FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「御坂妹と付き合う事になった」 美琴「え?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 18:04:52.93 ID:ofnk3RRl0
美琴「いぃ今なななんて?」
上条「だーかーらー、おまえの妹と付き合う事になったんだって!」
御坂妹「そうなんです、とミサカはしてやったりと言う顔で笑います」ニヤリ
上条 ビクッ「今なんか黒いオーラが・・・」
御坂妹「気にしたら負けですよ当麻さん、とミサカは見せつけるように名前で呼んでみます」フフフ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 18:18:52.19 ID:ofnk3RRl0
>>3
こう?

美琴「そう・・・なの・・・」

美琴「なんでわざわざ私に報告すんのよ・・・」

上条「いやー、一応ビリビリはこいつのお姉さんだしな」

御坂妹「まぁ、そーゆーことなんで、とミサカは急かすように当麻さんの手を引っ張ります」

上条「え、あ、ちょ、まてって!」

上条「悪いなビリビリとりあえずそーゆーことで!」ノシ

上条「おいおいあんま引っ張るなって」

御坂妹「早く来ないと置いて行きますよ、とミサカはry」

美琴「そっかー・・・あいつに彼女が・・・」ポツン

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 18:51:23.89 ID:ofnk3RRl0
御坂妹と上条さんがgdgd付き合ってるのを何となく書きたかったから
展開とかほぼ考えてないんだが

上条「なー、ビリビリ置いて来ちまったけど良いのか?」

御坂妹「問題ないです、とミサカは素早く答えます」

上条「なら良いけどさ・・・」

上条「さって、これからどうしましょうかね」

御坂妹「そうですね・・・当麻さんお腹は減ってますか?とミサカは質問します」

上条「そうだな、もう昼過ぎだしなんか食うか。なんか食いたいもんとかある
か?」

御坂妹「ミサカはあなたを食べてしまいたいです、と呟きます」ボソリ

上条「ん?なんか言ったか?」

御坂妹「いえ、なにも」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:02:07.12 ID:ofnk3RRl0
御坂妹「もし宜しければミサカが今日のお昼ご飯をお作りしますが」

上条「まじか!貧乏学生にそれは神のお言葉!」

御坂妹「そんな大した事ではないですよ、とミサカは少々嬉しそうに言います」

上条「そんじゃーとりあえず買い物でもして俺ん家にでもいきますか」

御坂妹「そうですね何か食べたい物があれば言ってください、とミサカはリクエストを訪ねます」

上条「そうだなー・・・」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:07:37.12 ID:ofnk3RRl0
上条「ということでスーパーにつきました」

御坂妹「そうですね」

上条「しかし何故こいつがいるんだ・・・」

一方「あンだよ文句あンのか」

上条「いえ・・・何も・・・」

打ち止め「お姉様も買い物なのー?とミサカはミサカはry」

御坂妹「いえ、これはデートなのです、とミサカは自慢げに言います」

打ち止め「じゃあミサカもデートなんだよ!とミサカはミサカはry」

上条「え・・・?一方お前・・・」

一方「中学生はババァなンだよ」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:13:35.25 ID:ofnk3RRl0
書き溜めながらあげてくんで5分とか10分ごとくらいになるかも

上条「とまぁ色々ありましたがやっと家です」

御坂妹「そうですね。もう昼過ぎとか言う時間じゃないです」

上条「もう上条さんはお腹ぺこぺこですよー」

御坂妹「じゃぁ当麻さんはお風呂にでも入っていてください。あがる頃にはご飯も出来てると思うので」

上条「なぜ風呂?」

御坂妹「それともミサカと一緒に入りますか?」ニヤリ

上条「い、いや・・・それはちょっと///」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:21:35.01 ID:ofnk3RRl0
上条さん風呂の中

