FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「私、唯先輩のことが……好きです」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:27:32.63 ID:HGP2br+10 [1/58]
唯「あ、あずにゃん急にどうしたの!?」

梓「どうしたもこうしたもありませんよ。さっき言った通り、私は唯先輩のことが好きです。愛してます」

唯「あ、愛してるって……///」

梓「唯先輩はいっつも笑顔で、優しくて、可愛くて、あったかくて、何だか放っとけなくて……」

唯「あずにゃん……」

梓「女同士なのに、こんなこと言ってしまってごめんなさい……」

唯「……」

梓「この気持ちは胸にしまっておこうと思っていたんですけど、どうしたも我慢出来なくて……。気持ち悪いですよね、迷惑ですよね……」ポロポロ

唯「そ、そんなことないよ!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:36:57.65 ID:HGP2br+10
梓「いいんです、唯先輩……私が変なんです。気にしないで下さい、この気持ちを伝えられただけで私は満足ですから……」

唯「変じゃないよ、あずにゃん!」ギュッ

梓「えっ、唯先輩……?」

唯「私も……あずにゃんのこと、好きだよ」

梓「ふえっ!?」

唯「いつも抱きつくのは、私なりのアプローチのつもりだったんだけど……。えへへ、伝わりにくかったかな?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:40:48.87 ID:HGP2br+10
梓「……いえ、伝わってましたよ、唯先輩」ギュウッ

唯「あ……。あずにゃんから抱き締めてくれたの、初めてだね」

梓「……」

唯「……」

梓「唯先輩……」

唯「な~に、あずにゃん……」

梓「付き合って、くれますか……?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:44:55.82 ID:HGP2br+10
唯「ふふ、あずにゃん震えてる」

梓「う、うるさいです」

唯「もちろんオーケーだよ、あずにゃん。これからよろしくね……♪」チュッ

梓「あ……えへへ……///」

唯「じゃあさっそく始めよっか!」

梓「はい!じゃあ私がまず唯先輩の足を押さえときますんで……」

唯「IDの数だけ、腹筋だね!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:50:30.44 ID:HGP2br+10
律「み~お♪」モミッ

澪「ひゃあああっ!?な、何すんだ馬鹿律!///」

律「むう……また大きくなった?」モミモミ

澪「揉むな~!///」

律「不公平だよな~……私の胸はこんななのに……」ペターン

澪「はあ、はあ……。り、律もそのうち大きくなるよ、きっと」

律「何かその言い方ムカつくー!」

澪「そんなことないって……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:53:40.65 ID:HGP2br+10
律「唯より小さい気がするんだよな~……」

澪「可愛い胸じゃないか」ニヤニヤ

律「う、うっせー!このおっぱい星人め!」

澪「おっぱい星人って……」

律「澪やムギには分からないんだ!胸が小さいことがどれだけ悲しいことなのか!」

澪「私は好きだけどなあ、律のちっぱい」ツンツン

律「ち、ちっぱいって言うな!あと触るな!///」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:57:20.21 ID:HGP2br+10
澪「……」ツンツン

律「ひあっ!?や、やめろって……///」

澪「なあ律……」

律「な、何だよ……?」

澪「本気で胸を大きくしたいのか?」

律「え?そりゃもちろんだけど……」

澪「実は私、胸を大きくするいい方法を知ってるんだけど……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 01:59:19.56 ID:HGP2br+10
律「ほ、本当か!?」

澪「ああ」

律「教えて下さい澪せんせー!」

澪「教えてもいいけど……律には辛いかもしれないぞ?」

律「構わない!胸大きくしたい!」

澪「私の言うことに絶対に逆らわないな?」

律「う……そこまで言われると怖くなってきたけど、それで胸が大きくなるなら……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:03:57.09 ID:HGP2br+10
澪「分かった、決意は固いんだな……。じゃあ、まずは服を脱げ」

律「分かった、まずは服を……ってえええええええ!?」

澪「どうした?私の言うことに逆らわないって言ったよな?」

律「う、うう……///」ヌギヌギ

澪「ぷくく、随分可愛い下着だな、律ぅ?」

律「う、うっさい///……で、何するんだよ?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:06:38.64 ID:HGP2br+10
澪「ん~、まあ簡単なことだよ」

律「えっ、ちょ……何で近寄ってくんの?」

澪「律も聞いたことくらいあるだろ?」

律「そ、その手は何……?何するつもり……?」

澪「胸は誰かに揉んでもらうと大きくなる……ってさ」

律「ああ、聞いたことあるな……ってまさか!?」

律(澪が私の胸を揉むの?揉みしだくの!?///)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:08:47.54 ID:HGP2br+10
澪「まあ私はそんなことはしないけどな」

