FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「唯センパイ!!律センパイ!!秋山ぁ!!ムギセンパイ!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:23:43.88 ID:WjIrxbAv0 [1/156]

澪「えっ、今 私のとこだけ

  おかしくなかった?」

梓「何がだよ」

澪「ほ、ほら、その言い方…!!」

唯「あ~ずにゃん♪ギター教えて~」ダキッ

梓「は、離れてください~!!」ニャン?

 「もう…唯センパイはまったく…」

 「少しは秋山を見習ったらどうですか」

澪「…!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:25:53.83 ID:WjIrxbAv0

澪「私、梓をなんか怒らせたのかな…」ウゥッ

紬「でも『見習って』というあたり

  敬意は払ってるみたいよ?」


律「ハハ!!気にすんな気にすんな!!」

 「呼び方なんて

  大した問題じゃないだろー!?」ワハハ

梓「うっせーぞ田井中」

律「ワァォォオオオオオオアアアアア!?

  ブッ殺してやる!!!!!!」ガタァン  


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:28:04.95 ID:WjIrxbAv0

澪「お、落ち着け律ぅ!!」ガシッ

律「この餓鬼の大腸引きずり出して

  目の前で犬にクチャクチャ

  喰らわせてやんよ!!!」グルルルァ

澪「ひぃっ!?」

紬「りっちゃん、この紅茶を飲んで!!」クイッ
  
律「ンガ、ング…」ゴックン

律「…」クニャ…

紬「ふぅ…」

澪「ちょっと待て、私たちが飲んでる紅茶って

  一体なに?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:30:18.53 ID:WjIrxbAv0

梓「ここのコードはこうやって…」ジャカジャカ

唯「っと、こうかな」ジャカジャカ

梓「あ、それです」

 「唯センパイ、やっぱり覚えるの早いですよね!」フフッ


紬「唯ちゃんにはいつもどおりみたい」

澪「…ムギに対してはどうなんだろ」

紬「私は別に…

  言葉使いとか気にしないから…」

澪「じゃあ梓に話しかけてみてくれないか」

紬「えっ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:32:37.50 ID:WjIrxbAv0

澪「頼む…!!なんというかムギも

  私と同じ扱いなら

  ちょっと安心できそうなんだ!!」

紬「澪ちゃんには りっちゃんがいるじゃない」

澪「あんなバカウンコと同列でも嬉しくないんだよ!!」

紬「それは分かるけど…」

律「りっちゃんドラゴンだぞ~♪」ガオ~



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:35:10.37 ID:WjIrxbAv0

紬「あ、梓ちゃん」ドキドキ

梓「」チラッ


紬「…(うぅ、怖いよ…)」ドキドキ

  「(いざタメ口を聞かれちゃったら

   片足タックルからマウントポジションとって

   顔面変形するまで

   鉄槌を喰らわせてしまうかも~)」ハァハァ


梓「早く喋れ ションベン色の大根」

紬「ファッキンガム宮殿!!!」バターン!!

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:37:23.60 ID:WjIrxbAv0

唯「や、やめてぇぇぇムギちゃん!!」ウワァーン

紬「中野梓!! 分かった!!

  お前は生きていてはいけない人間なんだ!!」ウォォォッ

 「暗黒の世界へ戻れ、あずにゃんあずにゃんあずにゃんにゃん!! 」ガッシボカ

梓「当たらなければどうという事はない」ヒュッ ヒュッ

澪「ゲェーッ!?梓のヤツ、馬乗り状態のムギのパンチを

  腕だけで さばいている!!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:40:03.83 ID:WjIrxbAv0

律「ムギッ!!

  この紅茶を飲むんだッ!!」カチャ

紬「ングング…ヌゴ」ゴプ

 「オ゙ェェェェ~」ダラダラ~ビシャビシャ

梓「やめ…ぎゃあああああ汚ぇ!!!!!」バシャバシャ

唯「ムギちゃんの口から溶解液が!!」

澪「顔面直撃だ!!」ヒャッホ-


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:42:20.37 ID:WjIrxbAv0

──────────────────
──────────────────

梓「本当に申し訳ありませんでした」ペコリ

律「いやなに。私たちもちょっと

  ムキになりすぎちゃったな~」ワハハ

紬「さっきはごめんね梓ちゃん」

 「ハイ、紅茶♪」コト


梓「ありがとうございます」コク

 「ハァ~。やっぱり紅茶は

  浴びるより飲む方がいいですね」コクン

澪「はは、そりゃそうだ」

梓「あぁ?」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:44:35.02 ID:WjIrxbAv0

澪「!!」

唯「あずにゃん、このクッキーおいしいよ~」

 「ハイ、あ~ん」ダキッ

梓「や、やめてください

  恥ずかしい…」ウゥッ


唯「ホレホレぇ♪」イチャイチャ

梓「もうっ…ぁ~ん///」パクッ

律「おまえら、ホンット仲いいよな~」ワハハ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:52:45.16 ID:WjIrxbAv0

澪「ちょっと待った!!」

唯「ほぇ?」

澪「梓、お前、今『あぁ?』って…」

梓「ふぁふぁらなんらよ」モグムシャボロボロ


澪「クッキーほおばりながら喋るなよ!!」

 「アリがやってきたらどうするんだよ!!」カーッ

梓「ババァかテメェは」ムシャムシャポロポロ

澪「バッ…!?」


唯「ダメだよ あずにゃん」

 「おばあちゃんをそんな言い方しちゃ!」プンプン -3

梓「あ…すいません唯センパイ」

澪「(まず私に謝れよ!)」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 11:55:40.54 ID:WjIrxbAv0

─秋山邸─

『第1回 中野梓 タメ口対策会議』


澪「状況を整理するぞ」

律「澪のパンツをヤフオクで売ろっぜー♪」ゴソゴソ

紬「琴吹グループが総力を上げて支援するわ!」

唯「私、その儲かったお金でアイス食べる係~!」

澪「違うよ!これはそんな会議じゃないんだよ!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:00:18.42 ID:WjIrxbAv0

律「どうでもいーじゃん、言葉遣いなんてー」

澪「お前だってブッ殺すとか言ってたクセに」


律「いやーめんぼくない!」ワハハ

  「アタシ 生理中だからカリカリしちゃってさー♪」

  「タンポン見る?」ヌポッ

澪「わー!!抜くなよ!!そして何故見せるんだよ!?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:04:20.40 ID:WjIrxbAv0

唯「あっ、りっちゃんもそれ使ってるの~?」

 「私のとおんなじだー♪」ヌポポッ

澪「ヌポポッじゃないよ!!」


紬「私、お友達同士でタンポン

  見せあうのが夢だったのー」ヌポッ ポタポタ

澪「わー!!血が垂れてるよ!!

  あー!!ギャー!!カーペットがぁぁ!!」ウァァァァァッ


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:08:42.48 ID:WjIrxbAv0

澪「うぅ…」ゴシゴシ

紬「ごめんなさい澪ちゃん、カーペット汚しちゃって…」

  「なんていったらいいか…

  そんなに一生懸命 私の経血を

  雑巾でゴシゴシ拭かれると…

  正直すごく不快だわ」イラッ


律「そうだぞ、まるでムギが汚いみたいに」

唯「澪ちゃん、ムギちゃんに謝って!!」

澪「うぅ…ヒック…わた、わたし…」ウェッ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:12:40.05 ID:WjIrxbAv0

律「やばい、泣き出した」

  「澪の精神が限界だー!!」ワァァァー

唯「わぁ~、み、澪ちゃん

  ほら、耳たぶハミハミ~♪」ハムハムハムハム

澪「あっ、やぁぁ///」ゾクゾク


紬「ごめんなさい、冗談よ澪ちゃん!」

  「このカーペットは昨日のうちに

  斉藤に張り替えさせたダミーで

  本物のカーペットは無事だから!!」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:15:25.25 ID:WjIrxbAv0

澪「そ、そうなの?」グスン

紬「ああっ、かわいい…」ムギュゥン

 「不法侵入してまでダミーカーペットを

  仕込んだ甲斐があったわ」グッジョブ

唯「それにかかった費用で

  プレステ3買って欲しかったなぁ」

律「金持ちがン十万のシャンパンを飲み

  一方、ホームレスは公園の水道で

  命をつなぐ…それが世の中ってモンさ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:18:32.14 ID:WjIrxbAv0

律「あっ、待てよ」

 「じゃあどれだけ汚しても平気ってこと?」

紬「えぇ、このカーペット使い捨てだから♪」

唯「すごいすごーい!!

  私、一度思い切り部屋の中で

  ゲロ吐いてみたかったんだー♪」ォェッ

 「ゲボァァァァァアッ」ビシャビシャビシャ

澪「ファァァァァァックッ!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:20:54.26 ID:WjIrxbAv0

律「おー!!アタシも一度部屋ん中で

  脱糞して見たかったんだ!!」ズルッ

 「キャオラアアァッ!!」ムリムリムリッ

律「あふぅん、この背徳感♪」ブポポッ ブピッ

唯「うんwwたんwwうんwwたんww」ワァァァッ

澪「やめろよ!!なんだか すごく納得いかないよ!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:23:13.14 ID:WjIrxbAv0

澪「どうするんだよ…この吐瀉物と排泄物…」ウゥッ

紬「大丈夫よ、明日、澪ちゃんが

  学校に行ってる間に業者を呼ぶから」

 「カーペットは元通りよ♪」

澪「じゃあ今夜は!?私、ここで寝るの!?」ウェ~ン


律「おい澪、いつまでも脱線するなよ」

 「梓について話したいんだろ?」

唯「ケジメは大事だよ澪ちゃん」キリッ

澪「お前らヤクでもキメてるのか」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:25:24.91 ID:WjIrxbAv0

澪「今度こそ状況を整理するぞ!」

律「ようするに梓が急にタメ口で

  喋り始めたって事だろ?」

唯「どうしたんだろうね あずにゃん」


紬「でも帰るときにはいつもの

  梓ちゃんに戻ってたから

  いいんじゃない?」

唯「そうだね~」

律「じゃあ解散!!」

澪「待て待て待て」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:27:52.63 ID:WjIrxbAv0

澪「梓のヤツ、

  私にだけタメ口のままなんだよ!」

紬「う~ん、澪ちゃんが

  嫌われてるだけじゃ

  ないかしら」

唯「そうだね~」

律「じゃあ解散!!」

澪「待て待て待て待て」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:30:16.06 ID:WjIrxbAv0

