FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝子と百合子

645 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/14(月) 23:11:07.45 ID:wpMC5EDO [14/22]
くそ、日本戦までに間に合わなかったでも出来ちゃったから投下する。7レスほど貰う。いつも通り誤字脱字は脳内補完でお願いします

646 名前:帝子と百合子[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:11:33.10 ID:wpMC5EDO [15/22]
――とあるカフェ――

帝子「お前、女だったのか」

百合子「そォいうてめェは男じゃなかったのかよ」

帝子「目が覚めたらこの体にさせられてたんだよ」

百合子「は、ご愁傷様ァ」

帝子「てめえのせいだろ」

百合子「つゥか、死んでなかったのかよ?」

帝子「学園都市マジパねえ。常識通用しないもん」

百合子「『もン』とか言うな『もン』とか」

帝子「私の未元物質に常識は通用しないもん!」

百合子「……てめェのそれはどこに需要があンだよ?」

帝子「あ? そんなの書いてる奴に決まってるだろ」

百合子「? よく分からねェが需要あンのか……」

帝子「お前は逆に需要有り過ぎだろ」

百合子「学園都市1位様に隙はねェンだよ」

帝子「幻想殺しとフラグ建てられるってどんな気持ち? ねぇ、どんな気持ち?」

百合子「てンめェ……!!」

帝子「おー怖い怖い。そんなに睨んでたら皺が増えるわよ?」

647 名前:帝子と百合子[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:12:02.38 ID:wpMC5EDO [16/22]
百合子「なンでてめェはそンなに馴染ンでンだよ……」

帝子「なんつーか心機一転、みたいな?」

百合子「うわァ……」

帝子「引くなよ!? てめえのせいなのを忘れんじゃねぇ!!

百合子「だってよォ……」

帝子「そういうお前だって普通にスカート履いてんじゃねえか!」

百合子「レディースデーなンだから仕方ねェだろォがよォ!? ちゃンと女に見える格好しねェと怪しまれんだろォ!?」

店員「すいません、店内ではお静かに」

帝子・百合子「あ、すいません(ン)」

帝子「客への迷惑も第1位ってか?」

百合子「その分野でも第2位のクセによく言うぜ」

帝子「その分野の1位とかあり得ねえし」

百合子「……」

百合子(常識ありまくりじゃねェか)

648 名前:帝子と百合子[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:12:28.16 ID:wpMC5EDO [17/22]
帝子「なにお前、人間公害にでもなりてえの?」

百合子「ンな訳あるか。むしろそれを反射する側だっての」

帝子「なぁ」

百合子「あァ?」

帝子「お前って紫外線も反射出来るんだよな?」

百合子「あァ。それがどォした?」

帝子「正直、羨ましいです」

百合子「はァ? てめェだって未元物質でなンとかなんじゃねェの?」

帝子「俺の未元物質はお前と違って『有害なものは反射』みたいな便利な設定出来ねえの」

百合子「は、さすがは格下だなァ」

帝子「紫外線を殺人光線になら出来るんだけどな」

百合子「てめェの方がよっぽど人間公害じゃねェか」

帝子「黙れ貧乳」

百合子「はァ!? いきなりなに言っちゃってンですかァ!?」

店員「あの、お静かに……」

百合子「あ、すいませン」

帝子「やーい」

百合子「チッ」

649 名前:帝子と百合子[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:12:59.05 ID:wpMC5EDO [18/22]
百合子「つゥか、胸なンかあっても邪魔なだけだろ」

帝子「最初は、な」

百合子「最初ォ?」

帝子「あぁ。男女問わずチラッと見られる優越感っての? これはなかなかだぜ」

百合子「……」ゴクリ

帝子「第1位様がこの優越感を味わえないとか可哀想でならねえわ」

百合子「……くだらねェ」

帝子「あ?」

百合子「今の時代は貧乳なンだっつーの。ステータスであり希少価値なンだよ」

帝子「夢見てんじゃねえ。現実を見ろよ。『貧乳を気にするのがいいんだ』とか大勢は言うが、その貧乳を気にしないお前はその大勢には入らないんだよ」
百合子「な、なンだと?」