律(な、何だしないのか。ホッとしたような、残念なような……)

澪「私が編み出した方法は、もっと凄くて効果的だからな」フフン

律「も、もっと凄いって……」

律(わ、私何されちゃうのー!?///)

澪「覚悟しろよ、律ぅ!」ガバッ

律「ひゃあああああっ!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:11:24.88 ID:HGP2br+10
律「ふっ、はあっ……」

澪「ほらほら、もっともっと!」

律「み、澪ぉ……も、無理……」

澪「そんなことじゃ胸を大きくできないぞ?」

律「か、勘弁してぇ……」

澪「まだ始まったばかりだろ?ほら、ちゃんとやる!」

律「これ……本当に効果あるの……?」

澪「もちろんだ、私を信じろ」

律「でも、胸を大きくするのに腹筋って……」

澪「IDの1番大きい数字×10回だからな!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:19:58.60 ID:HGP2br+10
梓「……我慢しなくていいんですよ、唯先輩」

唯「で、でもこんな場所で……。もし誰か来たら……」

梓「大丈夫ですよ。律先輩も澪先輩もムギ先輩も、掃除当番で遅れるそうですから」

唯「そ、掃除なんてすぐ終わって……ひゃっ!?」

梓「ふふっ、唯先輩は感じやすいから大丈夫です。すぐにイカせてあげます」クチュ…

唯「やあん、そこダメぇ……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:24:29.15 ID:HGP2br+10
梓「ダメって言うくせに全然抵抗しませんよね、唯先輩は。ふふ、可愛い……んっ、ちゅっ」

唯「あ、あずにゃ……んんっ!」

梓「ちゅっ、んん……」

唯(あ、あずにゃんの舌が、私の口の中をかき回して……!)

梓「ぷはっ。……さて、そろそろ始めましょうか。準備はいいですよね?」

唯「はあ、はあ……うん、あずにゃん来てぇ……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:27:16.80 ID:HGP2br+10
梓「ふふ、素直になりましたね唯先輩。可愛いです……」

唯「あずにゃん、早くぅ……」

梓「分かってますって。それじゃあ……」スッ

唯「あず、にゃん……」


梓「さ、腹筋して下さい」

唯「IDの数だけね!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:29:01.77 ID:HGP2br+10
唯「うい~、アイス~」

憂「ダ~メ!さっき食べたでしょ?」

唯「え~、もう一個食べたい……」

憂「お腹壊しちゃうかもしれないから、1日1個まで!」

唯「ちぇ~……」

憂「ほらほら、明日も学校なんだから早く寝ちゃお?」

唯「じゃあ一緒に寝よ?」

憂「ええっ!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:31:03.94 ID:HGP2br+10
唯「たまには憂と一緒に寝たいよ~。もしかして……嫌なの?」ウルウル

憂「い、嫌なわけないよ!」

憂(大歓迎だよ、お姉ちゃん///)

唯「やった~♪じゃあ先に部屋に行ってるから、早く来てね!」

憂「う、うん!」

数十分後、憂の部屋

憂「うう……洗濯物畳んでたら、遅くなっちゃった……お姉ちゃん、もう寝ちゃったかな?)

ガチャ

憂「お邪魔しま~す……」ソ~

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:35:00.01 ID:HGP2br+10
唯「すー、すー……」

憂「寝ちゃってる……よね」

憂(お姉ちゃんと布団の中でお話したかったな……。ぴ、ピロートークってやつ?///)

唯「んん……」

憂「よっと……、えへへ、隣に失礼するね、お姉ちゃん」モゾモゾ

唯「すう……」

憂「……」ジー

憂(お姉ちゃんの寝顔、可愛すぎだよお///)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:38:59.17 ID:HGP2br+10
唯「ふふ、憂……そんなに見つめられると、照れちゃうよ」

憂「わっ!?お、お姉ちゃん!?」

唯「うい~♪」ギュ~

憂「ふわ……///い、いつから起きてたの?」

唯「えへへ~最初っから!」

憂「寝たふりしてたの?」

唯「だって憂がなかなか来てくれないし……寂しかったよ~」

憂「ご、ゴメンね。洗濯物が多くて……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:41:23.43 ID:HGP2br+10
唯「ちゃんと来てくれたからいいよお」ギュッ

