FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ざつおん!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 23:44:36.35 ID:ov+s5Fhs0 [1/3]
澪「あれ?みんな、なかなか来ないなー?」

澪「一人だと寂しいな…」

澪「早くみんな来ないかなー…」

ガチャ

律「おっす澪ーっ!」

澪『あっ、律が来たっ!!!』

律「待たせたな澪っ!」

澪「遅いぞー」

律「ゴメンな、寂しかったか?」

澪「!!!?」

澪「えっ、そ、そんな訳ないだろっ、何言ってんだっ!!!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 23:50:00.33 ID:ov+s5Fhs0
律「」ジーッ

澪「???」

律「」ジーッ

澪「何だよお前、ジロジロ見てっ」

律「澪…ずっと一緒だからな」

澪「えっ?」

澪「きょっ、今日のお前、なんだかおかしいぞっ///」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 23:55:19.47 ID:ov+s5Fhs0
紬「お待たせー」

澪「!?」

澪「わっ、ちょっと律、近過ぎだぞっ離れろっ!」

紬「律ちゃん、何してるの?」

律「へへっ、澪とさ、ずっと一緒にいようって約束してたんだ!」

紬「!!!?」

澪「ば、バカっ!お前なんて事をっ!!!///」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:01:04.88 ID:MCxJ5v4r0 [1/30]
紬「ずっと一緒にいようって、どういう事かしら?」

澪「ムギっ、コイツの冗談に食いつくなっ」

律「言葉通りの意味さ、私と澪はどんな時にも心は一つ!永遠にっ!!!」

澪「お前っ、なんて言葉恥かしいをーーっ!!!///」

紬「私もよっ!!!」

澪「ええっ、ムギまで何言ってんだっ」

律「ムギ……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:08:19.03 ID:MCxJ5v4r0 [2/30]
紬「私も何時までもずっと、澪ちゃんと一緒よっ!」

律「××××××××」

澪『えっ!?』

澪『何だろう、凄い雑音がっ!』

澪『耳鳴りなのか!?』

澪『何で急にっ!!!?』

紬「あっ、うぅ、ううぅ」ポロポロ

澪「……ムギっ!?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:14:08.98 ID:MCxJ5v4r0 [3/30]
澪「ムギっ、泣いてるのかっ!?」

紬「うぅ、ゴメンなさいっ、私は大丈夫だから…」グスッ

澪「大丈夫って、急にどうしたんだっ!?」

律「……」

澪『律、険しい顔してる…』

澪『さっき、雑音で聞こえなかったけど』

澪『まさか律が、ムギを泣かせるような事をっ!?』

律「……」

澪「おい律っ、お前…ムギになんて言ったんだっ?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:20:37.05 ID:MCxJ5v4r0 [4/30]
紬「澪ちゃん……私……うぅ」ポロポロ

律「……」

律「ムギ、澪の前だし、シリアスなのは止めようぜ」

律「いつもの軽音部の感じにしようっ、澪を心配させちゃうだろ?」

澪「お前達…なにを…?」

紬「××××××××」

澪『わっ、まただっ!!!』

澪『なんでこんな事になるんだっ!?』

ガチャ

唯「ゴメンねみんな、遅くなっちゃったっ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:26:27.04 ID:MCxJ5v4r0 [5/30]
唯「お待たせ、澪ちゃん、みんなっ!」

唯「あれっ、二人とも…!?」

澪「なんかよく分かんないんだけどさ」

澪「二人が喧嘩して、律がムギに何か言ったみたいなんだよっ」

唯「ダメだよ、二人ともっ」

唯「軽音部は、いつも仲良く、楽しく、ねっ!?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:32:41.55 ID:MCxJ5v4r0 [6/30]
紬「ふふっ、そうねっ!」グス

律「ああ、そうだなっ」

唯「今日も張り切って部活をーっ」

唯「の前に、ムギちゃん、お菓子ーっ!」

紬「はいはいっ」ニコッ

律「まったくお前はーっ」

澪『唯が来てくれてよかった』

澪『二人の喧嘩の原因も気になるけど』

澪『これでいつもの軽音部だっ!』

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:44:06.95 ID:MCxJ5v4r0 [7/30]
律「唯がいると、周りが明るくなるよなー」

唯「えへへ、そうかなー?」

律「そんな明るい唯のこと…」

律「澪も大好きなんじゃないか?」

澪「おいっ、律っ、お前何言ってるんだっ!?」

唯「えっそうかなっ、そうだったらうれしいなっ!?」

唯「私、澪ちゃんの事大好きだもんっ!!!」

澪「ええっ、唯、お前いったい何をっ!!!?」

律「……」

律「××××××××××××」

澪『またっ、やっぱり今日はおかしいっ!!?』

澪『何か病気なのかっ!?』

澪『でも、なんだこの感覚っ』

澪『何でこうなるか、本当は分かっているのに』

澪『思い出せない、不思議とそんな気がする』

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:48:12.99 ID:MCxJ5v4r0 [8/30]
律「なあ、澪っ?」

