FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「おちんちん最高!!!!!」-制裁ENDver-

543 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:41:03.89 ID:dn641e6o [10/35]
以下エロ展開だった場合
別のENDってことでよろしく

544 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:43:06.67 ID:dn641e6o [11/35]
―――――――――――――――

唯の家


和「今話したので全部かしら?」

唯「……うん」

和「それにしても……。澪どころか軽音部全員に手を出してたなんて……信じられない」

梓「酷すぎます……」

紬「あの、澪ちゃんは?」

和「律の家に行ったわ……。律に謝らなきゃって」

憂(お姉ちゃん……)

唯(全部バレた……全部。私、どうなるんだろ……)

545 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:43:58.28 ID:dn641e6o [12/35]
和「はっきりいって私は許せないわ。皆は?」

梓「私は……。ちゃんと反省してほしいです。こんな事二度としてほしくないです」

和「二度とって言っても……。唯はまたやりかねないわよ?今のこの子は異常よ」

憂(お姉ちゃんがおかしくなったのは、やっぱりアレが生えてからだよね)

憂(アレがなくなれば……元のお姉ちゃんに戻ってくれるのかな)

紬「私も反省してくれればそれ以外には何も……」

和「唯がおかしくなったのは、男のアレが生えたからでしょ?」

和「じゃあ、それをとるわけにはいかないの?」

唯「!」

546 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:44:57.06 ID:dn641e6o [13/35]
梓「と、とるって……!どうやって?」

和「それは、病院で手術とか……。性転換手術とかあるんだし、不可能ではないでしょ?」

紬「何もそこまで……。私はちゃんと心を入れ替えてくれれば……」

和「たぶん無理よ、それじゃ」

唯「やだよぅ……」

和「……」

唯「手術こわいよぉ……。お願い、もうしないから……許してよぉ!」グスッ

憂(うう……)

和「あんたねぇ、どれだけ皆にひどいことしたかわかってるの?痛かったとかそういうんじゃないのよ?」

和「あんたがイヤらしい事しか考えられなくなって、色んな女の子に手を出したりするのがダメなのよ!」

547 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:45:39.97 ID:dn641e6o [14/35]
梓「……唯先輩。病院へ行きましょう。やっぱりソレは無いほうが……」

唯「で、でも手術にもお金がかかるよ?」

紬「それは……私がお願いできるけど……」

唯「そ、そんなぁ……」

和「それは唯のためでもあるのよ……だからそうしましょう」

唯「う、ううー……」

梓「あの……私は別に唯先輩の事嫌いになったわけじゃないですから……元気だしてください」

紬「わ、私も。唯ちゃん、元の唯ちゃんに戻りましょう?」

唯「……」

548 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:46:13.71 ID:dn641e6o [15/35]
唯「やだ……」

梓「え?」

唯「やだやだやだ!やだ!」

唯「なんで私だけそんな事しなきゃいけないの!?絶対やだっ!」

和「な……」

唯「だって私だけじゃないじゃん!皆だって気持ちよかったんでしょ!?」

唯「皆だって責任あるじゃん!なんで私ばっかりそんな痛い目にあわなきゃいけないの!?」

紬「で、でも私たちは唯ちゃんが他の子と付き合ってるなんて……」

唯「う……うぅ……!」


549 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:46:44.50 ID:dn641e6o [16/35]
唯「そ、それでも……他に彼女がいる私としたんだから浮気と同じだよ!」

唯「相手に恋人がいるのを知らなかったなんて言い訳通ったら、この世の浮気はほとんどが不問じゃんっ」

唯「そういう時は相手と一緒に浮気相手に謝るでしょ!?それが普通でしょ!?」

唯「だから私にだけ責任があるなんておかしいっ!皆もお互い謝ってよ、それで私を助けてよっ!」

紬「……」

梓「……」

憂「お、お姉ちゃん……」

和「……わかったわ」

唯「わ、わかった?さすが和ちゃんだね。じゃあ早く他の皆を……」

和「唯が全く懲りてないのが……よくわかったわ」


550 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:47:30.79 ID:dn641e6o [17/35]
唯「え……?」

憂「お、お姉ちゃん……。だめだよ……。早く皆さんに謝って……」

和「憂は黙ってて。もうその必要はないわ」

梓「サイテーですね……。見損ないました」

紬「……」

和「この期に及んでそれとはね……。怒りがこみ上げてきたわ」

唯「皆……何?私は間違ってないよ……?正論を言っただけじゃん!」

和「反省してれば、私達……少なくとも私は許すつもりだったわ」

551 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:48:04.27 ID:dn641e6o [18/35]
梓「私もです……」

紬「……」

唯「え……あ!反省してる、反省してるよ!?それは当然だよ!」

唯「でも、でも手術とかそういうのは……!いいでしょ!?反省してるから!」

唯「それに……した時だって最後は皆同意してたでしょ?それにりっちゃんともお互いに納得した上で……」

和「澪と律に聞いてみましょうか。2人の意見を聞いて唯の対応を決める……」

梓「それでいいです」

紬「うん……」

唯「ちょっと……話を聞いてよっ!ねえっ!」


552 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:48:32.37 ID:dn641e6o [19/35]
―――――――――――――――

律「ん?和から」

澪「……」

律「もしもし?」

和『ああ、ごめんね。今いいかしら』

律「ああ。もう澪とは仲直りできたぞ。へへっ」

和『そう、本当によかった……』

律「で、どうした?まだ揉めて……」

和『うん……。率直に聞くわ。律は唯の事どう思ってる?』

律「……」

553 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:49:15.45 ID:dn641e6o [20/35]
律「はっきりいって、すごく頭にきたよ」

和『……』

律「でも、私が唯としたのだって澪を取り返したかったからで……。納得してやったんだ」

律「それに私たち2人にとっては、元の関係に戻れた事の方が重要なんだ」

律「まあそれしか手段がなかったってのもあるけどさ……。唯が絞られて、反省すればもういいよ」

和『まだ……反省してなかったら?』

律「……どういうこと?」

554 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:49:46.47 ID:dn641e6o [21/35]
―――――――――――――――


和「……」

梓「どうでした?」

和「『呆れた。もう怒る気も失せた。私たちはもう関わりたくないから和達で決めろ』だって」

唯「ちょっ……ねえ」

和「どうする?」

梓「……同じ目に」

憂「!」

梓「同じ目にあってもらうのはどうですか?自分もその痛みを知らないと、同じ事を繰り返します」

唯(同じ目……もしかして、レイプってこと?)