憂「お姉ちゃん……///」

唯「……」

憂「……」

唯「……」サワッ

憂「ひゃうっ!?」ビクッ

唯「憂……いいよね……?」

憂「う、うん。いいよ、お姉ちゃん///」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:44:28.15 ID:HGP2br+10
憂(本当は心の準備がまだだけど……お姉ちゃんが相手なら///)

唯「行くよ、憂……」ギシッ

憂「んん、おねえ、ちゃ……」


唯「ほっほっ!やっぱり憂は凄いな~、鍛えられてるって感じ!」

憂「そうかな?まあ家事とかやってるから」

唯「よ~し、私も頑張って腹筋鍛えるぞ~!」

憂「寝る前はやっぱり腹筋だよね、お姉ちゃん!」

唯「うんうん!今日書き込んだレス数×10回ね!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:46:46.05 ID:HGP2br+10
律「澪、気持ちいいか……?」

澪「う、ん……!」ピクッ

律「ふふっ、どこが気持ちいいのかな~?」

澪「ば、馬鹿!恥ずかしいこと聞くな///」

律「あらら、真っ赤になっちゃって……」グニッ

澪「あうっ!?」

律「あはは、澪はここがいいのか?ほれほれ~♪」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:48:45.87 ID:HGP2br+10
澪「うああああっ!?り、律ぅ……やめ……!」

律「止めないよ~ん♪澪も気持ちいいから本当はやめてほしくないだろ~」ギュッギュッ

澪「き、気持ちいい!気持ちいいよ、律!」

律「はは、ようやく素直になったな……可愛いよ、澪」

澪「ん……!律、律ぅ!あ、ああああああああああっ!」ビクビクッ

律「ふう……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:50:11.67 ID:HGP2br+10
澪「はあ、はあ……」

律「澪、スッキリした?」

澪「ああ、最高だったよ律……///」

律「へへん、そうだろ~?私マッサージには結構自信があるんだぜ!」

澪「さて、体も軽くなったし腹筋やるぞ!」

律「ID……いや、今回は誕生月×誕生日の回数くらいでいいか」

澪「サボるなよ!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:56:00.95 ID:HGP2br+10
梓「どうですか、唯先輩……」

唯「ああっ、あず、にゃ……!い、いきなり激しいよお!」ビクビク

梓「唯先輩は激しくするほうが好きでしょう?ほら、ほら!」クチュクチュ

唯「やあ、ああああっ!?」

梓「ビクビク震えちゃって……本当にえっちですね、唯先輩って」

唯「あうう……そ、そんなこと、ないもん……」

梓「ふふ、否定してもダメですよ。こんなに濡らしちゃってるんですから……」クチュッ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 02:57:17.83 ID:HGP2br+10
唯「ふああっ!?も、もうダメ、イッちゃうぅ……!」ビクビクッ

梓「……」ピタッ

唯「え……?な、何でやめちゃうの……?」

梓「唯先輩、イキたいんですか?」

唯「!?」

梓「イキたいならイキたいって、ちゃんと口で言って下さい」

唯「そ、そんなあ……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:00:43.97 ID:HGP2br+10
梓「できますよね?唯先輩なら……」

唯「で、でもお……」

梓「何を迷ってるんです?イキたい、イカせて欲しいって言うだけで、最高に気持ちよくしてもらえるんですよ……?」

唯「う、うん、言うよ!私、イキたいの!お願いだから、あずにゃんの指でイカせてよおっ!」

梓「自分からおねだりするなんて……えっち過ぎですよ、唯先輩」クスクス

唯「う、うう~……///」

梓「じゃあ、続き行きますよ……でもその前に」

唯「IDの数だけ腹筋!だね!」

梓「数字がない人、一桁の人は100くらいやって下さいね」ニコッ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:05:07.79 ID:HGP2br+10
紬「ふんふん♪」

律「お、どうしたムギー?何かご機嫌だな」

紬「あ、りっちゃん。実はね、珍しい茶葉が手に入ったの~♪」

律「へえ……」

紬「すごく希少で、なかなか手に入らないんだけど……」

律「ほえ~、ムギがそこまで言うなんてよっぽど珍しいものなんだな」

紬「ええ、今淹れるわね」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:09:11.56 ID:HGP2br+10
律「えっ、私が飲んでいいの!?」

紬「もちろん!そのために持ってきたんだから……さ、どうぞ♪」コト

律「いや~、何か悪いな~。じゃあいただきま~す♪」ズズ…

紬「どう、美味しい?」

律「不思議な味だけど、けっこういける……うっ!?」

紬「……♪」

律「な、何これぇ……」

律(か、体が熱い……!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:10:37.58 ID:HGP2br+10
紬「ふふ、本当にあっという間に効くのねこれ……」