澪「もっと色々 話合おうよ!?」

律「でも早く帰って

  マジカル頭脳パワー見たいから…」エ~ッ

澪「いつの時代だよ!?」

唯「マ・ジ・カ・ル・バ・ナ・ナ♪」

 「バナナと言ったら♪」

紬「チ・ン・ポ♪」

澪「死ね!!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:32:36.99 ID:WjIrxbAv0

澪「大体お前らみたいなアレな存在が

  敬語使われて、私にだけタメ口ってのが

  納得いかないんだよ!!」

唯「…世の中そんなものだよ?」

澪「わ~ん、唯に諭されちゃったよ~」ウェ~ン

 「フヒ、フヒヒヘヒヒヒヒww」


紬「澪ちゃんの精神が汚染区域に突入!!」

律「今日は長持ちしたほうだなー」ワハハ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:35:03.97 ID:WjIrxbAv0

律「梓がなぜアタシとムギに

  敬語を再び使い始めたかっていうと…」

紬「体当たりでぶつかりあったからかしら?」


唯「ムギちゃんはまさに

  体当たりのタックルだったもんね!!」

澪「う~ん、律も不発では あったけど

  殺意をムキ出しにして気迫をぶつけたか…」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:37:41.87 ID:WjIrxbAv0

澪「じゃあ唯にはなんで敬語なんだ?」

 「律は腐っても部長さ。

  脳も臓物も腐り果て

  呼吸もオナラもウンコも最悪の臭さの

  うんこオデコだけど けいおん部の長なんだ」

  敬語を使われるのは、一応ギリギリ納得がいく」

律「…」イラッ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:41:34.44 ID:WjIrxbAv0

澪「一方、ムギだって

  眉毛と足が太くてもお嬢様だ」


  「家からお菓子を盗んできては

  まるで自分の手柄のように感謝されて

  「いいのよ~」とか言っちゃって

  なに勘違いしてんの?偉いのは親であって

  ムギ自身は何か成し遂げたのかよwwwとか内心、鼻で笑っちゃうけど

  お菓子を提供してくれるありがたい存在であるのは事実…」  


紬「…」ムカッ

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:43:47.17 ID:WjIrxbAv0

澪「その点、唯は特にコレといってパッとしない、

  女じゃなければのび犬寸前の

  ただの屑なのに、なぜ敬語を使われるんだろう」
  
唯「…」プンプン -3

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:46:05.56 ID:WjIrxbAv0

律「マ・ジ・カ・ル・バ・ナ・ナ♪」

  「澪と言ったら?」

紬「ビ・ッ・チ♪」

  「ビッチと言ったら?」

唯「み・お・ちゃ・ん♪」

澪「私の何が気に入らないんだよ!!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:52:20.55 ID:WjIrxbAv0

紬「唯ちゃんに敬語を使うのは

  本能じゃないかしら」

澪「本能?」

紬「ほら、唯ちゃんは存在そのものが性的で

  ありがたいエロ生き物だから…」

律「今だって黒タイツ越しに見える足裏が

  妙にセクシーだしな」

唯「ふぇ!?りっちゃん、どこ見てるの?」カァッ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:55:07.14 ID:WjIrxbAv0

澪「むむ…なるほどー。

  ちょっと舐めてみていいか?」ペロリ

唯「ひにゃっ!?」ゾゾッ

律「アタシも念のため、舐めておこうかな」ペロペロリ

紬「私、一度お友達の足裏を舐めしゃぼることが夢だったのー」ペロペロシャブリ

唯「やめてよ!憂みたいな事しないでよ~!」ジタパタ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 12:58:02.93 ID:WjIrxbAv0

澪「しかしエロ生き物という点なら

  私もなかなかだろ?」

 「胸はおっきいし、見てのとおり美少女さ」

紬「Oh、ビッチ!!」ペッ

律「自分で言う時点でマイナスなんだな~コレが」ハチャ~


紬「唯ちゃんは自分がエロ生き物だという

  意識なく抱きついてくるからタマらないの~♪」グ゙ヘヘ

唯「やめてよぉ、そのエロ生き物ってなんかヤダよぉ」フェェ…

紬「ほら、こういう自分に関する

  エロトークが苦手なところがまた…」ゾクゾク


律「やべ、勃ってきた」ムクムク

澪「何がだよ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:03:08.79 ID:WjIrxbAv0

律「つまり梓に何かしら尊敬される

  先輩になるって事だなー」

紬「当たり前と言えば当たり前の事だけど」


澪「尊敬って…」

 「容姿端麗 成績優秀 ベースも上手くて

  常識人で高校生にしてファンクラブまで

  存在する私がこれ以上どうやって

  尊敬されろっていうんだ!!」


律「」イラッ

紬「じゃあ私たちそろそろ帰るわね」ペッ

唯「あばよ涙よろしく勇気」バタン


澪「くぅっ、私いったいどうしたら…」ウゥッ


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:07:10.60 ID:WjIrxbAv0

─翌朝 登校中─

澪「ふぁ~ぁ…」

律「なんだ澪、眠たそーだな」

澪「う~ん、昨日徹夜で色々考えてたんだ」

  どうやったら梓は再び私に敬語を

  使ってくれるようになるんだろうか、と…」

律「前歯ヘシ折って

  歯茎にコンパス突き刺せば一発だろ~」

澪「私はそんなキャラじゃないんだよ!」

梓「」トコトコ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:09:36.13 ID:WjIrxbAv0

律「おっ、あそこをゆくのは梓じゃないか」

澪「!!」

律「おーい、梓~!!」

梓「」チラッ

澪「…」ドキドキ

梓「どうもです、おはようございます」ペコリ

澪「(あっ、元に戻ってる?)」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:12:25.84 ID:WjIrxbAv0

梓「律センパイは今日も朝から元気ですね」

律「そうでもないよ、一限目から数学でさー」

梓「数学、苦手なんですか?」


律「まぁ理科も社会も国語も英語も苦手なんだけどさ」

梓「じゃあ何が得意なんですか!」

律「お弁当!!」キャッキャ

梓「それ、授業じゃありませんよ!!」ウフフ


澪「(なんだ、いつもの梓じゃないか)」ホッ

  「あ、梓は好きな授業ってあるのか?」


梓「アパァ?」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:15:14.46 ID:WjIrxbAv0

澪「!!」

 「アパァ?ってなんだよ!!

  もはや意味が分からないよ!!」

梓「落ち着け秋山」

 「そんなザマじゃ

  ライアーゲームで生き残れないぞ」

澪「その秋山さんでもないよ!!」


律「まぁまぁ澪」

 「何か策があるんだろ?」

澪「あっ、そうだった!!」ピコーン


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:21:27.13 ID:WjIrxbAv0

澪「わ、私にはコレがあるんだった!!」ゴソゴソ

 「ほら梓、うまい棒だよ~!!」ジャジャーン!!

梓「」グシャッ ボロボロ

律「無表情で握りつぶした」

澪「謝れ!!原料であるトウモロコシ農家と

  私に謝れ!!」ウワァァァァァン

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:23:46.55 ID:WjIrxbAv0

梓「ごめんなさい、お百姓さま

  悪いのはトウモロコシじゃ

  ないんです 悪いのは…」スタスタ

澪「あっ、私に対する謝罪は!?」

  「そして悪いのは誰!?」

律「めんたいこ味うめぇ!!」モシャムシャモグムグ

澪「拾い喰いするなよ!!どいつもこいつも死ね!!」キィィィ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:26:00.06 ID:WjIrxbAv0

─教室─

澪「ふぅ…なかなか手ごわい相手だよ」

 「ムギを見習ってお菓子で

  懐柔しようと思ったのに」ホフゥ~

律「お前、うまい棒でムギと

  同格になるつもりだったのか」

 「大したヤツだよ、澪。

  お前がナンバーワンだ」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:31:00.17 ID:WjIrxbAv0

唯「色々、作戦考えてきたんでしょ~?」

 「他にどんな事するの?」


澪「う~ん、あとはサラダ味とサラミ味、コーンポタージュ味

  テリヤキバーガー味、ぶたキムチ味、マーボー味

  レッドロブスター味、マリンビーフ味、なっとう味

  たこやき味、タコヤキ味(復刻版)、元祖さすがたこ焼き味 の

  ストックがあるんだけど何味なら梓が喜ぶかなぁ 」


律「なにそのうまい棒に寄せる熱い信頼」

 「色々な作戦って全部うまい棒関連かよ」

澪「梓は女の子だからカニチャンコ味がいいかもな~」


紬「うまい棒ってなにかしら…

  そんなに変幻自在な食べ物なの?」ワクワク


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:33:15.24 ID:WjIrxbAv0

─部室─

澪「ほら、梓。

  うまい棒、なんでも食べていいぞ~♪」


梓「練習しろよファッキン秋山」ジャンジャカ

律「そうだぞ澪」ドンドコ

唯「さすがの私も たまにはマジメに練習したいと思うよ」ジャジャ~ン

紬「澪ちゃん、そろそろがんばろう?」ピンポロチンポロ

澪「チクショォォオオオオ!!!!!!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:38:16.45 ID:WjIrxbAv0

唯「澪ちゃん澪ちゃん!」

澪「ハァハア…なんだよ唯…」

唯「正攻法でいこうよ!」

澪「えっ」

唯「澪ちゃんのベーステクニックであずにゃんを唸らせるんだよ!!」

澪「ゆ、唯…お前…」ウゥッ

  「久しぶりに人間に会った気がする」グスッ

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:41:22.47 ID:WjIrxbAv0

ギュィィンベベベジャジャジャジャーン

澪「(やった…我ながら会心の演奏)」ドキドキ

澪「」チラッ

梓「…」

紬「ちょっと休憩にしよう?」

カチャカチャ コポコポ ジョロロロ

律「いやーやる事やった後のティーテイムってのも悪くないよなー」

唯「ほら、あずにゃんもお茶にしよ?」

梓「はい」  

澪「…」ドキドキ

梓「どうしたんです澪センパイ?お茶にしないんですか?」

澪「!!」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:44:12.12 ID:WjIrxbAv0

澪「うぉーん、梓~!!」ダキッ

梓「わっ、なんなんですかぁ!!澪センパイまで抱きつかないでください~!!」ジタバタ

澪「かわいいよ!お前はかわいい後輩だよ~!!」ナデナデ

梓「ふっ、ふにゃぁ…」クニャン

唯「ふふっ、元に戻ったみたいだね!」

律「やけにあっさりだなー」

紬「みおあず…」ムギュギュウン

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:46:31.04 ID:WjIrxbAv0

紬「紅茶どうぞ♪」トン

唯「ありがとムギちゃん♪」グビブッ

紬「どういたしまして~」ニコニコ


澪「うん、おいしい」ハ~

紬「ふふ♪(澪ちゃん、晴れ晴れとした顔ね)」ニコニコ


唯「りっちゃん、お砂糖とって~♪」

律「ほいよ~」ヒョイ

梓「田井中、コッチにもよこせ」

律「ワァォォオオオオオオアアアアア!?

