FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪「ストライクウィッチーズか…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:38:23.97 ID:C+tKHJ780 [1/84]
あと少しだけだから、どうしたものかと思ってた。製作速報行くべきかと。

ここ借りてもいい?

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:40:32.95 ID:C+tKHJ780 [2/84]
って、最後のレスが1時間前とか。
誰もいなさそうなので勝手に借りますよ。
最初からザクザク投下してそのままこっそり落ちる予定

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[さる無いそうなのでガンガンと] 投稿日:2010/06/09(水) 01:42:29.48 ID:C+tKHJ780
澪「わっはっは!さあ練習だ練習ー!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2010/06/06(日) 16:02:44.89 ID:iHp4p2Zg0

唯「なんか最近澪ちゃん変だよね」

律「やたら明るいし」

唯「眼帯してるし」

律「パンツ丸出しだし」

唯「笑い方変だし」

美緒「細かいことは気にするなー!はっはっはっ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:42:38.02 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


澪「いやあああああああああっ!ズボンかえしてええええええっ!!!」

バルクホルン「ええい、どの面さげてこんなものはく気だおまえはっ!変態かお前はっ!」

澪「まって!返してええ!それないと立てないぃぃぃっ!!!」

ペリーヌ「ああ、坂本少佐……私はたとえ少佐が変態でも… ポッ //// 」

リネット「なんか最近の少佐変だよね?芳佳ちゃん」

宮藤(坂本さんのおっぱい……大きくなってるっ!) ググッ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:42:59.77 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


時は事件当日まで遡る──


律「ぴざまんぴざまん、ほっかほかーっと」 テクテク

どさっ

律「ん?何の音だ」

律「澪んちの庭からだな。なんだ?いったい」 ひょこ

美緒「うう……」

美緒「ここは、いったい……」

律「?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:43:15.79 ID:C+tKHJ780
律「自分ちの庭でなにやってんだよ、澪」

美緒「!?誰だ!なぜ私の名前を知っている」

律「へ?」

だだっ

律「あ、おい澪っ!……って、おいっ!その格好!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:43:42.00 ID:C+tKHJ780
美緒「どこだ……どこだ、ここは」


プァーン ザワザワ

美緒(欧州の建築様式……しかし住民は亜細亜系)

美緒(流線的な形状の車。あれも見たことがない)

美緒(しかし使われている言葉は扶桑のもの…どういうことだ?)

美緒「……それになんだ、あの履き物は!何を考えているんだ、ここの住民は!」

たったったったっ

美緒「ん?お前は」

律「澪!とりあえずズボン!ズボン履けって!!」

美緒「ズボンなら履いている」

律「履いてねーし!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:43:49.80 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


宮藤「そんな!坂本さんが行方不明だなんて!」

バルクホルン「いや、確かだ。ネウロイとの交戦中に爆発に巻き込まれて…」

ペリーヌ「ああ、坂本少佐坂本少佐……!」 うろうろ

ミーナ「最悪の……事態も、覚悟しておくべきね」

宮藤「そんなっ!」

ミーナ「……」

バルクホルン「ミーナ…」


どさっ


ハルトマン「? 今の音は?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:44:34.46 ID:C+tKHJ780
澪「う、ううーん……」

澪「うーん……あれ?どこだ、ここは」


「あっ!」


澪「あ、人がいる。あの、ここは」

宮藤「坂本さーーーーん!!」

がばっ

澪「わああっ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:44:45.83 ID:C+tKHJ780
ペリーヌ「ちょ、ちょっと宮藤さん!あなたという人は坂本少佐になんてことを!!」

宮藤「坂本さん、よかったよお、坂本さん……!」

澪「えええっ!?ちょっとあの、」

澪「誰?」

宮藤「えっ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:45:11.14 ID:C+tKHJ780
ミーナ「美緒、あなた何を言って」

澪「な、なんで私の名前を?」

ペリーヌ「少佐、まさか…ああっ、まさか!」

バルクホルン「ミーナ、これは…」

ミーナ「記憶喪失…?」

宮藤「そんな!坂本さん、私です、宮藤です!思い出してください!」

ペリーヌ「坂本少佐!ペリーヌ、ペリーヌです!どうか思い出してください、私との関係!」

澪「そ、そんなこと言われても……」 あたふた

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:45:33.26 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ガチャ バタン


美緒「………ふむ」

美緒「やむをえん。右も左もわからぬ状況だ。」

美緒「家主が帰るまで、この部屋を使わせてもらうとしよう。」

美緒「失礼する」

ガラッ

美緒「まずは情報の収集といくか」 がさごそ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:46:03.94 ID:C+tKHJ780
美緒「…やはり違う。この地図も、形は同じなのに国名が全く違う」

