FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「和くーん!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:43:22.45 ID:aZcqiE+W0 [1/5]
唯「軽音部ってとこに入ってみました!」

和「へぇ!そんで、軽音部って何すんだ?」

唯「わかんない」エヘヘ

和「お前な…」

唯「でも軽い音楽って書くぐらいだからきっと簡単なことしかやらないよぉ」

和「ま、頑張れや。」


俺は真鍋和。この4月に共学の桜ヶ丘高校に入学した。

冒頭の軽音部を甘く見てるのが幼馴染の平沢唯。
幼稚園、小学校、中学校とずっと俺が面倒見てきたといっても過言ではない。
そしておそらく高校でも…

しかし、こんな奴つかまされて大丈夫なのか軽音部…

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:44:36.50 ID:aZcqiE+W0

それからしばらく経って、唯は軽音部で楽しくやっているようだった。
主にティータイムを。

それでも中学の頃より大分自立した子に育ったような気はしなくもない。
いや、気のせいかな…

嬉しいような寂しいような。親鳥の心境ってこんな感じか?

とりあえもうすぐ中間テスト。勉強せねば。


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:45:57.20 ID:aZcqiE+W0
帰り道

和「おーい、ゆいー!」

唯「あ!和くん!今日帰り遅いねぇ」

和「あぁ、ちょっと図書室で中間テストの勉強してたから」

唯「へぇ、えらいねー…って、中間テスト!?」

和「知らなかったんかい…」

唯「せっかくギターの練習しようと思ってたのにぃ」

和「でもお前中学の時からテスト勉強なんてしたことなかったじゃん」

唯「そっかぁ。なら大丈夫だね!」

和「いや、大丈夫…じゃないけどな」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:47:17.64 ID:aZcqiE+W0
あいつ結局赤点取って追試かよ…
高校入って早々てシャレにならん。
…ちょっと様子見に行ってみるか。


ピンポーン
憂「はーい」

憂「あ、和くん!どうしたの?」

ワイワイガヤガヤ

和「おっす。ちょっと唯の様子見にきたんだけど…お客さん?」

憂「うん、お姉ちゃんなら軽音楽部のみなさんと勉強中だよ。」

和「そっか。ちゃんと勉強してんだな。邪魔しちゃ悪いから帰るわ。」

憂「せっかく来たんだからあがってって。お姉ちゃんのお友達もみんないい人だよー。」

和「うーん、じゃぁお言葉に甘えてちょっとだけ」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:48:34.58 ID:aZcqiE+W0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

和「どーも、真鍋和です。唯とは家が近所で幼馴染なんだけど、高校でも同じクラスになりました。」

唯「幼稚園からほとんど一緒なんだよぉ」

律「ほう、じゃぁ真鍋くんは唯の彼氏というわけですな」

唯「いやー、照れますなー」ヘラ

紬「」

和「冗談はそこまでにしとけよー」

唯「ぶー」

澪「なんだ冗談か」

律「つまんないのー」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:54:23.19 ID:Lck/DmWa0 [1/40]
数時間後

ウフフアハハ


和「ところで、勉強はいいのか?」

唯澪律紬憂「」


軽音部、唯に合ってるな。みんないい子だったし。
唯がちゃんと部活やってけるか心配だったけど、一安心だな

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:55:36.14 ID:Lck/DmWa0 [2/40]
澪「合宿をします!」

紬「私みんなでお泊りするの夢だったの~」

唯「そうなんだ~」

律「あはっ、じゃぁ海にする?それとも~」

澪「だから!バンドの強化合宿だって言ってるだろ!」

唯「あ…でも、お金とかどれくらい掛かるのかなぁ」

澪「それは…ム、ムギ、別荘とか…」

紬「ありますよ」

唯澪律「あるんかい!」



唯「そんなわけで女の子だけだと危ないので話の都合上和くんにも来てもらえないかと!」

和「なんだそりゃ。べつにいいけど、女4人に男1人ってどうなんだ…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 17:57:54.96 ID:Lck/DmWa0 [3/40]

合宿当日

唯律「海だー!!」

2人は着いて早々水着に着替えて今にも海に飛び込みそうな勢いだ。
しかしなんて色気のない奴ら…俺もいるんだから少しは恥じらいを持ってもらわないとこっちが困る。

そして少し遅れて着替えてきた澪とムギ。
精神年齢は身体に影響するのか?

真面目に見えたって俺だって健全な男子高校生
かわいい女の子4人と海だなんて正直、逆に辛いです・・・

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:00:46.58 ID:Lck/DmWa0 [4/40]
唯「和くーん!一緒に泳ごうよー」

和「おー、じゃぁちょっと沖の方まで行ってみるか」

唯「ラジャ!」

和「…で、なんで浮輪の紐を俺の体にくくりつけてんの?」

唯「もちろん沖まで連れてってもらうためだよぉ」

和「へぇ」

唯「いざゆかん!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:02:11.63 ID:Lck/DmWa0 [5/40]
和「今日は波が低くていいな」スイスイ

唯「快適快適」プカプカ

和「唯と海来るのも小学校以来かな」

唯「そーだねぇ」

和「あん時は胸もないのにビキニなんか着るから上なくして大騒ぎしたっけ」

唯「むー、今は立派に成長したもん!」フンス

和「立派かどうかはともかく、お前はもう少し恥じらいというものをだな…」

唯「この水着今年買ったんだよぉ。どうかな?」

和「…似合ってるよ」

唯「えへへへ、ありがとう」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:07:49.68 ID:Lck/DmWa0 [6/40]
律「ほー、泳いでったのか?」

和「俺だけな。唯は浮輪で引っ張られてただけ」

律「和くんはあいかわらず唯ちゃんに甘いんですのね」

和「そんなんじゃねぇよ…基本俺は誰にでも甘いんだ」

律「私にも?」

和「たぶんな」

律「イヒヒ、じゃぁ何お願いしよっかなー」

和「なるべく疲れないやつで頼む」

律「そ・れ・じゃ・あ」

律「あそこにいる澪に怖い話をしてこーい!」

和「なんだそれ」

律「いいからいいから」


律「…意外と思いつかないもんだな」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:10:05.89 ID:Lck/DmWa0 [7/40]
和「おーい、みおー!」

