FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友「女になったんだ」

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/05/07(金) 02:46:36.85 ID:dQkUWJo0 [1/6]
とりあえず立てときます。
まさか前スレ>>1000が…。

これからは本当にマイペースにやっていこうと思います。
週に3回くらいできればいいほうだと思っていただけると嬉しいです。
トリップは後々つけます。

元スレ
友「女になったんだ」

4 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/05/07(金) 02:49:18.61 ID:dQkUWJo0 [2/6]
とりあえず、適当なキャラ設定。


男。
胸はでかいほうが好き。


女になった。
男の親友。
巨乳。


男の妹。
おかしい、変態。
残念なおっぱい。

45 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:04:47.69 ID:dQkUWJo0 [6/6]
男「…むぅ」

男「参ったな」

男「この前の出費で俺の金はすっからかんだ…」

男「このままじゃ、まずいな」

男「よし」

男「働くか」

46 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:10:57.61 ID:RekuXMoP [1/15]
友「おっす、男」

男「おう、来たのか」

友「男に会いたくてなー」

男「へいへい」

友「なんだよその態度」

男「悪いけどな、これから俺はバイトをしようと思う」

友「バイト?」

男「そう、バイトだ」

47 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:14:34.40 ID:RekuXMoP [2/15]
友「へえ、面白そうだな」

男「俺は本気だぜ」

友「じゃあ俺もやる」

友「どうせ男がバイトしてる時は、暇になっちゃうし」

男「そうか」

友「で、どこでバイトするつもりなんだ?」

男「近くの喫茶店とかかな」

48 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:24:47.82 ID:RekuXMoP [3/15]
友「ぷっ…あそこの制服すっげー面白くなかったか?」

男「一風変わってるよな」

友「男には似合いそうもねーよなぁ」

男「大きなお世話だ」

友「それじゃあ早速、行ってみるか?」

男「おいおいアルバイトには面接とかがあってだな…」

友「んなもんめんどくさい。行くぞっ」

49 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:28:59.77 ID:RekuXMoP [4/15]
妹「あらあら? また二人でお出かけ?」

男「今すぐにケツを出せ。蹴ってやる」

友「お前ら本当に変態家族だな…」

妹「よ、よろこんで!」

友「妹ちゃんも脱ごうとすんなっ!」

男「こいつには逆効果なのかもな…」

友「今頃気づいたのかよ…」

51 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:35:12.93 ID:RekuXMoP [5/15]
男「さて、妹をぶちのめしたし、行くか」

友「本当に容赦ねぇなお前…」

男「仕方ないだろ」

友「なんでいつも妹にあんなことするんだ?」

男「あのいかにも付き合ってるんじゃないですか? みたいな態度がむかつく」

友「…俺は悪くないけどな」

男「…」

52 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:39:08.29 ID:RekuXMoP [6/15]
男「よし、着いたぞ」

友「古い店なのに服装は今風だよなぁ」

男「そうだな。若い人に人気らしいぜ」

友「男と久しぶりに来た気がする…」

男「女になって以来、そういえば行ってなかったな」

友「ちょ、ちょっと飲まないか?」

男「え?」

友「い、いいからいいから!」

53 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:42:40.54 ID:RekuXMoP [7/15]
男「ご、強引に押すなって…」

友「…ほ、ほら座れよ」

男「お、おう」

「いらっしゃいませーご注文は?」

友「あ、あの…」ボソボソ

「了解しました」

友「…」

男「? なに頼んだんだ?」

友「あとのお楽しみ」

男「そうか」


54 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:49:18.19 ID:RekuXMoP [8/15]
男(それにしても…)

男(今日は一段と、その…)

男(可愛いな)

男(別に可愛いと思うのは変じゃないだろ?)