美緒「歴史書も私が知っているものとは別物だ」

美緒「ここは……いや、この世界は一体…」


美緒「ん?」

美緒「これは…アルバムか。この人物が“ミオ”……」

美緒「ふむ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:46:14.90 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ミーナ「じゃあ、ゆっくり休んでね。美緒」

澪「は、はい……」


ばたん


澪「ううう、ついに人違いですって言い出せなかった」

澪「やっぱり言った方がいいのかな……」

澪「でもここ、なんか軍隊みたいだし…いまさら私が別人だなんていったら」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バルクホルン「なに!?もしや貴様、敵のスパイかッ!!」

ハルトマン「銃殺だね♪銃殺ー♪」

エイラ「拷問だゾー、にしし」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

28 名前:ミスった[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:46:40.49 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ミーナ「じゃあ、ゆっくり休んでね。美緒」

澪「は、はい……」


ばたん


澪「ううう、ついに人違いですって言い出せなかった」

澪「やっぱり言った方がいいのかな……」

澪「でもここ、なんか軍隊みたいだし…いまさら私が別人だなんていったら」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バルクホルン「なに!?もしや貴様、敵のスパイかッ!!」

ハルトマン「銃殺だね♪銃殺ー♪」

エイラ「拷問だゾー、にしし」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


澪「うわああ、やっぱ駄目!駄目駄目駄目だっ」 ガクガクブルブル

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:47:05.34 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よくあさ!


律「よう!はやいな、澪ー。って、うええっ!?」

美緒「おお、"律"か。時間厳守は当然だろう」

律「じゃなくて!なんだよそれ!制服の下はどうしだんだよっ!! 」

美緒「ふむ。郷に入っては郷に従えというが、扶桑軍人として超えられぬ一線というものがある」

律「はぁ?」

美緒「細かいことは気にするな!はっはっはっ!」 バンバン

律「いた!いたたっ!」

美緒「さあいくぞ!ほら先にいけ。私はさりげなく後をついていく」

律「なんなんだよもう……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:47:32.15 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


澪「うううう、ズボン没収された…スースーするぅ」 グスグス

ペリーヌ「ああ、おいたわしや坂本少佐。なぜ恥ずかしがってるのかは理解できませんが、その姿に私はもうっ」 プシュ


宮藤「坂本さん!」

澪「あっ、えーっと…宮藤さん」

宮藤「はい!どうしたんですか?廊下の端っこで。」

澪「だ、だって!動くと見えちゃう……」 グスッ

宮藤「?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:48:01.16 ID:C+tKHJ780
宮藤「別に、何も恥ずかしいことないじゃないですか」

澪「はずかしいのっ!!」

宮藤「?」

澪「と、とにかく!見えたら恥ずかしいんだよっ」

宮藤「うーん?あ、そうだ!西洋ズボンがだめなら、いつもの和装ならどうですか?」

澪「和装?まあ、和服ならなんとか……」

宮藤「きっと部屋にあるはずです」 ぐいっ

澪「わっ、まってまって!走ったらみえちゃうからっ」


たったったっ


ペリーヌ「あっ」

ペリーヌ「…」 ポツン

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:48:33.61 ID:C+tKHJ780
ガチャ

宮藤「失礼します!」

澪「どうぞー」

宮藤「えーと、坂本さんのタンスは…」

澪「たぶんそれだと思う」

澪「でも、よかったよ和服があって。一時はどうなるものかと…」

宮藤「あはは、でもルッキーニちゃんとお揃いのズボンも似合ってましたよ」

澪「う、うーん。ありがとう」

宮藤「あっ、ありましたよ!坂本さん」

澪「えっ、よかった!どんなのかな、動きやすいのだといいけど…」

宮藤「これです!!」 スクミズ

澪「」

宮藤「どうしました?坂本さん」 スクミズ

澪「」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:50:07.65 ID:C+tKHJ780
澪「スクール水着じゃないかっ!!」

宮藤「なんですか?それ」 キョトン

澪「あ、いや…… /// 」

宮藤「扶桑に伝わる伝統的なスーツですよ。ほら、私もはいてます」 ピラ

澪「わーっ!見せなくていい、見せなくて!」

宮藤「?」

澪「うう……」

澪(ま、まあ…パンツ丸出しよりは…マシか)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:50:27.20 ID:C+tKHJ780
宮藤「どうですか?坂本さんっ」

澪「ま、まだ気になるけど…大丈夫っ」 ぷるぷる

宮藤(でもズボン姿が恥ずかしくなるなんて、変な記憶喪失だなぁ)

澪「これは水着これは水着……ん?」


だだだだだ


ルッキーニ「よーしかーっ♪」 だきっ

宮藤「ルッキーニちゃん!わっ、とととととっ」 むぎゅっ

澪「ひっ!?きゃあああーっ!」

宮藤「わっ!ごごめんなさい坂本さん!」

宮藤(や、やっぱり…大きくなってるっ!) わきわき

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:50:53.84 ID:C+tKHJ780
---------
------
---