上条「はー風呂はいいなぁ・・・」

上条「スーパーの中は涼しいけど外がなぁ」

上条「そういや御坂妹は汗とかどうなんだろう?クローンなんだよな・・・」

上条「あれ、クローン・・・?」

上条「もしかして俺の彼女って沢山いる・・・?」

上条「いや、変な事を考えるのはやめておこう」フルフル

上条「とりあえず体でも洗うか」ザパーン

御坂妹 ガチャリ「当麻さんお背中流します・・・よ・・・」

上条「え・・・?」

御坂妹「・・・」ジーッ

上条「・・・」チラリ

上条「キャーっ」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:30:17.75 ID:ofnk3RRl0
>>25
大丈夫だ俺も原作知らん


御坂妹「先ほどは失礼しました、とミサカは当麻さんの全裸を思い出しながらも謝ります」

上条「べ、別に気にしてないからわざわざ言わんでもよろしい!」

上条「と、とにかく飯食おう」

御坂妹「そうですか。とりあえず並べてみましたけど机が小さいですね」

上条「なんだこの量は・・・」

御坂妹「気合いを入れて作りすぎてしまいました」テヘッ

上条「うん、可愛いから許す!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:36:09.82 ID:ofnk3RRl0
上条「しかし多いな・・・インデックスが居れば問題なかったんだろうがあいつは何処に行ったんだか」

御坂妹「誰ですか?そのインなんたらってのは、とミサカは少々嫉妬しながら聞いてみます」

上条「や、まぁ居候みたいなもんだ、そのうちひょっこり帰ってくるだろ」

御坂妹「並べ終わりましたが」

上条「ん、おつかれ」ナデナデ

御坂妹「んふふふふ、とミサカは猫のように喜びます」///

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:37:17.82 ID:ofnk3RRl0
上条「とりあえず食うか」

御坂妹「そうですね」

上条「ん!うまい!やっぱ手料理っていいなぁー」

御坂妹「ホントですか?!とミサカは一息安堵します」

上条「この鶏肉うまいなーそっちの茶色いのはなんだ?」

御坂妹「今当麻さんが食べてるのは手羽先ですね」

御坂妹「そっちのはミソカツです」

上条「ん?ってことはもしかしてこの料理は名古屋名物なのか?」

御坂妹「そうなのです名古屋名物のフルコースなのです」

上条「なんでまた名古屋名物・・・」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:42:57.82 ID:ofnk3RRl0
御坂妹「実はミサカ達シスターズは名古屋で作られていたのです」

御坂妹「なのでこんな事お茶の子さいさいなのですよ、とミサカは何気に出身地を暴露します」

上条「そうだったのか・・・なんかもっと隠れたとこでやってる計画なんだと思ってたよ・・・」

御坂妹「まぁ、嘘なんですけどね」

上条「おい!」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:48:38.86 ID:ofnk3RRl0
御坂妹「ナイスつっこみです当麻さん」bグッ

上条「はぁ、疲れる」

御坂妹「人がせっかく場を和ませようとしているのになんですかその態度は、とミサカは少々怒っています」

上条「和ませ方が変なんだよ!」

上条「まぁ、いいや・・・」

上条「飯もくったしどーするよおまえも風呂はいるか?」

御坂妹「それは私を誘っているのですね、とミサカは興奮気味に訪ねます」

上条「ちげぇよ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:50:14.02 ID:ofnk3RRl0
>>37
そうだったのか。スマン以後気をつける。

御坂妹「冗談はさておき今日はそろそろ帰ろうかと思います」

上条「冗談かよ!って、え?なんかあんのか?」

御坂妹「いえ、お姉様が少し心配なので寮に行ってから帰ろうかと」

上条「そっか、じゃぁ行ってやれ今日は飯ありがとな」ナデナデ

御坂妹「いえ、ミサカは当麻さんの彼女ですから///」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:57:14.76 ID:ofnk3RRl0
上条家玄関