律「む、ぎ……?///」ハアハア

紬「りっちゃん、体が熱くてたまらないでしょ?我慢できないでしょ?さっきのお茶を飲むと、そうなっちゃうのよ……」

律「何で、こんなことを……?」ハアハア

紬「ふふふ、決まってるじゃない。りっちゃんと一緒に楽しむためよ……♪」ガバッ

律「ムギ、待ってぇ……ああああああっ!?」


紬「ふう……やっぱり腹筋は二人でやるのが最高ね!」

律「まったく、ムギは強引だぞー?それも自分の年齢×5回もやるなんて……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:14:51.54 ID:HGP2br+10
純「梓ー……」ショボン

梓「ど、どうしたの純?」

純「指……つった」

梓「は?」

純「梓に教えてもらった指のストレッチやってたら、指つった!責任取ってよ~!」

梓「せ、責任って言われても……。というかそれ、私のせいじゃなくない?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:18:08.00 ID:HGP2br+10
純「梓のせいです!」フンス!

梓「いや、」

純「梓のせいです!」フンス!

梓「だか」

純「梓のせいなの~!」

梓「はあ……分かった分かった。取るから、責任」

純「わ~い、やったやった~♪」ピョンピョン

梓「恥ずかしいからはしゃがないで……それで、責任って何すればいいの?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:23:35.38 ID:HGP2br+10
純「え?」

梓「いや、私は何をすればいいの?」

純「そういえば……何をすればいいんだろう?」

梓「考えてなかったのかよ!」

純「え~と、え~と」アセアセ

梓「はあ……。もう私、部活に行ってい~い?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:28:29.21 ID:HGP2br+10
純「ま、待って!ほらアレだよ、え~と……体で!責任は梓の体で取ってもらうよ!」

梓「ええっ!?か、体でって……」

純「言葉どおりの意味だよ!ふっふっふ、覚悟しなよ梓……」

梓「も~、いきなり何なの~!?」ダッ

純「逃がすかあっ!」ガバッ

梓「にゃっ!?」ドサッ

純「ふふふ、あ~ず~さ~?」

梓「め、目が怖いよ純……。考え直そう?ね?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:31:52.34 ID:HGP2br+10
純「問答無用~!」

梓「にゃあああああっ!?///」


梓「はあ、はあ、もうダメ……」

純「コラ梓、休むな~!」ペシッ

梓「あうっ!?も、もうやめようよ~」グスッ

純「ダメダメ、5分間連続腹筋×3セット!終わるまで逃がさないよ~!」

梓「もうこれ……責任とか関係ない……」バタッ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:35:19.20 ID:HGP2br+10
唯「あ~ず~にゃんっ♪」ダキッ

梓「にゃっ!?」

唯「うふふ、あずにゃんはいつも可愛いねえ~♪」スリスリ

梓「や、止めてください///」

唯「じゃあや~めた」スッ

梓「えっ……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:37:33.70 ID:HGP2br+10
唯「あれ、どうしたのあずにゃん?何だか残念そうだね~」

梓「……!そ、そんなことありません!」

唯「じゃあ私に抱きつかれなくてもいいの?」

梓「当然です!今までも迷惑でしたから!」

唯「え……?」

梓「あっ……」

唯「そ、そっか。あずにゃんには迷惑、だったんだね」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:39:03.60 ID:HGP2br+10
梓「そ、その」

唯「ゴメンね、今まで気付かなくて……もうこれからは、抱きつかないようにするから……」グスッ

梓「ご、ゴメンなさい嘘です!唯先輩に抱き締められるの大好きなんです!だから、もうしないなんて言わないで下さい!」

唯「……」

梓「唯先輩ぃ……」グスッ

唯「ぷく、くくく……」

梓「え?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:41:25.26 ID:HGP2br+10
唯「あははは、あずにゃん引っ掛かった~!」

梓「ええええええええ!?」

唯「そっか~、あずにゃんは私に抱きつかれるのが大好きなのか~♪」

梓「ひ、ひどいですよ唯先輩!騙すなんて……」

唯「ゴメンゴメン、許してあずにゃ~ん!ギュ~!」

梓「ふわあ……///」ポワーン

唯「~~~♪」スリスリ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 03:44:21.99 ID:HGP2br+10
梓「ふうぅ……こ、これでごまかせるなんて思わないで下さいね」