ミーナ「そんな!魔法力が完全に消滅しているだなんて……」

軍人「はっ。通常ではありえない現象です」

ミーナ「無理を……しすぎたのよ。美緒…」

軍人「おそらくは記憶の混乱もその影響かと」

ミーナ「……記憶のことは、揉み消せる?」

軍人「不可能ではありません」

ミーナ「魔法力を失っても、坂本少佐は歴戦の勇士。作戦の際は私と共に管制室で指示を出します」

軍人「はっ」


ミーナ「美緒……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:51:15.17 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

がっこう!


唯「ほうかごだよー!」

美緒「ああ。部活動だな」

紬「ええ、いきましょう」

美緒(軽音部…楽団のようなものか。さて、どうやってしのぐか)

ガチャ

梓「あ、澪先輩」

唯「おーぅ、あずにゃんはっやーい!」

律「はっやーい♪」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:51:36.60 ID:C+tKHJ780
美緒(なるほど、活気のある部活のようだ)

律「それじゃさっそく!」

唯「おー!」

美緒(しまった、どうする?)

律「お茶にするかぁ」

唯「ほげー」

美緒「!?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:51:48.26 ID:C+tKHJ780
梓「もう、唯先輩たちはいつもそれです!」

唯「まあまあ。あとでちゃんとやるからー」

梓「そういって、やったためしがありません!」 ぷんぷん

美緒「…」 わなわな

紬「まあまあ、あずさちゃん」 ホレホレ

梓「ぱくっ……おいしい」 ホワーン

唯「いやーん、あずにゃんかわいいー♪」 ぎゅっ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:51:59.36 ID:C+tKHJ780
梓「きゃっ!…もう、唯先輩った……ら?」

美緒「…」 わなわなわな

律「み……みおしゃん?」

梓「あの…澪先輩?」

唯「どったの澪ちゃん?おかしたべる?」

ぷちん

美緒「たるんどおおおおおおおおおるっ!!!」 どかーん

唯律梓紬「きゃーーーーっ!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:52:13.04 ID:C+tKHJ780
---------
------
---


美緒「健全な魂は健全なる肉体に宿る!まずはグラウンド10周だー!」

唯律梓「ひいいーっ!」

美緒「私がお前達を一人前の楽団に鍛えなおしてやる!ほらそこ!歩くなーっ!」

唯「ひぃ、ひぃ……」

律「やっぱ、あいつぅ、変だぜぇ、ぜぇ……」

梓「じゅ、10周は、さすがに……」 ヒィヒィ

紬「青春ね♪青春ね♪」 ホッホッ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:52:25.22 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ミーナ「いままで通り過ごしてね。何が記憶を取り戻す切っ掛けになるかわからないから」



宮藤「ということで坂本さん!いつも通り私達をビシバシしごいてください!」

リーネ「おねがいします!」

澪「し、しごく!?って、なに?」

宮藤「さあ、この竹刀をもって!」

澪「ええっ!?こ、こんなので……」

宮藤「さあ!」

澪「さ、さあっていわれても……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:52:39.55 ID:C+tKHJ780
澪(やっぱり軍隊だから厳しくしなきゃだめなのかな…)

澪「…じゃあ、まずは腕立て伏せだ!」 パシッ

宮藤「はいっ!」

澪「10回だ!」 パシン

宮藤「えっ」

澪「えっ」

澪「じゃあ、やっぱり5回で」

リーネ「えっ」

澪「えっ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:53:05.61 ID:C+tKHJ780
リーネ「きょうは楽だったね、芳佳ちゃん」

宮藤「いいのかなー、これで…」


ウウウ~ キュンキュンキュン ピーポーピーポー パラリラパラリラ


リーネ「!」

宮藤「警報!?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 01:53:18.30 ID:C+tKHJ780
---------
------
---


ミーナ「敵は南南東200kmの海上。かなりの大型よ」

ミーナ「バルクホルン、ハルトマン、シャーロットは前衛。リネット、宮藤、ルッキーニは後衛を」

「「「はいっ!」」」

ミーナ「トゥルーデ。現場の指揮をお願い」

バルクホルン「わかった」


澪「せ、戦闘?戦争!?ひいぃ…」 おろおろおろ

ミーナ「他の者は待機。坂本少佐。あなたは私と共に管制塔で指示を」

澪「え?は、はいっ!」

ミーナ(実戦に触れることで、少しでも記憶を取り戻す手がかりになれば……)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:53:27.37 ID:C+tKHJ780
---------
------
---

