FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「お前自分のことSっていうか?普通」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:57:30.54 ID:wWSqLof1O [1/95]
女「いや、だってSだもん」

男「自称Sですか」

女「自称Sとかじゃなくて本当だもん!ひっぱたくぞっ!!」

男「はいはい」

女「むぅ…」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:03:18.48 ID:wWSqLof1O
この話が始まったのは、今日の学校のことだった

幼馴染(>>2の女)「 ねー」

男「ん」

幼馴染「SとかMってなぁにぃ?」

男「うぼぅっ」
男「一体どうした」

幼馴染「女友から聞かれたの。『幼馴染ちゃんはS?M?』て」

男「で?」

幼馴染「よくわかんないけどMって答えた」

男「じゃあMで」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:05:56.59 ID:wWSqLof1O
幼馴染「いや、でもさ」

男「意味がわからないと納得できないのか」

幼馴染「うん」

男「端的に言うと、Sがいじめたい、Mはいじめられたい、て人のこと」

幼馴染「!?いっいじめるって!?」

男「ここは学校だ、ここでは言えん」

幼馴染「む…」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:08:30.34 ID:wWSqLof1O
幼馴染「とりあえずいじめられたくないなぁ…む、むしろいじめたい!!」

男「なんか無理してないか?」

幼馴染「な、なにが?」

男「別にぃ。とりあえずお前はMって答えたんだな」

幼馴染「ちがう!私はS!!絶対S…うん、間違いない」

男「その女友とやらは?」

幼馴染「Sって言ってた」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:11:51.59 ID:wWSqLof1O
男「じゃあその友達とやらに誤解を解いたほうが」

幼馴染「あっうん!ちょっと待ってー!!!」ズダダダダダ

男「あいつがSか…」







男「ねーよwwwww」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:17:04.44 ID:wWSqLof1O
帰り道

男「で?」

幼馴染「うん」
幼馴染「あぁやっぱりって言われた」

男(友達…まぁ付き合いが浅いからな…)

幼馴染「これでわかったでしょ!私はSなんだから!」

男「それを俺の前で証明できる?」

幼馴染「え?」

幼馴染「よっよし!やってやろうじゃん!!今晩男の部屋行くからねー、綺麗にしとけよっ!」

男「えっ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:27:12.87 ID:wWSqLof1O
男「…掃除はこの前したから別にいいか」
ゴンゴン

男「ん」

幼馴染「」パクパク(開けて)

男「…」ガララッ

男「何をしにきた異国の者よ」

幼馴染「証明しにきたの!」

男「まだ言ってんのか、それで、どうやって証明?」

幼馴染「これ」

男「ん」
男「鞭?お前どこでこれを」

幼馴染「女友ちゃんからもらったー」

男(なんでこんなもん学校にもって来てるんだよ…)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:33:01.98 ID:wWSqLof1O
幼馴染「これでね、人を打って、楽しかったらSなんだって」

男「ほう、だいたい察しがついた。」
男「俺を打つと」

幼馴染「そのとーり!いくよー」
幼馴染「えいっ」
パチッ

幼馴染「痛かった?」
男「いや?全然?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:36:06.84 ID:wWSqLof1O
幼馴染「これならどうだ!このMめ!!」バチッ

男「痛い!(棒)」

幼馴染「だ、大丈夫!?」

男「…」
男「ちょっと貸しなさい」ヒョイ

幼馴染「あっ」

ビシッ

幼馴染「あぅうッ!!?痛い!!痛いよ!!」

男「その程度でSとは…笑うに笑えんな」

幼馴染「私はSだって!!」

男「出直してきなさい」

幼馴染「うぅ~!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:40:02.25 ID:wWSqLof1O
翌日
登校中

男「ふぁ~あ…」
バチッ
男「!」

幼馴染「ふっふ~んだ!痛いでしょ!」

男「まだやってたのか」

幼馴染「まだって何!?まだって!私はいつでも…」

男「小学校の時だっけー…お前確か4年生のときに 幼馴染「あーーーッ!!!」

男「ん?」

幼馴染「聞こえなかったなぁ」

男「おやおや」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:43:20.17 ID:wWSqLof1O
学校

パチッ

男「…またか」

幼馴染「帰るわよ!このバカ犬!」

男「バカ犬?」

幼馴染「それそれ!」

パチッバチッ

男「…」ヒョイ

幼馴染「あっ」

ビシィッッ!!

幼馴染「ぁひぃいいっ!!!痛いぃッ!」

男「…お前…いやなんでもない」

幼馴染「うぅ…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:46:21.60 ID:wWSqLof1O
下校

男「お前、Sの何がいいんだ?」

幼馴染「いじめるところ!」

男「ん?どういう事?」

幼馴染「Mの人を上から見れるっていうか…征服っていうの?」

男(あぁ…)




男(わかってないなぁ、このお嬢さんは)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:48:05.00 ID:wWSqLof1O


男「ん、今日はこないみたいだな」
男「どれ」スッ


男「ん、あいつの部屋の窓になにか貼ってるぞ」

男「『修業中…につき…本日は休…み』」

男「修業とかwwww」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:51:23.87 ID:wWSqLof1O
翌日