上条「それじゃーなー」ノシ

御坂妹「はい、ではまた後で」

上条「後で?・・・」

扉「ギィィ…ガッ!」

上条「おぉう!土御門!なんだよびっくりするじゃねぇか!」

土御門「かーみーやーん、何ぜよ今の美少女は常盤台の制服に見えたが」

上条「あー、あいつは俺の彼女だ。少し前から付き合ってる」

青ピ「なん・・・やと・・・」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:02:56.71 ID:ofnk3RRl0
上条「不幸だ・・・」

青ピ「あの子の事話さんと寝かせんでー!」

土御門「俺は舞夏が居るからどーでもいいにゃー」ハァ

上条「じゃあ帰れよ!」

土御門「だが断る」

上条「なんでだよ!」

土御門「そっちのほうが面白そうだからぜよ」キリッ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:06:08.57 ID:ofnk3RRl0
>>43
なんだエロあった方がいいのか?
SS書くの初だから構成力とか全くないけどそれでも良いならいつか書く

その頃の御坂姉妹
御坂妹「なんだ、お姉様はまだ公園にいらしたのですね、とミサカは冷たい目線で見つめます」

美琴「なんだあんたか・・・」

御坂妹「どうですか?思い人を妹に持って行かれる気分は、とミサカはry」

美琴「うっさいわね・・・」

御坂妹「お姉様がいけないんですよ?いつまでもあんなにツンツンしてるから、とミサカはry」

御坂妹「ま、そんなお姉様はここで一生泣いてると良いです、と一言言い残しミサカは颯爽と消え去ります」

美琴「わかってるわよ、そんなこと・・・」

美琴「だけどあいつの前だと素直になれないのよ・・・」ポロポロ

美琴「うぁあぁぁああん!」

御坂妹「ミサカネットワークに報告、作戦成功なのです」フフフフフ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:12:44.74 ID:ofnk3RRl0
次の日
上条「ふぁーあよく寝たぁ」

上条「あの後すぐ舞夏が来てくれて助かったよほんと・・・」

上条「ってうわ!なんで御坂妹がここに!?」

御坂妹「ん・・・もう朝ですか?とミサカは寝ぼけながらも訪ねます」

上条「あ、あぁ・・・」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:16:38.97 ID:ofnk3RRl0
上条「ってなんでおまえ俺のベッドにいるんだよ!」

上条「たしか上条さんの記憶が正しければあなた帰りましたよねぇ?!」

御坂妹「そんな・・・昨日の夜あんなことをしておきながら覚えてないなんて・・・、とミサカはヨヨヨと泣き崩れます」

上条「え?俺なんかしたの?」アセアセ

御坂妹「いえ、何も」

上条「おい!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:27:44.71 ID:ofnk3RRl0
上条「朝から疲れる・・・」ハァ

御坂妹「彼女に向かってその言い方は無いと思いますよ、当麻さん。」

上条「ん、わるい」

御坂妹「いえ、モーマンタイです」

上条「なんて?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:34:47.75 ID:ofnk3RRl0
御坂妹「何でも無いです」

御坂妹「とりあえずミサカは朝ご飯を所望します」

上条「え、あぁ・・・パンでいいか?」

御坂妹「はい、大丈夫です」


食後
上条「はい、ごちそうさまでしたっと」

御坂妹「ごちそうさまでした」

上条「さて、スルーしてた本題の話をしよう」

御坂妹「なんですか?とミサカは何の事だろう?ととぼけてみます」

上条「おまえのことだよ!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:39:58.24 ID:ofnk3RRl0
上条「なにしにきたんだよ、デートなら今日は無理だぞ補修があるからな」

御坂妹「いえ、今日は朝ご飯を食べに来ただけですので。」

上条「そうか、じゃぁ俺もう行くから」

上条「ミサカは家に居るか?」

御坂妹「そうですね、それじゃあもう少し寝かさせていただきます」

上条「ん、それじゃぁ鍵ここ置いとくから帰ったらポストにでも入れといてくれ」

御坂妹「了解です」Zzz...

