FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律「私は……誰?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 20:48:25.74 ID:rbm2RIUq0
部室にて

唯「おいしー♪ ムギちゃんのクッキーおいしー♪」

紬「喜んでもらえてよかったわ♪」

律「なあ、ワンダーパーク(USJ的な場所)にさ、新しいジェットコースターが出来たんだって!」

ぐらぐら

梓「それって今、日本で一番怖いって噂のやつですよね」

唯「猛スピードで落ちてグルグル回ったりするやつだっけ?」

律「そうそう、そのスリルに乗った人の半数は途中で気を失うんだって!」

ぐらぐら

澪「(猛スピードでグルグル……気を失うほど怖い……)」

律「面白そうだよなー」

紬「りっちゃんはそういうの好きだものね」

律「はー、乗ってみたいなー。そうだ、澪も一緒に乗ろうぜ?」ニヤニヤ

ぐらぐら

澪「絶ッッ対に嫌だ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 20:53:26.09 ID:rbm2RIUq0
律「そんなこと言わずに付き合ってよー」

ぐらぐら

澪「嫌だ」

律「みーおー」

ぐらぐら

澪「あんな怖いモノ……どんなことがあっても絶対に乗らないぞ!」

律「ちぇっ」

ぐらぐら

梓「さっきから気になってるんですけど……その座り方、危なくないですか?」

律「ん? コレ?」

ぐらぐら





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:01:30.98 ID:rbm2RIUq0
椅子の後ろの脚に重心を移し、バランスをとって座る律

梓「小学生の時に男子がよくやってましたけど……」

澪「高校生にもなってやる奴なんてお前くらいだぞ」

唯「後ろに倒れたら危ないよ?」

律「へーきへーき♪手だって離しちゃうもんねー♪」

ぐらぐら

律「それより澪、ジェットコースター乗ろうよー」

ぐらぐら

澪「それだけは絶対に嫌だって言ってるだろう!」

律「もー、つまんないなー……」

グラッ

紬「りっちゃん、危ない!」

律「やばっ!」

ガターン!!

澪「律!?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:05:16.57 ID:rbm2RIUq0
唯「りっちゃん!」

梓「律先輩!」

澪「見ろ、言わんこっちゃない!」

紬「大丈夫?りっちゃん」

律「いたた……」

梓「よかった……血とかは出てないみたいですね」

澪「まったく、だから危ないと言っ……」

律「私は……誰?」

澪「えっ?」

律「ここは……どこ?」

紬「まさか……」

律「みなさん……誰ですか?」

一同「記憶喪失!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:10:01.48 ID:rbm2RIUq0
梓「律先輩!ほんとに何も覚えてないんですか!?」

律「リツ……私の名前はリツというんですか?」

澪「私たちのことも忘れてるのか?」

律「何も……思い出せないんです……」

唯「り、りっちゃんが大変なことにぃ!」

澪「頭を打った衝撃で記憶が飛んじゃったのか……」

紬「一体、どうすれば……」

澪「とりあえず、記憶を呼び覚ましてみよう」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:19:01.78 ID:rbm2RIUq0
律「あの……まずは私の名前と、どんな人だったかを教えていただきたいのですが」

澪「そうだな。お前の名前は律。田井中 律だ。性格は……」

梓「なんかいつもガサツで不真面目で」

紬「明るいというか能天気というか」

唯「いつもふざけてばっかりで澪ちゃんに叱られてた!」

律「なんというか……ろくなヤツじゃなかったんですね」

澪「気にするな。いいところもあったぞ」

律「例えば?」

澪「……とにかく元気だったな」

律「……(それだけ?)」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:27:06.51 ID:rbm2RIUq0
澪「次は私たちのことを思い出してもらうか」

唯「りっちゃん!私だよ!唯だよ!」

律「ユイ……さん?」

唯「思い出してりっちゃん!合宿の夜、ふたりでこっそり
   澪ちゃんの寝てる部屋を……」

澪「私の寝てる部屋を……どうしたって?」

唯「!? と、とにかく私たちの思い出を取り戻して!」

澪「(今度じっくり問い詰めよう)」

律「ユイ……」

唯「思い出した?」

ぎゅむっ

唯「ほにゃあ!?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:31:20.43 ID:rbm2RIUq0
むにゅむにゅ