  ブッ殺してやる!!!!!!」ガタァン  

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:48:54.23 ID:WjIrxbAv0

澪「落ち着け律ww言葉使いくらい

  どうだっていいだろwww」フヒヒw

律「やかましい!!おいそこのゴキネズミ!!

  てめぇ律センパイと言い直すなら今のうちだぞ!?」


梓「おちつけ膣センパイ」

律「ちつ!?」

澪「ンフッw」

紬「ふふ♪(澪ちゃん、晴れ晴れとした顔ね)」

律「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる

梓「通報した」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:51:34.41 ID:WjIrxbAv0

澪「おかしいな~」ニヤニヤ

 「昨日は律の気迫を受けて

  元に戻ったのに」キョキョキョw

梓「あずにゃんと聖闘士に

  同じ技はききません」

唯「あちゃー」


120 名前:「」『』のつけ方ミス[どうでもよい] 投稿日:2010/06/18(金) 13:56:12.11 ID:WjIrxbAv0

─田井中邸─

律「クッソー、なんだよ梓のヤツ!!」

澪『お前、ひそかに今日の演奏ガタガタだったもんなww』ゼハハハ

 『そりゃ梓が見下すのもムリないよwwブフッww』


律「うっ、そりゃ最近、ちょっとサボリ気味だから…」

 「明日から本気出す!!」

澪『ンハハハハwwおまえソレw負け組確定のセリフやないかぃww』

律「うるせー!!」


澪『じゃあ私、風雲たけし城見たいから電話切るぞww』

律「いつの時代だよ!!」

澪『フヒヒww』プツッ ツーツー



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 13:58:26.62 ID:WjIrxbAv0

律「クッソ、澪のヤツ、自分は敬語使われてるからって調子コキやがって!!ウォォオオ!!」ダッ

聡「うるさいなぁ」ガチャ

 「あれ?姉ちゃん、こんな時間にどこ出かけるの?」

律「決まってらぁ!澪んちの郵便受けにウンコ詰め込んでくるんだよ」

聡「えっ」

律「おぉ聡、お前も手伝え」

聡「やっ、やだよ!!ていうか姉ちゃんもそんな事やめなよ!!」


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:00:41.46 ID:WjIrxbAv0

聡「ふぅん、姉ちゃんの後輩がタメ口使ってくるんだ」

律「あぁ~イライラする!!聡このヤロー、ナマイキに勃起しやがって」

 「足コキしてやろうか?」

聡「ワケわかんない事言わないでよ!!」

律「ちっ、清純ぶりっこが…お前みたいなのに限ってネットで

  『姉をレイプする方法』とか検索してんだろ」

聡「」ピク

律「ん?」

聡「…見たの?」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:02:52.06 ID:WjIrxbAv0

律「え?あの…なにを?」

聡「オレのPC見たの?」ググッ

律「い、いや、見てないけど…」

聡「…」

律「…聡…?」

聡「…姉ちゃんはストレス解消でからかってるだけなんだろうけどさ…

律「ちょ…」

聡「オレは…オレはぁぁっぁぁぁぁッ」ドターン

律「おわーっ!!聡が私を押し倒したーッ!!」

聡「誰に説明してんだよ!!」ガバァッ

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:05:35.30 ID:WjIrxbAv0

聡「クンクン、姉ちゃんのニオイ…ハチミツみたいなニオイがする」クンクン

 「甘くて濃密な汗のニオイ…」ス~ッ

律「やめ、離れろって!!か、髪に顔をうずめるなぁっ!!」カァ~ッ

聡「」コネコネ

律「んッ!?」ピククッ

聡「へへ…男みたいな言葉使いだけど乳頭をイジくると女の顔になるんだ」

クリクリクリクリ…

律「んっ、あっ、やめろぉ、んぁっ!?ち、ちくしょ…」ピクッピクッ ビクン

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:09:05.06 ID:WjIrxbAv0

聡「姉ちゃん可愛いんだからさぁ…んちゅ」チュ

律「ん…んんッ…」グスッ

聡「カチューシャ外して女っぽい格好すればいいのに」モミ…モミ…

律「んふぁっ!?ひゃめっ!!」ググッ

聡「姉ちゃんが本気出せば澪さんなんか目じゃないだろ?」ズルッ

ポロン

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:13:31.70 ID:WjIrxbAv0

律「さ、聡…ズボン降ろして何を…?」ハァハァ

ズルルルッ 

律「や、やめて、それは…ッ」ゾクッ

聡「ふふ、姉ちゃんの陰毛、意外とサラッとしてて薄いんだね」サワサワ

律「だ、だめ…アタシたち姉弟なんだぞ…」ガタガタ

聡「じゃあ、姉ちゃん…いくよッ」ニュプ…

律「!!」ズプ

 「あああああああああああああああああああああああ」ズププププッ!!!

聡「ね、姉ちゃんの中ッ…ぬるぬるしてッ…ああぁぁぁぁあッ」メコリメコリ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:17:15.20 ID:WjIrxbAv0

律「…………ってな事をエロ画像見ながら妄想してんだろ!!」ハァハァ(以上、律の妄想でお送りしました)

聡「いや、してないから」シラ~

  「姉とか妹に萌えるとかファンタジーに決まってんだろ派だから」フ~

律「絶望した!!夢を失った現代の若者に絶望した!!」ガァァァァァッ

聡「というか姉ちゃんがそんなアホだから後輩に見下されんじゃないの」

律「ワァォォオオオオオオアアアアア!?お前んちの郵便受けウンコまみれにしてやる!!」ダッ

聡「ちょ!?その郵便受け、姉ちゃんちの郵便受けでもあるから!!とにかくおちついて…」

律「誰が膣だ!!姉を性器呼ばわりしやがる鬼畜弟!!バーカ!!ウンコ!!」

聡「きがくるっとる」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:19:33.74 ID:WjIrxbAv0

─平沢邸─

律『ウンコオオオオオオォォォォォ!!!!!!!』プツッ ツーツー

唯「…!?」ビクッ

憂「誰からだったの?」

唯「う~ん、番号非通知だったから

  わかんないけど…」

 「なんかウンコってゆってた」

憂「へ~怖いね~」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:23:13.38 ID:WjIrxbAv0

唯「そういえばウンコと言えば

  りっちゃんがあずにゃんにタメ口聞かれて怒ってたなぁ」

憂「梓ちゃんに?」

唯「昨日は澪ちゃんにタメ口だったけど…憂、なにか知らない?」

憂「うーん、私、お姉ちゃん以外の女の子にあんまり興味ないから」エヘヘ

唯「そっかぁ」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:26:12.20 ID:WjIrxbAv0

唯「あずにゃん どうしちゃったんだろ…」

憂「あっ、お姉ちゃんが私以外の女の事ばかり考えてる」ブチッ

  「くそ~、中野梓め~…」ガンッ ガンッ ガンッ

唯「思ったこと全部、口に出すのはよそうよ」

  「そして机蹴るのも怖いからよそうよ」

憂「私、明日 梓ちゃんに聞いてみるよ~」

唯「わ~ありがと~!包丁とか持ってっちゃダメだよ?」

憂「は~い」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:30:32.28 ID:WjIrxbAv0

─翌日 教室─

梓「…なんで包丁もってるの?」

憂「あれっホントだ!!」ゥハッ

 「昨日、お姉ちゃんが梓ちゃんの話をしてたからつい…」

梓「ふふ、憂は本当に唯センパイが好きなんだね」

憂「えへへ~」

純「わっ、憂!?なんで包丁もってるの!?」

梓「いつもの発作だよ」

純「いや、そんな冷静に言われても」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:35:47.37 ID:WjIrxbAv0

純「ふ~ん、梓、先輩たちにタメ口きいてるの?」

梓「自覚はないんだけどね」

 「けいおん部って居心地がよすぎてつい素の自分が出ちゃうんだ」

純「素の梓って誰彼構わず罵詈雑言吐きまくる狂犬ってこと?」

梓「ちょっと違うかなー」

 「センパイ達はみんな尊敬してるけど『あっ、リスペクトできないな…』

  って思った瞬間があると それが言葉使いにあらわれちゃうのかも」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:38:13.59 ID:WjIrxbAv0

憂「ふふ、そんなコシャクな手法でお姉ちゃんの気をひいたんだ」

梓「え、別に唯センパイとか関係ないよ?」

憂「えぇっ!?お姉ちゃんのことなんかどうでもいいの!?」シャキィン

梓「めんどくさいなぁ…私を刺したら純が通報するよ?」

純「えっ」

梓「そうしたら、憂は数年間は牢の中。唯センパイに会えなくなるよね?」

憂「うぅ…卑怯者!!」ググッ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:41:21.96 ID:WjIrxbAv0

憂「その時は純ちゃんも刺すもん!!」

純「えっ」

梓「ムダだよ。その時は第二、第三の純が通報するから」

純「えっ」

憂「う~ん、梓ちゃんは賢いな~」チッ

梓「まぁ、憂が唯センパイの事を誰よりも愛してると確信してるからこそ

  使える作戦なんだけどね」

憂「えへへ~嬉しい事言うな~梓ちゃん」ルンルン♪

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:44:06.58 ID:WjIrxbAv0

梓「なんとか憂のキゲンは治ったみたい」

純「ねぇねぇ!第二、第三の私って誰!?」

梓「その辺にいっぱいいるでしょ…ありきたりなのが」

純「ズバリ言われると悔しい~!!」

 「どうやったら梓や憂みたいな変わり者になれるのかな!?」

梓「私は普通だと思うけど…そうだね」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:46:54.44 ID:WjIrxbAv0

梓「実はチンコだいしゅき属性にバリアチェンジしてみたら?」

純「チ…なああッ!?女の子がなに言ってんの!!」アワアワ

梓「変態になりたいとか言ってたのにチンポコくらいでひるんじゃダメだよ」

純「そ、それはいくらなんでもハードル高すぎるよ!!」

梓「そうかなぁ…まぁ無理強いはしないよ」

  「普通の人生が悪いとは思わないし」

純「くぅっ」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:50:26.30 ID:WjIrxbAv0

