FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「あずにゃんのパンツ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:13:03.78 ID:KvicJq620 [1/23]
梓「ぐう……すう……」

唯「ごくり……」

唯「もう後には引けないよね」

唯「それじゃあ、パンツいただきます!」

スルスル……

唯「わあ、これがあずにゃんのパンツかあ……」

唯「かわいいパンツ履いてるんだね、あずにゃん」

梓「むにゃむにゃ……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:16:11.47 ID:KvicJq620
唯「まずは何をしようかな」

唯「とりあえず、匂いを嗅いでみよっか……」

唯「くんかくんか……すごいよ、おしっこの匂いがするよ……」

唯「すごく美味しそうな匂いだね。飲んでみたいよぉ……」

唯「……ん?この茶色いのって……うんち?」

唯「あずにゃん、パンツにうんちがこびりついてるよ。下痢なんだね……」

唯「くんくん……うわあ、臭いよあずにゃん。うんち臭いよ……」

唯「でも、あずにゃんのうんちも大好きだよ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:19:06.74 ID:KvicJq620
唯「さて、匂いもたっぷり嗅いだし、次はかぶってみようかな」

唯「……よし!」

唯「変態仮面!!」

唯「えへへ、今私なんだかいけないことしてる気分だよ……」

唯「ああ、おしっことうんちの匂いが混ざって臭いよ」

唯「でもこの匂いも私は好きだよ、あずにゃん」

唯「ちょっと、舐めてみようかな」

唯「ぺろぺろ……しょっぱい。おしっこしょっぱいよ……」

唯「うんちも舐めてみよーっと……うあ、苦い。苦いよあずにゃん……」

唯「だけど、あずにゃんのだって思うと、すっごく美味しいよ」

唯「ぺろり、れろれろ……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:22:10.83 ID:KvicJq620
唯「……なんだかエッチな気分になってきちゃった」

唯「服、脱ごうかな……」

ヌギヌギ……

唯「あずにゃんの目の前で服を脱ぐなんて、恥ずかしいよぉ……」

唯「ほら、ブラ外すよ……」

プチ

唯「パンツも、脱ぐよ……」

スルスル

唯「こんな格好、あずにゃんに見られたら変態だと思われちゃうね」

梓「すやすや……」

唯「せっかく服脱いだんだし、あずにゃんのパンツ履いてみようかな」

唯「う~ん、なんかきついけど、もうちょっと……」

唯「履けた!うわあ、あずにゃんのアソコと私のアソコが間接キスしてるよ~」

唯「でもちょっと苦しいから脱ごうかな……」

唯「ふぅ。ごちそうさまでした!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:25:03.84 ID:KvicJq620
唯「ふふふ。あずにゃんの唇、色っぽいなぁ……」

唯「キス……したいな」

唯「眠ってるから、バレないよね」

唯「ん……ちゅぱ……」

唯「れろ……ちゅる……」

唯(あずにゃんの唾液、おいしいよ。生ぬるくて飲みやすいよ……)

梓「んぅ……」

唯(あずにゃんの口の中、全部吸い尽くしたいよ……)

唯「じゅるる……ちゅぷ……ぷはぁ」

梓「ん……あれ……?唯先輩……?」

唯「あ、起きちゃった?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:28:11.49 ID:KvicJq620
梓「ここは……って、な、なんで裸なんですか!?」

唯「あずにゃんのパンツいじってたら、エッチな気分になって……」

梓「私のパンツ……?ひゃっ、私パンツ履いてない!?」

唯「あずにゃんのパンツ、おしっこのいい匂いがしたよ」

梓「か、嗅いだんですか……?」

唯「うん!」

梓「唯先輩、変態です!」

唯「変態……なのかな?」

梓「変態ですよ!なんで私のパンツの匂い嗅いでるんですか!」

唯「あずにゃんのことが好きだからだよ。好きな人のパンツの匂いを嗅ぐのなんて、普通だよ」

梓「全然普通じゃないです!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:31:05.88 ID:KvicJq620
唯「じゃあ、変態な私のことは嫌い?」

梓「な、何言ってるんですか!?」

唯「私のこと、嫌いなの?」

梓「嫌いじゃ、ないですけど……」

唯「じゃあ、好き?」

梓「う……そんなことより、パンツ返してください!」

唯「えー、私にくれないのー?」

梓「当たり前です!」

唯「しょうがないなあ、はい」

梓「まったく、唯先輩は……あれ?なんか、湿ってる」

唯「私がさっき舐めたからね」

梓「汚っ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:34:09.31 ID:KvicJq620
唯「あずにゃんのパンツなら、汚くないよ」

梓「き、汚いですよ……」

唯「でも、美味しかったよ~」

梓「そう……ですか……?」

唯「あずにゃんのおしっこ、飲んでみたいなぁ」

梓「飲みたいんですか……?」

唯「うん」

梓「いやいや、飲ませられる訳ないです!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:37:10.98 ID:KvicJq620
唯「そんな~。ぐすっ」

梓「な、なんで泣くんですか!」

唯「だって~」

梓「……仕方ないですね、特別ですよ?」

唯「飲ませてくれるの!?やったあ!」

梓「誰にも言わないでくださいね!絶対ですよ!」

唯「うん、わかったよ!」

梓「じゃあ……」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:40:03.57 ID:KvicJq620
唯「うほお、M字開脚だね!」

梓「ちゃんと、口開けててくださいね」

唯「了解です!あーん」

梓「いきますよ……?」

唯「どんと来いだよ!」

梓「んっ……」

シャアァァ……

唯「わあ、ごくっごくっ」

梓「うぅ……」

ジョボジョボ……

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:43:10.87 ID:KvicJq620
唯「ごくん、ごくん!」