律「このほっぺたのさわり心地……覚えがあるような……」

むぎゅむぎゅ

澪「ほんとか?もっとしっかり触ってみろ!」

もにゅもにゅ

唯「んにゅう」

むぎゅむぎゅ

唯「ふみゅぅ」

律「……」

紬「どう?りっちゃん」

律「……ダメみたいです」

澪「ダメだったか」

唯「うう……私のほっぺは揉まれ損?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:36:16.33 ID:rbm2RIUq0
紬「りっちゃん、私よ。紬、ムギよ」

律「ツムギさん……」

澪「いつもお菓子を持ってきてくれるムギだぞ?」

紬「そうだ」

ガチャガチャ

紬「コレ、りっちゃんがいつも使ってたティーカップよ?」

律「ティーカップ……」

紬「これはりっちゃんが好きだったクッキー」

律「おいしそうなクッキー……」

紬「でしょ?さあ、食べてみて」

サクサク

律「……・」

紬「どう?」

律「もう一個食べたら思い出せそうな気が……」

紬「ほんと!?じゃあ、はい!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:40:28.86 ID:rbm2RIUq0
律「紅茶もいただいていいですか?」

紬「もちろんよ。はい、熱いから気をつけてね」

ゴクゴク

紬「どう?思い出せそう?」

律「もうひとつクッキーを……」


~その後、クッキー10個食べて紅茶おかわりしました~


律「げぷ……お腹いっぱいです」

紬「で?記憶は?」

律「まったく思い出せません」

澪「満腹になっただけかよ……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:45:20.85 ID:rbm2RIUq0
梓「先輩、梓です」

律「アズサ……」

梓「思い出してくださいよぅ…」グスン

律「ネコ……」

梓「ねこ?」

律「あなたを見ていると……何故かネコを思い出したんです」

澪「そうだ!この前の猫耳梓だ!」

唯「あずにゃん!コレつけて!」

梓「ええっ!?」

紬「梓ちゃん、こないだみたいにニャーって」

澪「律のためだ!がんばれ梓!」

梓「にゃ、ニャー……///」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:49:10.00 ID:rbm2RIUq0
律「かわいい……」

なでなで

梓「ニャー///」

なでなで

唯「あずにゃん!もっとネコっぽく!」

梓「(ネコっぽく!?)にゃーん」

すりすり

律「すごくかわいいです」

なでなで

梓「(うぅ……先輩のためにガマンガマン……)」

澪「思い出せそうか?」

律「残念ながら……」

唯「こ、このかわいさでもダメだなんて!」

梓「(そもそも途中からのねこっぽさは意味なかったような……)」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 21:58:09.10 ID:rbm2RIUq0
澪「おい律! 私だ、澪だ! いい加減思い出せ!」

律「ひいっ」

紬「ダメよ澪ちゃん、怖がってるわ」

唯「よしよしりっちゃーん、怖くないよー」

澪「ご、ごめん……つい」

梓「律先輩、澪先輩ですよ。幼馴染ですよ」

律「おさななじみ……」

澪「今も、お前が誘ったから軽音部にいるんだぞ?」

律「けいおんぶ?」

紬「そっか、部活の事も忘れてるのよね」

梓「ライブの映像を見せてみたらどうでしょう?」

澪「唯、文化祭の時のビデオ準備して」

唯「らじゃー!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:28:27.87 ID:rbm2RIUq0
君を見てると いつもハートDOKI☆DOKI


澪「ほら、今歌ってるのが私だぞ」

唯「後ろでドラム叩いてるのがりっちゃんだよ」

律「なんだか見覚えがあるような……」

ドタッ  キャー

梓「ここ、澪先輩が転んでパ……・下着が見えたんです///」

澪「(唯ったらよりによってこの時のを選んでこなくても……///)」

律「今のところ、巻き戻してもらえますか?」

紬「えっ?わ、わかったわ」

ドタッ

律「もう一度」

ドタッ

律「すみません、もう一度。何か思い出せそうで…」

澪「(うぅぅ……///何でもいいから早く思い出してくれ!)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 22:35:27.27 ID:rbm2RIUq0
澪「ハァ……ど、どうだ?何か思い出せたか?」

律「全然ダメでした」

澪「私が恥ずかしい思いしただけじゃないか!!」

律「ひえぇ」

紬「澪ちゃん!」

澪「うう……わかってる……わかってるんだけど…・…」

梓「もう、今日は練習を中止して帰った方がよくないですか?」

紬「そうね……一晩経てば、治るかもしれないし」

澪「はぁ、仕方ない。今日のところは帰ろう」

律「すみません。私のために……」

紬「気にしないで、りっちゃん」

唯「りっちゃんは思い出せるようにがんばって!」

律「みなさん、本当にありがとうございます」

澪「じゃあ、戸締りして帰るか」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:36:40.10 ID:rbm2RIUq0
風呂に入ってきます