唯(……ぷっ。なーんだ!そんな事お仕置きになるわけないじゃん!全然わかってないよ皆!)

556 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:50:56.48 ID:dn641e6o [22/35]
唯(私は女の子から無理やりされても気持ちいいだけなんだからさ!)

紬「私はあまり気がすすまないな……」

唯「そ、そんな……お願い!それだけはやめて!?」

唯(悲壮感と絶望感を出して……。皆にこれはお仕置きと思い込ませて……)

唯(へへ……ちょろいよっ。まさかこんな事で済んじゃうなんて……。ゴネ得だよ)

和「じゃあまずは、ソレをとってからね」

唯「……え?」

和「ソレがあったらお仕置きになんてならないからね。女の体に戻さないとね」

梓「あ……そうですね。ソレがついてたら喜ぶだけですし」

紬「……わかった」

557 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:51:43.78 ID:dn641e6o [23/35]
唯「ねぇ、ちょっと……何するの?」

和「だから、同じ痛みを味わってもらうのよ」

梓「唯先輩、私たちものすごく痛かったんですよ?」

和「唯はただ挿れて気持ちよくなるだけだったでしょうけどね」

唯「え……それって」

紬「……」

和「今の状態で同じ目にあわせても、それほどショックはなさそうだし」

和「体も心も、女に戻った状態で同じ目にあわせた方がいいでしょ」

唯(女として……レイプされるってこと?無理やり挿れられて……え?)ブルッ

558 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:52:43.81 ID:dn641e6o [24/35]
―――――――――――――――

手術後


和「退院おめでとう」

唯「……」

紬「車着てるから行きましょう?」

唯「……」

559 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 15:53:32.90 ID:dn641e6o [25/35]
―――――――――――――――

車中


唯「……」

唯(どこへ行くのかな……)

唯(知らない場所へ……男の人のところへ……?)

唯(同じ痛みって言ってた……知らない男の人に無理やり……)ブルッ

唯「う……うあ……」ガクガク

唯(助けて……助けてください。もうしないから……誰か……)


563 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:09:43.86 ID:dn641e6o [26/35]
梓「着きましたよ」

唯「!?」

唯「ひ……いやああああ!助けて!お願い、許して!」

唯「怖い!男の人怖い!いやああああ!」

紬「ゆ、唯ちゃん落ち着いて?そんな人いないから」

唯「う……あ?」

和「唯の家よ?」

唯「私の……家?」

梓「そうですよ。さあ降りてください」

564 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:10:58.70 ID:dn641e6o [27/35]
―――――――――――――――

唯の部屋


唯「ねぇ、なんで私の家に……?」

和「お仕置きするためよ。忘れたの?」

唯「覚えてるよ……でも、男の人は?」

紬「男の人?唯ちゃん、さっきからどうしたの?」

唯「だって女として同じ目にあわせるって……。だから男のひとがいなきゃ」

梓「ああ、そういう事ですか。そんな事するわけないでしょう」

和「いくら何でも、男の人に無理やりやらせるわけないでしょ……」

唯(そうなんだ……。よかった……)

565 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:11:44.18 ID:dn641e6o [28/35]
唯「でもどうやって?女の子だけじゃ」

梓「ああ……それは」

紬「……」ガサッ

唯「え……」

和「コレを使うのよ。私たちにはないモノだから、こんな道具になっちゃうけど」

梓「ペニスバンドって言うそうですよ?ちょっと気持ち悪いですね」

唯「……」

梓「先輩、顔色がよくないですよ。大丈夫ですか?」

566 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:12:23.80 ID:dn641e6o [29/35]
唯(やだ……あんなのやだよ)

唯(あんな気持ち悪いモノ挿れたくない……。それに大きすぎる……怖い)

唯(人間ですらない……あんな気持ち悪い道具が私の初めてに……?)

唯「うっ……」ジワッ

梓「あれ?泣いてるんですか?怖くなったんですか?」

和「まあこんなモノ挿れるって聞けばそうなるわね」

紬「あの、ちゃんと準備すれば大丈夫だから……」

唯「うぅぅぅ……」グスッ


コンコン

567 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:13:19.20 ID:dn641e6o [30/35]
憂『あの……いいですか?』

和「どうぞ」


ガチャ


憂「……!そ、それ」

梓「今からお仕置きするの。コレ使ってね」

和「一緒にしたいの?憂も唯には散々迷惑をかけられたみたいだしね」

憂「……」

憂「お姉ちゃんを……許してあげてください。お願いします!」

唯「!」

568 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:15:15.42 ID:dn641e6o [31/35]
和「……」

憂「お姉ちゃんは手術もしました……もう悪さもできません。反省もしてます」

憂「だから……。同じ目にあわせるだけは……許してあげてください!お願いします!」

唯「う……ういぃぃぃー……」グスッ

憂「お願いします……。お願いします……」ポロポロ

紬(確かに、もうあんな事はできないんだからこんな事は……)

唯「反省してるよぉー……憂も言ってることだし、助けてよぉ……」

憂(お、お姉ちゃん!黙ってて!)