男「今日はツインテールなんだな」

友「あ、やっと言ってくれた!」

男「え?」

友「ちょっと気を惹こうと思って、やってみたんだ」

男「ふーん…」

友「に、似合うかな?」

男「まあ、可愛いんじゃないか?」

友「なんだよそれっ」

55 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 20:55:00.04 ID:RekuXMoP [9/15]
男「いや、別に」

友「なんだよ…力入れてきたのが馬鹿みたいじゃねぇか」

男「髪型なんかで、変わんねーよ」

男「友は友さ」

友「…んだよ、そんなこと言われたら…」

友(普通に嬉しいじゃねぇか)

男「それよりも、俺はその胸もとの開いた服が気になるな」

友「! バカっ!!」

60 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 21:56:07.36 ID:RekuXMoP [10/15]
友「俺の胸ばっかり見やがって…」

男「冗談だ」

友「…ふんっ」

男「すねるなよ」

「おまたせしましたー」

男「ん? 飲み物一つか?」

友「来た来たっ」

61 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 21:58:52.49 ID:RekuXMoP [11/15]
男「…どういうことだ、これは?」

友「ほら、飲めよ」

男「ストロー二つはいらん」

友「俺も飲むもん」

男「なら俺は飲まん」

友「んだよそれ!」

男「俺は親友とバイトをしに来たはずだ」

友「…こんなにいっぱい飲めない…」

男「…はぁ……」

男「残すのももったいねぇ、飲んでやるよ」

友「べ、別に残すとは言ってねぇし!」

男「全部飲みきれないんだろ?」

62 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 22:03:11.07 ID:RekuXMoP [12/15]
友「飲めるしっ」

男「じゃあ頑張れ」

友「…一緒に飲もうぜ」

友「お前と飲みたいから頼んだんだから」

男「わかったよ」

友「…」ニヤリ

男「ブクブクすんなよ?」

友「な、なんでばれた!?」

男「お前の癖だろ」

66 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 23:47:34.77 ID:RekuXMoP [13/15]
友「ちっ…」

男「それに、ブクブクしたら俺が飲めんだろうが」

友「いいじゃねえかそれくらい」

男「ダメだ」

友「…ケチ」

男「ケチも何もあるか」

68 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 23:50:37.92 ID:RekuXMoP [14/15]
友「…」

男「…」

友「…美味しい?」

男「うん」

友「よかった」

男「…」

友(今だ!)

男「! おいっ!」

友「はいっ男の唇いただきましたー」

男「間接的にだろ!」

70 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/07(金) 23:55:09.20 ID:RekuXMoP [15/15]
友「それでもいいしっ」ブクブク

男「ああ! しかも今ブクブクって…!」

友「ふう、俺もう飲めないや~」

男「あと少しだろ、頑張れ」

友「男、あとは頼んだ」

男「…このやろう」

友「これ以上飲んだら出ちゃうぜ」

男「なにがだ」

友「ジュースが」

男「…ふんっ」チュー

72 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/08(土) 00:07:34.51 ID:TAlMU6UP [1/8]
店長「ウチで働きたい?」

男「はい」

店長「丁度よかった。今から働いてもらっても良いかな?」

男「え、本当ですか?」

店長「仕事はちゃんと説明するからさ」

男「ありがとうございます!」

友「よっしゃあ!」

店長「それじゃあ、これ、着てね」

男「はい」

友「…え?」

73 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/08(土) 00:12:43.49 ID:TAlMU6UP [2/8]
男「むぅ…やっぱり俺には似合わないな…」

男「絶対に友に笑われちまう」

友「…おい」

男「おう…。!!!」

友「あ、あんまり、見んな…恥ずい…」

男(こいつは…ビックリだ)

男「…に、似合ってるぞ、凄く」

友「ど、どうせまた胸でも見てるんだろ!」

男「い、いやそれもそうだが」

男(全体的に、きわどすぎる…!)