─屋上─

憂「というワケらしいよ」

唯「ほへぇ~、あずにゃん居心地が良すぎただけなんだー」

憂「うん、すごい悩みがあるってワケじゃないみたい」

唯「そっか、よかったー♪」

憂「ふふ、お姉ちゃんが安心してくれて私もムラムラしてきたよ~」


ガチャ

純「ふー」トコトコ


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:53:21.30 ID:WjIrxbAv0

                              【屋上 見取り図】
憂「あれ…」                      __________
                             |              |
唯「あっ、あの子、憂のお友達の…        | 唯  | ̄ ̄ ̄ ̄|   |
                             |     |      |   |
  純チャン三色イーペーコーちゃんだっけ」   | 憂  | 出入口 |   |
                             |     |_   __|   |
憂「うん、大体それでいいけど」           |     /        |
                             |        \| 歩く |
 「思いつめた顔でどうしたんだろ」        |         ̄     |
                             |         (( 純全三色一盃口ちゃん
唯「まさか屋上から飛び降りる気じゃ…」     |              |
                                          →こっちを見てるので
憂「ズルイ!!そうやってお姉ちゃんにトラウマを与えて          唯たちにはきづかないよ
                                            
 お姉ちゃんの心の中に一生生き続ける気!?」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 14:55:51.34 ID:WjIrxbAv0

憂「たらら~♪」シャキィン

純「チ、チンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポー!!」

唯「わぁっ、なに言ってるの!?」

純「えっ!!げぇっ!!??憂と憂のお姉さん!?」

唯「な、なんでいきなりあんな事言い出しちゃったの!?」

憂「あっお姉ちゃんが興味津々!!」

純「あぅっ…自分の殻を破るために…(聞かれた…)

 (しかも知り合いに…死にたい…)」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:05:54.78 ID:WjIrxbAv0

憂「チンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポチンポー!!」

純「わぁっ、なに言ってるの!?」

憂「お姉ちゃん、なんで私が1秒間に13回チンポって言い出したか気になる?」フンフン

 「気になるよね!?」ハフー -3

唯「え、うーん、いつものことだから別に…」

憂「うっ…くぅっ…純ちゃんめ~」

純「えっ、私 勝ったの?」ヤッター


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:10:22.30 ID:WjIrxbAv0
─教室─

唯「というワケなんだって」

澪「居心地がいいからか…梓も私たちに甘えてくれてるって事なのかな?」

律「それより純チャン三色はなぜ屋上でチンポチンポ叫んでたんだ?」

紬「私もそっちの方が気になるわ~」


唯「それは…自分の膜を破るため…とか」

澪「ま、膜!?」

唯「…うん、確かそうゆってたよ!!」フンス -3

律「オチンポ大好き少女だから処女膜ブチ破りにきてっていうアピールか!!」ワハー

紬「まぁまぁ」ワクワク

和「大声でなんて話をしてんのよアンタ達」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:12:34.41 ID:WjIrxbAv0

唯「あ、わちゃん!!…ちゃわん?」

和「もはや人間ですらないのね」ウッ…

澪「幼馴染なのにな…」ウッ…

律「しかも かなり面倒見てやったろうにな…」ウッ…

紬「かわいそうなわちゃん…」ウッ…

唯「泣かないでよ みんな…」ウッ…

和「ごめん…」ウッ…

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:17:47.98 ID:WjIrxbAv0

和「ふ~ん、後輩がタメ口ね」

澪「まぁ今現在は律にだけなんだけど」

律「くぅ~、唯の話によればリスペクトしてない先輩には

  自然とタメ口が出ちゃうらしいじゃないか!!」

紬「意図的に反抗してるんじゃなくて自然と…ってところが怖い所だわ」

  「今、梓ちゃんは心の底からりっちゃんが救いようのないアホだと感じてるってことなんだから」

律「部長なのに…」ウッ…


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:23:15.21 ID:WjIrxbAv0

澪「和は風紀の乱れとかビシッとしてそうだな」

唯「後輩とかビシバシ教育してそう~」

和「そんなことないわよ」


律「またまた~。生徒会でなんかやってんじゃないの?」

和「そうねぇ。まぁ言葉使いが気になる子には

  頭に硫酸の注がれたティーカップを載せて座禅を組ませたり(地獄禅(じごくぜん))

  刃を結びつけたロープを処刑者自らの口にくわえさせたり(義呂珍(ぎろちん))

  くらいはしてるけど」


紬「なんだかおもしろそう!!一度、見てみたいな~!!」

澪「今、処刑者って言わなかった?」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:27:33.20 ID:WjIrxbAv0

和「尊敬されたいなら積極的に練習してみたら?」

澪「確かに自主練は必要だなー」

  「律がちょっとナマってるのは正直、私も感じてたし」

紬「もう少し女の子っぽくしてみたらどうかしら?」

  「同性として憧れられる先輩になるの」

唯「スキンシップをとろうよ!」

  「あずにゃんあずにゃんって可愛がっていればきっと愛情は伝わるよ!」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:29:44.26 ID:WjIrxbAv0

律「もう死ぬよ」

  「死ねばいいんだろ」

澪「えっ、なんで!?」

律「お前らの話をひっくり返せばアタシは練習嫌いのへたっぴドラマーで

  ペニス生えてそうで愛情のカケラもない妖怪オデコ人間って事じゃないか!!」

和「ふむ、言い得て妙ね」

唯「大丈夫、マニアックな人も沢山いるみたいだよ!!」

律「チクショオオオオオオ!!」




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:32:05.61 ID:WjIrxbAv0

─部室─

律「(やってやる…やってやるぞ…!!)」

ダダダン♪ダダダン♪

梓「あれっ」ガラリ

律「お、おーっす、梓ー!!」ジャカジャカジャン♪

梓「…」

律「…」ゴクリ

梓「…珍しいですね」

 「律センパイが率先して練習なんて」

律「ウヒョ!?いやー、アタシもやるときゃやるさー」ダダダン♪


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:34:31.62 ID:WjIrxbAv0

律「梓!!頭なでてやるからこっち来なさい!!」ナデナデ

梓「な、なんなんですかそのしゃべり方…」

  「ふぁ…力が抜ける…」クニャクニャ…

紬「あっさり戻ったわね~」

澪「結局、真面目に練習すれば良かっただけなのか」

唯「えへへ~やったね、りっちゃん♪」

澪「ちょっと物足りないけどな」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:37:15.75 ID:WjIrxbAv0

律「おっしゃ~!!じゃあ早速ティータイムだー!!」

澪「おい」

律「いいじゃんいいじゃんあとで練習はするからさ~」

 「ムギ~お茶~」ワハハ

紬「は~い♪」トタトタ

唯「ムギちゃん、今日のお菓子は!?」ウヒャー

紬「なんか生クリームとスポンジにイチゴがのっかった何かよ~♪」

律「なに~!?なんか生クリームとスポンジにイチゴがのっかった何かだと~!?」

唯「くっそ~!今すぐ成敗しよう!りっちゃん隊長!」


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:52:51.16 ID:WjIrxbAv0

澪「ようするにイチゴのショートケーキじゃないか」

紬「キライだった?」

澪「フヒヒww大好きでござるww

  拙者、イチゴショートケーキには目がないでござるww」ウキウキ

紬「ふふ、あさましいわよ澪ちゃん」

澪「きょきょきょww」ジタバタ

紬「さぁ、梓ちゃんもお茶にしましょう?」

梓「この沢庵は出来損ないだ」

  「とても食えたもんじゃない」ペッ

紬「こ のゴキブリを生かしておいたのは誰だぁぁぁあ!?」ガシャァアン



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:55:06.13 ID:WjIrxbAv0

澪「お、おちつけムギ!!」ガシッ

紬「分かるはずだ!!

  こういう奴は生かしておいちゃいけないって

  みんなには分かるはずだ!!」ググッ

梓「俗物め!!」 ドギュゥゥン

紬「まだ終わらんよ!!?」ノッピコパpッロヒョン

律「ムギ!!こっちを見ろ!!」

  「唯、北斗神拳奥義ディープキス裂拳だ!!」

唯「あいよ~!!」

律「ん…ちゅ」チュゥゥゥ

唯「はむ…んちゅ」レロンチョ

紬「か…か…かみちゅッ!?」ブシュブシュブシュゥゥゥゥゥ

澪「ふぅ、鼻血とか耳血とかいっぱい出たけど大人しくなったぞ」フー

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 15:57:16.34 ID:WjIrxbAv0

澪「梓!!なんでムギにあんな事を?」

梓「…別に」シラッ

唯「エリカ様状態だよ!」

和「律、いる~?」ガラッ

唯「あ、ねちゃん!」

和「ねちゃんじゃないよ♪わちゃんだよ♪」

唯「あっ、そうか!!」

澪「いや、のどかだろ」

和「もういいのよ…」ウッ…


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:04:27.97 ID:WjIrxbAv0

律「ややこしい時に来たな~」

和「言ってくれるわね」

 「講堂の使用許可の用紙が出てないから持ってきてあげたのに」

律「あっ、忘れてた~!!」

澪「なんかイベントあったっけ?」

律「唯の足裏舐めショーでこづかい稼ごうと思って…」

唯「えっ」

律「澪のパンツも売りたいし…」

澪「えっ」

和「それより顔中の穴から血を流して

  倒れてる人がいるみたいだけど、警察と病院

  どっちに通報した方がいいのかしら」


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:06:50.92 ID:WjIrxbAv0

和「…なるほど、そんな事が」

梓「…」ツーン

澪「こら 梓!なんでムギにあんな事言ったんだ」

梓「そんなことより練習しましょうよ」

 「最近、なんだかんだで全然やってないじゃないですか」

律「ほとんどお前のせいだよ?」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:09:17.30 ID:WjIrxbAv0

和「被疑者『中野梓』は基本的にマジメに練習したい…か」

律「ん?」

和「ひょっとして、練習をしない方向にもっていく

  元凶が許せなかったんじゃないかしら」

澪「どういう事だ?」

和「休憩は必要だけど部活が終わるまでサボリ続けるのは明らかに異常。

  そしてそれはお茶やお菓子という媒体があるから…」

律「つまり…どういうことだってばよ?」


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:11:54.87 ID:WjIrxbAv0

和「ただでさえ集中力のない唯や律を堕落のぬるま湯に浸からせる元凶」

 「それはティータイムの主催者『琴吹紬』」

澪「あ…ひょっとして!!」

唯「つまり…どういうことだってばよ?」

和「…善意でお茶菓子をもってきてくれるお嬢様も

  練習したい立場の人間から見れば

  練習を邪魔する誘惑の悪魔だったというワケよ」

律「つまり…どういうことだってばよ?」

和「…中野梓は琴吹紬がキライなのよ」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:14:19.13 ID:WjIrxbAv0