オオオゥーーン



ハルトマン「でかっ!」

バルクホルン「でかいだけならっ!」 ズガガガガガガガ


ンミ゙ーム


ルッキーニ「うひゃあっ!!」

シャーリー「でかいだけじゃない、固いぞ、こいつっ!」

バルクホルン「適当に当てるだけでは、キリがないか!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:53:50.99 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


美緒「まったく、こっちの女学生はみんなああなのか?」

美緒「いい機会だ。私がこの軽音部を世界一の楽団に鍛えなおしてやる」 ふんす

美緒「さて、明日はどう………ああっ!」 ガタン

美緒「しまった!予報では確か、おそらく今晩か明日にネウロイが!」

美緒「しかし元の世界に戻る手がかりは依然として何も掴めて…ぬううっ」

美緒「出現するネウロイが普通のタイプであれば良いが」

美緒「もしも特殊なタイプが出ていたら、私の魔眼がなければ……」

美緒「こうしてはいられないっ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:54:13.80 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ミーナ「リーネさん。機体にまんべんなく当てて、コアを探るの。できる?」

リーネ『はいっ!』

澪「みんな、みんな……」 オロオロ

ミーナ「美緒。何か作戦は?」

澪「えっ」 ビクッ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:54:29.41 ID:C+tKHJ780
ミーナ「何でもいいわ。何かあったら指示をお願い」

澪「そんな事いわれても、えっと、えっと……」

澪「み、みんな!」

『坂本さん!?』
『少佐!』

澪「…………が」

澪「がんばってっ!!」


『『『 了解! 』』』


ミーナ「あなたねぇ……」

澪「ご……ごめんなさい……」 プシュー

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:54:44.21 ID:C+tKHJ780
---------
------
---


ルッキーニ「へへー。いい指示するじゃん、少佐ってばー♪」

ハルトマン「このまま記憶なくしてたほうがいいかもね♪」

バルクホルン「ハルトマン!!」

ンミ゙ーム

ハルトマン「っとお」

バルクホルン「無駄口叩くのはこいつを片付けてからだっ」

ハルトマン「やれやれ」


バゴン!


リネット「! 見つけました!敵尾翼部分にコアです!」

ルッキーニ「なーいす♪」

バルクホルン「行くぞおっ!」

「「「おーっ!」」」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:55:03.53 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


律「ふんふふふーふん」 テクテク


美緒「!……!!……」


律「ん?あいつ…澪じゃん。交番で何やってんだ?」

美緒「だから、私は!連合軍第501統合戦闘空団の」

警官「あー、はいはい。えーと、おうちの人の電話番号とか言えるかな?」

美緒「ええい、貴様では話にならん!上のものを出せっ!!」 バンッ

警官「うーん、困ったなあ」

律「な、なにやってんだあいつっ!?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:55:18.04 ID:C+tKHJ780
美緒「ええい、離さんか、律!」

律「あはははは、ご迷惑おかけしましたー」 グイグイ

警官「ははは、どういたしましてー」

警部「ん?どうしたのかね」

警官「ああいや、コレですよコレ」



美緒「ええい、離せ!離さんかっ!」

律「どうどう!いったいどうしたってんだよ、澪!最近変だぞ?」

美緒「……」

律「?」

美緒「そうだな。律。お前にだけは話しておこうと思う……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:55:37.30 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ミーナ「みなさん、おつかれ様でした」

ハルトマン「ふいー」

ルッキーニ「おーつかれーぃ♪」

澪「よかった、みんな無事だ…!」

宮藤「お手柄だったね、リーネちゃん!」

リーネ「わ、私は後ろで撃ってただけだよ…」

バルクホルン「いや、お手柄だった。今回はリネット軍曹がいなければ苦戦を強いられていただろう」

ミーナ「誇っていいわよ、リーネさん」

リーネ「えへへ… //// 」

ルッキーニ「まあ、坂本少佐の魔眼があったら、もっと楽だったけどねー♪」

澪「えっ……」

シャーリー「おい、馬鹿!」

ルッキーニ「ふぇ?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[ちょっと休憩] 投稿日:2010/06/09(水) 01:55:49.88 ID:C+tKHJ780
澪「……ごめん」 トボトボ

ルッキーニ「あっ」

ハルトマン「なーかした♪」

ルッキーニ「な、泣いてなかったよ!」

ペリーヌ「……」 ゴゴゴゴゴゴゴ

ルッキーニ「ひうっ!」 ゾクッ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[再開] 投稿日:2010/06/09(水) 01:58:43.09 ID:C+tKHJ780
ペリーヌ「ルッキーニさん!あなたは坂本少佐に!坂本少佐になんてことおおおっ!」 ブンブン