男「さぁ昨日はよく眠れたパウレタ」

ビシッ

男「……」

幼馴染「どーだ!!」

男「さ、学校学校」

幼馴染「え…えぇッ!?ちょっと待ってよ!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:54:35.22 ID:wWSqLof1O
学校

女友「鞭は飽きた?」

幼馴染「ぜ、全然?楽しいよ?」

女友「あれ?Sなら普通飽きてきそうなもんだけど…」

幼馴染「!う、うん!そ、そういえば飽きたなぁ…」

女友「でしょでしょ!鞭…ときたら言葉責めだよね~」


幼馴染「ことば…ぜめ…?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:57:50.93 ID:wWSqLof1O
男「何故俺にきく」

幼馴染「だ、だってぇ…」

男「…」ニヤ
男「お前本当はSじゃないんじゃね!?」

幼馴染「私はSだってばーーー!!!!」

シー-…ン

クラスメイト「ざわ…ざわ…」

幼馴染「ぁ…ぁぅぅ…///」

男「どんまい」ニヤニヤ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:00:49.39 ID:wWSqLof1O
男「まぁ、言葉責めってのはいわゆるキツイことばだな」

幼馴染「男のバカ!」

男「相手の特徴をなんというか…罵るというか…」

幼馴染「この根暗!!!」

男「そんな感じ」

幼馴染「お前の両親は可哀相だ」

男「そういう心にくるのはやめてくれ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:03:31.49 ID:wWSqLof1O
帰り道

幼馴染「えへへ、今日はねー」

男「来るのか?」

幼馴染「うんッ!!」

男「そうか…」

幼馴染「ふんだ!Sな私は男を言葉責めしちゃうんだからね」

男「手のうちあかしてどうする」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:04:23.65 ID:wWSqLof1O
晩飯

男「あ…この卵双子だ…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:07:53.56 ID:wWSqLof1O


男「そろそろ来るか?」
男「あれ、また何か貼ってる」

『バーカ!!根暗!!このドMめ!』

男「そう来たか」シャッ(カーテンを閉める音)



男「…」

ピリラリラリ
男「ん?メール」

FROM:幼馴染

本文:カーテン開けてよ!!


男「…ん、よし!寝るか!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:13:59.31 ID:wWSqLof1O
翌朝
通学

幼馴染「ねぇねぇ、昨日のアレ、見た?」

男「…」
男「何のことかな?」

幼馴染「昨日カーテン開けてってメールしたのにー!!」

男「ゴメン、寝てた」

幼馴染「むぅ~」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:16:16.16 ID:wWSqLof1O
学校

男友「なぁ、幼馴染ちゃんがSに目覚めたってのは本当か!?」

男「さぁ、どーだか」

男友「くぅ~あんな可愛い子に罵られるなんて男くん幸せ~」

男「おいやめろ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:20:13.72 ID:wWSqLof1O
女友「ふんふん」

幼馴染「うん…」

女友(あぁ…この子Sに向いてないわ…)

幼馴染「どーしたらいいの!?」

女友「うーん…」

男友「さぁ女友ちゃん!今日も俺に愛の制裁を!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:22:41.35 ID:wWSqLof1O
女友「今忙しいの」ニヤ

男友「そんな…」

男友「じゃ幼馴染ちゃん!」

幼馴染「こ、このノロマ!」

男友「!!」ズギュウウン

男友「こっこのエアガンで僕を!僕を撃って!!」

幼馴染「…ぁっ」
幼馴染「それだぁ!!」

女友「ッ!?」ビクッ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:24:11.86 ID:wWSqLof1O
帰り道

幼馴染「ふふ~ん」

男「なんかご機嫌だな」

幼馴染「今日こそ私のSっぷりを見せつけてあげるんだから」

男「お前フラグたってるぞ」

幼馴染「?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:29:31.44 ID:wWSqLof1O


男「今日は何か秘策があるのか」

バッ

幼馴染「手をあげろー!!」

男「何そのエアガン」

幼馴染「男友くんから借りたの!」

男「…」

幼馴染「えーい!」パンパンパンパンパンパンパンパン

男「痛っ(マジで痛い)」

幼馴染「どーだ!私はSなん」

男「やめろってんだ!!」

幼馴染「ぁっ」ビクッ
男「目入った…」

幼馴染「…え…」

男「左目…真っ暗だ…」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:32:18.14 ID:wWSqLof1O
男「左目…もしかして失明した…かも…」

幼馴染「え…?え…?」

男「どうしてくれんだよ…」

幼馴染「え?嘘!?ごめんなさい!!救急車呼ぶね!!」

男「意味ないよ、もう見えないんだもん…」

幼馴染「ご…ごめんなさい…本当に…」グスッ

男「おしおきだな」

幼馴染「…え?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:36:51.89 ID:wWSqLof1O
幼馴染「おしおきって…?」

男「決まってるだろ?こっちは失明させられてんだ。お前も失明しろとは言わないけど、それ相応の報いはうけてもらう」

男「まず、エアガンを貸せ」

幼馴染「…」スッ

男「手を壁につけ」

幼馴染「ぅぅ…」

男「まず手だな」スッ
幼馴染「え…?」

男「こうやって銃口を直接あてとけば、狙いは外れないな」ピシィッ!!