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:01:30.33 ID:rbm2RIUq0
廊下

唯「あ、和ちゃん」

和「あれ?今日は練習終わるの早いね」

澪「実は……」

~説明中~

和「それは大変ね……」

唯「りっちゃん、生徒会長の和ちゃんだよ?」

律「のどかさん……」

和「無理に思い出さなくてもいいからね」

律「和さんを見てると、なんだか謝らなければいけないような気になります」

澪「ああ、いつも迷惑かけてたからね……」

律「すみませんでした!」

和「いや……何もされてないし」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:07:11.94 ID:rbm2RIUq0
紬「和ちゃん、何か記憶を戻す方法を知らないかしら?」

和「頭を打って記憶を失ったのよね?」

澪「なさけない理由でだけどな」

和「じゃあ、もう一度頭に強いショックを与えれば……」

梓「職員室に工具箱がありました!」

紬「音楽室のアンプ!」

唯「でっかい花瓶があるよ!」

澪「よーし、じっとしてろぉ、律」←ゲンコツを準備

律「ひえぇぇぇ……」ガタガタガタ

和「……あんたら律を殺したいの?」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:11:17.53 ID:rbm2RIUq0
和「まあ、ショックを与えるのは極端な方法だから……」

紬「やっぱり、自然に戻るのを待つほうがいいのかしら」

和「うん、それが一番だと思うわ」

唯「他に方法はないの?」

和「うーん、言ったことのある場所を巡ってみるとか」

澪「よし、明日は休みだし、いろいろ回ってみよう」

和「大変だと思うけど、がんばってね。私も協力するから」

唯「和ちゃん……ええ人やぁぁぁ!!」

ぎゅー

澪「ありがとう。いろいろ試してみるよ」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:20:42.00 ID:rbm2RIUq0
帰り道

紬「じゃあ、私たちはこっちだから」

澪「ああ、律は私が家まで送っていくよ」

唯「ファイトだよりっちゃん!」

律「みなさん、今日はありがとうございました」

梓「では、また明日」

澪「ああ、また明日もよろしく頼む」



田井中家前

律「澪さん、ありがとうございました」

澪「オバさんや聡には私から説明しようか?」

律「いえ、両親や弟には自分で説明しますので」

澪「そうか……じゃあ、私はこれで」

律「はい、明日もご迷惑おかけします」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:25:13.81 ID:rbm2RIUq0
澪「そうだ」

律「?」

澪「携帯に私のアドレスと番号が入ってる」

律「そう言えば、携帯を持っていました」

澪「何かあったら何でも相談してくれ。夜中でもいつでも、遠慮しなくていい」

律「はい、ありがとうございます!」

澪「じゃあ、また明日な」

律「はい、また明日……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:37:15.15 ID:rbm2RIUq0
翌日、商店街

梓「まずは楽器屋さんに行ってみませんか?」

律「楽器屋さん……」

澪「ああ、よく行く場所だからな」

唯「レッツゴー!」

楽器屋

澪「ほら、よく来てる楽器屋だぞ? 何か思い出さないか?」

律「うーん……」

店員「いらっしゃいませ」

澪「いつもの店員さんだぞ」

梓「実はこの人が記憶を失ってしまって……」

紬「なにか治す方法を知らないかしら?」ニコッ

店員「(紬お嬢様の目が怖い……)」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:42:46.07 ID:rbm2RIUq0
紬「どうかしら?」ニコニコ

店員「(ヤバイ……答えなきゃクビって言いたげな目だ……)」

澪「あの、無理しなくて結構ですから」

店員「す、すみません!お役に立てなくてすみませんでした!」←土下座

澪「いえ、そこまで謝らなくても……」

紬「そうよ、ありがとう」

店員「(今日までありがとうって意味ですかぁぁぁ)」

チーン

澪「店員さん……なんかすごく落ち込んでるぞ?」ひそひそ

紬「きっと大丈夫よ。他のお店に行ってみましょ♪」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:51:21.96 ID:rbm2RIUq0
その後

澪「ハンバーガーショップにその他もろもろ……」

梓「どこへ行っても律先輩の記憶は戻らず」

律「ごめんなさい……私のために……」

唯「そうだ! 私の家!」

澪「そう言えば、クリスマス会とかやったな」

紬「行ってみる価値はあると思うわ」

澪「よし、唯の家に行ってみるか」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/16(火) 23:59:25.24 ID:rbm2RIUq0
平沢家