帝子「それに比べて俺は学園都市製の形のいいDだ。どう振る舞っても大勢に需要がある。よってお前の貧乳は希少価値なんかじゃなく無価値なんだよ」

百合子「!!」

帝子「そんなことも分からねえとは情けない」

百合子「む、胸なンか関係ねェ……もン」

帝子「!?」

650 名前:帝子と百合子[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:13:22.84 ID:wpMC5EDO [19/22]
百合子「だ、大事なのは気持ちだもン」

帝子「やめろよ気持ち悪い……」

百合子「はっ、どォだ! 学園都市第1位の引き出しの多さを思い知ったか!?」

帝子「強がってるけどめっちゃ顔赤くなってんぞ」

百合子「う、うるせェ!」

帝子「なるほど。これかツンデレというやつか」

百合子「変に納得してンじゃねェよ!」

店員「あの、お客様……」

百合子「あ、すいませン」

帝子「そろそろ周りの目が痛いな。出るぞ百合子」

百合子「普通に呼ぶンじゃねェよ」

帝子「俺は帝子でいいぜ」

百合子「話を聞けよ。つゥかさり気なく伝票渡すな」

帝子「だって俺、死んだことになってて今まで資産全部取り上げれて金ないんだもん」

百合子「金ないのに誘ったんですかァ!?」

帝子「垣根が復活したじゃインパクト弱いと思ったからコーヒー釣ろうと思ってよ、そんでここのコーヒー美味しかった覚えがあるから誘ったんだよ」

百合子「なンか色々滅茶苦茶な気がすンぜェ。まァ、確かにコーヒーは美味かったがな」

帝子「だろ? 俺に感謝しろよ」

百合子「奢らせなかったら感謝してるところだったぜェ」

651 名前:帝子と百合子[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:13:48.63 ID:wpMC5EDO [20/22]
――とある公園――

帝子「クレープうめえ」

百合子「たまごボーロうめェ」

帝子「イチゴミルクうめえ」

百合子「コーヒーうめェ」

帝子「ところでお前、ツンデレなんだよな?」

百合子「ぶふぉっ!? がはっ! ……違ェよ!」

帝子「違うのかよ」

百合子「違ってなかったらどうなンだよ?」

帝子「お前がツンデレなら俺はクーデレでいこうかなって」

百合子「お前の頭は一体どォしちゃったンですかァ……」

帝子「いや属性って重要だと思うんだが」

百合子「一理あるっちゃァ一理あるよォな?」

帝子「だろ? 上から順にツンデレ、クーデレ、ビリデレ、ヤンデレ。デレを一通り網羅してこそのレベル5だ」

百合子(ビリデレはおかしくねェか?)

百合子「そォ言えば、5位まで全員女か」

帝子「学園都市の男女比がおかしくなりそうだな」

百合子「だからてめェは女に馴染み過ぎだっつの。てめェ、もしかして元々あっち側の人間だったンじゃねェの?」

652 名前:帝子と百合子[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:14:16.39 ID:wpMC5EDO [21/22]
帝子「そんな馬鹿な話があるか!」

百合子「チッ、つまンねェの」

帝子「つまる! あ、でも女同士はありかもな」

百合子「!?」

帝子「そういやお前も女なんだよな……?」

百合子「だ、だったらなンだってンだよ……?」

帝子「お前を犯して第1位になる」

百合子「いやいやいや、意味わっかンねェし!? ちょ、にじりよって来るンじゃねェ!?」

帝子「その白い肌を赤く染めてやるよ……」

百合子「肩を組むな耳元で囁くなそして顔が近ェ!!」

帝子「ぐほっ! い、いきなり反射すんなよ! 危ねえじゃねえか!?」

百合子「危ねェのはてめェだっての!? 本気でどォしちゃったンですかァ!? 倫理的常識はどこに行っちゃったンですかァ!?」

帝子「冗談だって。……顔真っ赤なお前こそどうしちゃんだよ」

百合子「う、うるせェ! だァもゥ帰る! これ以上付き合ってられるか!」

帝子「待って下さいまし!」

百合子「うぜェ!」


続く?

653 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 23:15:14.43 ID:wpMC5EDO [22/22]
また山もオチもないものを書いてしまった。よし、日本頑張れ

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。