幼馴染「あぅうう!!!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:39:30.98 ID:wWSqLof1O
男「痛い?」

幼馴染「痛いよぉ!!だからもうやめて!!」

男「こっちは失明させられたのに…」ピシッビシィッ!
幼馴染「ぅっぅああ!」

男「どれ、もっと強力にしようか」

幼馴染「…!!!」
ビシッ

幼馴染「ひぁああッ!!痛い!!嫌ぁ!!」

男「ほらほら」
ビシビシ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:44:35.25 ID:wWSqLof1O
男(いかん、ここでアクセル全開にするのはもったいないな)

幼馴染「…?」

男「お前に大切な話がある…」

幼馴染「ふ…ふぇぇ…?」

男「実は」

男「目には当たってません!左目健在でございます!」

幼馴染「ぇ…ええ!ッ?」

男(ふ、このまま隠していたら、あいつは罪悪感で大人しくなるからな。確かにMにしたてやすいけど、面白くない)
男(自称Sの幼馴染をMに調教することに意味がある)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:47:44.81 ID:wWSqLof1O
翌朝

幼馴染「むぅ…」

男「あらら、不機嫌だねぇ」

幼馴染「フンッ本気で心配して損した!!」

男「心配してくれてたのか。もしかしてお前、俺のこと…」

幼馴染「し…し、心配もしてない!!!」

男「ところで昨日のおしおきの感想は?」

幼馴染「…さ、最悪!!」

男「そーかそーか」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:52:39.81 ID:wWSqLof1O
学校

後輩「幼馴染せんぱーい!」

幼馴染「あっなに?」

男「この子は?」

幼馴染「私の後輩!いいでしょー!!」

男「いつのまにそんなモン錬成した」

後輩「あの、この前の試合ことなんですけど…」

幼馴染「あ…うん、それはねー!えっとー」



男「なんだ水泳部の後輩か」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:56:51.67 ID:wWSqLof1O
後輩「男さん…ですよね」

男「えっ」

後輩「先輩がいつも男さんの話してるので」

幼馴染「あッこら!!!」

後輩「よろしくお願いします」ニコッ

男「うん…」
男「ちょっとこの握り拳の上に手置いてみて」

後輩「?」ガシッ

男(S…ドS…)

男「お前は?」

幼馴染「ん?」ポムッ

男「………」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:01:53.21 ID:wWSqLof1O
帰り道

幼馴染「どーしたのー?今日は静かだね」

男「ん?あぁ」

男(確かに幼馴染という自称SをMにするのは楽しみだ…だが)
男(それはあくまでも自称、真のSには及ばない)
男(あの後輩は真のドSみたいだけど…ん!?)
男(もしかしてそのドSの子を調教したらスゲー楽しいんじゃね!?)
男(幼馴染とくらべて骨がありそうだけど、やりがいはあるな)

幼馴染「今日、男ホンットに静かだよねー」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:04:37.12 ID:wWSqLof1O


男「ん…今日は来ないみたいだな」

男「まぁ、昨日の今日だからな、冗談だったとはいえ反省しているはず」

ピンポーン

男「はーい」ガチャ

幼馴染「鍵…学校に忘れちゃった…」

男「はい?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:07:02.17 ID:wWSqLof1O
男「おじさんとおばさんは?」

幼馴染「海外旅行…」

男「なんと」

男「うちは熱海だ」

幼馴染「!?」

男「まぁ仕方ない、晩飯たべたのか?」

幼馴染「まだ…」

男「よし、ちょっと待ってろ」

幼馴染「え…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:09:32.05 ID:wWSqLof1O
幼馴染「ごちそうさま!男って料理もできたんだ!」

男「今更すぎる」

幼馴染「待って!食器洗いは私がやるよ」

男「ん?」

幼馴染「…せめてそれぐらいはさせてよ?」

男「わかった。じゃ、風呂いれてくるから、食器はまかせた」

幼馴染「うん」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:11:09.81 ID:wWSqLof1O
男「風呂わいたぞ、入りなさい」

幼馴染「いいの?先入っても」

男「客を先に入れるのがマナーだ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:14:10.76 ID:wWSqLof1O
風呂

幼馴染「男んちの風呂入るの、久しぶりだなぁー」パシャッ

幼馴染「昔はよくここに泊まってたから、あんまり気をつかわなかったけど」チャプ…

幼馴染「ここでよく男と洗いっこしたなー」チャプ…

幼馴染「…洗いっ……こ…///」

幼馴染「………///」ブクブクブクブク

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:16:28.39 ID:wWSqLof1O
男「さて、寝るか、こんな事もあろうかと布団も実は用意していた」

幼馴染「ふぁあーあ」

男「電気消すぞ」
フッ



男「…」
幼馴染「…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:19:40.92 ID:wWSqLof1O
男「…なぁ…」

幼馴染「なーに?」

男「お前…実はMだよな…」

幼馴染「なっ!?私はSなの!」

男「でも本当は?」

幼馴染「Sだよ…絶対…」

男「フフ、この意地っ張りめ」

幼馴染「ちがうのーーー!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:20:43.65 ID:wWSqLof1O
翌朝

男「まるで寝れんかった…」

幼馴染「…うん…」

男「学校いくぞ…ふぁあーあ」

幼馴染「ふぁあーあ」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:23:42.20 ID:wWSqLof1O
学校