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:44:42.92 ID:ofnk3RRl0
アニメと漫画しか知らんにわかなんでキャラ崩壊とか原作と合ってないとかあっても気にしないでください

上条「はぁ、朝からまったく・・・」

上条「けど寝顔可愛かったな・・・少ししか見えなかったけども」

上条「お?あれは・・・おーい御坂ー」

美琴 ビクッ「な、なによ」

上条「いや、見かけたから声をかけただけだが?」

美琴「そう・・・」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:48:03.00 ID:ofnk3RRl0
上条「なんか元気ねーな、なんかあったのか?」

美琴「っ・・・なんでもないわよ」

美琴『こんなことでへこんでちゃダメよ私!もう自分に素直になるって決めたんだから!』

上条「・・・でさー」ペチャクチャ

美琴「あ、あの!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:50:18.02 ID:ofnk3RRl0
上条「・・・なんだよなー、ん?なんだ?」

美琴「き、今日ってなんか予定あんの?」

上条「これから補修だが?」

美琴「じゃ、じゃあ補修終わったらちょっと付き合いなさいよね!」

上条「お、おう・・・(なんだ?また決闘か・・・?)」

土御門「かみやーん行くぜよー」

美琴「ぜったいよ!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:53:01.33 ID:ofnk3RRl0
補修後
美琴「おっそいわねー」

上条「おう御坂、わざわざ学校の前で待ってなくても良いのに」

美琴 ビクッ「う、うっさい!いくわよ!」ズンズン

上条「へいへい」

上条「んで、どこまで行くんだー?」

美琴「もう少しよ」

上条「ここか・・・」

美琴「今日はあんたに一言言おうと思って・・・」

上条「あぁ(あれ、決闘じゃないのか?)」

美琴「あの、ね」

美琴「わ、私あんたの事がすすす好きなの!」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:58:27.10 ID:ofnk3RRl0
>>84
サーセン素で気づかんかったw
なんか違和感あると思ったらそこだったか

上条「え?」

美琴「決闘とか言って何度もちょっかいかけたりしたけどそれも素直になれなくって気持ちを裏返してた・・・」

美琴「いつからかわかんないけど、あんたの事が気になってた・・・」

美琴「妹達の事を心配してくれた事も嬉しかった」

美琴「あんたは放って置けない人が居たら誰でも助けるようなやつだってのもわかってる」

美琴「だけどそんなあんたに何度も助けられて」

美琴「いつの間にか好きになっちゃってたのよ・・・」ポロポロ

上条「おまえ・・・」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:07:57.27 ID:ofnk3RRl0
嵐うっとおしいな


美琴「なのに・・・なんで妹なのよ・・・」

美琴「他の人ならまだ諦めれたかもしれないのに」

美琴「妹で良いならなんで私じゃないのよ!」グスッ

美琴「私とあの子達の何が違うのよ・・・」

上条「御坂、もういい。お前の気持ちはわかった」

上条「お前のその恋愛の幻想をぶち壊す!」パキーン


E N D

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:16:17.01 ID:ofnk3RRl0
冗談です
荒らしがうっとおしかったんでついカッとなってやった
反省はしてない
妹ルートと美琴ルートどっちに行ったら良い?

ルート決まったら書き溜めてまたくる
いらんなら誰か勝手に続きかけ

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:29:17.35 ID:ofnk3RRl0
>>112から>>122まで見たけど妹が多いんで妹ルートで書いて来ます
気が向いたら美琴も書いとく

それじゃあまた後で ノシ


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:54:49.55 ID:ofnk3RRl0
エロいる?