104 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/08(土) 20:21:11.67 ID:TAlMU6UP [5/8]
友「…俺、無理」

男「おいおい、それなら店長にちゃんと言えよ」

友「うん」


友「あの…」


友「男ぉ…無理だった」

男「え?」

友「今日、人数が少なすぎて困ってるんだとよ」

男「それでもいやなもんはいやだろ」

友「給料ちょっと増すってさ」

男「ふーん」

友「ま、そこまでしてくれるんだったら、な」

男「…そうだな」

106 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/08(土) 20:29:29.34 ID:TAlMU6UP [6/8]
店長「とりあえず、友ちゃんは注文聞いて、男くんは持っていく係」

店長「もしもどちらかが困ってたらやってあげること。オーケー?」

男「はい」

友「わかりました」

ピンポーン

店長「おっと早速。頼んだよ、友ちゃん」

友「は、はい!」タッ

店長「男くん、これあの席に持っていって!」

男「了解ですっ」

111 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/08(土) 23:41:13.15 ID:TAlMU6UP [7/8]
友「お待たせしましたー」

客A「えと…」

客B(や、やべえ…なんて胸だ!)

客A(可愛い…!)

友「…あ、あの…」カァァ

客A「あ、す、すいませんえっと…アレとソレで」

客B「コレとアレで」

友「アレとソレ…コレと…カキカキ…うわわっ」ボトリ

友「も、申し訳ございませんっ」

客B(うおおおお!! た、谷間が…!)

客A(こいつは最高だぜ!)


男「…」イラ

112 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/08(土) 23:47:04.77 ID:TAlMU6UP [8/8]
友「うわぁーん男ぉ~」

男「ん?」

友「客がいやらしい目で俺を…!」

男「忙しいから後でな」

ピンポーン

友「あ、次は…って、さっきと同じ人達だ…!」

男「…」イライラ

113 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 00:09:25.70 ID:binT19AP [1/14]
男「待て、友」

友「ふぇ?」

男「俺が行ってくる」

友「で、でも俺の仕事じゃ…」

男「いいから」

友「わ、わかった」

男「お待たせしました」

客A「え…」

客B(なんでこいつ来てんだよ)

男「どうかなされましたか?」

客A「い、いや、ちょっと来るの遅いと思って…」

男(さっき頼んだばっかりだろうが!)

119 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 14:07:00.69 ID:binT19AP [2/14]
男「すいません、少々お待ちを」

客A「あーはいはい」

客B「早くよろしくねー」

男(こいつら…)


男「ん? 友、何するんだ?」

友「今からあそこの席に…」

男「もうできたのか?」

友「うん」

男「俺が持って…」

店長「男くん! ちょっとこっちお願い!」

男「くそ……わかりました!」

121 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 15:11:26.93 ID:binT19AP [3/14]
友「えっと、アレと、ソレとコレとアレです」

客A「うん」

客B「ありがとう、おっとっ」ピシャ

友「ひゃっ…つめたっ!」

客B「ごめんごめん~水こぼしちゃった」

友「あ、拭きますから大丈夫ですよっ」

友(最悪だ…)フキフキ

客A(うへっへー! パンツ見えてるぞ~!)


男「…」イライライライラ

128 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 21:36:14.72 ID:binT19AP [4/14]
客B(おい、客A! 俺も見たい!)

客A(へへ、わかったよ)

客A「うおっと!」パシャ

客A(あっ、やべ…)

友「きゃひぃん!?」

客B(うおお! スカートびしょ濡れに…!)

客A「ごめん、濡れちゃったね、大丈夫?」

友「き、気にしないでください…はは…」


男(俺の限界が試されるな…)

131 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 21:42:47.89 ID:binT19AP [5/14]
客A「拭いてあげるよハンカチあるし」

友「え!? だ、大丈夫ですから」

客B「俺たちが悪いんだからさ…」


男「!!」

男「…店長、すいません」

店長「え?」


友(い、いやだぁ…!)