梓「……」イラッ

和「……やっぱりダメね。今のセリフを聞く限り、反省してるようには思えないわ」

唯「ひぃぃぃ……」

憂(ああ……)

569 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:16:22.30 ID:dn641e6o [32/35]
和「憂は出たほうがいいわよ。唯が痛がるところ見たくないでしょ」

憂「……はい」


バタン


唯「うーいー……」グスッ

和「で、誰がこれ挿れる?」

紬「……」

和「私は……。初めての時それほど痛くはされなかったから……」

梓「じゃあ私かムギ先輩ですね」

紬(私は……無理やり挿れられて痛かったけど……。あんな事したくないな……)

紬「私はちょっと……」

梓「じゃあ私がやります。私、唯先輩にされた時凄く痛くされたので」

唯(うぅぅ……)

570 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/08(火) 16:18:03.51 ID:dn641e6o [33/35]
和「ところで……このままじゃ挿れられないわよね」

梓「挿れられないことはないんじゃないですか?わからないですけど……」

唯(!?このまま挿れるって……無理だよ!)

紬「えっ……でもケガしちゃったら……」

和「そうね……。でも濡らすってことは唯を感じさせるってことでしょ?お仕置きにならなくない?」

梓「そうですよね……濡れてないまま無理やりやったほうが……?」

唯「う……」ガクガク

623 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 01:57:50.84 ID:WKpCuJwo [1/67]
和「そうね。とりあえずそれでやってみましょう」

梓「じゃあ下脱がせますね」

唯「いやっ!やだ、見ないでぇ!」

梓「ちょ……暴れないでくださいよ!痛っ」ガンッ

唯「うわああああ!ああああああ!」バタバタ

紬「!」ビクッ

梓「このっ……ムギ先輩!私が足押さえる間に脱がしてください!」

紬「う……うん」

和「暴れないで……!」グッ

唯「うぐ……ぐっ!」

625 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:06:46.63 ID:WKpCuJwo [2/67]
スル…

唯(あ、あああ……!)

梓「ム、ムギ先輩。パンツも脱がせてくださいっ」

紬「あ……」

梓「いいです、私がやりますっ」グイッ

唯(脱がされる……!)

梓「それっ!」ズルン

和「……」

紬(わ……///)

628 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:12:44.46 ID:WKpCuJwo [3/67]
唯「見ないで!見ないでよぉ!」

梓「へぇ……」

和「やけに恥ずかしがるわね。やっぱりアレが無くなって女の子らしくなったのかしら」

梓「ムギ先輩、本当に目を逸らす必要ありませんよ。嫌がってるからこそ見ないと。お仕置きなんですから」

紬「……」チラチラ

唯(うぅ……。ムギちゃんみたいな反応されると私まで余計に恥ずかしくなる……)

梓「唯先輩、恥ずかしがってる場合じゃありませんよ。これからが本番なんですからね」

梓「ムギ先輩、ちゃんと押さえててくださいね……バンドつけますから……」

和「それってやっぱり裸でつけるのかしら?」

梓「たぶん……そうですよね?恥ずかしいので……見ないでもらえますか?」

631 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:19:20.81 ID:WKpCuJwo [4/67]
和「ええ……」

紬「うん///」

梓(んしょっ……)スルッ…

唯(あ……あずにゃんのパンツが)

梓(み、見られてないよね?パンツも脱いで……ん?)

唯「……」チラチラ

梓「……何見てるんですか?」

唯「え、あ!見てない……よ」サッ

634 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:26:04.29 ID:WKpCuJwo [5/67]
梓「唯先輩これから何するかわかってますか?」

唯「う、うん」

梓「それなのに人の裸みて顔赤くして……何興奮してるんですか?」

唯「あ、赤くなんてなってないよ!」

梓「こんな状況なのにえっちな事考えてるんですね。アレとっても変わらないんですか」

唯「ち、違う……。今のはそういう事考えてたんじゃないよ……本当に恥ずかしくて」

梓「どうだか。昔の唯先輩を知ってる身としては到底信用できませんね」

637 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:34:01.03 ID:WKpCuJwo [6/67]
和「そうね。これを何のためにやるのか、勘違いさせちゃいけないわね」

梓「じゃあさっさと本題に入りましょうか……。コレで装着完了ですね?」

唯「ひ……」

紬(うっ……)

和「ちょっと……気味が悪いわね。それ」

梓「ええ、つけてる方も気分が悪いです……。男の人のってホントグロテスク……」

唯「あの……」

和「ん?」

638 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:41:28.38 ID:WKpCuJwo [7/67]
唯「皆も乗り気じゃないみたいだし……やめない?あとで思い出して不快に……」

梓「……」イラッ

和「じゃあ、挿れましょうか」

唯「う、うううう……」

梓「はい。どういう体勢にしましょうか?ムギ先輩、何か見たいのはありますか?」

紬「!?私は何でも……いい」

梓「じゃあ後ろからでいいですか?バックってやつ……。私これでやられたので」

和「じゃあとりあえず四つんばいにさせましょう。さあ唯、なりなさい」

639 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:46:31.04 ID:WKpCuJwo [8/67]
唯「や、やだよ……」

和「……」

バシッ!

唯「ふぶっ!い、痛いよぉ……!顔叩かないでぇ……」グスッ

紬「あ、ああ……」

梓「……ムギ先輩は甘すぎますよ。とりあえず今は同情しなくていいです」

唯「うぅ……ひっく」ノソ…

和「素直にいう事を聞きなさい。そうすれば余計な事はしないから」

梓「そう……それでいいです。ちゃんと四つんばいになれるじゃないですか」

641 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:51:39.15 ID:WKpCuJwo [9/67]
唯「ひっく……うっ」グス

梓「先輩?こういうのって、何て言うんでしたっけ?」

唯「……?」

梓「……」

バシッ!