澪「ん?」

和「こんなところで何やってんだ?」

澪「ちょっと散歩を…」

和「あ、フジツボ」

澪「コワクナイコワクナイコワクナイ」スタスタスタ

和「え?なに?」

和「澪?どうした?」

和「よくわかんないけど、気晴らしに律に言われた通り怖い話でもしてみるか」

和「フジツボといえば昔岩で足を切った少年が医者に行くと…」

澪「うわあああぁぁぁ!!!」

和「え?え?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:12:37.27 ID:Lck/DmWa0 [8/40]

律「グッジョブ!」

和「え?」

律「いやー、澪はさ、怖い話苦手なんだよ」

和「先に言え!」

律「そうなるとしばらく戻ってこないからあとよろしくな!」

律「ついでに言うと男子も苦手だから!」

和「なら俺じゃなくて律がいた方がいいんじゃないのか」

律「荒治療ってやつだよ」

律「さらばじゃ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:14:06.88 ID:Lck/DmWa0 [9/40]

和「さて、どうしたもんかな」

和「おーい」

澪「」

和「澪、もう怖くないから、大丈夫だから、ごめんな」

澪「…ホント?」ナミダメウワメヅカイ

和「う、うん」ドキッ

澪「あ、あの!本当にお恥ずかしいところをお見せしまして」

和「いや、俺が悪かったし」

澪「どうせ律にでも言われたんだろ・・・?」

和「まぁ…」

和「でも女の子はちょっと怖がりなぐらいがちょうどいいよ」

澪「」カァァ

和「?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:15:36.56 ID:Lck/DmWa0 [10/40]
和「そういえばさっきからムギ見てないな」

和「なんだあれ。城…?」

和「って…ムギ!これ一人でつくったのか!?」

紬「気がついたらこんなになってて~」

和「もはや遊びのレベルじゃないな…どこでこんなの覚えたんだ」

紬「毎年避暑先でお父様のお友達の職人さんと砂遊びしてたらいつのまに」

和「はぁー、この別荘といい、お前んちってやっぱすごいんだな」

紬「…」

和「どした?」

紬「男の子にお前って言われた初めてなの」

和「あ、悪い。嫌だったか?」

紬「ううん、嬉しくて。お前って呼ばれるのもあだ名で呼ばれるのも」

和「そんなもんか」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:16:44.85 ID:Lck/DmWa0 [11/40]
和「・・・」

和「ムギ」

紬「なぁに?」

和「呼んだだけ」

紬「ウフフ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:27:32.74 ID:Lck/DmWa0 [12/40]
そんなこんなで夕方までみんなで楽しく遊んだ。
いやー、楽しかったな本当に。
それにしてもこいつら練習忘れてないか?

澪「せっかくここまで来たんだから思う存分遊ばなきゃ来た意味が……あぁ~~~!!!練習~~!!!」

律「忘れてたのかよっ!?」

和「やっぱり…」

和「んじゃぁ俺先に戻って夕飯の準備してるから、練習の前に遊びの疲れでも取っててくれや」

澪律紬「…夕飯?」キョトン

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:28:27.57 ID:Lck/DmWa0 [13/40]
ドーン

律「すっげー!!」

澪「すごいな。これ全部一人で作ったのか?」

和「まぁ俺は練習しないからこれぐらいはしないとな」

唯「和くんの料理は世界一だよ!」

紬「料理のできる男の子って素敵ね~」

一同「いただきまーす」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:34:31.32 ID:Lck/DmWa0 [14/40]

食後

律「ふぅ…お腹いっぱい」

唯「おやすみなさい…」

澪「練習するぞ!!」

和「食った分はしっかり動けー」

結局、澪の呼びかけも空しく、花火をしてから少しだけ練習してこの日は終わった。
俺は唯達に頼まれて打ち上げ花火の設置をし、みんなが練習してる間は残りの細かい片づけを
していた。
ムギの別荘はさすがの防音設備で、俺の耳までみんなの演奏が届くことはなかったが、
それぞれに収穫はあったようで、練習後はみんな清々しい顔をしていた。

そして今から床に着くわけだが、当然一人別の部屋の俺は暇を持て余し、少し散歩にでることにした。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:36:29.67 ID:Lck/DmWa0 [15/40]
ミーンミンミンミーンミンミン

和「いやー、すっかり夏だな。…ん、あれは」

そこにはひとり佇む>>30の姿があった。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:37:39.30 ID:Lck/DmWa0 [16/40]
早くも書き溜めなくなってしまいました
人いないけどめげずに安価

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:54:14.12 ID:Lck/DmWa0 [17/40]
そこにはひとり佇む少女の姿があった。

和「あのー・・・」

長門「家がなくなったので泊めてほしい」

和「は?」

和「どこの誰かは存じませんがこんな時間に女の子が一人で危ないから早く家に帰った方がいいですよ」

長門「私は情報統合思念体」

長門「帰る家がなくなった」

和「は?」

和「うーん、泊めてあげたいんだけどさすがに無理だ」

ピポパポピ
和「あ、もしもし?警察ですか?迷子の女の子が一人いまして。」

和「えぇ、ちょっと混乱してるみたいで、不可解な言動がみられます。はい、お願いします」

長門「・・・・・・」

和「ごめんな」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 18:59:13.79 ID:Lck/DmWa0 [18/40]
情報統合思念体と名乗る謎の少女を警察に引き渡すと俺は再び歩き始めた。

その少女は悲しげな眼をしていたが、ひと夏の思い出としてきれいさっぱり忘れよう

そして歩く先に新たな人影を発見した>>45

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 19:00:17.03 ID:Lck/DmWa0 [19/40]
安価しといてこんなこと言うのはなんだけど、カオス展開はやめくれ・・・

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 19:17:33.92 ID:Lck/DmWa0 [20/40]
進まないから>>40でいく
申し訳ない

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 19:24:08.27 ID:Lck/DmWa0 [21/40]
和「あれは・・・憂!?」

憂「和くん!」

和「どうしたんだよこんなとこで!」

憂「お姉ちゃんに忘れ物届けにきたんだけど迷っちゃった」

和「危ないだろ一人でこんな夜中に!!」

憂「ごめんなさい・・・」ウルウル

和「あ、いや、怒ってるわけじゃないんだ」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 19:33:29.40 ID:Lck/DmWa0 [22/40]
和「あ、いや、怒ってるわけじゃないんだ」