男「友!」ガシッ

友「!!」

カランコロン

134 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 22:01:37.93 ID:binT19AP [6/14]
友「…お、男…!」

男「黙ってついてこいっ」

友「…うんっ…で、でも…」

男「どうした?」

友「ビショビショだから、恥ずかしい…」

男「っ…!」

138 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 22:42:14.10 ID:binT19AP [7/14]
友「…」

男「…とりあえず、俺の家に帰ろう」

友「そ、そうだな、あんまり遠くないし」

男「すまん、もう少し考えてから行動すれば…」

友「ううん、いい」

友「助けてくれて、ありがとう」ホニャ

男「…そ、そうか…」

友「ちょっとイヤだった?」

男「は?」

141 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 23:00:38.13 ID:binT19AP [9/14]
友「俺のこと、気にしてくれたんだろ?」

男「別に…」

友「仕事に専念してたら俺のことなんか気にしないよなー?」

男「…」

友「すっげえ嬉しいなぁ」

男「…ちっ」

友「早く行こうぜー男ぉ~」

男「くっつくな、濡れる」

友「ふふっ…」

147 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 23:33:07.63 ID:binT19AP [11/14]
友「ふう、シャワー気持ちよかったぁ~」

男「いいから俺のベッドにタオル一丁で寝るな」

友「いいじゃん、親友だろ?」

男「うるせえ、男女ってもんがあるだろ」

友「冷たいこと言うなよー」

男「言ってない。当たり前のことを言ったんだ」

友「…なあ、男」

男「あん?」

友「暑いから…タオル取っていい?」

男「ふ ざ け る な」

148 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 23:37:13.32 ID:binT19AP [12/14]
友「…男のベッドにいると、ドキドキするんだもん」

男「…」

友「…なぁ…」

男「ええい! じゃあ俺のベッドから離れろ!」

友「うわあぁ! や、やめろっ! 無理やり落とそうとするな!」

男「うるさい! お前が離れればドキドキも収まる!」

友「ちょ、ど、どこ触って…!」

男「別に疚しい気持ちもなければ大して変なところは触ってない!」

友「で、でも…く、くすぐったいっ」

149 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 23:39:49.03 ID:binT19AP [13/14]
妹「お兄ちゃ~ん、ちょっとうるさいよー」ガチャ

男「はっ!」

友「む、無理ぃ! だ、だめぇ...」

妹「…えーっと」

妹「ごゆっくり☆」

男「違う! これは違うんだ妹ぉ!!」

友「はぁはぁ…やっぱり男は変態だ…」

男「お前が言うな!」


150 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/09(日) 23:43:50.84 ID:binT19AP [14/14]
男「これで二回目だバカ野郎…」

友「もう付き合っちゃおうぜ?」

男「お断りだ」

友「なぜ? 俺のどこがいけないんだ!?」

男「イヤなもんはイヤだ」

友「具体的な理由を!」

男「…」

友「ほら、ないんじゃんか!」

男「お前だからだ!」

友「ひどい! バカ!」

159 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 18:41:30.52 ID:qVdEJbEP [1/21]


男「と、言うわけで、すいません…」

店長「うん…いきなり飛び出して行ったときは困ったよ」

男「はい…」

店長「でも、よければ今度も来てくれ。いつでも歓迎するからね」

男「…ありがとうございます」

店長「さて、それじゃあ…」

男「はい、失礼します」

160 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 18:48:51.82 ID:qVdEJbEP [2/21]
友「終わった」

男「ああ」

友「そっか~」

男「…」スタスタ

友「…」トコトコ

友「なぁ、男」

男「ん?」

友「なんでアルバイトなんてしようと思ったんだ?」

男「…金がほしかったんだよ」

友「なんで? なんか欲しいもんでもできたのかよ?」

161 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 18:57:02.42 ID:qVdEJbEP [3/21]
男「…別に欲しいもんはねぇよ」