男友「なん…だと…?」

男「あぁ」

男友「幼馴染ちゃんが家に泊まったとか死ね」

男「いや」

男友「死ね」

男「いや」




男友「あ…あのさぁ…」

男「ん」

男友「ヤ…ヤッたの?」

男「死ね」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:26:25.12 ID:wWSqLof1O
女友「なん…だと…?」

幼馴染「うん…」

女友「まだSとか言ってんのアンタ」

幼馴染「だ、だって!」

女友「ふぅ…仕方ない、教えよう!放置プレイを!!」

幼馴染「ほーちぷれい!」

女友「無視と解釈せよ。若干ちがうけど」

幼馴染「うん」

70 名前:チビッコ疲れて寝た[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:35:11.49 ID:wWSqLof1O
帰り道

男「今日は鍵もってきたか?」

幼馴染「…」シ、シレッ

男「聞いてる?」

幼馴染「…」プイッ

男「おーい」

幼馴染「…」

男(は、いっちょ前に放置か)

幼馴染「…」

男「脇腹がおるすだぜ」チョン

幼馴染「ひぁうッ!?」ビクンッ

男「アウト」

幼馴染「こ、このぉ~」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:38:31.38 ID:wWSqLof1O


ピピ

FROM:XXXXXX@XX.jp

本文:後輩です!男友さんからメアド教えてもらいました!突然ですがよろしくおねがいしますっ!!

男「お」

男「これは…」

男「なんて返したらいいのかわからん」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:42:15.84 ID:wWSqLof1O
ガララッ

幼馴染「きたよ」

男「きたか」

幼馴染「ん?何してるの?」

男「あぁ、後輩からメールが来た」

幼馴染「えっ…」

男「彼女はSだからな、気があいそうだ」

幼馴染「わ、私だってSだよっ!」

男「あ、すまん、言い間違えた。彼女はMだから、ホラ、SとMでピッタリじゃん。気があいそうだな」

男「お前はSって言うからなぁ…」

幼馴染「ぅ…ぅう~」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:45:17.20 ID:wWSqLof1O
男(さぁ、どうする?)

幼馴染「わ、私だって…!」

男(M発言か!?)

幼馴染「私だって後輩ちゃんと気があうもん!!」

男(そうきたか!…ん?)

幼馴染…M?
後輩…ドS

男「あぁ…そうだな、その通りだよ…」

幼馴染「でしょ?」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:48:33.08 ID:wWSqLof1O
翌朝

幼馴染「昨日後輩ちゃんとどんなメールしたの?」

男「…刺激が強すぎて言えん」ニヤッ

幼馴染「え?え!?」

男「教えて欲しい?どうしても教えて欲しい?」

幼馴染「ぅ…」

男「まぁMなら『教えてくださいっ!』ていいそうだけどな」

幼馴染「う…やっぱりいらない…ッ!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:53:49.56 ID:wWSqLof1O
学校

後輩「あ、男さん」

男「あ」

後輩「昨日は挨拶だけでメール終わっちゃったんですけどね」

男「そーだね」

後輩「ところで、突然なんですけど…」

男「ん?」

後輩「お、幼馴染先輩のこと…どう思ってるんですか…?///」

男「えっ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:00:19.17 ID:wWSqLof1O
男「べっ別にただの友達だけど…///」

後輩「そういうのじゃなくて」

男「へ?」

後輩「幼馴染先輩ってSっぽく振る舞ってるけど」

後輩「M入ってますよね」

男「そこに気付くとは…やはりドSか…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:07:10.04 ID:wWSqLof1O
後輩「ですよね」

男「あぁ」

男「ちなみに君は?」

後輩「さぁ?どっちでしょう?」

男「あぁSか」

後輩「よくわかりましたね」

男「同業者だからな」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:09:42.53 ID:wWSqLof1O
帰り道

男(そろそろ行動を起こしたいなぁ)

男「なぁ」

幼馴染「なぁに?」

男「今日、俺の部屋来ない?」

幼馴染「なっ…///」

男「いや、変な意味じゃなくて、後輩のことだよ」

幼馴染「後輩ちゃん?」

男「とりあえずここじゃ話せない」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:14:44.26 ID:wWSqLof1O
部屋

幼馴染「で、何?」

男「実は、昨日あんなこと言ったけど…」

幼馴染「あんなこと?」

男「実は俺、Mなんだ!!」

幼馴染「!?」

男「だから…遊ぼうか」

幼馴染「遊…ぶ…?」

男「うん、まぁ、幼馴染はやるよな、なんてったってSだもんな!」

幼馴染「う、うん!Sだからいじめてやる!!」

男「」ニヤ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:17:20.15 ID:wWSqLof1O
男「まずはこの俺の足を鞭でぶってくれ」

幼馴染「こ…こう?」
バチンッ

男「違う違う貸してみ」ヒョイ

幼馴染「あっ」

男「こうするんだ」
バシンッ

幼馴染「ぅああ!?痛ぁいぃ!!!」

男「」ニヤニヤ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:21:56.81 ID:wWSqLof1O
幼馴染「痛いよぉ…」

男「今の要領でもう一度」

幼馴染「…」
幼馴染「えいっ!」
バチッ

男「だから違うってこうだって」
ビシィッ!!