和「さっきもさ、パトカーの音聞こえただろ?物騒な世の中なんだよ」アセッ

和「憂だってしっかりしてるけど女の子なんだから」

和「こんなかわいい子がこんなところにひとりでいたらいつ変態さんが襲ってくるかわかったもんじゃない」

和「とりあえずもうムギんちの別荘すぐそこだから一緒に行こう?な?」

憂「うん・・・」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 19:41:47.72 ID:Lck/DmWa0 [23/40]

和「唯のやつも合宿だってのに忘れ物だなんてあいかわらずだよな」

憂「家出る前に私が気づいてあげられてればよかったんだけど・・・」

和「しっかし、その忘れ物をわざわざ届けにくるなんて、あいかわらずだな憂も」

憂「お姉ちゃんに頼まれて合宿についてくる和くんもだけどね」

和「う・・・」

憂「お姉ちゃんかわいいもんね」

和「そういう問題じゃないけどさ・・・」

和「あ、着いたぞ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 19:57:30.51 ID:Lck/DmWa0 [24/40]
唯たちの部屋

コンコン
紬「はーい」

ガチャ
紬「あら、和くん」

唯「どうしたのぉ」

律「夜這いか?」

和「違うって・・・ほら」

憂「あの・・・夜分遅くに訪ねてきてしまってすみません・・・」

澪律紬「憂ちゃん!?」唯「憂!?」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 19:58:28.48 ID:Lck/DmWa0 [25/40]
和「忘れ物届けにきたんだよな?」

憂「はい・・・あの、枕を・・・」

和「へ?枕?」

憂「お姉ちゃん枕変わると寝違えやすくなるから・・・」

唯「わー!憂!ありがとう!」ダキッ

和澪律紬「」

俺の世話焼きも大概だけど、憂には負ける自信がある

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 20:07:14.57 ID:Lck/DmWa0 [26/40]
澪「今回は本当にありがとう」

律「素晴らしい働きであった!」

紬「とても助かったわ」

唯「来年もよろしくね~」

和「いやいや、俺も十分楽しめたよ。ありがとう」

ん、来年・・・?まぁいいか。
そんなこんなで合宿は無事終わりを告げた。


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 20:21:36.23 ID:Lck/DmWa0 [27/40]
夏休みはついに最終日の8月31日を迎えた。

もちろん俺はこんなギリギリまで宿題を残さない。
いつからだっけ早め早めに物事を行うようになったのは
物心がついた時からだなきっと

ピンポーン

こいつのせいで

和「唯」
ガチャ

唯「すごいね!和くん!」

和「わかるよそのぐらい。夏休みの宿題だろ?」

唯「えへへ、面目ない」

和「唯んちでいいか?荷物まとめてくるからちょっと待ってろ」

唯「了解!」

冷房を切って唯をリビングに座らせると俺は足早に自分の部屋へ向かった。


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 20:37:15.53 ID:Lck/DmWa0 [28/40]
ガチャ
和母「ただいま~」

和「」

唯「和くんのおばちゃん!」

和母「あら~、唯ちゃん久しぶりねぇ」

和母「また一段ときれいになっちゃって」

唯「入学式に会った以来だからまだ半年も経ってないよぉ」

和母「あら、そうだったかしら。昔は毎日のように遊びに来てたからね~」

和母「そうだ!スイカ買ってきたんだけど食べる?」

唯「食べる!」

和母「本当に唯ちゃんでも憂ちゃんでもうちの子のお嫁に来てくれないかしら」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 20:39:51.50 ID:Lck/DmWa0 [29/40]
タッタッタッ
和「はい!そこまで!冗談言ってないでさっさと宿題やりにいくぞ!」

唯「え~スイカ~」

和母「あら、和ったらテレてるのね。唯ちゃんのためにしっかり冷房切ってあげてるのに」

和「」

和母「じゃぁ唯ちゃんスイカ持ってておうちで憂ちゃんと食べてちょうだい」

唯「わー!ありがとう!」

和「ほら・・・いくぞ・・・」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 20:46:08.07 ID:Lck/DmWa0 [30/40]

ガチャ
唯「ただいまー」
和「お邪魔しまーす」

憂「おかえりー。和くんいらっしゃい」ニコッ

唯「憂!和くんのおばちゃんからスイカもらったよ!」

憂「わぁ!ありがとう!」

憂「今度何かお返しするね」

和「いいんだよ。好きでやってんだから気にしなくて」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 20:58:03.98 ID:Lck/DmWa0 [31/40]
和「で、ここにxを代入して・・・」

和「そうするとこうなるから・・・」

扇風機から送られてくる生暖かい風

憂が持ってきてくれた冷たいウーロン茶

そして、隣には少し気だるそうに問題に取り組む唯

『また一段ときれいになっちゃって』

確かにそうかもな・・・

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:02:56.19 ID:Lck/DmWa0 [32/40]

ピンポーン
和「」ビクッ

唯「あ!みんな来たかなぁ」

和「みんな?」

唯「うん、律ちゃんも宿題終わってないし、大勢でやった方が早いと思って軽音楽部のみんなも誘ったんだぁ」

和「あぁ、なるほどね」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:11:52.95 ID:Lck/DmWa0 [33/40]
憂「お姉ちゃん、軽音部みなさんだよ」

律「密室に若い男女が二人きりとはどういう了見だぁ!」

和「どうもこうも宿題教えてただけだろ!」

紬「他に何もなかったのかしら」

和「あるわけ・・・ないだろ」

澪(その反応はもしかして何かあったのか!?)カァァ

唯「澪ちゃんどうしたの?」

澪「なんでもない・・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:19:38.65 ID:Lck/DmWa0 [34/40]
例のごとく騒がしくなったけど、最終的に唯も律も宿題を終えることができた。

夏休みが明けてからは俺は生徒会の役員として学園祭の準備に追われ、
その時に行われる初ライブに向けて、軽音部はめずらしく頑張って練習していた。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:32:26.88 ID:Lck/DmWa0 [35/40]
生徒会室