唯「分かってるよ、あずにゃん。お詫びのしるしに……」ボソボソ

梓「えっ!?ゆ、唯先輩、それって……///」

唯「うん、そうだよあずにゃん。一緒に……ね?」

梓「……はいっ///」

唯「じゃあ腹筋やろうか!」

梓「原点回帰ってことでIDの数だけやって下さいね♪」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 09:56:03.19 ID:HGP2br+10
唯「和ちゃ~ん……」ウルウル

和「わ!?な、何?どうしたの唯?」

唯「終わらない……」

和「え?」

唯「宿題が……終わらないんだよ~!お願い助けて~!」

和「はあ……そういうことね」

唯「この通りですだ~!」グリグリ

和「ちょ、ちょっと!胸に顔を押し付けないでよ!///」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:01:05.50 ID:HGP2br+10
唯「だ、ダメなの……?」ウルウル

和「……ダメなんて言ってないでしょ。手伝ってあげるわよ」

唯「ありがとう和ちゃん!大好き~!」ギュッ

和「はいはい。……で、何の科目なの?」

唯「え~と、ちょっと待ってね」ガサゴソ

和「早くしなさいよね、私もやることあるんだから……」

唯「大丈夫、すぐに終わるよ~。それで宿題なんだけど、科目は保健体育なんだ~」

和「え……?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:06:29.91 ID:HGP2br+10
唯「それも、実技です!」フンス

和「え、えええええええっ!?」

唯「……どうしたの、和ちゃん?」

和「いや、え?ほ、保健体育って///実技って///」

唯「あれ?もしかして和ちゃんは実技に自信ないの?」

和「じ、自信ってあんた……」

唯「和ちゃんが出来ないなら、無理にはやらせられないよ~。憂が帰ってくるのを待とうかな」

和「……待ちなさい、誰もできないとは言ってないわ」ガシッ

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:12:54.46 ID:HGP2br+10
唯「え、ホント!?じゃあさっそく始めよう!」

和「わ、分かったわ」

和(ま、まさか唯と保健体育の実技をやることになるなんて……///)

唯「じゃあ行くよ、和ちゃん……」

和「う、うん……///」


唯「んんっ、あ……///」ハアハア

和「ほら唯、もっと頑張って!」

唯「あ、ああ……!頑張るよ、和ちゃん……!」

和「IDの数だけ腹筋!しっかりやりなさい!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:18:04.14 ID:HGP2br+10
澪「ふふ……律は本当に可愛いなあ」

律「う、ん……!か、可愛くねーし///」

澪「いや、可愛いよ律。……こうやって、感じてるのを必死で我慢してるとことかな」クスクス

クチュ…

律「な、何言って……うわああっ!?」

澪「ほら、ここがいいんだろ?私は律のことは何でも知ってるからな」クチュクチュ

律「やああっ、澪おおお!///」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:23:53.53 ID:HGP2br+10
澪「律、もう限界か?」

律「うん、も、無理ぃ……」ビクビク

澪「じゃあそろそろ、本気で……な!」グチュッ

律「ふわあああああっ!?」

澪「ほらほらイッちゃえ律!」

律「みおぉ、怖いよぅ……キス、してえ……///」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:28:41.61 ID:HGP2br+10
澪「ふふっ、分かってるよ。……んっ」

律「澪、みお……ん、ちゅうぅ……」

澪「さあ、ラストスパートだ!」ズッチュズッチュ

律「ああああっ、はげし……!もう、イッちゃうぅぅ!」


澪「……と、その前に」

律「はあ、はあ……最後に書き込んだスレのレス数、腹筋だな///」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:35:30.37 ID:HGP2br+10
唯「あ、あずにゃ~ん……」

梓「どうしたんですか、唯先輩」

唯「じ、実はその……///」モジモジ

梓「何モジモジしてるんですか……」

唯「うう……あずにゃん、何言っても驚かない?」

梓「え?まあ唯先輩には色々と驚かされて来ましたから……簡単には驚かないと思いますよ」

唯「そ、そう……。じゃああずにゃんに初めて話すんだけどね」

梓「はい、何ですか?」

梓(唯先輩の初めての人ktkr!)