唯「つまり…どういうことだってばよ?」

和「…人は人を憎む生き物なのよ」

律「え~全っ然、見えてこねーよ!」

和「人類はサルから進化してね…」

律「あっ!!ひょっとして…」ゴニョゴニョ

和「正解!!」ピンポーン

律「おっしゃあ!!」

唯「あぅ~っ、れちゃん、ヒントヒント!!」

和「ここにみかんが3つ、りんごが6つあります…」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:17:32.15 ID:WjIrxbAv0

─病院─

律「つまりティータイムを廃止すればいいって事らしいぞ!!」エッヘン -3

和「あくまで一つの可能性、だけどね」

紬「そう…」

澪「ムギ、体はもういいのか?」

紬「えぇ、みんな…輸血してくれてありがとう」

 「みんなの体液が私の体中を駆け巡ってるかと思うと

  テンション上がってきたww」ヒヒヒ

澪「そうか」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:21:05.55 ID:WjIrxbAv0

唯「でも…明日からお茶もお菓子もなくなっちゃうの?」ウッ…

律「梓だってケーキとかうまそうに喰ってたクセによぉ!」

澪「う~ん、そうだよなぁ…」

紬「…」

和「とりあえず一週間くらいティータイムは控えて様子を見てみたら?」

唯「そりゃムリだよ!!ムギちゃんのお菓子抜き生活なんて考えられない!!」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:23:18.54 ID:WjIrxbAv0

律「そうそう、ムギのもってくるお菓子は格別だからな~」

 「食べてるうちに頭がキィィィンってなってきて背骨がゾックゾクしてさ~」

澪「ま、まるで冷たい風の中を泳ぐような開放感を感じれヒヒ」

唯「だ、だんだん、ハアハア痛みとか悩みがす~っととけていっひゃうんらよ?」


律「ハアハア」

澪「ム、ムぎぃぃぃ…ケーキちょぉらいぃぃ」ハッハッ

紬「みんな…そこまで私の持ってくるお菓子のことを…」ウッ…

和「…」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:25:41.72 ID:WjIrxbAv0

和「客観的に見て必ずティータイムやめろ」

律「何言ってんだ赤メガネ!!アタシたちは機械じゃねぇ!!」

澪「そうだ!!大体、ティータイムがなくなったらムギの意味ないだろ!!」

紬「えっ」

唯「お菓子をもってこないムギちゃんなんてムギちゃんじゃない!!」

 「私たちは…一生懸命お菓子をもってきてくれる…

  そんなムギちゃんだから大好きになったんだよ!!」グスッ

紬「みん…な?」  

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:28:14.75 ID:WjIrxbAv0

澪「あきらめるなよ!!」

  「いつもニコニコ笑ってただキーボードをひく…

  ムギはそんな生活でいいのか?」

和「その生活、軽音部員として問題あるの?」

唯「迷ったら…望みでしょ!?

  私たちに喜んでもらうのが気持ちのいい人生ってもんでしょ!?」

律「だから四の五の言わずにケーキ食わせろよ!!」

澪「D・V・D!」

律「D・V・D!!」

唯「D・V・D!!!」ワァァァァッ

紬「う、うぅ…」ポロポロ

和「なぜ服を脱ぐのかしら」



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:38:39.42 ID:WjIrxbAv0

─平沢邸─

紬『口でクソたれる前と後に『うんたん』と言え!!分かったかウジ虫!!』プツッ ツーツー

唯「…う、うんたん」ビクッ

憂「誰からだったの?」

唯「うんたん、番号非通知だったから

  わかんないけど、うんたん」

 「うんたんって言えってゆってた、うんたん」

憂「なんなのかなぁ」

唯「うんたん、わかんない、うんたん」

憂「とりあえずごはん食べよう?」

唯「わーい、いただきー」パクパク

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:48:01.60 ID:WjIrxbAv0

憂「お姉ちゃん、結婚式はいつにする?」ニコニコ

唯「なんの話?」モグモグ

憂「私、姉妹で結婚とかあながちファンタジーじゃないよ派だから!」ポッポポークルッポー

唯「ふ~ん」ゴックン

憂「今日、テストがあったんだけどね、お姉ちゃんの事ばっかり考えてたら

  100000200点とっちゃったよ」エヘヘ~

唯「わぁすごいね~」モグモグ

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:51:00.62 ID:WjIrxbAv0

憂「お姉ちゃんは学校で何かあった?今日は何人に告白されたの?」ワクワク

唯「告白はされなかったけど

  ムギちゃんがあずにゃんに追いやられていたよ~」パクパク

憂「また梓ちゃんのお話かー」イラッ

  「お姉ちゃん、梓ちゃんのこと…す、好きなの?」ドキドキ

唯「ウィンナーおいしい♪」カブッ

憂「ぁあ梓ちゃんのウィンナーおいしいの!?」ウォォォォッ ジャーン ジャーン ゲェッ カンウ

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:53:58.22 ID:WjIrxbAv0

唯「えっ、あずにゃんのウィンナーは食べたことないよ?」モグモグ

憂「じゃあ誰のウィンナーなら食べたことあるの!?」ホァッ

 「ひょっとして律さん!?」ハァハァ

 「あの人、生えてそうだもん!!」ゥォォォォォッ


唯「そういえば前にりっちゃんのウィンナーと

  私のオカズを交換したっけ」パクパク

憂「お姉ちゃんのオカズってなに!?」

  「 私 ! ? 」ドン!!

唯「いや、大根だけど」ポリポリ

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 16:59:57.84 ID:WjIrxbAv0

憂「ウッヒョヒョオオオオオオオオ!?大根!?大根がオカズ!?」キャッホー

唯「大根っていうか沢庵だけどね」オチャノモウット ズズー

憂「たく…琴吹紬!?」ワァァァァァァッ

  「お姉ちゃん、あの百合眉毛が好きだったなの!?」


唯「語尾が変だよ?」サーテ デザートニシヨット

憂「質問に答えて!!」ダァーン


唯「アイス!アイス!」タタッ
 
憂「愛す!?愛す!?」カキーン サヨナラホームラン!!

  「チクショオオオオオオオオオオ!!」ワァァァァァァッ

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:08:07.73 ID:WjIrxbAv0

─学校─

紬「はぁ…今日の部活どうしよう…」

 「梓ちゃんを元に戻すために私が折れてティータイムをやめる…

  というのもハラワタが煮えくり返りそうだし…」

憂「紬さん、おはよ~ございます!」

紬「あら、憂ちゃん」

  「なぜ包丁をもってるの~?」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:10:29.14 ID:WjIrxbAv0

憂「これは包丁じゃなくて

  聖なる剣エクスカリバーです!」エッヘヘ~

紬「わぁ、これが かの有名なる…」

憂「はい、お姉ちゃんに迫る邪な存在を
  
  打ち払う能力をもっているんですよ」シャキィン

紬「えっ(昨日の電話がバレたのかしら…)」ドキリ


233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:14:46.46 ID:WjIrxbAv0

憂「どうしたんです紬さん、顔色が悪いですよ?」フフッ

紬「(駄目だ この憂ちゃん…早くなんとかしないと…)」

 「(よ~し!!昨日、拾ったデスノートに『平沢 憂』…と)」カキカキ


紬「ふぅ…」ニヤ

憂「…?」

紬「(だ…駄目だ まだ笑うな…こらえるんだ…し…しかし…)」プププ~

憂「うっ…!?」ドクン

ドサッ

生徒「な、なんだ!?人が倒れて…!?」

幼女「きゃ~!!」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:17:27.05 ID:WjIrxbAv0

憂「し、心臓が…」ウゥッ

紬「憂ちゃん大丈夫!?」(やった!)

憂「うっ」

  「おねえ…ちゃ…」ガクッ

紬「憂ちゃん!!」

  「憂ちゃん!!??」

  「死ぬなバカヤローッ!!!!」

憂「…」

紬「(さすがはデスノート!!

   私、一度、死亡フラグをヘシ折ることが夢だったの~!!)」キャ~♪

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:21:41.64 ID:WjIrxbAv0

唯「おはよー、ムギちゃん」

紬「あっ、唯ちゃん大変よ!!憂ちゃんが死んじゃった」

唯「えっ!!わ~ん、かなしいよ~」ウェ~ン

・・・

憂「お姉ちゃんを泣かせるヤツは私と言えども許さない!!」ガバッ

リューク「えぇ~っ」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:23:58.21 ID:WjIrxbAv0

紬「そんな…心臓は確かに止まってたのに…!!」

憂「心臓なんか無くったって!!」

 「こちとらには1万2千枚の特殊お姉ちゃん装甲と
  
  AT(A『姉に』T『チンチン挿入れたい』)フィールドがあるんだからっ!」ウオオオォォォォッ

唯「そっかー」パチパチパチ

憂「うん、そうなの!」エヘ~


242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:26:41.15 ID:WjIrxbAv0

唯「ところで包丁もって何やってたの?」

憂「あれ?」

  「う~ん、心臓が止まってた間、脳に空気がいかなかったら

  記憶が失われちゃった!」エヘヘ~

唯「あはは 憂のおっちょこちょい~!」


紬「(記憶喪失のおかげで助かったけど…)」フゥ~

  「(やっぱりデスノートなんかに安易に頼っちゃダメね…)」

  「ハッ!!ちょっと待って、安易に…?」

  「ママ!!わかったわ!!ATフィールドの意味が!!」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:29:59.13 ID:WjIrxbAv0

─部室─

唯「今日はお菓子無いのかな~」

律「さすがにムギも持ってきづらいだろ」

澪「そもそも学校休んでたじゃないか」

唯「あれ?私、朝 ムギちゃん見たよー」

律「幻覚でも見たんじゃないか?」

澪「そもそもムギという女子高生自体、幻覚だったのかも知れないな…」

唯「そっか~残念だねー」


246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:32:28.32 ID:WjIrxbAv0

梓「どうもです」ガラッ

律「さー練習するかー」

梓「まだ沢庵宗彭が来てないのに?」

律「もはや誰だよ?」

澪「沢庵漬けを考案した人物もまさか400年後に

  今のような扱いを受けるとは思わなかっただろうな」


248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:34:37.60 ID:WjIrxbAv0

律「ムギが来ないのはそもそも梓のせいだぞ!」

梓「?」

 「なんで私のせいなんですか」

唯「あずにゃんがお菓子をもってくるムギちゃんを

  キライになっちゃったから…」

律「そして人は人を憎みあい傷つけあうから…」

梓「何言ってるんですか?」

紬「みんな、お待たせー」ガラッ

唯「ムギちゃーん!!」ダキッ

紬「あらあら、泥だらけになっちゃうわよ?」ドロ~ン

律「なんだよ、その格好、田んぼにでもハマったのか?」

澪「そんなことよりお菓子お菓子!!」ヒャッハー

紬「今、準備するからちょっと待っててね」ガソゴソ

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:37:23.50 ID:WjIrxbAv0

梓「…」

唯「ムギちゃん、お菓子出してまたあずにゃんに怒られないかな…」

澪「そんなことよりお菓子お菓子!!」ウッヒョッヒョー!!