梓「はあっ、はあ……」

チョロチョロ……

唯「ぷはー!しょっぱい!」

梓「どうでしたか……?美味しかったですか?」

唯「うん、最高だよ!毎日飲みたいくらいだよ!」

梓「本当ですか?」

唯「もちろんだよ!」

梓「じゃあ、明日から毎日ペットボトルに入れて、おしっこ持ってきます!」

唯「そんなのいらないよ」

梓「えっ……?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:46:09.27 ID:KvicJq620
唯「あずにゃん。おしっこっていうのは、直飲みじゃないと意味ないんだよ!」

梓「そうなんですか……?」

唯「そうだよ!常識だよ!」

梓「す、すみません。勉強不足でした……」

唯「今度から気をつけてね!」

梓「はい……」

唯「ところであずにゃん」

梓「なんですか?」

唯「私のおしっこ、飲みたくない?」

梓「えっ、何言ってるんですか?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:49:03.95 ID:KvicJq620
唯「飲んでほしいな、私のおしっこ」

梓「そんな……無理です!」

唯「そんなことないよ!あずにゃんなら飲めるよ!」

梓「その……」

唯「どうしたの?何か不安なの?」

梓「私、うまく直飲みできるかどうか……」

唯「じゃあ、カップに入れて飲んでみようか」

梓「でも、おしっこは直飲みが常識なんじゃ……」

唯「あずにゃんはまだ慣れてないからね。特別だよ」

梓「じゃあ、カップ持ってきますね!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:52:33.12 ID:KvicJq620
梓「はい、このカップに唯先輩のおしっこを注いでください!」

唯「よ~し、いくよ~」

ジョロジョロ……

梓(私のカップに唯先輩のレモンティーが……)

唯「あ~出る~。出るよ~」

チョロチョロ……

梓「すごい……なんだか美味しそうです……」

唯「そうでしょ?さ、飲んでみて!」

梓「はい……!」

梓「ごく……ごく……」

唯「どう?おいしい?」

梓「やっぱりしょっぱいですけど、おいしいかもです!」

唯「よかった~。今度は直飲みでお願いね!」

梓「が、頑張ります!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:55:11.10 ID:KvicJq620
唯「さてと、それじゃあそろそろ帰ろっか」

梓「そうですね。それじゃあ、服着てください」

唯「あずにゃん着させて~」

梓「もう、子供じゃないんですから自分で着てください!ほら、足通してください」

唯「明日もおしっこ飲ませてね」

梓「もう、唯先輩ったら……。わかりましたよ」

唯「あずにゃん大好き~」

梓「私も好きですよ、先輩のこと」

唯「えへへ~」

梓「うふふ……」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 19:58:04.03 ID:KvicJq620
お粗末さまでした。


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:22:04.26 ID:KvicJq620
【うんち編】

唯「ねえ、あずにゃん」

梓「なんですか?唯先輩」

唯「今日はさ、うんち食べてほしいな」

梓「うん……ば、馬鹿な事言わないでください!無理ですよ!」

唯「大丈夫だよ!あずにゃんならきっと出来るよ!」

梓「ダメです!おしっこならまだしも、うんちなんて……」

唯「ちょっとだけでいいから!ね?お願い!」

梓「……食べなきゃ、ダメですか?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:25:10.20 ID:KvicJq620
唯「食べなきゃダメです!」

梓「うう……。どうしても?」

唯「どうしても!」

梓「わかりました……」

唯「やったあ!あずにゃん大好きだよ~!」

梓「早くパンツ脱いでください」

唯「うん!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:28:08.91 ID:KvicJq620
梓「よしっ……!いつでもきてください!」

唯「じゃあ、出すよー?」

梓「はいっ!」

唯「う~ん……」

プスッ

梓「うっ!唯先輩のオナラ、臭いです……」

唯「うんちするときは出ちゃうんだもん。しょうがないよ」

梓「早くうんちを……」

唯「今出すからね。ふんっ!」

ブリッ!ブブッ!

梓「わっ、出てきた!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:31:16.08 ID:KvicJq620
唯「さあ、食べて!」

梓「は、はい……!あむっ」

唯「どう?おいしい?」

梓「うっぷ……。ぐうっ……」

唯「大丈夫?」

梓「もぐもぐ……ごくん……」

唯「あずにゃん?」

梓「ぷはっ……。の、飲み込めました!おえっ」

唯「あずにゃんよくがんばったね!さすがだよ!」

梓「唯先輩のうんちですから……食べられますよ!」

唯「あずにゃん……。ありがと~!」

チュッ!チュッ!

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:34:16.41 ID:KvicJq620
梓「ちょっ、やめてください!今うんち食べたばかりなんですよ!」

唯「あ、そっか。……なんだか口が苦いよ」

梓「うんちですからね……」

唯「うっ、吐きそう……」

梓「ここで吐かないでくださいよ!ちゃんとトイレに行ってください!」

唯「だめ!我慢できない!うぷっ……」

梓「唯先輩!こらえて!」

唯(出るっ……!)

唯「おえええぇえぇええっ!」

梓「ああー!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:37:22.61 ID:KvicJq620
唯「ごめんね、あずにゃん」

梓「唯先輩が何も考えずにキスするからいけないんですよ?」

唯「反省してます……」

梓「さ、片付け終わりましたよ」

唯「ごめんね、ゲロ掃除なんかさせちゃって」

梓「今度から気をつけてくださいね」

唯「はい!あ、お詫びにあずにゃんのうんち食べてあげるよ!」

梓「また吐かれたら迷惑なのでやめてください!」

唯「え~……」

【うんち編・終】

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/20(日) 20:40:27.69 ID:KvicJq620 [23/23]
スカトロはやっぱりおしっこまでがいいですね。
では改めて、お粗末さまでした。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。