友「え、じゃあなんでだよ?」

男「…今度、またどっか行くときに、俺が持ってなかったら、ダメだろ?」

友「え…男…」

男「な、なんだよ」

友「…」ニヘラー

男「気持ち悪い顔してるぞ」

友「なんだぁ…俺と一緒に遊ぶためにアルバイトしてくれてたのかぁ~」

男「ち、違う、それだけが理由じゃない!」

友「それでも嬉しいよ、男ぉ♪」

男「く、くっつくな!」

#1 END

164 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 20:10:48.92 ID:qVdEJbEP [4/21]
男「はぁ? 舞踏会?」

友「おう」

男「この日本でか?」

友「うん」

男「それがどうした?」

友「出たいなと思って」

男「ん、行ってらっしゃい」

友「何言ってんだよ」

男「俺はいかん」

友「俺と踊る人はお前しかいないだろ」

男「オトコ友達くらい一人捕まえてこいよ」

友「お前しかいないの」

男「はぁ…」

167 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 20:22:09.00 ID:qVdEJbEP [5/21]
男「そんな物好きがこの田舎にいるとはな…」

友「田舎ってほど田舎じゃないだろ」

男「都会でもないよな」

友「えーっと主催者は…神崎 新(かんざき あらた)だってさ」

男「聞いたことねぇな」

友「俺もだなー」

168 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 20:29:08.37 ID:qVdEJbEP [6/21]
男「んじゃあ、舞踏会用に服でも買いに行くか」

友「うん。あ、でもさ」

男「ん?」

友「どんな服がいいのかな?」

男「さあな」

友「や、やっぱりドレスとか…?」

男「かもな」

友「ひゃ、ひゃずかしいっ!!」

170 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 20:38:48.25 ID:qVdEJbEP [7/21]
男「つっても、この辺りの店には無さそうだよな」

友「そ、そうだな」

男「とりあえずパソコンで見てみるか」

友「うん」

カチカチ

男「…」

友「…」

男「出せない金額ではないけど…な」

友「男今何円持ってるの?」

男「アルバイトももらってないからな、2000円くらい」

友「俺も3000円くらいだな」

男「合わせて5000円…って、さすがに金欠過ぎるだろ」

171 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 20:44:45.86 ID:qVdEJbEP [8/21]
男「どうしようもないだろ」

友「またアルバイトは?」

男「なんかめんどくせー」

友「むぅ…それにあと数日で貯まりそうにないしな…」

男「どうする?」

友「…諦めよう」

男「…いいのか?」

友「…うん」シュン

男「…」

173 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 20:49:53.78 ID:qVdEJbEP [9/21]
友「ごめんな、無理に誘おうとして」

男「いや、別に…」

友「今日は帰るわ。バイバイ」

男「おう」

男「…」


男「おい、妹」

妹「はいはいなんでしょう?」

男「お前貯金いくらある?」

妹「おやおや、シスターバンクをご利用ですか?」

男「いいからいくらだ?」

妹「今のところ50万ほどありますよ」

男(こいつはどこからこの金を手に入れたんだ…)

175 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 21:07:41.00 ID:qVdEJbEP [10/21]
男「お前…もしかして…」

妹「安心して、お兄ちゃん。エッチなこととかしてないから」

男「そうか。安心した」

妹「で、お兄ちゃんは友さんとエッチなことは?」

ドガッ

妹「あべしっ」

男「本当に懲りないな」

妹「女の人をベッドでタオル一丁にしてたくせに…」

男「あれは誤解だと何度も言ってるだろっ」

176 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 21:11:06.05 ID:qVdEJbEP [11/21]
妹「それで、お金が必要なんですね?」

男「話がわかる妹は好きだぜ」

妹「…いやん」ポッ

男「ポッじゃねえよ」

妹「うはん」ポッポッポッ

男「お前は鳩か」

妹「いいえ、あなたの妹です」

男「殴っていいか?」

179 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 21:25:37.39 ID:qVdEJbEP [12/21]
妹「あー! 殴ったらお金は…」