律「もはや誰だよ?」

紬「おまたせ~」ドサッ

梓「!!」

律「これは…長イモ?」

紬「さっき山で掘り出してきた自然薯(じねんじょ)なの~」

澪「あ?」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:39:47.26 ID:WjIrxbAv0

律「地下深くへとまっすぐに伸びたそのイモは1メートルはあるという」

澪「しかし、このイモ傷一つ ついていないじゃないかー」チッ

唯「丁寧に丹念に掘り続けなければ途中で折れてしまうハズなのに…!!」

紬「私、憂ちゃんを殺しかけて気づいたの」

唯「その話kwsk」

紬「家から持ってきただけのお菓子をただ並べるのではなく

  自らが苦心してこそ真のおもてなしの心なのよ!!」

澪「へー」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:42:13.63 ID:WjIrxbAv0

紬「さぁ、梓ちゃん!!この自然薯をすりおろしたとろろいも」

 「とくご堪能あれ!!」

梓「」ズルズルッムグムグッ

 「!!」

 「おいしいです、ムギセンパイ!!」ニコッ

紬「梓ちゃん!!」ムギュウウゥゥ

梓「あうぅぅ抱きつかないでください~!!」

律「信じられねぇ…ファッキン梓のヤツ、マジで

  手抜きお菓子が気に入らなかっただけなのか」

澪「アイツはケーキとか持ってきてもらっておいて何様なんだ」

唯「私はいつもの甘いお菓子がいいよー…」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:44:22.62 ID:WjIrxbAv0

律「唯の言うとおりだ」

  「…確かに長イモを傷つけずに掘り出すのは大変だったろうけど」

澪「ティータイムにとろろいもはどうなんだ?」  

唯「買っといたシュークリーム食べよっと!」

梓「私にもください!!」ダダッ

澪「わ、私にもくれww」ブォッ

律「ぅわ、コイツ、屁をこきやがった!!」

紬「なにこの敗北感」

澪「シュークリームうめっしゅ!!」モグモグ

紬「苦労して掘り出した自然薯がシュークリームに負けるなんて…」ウッ…

唯「ムギちゃん…泣いてるの?」

紬「いやいやいやいやwwww私はMですwww

  みwなwぎwっwてwきwたあああwwwWWW」 ウヒョォォォォォ

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:46:44.47 ID:WjIrxbAv0

紬「みんなwwもういっそww私にとろろいもぶっかけろwwww」ヒヒヒ

澪「食べ物を粗末にするのはよくないぞ!」

律「どけ!!アタシのとろろいもをぶっかけてやる!!」シコシコシコ

  「うおおアアアアアア!!」ドピュ

紬「アアア!?素敵よ!!りっちゃん!!」ドッロ~

律「ブザマね」

澪「律、お前まさか生え…」ソワソワ

律「いや、ムギからもらった とろろいもブッかけただけだからね?」トロトロ

澪「そうか」

梓「話が進まねぇんだよ平沢」

唯「えっ、このタイミングで?」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:54:45.21 ID:WjIrxbAv0

唯「あずにゃん、ひどいよ!!どうせなら唯って呼んでよ!!」

梓「だまれ平沢」

紬「ついに唯ちゃんの番なのね」ドロドロ

澪「うーん、唯は気が狂ってるからショックの度合が少なそうだ」

律「梓よりお前の方がヒドイこと言ってるよ?」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:57:04.95 ID:WjIrxbAv0

─鈴木邸─

律「誰だよ鈴木って」

純「はい!はい!私です!私、鈴木純ちゃん!!」

澪「へ~、アンタも鈴木っていうんだ」

純「というか軽音部のみなさんがどうして私の家に来たのでしょうか!!」

唯「実はかくかくしかじかこういうワケで」

純「かくかくしかじかじゃわかりませんて」アハハ

澪「ぅわっ、何その返し」チッ

紬「平民思想ここに極まれり」ハァ~

律「まぁそれはそれで個性とも言えるけどなー」ブッ

純「なんだかヒドイ言われようだ!!」


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 17:59:21.68 ID:WjIrxbAv0

澪「じゃあもう一回チャンスを与えようか」

純「バッチコイ!!」

律「もうこの時点で終了だよな

 『バッチコイ』て」

純「すいません、お肩をおもみしますから~」ヘコヘコ

澪「やる気あるのか!?」

純「ねぇよ」

律「おっ、今のはちょっと良かったよ?」

純「マジですか!?」パァッ



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:01:40.12 ID:WjIrxbAv0

澪「いや、ダメだろ。

 『ねぇよ』なんてまず私に対して無礼すぎる」

律「え、何?アタシのセンスにケチつける気?」

澪「は、なに?センス?その辺の芸人より

  自分の方がおもしろいとか思っちゃってる?アイタタタww」

律「なんだオラやんのかコラ」

澪「うそうそー、律ぅ好きぃ」ムチュゥゥゥムチュッチュゥゥ

律「ん、澪ぉ…んちゅ…はむっ、レロ…」チュッチュッ

純「この人たち、気が狂ってるんですか」

紬「…果たして そうかしら」

 「彼女たちから見れば自分たちを育んでくれる

  空を、海を、大地を汚す私たち人間の方がよっぽど狂っているのかも知れない…」

純「あの人たち、ゴジラかなんかなんですか」


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:04:00.91 ID:WjIrxbAv0

唯「私の話を聞けぇー!!」

律「ボンバアァーッ!!」

澪「そういえば梓が唯にまでタメ口で話すようになったんだ」

律「いちいち対策たてるのも面倒だから梓のオプションである

  純ちゃんになんとかしてもらおうってさー」

純「オプション?オプションって?」ワクワク

紬「よくいるじゃない?」

  「ビッグヴァイパーのまわりを金魚のクソみたいにくっついてまわる子」

純「あの…びっぐばいぱーってなんです?」

律「撤収!!」

純「待って!!金魚のクソでもゲロでもいいので仲間に入れてください!!」

律「目指せ没個性!!」

澪「よし、じゃあ今すぐ梓に電話して

  『先輩にタメ口叩いてんじゃねーぞ小娘』って伝えるんだ!」


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:06:19.42 ID:WjIrxbAv0

─中野あずにゃん邸─

チンコモミモミモ~ミモミ~♪ ピッ

純『あ…もしもし梓?』

梓「純、どうしたの?」

純『…』

梓「なに?」

純『あ、あの…梓…』

梓「なに?」

純『あ、あの、先輩たちにあんまり失礼なしゃべり方するのは…』

梓「え?」

律『ウンコオオオオオオオオオオオオォォォ!!!!!!』

澪『マンコオオオオオオオオオオオオォォォ!!!!!!』

紬『チンコオオオオオオオオオオオオォォォ!!!!!!』

唯『これでV○Pは安泰だね!』プツッ ツーツー
  
梓「…」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:08:48.02 ID:WjIrxbAv0

─鈴木純ちゃん邸─

純「今のは…?」

律「あああああああああああもうアイス喰って瓦割って寝よーぜ!!」

澪「ふふっ、まったく仕方ないヤツだな」

純「自由すぎる…」

唯「私、あずにゃんに平沢じゃなくて

  唯って呼ばれたいんだよバレンタインデー」

律「いきなりなに言ってんだコイツ」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:10:59.20 ID:WjIrxbAv0

澪「平沢にしろ唯にしろ後輩に呼び捨てされてアタマに来ないのか?」

唯「えっ、澪ちゃんは年下の恋人に呼び捨てにされたら怒るの?」

澪「パォッ!?」

紬「ここ恋人…」ムギュゥゥ

律「唯…おまえ、まさか梓のこと…」

唯「いや、百合とかそんなんじゃないから」

澪「チッ」

膣「リッ」

紬「チッ」

純「(えっと…)ちっ」←みんなに合わせた

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:13:57.79 ID:WjIrxbAv0

唯「恋人はただの例えだけど」

 「あずにゃんって年齢が1コ違うってだけで修学旅行に一緒に行けなかったり

  卒業も一年遅れで、ちょっと私たちと壁を感じてると思うから」

 「『唯』って気楽に呼んでもらったら もっともっと仲良しさんになれるかなって」

純「(憂のお姉ちゃん…)」

澪「ど、どうしよ~律ぅぅ、唯がおかしくなっちゃったよ~」

律「よ、よし、とりあえずウンコでも漏らすかホァァッァア」ムリムリムリッ

純「ギャアアアアアアアアアアッ!?」

紬「落ち着いて純ちゃん!ちゃんとモノはビニール袋に入ってるから!!」

純「いやいやいやいや!!うわ~ん、あんまりだよ~」ウェ~ン

律「どうだ、驚いただろう!!」

  「本当に慌てた人間の顔ってのはそういう顔なんだ。よく覚えとけ!!」

澪「お前は勝新太郎か」


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:17:04.34 ID:WjIrxbAv0

─平沢邸─

唯「うい~、たぁだぁいま~♪」

憂「おかえり~お姉ちゃん♪ご飯にする?お風呂にする?それともわた

律「お邪魔しまーす!」

憂「本当に邪魔ですよね」

律「…」シュン…

澪「あの…お邪魔します…」

憂「…」イラッ

紬「生まれてきてごめんなさい…」

純「(帰りたい…)」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:19:14.33 ID:WjIrxbAv0