律・澪・梓・「おじゃましまーす」

憂「律さん、お姉ちゃんから話は聞いています」

律「憂さんにまで迷惑をおかけしてたんですね……」

憂「そこで、治す方法を調べてみたんです」

唯「ショック療法はダメだよ!」

憂「大丈夫。催眠術だから」

澪「催眠術?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:04:35.81 ID:S1Gf1GY10
憂「律さん、この五円玉の先を見つめててくださいね」

ゆらゆら

憂「リラックスして……思い出してくださーい……」

ゆらゆら

憂「ゆーっくり……記憶を呼び覚ましてくださーい……」

律「……」

唯「……」

バタッ

澪「ゆ、唯!?」

唯「ZZZZZ……」

憂「もー、お姉ちゃんったらこんなとこで寝ちゃって♪ 毛布毛布♪」

梓「律先輩、思い出しましたか?」

律「いえ……何も……」

澪「ダメだったか……」

唯「ZZZZ……むにゃ……」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:10:09.22 ID:S1Gf1GY10
憂「ごめんなさい、お役に立てなくて……」

澪「気にしなくていいよ。それより、ありがとう」

紬「唯ちゃんは寝かせたままにしとこうか」

澪「そうだな。起こすのもかわいそうだ」

梓「ありがとね、憂」

憂「うん、私も応援してる」

律「あ、あの……」

澪「どうした?」

律「な、何でもないです……」

紬「?」

澪「じゃあ、また。唯のことよろしく」

律「……」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:16:45.60 ID:S1Gf1GY10
紬「でも、どうやったら記憶が戻るのかしら……」

梓「もう、いろんなこと試しましたよね」

紬「このままずっと戻らなかったら……」

澪「……なあ、これから私と律を二人きりにしてくれないか」

梓「二人きりに?」

澪「私と律は小さい頃からずっと一緒だから」

澪「二人だけの時間で思い出すこともあるかもしれない」

紬「……そうね。じゃあ、ここからは澪ちゃんに任せるわ」

梓「では、私たちはこれで」

澪「うん、二人ともありがとう」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:18:10.89 ID:S1Gf1GY10
律「これからどこへ行くんですか?」

澪「部室だ」




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:24:43.15 ID:S1Gf1GY10
部室

澪「あれはお前がいつも叩いてたドラムだ」

律「ドラム……」

澪「座ってみてくれないか」

律「は、はい」


ドラムの椅子に座る律


澪「お前はいつもそこに座ってドラムを叩いてた」

澪「いつも走り気味でさ、力こめすぎて、みんなの調和を乱すんだ」

律「もうしわけないことを……」

澪「でも」

澪「みんな、律のドラムが好きだった」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:31:57.11 ID:S1Gf1GY10
澪「お前とは幼稚園の頃からの付き合いだけど」

澪「ほんとに迷惑ばかりかけれてたよ」

澪「ガサツでふざけてばかりで能天気で」

澪「人の嫌がることを嬉々としてやるんだ」

澪「ホントにどうしようもないヤツだったよ、お前は」

律「……」

澪「だけど……」

澪「私の……大切な……最高の……友達だ」

律「……」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:40:04.00 ID:S1Gf1GY10
澪「今までの思い出、全部忘れちゃったのは悲しいけど」

澪「それでも、律は律だよな」

律「……」

澪「まあ、思い出はゆっくり思い出していけばいいさ」

律「……」

澪「そうだ! 記憶が戻ったら、お祝いにみんなでワンダーパークへ行こう!」

澪「唯もムギも梓も……和も憂も誘ってさ、1日中、思いっきり遊ぶんだ」

澪「フリーパス買って……全部のアトラクション回って……」

澪「そうだ! お前が乗りたがってた超怖いジェットコースター、あれも付き合ってやる!」

律「澪……」

澪「だから……」

澪「私たちのこと……思い出してくれよ……」

律「……くすっ」

澪「……律?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:43:49.45 ID:S1Gf1GY10
律「くす……くふっ…・・」

澪「り、律……?」

律「くっ……アハハハハハ!!!!」

澪「ど、どうしたんだ!?」

律「み、澪ったら! 真面目な顔で恥ずかしいこといっぱいしゃべって!」

澪「お前……記憶が戻ったのか!」

律「いや、戻ったっていうか……アハハハハ」

澪「お前……まさか!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:46:50.98 ID:S1Gf1GY10
2日前