澪「えっ、何だ?」

律「お前、私のこと好きだよな?」

澪「!!!!!?」

澪「お前、本当に今日はどうしたんだ!?///」

律「澪は照れ屋だからなーっ」

律「お前は素直になれないだろうけどっ!」

澪「そんな、面と向かって///」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:54:20.86 ID:MCxJ5v4r0 [9/30]
律「私は、ずっとずっと、お前のこと、大好きだったぞっ」

律「昔から、ずっと昔から、お前のことが…」

澪「律……おまえ……」

澪「私だって、律のこと…」

澪「好きじゃないと、こんなにいっつも一緒にいないだろっ///」

律「澪、私達、ずっと一緒だよなっ!?」

澪「当たり前だろ……ばかっ///」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 00:56:57.97 ID:MCxJ5v4r0 [10/30]
唯「××××××××××」

紬「×××××××××」

澪『うわっ、こんな時に』

澪『今までより強い雑音っ!』

律「二人とも……」

律「もっと早く素直になってればよかった」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/10(木) 01:02:06.00 ID:MCxJ5v4r0 [11/30]
唯「×××××××××××」

紬「××××××××」

唯「××××××××××」

律「お前ら…」

澪『うわっ、酷すぎるっ、全然聞こえない』

澪『でも何で律の声だけ聞こえるんだ?』

ガチャ

梓「せんぱい…」

唯「あずにゃん…来てくれたんだ」

紬「もう来れないかと思ったわ…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:05:36.75 ID:MCxJ5v4r0 [12/30]
梓「来ますよ…」

律「梓、お前大丈夫か?」

梓「何が?」

律「いや、ゴメン、なんでもない」

梓「……」

唯「あずにゃん、とりあえず、こっち座りなよー」

紬「お茶いれるわっ」

梓「はい…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:11:23.74 ID:MCxJ5v4r0 [13/30]
澪「梓?どうしたんだよお前っ!?」

梓「……澪先輩」

梓「……」ジーッ

梓「……」ジーッ

澪「私の顔に何かついてるか?」

澪『梓、目の焦点が合ってないっ!!!?』

澪『目の下凄いくまだし、髪もぼさぼさ……』

律「おい梓、席に着けよ…」

紬「梓ちゃん、お茶でも飲んで落ち着きましょうっ」

梓「酷いです…」

澪「えっ?」

梓「澪先輩は、酷い人ですっ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:15:59.83 ID:MCxJ5v4r0 [14/30]
梓「こんなの、私は絶対に許しませんっ!!!」

澪「わっ!?なんだ!?」

唯「落ち着いてあずにゃんっ!」

律「おいっ、梓っ暴れるなっ」

梓「ふーっ、ふーっ!!!ああああぁぁぁあああっ!!!!」

澪「ひえっ!!!私が何したって言うんだぁっ!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:20:39.67 ID:MCxJ5v4r0 [15/30]
梓「あああっ、あああああああっ!!!!」

律「私が取り押さえるっ、唯は足を持てっ!!!」

唯「うんっ!」

澪「どうしたんだ?なんで梓はこんな事にっ!!!!」

澪「みんなは何でか知ってるのか?一体どうしちゃったんだよっ!!!?」

紬「……仕方ないわ」

紬「梓ちゃん、澪ちゃんの事大好きだったから」

澪「えっ、それ…どういう……?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:29:52.56 ID:MCxJ5v4r0 [16/30]
梓「ああぁぁあぁぁぁx澪×××ん××あああぁぁ×××ト××ク××っ!!!!」

梓「×××ああああぁぁあ××××だとき×××ぁぁあああぁあっ!!!!」

澪『うぅ、またっ!!!』

唯「×××××××××××××××」

律「××××××××××××××××××」

紬「×××××××××××××」

澪『みんな、なんて言ってるの?』

澪『聞こえないよっ!?』

梓「××××××××××××××××××××××××××××××」ポロポロ

律「×××××××××××××××」ポロポロ

紬「×××××××××××××××××」ポロポロ

唯「×××××××××××××××」ポロポロ

澪「みんなっ!?どうしたの!?なんで私は聞こえないの!?」

澪「この雑音は何なの!?なんでみんな…」

澪「何でみんな泣いてるの!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:34:42.34 ID:MCxJ5v4r0 [17/30]
なんでみんな泣いてるの?