憂「みなさんウジャウジャと何の用ですかー?」ニコッ

律「憂ちゃん、言葉の端々にトゲがあるよ!」

純「(唯先輩と二人きりになりたいんだろうなぁ…)」

澪「梓タメ口対策と純ちゃんの可能性を図ろうと思ってさ」

憂「それって私のお姉ちゃんタイムを邪魔してまでやる必要ないですよねー」

紬「だけどタメ口の対象が今回は唯ちゃんだから…」

憂「お姉ちゃん、お留守番お願い!!」

 「梓ちゃん殺してくるね!!」ダッ

唯「ダメだよ、うい~」

 「日本で人を殺しちゃったらおまわりさんに怒られるんだよ~」

憂「大丈夫!!正しい心で やりぬくよ!!」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:22:08.08 ID:WjIrxbAv0

澪「さ、さすがに殺しはマズイよww」ゲラゲラ

律「いや、笑うとこじゃないだろ!!」

純「う、憂!!梓を刺したらお姉ちゃんに会えなくなるよ!!」

憂「あっ、そうだった!!くそ~梓ちゃんめ~!」

唯「すごい純ちゃん!!あの憂を一撃で!!」

純「いや~えっへっへ~!ついに私の時代、到来?」フフ~ン

律「じゃー早速、純ちゃんの靴下脱がそうぜー!!」

純「あれっ?どういう展開?」

律「へっへっへ~泣いても親は助けにきちゃあ くれねえぜ~」ワキワキ

純「ちょ、え?靴下だけでいいなら脱ぎますけど?」

紬「あらあら純ちゃんたら こんないやらしい靴下履いてどういうつもり?」

純「普通の黒のソックスなんだけど」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:24:57.46 ID:WjIrxbAv0

紬「それっ♪」ズルッ

純「ひゃんっ」

律「もう片方も!」

純「あ~れ~」

紬「!!まぁまぁまあ!!」

唯「わぁ~、純ちゃんの足の指ってこんなカタチしてるんだ~」

純「うぅ///なんか恥ずかしい!」カァ~ッ

律「へへ~いいじゃんいいじゃん!」

  「土踏まずの曲線がキッレイだな~」ヨシヨシ

純「ひょっとして私、褒められてる?」ワクワク

唯「純ちゃん、スラッやって!スラッ!」

純「スラッ?こ、こうですか?」スラリ

律「お~なんか…エロくね!?」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:51:01.55 ID:WjIrxbAv0

紬「顔は地味なのに艶やかなな美脚とのギャップで

  地球がむぎゅううぅぅん!!」

唯「むぎゅううぅぅん!!」ワーイ

律「やるじゃん純!!念のため舐めさせてくれ!!」ペロペロ

純「うひゃぅッ!?」ピクン

紬「私、一度 後輩の足裏を舐めしゃぶることが夢だったのー」ペロペロシャブリ

唯「私、小指ちゅぱちゅぱだいしゅき~♪」チュパチュパ

純「んにゃあああ!?」ゾクゾクゾクン

 「ハァハァ…わ、私の足そんなにいいですかね?」テレテレ

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:53:36.86 ID:WjIrxbAv0

澪「くそっ、そんな地味子より私の足裏の方が魅力的だぞ!」ズルッ

紬「まあまあ!!」

律「あっ、なんだろ!この感じ!!」キュン

 「澪の足裏って、なんだろう!!うまく言葉にできない何かが…」

唯「なんかカブトムシみたいなニオイだね」

律「あー」

澪「!?」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:56:28.11 ID:WjIrxbAv0

澪「あー」じゃないだろ!?私の足はカブトムシじゃないよ!!」

  「もっとよく嗅ぐべきだよ!!」

律「」クンクン

  「うん、これはまったくのカブトムシ臭だな」

紬「言われてみれば…」クンクン

憂「あっホントだー」クンクン

唯「えもいわれぬニオイだね!」クンクン

澪「…」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 18:59:46.58 ID:WjIrxbAv0

澪「うっ、うえぇ」ポロポロ

純「泣きだした!?」

澪「なんだよぉ…純ばっかり…」ヒック

  「私だって…」ウェッ

律「泣くなよ澪…いっとくけどアタシ、カブトムシは大好きだぞ!!」

澪「りつ…」ゴシゴシ

憂「ふふ、よかったね!澪さん!」

純「なにこれ」


澪「さー私と律が両想いになったことだし

  梓のヤツをどうするか考えるか!」

律「えっ、アタシあんまし重い関係になる気は…」

澪「えっ」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:02:26.06 ID:WjIrxbAv0

紬「もういっそ純ちゃんをけいおん部に入れたらどうかしら…」

純「えっ」

唯「じゃあ今日からじゅんにゃんだね!!」

純「じゅ…じゅんにゃん!!微妙に言いづらい!!」

  「っていうか、お誘いは嬉しいけど私ジャズ研に入ってまして~」エッヘヘ~

紬「じゃ いいわ」

唯「そうだね」

純「あっなんかさびしい」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:04:56.53 ID:WjIrxbAv0

憂「ところで貴様らいつ帰るんですか?」

律「あっすいません」

唯「ごめんなさい」

憂「お姉ちゃんはいいんだよ~♪」

唯「えっ、そっか~ビックリしたぁ~」

憂「それより梓ちゃんをここに呼び出して

  歯と爪を全部引き抜きましょう」

純「サラリと怖い事をっ!!」

紬「まぁリンチはともかく…」

澪「いつまた私たちもタメ口叩かれるかわからないしな」

 「みんなでガツンと言ってやろうよ!」


298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:07:49.21 ID:WjIrxbAv0

律「よし、がんばれ!私たちはそれを影で見守るから」

澪「えっ」

紬「じゃあ私、その時にお茶を用意するわね~」

唯「澪ちゃんファイト!!」フンス -3

澪「ちょ、みんなで言おうよ!?私一人じゃ怖いだろ!?」

憂「今、梓ちゃんに電話したんですぐに来るそうですよー」

澪「えぇっ!?アイツ何しに来るんだよ!?」

憂「だから澪さんがガツンと」

澪「うえぇっ!?みんな手伝ってくれるよな!?」

律「みーお!」ワーワー

唯「みーお!」ピューィ

紬「みーお!」パチパチ

純「みーお!(コッチ側にいると楽しいなぁ)」


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:13:29.17 ID:WjIrxbAv0

紬「じゃあ私、お茶の用意しようかしら」

憂「私も手伝います」

唯「わーい、なんだか楽しそうだね!」

憂「ふふ、よかったね、お姉ちゃん♪」

律「じゃあ、澪は梓に何言うか決めとけよ」

澪「えぇっ、わ、私が何を言うんだよぉ…?」

律「調子こいてんじゃねぇぞクソ虫とか」

澪「そそ、そんな怖い事言えるワケないだろ!?」

純「この前、私に言わせようとした

 「先輩にタメ口きいてんじゃねーぞクソゴキブリ」とか」

律「あー、それでもいいんじゃないか?」



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:15:40.54 ID:WjIrxbAv0

澪「そ、そんなの直接言えないって!!」

純「普段、言いそうにない澪先輩が

  言うからこそ効果てきめんなんですよ!」

律「そーだそーだー!」

澪「くそっ、純!あとで泣かすからな!!」

純「(ここで引くな…)」

  「な、泣かすなら今泣かせばいいでしょ?さぁどうぞ」ドンッ

澪「えっ?」

純「殴りたきゃ殴れよ!!」カーッ

澪「ひ、ひぃ」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:20:58.40 ID:WjIrxbAv0

澪「あぅう…なんだよぉ」ウッ

純「(…勝っちゃった?)」

律「純のヤツわかってきたみたいだな」

 「コイツ、偉そうにしてるけど基本ヘタレだからちょいとスゴめばこの通り」

澪「うぅ…」グス

純「あぁん!何かに目覚めそう!」

ピンポーン

憂「あっ、梓ちゃんきた」

澪「ひぃっ!?」



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:23:07.39 ID:WjIrxbAv0

ピンポーン

ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポーーーーーーーーンンンンンヌ

紬「うるさッ!」

律「アイツどんだけピンポン連打してんだ?」

憂「ブッ殺すぞコラアアァアアッ!?」ガチャッ

梓「来たよ」

憂「梓ちゃん、いらっしゃ~ぃ♪」


304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:26:09.57 ID:WjIrxbAv0

唯「あっ、あずにゃんだ!あずにゃんがウチに来たよ~!」エヘヘ~

梓「よぉ平沢、相変わらずバカか?」

憂「梓ちゃん、屋上に」

純「通報」

憂「梓ちゃんの卑怯者!!小沢一郎!!琴光喜!!」

梓「そんなにヒドイ事したかなぁ」

  「それでなんの用ですか」

律「あー、澪がお前に話あるんだってさ」

梓「はぁ」

唯「さ、澪ちゃんがんばって!」

紬「みーおちゃん!がんばれ~!」

澪「う、ホ、ホントに言うのぉ~?」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:31:47.09 ID:WjIrxbAv0

澪「あ、梓!!」ドキドキ

梓「はい」

澪「えっと…だな」

梓「…」

澪「…」

 「…」

 「…」

 「す、好きだ!!」

梓「えっ」

律「えっ」

紬「キマシタワァァァッ!!」オッシャー!!

