FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーブイ「なんなのよ…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 23:43:38.67 ID:EBDmBqScQ

紅く染まった町が闇に包まれていく

今日もあいつは来た

私はただただ卵を産むだけ

それだけであいつは幸せなのだろう

小さなため息をついた

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 23:45:40.26 ID:EBDmBqScO [1/6]

私はあいつと出会ってすぐに育て屋に預けられた

同時に預けられたのは、メタモンというポケモン

その日から私は一度も外に出ていない

私の姿に男性器が加えられたポケモンと行為をして卵を産んで、あいつが卵を引き取りに来る

毎日毎日それの繰り返し。

はじめの頃はそれが嫌で嫌でしかたなくて、毎日泣いていた

でも、もう慣れた。

もう、涙も枯れてしまった。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 23:49:08.52 ID:EBDmBqScO [2/6]

あいつは相変わらず私が卵を産めばすぐに飛んでくる

馬鹿の一つ覚えみたいに。

あいつは私の子供達の中から能力の高い子を選んで育て、選ばれなかった子はパソコンにずっと預けているらしい

どの子も同じイーブイなのに



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 23:53:03.99 ID:EBDmBqScO [3/6]
メタモンはどう思っているのだろう

そもそもこのポケモンに感情はあるのだろうか

今も無表情で私の上で腰を振っている

もう考えるのもめんどくさい

もういい

あんな人間に出会ってしまった私の運が悪かったんだ

きつく目蓋を閉じた



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 23:57:17.04 ID:EBDmBqScO [4/6]
翌朝

輝いているはずの朝日が濁って見える

あいつが来た

でも私はまだ卵を産んでいない

「おいでイーブイ、メタモン」

意外にもあいつは私達を引き取りに来た

嬉しさと不安がこみあげる

やっとここから出られる

けどどうして今更?

あいつは金を払い育て屋を出た


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:01:38.88 ID:EBDmBqScO [6/6]
「イーブイ、今日からお前は自由だ。どこへでも行っていいぞ!俺とはもう会うこともないだろう。元気でな!」

あいつは走り去っていった

あぁ、そうか。

私捨てられたんだ。

卵を産まされるだけ産まされて、必要なくなったから捨てられたんだ

〈はは、あはははは。〉

馬鹿みたい。

乾いた笑いが辺りに響いた

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:05:06.67 ID:XslqisGGO [1/17]
近くに川が見える

近づこうとして一歩歩くと、腰に激痛が走った

それに耐えながらよろよろと川に近づき水面を覗き込む

ここに顔を突っ込めば死ぬかな。

死んだって誰も悲しまない



もう、疲れた



ゆっくりと前足の力を抜いた



25 名前: ◆78r/fXUrhg [] 投稿日:2010/06/21(月) 00:09:27.75 ID:XslqisGGO [2/17]
「おい!大丈夫か!?目を覚ませ!!!」

ほっぺがひりひりする

咳き込みながら目を覚ますと、見覚えのない少年とピカチュウの心配そうな顔が飛び込んできた

〈起きたぞ!!!〉

「大丈夫か!?今ポケモンセンターに連れていってやるからな!!!」

少年は私を抱えて近くのポケモンセンターに駆け込んだ


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:13:03.67 ID:XslqisGGO [3/17]

「すいません!急いでこいつを見てもらえませんか!?」

少年は女の人に頭を下げている

「まぁ、ボロボロじゃないこの子!わかったわ。こっちへ!!」

奥へと連れていかれる

その間に少年は女の人に状況を説明した

少年達と別れて、私は女の人に抱えられながら大きな部屋に入った



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:17:16.97 ID:XslqisGGO [4/17]
たくさんの機械で私の体は調べられた

やがて検査は終わり、部屋を出る

外で少年達が待っていた

「この子…下半身がボロボロです。恐らく、心も……」

女の人は少年に私の体のことを説明した

私の腰は、性行為のしすぎで少しおかしくなっているらしい

育て屋の近くで少年に発見されたことから、私の今までの生活が推測できたのだろう

女の人も少年もピカチュウも、悲しい顔をしている



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:21:31.12 ID:XslqisGGO [5/17]
同情なんかいらない

女の人の腕から飛び降りる

着地した時にまた激痛が走る

「おい、イーブイ!」

少年の声を無視して出口へよろよろ歩く

〈そんな体でどこに行くつもりなんだ〉

ピカチュウが言う



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:25:35.60 ID:XslqisGGO [6/17]
〈どこでもいいでしょ〉