幼馴染「ぁはあっ!!痛いいぃ…!!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:24:52.30 ID:wWSqLof1O
幼馴染「ぅ…ぅぅぅ…」

男「じゃあ今度は尻を打ってみて」

幼馴染「…!」
幼馴染「こ、このぉッ!!!」

バチンッ!

男「…」
男「いまいちだな」
男「こうだよ、何度も言わせないでくれよ」

パチィインッ!!

幼馴染「ぁあいやあああッ!!!お尻痛いよぉぉッ!!!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:28:14.33 ID:wWSqLof1O
幼馴染「ぁぅ…あぅぅ…」ヒクヒク

男「あれ?どうした?」

幼馴染「痛いの…痛くて動けないのぉ…」

男「仕方ないなぁ、じゃ、俺がお手本見せてあげるから、しっかり学ぶんだぞ?」

幼馴染「え…?え…?」ドキッ

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:30:45.39 ID:wWSqLof1O
男「まず四つん這いになって」

幼馴染「え…」

男「…」

バチンッ

幼馴染「ひぐっ!!ぅ…」スッ

男「そうそう、お前はSだからな。しっかり学ばないとな」

幼馴染「うぅ…本当にこれでいいのぉ…?」

男「あぁ、大丈夫だ」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:34:19.47 ID:wWSqLof1O
男「まずはさっきみたいに脚からな」

幼馴染「ぁ…ぁ…」フルフル

バチッ!

幼馴染「あぅッ!!」

男「どう?」

幼馴染「痛いぃ…」

男「次は尻だ。ほら、突き出せ」

幼馴染「ぁぅ…」グイッ…

バチィンッ!!

幼馴染「んぁああッ!!!」

男「どうだ?」

幼馴染「痛いよぉ…もう、もう覚えたからやめてぇ…」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:38:03.27 ID:wWSqLof1O
男「やめて欲しい?」

幼馴染「う…うん…」

男「そうだなぁ…」
男「『私はMです』って言ったらいいよ」

幼馴染「えっ…」

男「どうする?」

幼馴染「私は…Sだもん、Mじゃないもん!」

男「そうか、じゃあ仕方ない、鞭行くぞ」スッ…

幼馴染「いや!それはいや!!」

男「じゃあどうする?」

幼馴染「………」




幼馴染「私は…Mですっ…!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:40:27.60 ID:wWSqLof1O
翌朝

男「ようM」

幼馴染「ち、ちがうもん!男に無理矢理言わされたからだもん!!」

男「はは、まぁそういう事にしておこう」

幼馴染「本当だよっ!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:44:17.32 ID:wWSqLof1O
学校

男「ふぁああーあ」

ドンッ

男「おっと、すみません」

お嬢様「いえ…」

男「あっ」

お嬢様「はい」

男(通称お嬢様!しかしその高貴な出で立ちとは裏腹に…)

お嬢様「もう少し強くぶつかってくださったらよかったのに…」

男(ドMなことで有名なんだ)

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:48:36.91 ID:wWSqLof1O
お嬢様「今からでも遅くないです!『いってーなブス』とか…」

男「もはやただの変態じゃねぇか」

お嬢様「変…態…」ドキンッ

男「あ、つい口をついて」

お嬢様「私…貴方のお近づきになってもいいですか…?」

男「変態だから駄目だ(本音)」

お嬢様「はぁぅう…」

お嬢様「もう駄目…ヤミツキになりそう…」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:55:06.42 ID:wWSqLof1O
男「こい、もっといい場所につれてってやる」
男(始めからMの奴に興味はない!ガンプラの完成品に価値はない!作る過程が1番なんだ!)



後輩「あ」

男「おす」

後輩「この人は…?」

男「あぁ、ドMで有名なお嬢様だ」

後輩「私、出来合いの人に興味ないです」プイッ

男「後輩に放置か」

お嬢様「それはそれで…」ゾクゾク

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:57:38.38 ID:wWSqLof1O
幼馴染「あ…」

男「ん」

お嬢様「…」

お嬢様「貴方…私と同じ臭いがします」

幼馴染「だっ誰が!!」

男「まぁな、自称Sから自称Mになったからな」

幼馴染「だからあれは…!!」

男「まぁ、いいや行こう」

お嬢様「はい」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:00:37.42 ID:wWSqLof1O
男「ここだ」

お嬢様「体育倉庫…?てことは…!」ドキンッ

男「おっと昼休み終わっちまう!授業だ授業」ニヤ

お嬢様「え…」

男「悪いな、時間がない」

お嬢様「ぁうぅ…」

男「まぁ今日会ったのも何かの縁だ、よろしく」

お嬢様「はいっ」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:14:24.15 ID:wWSqLof1O
授業中

後輩「はぁー男さんかぁー…」

後輩「幼馴染先輩の様子からして、最近始めたんだろーなぁ…」

後輩「いいなぁ、参加したいなぁ」

後輩「私が男さんを調教…なんちゃって」

後輩「…」ウズウズ

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:16:46.44 ID:wWSqLof1O
帰り道

男「今日も来る?」

幼馴染「いやっ!」

男「昨日せっかく学んだのになぁーこのままだとMのレッテルを貼られたままなのになぁ」

幼馴染「上等だッ!!」

男「お前が単純な人間で嬉しいよ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:23:49.20 ID:wWSqLof1O
部屋