唯「ぎゃっ!い、痛い……!」

梓「答えてくださいよ。またお尻叩きますよ?」

唯「う……?バック……?」

643 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 02:55:38.83 ID:WKpCuJwo [10/67]
梓「……」

バシッ!

唯「ぎっ!うううっ……」ポロポロ

梓「唯先輩は、私と初めてするときに、後ろからするのを何ていいましたか?」

唯「え……セックス……?」

梓「違いますよね?」

唯「え……え?」

梓「これが本当のセックス……抱き合ってするのは嘘のセックスとか言ってましたよね」

唯「あ……」

645 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:00:53.42 ID:WKpCuJwo [11/67]
梓「動物セックスとか言ってましたね……この体勢で欲望をぶつけあうのが本物だって」

唯「……」

紬「動物……?」

和「動物セックスって……。あんた本当にバカね……」

梓「それで人の体を道具のように扱って……一人で興奮してましたよね?」

唯「ごめんなさい……」

梓「その動物セックスとかいう馬鹿らしいのに付き合ってあげます」ピトッ

唯「ひっ!」

唯(当たってる!アレが私のあそこに……)

唯(怖い……怖い怖い怖い怖いっ!)

650 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:05:38.68 ID:WKpCuJwo [12/67]
唯「う、うぐぐぐぐ……」

和「……あら?」

唯「あ、あ、あ……」ガクガク

紬「ま、待って……。唯ちゃんの腕が……」

和「ちょっと……腕ガクガクよ。そんなに怖いの?」

唯「や、やめっ……やめやめ……」ガチガチ

梓「キリがないです。もう挿れましょう」グッ

唯「ひっ!」

紬「あ、梓ちゃんちょっと待ってあげ……!」


チョロ…

654 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:10:14.35 ID:WKpCuJwo [13/67]
梓「え……」

チョロロロロ…

紬「きゃ……!」

和「ちょっ……」

梓「わ、きゃあ!」バッ

唯「あ、あ、あ……」

ジョロロロロ…

梓「……」

チョロ…

紬「あ……」

662 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:16:43.81 ID:WKpCuJwo [14/67]
和(止まった……?)

梓「もしかして……怖くてお漏らししちゃったんですか?」

唯「う……ううっ」ジワッ

唯「うわああああああん!!」ボロボロ

梓「ちょっ……静かにしてください!また憂が……!」

和「ティ、テッシュ!雑巾!?」

紬「唯ちゃん、怒ってないから!落ち着いて?ね?」

唯「う、ううっ……」グスッ

梓「……」

667 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:21:11.62 ID:WKpCuJwo [15/67]
梓「はぁ……」

唯「!」ビクッ

梓「人には容赦なく挿れといて、自分はコレですか……」

唯「ひっく……」グスッ

梓「唯先輩、18歳ですよね?えっちが怖くておもらしって……」

紬「あ、コレ……」スッ

梓「仕方ないですね……。唯先輩は本当に手がかかります」ゴシッ

唯「!?や、やめてよぉ!自分で拭く!」

673 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:27:48.97 ID:WKpCuJwo [16/67]
梓「……」ゴシゴシ

唯「う、うううっ///」

和「……ぷっ」

唯「!」

梓「まさか先輩のおしっこを拭く日が来るとは思ってもみませんでしたよ」

唯「ううー……」

梓(なんか一気に怒りも治まってきちゃったな……)チラッ

紬(……)

梓(ムギ先輩は泣きそうだし……)

和「……」クスッ

唯(ほぇ……?)

679 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:31:32.25 ID:WKpCuJwo [17/67]
唯(……)

唯(あれ?もしかして、この流れって……)

唯「怖かったよぉ……」クスン

和「大げさなのよ、唯は」クスクス

唯「えへへ……♪」ゴシゴシ

唯(もしかして……お仕置き中止?)

唯(……)ニヤッ

和(……ん?)

唯「女の子側って、こんなに怖いんだねー……。私知らなかったよ」

684 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:36:52.38 ID:WKpCuJwo [18/67]
梓「そうです。人によっては思わずもらしちゃうほどですよ」

唯「あぅ……それはもう言わないでよぉー」

紬「まぁ……ふふっ。唯ちゃんも、よくわかったみたいだし……もういいよね?」

唯(ム、ムギちゃん!もっと言って!)

唯「みんなごめんね?こんな酷いことしてたなんて……ようやくわかったよ」

梓「……はぁ。唯先輩も肝を冷やしたみたいですし、これで……」

唯(や……やったぁ!皆甘いよぉー。やっぱり皆私の事が好きなんだよぉ♪)

和「ちょっと待ちなさい」

唯「……」

691 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:42:22.79 ID:WKpCuJwo [19/67]
和「唯……今、しめたって思ってるでしょ」

唯「!」ギクッ

梓「へ?」

唯「えっ……?お、思ってないよ?」

和「顔強張ってるわよ?」

唯「!?」ササッ

和「私たちどれだけの付き合いだと思ってるの?誤魔化せると思う?」

唯「え?いや、そのぉ」

和「……その態度、間違いないわね……。反省してないわ」

唯「……」

698 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:47:19.83 ID:WKpCuJwo [20/67]
紬「そ、そんなことないんじゃないかしら?」

唯「反省してる、反省してるよ!?それは当然だよ!」

梓「……この前も全く同じ反応してましたよね?」

紬「あ……」

唯「……」

梓「挿れますね」ピトッ

和「いいわよ」ガシッ

唯「ひっ……」

梓「えいっ……」ググググ

唯「!?」

701 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:53:00.91 ID:WKpCuJwo [21/67]
唯「いだああああああ!」バタバタ

梓「ちょっ、暴れないでください!狙いが……」グググ

唯「ぎゃああああ!いだい!いだいいだい!」

紬「ひっ……」

和「静かになさいっ……!」ガシッ

唯「あああああああ!」

梓「静かに……してくださいよっ!」

バシッ!

