」

幼馴染「疲れたぁ…」

後輩「全然ですねぇ…」

男「誰だよユリちゃんって。どっかの誰かが作った架空の人物なんじゃねぇのかってんだ」

男友「おいやめろ」

男「?」

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:24:30.94 ID:pNVsowNeO [62/90]
数日後

男「…よし!」

男友「何か手掛かりが?」

男「ギブアップ!!」

男友「…は?」

男「いやだって疲れたし」

男友「お前、全ての女をMにするんじゃなかったのか!?」

男「いや、Mにならない女はいないって言っただけで…」

男友「私は?(裏声)」

男「お前は死んでいいよ」

男友「ぐ…」

幼馴染「次は化学の授業だね」

男「あ、いけね、クラス全員発表しなきゃいけないんだっけ」

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:30:15.40 ID:pNVsowNeO [63/90]
授業

お嬢様「…であるからして…」
お嬢様「…これによりゴム状硫黄が形成され…」
お嬢様「…以上です」

教師「私の知らなかったことまで網羅している…だと…?」

男「流石すぎる」

教師「次は幼馴染」
幼馴染「ごめんなさいッ忘れちゃいましたぁッえへへ…//」

教師「可愛いのでよし、次、男友」

男友「ごめんなさぁい!忘れちゃったぁッえへへ…///」

教師「可愛くないから放課後残れ」

男友「なん…だと…?」

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:35:51.05 ID:pNVsowNeO [64/90]
教師「次、静女」

静女「…」スクッ
静女「…」ウズウズ…
教師「どうした?早く」

静女(だめ…抑えきれない)プルプル








静女「はぁいッ!今から私の化学のコーナー、始まるよぉ~ッ!!」

男「!?」
男友「!?」
幼馴染「!?」
お嬢様「!?」
ツンデレ「!?」

545 名前:予想的中とか俺が滑ったみたいじゃねぇか…(´・ω・`)[] 投稿日:2010/06/20(日) 18:54:28.67 ID:pNVsowNeO [65/90]
静女「おっとぉ。わたくしそろそろネタがなくなって参りましたッ!ではこの辺で…おしまい!」

教師「な…内容は完璧だ…座ってよろしい…」

静女「ぅ…またやっちゃったぁ…」ストンッ
教師「次…次…次…

教師「男、次はお前だ」

男「!」

男「…えっと、レポートはやったけど…」

教師「ほう…やったけど?」

男「夢の中に置いてきました」

教師「居眠りをカッコよく言うな!立っとれ」

教師「んもぅっ…次は君だ」

ツンデレ「はい…」…
ツンデレ「以上」

教師「よろしい、頑張ったな」

ツンデレ「っ!!点数が欲しかっただけです!!一晩かけて一生懸命とかやってませんからね!!」
教師「あ…あぁ…よくわかった…」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:00:07.22 ID:pNVsowNeO [66/90]
休み時間

男友「あの静女ってコに凸だ」

男「その喋り方なんとかならんのか」
―――
――

静女「う…ごめんなさい…皆の前で発表するとき…つい張り切っちゃって…」

女友「張り切るとか言うレベルじゃなかったわね」

男「あぁ、完全に人格が変わってた」

静女「う…」ジワ

男「いや、悪い意味じゃないから!泣かなくていい、泣かなくていいから!!」

男友「MOE」

男「お前は泣かすぞ」

幼馴染「もしかして…静女ちゃんが、DJのユリちゃん?」

静女「う…」

静女「はい…。誰にも言わないでくださいね…?」

男(いやいや、さっきの授業でこのクラスの奴らにはバレただろ…)

549 名前:>>546 男・女・教師だ。覚えておけ[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:05:24.93 ID:pNVsowNeO [67/90]
男友「しかしアレだな、こんなコがあの天真爛漫なユリちゃんだったなんて」

男「灯台下暗しとはこの事だな」

お嬢様「私の諜報部を1000人ほど出しても見つからなかった訳ですわ…」

静女「………」グスッ

男「まさに性格が180度変わるんだな」

男友「こち亀の誰かさんみたいだね」

ツンデレ「うん」

男「こち亀知ってんのか」

ツンデレ「全巻もってる」

男「そうですか」

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:08:38.04 ID:pNVsowNeO [68/90]
帰り道

