FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫子「唯ちゃん達、楽しそうだなぁ……」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 22:20:56.98 ID:/+74bBoG0 [1/21]
代理

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 22:44:30.92 ID:/+74bBoG0 [2/21]
姫子(唯ちゃん達の軽音部、かっこよくて楽しそうだったなぁ。あんな青春いいよなぁ。あれがリア充っていうのかな?)

姫子(私もリア充になりたくて高校入るときイメチェンしたんだけど、あんまり人よって寄ってこないんだよなぁ)

姫子(まぁ、仲のいい友達も出来たからいいんだけど、もうちょっと刺激がほしいなぁ)

姫子(私、軽音部に入ろうかな)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 22:48:21.30 ID:/+74bBoG0
部室

唯「でねでね! ドッカーン!! ってなって!」

律「あっはっはっ、おもしれー」

紬「あらあら、ウフフ」

澪「おーい、練習そろそろ始めるぞー」

律「まぁまぁ、そう急ぐなって」

梓「急いでません。練習するのが普通なんです」

唯「あずにゃん、こっちにおいしいケーキがあるよ~」

紬「クッキーとマドレーヌもあるの~」

梓「ケーキ……い、今は練習が先です!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 22:52:30.86 ID:/+74bBoG0
ガヤガヤ

姫子(うう~、音楽室まで来てみたけど、すごく盛り上がってるなぁ。入りにくいなぁ……)
ガタッ
姫子(あっ)

唯「なんか聞こえたね~」

澪「ん、何だ? 入り口のほうか?」
ガチャ

姫子「あ……どうも……」

唯「あ~、姫ちゃん。やっほー。一緒にお茶しようよ~」

姫子「あ、うん……」

紬「はい、どうぞ」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 22:57:28.44 ID:/+74bBoG0
姫子「わぁ、ありがとう!」
姫子(うわぁ、おいしそうなケーキと紅茶、軽音部すごすぎるよ!)

澪「で、橘さん、何か用でもあったの?」

姫子「あ、えっと……唯ちゃんみたいに姫ちゃんでいいよ」
ぱくっ(おいしい!!)

澪「え、……ひ、姫…ちゃん////」

姫子(か、かわいい////)

紬(これはなかなかイケる組み合わせね)

律「で、今日はどうしたんだよ? 姫ちゃん」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:01:39.63 ID:/+74bBoG0
姫子「あ……その、軽音部に入れてください。ダメ……かな?」

一同(かわいい////)

律「オッケーオッケー全然オッケーだぜ!」

澪「おい律、いろいろ手続きが要るだろ?」

姫子「それならもう済ませたから大丈夫。後は軽音部の入部届けを出せばいいだけだから」

澪「それならいいけど」

唯「新メンバー加入だね! やったねあずにゃん!」

姫子「あず……にゃん?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:05:02.41 ID:/+74bBoG0
梓「私のあだ名です。変なあだ名ですよね、はは。私は2年の中野梓です。よろしくです」

姫子「私もあずにゃんって呼んで良いかな?」
(やばい、かわいい)

梓「え、いい……ですけど」

姫子「あずにゃん♪」

梓(!! なんだろうこの感覚……唯先輩の時とは違う……)
ドキドキ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:08:25.93 ID:/+74bBoG0
唯「あずにゃんはね、こうやって抱きつくと気持ちいんだよ~」
だきっ

梓「い、いきなりはやめてください」

姫子「私も……いいかな?」

梓「え、いや……その……」
だきっ

梓(!? なにこれ、今までに味わったことのない……)

姫子「わぁ、気持ちい~」

梓(あ、ああ……軽くイキかけました)
プルプル

紬(まぁ梓ちゃんったら、ウフフ)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:11:48.09 ID:/+74bBoG0
澪「で、姫ちゃんはなんの楽器できるの?」

姫子「ギターを少し。パワーコードでジャカジャカ弾ける程度なんだけど」

律「おぉ、最初の唯よりいいじゃん! 早速合わせてみようぜ!」

ジャーーン!


澪「うん。よかったよ姫ちゃん」

姫子「えへへ」

唯「よーし、もういっかい!」

律「おっしゃー!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:14:28.48 ID:/+74bBoG0
唯律「「疲れた~」」

梓「何言ってるんですか、いつもこれぐらいじゃないと」

澪「よーし、じゃあそろそろ帰るか」

澪「じゃあ私たちこっちだから」

唯「じゃあねー」

唯「ねぇねぇ姫ちゃん、うち寄ってかない?」

姫子「え、いいの?」

唯「うん、きてきて~」

姫子「それじゃあ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:16:43.85 ID:/+74bBoG0
ガチャ
唯「憂~ただいま~」

憂「お姉ちゃんおかえり。あれお友達?」

唯「同じクラスの姫ちゃん。今日軽音部に入ったんだよ」

姫子「おじゃまします」

憂「そうなんだ、よかったねお姉ちゃん」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:21:53.41 ID:/+74bBoG0
姫子(ここが唯ちゃんの部屋かぁ)

唯「でねでね! そしたらね!」

姫子(唯ちゃんかわいいなぁ)
ピトッ

唯「ん? どしたの姫ちゃん?」

姫子「え? ……あっ!」

姫子(思わずほっぺに手を当てていた!)