唯「ぎっ……!」ビクッ

梓「あまり暴れると……こっちの後ろの方に挿れますよ?」

709 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 03:58:53.14 ID:WKpCuJwo [22/67]
唯「!」ピタッ

梓「そうだ……お尻の方がお仕置きにはいいかもしれませんね?」

紬「あ、梓ちゃん……本気?」

梓「……」チラッ

和(……)コクリ

和「そうね。そのほうがいいみたい。未だに反省してないもの」

梓「だそうです。ではお尻にしましょう」

唯「や……やめ……」ガチガチ

714 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:05:40.61 ID:WKpCuJwo [23/67]
紬「え……!?だ、だってお尻なんかでしたら……ケガを」

梓(ムギ先輩ナイスです。たぶん純粋に心配してるだけでしょうけど)

和「……そうね。無理に後ろでやると、お尻がおかしくなって人工肛門になる事もあるそうよ」

唯「じんこ……ひぃぃぃっ……!」ガチガチ

梓「唯先輩が抵抗しなければちゃんとした方に挿れてあげるのに……残念です」

唯「ま、まえ……」

和「あら?何か聞こえた?」

梓「いえ?何も聞こえませんね」

唯「ま、前っ!あそこっ!お、おまんこにしてください!お願いしますっ!」

梓「……いいですよ。じゃあ今度こそ暴れないでくださいね」

716 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:12:47.48 ID:WKpCuJwo [24/67]
唯「はい……」

梓「えいっ……!」グググググ

唯「うっ!い、いだっ……!」

梓「こ、このっ……」グイグイ

唯「うぎぎぎ……!」

和「入らない?」

梓「ちょ、ちょっとは入りますけど……これは……」グググ

唯「あ、あず……いだいっ!うぅぅぅ!」

紬「待って!唯ちゃんケガしちゃう!裂けちゃう!」ガシッ

梓「あっ!ムギ先輩離してくださいっ!もっと力を入れれば……!」

719 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:18:24.09 ID:WKpCuJwo [25/67]
紬「唯ちゃんの体も準備させてあげましょう?ね?」

和「……そうね。別に唯にケガをさせたいわけじゃないものね……。どう?」

梓「まぁ……私も一応準備はできてから挿れましたし……それを考えれば……」

唯「あ……」

紬(よかった……)

梓「ただし最低限に。やりすぎて痛みが軽くなりすぎるとお仕置きじゃなくなります」

和「そうね。じゃあ……始めましょうか」

唯(え……私の体、触られるの?)

720 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:22:32.18 ID:WKpCuJwo [26/67]
紬「あ、あの……私やる」

和「えっ?それはもちろんいいけど」

梓「意外ですね。ムギ先輩ずっと乗り気じゃなかったのに」

紬「唯ちゃん、仰向けになって?」

唯「う、うん」コロン

紬「ん……」チュッ

唯(!)

和「あっ……」

唯(え……キス?)

724 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:27:02.58 ID:WKpCuJwo [27/67]
紬「……はぁ」

唯「ムギちゃん……」

梓「……そんな事しなくていいです、ムギ先輩。喜ばせてどうするんですか」

紬「あ……ごめんね」

梓「わかったらさっさと離れてください。胸でも触ってやってくださいよ」

紬「うん……脱がすね?」

唯「あ……」

スルスル…

726 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:32:52.05 ID:WKpCuJwo [28/67]
紬(唯ちゃん、優しくするから……)ボソッ

唯「あ……」

和(さっきから見てると……この子、本当に唯の事が好きなのね)

梓「……何こそこそ喋ってるんですか。早くしてください」

和(こっちは……もしかして嫉妬してるのかしら?)

紬「……」サワッ

唯「あっ……」

紬(唯ちゃんの胸触らせてもらうの、初めて……)

唯「ふあっ……ん///」

728 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:40:00.58 ID:WKpCuJwo [29/67]
紬(わぁ……。女の子の胸って、こんな感触なんだ……)

唯「あ、あの……。私の小さいから、あんまり……///」

紬「そんなことない……。それに、キレイよ……」

唯「うっ……///」

梓「……ムギ先輩、黙ってやってください。事務的でいいんです。余計な感情は必要ありません」

和(ぷっ。あからさまに機嫌が悪くなって……。こっちも唯の事がよっぽど好きなのね)

紬「……」

唯「ひゃっ!ち、乳首いやぁ……」

梓(あ……濡れてきてる)

730 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:44:44.90 ID:WKpCuJwo [30/67]
紬「……はむっ」

唯「!?」ビクッ

紬「んっ……」チュッ

唯「す、吸わないでぇ……ひ、あっ///」

紬「ん……ぷは」

唯「はっ……はあっ……」

紬(唯ちゃん可愛い……)ボソッ

唯「ううっ……///」

和(私もキスしたいけど……入れる雰囲気じゃない……)

梓「もういいです。十分濡れてますから。ムギ先輩は唯先輩を押さえててください」

731 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:52:03.73 ID:WKpCuJwo [31/67]
紬「……」