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 19:58:08.28 ID:WjIrxbAv0

律「待て!!一体どういう流れで…」

澪「いや、最初は怖かったけど、よく見たら梓ってちっちゃくて可愛くて

  それでいて気が強くってなんかすごくツボだなぁって…///」ポッ

純「ストックホルム症候群?」

律「待て待て待て待て!!」

 「さっき私と両想いみたいな事言っておいて!!」

澪「お前こそ、重い関係になりたくないとかゆってたくせに!!」

律「あれは…!!」

唯「思わぬ修羅場だねっ!憂!!」

憂「うん!私、人の修羅場見るの大好き~♪」


311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:00:38.64 ID:WjIrxbAv0

純「それで肝心の梓の答えは?」

梓「私、澪センパイのことは…」

紬「ことは…!?」キラキラ

梓「26番目に好きです」

澪「それってどんな評価?」

唯「じゃあ あずにゃんだいしゅきランキング

  1位から30位まで発表~!!」

梓「調子こくなよ平沢」

唯「はぅっ!」

憂「あず屋」

純「警」

憂「卑!」

紬「わからないわよ!」


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:03:13.94 ID:WjIrxbAv0

梓「さすがに全部発表するのは おっくうですが

  けいおん部内のランキングは平沢>紬センパイ>澪センパイ>律センパイです」

唯「えっ、私が1位?」

紬「あらあら、2位でも嬉しい!」

澪「私3位!?」

 「大体なんで呼び捨て状態の唯が1位なんだよ!!」

律「…」

梓「平沢は最近、痩せて胸が小さくなりエロ生き物として価値が下がりましたが

  それでも基本1位ですから」

唯「エロ生き物やめてよ!!」

紬「ホントにエロ生き物だから敬語使ってたのね~」

澪「エロ生き物っていうなら私もなかなかだろ!?」

梓「ライブでパンツ全開のビッチはちょっと…」

澪「チクショオオオオオオオオ!!」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:06:00.74 ID:WjIrxbAv0

律「澪!おいで!!やっぱりお前には私しかいないんだよ!!」

澪「つるぺたは黙ってろ!!この非エロ生き物!!」

律「ひどっ!!」

純「梓のだいしゅきランキングってエロ生き物ランキングなんだ…」

  「あっ、ちなみに私、何位!?」

梓「あずにゃん2号>たわし>純>ムカデ」

純「…」

梓「おやっ、よく見ると平沢…いえ、唯センパイ

  さっきより ふくよかになりました?」

唯「えっ…胸を見つめないでよあずにゃん」

紬「そういえば純ちゃんの家で りっちゃんウンコを見てたら

  カレー食べたくなったって言って食べてたよね」

憂「お姉ちゃんのおっぱい分の30パーセントはカレーライスでできてるから…」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:08:49.57 ID:WjIrxbAv0

梓「それでこそ私の大好きな唯オッパイ!!いや、唯センパイ!!」

澪「最低だなコイツ」

律「冷めたのか」

梓「では いつものように抱きついてきてよいですよ!!」

唯「…やだ」

梓「えっ」

唯「あずにゃんが私をそんな風に思ってたなんて…気持ち悪いよ」

梓「えっ、ちょ、そんな事…」

唯「だまれ 中 野」

梓「!!!!!!!!!!!!!!!!」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:12:59.32 ID:WjIrxbAv0

梓「じょ、冗談ですよね?」

 「いつもみたいにあずにゃんって言いながら乳首を肩甲骨に擦りつけてくださいよ!!」

唯「変態!!」

梓「えっ」

唯「変態!変態!変態!!」

憂「ギョギョーーーWWWWWWWWWWw梓ちゃん変態!梓ちゃん!変態!!」

唯「家から2度と出てけ!!」

梓「そんなっ・・・!」

  「バカなっ・・・! バカなっ・・・!」

  「なんでこんなことがっ・・・・・・!」

  「こんな理不尽なことが

  私の身ばかりにっ・・・・・・・・・!」ぐにゃああああっ

律「別に理不尽ではないよね」

澪「まったくだ」

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:15:41.50 ID:WjIrxbAv0

─真鍋邸─

『第1回 中野あずにゃん かわいそう会議』

和「いや…なんで私の家に来るワケ?」

律「そりゃ和は頭がキレるからっていうか…」

澪「ここまで来たら もう和も巻き込んでしまえ…と」

和「私、受験勉強がしたいんだけど」

梓「わセンパイは 私と唯センパイの将来と 自分の将来、どっちが大切なんですか!!」

和「えっ、自分の将来だけど?」

純「極めて普通の反応だ!」

紬「そう言わずに相談に乗ってあげて」

澪「私からも頼む」

  「今の梓を見ているとメシウマすぎて腹がよじれそうなんだwww」ブフォーwww


321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:18:23.05 ID:WjIrxbAv0

紬「和ちゃんは唯ちゃんを幼い頃から知っているんでしょ?」

 「何か機嫌をよくする方法を知らないの?」

和「そうね、私は将来、国立大学に合格して

  高所得の職について唯を養うつもりだから全く教える気はないけど?」

律「また おかしな事になってきちゃったぞ」

澪「えっ、和は唯が好きなのか!?あ、愛しちゃってるのか!?」

和「そういうワケじゃないわよw」

  「ただ息を吸う度これは唯の吐息だと想像し水を飲む度これは唯の唾液だと妄想し

  スープを飲む度これは唯の愛液だと妄信し食事をする度これは唯の手料理だと盲信し

  やわらかいベッドで眠る度これは唯に抱かれているんだと創造し

  日に30時間の唯信仰という矛盾のみを条件に存在する精神!!

  10数年その快楽に溺れ私は今ヤクを超えた!!!」

紬「こいつやべぇ」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:21:41.25 ID:WjIrxbAv0

梓「私だって唯センパイへの信仰心なら負けません!!」

和「へぇ、具体的にどうだっていうのかしら」

梓「…2本目のギー太をご存じですか?」

和「なんのこと…?」

律「!!」

澪「まさか!!好きな子のたて笛と自分の笛を交換するかのように!?」

梓「そうです!!」

 「唯センパイが家に持ち帰り添い寝しているというギー太と

  私が用意したギブソン・レスポール・スタンダードとは定期的に入れ替わっているんです!!」

澪「用意って…あれ、20万以上するんだぞ!?」

梓「唯センパイが抱いたギターを抱いて間接添い寝を達成するためなら

  それくらい問題ではありません!!!」

 「ヒヒヒw唯センパイの体臭が染みついたギー太に腰をすりつけチーパッパww」

純「こいつやべぇ」


325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:24:02.05 ID:WjIrxbAv0

紬「…残念だったわね梓ちゃん」

梓「え?」

紬「…3本目のギー太を知ってるかしら?」

律「!!」

澪「まさか!!好きな子のたて笛と自分の笛を交換したら

  それは既に他の男子が交換したたて笛だったように!?」

紬「もちろん、唯ちゃんの添い寝成分も

  含まれているだろうけど私の体液も付着しているでしょうね」クス

梓「そんな…ッ!!」オェェェェェッ

澪「お前、ムギが2番目に好きじゃなかったのか」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:26:31.48 ID:WjIrxbAv0

和「…4本目のギー太を知ってる?」

律「!!」

澪「まさか!!好きな子のたて笛と自分の笛を交換したら

  それは既に他の男子が交換したたて笛だったうえに

  それすらも、他の男子のたて笛だったというのか!?」

梓「オェェェェッ」

紬「グェェェェッ(まぁいいけど)」

和「アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」

純「もはや何が何だかわからない…」

律「……5本目のギー太を知ってるか?」

純「!!」

澪「まさか!!」

律「…いや、言ってみたかっただけなんだ…」

澪「そうか…」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:37:44.66 ID:WjIrxbAv0

純「それしても、みんな当り前のように女の子ラブなんですね…」

律「ん?」

澪「なに言ってんの?」

純「あ!!やっぱりラブじゃなくてライクの好きって事?」

和「この子ナチュラルに狂ってるのかしら」

梓「まぁ純ですから」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:45:08.91 ID:WjIrxbAv0

純「(えっ、えっ、この人たち何言ってるの!?)」

紬「純ちゃん…あなたが動揺する気持ちはよく分かるわ」

純「うっ」

紬「だけど覚えておいてほしい」

 「世の中には色んな考え方の人がいるって事…」

純「!」

紬「人は自分と違った考えの人間を批判したり糾弾する…。

  男と女。ゲイとレズビアン。理解が深まってきたとはいえ

  まだまだ世間の風あたりは強い。

  でも、自分と違うってことがそんなに悪いことなの?」

  いいじゃない、みんなと違ったって!!」

純「(あ…私、自分の常識でみんなを傷つけようと…)」


紬「だから純ちゃんは胸を張って生きてていいからね?」

純「むしろ私がアブノーマル!?」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:49:56.89 ID:WjIrxbAv0

律「ごめんな純、アタシたちお前にヒドイ事を…」

梓「そうだよ、純が男好きでも私たち友達だから」

和「男好きなら私の敵にはならないでしょうし」

澪「ムギの言うとおりだ。淫売だからって偏見の目で見るのはよくない」

純「男好きって言い方はおかしいし!!い、いんばいでも無いですから!」


律「じゃあ、なんなんだよ」イラッ

純「えっと、だから普通っていうかなんていうか」

澪「出たよ、白でも黒でもないグレーゾーン」

梓「はぁ、そんなんだから私たちの世代はバカにされるんだよ…」

和「もう面倒だから

  この子の 肛 門 に何か入れない?」

紬「さんせ~い♪」ガシッ

純「ちょ!!絶対おかしいよその流れ!!」スルスルッ

  「ぎゃああ!!あんたら全員迫害されろおおおおおお!!」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:52:29.16 ID:WjIrxbAv0

─平沢邸─

チュンチュン

憂「お姉ちゃん、起きて」

  「朝だよ~」

唯「ムニャ…あと186時間寝かせて…」

憂「私はお姉ちゃんの事が大好きだけどさすがにそれは寝過ぎだよ~」

唯「うぅ~」ノソリ

憂「あれ!?お姉ちゃん

  股間が盛り上がってる!?」ワァァァァッ

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:54:39.65 ID:WjIrxbAv0

唯「ん…あぁ、そういえば昨日、パンツにスティックノリ

  入れたまま寝たんだっけ…」ゴソ

憂「どうしてそんな事したの!?私の心を弄んで嬉しいの!?」

唯「な、なんだか分からないけどごめんなさい」

憂「(今度、私の中に入れたソーセージをお弁当に入れよっと!!)」

トタトタ…

唯「あれ、今日の朝ごはんはごはんとみそ汁だけなの?」

 「目玉焼き食べたいなぁ」

憂「ごめんね、ちょっと卵切らしちゃって…」

ピンポーン

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 20:57:22.66 ID:WjIrxbAv0

唯「あれっ」

憂「こんな朝早くから誰だろ」

ピンポーン

ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポーーーーーーーーンンンンンヌ

唯「うるさいよぉ~」

憂「頭カチ割るぞコラアアアアアアアアアアッ!?」ガチャ
  
純「生まれてきてごめんなさい」

憂「あっ、純ちゃん、己を知ったんだね!」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 21:07:10.17 ID:WjIrxbAv0

唯「あっ純ちゃんだ~どうしたの?」

純「不覚にも

  生まれてきてしまった私が

  卵を産みたいと思います」


純が「破ぁ!!!」と叫ぶ、すると純の肛門が眩く光り

振り回した尻から次々と新鮮な卵が飛び出してゆく!!

純「これで朝から卵料理が食べられるね」

そういうと純は「コケー!!コッコ!!」と手足をバタつかせ

隣家の屋根を飛び越え朝日に向かってはばたいていった。

寺生まれはスゴイ、唯は感動を覚えずにはいられなかった。


おわり

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。