男「入りなさい」

幼馴染「…」

ビシィッ

幼馴染「あぁう!?」

男「お茶くらい出すよ」

幼馴染「…」



男「さ、始めるか」

幼馴染「また…私を打つの?」

男「え?てっきりお前が打つもんだと…仕方ない、そこまで打って欲しいなら仕方ないな」

幼馴染「ぇ?え!?違う!そんなつもりじゃないよぉ!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:28:48.31 ID:wWSqLof1O
男「四つん這い」

幼馴染「もうやだぁ…」

男「四つん這い」

幼馴染「うぅ…」スッ

バチッ

幼馴染「んぅッ!!」

男「声、出していいよ。ドM」

幼馴染「ちっ違っ」
バチンッ

幼馴染「ふぁあああっ!!!」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:35:33.57 ID:wWSqLof1O
男「お前、目がトローンってなってるぞ?本当は気持ちよかったり?」

幼馴染「ッ!」パチッ

男「ははっ、健気だねぇ」

バチィンッ!

幼馴染「あふぅう!!」

幼馴染「ふ…ふぇえ…」トロ-ン…

男「ほらほらまただぞ」

幼馴染「ぅ…ぅぁあ…」


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:35:57.31 ID:wWSqLof1O
男「ほら、次尻に打つぞ」ピトッ…

幼馴染「ぇ…」

男「しかも次はフルスイングだ。お前の尻、もう真っ赤だけどどうなるんだろな」

幼馴染「いやぁ…」

男「痛そうだな」

幼馴染「いやぁあああッ!!」

男「そうか」
男「そんなに嫌ならやめておこう…」

幼馴染「ぇ…」

男「これにて終了だ」

幼馴染「ぁ…あぅぅ…」ムズムズ

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:48:13.22 ID:wWSqLof1O
幼馴染「うぅ…」ウズウズ

男「…」
男「して欲しいの?」

幼馴染「ぅ…」
幼馴染「そっそんなことな
バッチィイインッ!!!!

幼馴染「あぁああッ!!!!!」

幼馴染「あっあーっ!あーッ!!ひぁあああ…!!」フーッフーッ

男「どう?」

幼馴染「あ…ぁあぁ…」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:51:45.80 ID:wWSqLof1O
男「どれ」

スリスリ

幼馴染「あッ!?」ピクンッ

男「なんだこれ、パンツごしてもわかるくらい濡れてるじゃん、しかも鞭すりつけただけでこの反応か」

幼馴染「ぅ…んふぅ…ぁっ」ピクッピクッ

男「とんだ変態だね」

幼馴染「あ…ぁあ…」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 22:55:12.74 ID:wWSqLof1O
幼馴染「もう…だめぇ…これ以上はだめなのぉ…」

男「なんで?」

幼馴染「だってぇ…」

男「こっちと」クチュクチュ
男「こっち」バチンッ!

幼馴染「ひぐっ!」

男「どっちが気持ちいい?」

幼馴染「どっちも気持ちよくなんて…

男「ど っ ち が 気 持 ち い い ?」

幼馴染「あぅ…あぁ…」





幼馴染「お尻…です…」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:02:18.11 ID:wWSqLof1O
男「今なんて?」

幼馴染「お尻…」

男「何?きこえない。どこをどうして欲しいって」

幼馴染「………いじわるぅ…」

幼馴染「お尻を…もっとビシバシたたいてぇ…」

男「…」
男「えーめんどくさい」

幼馴染「うぅ…」

幼馴染「Mでいいからぁ」

男「Mでいい?違うだろ。お前はSの筈だけど。自分で言ってたもんな」

幼馴染「違うのぉ!!Mなの!Sじゃな
ビシイッ!!

幼馴染「ふぁああッ!!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:05:44.63 ID:wWSqLof1O
翌朝

男「ようドM」

幼馴染「…ぅぅ…」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:09:17.47 ID:wWSqLof1O
学校

お嬢様「あら」

男「あ、お嬢、実は頼みたいことがある。」

お嬢様「なんですの?」

男「かくかくしかじか」

お嬢様「わかりましたわ」

男「さんきゅ」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:15:36.24 ID:wWSqLof1O
女友「やっぱり調教されたのか」

幼馴染「…ぅん」

女友「相手が悪かったわねーでももともとMっぽかったしいいじゃない」

幼馴染「違うもん!Mなのは、男の前だけだもん!!」

女友「それ」ツーッ

幼馴染「ひぁうッ!!!」

女友「確定ね」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:17:22.23 ID:wWSqLof1O
後輩「そうなんですか」

男「あぁ、ミッションコンプリートだ」

後輩「なんかつまんなくなっちゃったなー」

後輩(次は貴方の番ですよ…男さん)