梓「全く、余計なことはしなくていいんですよ……」ブツブツ

梓「さあ唯先輩、今度はこっちの番ですからね。覚悟してください」

和「あ……バンドのソレ。ソレも濡らしたほうがよくないかしら?」

梓「……濡らそうにも、これがヌルヌルにできるほど唯先輩の濡れてないですよ」

紬「……」

梓「まぁ愛撫が下手だったんですかね。私がやってれば話は別でしたが……。どうしましょう」キョロキョロ

和「……」

732 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 04:57:57.52 ID:WKpCuJwo [32/67]
梓「あれは……?」

唯「!」

紬「ボトルに何か透明な物が入ってるけど……水かしら」

和「『ローション』?なにこれ」

唯「う、それは……///」

梓「唯先輩、これ何ですか?」

唯「その……トロっとしたやつ……」

和「はぁ?何に使うの?」

梓「正直に言ってくださいね?嘘ついたらお尻に挿れますよ」

735 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:02:03.80 ID:WKpCuJwo [33/67]
唯「マッサージとかに使うもの……」

和「マッサージ?あなたそんなのできないでしょ?」

唯「う……」

紬「あら?何か転がってる……」ヒョイ

唯「あっそれはダメ!見ないで!」

紬「わぁ……ぷにぷにしてる。ゴム……?」

梓「んんー?」ジロジロ

梓「これ……もしかして、オナホールってやつ……?」

737 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:06:22.46 ID:WKpCuJwo [34/67]
唯「!」ギクッ

紬「オナホール?」

梓「それ、このペニスバンド買いに行った時に見ました!えっちなおもちゃです!」

和「筒の形をしてるわね……。でもこんなの何に?」

唯「あ、あうぅ」

梓「男の人のアレを入れて動かすものです」

和「は?」

梓「私は男じゃないので本当の事はわかりませんが……。男の人が気持ちよく感じるおもちゃらしいです」

紬「……///」

740 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:12:02.79 ID:WKpCuJwo [35/67]
和「うわ……唯、こんなの使ってたの?」

唯「……」

梓「完全に変態ですね。こんな物使ってまでオナニーしたいなんて、猿です」

紬「一緒に置いてあったってことは、セットで使うものなのかしら?」

和「たぶんそうね。このローションってやつで濡らして入れるってことじゃない?」

梓「じゃあそのローションでバンドのコレを濡らしましょうか」トロッ

和「……」

梓「……唯先輩、自分のアレにこんな物塗りたくってしてたんですね。ちょっと引きますよ」

梓「そこまでしてオナニーしたかったんですか?情けなくないんですか?私には理解できません」

唯「……」

741 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:21:30.77 ID:WKpCuJwo [36/67]
梓「じゃ、挿れますね。長引きましたが今度こそ挿れます」ピトッ

唯「!」

紬「大丈夫……。ちょっと痛いけど、今の唯ちゃんなら我慢できるから」

和「あら?唯は仰向けでいいの?」

梓「いいですっ。こっちの方が体押さえやすいですし……」ググググ

唯「うっ……!」

梓「暴れちゃだめですよっ……?くっ」グイグイ

唯「い……痛っ……」

梓「はあっ、ふっ……!」グググ

742 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:25:51.25 ID:WKpCuJwo [37/67]
唯「……うぐ!」

梓「!」

唯「痛い!痛い痛い痛い!」バタバタ

梓「ちょっ……腕っ!押さえてください!」

和「ちょっとは我慢しなさい……!もうほとんどお仕置きになってないんだから……!」

唯「いやああああ!痛い!ひぃぃぃ!」

梓「ムギ先輩っ!後ろ!私の後ろに回って唯先輩の足を押さえてっ!」

紬「!」

梓「早くしてください!」

紬「あ……う、うんっ」ガシッ

743 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:32:38.88 ID:WKpCuJwo [38/67]
梓「こ、これでっ……動けませんねっ」グググ

唯「いいいい……」

梓「さあ、覚悟してください?一気に、行きますよっ」ググッ

梓「入ってきましたっ……」

唯「あああああ!」ジタバタ

梓「もう少しっ……!」

ズッ…

唯「あ……」

梓「や、やっと……入りましたね」

744 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:39:09.97 ID:WKpCuJwo [39/67]
唯「……」

梓「これで唯先輩は……処女じゃなくなりましたね」

唯(処女じゃない……)

梓「唯先輩の初めては、ベニスパンドです」

唯(私の初めては……)

梓「この気持ち悪い、悪趣味な道具です」

唯(ペニス……バンド)

梓「唯先輩がどんな形で初めてを経験したかったのかはわかりませんが……」

梓「唯先輩の初めてはこの不気味な道具。それは一生変わりません」

唯(……)

745 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 05:44:23.22 ID:WKpCuJwo [40/67]
和(うわ……かなり責めるわね)

梓「唯先輩は恋をする度思い出します。えっちする度に思い出します」

梓「大切な初めてを、こんな形で……。こんな道具で失ったことを」

梓「一生忘れることはできません」

唯「う……」グスッ

紬「!」

唯「ひっ……ひっく……うっ……」ポロポロ

梓「これは罰ですよ。唯先輩が今までしてきたことの報いを受けたんです」

唯「うぅぅー……」ポロポロ

750 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:00:16.10 ID:WKpCuJwo [41/67]
梓「……」ズリュ

唯「痛っ!」

梓「ふっ、ふっ……」

唯「痛いっ!あずにゃん、痛いよ!」

梓「はっ……はっ」ズッ ズッ

唯「待って、待って!痛い、本当に痛いんだよぉ!」ポロポロ

梓「……」

梓『子供じゃないんだから……我慢してくださいよ』

唯「……!」

梓「そう、言いましたよねっ……?」ズチュッ

752 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:05:19.24 ID:WKpCuJwo [42/67]
唯「うっ……うっ」