唯「たのもー!」

和「あれ?唯?」

唯「和くん!なんでここに?」

和「なんでって・・・生徒会だからだけど・・・」

唯「え!?すごいね!さすが和くんだよ!」

律「お前ら本当に幼馴染?」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:37:59.24 ID:Lck/DmWa0 [36/40]
和「うーん、確かにリストにはないな・・・」

律「もしかして・・・」

唯「律ちゃん!もしかしてなにか心当たりが!?」

律「おそらくこれは弱小部を廃部に追い込むための・・・生徒会の陰謀!」

唯紬「!?」

唯「和くんは本当は心がきれいな子!」

和「なんの話だよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:40:03.51 ID:Lck/DmWa0 [37/40]
和「ただ単に部活申請用紙が出てないだけじゃないのか?」

律「そんな話は聞いてないぞ!」

澪「聞いてるだろ!」ゴチン

律「うぅ・・・」

紬「まぁまぁまぁまぁ」

和「しょうがねーな、俺がなんとかするよ」

唯澪律紬「ホント!?」

和「軽音楽部・・・と。顧問は?」

唯澪律紬「顧問?」キョトン

和「お前ら・・・」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:44:52.23 ID:Lck/DmWa0 [38/40]
唯「カクカクシカジカでさわ子先生が顧問になってくれたんだぁ」

和「さすが学園のアイドルさわ子先生だな」


廊下

和「あ、先生」

さ「あなたは確か生徒会の真鍋くん」

和「軽音部の顧問になっていただいたみたいで、ありがとうございました」

さ「あら、どうしてあなたが?」

和「いや、軽音部には知り合いが多くて・・・」

さ「ふーん。それで、本命はどの子なの?」

和「な・・・」

さ「冗談よ♪」

和「・・・・・・」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:50:27.23 ID:Lck/DmWa0 [39/40]
文化祭1日目学内公開日

文化祭実行委員といっても常に仕事があるわけじゃない
特に今日は一般公開していないので、大きな仕事はあまりなかった。
軽音部のライブも明日の一般公開日に予定されている。

男1「じゃぁ俺らそろそろ当番だから行くなー」

男2「ひとりになったからって女の子と二人で回るような抜け駆けは許さん」

和「いいからはよ行け」

和「・・・とはいっても一人じゃ暇だ」

和「そのへんに知り合いでもいねぇかな」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/22(火) 00:12:06.12 ID:cMNSwyFo0 [2/44]
とりあえず自分の教室に戻ってみることにした

唯「焼きそば食べるかいあんちゃん」ガラガラ

和「ひでぇ声」

唯「えへへ」

唯「和くん当番じゃないのにどうしたの?」

和「ちょっと時間空いたから様子見に・・・」

唯「じゃぁ暇なんだね!」

和「あいにくな」

唯「私もう交代の時間なんだぁ」

和「・・・・・・」

唯「私もう交代の時間なんだぁ」

和「・・・・・・」

唯「うぅ」

和「ごめんごめん。じゃぁ一緒にまわろうぜ」

唯「うん!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/22(火) 00:19:58.94 ID:cMNSwyFo0 [3/44]
男2「和のやろうあんだけ言ったのにあの平沢と出て行きやがった」

男1「まぁ幼馴染だしな・・・それにお前に平沢は扱いきれん。あきらめろ」

和「どっか行きたいとこある?」

唯「甘いものが食べたい!」

和「いつもそれだなお前は」

女1「ねぇねぇ、あの二人って付き合ってるのかな?」ヒソヒソ

女2「ただの幼馴染って話だけど」ヒソヒソ

女3「だけどお似合いじゃない?」ヒソヒソ

内緒話のつもりかもしれませんが聞こえてますって

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/22(火) 00:32:13.01 ID:cMNSwyFo0 [4/44]
和「あんなこと言われてんぞ」

唯「お似合いなんて言われたらテレちゃうね~」

俺自身は別に迷惑ではない
唯はやっぱりひいき目なしにかわいいし、事実クラスの男子の中でも人気だ。
そんな子とお似合いだと言われて悪い気がするわけない
だけどそれだけだろうか

唯は?
何を考えてるのかわからない
案外何も考えてないのかもしれないな

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/22(火) 00:37:40.20 ID:cMNSwyFo0 [5/44]
マイドー

唯「これおいしい」

唯「一口食べる?」

和「いや、俺はいいよ」

唯「おいしいのにー」

和「声・・・さ」

唯「ん?」

和「治らなくて残念だったな」

和「本当はボーカルやる予定だったんだろ?」

唯「うん・・・でもいいんだぁ」

和「?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 00:42:47.56 ID:cMNSwyFo0 [6/44]
唯「澪ちゃんね、人前だと恥ずかしがっちゃうけど、すごくきれいな声で歌うんだぁ」

唯「だからいいの」

和「そっか・・・」

和「唯の歌も聴いてみたかったんだけどな」

唯「次頑張るよ!」

和「期待してる」

和「とりあえず明日頑張れ!」

唯「ガッテン!」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 00:49:06.74 ID:cMNSwyFo0 [7/44]
文化祭2日目一般公開日
律「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー!」

澪「君を見てると いつもハート DOKI☆DOKI♪」

ついに軽音部のライブが始まった。
唯より俺のが緊張してたんじゃないだろうか

だけど蓋を開けてみると心配なんていらなかった

唯の言ってた通り澪の歌声はきれいだった。
唯のコーラスはガラガラ声なのに一生懸命歌う姿がかわいくてなんだか笑いそうになってしまった。

音楽のことはよくわからないからこのバンドが上手いのか下手なのかもわからないが
4人の波長がすごく合っていて、心地良い。

そして、いままで何かに一生懸命打ち込むことのなかったあいつがこんな大勢の前で演奏してる。
その事実が無性に嬉しかった。
しかし同時に『唯にはもう俺は必要ないんじゃないか』そんな気分にさせられた。

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 00:53:27.13 ID:cMNSwyFo0 [8/44]
゙ャーン
演奏が終わって軽音部の面々は舞台裏に戻ってきた。