男「いやー、今日はたまげた」

幼馴染「びっくりしたよね」

後輩「…何がですか?」

幼馴染「あのね…」
男「ストップ」

幼馴染「…あっ」

男「言わないでって言われただろ」

幼馴染「ゴメンね~、今のナシ」

後輩「な…なんですか、ソレ…気になるなぁ~」

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:18:04.94 ID:pNVsowNeO [69/90]
自宅

ガララッ
幼馴染「えへへッ久しぶりに来ちゃった」

男「おう」

幼馴染「いきなりでアレだけどさ…あのコの事…気になるの…?」
男「ある意味気になる」

幼馴染「あららら…」

男「まぁ、今日は疲れたな、寝よ」

幼馴染「私もここで寝ていい?」

男「え…なんで?」

幼馴染「あ、変な意味じゃないよっ!?ただ単に寝たいだけ!」

男「あぁ、ご自由にどうぞ」グデェ…

幼馴染「えへへへ」ゴソゴソ

男「同じ布団で寝るのは何年ぶりか」
幼馴染「そうだねぇ…」

男「Zz…」

幼馴染「Zz…」

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:23:54.69 ID:pNVsowNeO [70/90]
翌日

学校

男「おはよーさん」

静女「ぁ…ぉはょ…」

男「今日も昼休み、放送するの?」

静女「う、うん…あの放送室に行くのが、私、学校の楽しみだから…」

男「へぇ…じゃ、今日一緒に行ってもいいかな?」

静女「うん…いいよ…」


女友「おいまさか…」

男「焦るな、今日は本当に見てみたいだけですよ」

女友「今日はって…」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:33:40.25 ID:pNVsowNeO [71/90]
昼休み
放送室

静女「あの…笑わないでくださいね…」

男「うん」

ブツッ
『はぁーいっ!皆元気してるーッ!?今日のお弁当は何かなァ?たこさんウィンナー?ハンバーグ?』

男「うぉ…」

『じゃ、今日もステキなランチタイムを皆にお届けするよぉ~ッ!まずは、私の今日のお弁当の紹介で~す!なんじゃそりゃー』

男「はははっ」
男(いやぁ、本当に楽しそうだなぁ…)
男(まぁ、明日には別の楽しさも教えてあげちゃおうかなっ)
――

『ん?そろそろ時間ですねー…じゃ、今日はここまでだよっ!聴いてくれてありがとねーッ!バイバイッ』

静女「…」
静女「…ふぅ…」

男「お疲れさん」

静女「ぁ…」
静女「は…恥ずかしいッ……!」ダッ

男「あららら」

555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:49:13.84 ID:pNVsowNeO [72/90]
男「あ、あのさ」

静女「ぅ…」

男「さっきの奴、間近でみたけど」
男「すごく楽しかった」

静女「え…」

男「また、明日も一緒に行っていいかな?」

静女「…はい…」ニコッ

男「ただ、もっと楽しい放送の仕方思いついたんだ!」

静女「な…なんですか?それ…」

男「ん…明日教えるよ」

静女「…わかりました」

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:53:49.51 ID:pNVsowNeO [73/90]
自宅

男「さーてと、明日は忙しくなるぞ」ゴソゴソ

男「これでよしっ…」

男「明日は結構…いやかなり楽しみだなぁ…早く寝よう」

男「…」Zzz…

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:06:20.41 ID:pNVsowNeO [74/90]
翌日

幼馴染「おはよーッ!!」

男「おう」

女友「おは」

男「よう」

ツンデレ「…う…おはよ…」

後輩「おはようございますっ」

男友「おはよう!男くんっ」ピトッ

男「ええい離れろ。お前、なんかホモな気がしてきた」

男友「俺は三度の飯より女の子だ」

男「安心した」

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:07:46.66 ID:pNVsowNeO [75/90]
学校

男「おはよ」

静女「お…おはよう…」

男「今日も一緒に行くよ」

静女「うん…で、楽しいことって…」

男「だーめ、放送室でのお楽しみ」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:10:15.99 ID:pNVsowNeO [76/90]
昼休み