何でそんなに悲しんでるの?


何でそんなに私にありがとうって言うの?


何でそんなに大好きだって言うの?


この雑音、そうか、分かった、あの音だ


私が聞いた最後の音


嫌ないやな


電車のブレーキ音

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:38:17.21 ID:MCxJ5v4r0 [18/30]
梓「ああああああぁぁっ澪先輩っなんでっ、なんでっ!!!!」

梓「なんで死んじゃったんですかぁぁああぁぁあああっ!!!!!!」

律「梓、落ち着け、澪は私達とずっと一緒だっ!!!」

唯「そうだよっ、澪ちゃんの心は永遠に私達とひとつだよっ!」

紬「梓ちゃん、落ち着いて、こんな姿、澪ちゃんに心配されちゃうわよっ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/10(木) 01:44:12.86 ID:MCxJ5v4r0 [19/30]

ガチャ

律「おっす澪ーっ!」

律「待たせたな澪っ!」

律「ゴメンな、寂しかったか?」

律「」ジーッ

律「」ジーッ

律「澪…ずっと一緒だからな」


紬「お待たせー」

紬「律ちゃん、何してるの?」

律「へへっ、澪とさ、ずっと一緒にいようって約束してたんだ!」

紬「!!!?」

紬「ずっと一緒にいようって、どういう事かしら?」

律「言葉通りの意味さ、私と澪はどんな時にも心は一つ!永遠にっ!!!



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:54:14.87 ID:MCxJ5v4r0 [20/30]

紬「私もよっ!!!」

律「ムギ……」

律「澪のこと、俺達は絶対に忘れない、そうだろ?」

紬「あっ、うぅ、ううぅ」ポロポロ

紬「うぅ、ゴメンなさいっ、私は大丈夫だから…」グスッ

律「……」

律「……」

紬「澪ちゃん……私……うぅ」ポロポロ

律「……」

律「ムギ、澪の前だし、シリアスなのは止めようぜ」

律「いつもの軽音部の感じにしようっ、澪を心配させちゃうだろ?」

紬「うん、澪ちゃがいた時と、変らなくしなくちゃね…」

唯「ゴメンねみんな、遅くなっちゃったっ!」

唯「お待たせ、澪ちゃん、みんなっ!」

唯「あれっ、二人とも…!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 01:59:01.91 ID:MCxJ5v4r0 [21/30]
唯「ダメだよ、二人ともっ」

唯「軽音部は、いつも仲良く、楽しく、ねっ!?」

紬「ふふっ、そうねっ!」グス

律「ああ、そうだなっ」

唯「今日も張り切って部活をーっ」

唯「の前に、ムギちゃん、お菓子ーっ!」

紬「はいはいっ」ニコッ

律「まったくお前はーっ」

律「唯がいると、周りが明るくなるよなー」

唯「えへへ、そうかなー?」

律「そんな明るい唯のこと…」

律「澪も大好きなんじゃないか?」

唯「えっそうかなっ、そうだったらうれしいなっ!?」

唯「私、澪ちゃんの事大好きだもんっ!!!」

律「……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/10(木) 02:08:24.42 ID:MCxJ5v4r0 [22/30]
律「きっと今、澪は唯の、大好きだって言ってるよ」

律「なあ、澪っ?」

律「お前、私のこと好きだよな?」

律「澪は照れ屋だからなーっ」

律「お前は素直になれないだろうけどっ!」

律「私は、ずっとずっと、お前のこと、大好きだったぞっ」

律「昔から、ずっと昔から、お前のことが…」

律「澪、私達、ずっと一緒だよなっ!?」

唯「律ちゃん、寂しくなったらみんなで集まろうよっ」

紬「その時は、きっと澪ちゃんも一緒だから…」

律「二人とも……」

律「もっと早く素直になってればよかった」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 02:12:47.34 ID:MCxJ5v4r0 [23/30]
私も同じ気持ちだよ


なんでもっと早く、素直になれなかったんだろう


もっと律を大切にしてあげたかった


唯も、ムギも、ありがとう


梓、ごめんね


私、みんなのこと、大好きだったよ


じゃあね




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 02:27:42.59 ID:MCxJ5v4r0 [24/30]
梓「ああっ、そこっ、いますっ、澪先輩っ!!!笑ってますっ!!!」