澪は演奏後のハプニングにより固まっていた。
それをなだめる律とムギ

唯は安心したのか、俺に抱きついてきた。

和「・・・お疲れ」

唯「どうだった!?」

和「よくわかんないけど、良かったよ」

唯「頑張ったもんね~」

和「あぁ」

そっと唯の体を離す。

和「今度は唯の歌、楽しみにしいてるからな!」

そう言い残して俺は実行委員の仕事に戻った。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 00:56:08.83 ID:cMNSwyFo0 [9/44]
ミス

ジャーン
演奏が終わって軽音部の面々は舞台裏に戻ってきた。

澪は演奏後のハプニングにより固まっていた。
それをなだめる律とムギ

唯は安心したのか、俺に抱きついてきた。

和「・・・お疲れ」

唯「どうだった!?」

和「よくわかんないけど、良かったよ」

唯「頑張ったもんね~」

和「あぁ」

そっと唯の体を離す。

和「今度は唯の歌、楽しみにしいてるからな!」

そう言い残して俺は実行委員の仕事に戻った。


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 01:10:33.48 ID:cMNSwyFo0 [10/44]
それからしばらくはなんとなく唯を避けていた。
もちろん表面上は今まで通りだが、心のどこかで避けていた。

クリスマス会は用事があるからと断った。

それでもバレンタインは例年通り憂の作ったチョコを二人からということでもらったし
ホワイトデーにはしっかりお返しもした。

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 01:19:59.31 ID:cMNSwyFo0 [11/44]

ピンポーン
「はーい」

ガチャ
憂「和くん!どうしたの?」

和「よ、合格おめでとう。それ言いにきた」

憂「わぁ、ありがとう!」

憂「これからは和先輩だね」

和「いいよ今まで通りで。憂は俺の妹みたいなもんなんだから」

憂「本当の妹になるかもしれないし?」ニコッ

和「何言ってんだよ」

憂「お姉ちゃんもう少しで帰ってくると思うけど、あがってく?」

和「いや、今日は遠慮しとくよ」

俺たちの関係は何も変わらないまま2年生になった。

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 01:28:36.19 ID:cMNSwyFo0 [12/44]
唯「あったぁ!2年2組だ!」

律「私もだ!」

紬「私もよ」

唯「あ、じゃぁもしかして澪ちゃんも?」

澪「1組・・・」

唯律紬「あ・・・」

澪「なんだその眼は!」

律「寂しくなったらいつでも遊びにきていいんだよ」

唯「・・・・・・」

紬「唯ちゃん、どうしたの?」

唯「あ!ううん、澪ちゃんだけ別で寂しくなるなぁと思って!」

澪「うぅ」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 01:33:43.18 ID:cMNSwyFo0 [13/44]
澪「知っている子が誰もいない・・・」

和「澪!」

澪「の、和!」

和「同じクラスか。これから1年間よろしくな」

澪「こちらこそよろしく!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 01:42:05.69 ID:cMNSwyFo0 [14/44]
和「・・・女の子の知り合いがいない?」

澪「うん・・・」

和「なるほど、死活問題だな」

和「このクラスなら何人か知り合いいるけど、紹介しようか?」

澪「・・・お願いします」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 01:49:38.25 ID:cMNSwyFo0 [15/44]
律「へぇー、それで友達できたのか。やっぱ和っていい奴だな」

紬「さすがね~」

澪「うん、本当に和が同じクラスで良かった」

律「そして澪ちゃんは優しい和くんに淡い恋心を抱いてしまいましたとさ」チャンチャン

澪「そ、そんなわけないだろ!それに和には唯がいるじゃないか!」

澪「唯!本当に違うからな!」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 01:59:47.61 ID:cMNSwyFo0 [16/44]
唯「でも私と和くんはただの幼馴染だよ?」

澪律紬「・・・へ?」

律「私てっきり唯は和のこと好きなのかと思ってた」ヒソヒソ

紬「私は和くんが唯ちゃんと幼馴染以上の関係を望んでいるように見えたわ」ヒソヒソ

澪「私は両思いなのかと・・・」ヒソヒソ

唯「みんなどうしたの?」

澪律紬「なんでもない・・・」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 02:08:46.56 ID:cMNSwyFo0 [17/44]
バンッ
和「おい律!」

和「講堂の使用申請書、また出してないだろ!」

律「あ・・・ごめん」

和「え?なんだこの空気」

和「まぁ今書いてくれればいいから、明日頑張れよ」

律「おー、明日は唯のボーカルだから楽しみにしとけよー」

和「おー」

和「・・・唯、俺生徒会の仕事もう終わりなんだけど一緒に帰るか?」

唯「ううん!明日に備えてもう少し練習してく!」

澪「唯からそんな言葉が出てくるなんて」

和「そっか、あんまり無理すんなよ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 02:24:14.28 ID:cMNSwyFo0 [18/44]
新歓ライブ

唯「それじゃぁ次の曲!私の恋はホッチキス!」

~~♪

澪「なんでなんだろう 気になる夜 君への」♪

澪「この思い便箋にね 書いてみるよ」♪

和「ん?澪のボーカル?」

唯澪「もしかして きまぐれかもしれない」♪

唯「それなのに枚数だけ 増えてゆくよ」♪

和「演出か・・・?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 02:37:36.53 ID:cMNSwyFo0 [19/44]
その後唯は見事歌いきった。

この前の学園祭のライブでも頑張ってたが、今回の新歓ライブで唯はさらに成長していた。

あいかわらず心配なところもあるけど、唯だって変わっていく。
俺は唯と離れるのが怖くてその関係を変えないようにしてた。
だけど、これからもそばにいるためにはそれを壊さなきゃいけなかったんだ。

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 02:43:23.89 ID:cMNSwyFo0 [20/44]
和「お疲れ!」

和「唯!すげぇ歌うまかったよ!」

唯「えへへ、ありがとう」

笑顔でそう答えると唯は足早に俺の前から去ってしまった。

律「ゆーいー!」

唯「ごめんなさい」

唯「澪ちゃんありがとうね!」

澪「ギターの出だしは完璧だったんだけどな」

唯「そっちに夢中になっちゃって」

紬「・・・・・・」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 02:53:32.73 ID:cMNSwyFo0 [22/44]
紬「唯ちゃん」