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 22:39:22.19 ID:ofnk3RRl0
ある程度溜まったからまた5分~10分間隔であげてく
それと上条さんには御坂妹のことをミサカと呼ばせる事にした

美琴「なのに・・・なんで妹なのよ・・・」

美琴「他の人ならまだ諦めれたかもしれないのに」

美琴「妹で良いならなんで私じゃないのよ!」グスッ

美琴「私とあの子達の何が違うのよ・・・」

上条「御坂、もういい。お前の気持ちはわかった」

上条「けどな、俺は御坂妹じゃなきゃダメなんだ」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 22:48:11.11 ID:ofnk3RRl0
上条「確かにお前達は似てるかもしれない、だけど全然違うんだよ!」

上条「なんて言うか、あの子とおまえは違うんだよ・・・」

上条「あいつ自信自分の中で美琴のコピーだからってことで他人との関わりを一線引いているのかもしれない」

上条「ミサカ自身がそう思ってなくても俺にはそう見えた」

上条「それが凄く寂しげに見えたんだ・・・」

上条「だから俺だけでもあいつと親しくしてやろうって、そんなわだかまり全部ぶっ壊して付き合って行こうと思ったんだよ!」

上条「告白したのも俺からなんだ・・・」

上条「まさかOKしてくれるとは思わなかったけどな」ハハハ

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 22:55:49.31 ID:ofnk3RRl0
美琴「そっか・・・」グスッ

美琴「あーあ、完全にふられちゃったなーあたし」

上条「悪い」

美琴「なんであんたが謝んのよ」

美琴「そこまで言われてあんたを奪いでもしたらあたしが悪役みたいじゃないの」

上条「そうか?」

美琴「そーなのっ!」

美琴「はーっ、もういいわ。あんたの事は諦める」

美琴「そのかわり、妹を泣かせたりしたら承知しないわよ!」ビリッ

上条「おう!当たり前だ!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:02:35.71 ID:ofnk3RRl0
美琴「それじゃーとりあえず一発いかせて貰うわよ」ビリビリッ

上条「え?ちょっと美琴サン?何をするんでせうか?」

美琴「おらぁぁぁっ!」
ドガァァアアアン!!!

上条「不幸だーっ!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:06:46.77 ID:ofnk3RRl0
上条「ってことがあったんだ」

御坂妹「ミサカを家に置いて帰りが遅いと思ったらそんな事があったのですね」

御坂妹「と言うか当麻さんがそんなに思ってくれていたとは感激です、とミサカは改めて当麻さんに惚れてしまいそうです」

上条「いやー、はっはっは、なんか恥ずかしいな」テレテレ

御坂妹「じゃぁ恥ずかしいついでにお姉様も認めてくださった事ですし改めて告白してほしいです、とミサカは希望します」

上条「えー・・・」

御坂妹「早くっ早くっ、とミサカは急かします」

上条「一回しか言わないからな?ちゃんと聞いとけよ?」

上条「わたくし上条当麻は御坂妹を世界で一番愛してます」

上条「ずっと一緒に居ようミサカ」

御坂妹「はい///」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:13:33.38 ID:ofnk3RRl0
上条「いやー恥ずかしいなこれは」///

御坂妹「そ、そうですね」///

上条「と、とりあえず飯にしようか!せっかくミサカが作って待っててくれたんだしな」

御坂妹「今日のご飯はうどんです、粉から練って作った本格派ですよ、とミサカは自信満々に胸を張ります」

上条「おー、凄いなもうプロ並じゃないか」

御坂妹「そりゃあシスターズは香川で作られていたのですからこんな事お茶の子さいさいですよ、とミサカはまた出身地を暴露します」

上条「あれ?前は名古屋じゃなかったか?」

御坂妹「それはナンバー17653の事でs...おっと」ゲフンゲフン

上条「え・・・?」

御坂妹「なんでもないですそれも冗談なので」

上条「そ、そうか・・・」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:25:57.40 ID:ofnk3RRl0
食後
上条「はい、ごちそううさまでしたっと」

御坂妹「ごちそうさまなのです」

上条「今日はどうする?帰るのか?」

上条「また朝俺の布団に潜り込むくらいなら・・・と、泊まってったらどうだ?」

御坂妹「それもそうですね、お姉様の心配も無いですし今日は泊まっていきましょう、とミサカは嬉しそうにはしゃぎます」バタバタ

上条(まじか・・・これは期待していいの・・・か?)

