FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「あらゆるものを振動させる能力、かぁ…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:18:27.42 ID:oKJSzeVg0 [1/4]
初春「ふわぁ~…ね、眠い…」

佐天「どうしたの?初春?」

初春「昨日、遅くまでパソコンやってて…眠いし、肩はこるし…」

佐天「肩がこるって…まだ中学生じゃん」

初春「うっ…そ、それは…」

佐天「まぁ、いいや、じゃあ私の能力で肩揉んで上げるよ」

初春「へー、佐天さんも能力者になれたんですか…でも、肩を揉む能力…なんですか?」

佐天「違うよ、ほら、実際にやってあげるから。背中こっち向けて」

初春「わかりました」

佐天「じゃあいくよー。私の手を振動させて、と…」ヴヴヴヴヴ…

初春「ひゃわっ!?な、なんですかっ!?さ、佐天さんの手が揺れて…あ、気持ちいいっ!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:23:46.76 ID:oKJSzeVg0
初春「あー…天国ですよー…」

佐天「もっと強くする?」ヴヴヴヴヴッッッ…

初春「っ…あ、はぁ…き、効くぅ…」

佐天「…なんかすっごいこってるねぇ」ヴヴヴヴヴッッッ…

初春「そ、そうですかぁ?」

佐天「そうそう…あ、ついでにこっちも揉んでみようかな」ヴヴヴヴヴッ…

もにゅんっ

初春「うっひゃあっ!!?ちょ、さ、佐天さんっ!?いきなり何して…あ、あぁぅっ!!?」

佐天「どう?気持ちいいー?こうやって人差し指を乳首に…」ヴヴヴヴヴッッッ…

初春「あっ…ん、や、やだ、ま、待って、佐天さ…あ、ああっ!」ビクンッ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:32:20.63 ID:oKJSzeVg0
初春「ま、待ってくださいよっ!佐天さんっ!」バッ

佐天「あーあ、いいところだったのに…」

初春「いいところだったのに、じゃありませんよっ!なんてことするんですかぁっ!」

佐天「もっと強くしたほうがよかった?」

初春「そんなこと言ってませんよっ!…っていうか、佐天さんの能力ってなんなんですか?」

佐天「私の能力?えっとね、あらゆるものを振動させる能力、だよ」

初春「…あらゆるものを振動させるって…なんでも振動させられるんですか?」

佐天「うんそうだよ。例えば…ほらっ!」

ヴヴヴヴヴ…

初春「きゃあっ!?え、な、何っ!?ぱ、ぱんつが勝手に振動して…ま、まさか、佐天さんっ!?!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:38:54.82 ID:oKJSzeVg0
佐天「初春のぱんつを振動させてみました」

初春「みました、じゃなくてっ!ちょ、や、やめてくださいよぉっ!!」

佐天「え?もっと強くして欲しい?しょうがないなぁー」

初春「ま、待ってくださいよっ!言ってませんよっ!そんなことひゃあああっ!!?」

ヴヴヴヴヴッッッッッ…

初春「や、あぁ…っ!つ、強すぎます、よぉ…っ!」

佐天「え?ブラも振動させて欲しい?しょうがないなぁー」

初春「っ!?ま、待ってっ!ほ、本当に待ってくださひゃうぁっ!!?」ビクンッ

ヴヴヴヴヴヴッッッッッ…

佐天「あぁ、そうだ、ちょっとピンポイント攻撃を…」

初春「や、やだ、だ、だめっ!ダメですってばっ!!さ、佐天さ…あ、ああっ!…んっ!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 00:30:42.50 ID:NpHGJMIg0 [3/7]
キーンコーンカーンコーン

佐天「っと、お昼休み終わりかー。ちぇっ、残念」

初春「はぁ……はぁ……」

佐天「ほらほら初春いつまでへばってるの?次体育だから早く準備しないと遅れちゃうよ?」

初春「も……もうっ!誰のせいだと思ってるんですかぁー!」


―――――。


教師「―――はい、今日はこれまで。それじゃあ今日の後片づけは……佐天か。ほれ、これが鍵だ。
    終わったら職員室まで返しておけ。場所はわかるな?」

佐天「はーい」

教師「よし、解散っ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 00:38:47.97 ID:NpHGJMIg0 [4/7]
初春「佐天さん、手伝いますよ」

佐天「おっ、初春は優しいねぇ。そんな初春にはご褒美です」

ヴィイイイイイイイイイイ

初春「ひぁっ!?ひっ、、ひゃ、さてんさんっ!!こんなところでひゃめてくらはいっ……!」

佐天「あははー可愛いねー初春は。もっとやりたいけど片づけ終わらないからこの辺でやめとくよ」

初春「ぅ……もー……」


―――――。


佐天「ふぅ、これで終わりかな。ありがとね、初春」

初春「いえ、これくらいどうってことないですよ」

佐天「そっかそっか」

ヴィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ

初春「きゃうんっ!!ぁ、ぁぁっ……」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 00:42:30.72 ID:NpHGJMIg0 [5/7]
佐天「んふふー初春さぁー、体育の時間中ずっともじもじしてたよね?もしかしてぇーそういうことなのー?」ニヤニヤ

初春「……っ!だ、だってっ……さて、ん、さんがっ……お昼休みにぃ……あんなはぁうっ!!」ビクンッ

佐天「えー人のせいにするんだー?風紀委員がそんなことしていいのかなぁーお仕置きっ」

ヴインヴインヴインヴインヴインヴインヴインヴイン

初春「っっはぁぁぁああああんっ!!!」ビクンビクン

佐天「……wow、局部的に振動させるとどうなるのって思ったけど、これほどとは……」

初春「あっ、ああああっひゃめっ、ろめへくらはひいいいいいっ!!」ガクガクガク

佐天「うわぁ……涎垂らしてすっごいカオ……そんなに気持ちいーんだ?」

初春「ああああああああああぁぁぁんっ!!」ビクンッ ガクガクッ

初春「ひっ……ぁっ……ぁぁっ……」ビクンッ ビクンッ

佐天「ありゃ……もうイっちゃったんだ。どう?初春。気持ちよかった?」

初春「は……はふ……」ビクンッビクンッ ボーッ

佐天「駄目だ、聞こえてないや」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 00:45:31.10 ID:NpHGJMIg0 [6/7]
上条「そんな幻想ブチ殺す!!」

男「そげぶっ!」

上条「御坂に聞いてやってきたが……どうやら間に会ったみたいだな」

佐天「あ……あの、ありがとうございましたっ!」

上条「何、礼ならいらねぇさ。それよりさ、」

佐天「はい?」

上条「今からTENGA使うからよ、そいつを振動させてほしいんだ」

佐天「」





44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/18(金) 01:05:42.44 ID:NpHGJMIg0 [7/7]
oh...世の中にはクレイジーな奴がいたもんだ。修行してくる

コメント

No title

これってグラグラの実じゃね?

No title

ほんま上条さんは性の飽くなき探求者やでぇ・・・

No title

学園都市一位のバイブレータか

超振動か。レベル5になったら破壊神になれそう。
あと剣とに使えばどんな物でも切断出来そうだな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。