FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美琴「めちゃいちゃレールガン?」

770 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 23:23:00.78 ID:gxO20Eco [3/7]
屋上で上琴待機してたけど、最近は別の面白い話が多くて上琴が出てこないので
セルフで3レス頂き。

771 名前:美琴「めちゃいちゃレールガン?」 1/3[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 23:24:06.72 ID:gxO20Eco [4/7]
――とある公園

チェイサー!

美琴「さーて、今日は何が…って何この袋?中身は…漫画?なんで自販機の取り出し口にこんな物が……」

美琴「『めちゃいちゃレールガン』……?表紙はこれ……私?一体なんなの、これ」ペラッ

美琴「……………………ブッ!」

美琴「なによ、これ! なな、なんで私とアイツがアイツの部屋で!?」

美琴「…………だ、誰もいないわよね?」

美琴「ちょっと向こうのベンチでじっくりと…」

――

美琴「うわっ…うわっ…口塞ぐぞってもしかして…」

美琴「ふ、ふ、ふに――――」

上条「こんな所で一人で騒いで、何やってんだお前?」

美琴「ッッッッ!!?!!?!?」ササッ

上条「ん?今、なんか隠したか?」

美琴「な、なんでもないわよ!!」

上条「んー…、『めちゃいちゃレールガン』…?」

美琴「え、なんで?どうして!?」

上条「だってお前の横にまだ何冊も同じのあるじゃねえか…」

美琴「あ…う…これは……」

上条「これ、同人誌ってやつか。同じのが3冊ずつ…青髪的にいえば観賞用、保存用、布教用ってとこか」

美琴「なによ、それ」

上条「いや、なんでもない。つうかお前もこういうの買うのな」

美琴「そんなわけないでしょ! す、棄てられてたのを偶然見つけたのよ、それだけ!」

上条「ふ~ん…まぁせっかくだし俺にもちょっと読ませてくれよ」ヒョイッ

美琴「あっ、ちょ、ちょっと!」


772 名前:美琴「めちゃいちゃレールガン?」 2/3[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 23:24:42.50 ID:gxO20Eco [5/7]
上条「……」

美琴「……」

上条「………ぷっ」

美琴「………」

上条「…くく…こ、これは…」

美琴「………」

上条「…ぷっ! ははは!」

美琴「……そんなにおかしい?」

上条「くく…え?」

美琴「そんなにおかしいのかって聞いてんの!」

上条「いや、俺とお前がモデルでこんな展開って…なんかありえなさそうで、つい」

美琴「あ、ありえないってアンタ本当にそう思ってんの!?」

上条「だってお前会うたび電撃飛ばしてくるし、俺のことをこんな風に好きなんてないだろ?」

美琴「っ!!……罰ゲーム」

上条「は?」

美琴「罰ゲームするわよ。明日から二日間、この漫画通りに私と過ごしなさい」

上条「ふ、二日間も!? というか罰ゲームは前に――」

美琴「アンタ、あの時は妹とばっか遊んでて全然罰ゲームこなしてなかったじゃない!」

上条「でも、あの後風斬を助けろってお前が…」

美琴「…………」ジー

上条「わ、分かった!やってやるから涙目でこっちを睨むな!」

773 名前:美琴「めちゃいちゃレールガン?」 3/3[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 23:25:20.86 ID:gxO20Eco [6/7]
上条「というか、そもそもこれって罰ゲームになんのか?」

美琴「アンタがありえないと思ってることを、アンタの時間を潰してやるんだから罰ゲームでしょ」

上条「いや、でも飯作ってもらったりだとかむしろお前の罰ゲームになっちまうんじゃ」

美琴「うっさいわね! 罰ゲームなんだからアンタは私に黙って従ってればいいの!」

上条「分かった分かった。で、俺は一体なにをすりゃいいんだ?」

美琴「まずはこれ1セット渡しとくからちゃんと読んどきなさい。後は…アンタ、あのシスターとまだ同せ…同居してんの?」

上条「あぁ…まぁ、一応」

美琴「それじゃあ二日間だけだし、あの子知り合いの家にでも泊めといてもらってね」ニッコリ

上条「インデックスがいるのもダメなのか?」

美琴「コレにはいなかったでしょ」

上条「う…ハイ…(帰ってきたばっかりなのにスマン、インデックス…)」

美琴「後…アンタがいいならでいいんだけど…合鍵?」

上条「あぁ、それなら俺いつも予備でいくつか持ってるから今やるよ」

美琴「ってアンタ、それ持ちすぎじゃない?」

上条「俺の不幸で失くしちゃう分もあるし、インデックスもよく失くしちまうから多めに持ってるんだよ…ホレッ」

美琴「え、わっわわ…(合鍵、ほんとにゲットしちゃった…)」

上条「んじゃ、俺インデックス説得しなきゃいけないしもう帰るな」

美琴「う、うん…また明日ね…」

上条「おう」



美琴「…ってよく考えたら合鍵もらったのはいいけど私、アイツの家知らないじゃん!」

美琴「ちょっと待ちなさいよ、おーい!ってもういないし! あぁ、もう!!」

――

774 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 23:26:01.54 ID:gxO20Eco [7/7]
一応脳内では続いてますが・・・文には全然全く
というか最近は面白いのが多過ぎて読んでるだけで満足気味…

6スレ目まとめに漏れがありました。
申し訳ありません。。。


Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。