男「じゃ、行こうか」

静女「…うんっ…」


放送室

静女「で…どうするの…?」

男「ん?あぁ…これこれ」スッ

静女「…?布…?ハチマキ…?」

男「これで目隠しして放送してみて」

静女「?」

565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:15:38.60 ID:pNVsowNeO [77/90]
男「別にテキストとか用意してる訳じゃないだろ?」

静女「…うん…全部アドリブ…」

男「君のDJのよさは、その尽きないネタなんだ」

男「逆に言えば、日頃なんでもない事や、ささいな事をなんでもネタにできることがすごいんだ」

静女「……//」

男「そこで!ほら、目を閉じたらイメージが浮かびやすくなるって言うだろ?」

静女「うん…」

男「その要領でいけば、多分もっと面白くなるよ。さ、やってみて」

静女「…うん…」ギュッ

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:28:50.17 ID:pNVsowNeO [78/90]
静女「…」コホンッ…

『ヤッホーーッ!!あははっビックリした?じゃ、今日もユリちゃんのレイディオ!!始まるよぉーーーッ!!』

男「よし…」

『じゃあ今日はねー、恒例のユリちゃんの日常トークをしまーす!!
昨日は…あ!そうそう!昨日はねー』

静女(す…すごい…本当にイメージがスラスラ出てくる…)

『でね!噛み付かれるかなーって思ったの!!でも私のチョコ(愛犬)はねー、』

ムニュッ

静女「んっ…!?」ピクッ

静女「…?…?」

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:34:57.37 ID:pNVsowNeO [79/90]
静女(気のせいかな…)

『じゃあ、皆の大好きなミュージックタイム!今日は3年A組の男の子からリクエストもらってまーす!では…この曲!』
『~~♪~♪♪~』

ムニュッ
静女「ぁっ…ちょっと…」
静女「男君…変なとこ触らない…で…」

男「…え?」

静女「えっ?」
静女(遠いところから…声…?)

男「触るって何を?俺、こんなところにいるから君には触れないよ?」

静女「え…」

モニュ
静女「んっ…!」
静女「じゃ…これ…は…?」

男「これ…?」

静女「触られてる…感じがっ…んっ…」

男「ははっそんなの気のせいだって」

静女(そうかなぁ…)

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:41:20.58 ID:pNVsowNeO [80/90]
男(ナイスだツンデレ)

ツンデレ(こんなことするの…別にそんな趣味ないんだからね!)モミモミ

静女「ふっぁっ!」ピクンッ
静女(なんで…?どうして…?)

男「ん、曲終わったよ」

静女「はっ」

『う~ん…イイ曲だったねぇ~!今の曲で思い出したんだけど、このバンドのライブチケットを私ゲットしましたァ!!どうだ!羨ましいか~っ!』

スリスリッ

『んひゃぁッ!?』

男「どしたの?変な声出して」ボソ

静女「な…なんでもっ…ないっ…」

577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:45:52.81 ID:pNVsowNeO [81/90]
スリスリモミモミ

『えっ…えーと、次は、んくぅっ…ぁ…次はぁ…』

静女(どう…しよ…頭が真っ白になって…離せないぃ…)

教室

クラスメイト女「どうしたのかな?今日、具合悪いのかなぁ…」

クラスメイト男「なんてこった!具合が悪いのなら俺が変わってやりたい!!」

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:52:31.51 ID:pNVsowNeO [82/90]
静女「んっ…ふぅっ…」ピクッピクッ

男「ね」ボソ
男「今もしかしてやらしい事考えてる?」

静女「ぇ…」

男「目隠しされるだけでそんな事考えるなんて、とんだ変態さんだね」ボソッ
男「まぁ…静女ちゃんに限ってそんなこと、ないよね?」

静女「ぅ…うん…」
ツーッ…

静女「んぅっ!…」ピク

男「放送しなくていいの?」

静女「ぁ…」

『そ…それじゃあ、今日は何の日?のコーナーでーッす!!』

スリスリッ
『きっ、今日…は…あの有名大型…俳優っ…の…ぁうッ…誕生…日…ひぁッ…』ピクッピクンッ

男「…」ニヤニヤ

ツンデレ(結構ビンカンなんだね…このコ…)

