FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子「半額弁当ですの!」第5章

252 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/07(月) 22:27:15.12 ID:D8RmmnAo [1/7]

 御坂美琴は夜の街を歩く。
 疲労で動かない足をひきずり、纏まらない思考で演算も出来ず、何の力もない無能力者のように這いずっていた。
 全身を襲う痛みから意識を逸らすように、御坂美琴はただ思う。


 初めは好奇心だった。
 好奇心から立ち寄った、寮の近くのスーパー。
 そこは箱庭育ちのお嬢様にとって、見たことも無い異界だった。
 
 そこで彼女は半額弁当、そして《狼》と出逢う。
 
 好奇心から立ち寄ったスーパー。
 好奇心から手を伸ばした半額弁当。

                  ネ コ 
 そして好奇心は、容易く『超能力者』を殺す。


 気付けば彼女は宙を舞っていた。
 能力を使えば容易く得られる浮遊感を、彼女は暴力により得ていた。
 
 それが彼女の、初めての敗北の記憶。

 スーパーにおいては無敵のレベル5すら赤子同然に扱う《狼》達に惹かれ、彼女はこの世界に足を踏み入れたのだ。

253 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 22:30:42.45 ID:D8RmmnAo [2/7]

 そんな彼女を導いたのこそ、彼女の友人である佐天涙子――《幻想創造》だった。
 佐天は美琴に知識を与え、技を授け、誇りを説いた。
 美琴はそれを吸収し、理解し、身につけた。

 彼女が二つ名持ちになるまで、時間はそうかからなかった。

 半額弁当争奪戦は楽しかった。
 毎夜訪れる《半値印証時刻》が、彼女の生きがいだった。

 超能力者である彼女にとって、
 すでに『辿り着いてしまった』彼女にとって、
 まだ見えぬ《狼》の頂は目指さずにはいられないものだった。

 だから、学園都市を統一するという佐天の言葉は、彼女にとって福音であり、そして宣託だ。

 《幻想創造》の命ずるがままに東の《狼》達に挑み、倒し、奪う。
 
 それは争奪戦であり、争奪戦では無かった。
 彼女が求めた、
 彼女が愛した争奪戦では無かったのだ。

 美琴は悔み、嘆いた。
 しかし気付けば、己が作り上げた流れは、止めることの出来ない瀑布となって戦争へと流れ落ちていく。

254 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:35:24.68 ID:D8RmmnAo [3/7]

 だから、贖罪だったのだ。

 この一戦……
 セブンス・マートにおける決戦は、彼女なりの懺悔だった。

 《幻想殺し》に打ち破られ、その後佐天を倒すよう焚きつける事こそ、自分の使命だと思っていた。
 
 だが、《幻想創造》はそんな簡単な幻想を生み出すことを許さなかった。

美琴「だから、黒子を煽った」

                    ジャッジメント
 裁いて欲しかったのだ。己を、 審判員 である彼女に。


 そして、目的は果たされた。
 
 果たされた、はずなのに。

美琴「なんで私は、こうも未練がましくあの子の元へ向かっているのかしらね」


255 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:38:55.55 ID:D8RmmnAo [4/7]

 震える足を前へ、前へ。
 走ることすらままならず、彼女はただ歩き続ける。

 こうして歩くことに何の意味があるだろう。
 こうして向かうことで得るものとはなんだろう。

 分からない。
 
 行ってもいいのだろうか。
 あの子の元へ、駆けつけてもいいのだろうか。

 私は未だ――

結標「《狼》と名乗って、いいのだろうか? って所かしら?」

美琴「!?」

 朦朧とした視界に映ったのは、肩からブレザーを羽織り、サラシを巻いた少女。
 結標淡希。

結標「気に入らないわね。この私に勝っておいて、元々負けるつもりだったって言うの?」


256 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 22:43:35.06 ID:D8RmmnAo [5/7]

 どうやら思考は呟きとして漏れていたらしい。
 不機嫌そうな彼女の台詞に、美琴は言葉を重ねる。

美琴「負ける気なんて無かったわ。本気で闘うからこそ意味があったのだから。完敗よ、あの子には」

結標「やっぱり、気に入らない」

美琴「…………」

結標「貴女、まだ夕食を食べていないでしょう?」

 言う結標の表情は、いつもの皮肉めいた笑みではなく、優しい微笑み。

結標「なんだかごちゃごちゃと言い訳を重ねてるみたいだったけれど、スーパーに向かう理由なんて、一つで十分なのよ」

美琴「でも私は、東の狼で……」

結標「私は、西の狼。だから何? 戦争?
    そんな物は貴女の造物主が勝手に言ってる事でしょうが。私にはなんの関係もないわ」

美琴「でもっ!」


258 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:46:54.71 ID:D8RmmnAo [6/7]

結標「じゃあこういう事にしましょう。貴女達は少し反省が必要だわ」

 だから、

結標「行って、あの人に説教受けてきなさい。それこそが、貴女の贖罪」

 言い、結標はホルスターから軍用ライトを引き抜き、手の内でクルクルと回すと美琴へ向ける。

結標「全ては、腹の虫が命ずるままに…… 食べてきなさい。勝利の一味を」

 す――と、結標がライトを振ったそこに、もう美琴の姿はない。
 行ったのだ、己の罪を贖うために。

 初めは好奇心だった。
 次に懺悔となり、
 最後は贖罪だった。

 ライトを仕舞い、結標は傷だらけの身体をビルの壁へと預ける。
 見据えるのは第七学区の東、7th-G 。
 困ったように溜息を吐き、結標は呟く。

結標「見てらんないのよね、貴女みたいな子」

 
 現在の時刻は21時30分。
 7th-Gで戦闘が開始されてから、30分が経過していた。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。