ルッキーニ「ふええ!ごめん!ごえんあさああい!」 がくんがくん

ハルトマン「どうどうどう!それ以上やったら死んじゃうよ!」

ペリーヌ「がるるるるる」

ルッキーニ「ふえぇーん」

シャーリー「お前が悪い」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:58:58.12 ID:C+tKHJ780
とぼ とぼ


澪(魔眼か…坂本って人は優秀だったんだな。みんなにも頼られて……)

澪(それに比べて私は……戦えるような力なんて、持ってないし…)




宮藤「坂本さんっ!」


タッタッタッ


澪「宮藤さん…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:59:11.64 ID:C+tKHJ780
宮藤「はぁ、はぁ……坂本さん、元気出してください」

澪「そんなこといっても、私……みんなの役に立てない

宮藤「坂本さんはっ!」

澪「」 ビクッ

宮藤「坂本さんは、いつもみたいに、笑ってる方がいいです!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:59:35.83 ID:C+tKHJ780
澪「いつもみたいに…って」

宮藤「ほら、わっはっは!って!」

澪「そんな笑い方する人……」

宮藤「いいから一緒に笑いましょう!さあ!わっはっはー!」

澪「わ、わっはっはー」

宮藤「わっはっはー!」

澪「わっはっはー!」




リーネ「あれ?芳佳ちゃんに坂本少佐……」

宮藤・澪「わっはっはっはっはー!」

リーネ「……ふふっ、なんだか楽しそう」

ペリーヌ「ぎりぎりぎり」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:00:24.24 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


律「よっこらせ、っと。話ってなんだよ?澪」

美緒「ああ、実は…」

律「うん」

美緒「私は……この世界の人間ではないんだ」

律「うん」

律「」

律「へっ?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:00:34.38 ID:C+tKHJ780
美緒「私は連合軍第501統合戦闘空団、通称ストライクウィッチーズ所属、坂本美緒少佐だ」

律「」


美緒「私の世界に突如襲来したネウロイという謎の生物が──」

美緒「それに対抗するために開発されたストライカーユニット──」

美緒「我々ウイッチーズはそれを駆り、ネウロイと──」





律(大変だ……澪の厨二病が再発した)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:00:52.59 ID:C+tKHJ780
律「最近澪がおかしかったのは、そういうわけだったのか…」

美緒「ああ。協力してくれるとありがたい」

律「お、おう。とりあえず皆にはバレないように」

美緒「いや、短い間の付き合いだが、部の彼女達は信頼できると思う。みんなにも打ち明けて……」

律「ば、ばかっ!どこに敵がいるとも限らないんだぞっ!?」

美緒「っ!?」

美緒「……何か知っているのか?律」

律「うあ」


律(どうしたもんか……)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:01:06.67 ID:C+tKHJ780
律(ここは話を合わせるか──)

律「あ、あたしもそのネウロイを調査する任務についてるんだよ。その、ほら政府の機関から」

美緒「なにっ!?やはりここにもネウロイが!」

律「えーと、あれだ。まだそっちの世界みたいにはっきりとは出現してはいないから、
   世界中に調査員を派遣して超常現象の痕跡とかを調べている段階なのだ」

美緒「そうだったのか……」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:01:17.45 ID:C+tKHJ780
律「あたしが調査員だとバレると、政府に命を狙われてしまう。極秘任務なんだ」

美緒「……」

律「だからさ、ほら、みんなにはその話は内緒にしてほしいなー、と」

美緒「律」

律「おう」

美緒「上に掛け合ってくれないか。私はネウロイの情報を持っている」

律(しまったあああ!そうきたかー!)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:01:51.19 ID:C+tKHJ780
律「ば、ばかっ!」

美緒「!?」

律「言ったろ?まだおぼろげな異常現象として確認されているだけなんだ」

律「そんなところに、私はその敵と戦った戦士でーす!なんて主張して行ったらどうなる?」

美緒「…信じろという方が、無理な話か」

律「そう思われても仕方ないぞ。確実に身柄は拘束されて、身動き取れなくなるだろうな。そうなりゃ元の世界に返るもなにもない」

美緒「むぅ……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:02:22.09 ID:C+tKHJ780
律「わかってくれ、あたしができるのは情報提供くらいなんだ…」

律「まあ、下っ端のあたしはほとんど何も知らされてないんだけどなー!あっはっはっ」

美緒「いや、ありがたい。感謝する」

律「ぇ……あ、うん」



律(……中学の頃よりパワーアップしてるんじゃないか?妄想が。前世ネームみたいなもんまでついてるし…)

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:02:37.36 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


澪「あれから一週間たったけど」

澪「やっぱり私…なにもできない……」

ミーナ「美緒」

澪「あ、はい!」

ミーナ「あなたが倒れていた時、一緒にあった物よ。」

澪「あっ、私のベース…!」

ミーナ「念のため調べさせてもらったけど、危険な物はないようだから」

澪「ありがとう!」


トテタタタタ


ルッキーニ「おぉーい!なにそれなにそれ!うわーなんか変なギター!」

シャーリー「んー?おっ!おおお!エレクトリックギターじゃん!なに、少佐弾けるの!?」

澪「え?あ、うん。まあ…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:02:57.75 ID:C+tKHJ780
ルッキーニ「ほえぇ!少佐ってばハイカラぁー♪」

シャーリー「なーんだ、水臭いじゃん!聞かせてよー」

澪「で、でもこれベースだから一人じゃ……!」


サーニャ「……」 ちょこん


エイラ「サーニャがピアノ弾くってサ」

サーニャ「デュエット…」

澪「ええっ!?」


バーン!