梓「私にそう言って……無理やり、動きましたよねっ?」

唯「あぐ……うっ、うっ……」ギシギシ

和「ちょ、ちょっと……。もう少し手加減してあげたら?」

梓「何を……言ってるんですかっ!」ズンッ

唯「うぎゃっ!」

梓「これは、お仕置き……ですよっ!?」ズンッ

唯「あぐっ……!」ギシッ

梓「このくらい、やらないと、意味ないですっ……!」ズチュッ

754 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:10:56.52 ID:WKpCuJwo [43/67]
唯(あ、あそこが痛い……。血出てる……絶対出てるよ……)

唯(痛いよぉ……痛い……。あそこ、ぐちゃぐちゃになっちゃうよ……)

唯「ひっ……ひっ」ポロポロ

紬「あ……もういい……」

梓「え……?」

和「も、もういいわ……。十分だから……いいでしょ?」

梓「はあっ……はあっ……」

和(この子、さっきからちょっと変だと思ってたけど……。もしかして、サドってやつ?)

梓「はっ……はあっ……」ヌポッ

757 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:22:11.84 ID:WKpCuJwo [44/67]
唯「……」

紬「ああ……」ポロポロ

和(唯、ぐったりして……これはさすがに……)

梓「……」フラッ

紬「え……?」

梓「ムギ先輩……貰います」ガサガサ

梓「これ……」

和「その液……何?」

758 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:25:32.92 ID:WKpCuJwo [45/67]
紬「あれは……梓ちゃんに頼まれて用意し」

梓「黙っててください。言ったら意味ないです……」

和「え?何?何なの?」

梓「精液ですよ……」

和「は……?」

唯(精……液……?)

梓「これ……入れます」

紬「!?」

和「ちょっ……何言ってるの!?」

763 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:32:49.54 ID:WKpCuJwo [46/67]
梓「唯先輩……私の時……避妊してくれなかった」

梓「先輩の時も……」

和「え……」

梓「ゴム……勝手に切りました」

和「あ……それは」

梓「ムギ先輩の時も」

和「こっそり外して……中にだしました」

紬「……」

梓「だから……同じ事します。どれだけ怖いか……知ってもらいます」

766 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:35:47.59 ID:WKpCuJwo [47/67]
訂正


梓「唯先輩……私の時……避妊してくれなかった」

梓「先輩の時も……」

和「え……」

梓「ゴム……勝手に切りました」

和「あ……それは」

梓「ムギ先輩の時も」

梓「こっそり外して……中にだしました」

紬「……」

梓「だから……同じ事します。どれだけ怖いか……知ってもらいます」

772 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:41:19.17 ID:WKpCuJwo [48/67]
和「ちょっと!いいわよそんな事しなくて!」ガシッ

梓「ダメです……」

紬「……」

和「やめなさいって!」グイグイ

梓「聞いて……」

梓「……は……の……す」ボソッ

和「……え?」

梓「だから……いい」

774 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:44:50.00 ID:WKpCuJwo [49/67]
和「え……?」チラッ

紬「……」コクリ

和「……」

紬「梓ちゃん……でもそれは……心が」

梓「大丈夫です……ちゃんと言います」

唯(……)

唯(みんな……何を騒いでるんだろ……)

グイッ

唯(あ……?)

779 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:49:02.08 ID:WKpCuJwo [50/67]
梓「……」

唯(またおちんちん挿れるの?痛いのやだな……)

グイッ

唯(指で開いてる……?)

梓「……」

唯「何するの……?」

梓「精液です」

唯(精液を……入れるんだ)

唯(……えっ!?)

781 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:53:54.10 ID:WKpCuJwo [51/67]
唯「精液って……え?え?」

梓「……」

唯「嘘だよね?ねぇ?ねぇ……」

グイッ

梓「……」

唯「ひ……いやあああああ!!!」バタバタ

梓「っ!」ガシッ

唯「いや!いやいやっ!お願い!許してっ!」

唯「怖いっ怖いよ!入れないでぇ!」バタバタ

783 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 06:59:18.72 ID:WKpCuJwo [52/67]
紬「やっぱりやめ……」

梓「邪魔しないでくださいっ!」ドンッ

紬「きゃあ!」

梓「唯先輩、怖いでしょう?怖いですよね!?精液入れられるんですから!」

唯「ひぃぃぃぃ!」

梓「運が悪ければ即妊娠です!赤ちゃんできるんですよ!?」

唯「うあああああ!」バタバタ

梓「唯先輩はこんな事をしてきたんです!女の子がどれだけ怖いか考えなかったでしょう!」

唯「やだ!やだぁ!ママに……なりたくないっ!いやああああ!」

784 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:03:49.25 ID:WKpCuJwo [53/67]
梓「……っ!」

ドロッ…

唯「ひ、ひぃぃぃ!?」

ピチャッ…

唯「!?入った……?いやあああ!」

梓「全部……入れますっ」

ピチャ… ドロッ…

唯「う、うあ……あ……」

梓「入ってますよ。唯先輩の中に……精液が。赤ちゃんの素が」

ドロッ… ツー…

唯「あ……あ……」

785 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:07:33.22 ID:WKpCuJwo [54/67]
梓「……」

梓「指で広げただけなので……あまり入りませんでした」

梓「でも……妊娠には十分の量です。安心してください」

唯「……」

梓「あとは運次第です。頑張って祈ってくださいね」

唯「あ……」

唯「あか……が……でき……」ブツブツ

梓「……」

787 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:11:52.18 ID:WKpCuJwo [55/67]
梓(ふぅー……)

紬「……」

梓(ムギ先輩は泣いてるし)

和「……」

梓(真鍋先輩も顔色悪いし)

唯「うっ……うっ」ポロポロ

梓(……もういいかな)