唯「なぁにムギちゃん?」

紬「さっきの話だけど・・・本当にギターに夢中になってただけなの?」

唯「・・・・・・」

唯「そうだよぉ。あそこ難しいんだもん。本当にごめんなさい!」

紬「ううん、それならいいんだけど・・・」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 03:08:59.58 ID:cMNSwyFo0 [23/44]
なんかあの日以来唯に避けられてる気がする・・・

新歓ライブを見て軽音部にあずさという子が入部したこと
その子を唯があずにゃんと呼んでかわいがっていることは同じクラスの澪から聞いた。
近頃唯はあまり俺にくっついてこなくなった。
もちろんいつもヘラヘラしてるのだが、何かが違う

でも避けるとしたらもっとわかりやすく避けてるだろうからやっぱり気のせいか・・・

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 03:21:41.43 ID:cMNSwyFo0 [24/44]
梓「・・・澪先輩、今日廊下で二人で話してた人って彼氏ですか?」

律「なにぃ!それは本当か!?」

紬「詳しく聞きたいわ」

唯「階が同じだと筒抜けだね澪ちゃん!」

澪「あー、違う。たぶんそれ和だよ」

梓「誰ですか?」

澪「唯の幼馴染だよ。」

梓「そうなんですか。すごくかっこいいってわけじゃないけど優しそうで、お似合いだとおもったんですけど」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 03:30:39.78 ID:cMNSwyFo0 [25/44]
澪「いや、和には唯が・・・」

唯「あずにゃん!私はあずにゃん一筋だよ!」ダキッ

梓「唯先輩やめてください!」

唯「むー、あずにゃんのケチー」


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 04:00:46.21 ID:cMNSwyFo0 [26/44]
2年生の1学期が終わった。
唯は中間テストでも期末テストでも俺に泣きついてこなかった。
しかも赤点は取ってないらしい
本格的に何かがおかしい

今までの関係を壊さなきゃ何も始まらないのに俺はまだ一歩が踏み出せない。
自分でもいい加減嫌んなる・・・


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 04:02:05.81 ID:cMNSwyFo0 [27/44]
喫茶店

憂「去年の合宿はお姉ちゃん楽しかったって言ってたよー」

梓「それって充実してたってことかな!?」

キャッキャウフフ

和「よ!」

憂「和くん!どうしたのこんなところで?」

和「夏期講習の帰りに見かけたから声かけとこうと思って」

憂「あ、こちら軽音部の中野梓ちゃん」

梓「こんにちは・・・」

和「あぁ、君が梓ちゃんか」

憂「それでこちらが生徒会の真鍋和先輩」

和「どーも」

梓「あ・・・唯先輩の幼馴染の」

和「よく知ってるな」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 04:08:46.99 ID:cMNSwyFo0 [28/44]
憂「これからうちに行くけどせっかくだから和くんも来る?」

憂「お姉ちゃんも家にいるから」

和「!!」

和「行く!」

避けられてるなら逃げられないとこに乗り込むしかない

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 04:13:31.61 ID:cMNSwyFo0 [29/44]
ガチャ
憂「ただいまー」

唯「あー、ういー、おかえりー」ダラァ

梓「うわー、聞いてた通りだー」

和「お前相変わらずだな」

唯「!?」

唯「なぜ和くんまでいらっしゃる・・・」

和「憂たちとたまたま会ったからついでに」

憂「フフフ」

憂「じゃぁお姉ちゃん、私たち部屋に行ってるから」

唯「えぇ!?ういー」

梓「?」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 04:25:01.34 ID:cMNSwyFo0 [30/44]
和「・・・・・・」

唯「・・・・・・」

和「・・・合宿」

唯「え?」

和「今年も行くんだって?」

唯「あ、うん」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 04:27:07.11 ID:cMNSwyFo0 [31/44]
和「・・・・・・」

唯「・・・・・・・・・」

和「俺も行っていいかな?」

和「去年みたいに雑用係として」

唯「そんなの和くんに悪いよぉ・・・」

和「『来年もよろしくね』ってさ、行ってただろ、去年」

唯「う・・・」

和「約束した張本人が忘れるなんてあんまりだ」

唯「・・・よ、よろしくお願いします」

和「うん」


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 04:42:34.14 ID:cMNSwyFo0 [32/44]

合宿当日
唯律「海だー!!」

去年と同様唯と律はさっさと着替えて海へ出て行ってしまった。
・・・梓を強制連行して

というか逃げられたか

和「澪、泳がないのか?」

澪「うん、ちょっと写真取ろうと思って」

和「へー」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 05:03:19.24 ID:cMNSwyFo0 [33/44]
澪「和はさ、優しいよな」

和「そうか?」

澪「唯のこと探してても私が一人で座ってたら声かけてくれただろ?」

和「・・・・・・」

澪「だから勘違いされるんだよ」

和「勘違い?」

澪「最近唯の様子おかしくないか?」

和「避けられてる気はする」

澪「それ気のせいじゃないよたぶん」

和「・・・唯が言ってたのか?」

澪「いいや」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 05:10:38.69 ID:cMNSwyFo0 [34/44]
澪「でも見てればわかるよ」

澪「唯は、私が和のこと、もしくは和が私のこと好きなんじゃないかって勘違いしてるんだよ」

澪「でも違うだろ?」

和「・・・うん」

澪「そういうこと!好きな子以外には優しくしちゃいけない時だってあるんだぞ!」

和「好きな子って・・・」

澪「バレバレだよ!気づいてないのは本人くらいじゃないのか?」

和「マジか・・・」

澪「でもクラス替えのとき、和が声かけてくれてうれしかったよ」

澪「唯のとこ行ってこい!」

和「おぉ!ありがとうな!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 05:14:06.44 ID:cMNSwyFo0 [35/44]
律「澪ちゅわん」ガサッ

澪「のわあああぁぁぁ!りつぅ!」

澪「ほ、他のみんなは?」

律「あっちで遊んでる」

律「良かったのか?」

澪「何が?」

律「和のこと」

澪「・・・・・・」

澪「和はさ、優しいし話しやすいけど」

澪「唯と話してるときの顔見たら好きになんてなれないよ」

律「そっか」

律「よし!泳ぐぞ澪!」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 05:26:31.83 ID:cMNSwyFo0 [36/44]
和「俺、夕飯作ってくるな・・・」グッタリ