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:59:27.07 ID:pNVsowNeO [83/90]
『そし…て演歌歌手の誕生日でも…ふぁ…あってぇ… ビミョ…ーな組み合わせですよねぇ…!』

男「…ね」ボソッ
男「気持ちよくしてあげようか」

静女「…ぇ…」

クチュッ

『ひぁああッ!?』ビクンッ

男「…駄目だぞ、ちゃんと番組続けないと」ボソッ

クチュクチュ
『あっひぅう…ッ!んふぅう…』


教室

クラスメイト女「ユリちゃんの具合が悪化した!?」

クラスメイト男「ユリちゃあああん!!神様ぁああああ!!どうかユリちゃんを…!!」

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 21:03:55.33 ID:pNVsowNeO [84/90]
男「全国生徒にこんなやらしい声聞かれてるんだぞ」ボソッ

静女「……!!」

男「ほら、そんなんで興奮しちゃうなんて、静女ちゃんはやっぱり変態さんだったのか」クチュクチュッ

『ぅぁ…んくっ…ぁああ…ッ!?』

静女(嘘…私…私…変態さん…だったんだ…)

男(目隠しすることで暗示効果が抜群にあがるからな、調教にはもってこいだ)

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 21:06:57.94 ID:pNVsowNeO [85/90]
男「そうだ、このやらしい音を皆にも聴いてもらおうか」ボソッ

静女「ぇ…」

グイッ
『ヌチュ…』

男「ほら」

『グチュ…グチュ…』

静女「ふぁあ!!何か入ってくる!入ってくるぅぅ…ッ!!」ビク…ガクガクッ

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 21:07:35.36 ID:pNVsowNeO [86/90]
全校でした。もうやだこういう誤字…

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 21:12:22.78 ID:pNVsowNeO [87/90]
『グチュッ…グチュグチュグチュグチュッ!』

教室

クラスメイト女「何これ…ノイズ…??」

クラスメイト男「俺は神を憎む!!何故!何故ユリちゃんを見捨てたぁあああ!」

クラスメイト女「死んでないって」

放送室

ツンデレ「うわぁ…」ゾクッ

男「大丈夫、マイクがしっかり中に入ってるから声は聞こえない。思いっきり声出していいよ」

グチュグチュッ
静女「ん…ふぁああッ!!あッ!?んぁあッ!!」

男「とどめだ」

グチュグチュグチュグチュ

静女「あッ!?ぁああッ!!ひぁああああッ!!!」ビクッ…ビクンッ!

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 21:17:23.92 ID:pNVsowNeO [88/90]
静女「ぁっ…ぁっ…」ビクンッ…ビクッ…

ツンデレ「失神しちゃったね」

男「仕方ない」ヌチュ…
静女「ぁ…」

教室

『グチュ…』

クラスメイト女「ノイズが止んだ…」

『番組の途中失礼します。今日は、機器の調子が悪いので、調整のため、お休みとさせていただきます』ガチャ

クラスメイト女「なーんだ」

女友「男の声だ…」
放送室

静女「ぁっ…ひぁぁっ…」

男「君の性癖は?」

静女「皆に…えっちな声…を…んっ…聞かれて興奮しちゃ…うぅ…変態さんで…す…」ピクッピクッ

男「よし、いい子だ」

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 21:24:29.25 ID:pNVsowNeO [89/90]
一週間後

静女「…つけました…はぁぅ…んっ」ピクンッ

男「よし…放送開始」

ヴヴヴ…

『こん…にちはぁ…んッはぁ…今日も…ユリちゃん…のっ…ぁぅっ…レイディォッ…始まるよぉ…んぁうっ…』

教室

クラスメイト女「なんか先週あたりからユリちゃんの放送スタイル大人っぽくなったよねー」

クラスメイト男「あぁ、なんというか、エロいっていうか…」

放送室

男「ほら、気持ちよすぎて集中できないか?ちゃんとしないとイカせないぞ?」ボソッ

『あはぁッ…ご、ごめんなさぃぃ…ッんッ』

おわり

594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 21:26:28.67 ID:pNVsowNeO [90/90]
すまんな

お前ら付き合ってくれてありがとう

これで真の終わりだ。
俺も明日は早いからな…


明日から頑張ってくれ!

この変態どもめ!!


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。