ペリーヌ「坂本少佐!私もバイオリンを」

エイラ「合わないダロ」

シャーリー「合わないなぁ」

ルッキーニ「にゃははー」

ペリーヌ「ガーン!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:03:18.85 ID:C+tKHJ780

  ~~♪
             ~♪
~♪
       ~~♪


ルッキーニ「ふえー」

リネット「力強いけど…優しい音」

宮藤「坂本さん、すごい…!」

ペリーヌ「ああ、坂本少佐…… /// 」

シャーリー「すごい、こんな音出すエレキ聞いたことない……新型?新型なのか!?」

ハルトマン「~♪」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:03:23.48 ID:C+tKHJ780
ぱちぱちぱちぱち


宮藤「坂本さん、すっごくよかったですっ!」

ペリーヌ「わたくし感動いたしました!」

ルッキーニ「やるじゃん、少佐~♪」

バルクホルン「ああ」

ハルトマン「なんだよ、もっと素直に褒めなよー。うりうり」

バルクホルン「ちゃ、ちゃかすなっ」


澪「みんな……」 ジーン

くい くい

澪「あ、エイラさん」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:03:42.22 ID:C+tKHJ780
エイラ「坂本少佐のギターが私のピアノを支えてくれて、すっごく弾きやすかった」

エイラ「って、サーニャがいってた」

サーニャ「!」 ガタン


ぐいぐい


エイラ「いたた、照れなくてもいいダロー。いやホント耳痛いから」

澪「ふふっ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:05:31.46 ID:C+tKHJ780
澪(そうか、毎日こんな素敵な仲間に囲まれて……)

澪(だから……あなたはいつも、笑っていたのか)

澪「…ふふっ」

澪「はははっ」

澪「わっはっはっは!」



宮藤「坂本さん……!」


ウゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


宮藤「!」

ミーナ「警報!?」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:05:46.21 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガチャ


美緒「律」

律「なんだ、澪か」

美緒「ああ。ネウロイの情報だが」

律「……」

美緒「どうした?律」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:05:59.22 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ズガガガガ 


ペリーヌ「ありましたわ!コアです!」

バルクホルン「おおおおっ!!」 ズガガガガガ


パキン!


バルクホルン「仕留めたッ!」


ンミ゙ーム


バルクホルン「わあっ!?」

ハルトマン「トゥルーデ!!」 ズガガガガ

バルクホルン「どういうことだ?確かにコアを貫いたはず!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:06:16.18 ID:C+tKHJ780

ズガガガガ


シャーリー「見つけたぞ!こっちにコアだ!」

バルクホルン「なにっ?」

ルッキーニ「いっただきぃ!!」 ズガガガ


バキン!

ンミ゙ーム


ルッキーニ「ほえぇ!?」

宮藤「ルッキーニちゃん!」

シャーリー「どういうことだよ、こりゃあ!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:06:33.06 ID:C+tKHJ780

ハルトマン「とりあえず、考えられる可能性は二つだな」

バルクホルン「複数のコアを持つか、体内でコアを移動させているか…!」

ルッキーニ「え゙ー!それどっちも坂本少佐いないと駄目なタイプじゃん!」

バルクホルン「泣き言を言うな!いくぞおっ!」

ルッキーニ「に゙ゃー!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:06:53.32 ID:C+tKHJ780
---------
------
---

『きゃああーっ!』
『ひるむなああーっ!!』

キュン キュン ズガガガガ


澪「……やっぱり私、何もできない…」

澪「私は…美緒じゃないから……」 グス

ミーナ「美緒!?力がなくなっても…あなたはあなたじゃない!」

ミーナ「気をしっかり持って。戦うの、ここで!みんなが戦えるように!」

澪「違うんだ、違うんだ……」

澪「私はやっぱり…なにもできないんだ、なにも…っ」

ミーナ「……」


パシン


澪「っ……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:07:03.89 ID:C+tKHJ780
ミーナ「状況の報告くらいはできるわね?」