梓「唯先輩。安心してください」

唯「……あ」

梓「その精液じゃ妊娠しません」

唯「え……?」

790 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:17:29.35 ID:WKpCuJwo [56/67]
梓「それと……その精液は、唯先輩の物です」

唯「え……」

梓「唯先輩が手術する直前に、採取してもらって保管していたものです」

梓「そして、少なくとも今入れた分には……精子は含まれていません」

唯「え……じゃあ」

梓「だから、妊娠はありえません。それに自分の体で作ったものですから、先輩が汚れたわけでもありません」

唯「ほん……と?」

紬「……」コクリ

唯「う……うぅぅー!よかった……よかったよぉ」ポロポロ

792 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:22:32.26 ID:WKpCuJwo [58/67]
梓「怖かったでしょう?」

唯「うん……」

梓「痛かったでしょう?」

唯「うん……」グスッ

梓「先輩、こういうことしてたんですよ?ダメですよ……」

唯「うっ……うぅぅ……」

唯「ごべんなざい……。ごべんなざいいいいいー!」

唯「うわあああああん!」ポロポロ

794 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:37:56.66 ID:WKpCuJwo [59/67]
―――――――――――――――


律「……おい、何だよアレ」

梓「ちゃんと謝ってましたか?」

律「謝ったも何も……びっくりするだろ!あんなの見たら!」

澪「涙と鼻水で顔ぐちゃぐちゃだったもんな」

律「そんでごめんなさいいいい!って絶叫しながら縋ってきたんだぞ?もう言葉が出なかった」

澪「電話の時は反省してないとか言ってけど、信じられないよ」

紬「よかった……。唯ちゃんの気持ち伝わったのね」

律「ああ、もうウザイくらいにね。うっとうしいからもう謝らなくていいよ」

梓「だめですよ。もう少しは厳しい態度でいないと、唯先輩の事だからすぐ忘れちゃいます!」

795 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:45:09.97 ID:WKpCuJwo [60/67]
澪「あれ?唯は?」

紬「先に部室に行ってるみたい」

律「なんで?」

梓「律先輩のドラムでも磨いてるんじゃないですか?」

律「げ……マジ?何やってんだよあいつ。ズレてるなぁ……」

澪「律、もう怒ってないって言ってやれよ」

律「言ったじゃん!それでも唯の気がすまないんだろ?」

798 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:49:35.23 ID:WKpCuJwo [61/67]
紬「じゃあ唯ちゃんの好きにさせておく?」

律「……そうだな。このまま私の舎弟としてコキ使うか。それくらい許されるだろ!」

澪「あまり調子にのるなよ……」

律「そのくらい私は傷ついたんだよー!澪ちゅわん、慰めて~!んー……」

澪「ば、バカっ!ふざけるな!///」ベシッ

紬「よかった……」

梓「?」

紬「皆で演奏することがなくなっちゃうのかと思ってたけど……安心しちゃった」

梓「……そうですね。とりあえず一件落着……ん?」

799 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 07:52:37.10 ID:WKpCuJwo [62/67]
梓「そういえば……私とムギ先輩ってどうなったんですか?」

紬「何が?」

梓「いえ、私たち唯先輩と付き合ってますよね?」

紬「え……そうね」

梓「澪先輩は……律先輩とくっついたからいいとして」

律「いや、それはない」ビシッ

澪「……」ゲシッ

律「いてっ!」

802 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 08:03:33.79 ID:WKpCuJwo [63/67]
梓「真鍋先輩はどうなるんです?まだ付き合って……ますよね」

紬「そうかも……」

梓「憂は?唯先輩、憂にも手を出してましたよね?憂はどういう扱いなんです?」

律「……ほんとアホだな、唯」

澪「なんか大変だな、お前達も」

梓「なんだかムカムカしてきました。唯先輩を問い詰めましょう」

紬「うん!」


ガチャッ


梓「唯先……輩……」

804 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 08:07:35.43 ID:WKpCuJwo [64/67]
唯「……」ピタッ

紬「きゃ……///」

澪「……パンツで……何やってるんだ?」

唯「あ……その」

律「ん……あ!それ私のスティックじゃん!」バシッ

唯「あっ!こ、これは」

ツーッ…

律「おい……何か糸引いてるぞ……」

梓「なんでパンツが濡れ……まさか、それって」

806 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 08:10:06.76 ID:WKpCuJwo [65/67]
唯「あ……あいえk」

律「うわああああ!何やってるんだよお前!私の澪命スティックが……!」

紬「あ……」

梓「え?」

紬「私のキーボードが……ヌルヌルしてる」

梓「……」

澪「あ、梓……私たちのも……」

梓「濡れてます……ね」

809 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 08:14:56.62 ID:WKpCuJwo [66/67]
唯「あ……あのぅ」

律澪紬梓「……」

唯「部室にいたらぁ、急に皆の匂いがしてきた気がして……」

唯「なんだか胸がドキドキしちゃってぇ……」

律澪紬梓「……」

唯「皆の事が好きだから……」

律澪紬梓「……」

唯「我慢できなくなっちゃったの……えへへ」

811 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/09(水) 08:21:43.02 ID:WKpCuJwo [67/67]
律「さてと……今日も4人で部活頑張るかー」

澪「そうだな。文化祭に向けて張り切っていこう」

紬「え……えっ?」

梓「じゃあ悪いですけど、紬先輩は病院の手配をお願いします」

澪「そうだな。まずは唯を送り届けるか」ガシッ

律「わかった。唯、行こう」ガシッ

梓「早く帰ってきてくださいね。待ってます」ガシッ

唯「え?ちょっと皆?待ってよ……。さっきのは魔が差しただけなんだよ……」ズルズル

唯「ねえ!ねえってば!冗談だよ!さっきのは冗談!だから……離してよぉぉ!」

紬「……」



END

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。