律「なんか異様に疲れてるな・・・」

澪「唯がつかまらなかったのか・・・」

ドーン
梓「すごいです!」

律「それでもあいかわらずのクオリティ」

澪「さすが和だな」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 05:40:10.19 ID:cMNSwyFo0 [37/44]
律「肝試しをします!」

律「6人だから二人一組の3ペアな!」

澪「」

唯「夏はやっぱり肝試しだよね!」

梓「やってやるです!」

紬「楽しそうだわ~」

和「練習は・・・?」

律「じゃぁくじ引き開始!」

①律和 ②唯紬 ③澪梓

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 05:59:35.94 ID:cMNSwyFo0 [38/44]
①律和組
和「なんつーか・・・怖くないもの同士だとおもしろさ半減だな」

律「和は肝試しなんかより考えなきゃいけないことがあるからちょうどいいだろ」

和「は?」

律「告白の台詞」

和「律・・・お前もか」

律「男なんだからビシッといけビシッと!」

和「当の本人がつかまらないんだもんなぁ」

律「そんなもん気合で乗り切れ!」

律「・・・私と澪も幼馴染だけどさ」

律「私たちは女同士だから特別なことしなくてもこれからもずっと親友でいられるんだ」

律「でも、和たちは男と女だからさ」

律「どんなに近くにいたとしても一緒にいたいと思ったら言葉にしなきゃわからないこともあるんだよ。きっと」

和「うん、わかってる・・・」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 06:11:35.16 ID:cMNSwyFo0 [39/44]
②唯紬組
唯「ムギちゃんと一緒なら怖くないね!」

紬「私も唯ちゃんと一緒なら怖くないわ」

唯「歌いながらいこうか!」

紬「そうね」

唯「君を見てるといつもハートDOKI☆DOKI」♪

紬「ねぇ、唯ちゃん、唯ちゃんはいつも恋の歌を歌うとき誰を想ってるのかしら?」

唯「え・・・」

紬「最近唯ちゃん元気ないから、もしかしたら恋わずらいかと思って」

唯「そんなことないよ!こんな元気なのに!」フンス

紬「あら、私の勘違いだったかしら」

紬「でもね、唯ちゃん。正直にならないと後悔するかもしれないわよ?」

唯「・・・・・・」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 06:14:47.18 ID:cMNSwyFo0 [40/44]
③澪梓組
澪「ひえええぇぇぇ!!!」

梓「え・・・ちょ!澪先輩!」

梓「澪先輩がこんなに怖がりだったなんて・・・」


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 06:32:30.20 ID:cMNSwyFo0 [41/44]
肝試しのあと風呂に入り、俺は部屋に戻った。

しかしまだやらなければならないことがある

さて、どうしたものか・・・

呼び出しても逃げられるだろうしな

考えをめぐらせていると俺は一人外に出て行く唯を見つけ、慌ててあとを追った。

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 06:40:08.69 ID:cMNSwyFo0 [42/44]
和「唯!」

唯「!?」

唯「あ・・・湯冷めしちゃうからそろそろ戻らないと」

和「お前今出てきたばっかりだろうが」

唯「」

和「なんで避けるんだよ」

唯「避けてなんかないもん・・・」

和「逃げてんじゃん」

唯「逃げてなんかないもん・・・」

和「さっき逃げようとしたじゃねーか」

唯「」

和「しかもだんだん露骨になってくるし」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 06:42:04.43 ID:cMNSwyFo0 [43/44]
唯「じゃぁ・・・じゃぁなんで和くんは私のこと避けてたの!?」

和「え・・・お前気づいてたのか・・・?」

唯「やっぱり避けてたんだ!」

唯「自分のこと棚にあげてひどいよ!」

和「いや、それとこれとは話が別だろ・・・それに今は避けてねーよ!」

唯「同じだよ!!どうして避けてたの!?」

和「なんというか、あの頃はあんまり唯と関わりたくなかったといいますか・・・」

唯「はぁ!?」

和「ちょっとタンマ!今のは言葉のアヤだから!」

唯「もう和くんなんて知らないから!!!」タッタッタッ

和「おい!待てよ!」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 06:48:14.29 ID:cMNSwyFo0 [44/44]
翌朝
和「唯、おはよー」

和「おはよー・・・」

唯「」プイッ

澪「昨日うまくまとまったんじゃなかったのか」ヒソヒソ

紬「唯ちゃん怒ってるのかしら」ヒソヒソ

律「なんて面倒くさい奴らだ・・・」ヒソヒソ

梓「話がまったくみえません」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 10:10:57.90 ID:4yxxNPBO0 [2/18]
和「ゆいー」

和「ゆいちゃーん」

和「唯!!」

和「・・・・・・」

合宿が終わっても夏休み中俺は唯に無視され続けた。


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 10:21:04.39 ID:4yxxNPBO0 [3/18]
新学期
帰り道

和「・・・唯」

唯「」ビクッ

和「いい加減にしろよなお前」

唯「・・・・・・」

和「・・・独り言だと思って聞いて欲しいんだけど」

和「今度の学園祭、唯の演奏また楽しみにしてる」

和「そんなに嫌ならもう話しかけない」

和「だけど学祭ライブが終わったら話があるから」

和「その時だけでもいいから逃げないでいて欲しい」

和「・・・じゃぁな」

唯「・・・・・・・・・」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 10:33:02.94 ID:4yxxNPBO0 [4/18]
和「唯が風邪?」

澪「知らなかったのか?」

和「まだ無視されてるからな」

澪「唯もしょうがない奴だな」

澪「お見舞いとか行ってあげなよ」

和「行かない」

和「学祭ライブのあと話があるから・・・それまでは話しかけないって言ったんだ」

澪「変なとこ律儀だな」

和「男に二言はない」

澪「だけどさ、このままじゃ唯だってそのライブにすら間に合うかわからないぞ?」

和「・・・・・・」


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 10:36:34.96 ID:4yxxNPBO0 [5/18]

学園祭1日目
ついに学園祭を迎えてしまった。
しかし唯は今日も学校を休んでいるようだった。

いてもたっていられず家の前まで行ったけど
やっぱりお見舞いに行くのは約束を破ることのような気がしてやめた。
憂が用意してるだろうけど、ポカリスウェットと唯の好きなお菓子を買って玄関にかけてきた。