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:34:29.59 ID:ofnk3RRl0
うどん談義ちょっと気になった
関係無いけど去年沖縄いったときの海ぶどう美味かったなぁ


上条「じゃ、じゃぁ風呂どーする?先はいるか?」

御坂妹「いえ、当麻さんがお先にどうぞ」

御坂妹「お姉様にやられたときの泥がついてますよ」

上条「ん、そうか?じゃあ先に行かせてもらうよ」

上条「早く出るからスフィンクスとでも遊んでてくれ」

御坂妹「了解です」

スフィンクス「にゃー」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:43:36.40 ID:ofnk3RRl0
書き溜めながらだから遅くてスマン
もうすぐ皆さんお待ちのエロだよ
描写下手でごめんね!


風呂内
上条「はぁー、まさかお泊まりOKとはな・・・」

上条「いやいや、そんな事を考えてはダメだ」

上条「モテる男に雑念など無いのだ、雑誌の最後の方にあるお金の風呂につかった人がそんな事を言っていた気がする!」

上条「よし、体でも洗うか」ザパーン

御坂妹「当麻さんお背中流します・・・よ・・・」

上条(これなんてデジャブ)

御坂妹「・・・」ジーッ

上条「キャーっ」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:47:21.53 ID:ofnk3RRl0
御坂妹「そんなに恥ずかしがらなくても良いじゃないですかこっちも裸なんですよ、とミサカはセクシーポーズをとってみます」ウフン

上条「や、やめなさい///」

御坂妹「とりあえずお背中流しますんで背中向けてください」

上条「いや、自分で出来るから良いよ///」

御坂妹「反抗は許しませんよ、とミサカはきつく言います」パリッ

上条「は、はい・・・」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:51:38.36 ID:ofnk3RRl0
なんか上条さん受けになってるけど気にしない


御坂妹「それでは失礼して・・・」ピトッ

上条(こ、これは・・・っ)

上条「あ、あのーミサカさん?上条さんの感覚に間違いが無ければこれはお胸が当たってるのでは?」

御坂妹「あててんのよ、とミサカは某アニメのキャラクターになりきってみます」

上条「なん・・・だと・・・?」

御坂妹「あら、当麻さんったらもうこんなにおっきくしちゃって、とミサカは若干キャラ崩壊気味に誘ってみます」ウフフ

上条「いやっ、これはー・・・」

御坂妹「良いですよ、当麻さんのなら嫌じゃないですから・・・、とミサカは当麻さんの股間に向けて手を伸ばします」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:57:42.94 ID:ofnk3RRl0
上条「うあっ・・・」サワッ

御坂妹「当麻さんってば少し触っただけなのに・・・敏感なんですね、とミサカはry」

上条「あぁ・・・気持ちいいよミサカ・・・」シコシコ

御坂妹「とりあえず一発イっときますか、とミサカはアナルに指を入れ軽く電撃を流します」

上条「うわっ!」ドピュッ

上条「はぁ・・・はぁ・・・す、凄いなそれ・・・」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:02:08.75 ID:ofnk3RRl0
御坂妹「ミサカの必殺技なのです、とミサカは胸を張ります」

上条「じゃぁ、今度は俺の番だな」ニヤリ

御坂妹「やっ…ん」サワサワ

上条「俺のやつを触ってただけなのにもう濡れ濡れだな」

御坂妹「んぁッ…そんなぁ…」クチュクチュ

上条「ミサカはとんだ変態さんだなぁ」クチュッ

御坂妹「やっ…とうまさんそこはっ!」

御坂妹「んっ………ぁ、ぁあっ!」

御坂妹「はぁっ…はぁっ…」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:05:50.53 ID:/q2/US2D0
>>171
まぁそーゆー個体もいるってことで。