澪「……あ、ああ…」

ミーナ「頼むわ。私は現場に行き、指揮を取ります」

澪「えっ…む、無茶だ!あんな戦いの中に入っていくなんて!!」

ミーナ「……あなた、変わったわ」

澪「……っ」


ガチャ バタン

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:07:36.37 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


美緒「どんな些細なことでもいいんだ。何か情報は」

律「……」

美緒「律!」

律「……もう」

美緒「ああ」

律「いい加減にしろよ」

美緒「なに?」

律「いい加減にしろっていってんだよ!毎日毎日毎日押しかけて!!もうその話はいいだろ!」

美緒「い……いいわけがあるか!この世界にとっても他人事ではないはずだろう!!」

律「それがいい加減にしろってんだよ!もうお前のたわごとに付き合うのもうんざりなんだよっ!」


ガチャ バタン


美緒「なっ……」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:09:39.13 ID:C+tKHJ780
とりあえず前回のぶんはここまで。
10秒間隔はさすがにアレだった。
ちょっと休憩

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:15:15.51 ID:C+tKHJ780
っていっても本当にラストだから10レスくらいしかないんだけども。
のんびりいきますー

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:16:18.89 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ドーン ドカーン キャー


澪「みんな……」

澪「しょうがないじゃないか……しょうがないじゃないか!だって、私は…私がっ……」


シャーリー『これじゃいくらやってもキリが…うわっ!?』

ルッキーニ『シャーリー!』

宮藤『シャーリーさん!!』


澪「私が……坂本って人だったら…みんなを、みんなを……助けられるのに!」


ルッキーニ『このおおおおおっ!』

バルクホルン『ルッキーニ!?うかつに飛び込むなあっ!』

ルッキーニ『にゃああああああっ!!!』


澪「……律っ…」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[読み返すと書き直したくなるという] 投稿日:2010/06/09(水) 02:25:17.10 ID:C+tKHJ780
澪「…律……助けてょぅ……律ぅ……」 グスッ


ドカーン!!


ルッキーニ『わああああっ!?』

シャーリー『ルッキーニぃぃぃっ!!』

バルクホルン『ルッキーニが堕ちた!宮藤ぃっ!』

宮藤『はいっ!!』

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:26:33.16 ID:C+tKHJ780

澪「…うっ……ううっ」 グスグス


ペリーヌ『くうっ……こんな時に、坂本少佐がいてくれたら……!』

ハルトマン『馬鹿か!居ない者に頼ってどうなる!泣き言をほざいてる暇があったら撃てえ!』


澪「………っ!」


澪「……そうだ、この世界には…」

澪「律も…和も…紬も唯もいない……私一人しか…」

澪「私が……やらなきゃ…っ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:28:11.82 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


美緒「たわ…ごと?どういうことだ……」

美緒「……」

美緒「……」

美緒「……」

美緒「…ふ」

美緒「ふざけるなあっ!」 ガタン

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:29:16.27 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガチャ バタン


澪「誰か!誰かいませんか!」

軍人達「はっ!」

澪「管制室を頼みます!」

軍人「はっ!少佐殿は」

澪「私は…ストライカーで出ます」

軍人「し、しかし少佐殿は!」

澪「いいから、早く準備をしろおっ!!」

軍人達「「「はっ!!」」」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:31:22.52 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


美緒「ふざけるな!私をからかっていたのか?」

美緒「こうしている間にも…みんなは、ネウロイと命を懸けて戦っているというのに!」

美緒「ふざけるな、ふざけるなあっ!」 ガンッ

美緒「私が…無駄に過ごしたこの時間で、誰が、誰が死んでもおかしくないんだぞっ!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:32:56.41 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


エンジニア「ストライカーユニット!異常なしであります!!」

澪「ふざけるなよ!なんで異常がないのに飛ばないんだっ!!」

エンジニア「や、やはり少佐殿の魔法力は、もう……」

澪「ふ、ふざけるな、ふざけるなっ!」

澪「こうしてる間に、みんなが、みんなが死んでしまうかもしれないんだっ!!」

澪「動け!動けっ!動けよお!!」

澪「お前は美緒のストライカーなんだろう!あたしがみおだ!あたしが美緒だあっ!!」

エンジニア「少佐殿……」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:35:12.05 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

美緒「くそっ………くそおおおおっ!なんとかして元の世界にっ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

澪「ちくしょう、ちくしょうっ!どこほっつき歩いてるんだよ、美緒ってやつは!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

美緒「私は!まだ、飛ばねばならないんだっ!まだっっっ!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

澪「お前がいないと、お前の仲間が、…みんなが!みんなが死んじゃうんだよおっ!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

美緒「私は!元の世界に帰るんだあああああああああああああっっ!!!」

澪「もどってこいよおおおおおお!美緒おおおおおおっ!!」




その時、次元を超え共鳴した二人の叫びが、奇跡を呼んだ!!