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 10:46:37.99 ID:4yxxNPBO0 [6/18]
学園祭2日目
梓「嫌です・・・」

梓「やっぱり嫌です!このまま唯先輩抜きで演奏しても意味ないです!」

澪律紬「・・・・・・」

ガチャ
和「おっす」

和「ステージは10分押しだけど、予定通り13時には講堂に入ってもらうから」

律「わかった・・・」

和「全員そろってるよな?」

和「軽音部、出演者全員準備完了・・・っと」

澪「和・・・」

和「唯はさ、昔から夢中になることがあるとそれだけしか見えなくなるんだ」

和「だからきっと風邪のことなんか忘れちゃうさ」

和「じゃ、ライブ頑張れよ」

律「あぁ、和もな」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 11:06:27.37 ID:4yxxNPBO0 [7/18]
「次は軽音学部のみなさんです」
律「ワン、ツー、スリー!」

~~♪

唯は一度来たもののギターを忘れて取りに帰ったらしい
たぶんまだ万全じゃないんだろうな・・・
頑張れ、唯


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 11:16:17.54 ID:4yxxNPBO0 [8/18]
ジャーン

澪「あ・・・」

和「来た!」

唯「ハァ・・・ハァ・・・」

唯「みんな・・・本当にごめんなさい」

唯「よく考えたら・・・いづもいづも・・・ご迷惑を゛・・・」ヒッグ

澪「タイぐらいちゃんと結べ」

唯「・・・」グスッ

律「みんな唯が大好きだよ」

ワァーーーー・・・・・・・・・・・・・・・・・・

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 11:27:25.71 ID:4yxxNPBO0 [9/18]

唯「君を見てるといつもハートDOKI☆DOKI」♪

唯「揺れる思いはマシュマロみないにふわ☆ふわ」♪

唯「いつもがんばる キミの横顔」♪

唯「ずっと見てても気づかないよね」♪

唯「夢の中なら 二人の距離 縮められるのにな」♪

唯「あぁカミサマお願い」♪

唯「二人だけのDream Timeください☆」♪

唯「お気に入りのウサちゃん抱いて 今夜もオヤスミ」♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「軽音大好きー!!!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 11:31:29.13 ID:4yxxNPBO0 [10/18]
放課後
律「今回のライブは大成功だったな!」

梓「唯先輩がギター忘れたときはどうなるかと思いました」

唯「えへへ、ごめんねあずにゃん」

紬「でもまだ唯ちゃんにはやらなきゃいけないことが残ってるわよね・・・ほら」

澪「和・・・」

和「おっす」

唯「・・・おっす」

和「ちょっと唯借りてくな」

澪律紬「どーぞどーぞ」

唯「」

律「私たちは先に帰ってるからな」

和「おぉ、悪いな」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 11:35:38.00 ID:4yxxNPBO0 [11/18]
和「・・・・・・・・・」

唯「・・・・・・・・・」

和「俺たちもとりあえず歩くか」

唯「うん」

スタスタスタスタ

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 11:57:31.62 ID:4yxxNPBO0 [12/18]
「昨日のお菓子・・・」

和「え?」

唯「和くんだよね?」

和「よくわかったな」

唯「わかるよぉ」

唯「でもお見舞いに来てくれなかった」

和「それは・・・俺の独り言聞いてたよな?」

唯「うん」

和「だったら・・・」


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 12:10:32.44 ID:4yxxNPBO0 [13/18]
唯「・・・なんで避けてたの?」

和「え?いや、だからそれは・・・」

和「好きだから」

唯「・・・ずるいよ和くん」

唯「私怒ってたのに」

和「うん」

ふと唯の方を見ると涙目になっていて、俺は歩く足をとめた。

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 12:27:30.43 ID:4yxxNPBO0 [14/18]
唯「避けられてたし」

唯「もう話しかけないとか言われるし」

唯「お見舞いにも来てくれないし」

和「お前、無視してたくせにどの口が言うか」

あまりにも理不尽な話でおもわずツッコんでしまった。

唯「うぅ・・・」グスッ

和「あ、悪い・・・」

唯「・・・私は会いたかったのに」

唯「和くんに会いたかったのに」

ギュッ

今にも涙がこぼれ落ちそうな唯をどうにかしたくて
思わず俺は抱きしめてしまった

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 12:32:51.21 ID:4yxxNPBO0 [15/18]
和「唯、好きだよ」

唯「本当に?」ヒッグ

和「うん」

唯「和くんに避けられてる時ね」

唯「もう私といるの疲れちゃったのかなって思ったんだ」

唯「例えば澪ちゃんみたいなしっかりした子の方がいいのかなって」

和「うん」

唯「だから一人でなんでもできるようになろうと思って」

唯「いろいろ頑張ったんだけど」

唯「やっぱり無理で」

和「うん」

唯「和くんは意味わからないこと言い出すし」

唯「全部和くんのせいだよぉ・・・」

和「うん、ごめん」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 12:42:03.79 ID:4yxxNPBO0 [16/18]
和「唯はさ」

和「自分では気づいてないかもしれないけど、軽音部に入って成長したよ」

唯「そうかな?」

和「そーだよ」

和「中学までは困るとすぐ俺んとこ来てたけど」

和「なんだか唯が遠くに行っちゃいそうな気がして」

和「それが怖くて自分から距離を取ったんだ」

和「今までの関係を壊さなきゃ新しい関係なんて作れないのにな」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 12:43:11.86 ID:4yxxNPBO0 [17/18]
和「やっぱり全部俺のせいだ」

唯「そうだよ!和くんのせいだよ!」

和「そういわれると元も子もないんだけどな・・・」

唯「えへへへ」

唯「和くん」

和「ん?」

唯「大好き!」ギュッ

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 12:46:34.83 ID:4yxxNPBO0 [18/18]
以上です
もはやけいおんキャラの名前を借りたただの幼馴染SSと化してたけど
お付き合いありがとうございました

初SSだったんですけど、支援本当に嬉しかったです



コメント

No title

オリキャラだと変なのに和だと違和感ないね

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。