御坂妹「とうまぁ…」トローン

上条「ん?なんだミサカ」

御坂妹「キス…して欲しいです、とミサカは更なる快感を求めます」

チュッ…クチュッ

御坂妹「んっ……」

御坂妹「っぷはぁ…」

御坂妹「当麻さんのここ…凄く熱いです…」

上条「あぁ、今度は口でしてくれないか?」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:08:15.73 ID:/q2/US2D0
御坂妹「良いです…よ、当麻さんとならどんな事でも出来ます…」

御坂妹「んっ……っ」

御坂妹「んっちゅ……っぷはぁ」

上条「気持ちいいよ…ミサカ…」

御坂妹「んっふ…」ピチャッ

御坂妹「ひゃうっ!と、とうまさん!?」

上条「ん?なんだ?」

御坂妹「な、な、な、なにを?!」

上条「いやぁミサカにも気持ちよくなってもらおうと思って」クチッ

御坂妹「ひゃうん!」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:12:18.57 ID:/q2/US2D0
上条「ミサカでもそんな声出すんだな」ニヤリ

上条「燃えて来たぞー」

上条「ほらほらぁーお口がとまってますよぉー」クチュクチュ

御坂妹「やっ…あぁん!」

御坂妹「っとうまぁ…も、もうミサカは…ミサカはぁぁぁぁぁぁぁん!!」

御坂妹「ビクッ…ビクッ…!」

上条「風呂上がってベッドにいこうか」

御坂妹「は…はい…」ハァハァ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:15:19.51 ID:/q2/US2D0
ベッドへ
御坂妹「当麻さん…大好きです…とミサカは愛の言葉を囁きます」

上条「あぁ、俺もだよミサカ…」

チュッ…クチュッ

御坂妹「当麻さんのキス…とても情熱的で激しいです…」

上条「あぁ…ミサカ…もう、入れてもいいか…?」

御坂妹「はい……」クチッ

御坂妹「んっ…上条さんのが入ってくるっ…!」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:19:47.43 ID:/q2/US2D0
上条「痛くないか?ミサカ…」

御坂妹「大丈夫ですっ…ん」

上条「動くぞっ」

御坂妹「はいっ…んあっ!」

御坂妹「あっ…ん……ふっ!」

上条「はぁっ…はぁっ…」ズンズン

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:23:43.22 ID:/q2/US2D0
御坂妹「だいぶっ…気持ちよくなってきました……っあん!とミサカはぁぁぁん!」ハァハァ

上条「そうっかっ!」グン!

御坂妹「っつぁぁぁん!」

御坂妹「っこんなぁ、動物みたいなあぁぁぁん!」

上条「さっきの体位とは違うとこに当たって気持ちいいだろっ!」

御坂妹「確かにっ!気持ちいいですけどミサカは当麻さんの顔を見ながらしたいですっ!あぁん!」

上条「そうかそうか」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:26:53.64 ID:/q2/US2D0
上条「だが断るっ!」ズンズン!

御坂妹「っあぁぁん!っもう、ミサカはミサカはぁぁああ!」

上条「俺もっイくぞっ!」

御坂妹「っあぁぁぁあアあぁぁん!!」

上条「んッ!」ドビュッシー

上条、御坂妹「っはぁっはぁ……」

パタリ

御坂妹「とうまさん…」

上条「なんだ?ミサカ?」

御坂妹「だーいすきです!」


終われ

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:45:23.77 ID:/q2/US2D0
初SS投下でかなりgdgdでしたがこれで終わります
見てくださった方、支援してくださった方ありがとうございました。

もっと構成力とか文章作りとか色々がんばります

それではまたどこかで。ノシ

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:48:24.61 ID:/q2/US2D0
あ、なんか>>173あたりからID変わってました。
>>1です

そんだけです
今度こそノシ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。