95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:35:50.46 ID:C+tKHJ780

パパラパッパパー

ド「こんにちわ、ぼくドラえもんです!」

澪「うわあああ!?ドラえもんだあ!?」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:39:44.43 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


美緒「ぬうっ、面妖な!切り捨てる!!」

ド「ま、まってまって!テレレレッテテー!次元通りぬけフープぅー」

ぺた


~~~~~~~~~~~~~(         )~~~~~~~~~~~~~


澪「あ、あなたは……」

美緒「……お前…」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:41:54.54 ID:C+tKHJ780
澪「あなたが……美緒」

美緒「おまえが、澪か」 チラ

澪「あ、ああ。これは、その……」

美緒「魔法力もないのに…ふふっ、はっはっはっは!なるほど、あの楽団を背負って立つだけのことはある!」

澪「そ、それどころじゃないんだよ!はやく行かないと、みんながっ!!」

美緒「ああ!足を抜け。私がストライカーで出る!状況を説明しろ!」

澪「わかった!!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:43:53.18 ID:C+tKHJ780
澪「みんなを……みんなを!お願い!」

美緒「ああ、まかせろっ!!」 ブロロロロロロロロロロ

ロロロロロロロロロロォォォォォォ!!      ォォォォン......



澪「…頼んだぞ。坂本、美緒……」

ド「澪ちゃん澪ちゃん!はやくいかないと!次元フープは不安定なんだ!」

澪「ま、まって!少しだけ!あのっ」

エンジニア「えっ」

澪「紙とペンを、お願いします!!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:45:14.22 ID:C+tKHJ780

ミーナ「そう…書置きを残して、止める暇もなかったと」

美緒「そうか……」

ルッキーニ「ちぇー、あっちの少佐の方が面白かったのになぁ」

ペリーヌ「ちょっと!ルッキーニさんっ?わ、私はもちろん坂本少佐のほうが!いやでも、別にあちらの少佐の方も嫌いというわけでは…もごもご」

宮藤「お別れも言えなかったのは、ちょっと残念かな……」

リネット「うん……」

サーニャ「でも、忘れないよ。ずっと」

エイラ「サーニャ……」

ハルトマン「もう、湿っぽいのはいいから、早くそれ読んでみてよ!」

坂本「ああ。なになに…」

坂本「ウィッチーズ隊のみんなへ。本当は、別れの挨拶とかちゃんとしたいのに、悲しいけど、時間がありません。考えをまとめることもできないので、私の気持ちを、みんなへの気持ちを、詩に込めて、みんなに送ろうと思います!題名は……」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:46:24.15 ID:C+tKHJ780
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


律「うー、顔あわせづらいなぁ……」

澪「おはよう、律っ!」

律「わわっ、澪っ!?」

澪「ん、どうした?早く行かないと遅刻だぞっ」

律「え、いや……うん」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:48:06.26 ID:C+tKHJ780
---------
------
---


梓「あれ?澪先輩、またなんか雰囲気変わりました?」

澪「ん?ふふっ、大丈夫!私は私だ!わっはっはっ!」

唯「なんかよくわからないけど、元気になってよかったね、澪ちゃん!」

澪「ん?昨日までの私…元気なかったのか?」

梓「なんか、辛さを押し殺して……無理に気勢を張ってるって感じだったので」

紬「もしも悩み事があったら、私達に相談してね?澪ちゃん…」

律「あっ、いや!」

澪「そうか……ふふっ、大丈夫大丈夫!悩み事は昨日の夜全部解決したから!」

律「えっ(あれでよかったのか?)」

澪「わっはっは!さあ練習だ練習ー!!」

唯「ええーっ!?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:49:01.84 ID:C+tKHJ780
澪(そう…全て解決したんだ。ウィッチーズ隊のみんなは、きっと美緒が救ってくれる。)

澪(思い残すことがあるとすれば……あの)

澪(いや、仕方ないんだ仕方ないんだ。あれはあまりにも時間がなかったから。忘れよう忘れよう)

澪(願わくば…あのエンジニアの人が渡すのを忘れて制服のポケットに入れたまま洗濯してくれますように……)









その後、澪が遺した詩にサーニャが曲をつけた「ぷかぷかおそらで RUN☆de☆BOO!」は、
異国の英雄の唄として世界中の教科書に記されることとなる───


HAPPY☆END

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:01:20.04 ID:C+tKHJ780
以上です。
3スレにもわたって付き合ってくれたみんな、本当にありがとう。
書き溜めが溜まってくると、投稿時間のさじ加減がわからなくなってしまうタチなので
間隔長すぎてかなりイライラさせてしまったと思います。申し訳ない。

途中のアレは、まあ、なんだ。
展開に困ったらドラえもんがなんとかしてくれると思った。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。