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:39:36.10 ID:HGP2br+10
唯「実はね、今朝起きたらその……は、生えてたの」

梓「はい?何がですか?」

唯「だ、だからその……おちんちんが///」

梓「えええええええ!?」

唯「ど、どうしようあずにゃ~ん」ボロン

梓「きゃああああああっ!?そ、そんなもの見せないで下さい!///」

唯「うう、驚かないって言ったのに……」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:42:22.41 ID:HGP2br+10
梓「そ、それ本物なんですか?」

唯「うん、たぶん……」

梓「さ、触ってみてもいいですか?」

唯「ええっ!?」

梓「ち、調査のためです!」

唯「うう……分かった。あずにゃんならいいよ……///」

梓「じゃ、じゃあ触りますよ」オソルオソル

唯「ん……」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:46:49.46 ID:HGP2br+10
梓「……」チョンッ

唯「ひゃあっ!?」

梓「……」ツンツン

唯「ひ、あずにゃ……ん」ビクビク

梓「あ、おっきくなってきた……///」

唯「あ、あずにゃん……何だかおちんちん切ないよお……」

梓「大丈夫ですよ、唯先輩。私が、慰めてあげます」

唯「慰めるって……ひゃわっ!?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:52:03.49 ID:HGP2br+10
梓「んっ、ちゅ……どうですか、唯先輩」ペロペロ

唯「ああっ、あずにゃ……ダメ、そんなとこ汚いよお!」

梓「ちゅううう……唯先輩の体に、汚いところなんてありませんよ」

唯「そ、そんなこと……やああああっ!?」ビクッ

梓「この先っぽを舌でぐりぐりされるのがいいんですか……?」

唯「やあ、ダメ!それ以上はダメだよ!な、何か出ちゃうううっ」

梓「もうイキそうなんですか?いいですよ、唯先輩。このまま……」チュポチュポ

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 10:56:18.80 ID:HGP2br+10
唯「あずにゃん激しいよ……!」

梓「……」ジュッポジュッポ

梓「イッて下さい、唯先輩」チュウッ

唯「ああっ!?もうダメ……イッちゃううううぅ!」ビクビクビクッ

ビュクビュクビュク…

唯「ふわ、ああ……///」

梓「ああ、こんなにいっぱい……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 11:00:47.82 ID:HGP2br+10
唯「あうう……///」

梓(唯先輩の、味……)ペロッ

唯「……」

梓(うわ、ちょっと苦い……)

唯「あ、あずにゃん……」

梓「な、何ですか唯先輩」

唯「あずにゃん!」ガバッ

梓「ひゃあっ!?」

唯「あずにゃんえっちすぎだよ……おちんちん、全然静まらないよ……」ビンビン

梓「あ、さっき出したばっかりなのに、まだあんなにおっきく……///」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 11:07:24.58 ID:HGP2br+10
唯「はあ、はあ……我慢できない……!いいよね、あずにゃん」ググッ

梓「あ……///」

唯「あず、にゃあん……」ヌリュヌリュ

梓「唯先輩なら……いいですよ///」

唯「ありがとうあずにゃん……いく、よ!」

梓「来て下さい、唯先輩ぃ……」

唯「じゃあ腹筋だね!」

梓「IDにある大文字アルファベットの数の2乗回ですね!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 11:23:34.58 ID:HGP2br+10
唯「えへへ~見てこの腹筋!すごく鍛えられちゃったよ~♪」

律「甘いな唯!私と澪も凄いぜ、ほら!」

澪「ひゃあああっ!?ふ、服を捲り上げるな馬鹿律!///」

梓「でも、確かにすごいですよ、皆さんの腹筋……私なんて……」

紬「梓ちゃんは筋肉がつきにくいのかもしれないわね」

梓「……」ショボン

唯「大丈夫だよ、あずにゃん!これからも私と一緒に頑張ろう!」ギュウ

梓「にゃあ……唯先輩……///」

澪「しっかしムギと憂ちゃんはさすがだな……」

律「ああ、回数は明らかに私たちより少なかったはずなのに、すごく引き締まってるな」

憂「そ、そうですか?」

紬「うふふ、それを言うなら和ちゃんもね」

和「まあ私と憂は、よく唯に付き合ってたから……」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/13(日) 11:24:56.20 ID:HGP2br+10
唯「じゃあ皆、そろそろ……」

澪「ああ、そうだな」

憂「オーケーだよ、お姉ちゃん!」

唯「では皆さんご一緒に……」

唯・律・澪・紬・梓・憂・和「ふっきん最高!!!」

唯「ありがとうございました~!」

純「あの、私は……」

梓「あ、忘れてた……」

純「……」


唯「ふっきん最高!!!」

終わり♪

コメント

腹筋が割れた

No title

かなり鍛えられたな

何という濃厚な腹筋スレ…

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。