後輩「うふふっ」

男「?」

136 名前:お、俺はSなんだからっ![] 投稿日:2010/06/18(金) 23:23:52.81 ID:wWSqLof1O
体育

教師「よし、今日はここまで!解散」

男「んだよ校庭10週てなんだよマラソンかよ」ゼェ…ゼェ…

後輩「はい」つスポドリ

男「え?なんで君がここに?」

後輩「もう休み時間ですよ?」

男「なんだと」

男「とりあえずありがと」ゴクゴク

後輩「…」ニコニコ

男「うーん、あれ…疲れで…意識…が…」
ドサ

後輩「…」ニヤニヤ

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:26:57.28 ID:wWSqLof1O
廃校舎

男「む…」
男「ぬ」

後輩「無理ですよぉ~その拘束、すっごい固いですからッ!」

男「旧校舎か…」

後輩「ビンゴ!男さんも素敵なドSだったけど」

男「おい何するつもりだ、俺のチャック下ろすな」

後輩「もうすぐMになっちゃうんですよねー」

男「おい」

142 名前:>>133でヘコんで>>138で縦読みに気付いただと!?[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:30:12.35 ID:wWSqLof1O
後輩「でもですね?そんなSな人を調教するのもいいかなーって」ジーーコ

男「チャック閉めろ」

後輩「スミマセン!こればっかりは我慢できないの…」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:33:13.98 ID:wWSqLof1O
後輩「私…胸…けっこう大きいでしょ?」

男「おいまさか」

後輩「これを…ここに挟んで…と」

男「っ」

後輩「ほらほら」ムニュムニュ

男「くっ…」

後輩「どんどん大きくなってますよ?どうしたんですかぁ?ウフフ」ムニュムニュ

148 名前:ツンデレ合戦www[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:38:29.08 ID:wWSqLof1O
後輩「どう?気持ちいいですかぁ?」ムニュムニュ

男「あぁ、気持ちいい」

後輩「やけに素直ですね…うふふ、じゃあ先っちょ舐めて…と」チロチロ

男「う」

後輩「ん…はぁ…じゅる…んむ…じゅるじゅる…」ムニュムニュ

男「あ」

ビュッ

後輩「あぅッ!あ…」
後輩「いっぱい出しましたね…でもこれだけじゃ終わりませんから…」

男「あぁ、ここからは俺のターンだ」

後輩「へ?」

男「入ってこい」

SP「イエッサー!」ダダダダ

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:43:48.65 ID:wWSqLof1O
SP「動くな!」

後輩「なっ…」

男「お嬢様に頼んでお前を監視してもらっていた、まさかこんなに早く動きだすとはな」

男「しってるか?俺はお嬢様と仲がいいんだ」

後輩「私を…どうするつもりですか…?」

男「SP、この子を屋敷の『例の部屋』へ」

SP「イエッサー!」

後輩「いや!離して!!」

男「仕方ない、この子の持ってた睡眠薬使って」

後輩「あ…ぅ…」ガクッ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:48:04.64 ID:wWSqLof1O
『例の部屋』

後輩「…ッ!」

男「やぁ、おはよう」

後輩「…!?何!?この格好…」

男「あぁ、今から君にはMになってもらうから、M字開脚で拘束なんてどうかなーって」

後輩「っ…」
後輩「いいんですか?こんな事をして、もし法にふれたら…」

男「あれ?数時間前に俺にしたことは?」

後輩「…っ…!!」
男「今からおしおきだ。この『調教部屋』でな」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:52:43.75 ID:wWSqLof1O
男「といっても始めからMっ気のあった幼馴染とは違って根っからのSの君には、始めから鞭打ちでは効果が薄い」

男「そこでだ、君が俺に使った快感責めは非常に有効であった」

後輩「っ」

男「もうわかるな、特殊ローションの準備を」

後輩「いや…いやっ!!!」

男「ローション投下」トロォーン

後輩「ぁ…ぅ…」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 23:55:03.84 ID:wWSqLof1O
後輩「ん…ぁっ」

男「ほらほら」ヌルヌル

後輩「んぁっ…くぅ…」
後輩(なんか変…いきなりこんなになるの…おかしいよ…)

男(このローションはビヤク入りだからな、楽C嬉P)

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:00:17.60 ID:wWSqLof1O
後輩「くぅ…やめ…て…」ビク…ビクッ…

男「よし、塗り終えたな」

男「じゃあ今度はバイブで胸を」

ヴヴヴヴヴヴ

後輩「うぁあっ…ふぅうい…」

男「大きいのになぁ、こんなに遊ばれて、気持ちよくなっちゃって」

後輩「き、気持ちよくなんて…」

男「知ってるか?」

後輩「ッ…っ…?」

男「Sが過ぎる人は、その反動でMになりやすいって話だぞ?」

後輩「…!!」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:05:27.87 ID:YKREuO5gO [1/110]
後輩「ぁはぁあ…」

男「気持ちいいか気持ちいいか」

後輩「くぅう…」

男「それ」コリッ

後輩「んあっ!!?」ビクンッ!

男「さて、このてっぺんの豆をいじるとどうなるのかな?」

後輩「ぁあ…いやぁ」

男「さて」コリコリコリコリ

後輩「あッだめぇぇえッ!!ひぁああッ!!」

コリコリコリ…

後輩「あぅ!も、もうだめ!ぁっ…あっ…」ヒクッ…ヒクッ…

男「…」ピタッ

後輩「あ…ぅう…」

男「そう簡単にイカせて貰えるとでも?」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:10:36.51 ID:YKREuO5gO [2/110]
男「次は下だな」

後輩「ぅ…ぁ…」

男「どれ」ズリッ…

男「おい、もう既に洪水じゃねぇか」

男「ここでイかせてやる代わりに」

男「おい、もっと開かせろ」

ウィイイン

後輩「あ…あっ!?駄目!!開いちゃ駄目ェ!!!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:13:10.20 ID:YKREuO5gO [3/110]
男「そして」
ガチャガチャ

男「十数台のカメラでお前を撮る」

後輩「…!?」

男「もちろんアップで」

後輩「いっいやッ!!」

男「まぁ楽しめ」

ヴイイイイイインッ!!