姫子「えっと、なんでもないの、はは。あっもうこんな時間。そろそろ行くね」
ガチャ

唯(姫ちゃん……)
ドキドキ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:24:47.23 ID:/+74bBoG0
次の日
部室

ガチャ

姫子「あ、りっちゃん」

律「姫ちゃんおいーっす」

姫子「お、おいーっす」


チクタクチクタク

律「みんな遅いなー」

姫子「そうだね」
じっー

律「なんでそんなに見つめるのかな?」

姫子「あっ、いや、綺麗なおでこだなぁって」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:28:31.11 ID:/+74bBoG0
律「そうかな……はは」

姫子「近くで見てもいいかな?」
ズイズイ

律「えっ、ちょっ」

姫子「ふむふむ」
ぴとっ、ササー

律「撫でるの!? まぁ、いいけど」
ドキドキ

姫子「前髪下ろしたらどんなになるの?」

律「ま、前髪、えっと、おかしーし」

スルッ、ファサ
律「あ、ちょっ」

姫子「わぁ、こっちのりっちゃんもかわいい」

律(こっちのりっちゃんも……)
ドキドキ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:34:08.15 ID:/+74bBoG0
ガチャ

澪「遅くなって悪いなーって何やってるんだ?」

律「!! いや、なんでもないぞ、気にするな」
あたふた

紬(りっちゃんたら、ウフフ)

唯「よーし! 練習するぞー!!」

梓「姫先輩が入ってからやる気出てますね」

姫子「あ、あずにゃんあずにゃん」
梓「えっ」
だきっ

姫子「気持ちいい~」

梓(!! またあの感覚、ああ、いい。ふわぁ~)

唯「じゃあ私は姫ちゃんに!」
だきっ
姫子「あっ、唯ちゃん。フフ」

紬(これはすごいわ)

澪「おいおい何やってんだよー」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:38:14.91 ID:/+74bBoG0
次の日
部室

ガチャ
姫子「あ、澪ちゃんおいーっす」

澪「おいーっす姫ちゃん」

チクタクチクタク

姫子「みんな遅いね」

澪「そうだな」

姫子「澪ちゃんの髪、綺麗だよね」

澪「え、そうかな。あ、ありがとう」
(はずかしいよぉ)

姫子「さわってもいいかな?」

澪「う、うん」

姫子「モフモフ、モフモフ。気持ちー。くんくん、うんやっぱりいい匂いだ」

澪「……」プシュー

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:40:46.50 ID:/+74bBoG0
ガチャ
律「おいーっす」

唯「ん、澪ちゃんが抜け殻みたくなってるよ?」

姫子「えっと、なんかいきなり……」

律「そかそか。ほっとけば直るから気にすんなー」

紬(全員攻略したのね……)
唯「澪ちゃん、起きてよ~、練習しようよ~」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:44:25.63 ID:/+74bBoG0
次の日

ガチャ
姫子「まだ誰もいない」

チクタクチクタク

ガチャ
唯「おー姫ちゃんおいーっす」

姫子「あ、みんな。おいーっす」

紬「はい、お茶」

唯「今日のケーキもおいしいね~」
はむはむ

姫子「そうだね」

唯「姫ちゃんのケーキもおいしそうだね」
だきっ、ぱくっ

唯「ん~、おいひ~」

姫子「唯ちゃん、フフ」

梓「……」プルプル

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:48:33.86 ID:/+74bBoG0
紬「どうしたの梓ちゃん?」
(これはまさか……)

梓「ゆ、唯先輩ばっかりずるいです! 姫先輩! 私に抱きついてください!!」

澪律(!!)

紬「あらあら、ウフフ」
(キマシタワー)

姫子「えっ? あ、うん」

律「ちょっとまったー! 姫ちゃん! 私のおでこを撫でてくれ! 前髪もおろすぞ!!」

澪「……」(くそぉ、こうなったら)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:52:03.68 ID:/+74bBoG0
澪「ひ、姫ちゃん! 私の髪をモフモフしてくれ!!」

姫子「えっ……えっと、じゃあみんな一緒にね」

紬(音楽室の全隠しカメラ、スイッチオン!!!)

唯「姫ちゃんあったかくて気持ちいい~」

梓「姫先輩に包み込まれて、ほぇ~」

律「姫ちゃんの手、気持ちいい~」

澪「……」プシュー

姫子「あはははは」
(なんかよくわからないけど、楽しいからいいや)




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/17(木) 23:56:17.52 ID:/+74bBoG0 [21/21]
読んでくれた人、ありがと~!!

コメント

No title

なんという姫無双
たまらんですたい

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。