〈また川で死のうとしてるんじゃないだろうな?〉

…図星だった

突然体が宙に浮く

「ジョーイさん、俺こいつを引き取ります」

私は少年に抱き抱えられていた

「そうしてあげて。きっとそのほうがいいわ」

少年はポケモンセンターを出る


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:29:25.01 ID:XslqisGGO [7/17]
〈何勝手に決めてんのよ〉

腕を何度もひっかくが、少年は手を離さない

あぁ、わかった。

また育て屋だ。

そう思ったが、少年は育て屋とは逆方向に歩いている

どこへ向かっているのか分からない

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:32:47.13 ID:XslqisGGO [8/17]
地下通路に入り、美容師のもとへ行って私の毛づくろいを頼んだ

ぼさぼさだった毛並みがとてもつやつやになった

「気持ち良かったか?また連れてきてやるからな」

微笑む少年

確かに気持ち良かった。

けど、よくわからない

なぜ少年はこんなにも優しく私に接するのか

私がかわいそうだから?

卵がほしいから?

その為に腰を治してるの?

きっとそう。

人間なんて、みんな一緒。


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:37:03.69 ID:XslqisGGO [9/17]
夜になった

ポケモンセンターで部屋を借りて、少年は眠りについた

窓から外を眺める

〈まだ起きてんのか?〉

ピカチュウが隣に座った



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:41:23.29 ID:XslqisGGO [10/17]
〈飲めよ〉

少年のバッグから出したサイコソーダを渡される

〈優しいだろ?レッドのやつ〉

少年はレッドというらしい

〈そうね。何か企んでるんじゃないの?〉

そう言うと、ピカチュウに大笑いされた

〈レッドに限ってそれはねぇよ。でもそう考えるのも無理ないな。今までひどい生活してたんだろ?〉


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:45:23.29 ID:XslqisGGO [11/17]
〈あいつはお前さんが思ってるほど悪い奴じゃねぇよ〉

サイコソーダを飲むピカチュウ

ピカチュウの言葉が素直に信じられない

〈そろそろ寝るか〉

黙っている私を気遣ってくれたのか、ピカチュウは布団に入った

私も自分の布団に潜りこんだ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:49:09.30 ID:XslqisGGO [12/17]
>>70わろた

翌日

「イーブイ、海って見たことあるか?」

首を横に振る

「じゃあ行くか!」

レッドはリザードンのそらをとぶを使って港町に連れてきてくれた

初めて見る海はとても綺麗で、広かった



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:53:19.73 ID:XslqisGGO [13/17]

「海を見ながら飲むサイコソーダはうまいぞー…って、あれ?減ってる?」

ピカチュウを見るレッド

目をそらすピカチュウ


「どれでも好きなの食えよー」

レッドは私の前にたくさんのきのみを並べた

私は我慢の限界だった


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:57:28.92 ID:XslqisGGO [14/17]
〈なんなのよ…〉

「え?」

〈なんでそんなに優しくするのよ!私がかわいそうだから?〉

〈同情なんかしないで。卵が欲しかったらさっさと育て屋に預ければいいでしょ!?それとも……っ〉

突然レッドに抱き締められた

力が強くて少し痛い




もうすぐ終わる


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 01:01:11.33 ID:XslqisGGO [15/17]
「俺はイーブイと仲間になりたいんだ。」

これだけ距離が近いせいか、レッドの気持ちが伝わってくる

優しい気持ち。ポケモンが大好きだという気持ち。

レッドの言葉が嘘に思えなかった

私と仲間になりたいと言ってくれた

私を、ポケモンとして見てくれている

いつのまにかレッドの胸の中で私は泣いていた

涙は まだ、枯れていなかった。



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 01:05:14.93 ID:XslqisGGO [16/17]

それから私はレッド達に戦い方を教わり、やがてエーフィに進化した

ピカチュウには適わないが、強くなったつもりだ。

レッドはある山の最奥部で、挑戦者を待っている


しかし、誰が来ようと私達は負けない。


私達を大好きだと言ってくれる、大好きなレッドの為に。




終わり



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 00:17:46.82 ID:37bqo4+2P
最初の男は茂か

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 00:19:34.08 ID:UOIC4TYp0 [1/2]
最初の男はシンジだろ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 00:20:41.22 ID:iet1gl9v0 [1/3]
オーキドだろ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 01:00:17.47 ID:FZbSlGgkO [1/2]
さっすがレッドさんだぜ
このイーブイはレッドのエーフィでおk?

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/21(月) 01:06:07.50 ID:XslqisGGO [17/17]

短いけど見てくれた人ありがとう。

ふと育て屋に預けっぱなしのイーブイを思い出したので勢いで書いたから誤字とかあるかも

正直50レスもいかないと思ってたけど、おまいらのおかげで意外とのびて嬉しい
>>33>>34>>35
その発想はなかった

>>79
ばれちまった

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。