ガターン

唯「りっちゃん!」

紬「大丈夫?りっちゃん」

律「いたた……(そうだ、ここで記憶がなくなったフリしたら面白いかも……)」

梓「よかった……血とかは出てないみたいですね」

澪「まったく、だから危ないと言っ……」

律「私は……誰?」

澪「えっ?」

律「ここは……どこ?」

紬「まさか……」

律「みなさん……誰ですか?」

一同「記憶喪失!?」

律「(ウヒヒ……上手くいった)」

律「(よーし、ちょっと遊んじゃえ)」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:50:58.32 ID:S1Gf1GY10
律「それで! ウソって言い出すタイミングがわかんなくてさ! ハハハ」


30分ほど前

紬「唯ちゃんは寝かせたままにしとこうか」

澪「そうだな。起こすのもかわいそうだ」

梓「ありがとね、憂」

憂「うん、私も応援してる」

律「あ、あの……」

澪「どうした?」

律「な、何でもないです……」

律「(どうしよう、どんどん言い出し辛くなってきた……)」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 00:57:04.95 ID:S1Gf1GY10
澪「こんのバカ律!!!」

ボカボカ

律「ハハハ! ご、ごめん! 反省してるっ! ハハハ」

澪「何が反省だ! 涙目になるほど笑ってるくせに!」

ポカポカ

澪「みんなに迷惑かけて!」

ポカポカ

澪「みんなを心配させて!」

ポカポカ

澪「みんなを悲しませて……」

ポカ

澪「ほんとにお前は……大馬鹿だ!」

……


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 01:06:42.66 ID:S1Gf1GY10
律「ハハ……だからゴメンって! すっごい反省して……」

澪「ぐすっ……」

律「……」

澪「ぐすっ…うぅ…」

律を抱きしめる澪

澪「本当に……よかった……」

律「……ゴメン、澪」

澪「ぐす……心配……したんだぞ」

律「うん、知ってた」

澪「もう二度と……心配かけないって約束しろ」

律「うん……約束するよ」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 01:08:41.53 ID:S1Gf1GY10
澪「絶対……だぞ」

律「うん」

澪「絶対の……絶対だからな」

律「うん……澪」

澪「何?」

律「ありがとう」

澪「……うん」

律「それと」

律「大好き」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 01:13:05.81 ID:S1Gf1GY10
翌日

律「いやー、みんなホントにゴメン!」

唯「もー、りっちゃんったら酷い!」

梓「みんなどれだけ心配したことか! ……グスン」 

紬「でも、元通りになってよかったわ」

律「ところで澪、昨日の約束覚えてる?ホラ、ジェットコースターの話」

澪「さあな。忘れたよ」

唯「今度は澪ちゃんが記憶喪失!?」

梓「いや、違いますから」

律「何はともあれ、一件落着♪」

澪「まったく……」

バターン(ドアが勢いよく開く)

さわ子「りっちゃん!」

澪「さわ子先生!?」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 01:20:18.01 ID:S1Gf1GY10
さわ子「真鍋さんから話は聞いたわ! 記憶喪失なんですって!?」

律「いや、それは実は……」

さわ子「かわいそうなりっちゃん! でも、もう大丈夫! いいモノを持ってきたわ!」

律「いいモノ?」

さわ子「保健室の先生に調合してもらった、にが~~~~い漢方薬よ!」

律「げっ、何その色とにおい……」

さわ子「これを飲めばショックで何もかも思い出すわ! さあ、一気に!」

律「み、澪! 先生に説明を……」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 01:21:56.00 ID:S1Gf1GY10
澪「よかったな律! これで記憶が戻るぞ!」

律「ちょ……誰か!」

紬「よかったわね、りっちゃん」

唯「りっちゃん、ファイトで飲み干して!」

梓「グビっといっちゃいましょう!」

さわ子「さあ、口を開けて……」

律「ひっ……ひいいいい」


ゴクッ……



律「ぎょえええええええ!!!!!」

おわり

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:49:57.24 ID:BmW/tYAZ0
風呂出た?まだ?服着なくていいから書けよ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/17(水) 01:28:01.27 ID:S1Gf1GY10
実は
>>15で紅茶があると知っていたこと
>>32で聡と聞いて、すぐに弟だと言ったこと
>>39で会ったばかりの憂の名前を当てたこと
が、記憶を失っていないことの伏線だったりしました

あと、>>25さん
もう……服、着ていいですよね?


ここまで付き合ってくださった方々、本当にありがとうございました


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。