後輩「ふぁあああ!!駄目!駄目ェエえエえ!!」ビクビクビク

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:18:35.19 ID:YKREuO5gO [4/110]
男「イク直前に知らせてくれれば止めてやらんでもない」

後輩「あはぁあッ!あぅ…あっ」

男「プライドが許さんだろうが、絶頂を撮られる方が屈辱な筈だ」

後輩「…ぁっはっぁあ…!」

男「どうする」カチッ小→中

ビィイインッ
後輩「ひぁああッ!!もうだめ!イク!!イクから止めてぇええ!!!」

男「そうか」カチッ中→強

ヴイイイイイイイイイイッ!!!

後輩「アハァアアッ!!!あぁっ!あァアあーーーーッ!!!」ビクビクップシャァアアッ

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:20:52.55 ID:YKREuO5gO [5/110]
後輩「ぁ…ぁぁぁ…」ピクン…ピクン…

パシャパシャパシャパシャパシャ……

男「撮られてるぞ」

後輩「いやぁ…撮らないでぇぇ……」

男「まだだ、まだ終わらんよ…!」

後輩「あぅ…いやぁあ…!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:26:26.63 ID:YKREuO5gO [6/110]
男「次は放置だ」

後輩「え…」

男「ここに鏡とカメラだけを置いて、俺は出ていく」

後輩「…」

男「ただし」
男「3ヶ所にバイブ固定、そして俺は一時間後に戻る」

後輩「いやっ…いやぁっ!!」

カチッ
ビイイイイイイイッ!!
後輩「ふぁああああッ!!」

男「アディオス」ガチャ…バタン

後輩「あはぁあああッ!!!」ビクビク

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:30:31.92 ID:YKREuO5gO [7/110]
一時間後

男「やぁ」

ビイイイイイイッ

後輩「…ッ…ッッ…ッッ…」ビクンッビクンッ

男「あらら、失神してるな」

男「起きなさい」

後輩「ん…ふぁあんッ…!」

男「まぁ、潮もさんざん吹いたみたいだし!水でも飲め」

後輩「ん…ごきゅ…ごきゅ…」

男「まぁ、ただの水だったらの話だけど」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:35:54.71 ID:YKREuO5gO [8/110]
後輩「ふぁ!?」ビク

男「どうした」

後輩「ト…トイレに行かせて…くださいぃ!!」

男「いーじゃん、ここですれば」

後輩「そっ…そんなのって…」

男(まぁあの水には利尿作用の薬があったけどな)

男「出ないのなら手伝ってあげよう」クチュクチュ

後輩「いやああ!触らないで!漏れちゃううう!!」

男「カメラの前でお漏らし?恥ずかしいね」

後輩「いやああ!出ちゃう!!出ちゃうーーーーッ!!!」

チョロ…チョロチョロ…
後輩「あっ…あっあっ…あっ…」ブルブル
男「カメラの前でやっちゃったね」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:38:26.72 ID:YKREuO5gO [9/110]
男「恥ずかしいね」

後輩「ぁう…う…」

男「これから一週間、君を調教する」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:40:56.54 ID:YKREuO5gO [10/110]
男「まぁ、今日までSでいられるかどうかだけど」

後輩「もう、やめてぇ…」

男「そろそろだな」
男「SP、この子を四つん這いに拘束して」

SP「イエッサー!」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:46:23.81 ID:YKREuO5gO [11/110]
後輩「ぁ…ああ…」

男「さ、胸、前ときたら次はお尻だね」

後輩「ぁ…ひぃあ…」

男「入れるよ」

ズッ…ズッ…

後輩「ああッ!?痛い!!抜いてーーーッ!!!」

男「大丈夫、これが気持ちよくなったら、君も晴れてMの仲間いりだから」

男「次は前に同時に」

ジュプッ

後輩「くぅううんッ!!」

男「ほら、前後で見事にくわえこんだね」

後輩「ぁ…あああ…」

男「君Sだったっけ?Sはこんな恥ずかしいことしないよね?ね?」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:50:39.02 ID:YKREuO5gO [12/110]
ビシィッ!!

後輩「あうう!!!?」

男「痛い?気持ちいい?」

後輩「いたい!!お願いします!もう、やめてぇ!」

男「尻と前に二本突っ込まれてる奴がそんなこと言っても喜んでるようにしか見えないな」

ビシィイッ!!!

後輩「ふぁっ!!痛いよぉぉお!!!」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/19(土) 00:54:14.05 ID:YKREuO5gO [13/110]
一週間後

ビシィッ!!
男「どうだ」

後輩「気持ち…いぃ…もっと、もっと欲しいのぉ…」ブルブル

後輩「ぁぁ…早く私のココをぐちゃぐちゃにかき回して下さぁい…もう我慢できないのぉ…」

男「悪いな、今日は疲れたからここでやめておくよ」

後輩「ぁ…あはぁ…気持ちのいっぱいぃ…あぅ…」


おしまい

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。