唯「あずにゃん、しっかりしてっ」

梓「みなさん、見えないんですかっ!!ほらっ、そこっ!!!!」

律「……梓」

紬「梓ちゃん…」

梓「ほらっ、ちょっと待ってくださいっ!!!何か言ってますっ!!よく聞いて!!」

唯「あずにゃん、私達には何も聞こえないよ…」

梓「こう言ってますっ、澪先輩はこう言ってますっ!!!」

梓「私も同じ気持ちだよ、なんでもっと早く、素直になれなかったんだろう」

梓「もっと律を大切にしてあげたかった」

梓「唯も、ムギも、ありがとう、梓、ごめんね」

梓「私、みんなのこと、大好きだったよ」

梓「じゃあね」

律「……っ、うう、澪…みおーーーっ、うわーん」ボロボロ

律「寂しいよー、みおー、お前がいなきゃ嫌だよーっ、みおーーーっ!」ボロボロ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 02:40:20.61 ID:MCxJ5v4r0 [25/30]
梓「ああっ、ダメですっ!!!」

梓「澪先輩が消えちゃいますっ!!!!」

梓「行かないで澪先輩っ!!!!」

梓「みんな、澪先輩のことが必要なんですっ!!!」

みんなに伝えて

梓「何をですか!?」

わたし、みんなと出会えて幸せだったよ

だから、もう悲しまないで

その分みんなを大切にして生きて

みんなの言うとおり、心はずっと一緒だから…

梓「分かりましたっ!!!皆さんに伝えますっ!!!」

ありがとう、もう行かなくちゃ

梓「澪先輩っ……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 02:57:05.59 ID:MCxJ5v4r0 [26/30]
唯「あずにゃん…」

梓「……」

梓「皆さん、ご心配かけてすいません」

梓「もう平気です」

紬「よかった…」ホッ

律「うぅ、」グスグス

梓「律先輩っ」ダキッ

律「!!?」

梓「ゴメンなさい、一番悲しいはずの、律先輩が我慢してるのに」

梓「私、あんなに取り乱して…」

律「梓…」グスッ

梓「でも、もう大丈夫ですよ」ギュッ

梓『澪先輩は、私が悲しんで泣くことじゃなく』

梓『みんなを大切にすることを望んでるんだ…』

梓『私はの心は、澪先輩と一緒ですよっ!』

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 03:06:36.52 ID:MCxJ5v4r0 [27/30]


唯「あずにゃん、最近変ったよねーっ」

梓「そうですか?」

唯「髪の毛下ろして、ストレートに変えたしー」

梓「今までの髪型は、ちょっと子供っぽすぎましたから…」

唯「背もずいぶん伸びたよねっ?」

梓「私は、今が成長期みたいで…」

紬「ベースも似合うわぁっ!」

梓「澪先輩の代わりは任せてくださいっ!」

紬「それに…」

ガチャ

律「みんなーお待たせーっ」

梓「まったく、律先輩はいつもだらしないですよーっ」

律「おこらないでぇー、あずさちゅわぁーんっ」

梓「うわぁっ、変な声出さないで下さいっ!!!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 03:18:44.57 ID:MCxJ5v4r0 [28/30]
紬「律ちゃんといいコンビだしねっ!」

唯「なんか澪ちゃんみたいだね」

紬「最近は特に、澪ちゃんそのものって感じ…」



梓「律、帰りにどっか寄ってかないか?」

律「おおっ、いいなっ、梓のおごりか?」

梓「そんな訳ないだろっ!?」

律「それにしてもさー、お前が私と二人きりの時は、ため口で話すの」

律「はじめは抵抗あったけど、今じゃ、こっちの方が落ち着くなー」

梓「当たり前だろー?敬語で話すような、硬い間柄じゃあるまいし」

律「だなっ!」

梓「だからな律っ」

律「どうした?」

梓「二人の時は、梓って呼ぶの止めてくれよー」

律「なんだ?私にもあずにゃんって呼ばれたいのか?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 03:23:12.20 ID:MCxJ5v4r0 [29/30]
梓「そんな訳ないだろーっ?」

梓「ちゃんと、澪って呼んでくれよなっ」

律「えっ…?」

梓?「だから言っただろ」








私達、ずっと一緒だって

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/10(木) 03:36:44.19 ID:MCxJ5v4r0 [30/30]
おわりです お疲れ様でした


梓律恐怖成分が足りない方は

唯「くさりがま!」

悪霊なんて吹っ飛ばしたらいいんじゃない?と思われる方は

地獄寺生まれ田井中律 シリーズ

ボクシングに興味のある方は

唯「けんとう!」


友達のパソコンを壊した罰で、毎日連続でSSを書いていました

書き始めてまだ数日なので、お見苦しい点もありますがお許しください

今日で罰ゲームは終了ですが

唯「けんとう!」シリーズは

暇な時に、ぼちぼち書き続けていこうと思います

この数日で私の書いたSSを少しでも読んで下さった方

どうもありがとうございます さようなら

コメント

No title

世にも奇妙な物語でありそうな

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。