男「す、すまん」

妹「…いっぱい貸しますよ?」

男「やっぱり変態だったか」

妹「お兄ちゃんは優しいからね、痛くないもん」

ポコッ

妹「ひでぶっ」

男「やられ方が古いな」

妹「我が生涯に一片の悔いなし!!」

男「はいはい、そろそろ本題に入ろう」

183 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 21:50:50.05 ID:qVdEJbEP [13/21]
妹「…ふむふむ」

男「どうにかして金が欲しいんだ」

妹「…わかりましたっお兄ちゃんのため、友さんのためなら、いくらでも出します」

男「ありがとう。今度絶対に返すからな」

妹「いいわよ、お兄ちゃん」

男「え? でも、大金だぞ?」

妹「ずっと私のお兄ちゃんでいてくれたら、それでいいから」

男「…妹」

妹「…」

男「何気持ち悪いこと言ってんだよっ!」

妹「ふへへ~柄にもないこと言っちゃったねぇー」

男「まったくだ! まあ、とにかく、ありがとうな」

妹「はいはーい」

妹「…」

186 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 21:58:24.51 ID:qVdEJbEP [14/21]
次の日

男「…さて」

ピンポーン

男「来たか」

友「なんだよ、いきなり呼び出して」

男「ちょっと見てもらいたいものがあってな」

友「なんだよ…? まあ、どうせ来るつもりだったからいいけどさ」

男「お前最近俺の家に入り浸りすぎだろ」

友「男がいるんだし仕方ねーじゃん。じゃあ今度俺の家来るか?」

男「そうだな」

友「で、何を見せたいんだ?」

男「ついて来い」

187 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:01:07.05 ID:qVdEJbEP [15/21]
男「目閉じろ」

友「? ん」

男「よし、俺がいいって言うまで閉じとけよ?」

友「へいへい」

男「…」ガチャ

友「…」

男「…よし、開けていいぞ」

友「…え…こ、これ…?」

男「ドレスとタキシードだ」

友「な、なんで…? え、ええ!?」

189 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:15:00.20 ID:qVdEJbEP [16/21]
男「なんとか準備できたんだ」

友「うっそだぁ…これ、どうせめちゃくちゃ中古なんだろ?」

男「こんな綺麗な中古があるか。それに2000円で買えるわけないだろ」

友「え…じゃあ…?」

男「無論、新品だ」

友「うひゃー!!」

男「驚け驚け!」

男(本当に妹に感謝だな)

190 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 22:29:42.86 ID:qVdEJbEP [17/21]
友「これ…凄く高いやつじゃないか?」

男「ああ、相当高かったぜ」

友「な、なんでわざわざこれに…?」

男「お前、ずっとソレ見てたじゃねぇか」

友「…男」

男「それがよかったんだろ?」

友「…うん」

193 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:48:12.46 ID:qVdEJbEP [18/21]
男「明日、俺の家に来い、んで、着替えて出発するぞ」

友「え、着替えていくの?」

男「持ってはいけないだろ?」

友「そ、そうだけどさ」

男「なら、着替えていくほかないだろ? 俺だって着替えるんだ」

友「は、恥ずかしいな…うぅ」

195 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/10(月) 23:53:12.31 ID:qVdEJbEP [20/21]
男「最近すっごく女らしくなったな」

友「えっ、そうか?」

男「うむ、主に口調が」

友「ふえー気づかないもんだな」

男「ま、まだ一人称が俺だからまだまだ男は抜けてないけどな」

友「そうだな」

227 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:06:26.36 ID:mOGXHvgP [3/25]
次の日

男「おい、まだか」

友「ちょっとくらい待てよバカ!」

男「待ってるだろうが」

友「催促すんな」

男「へいへい」

男(…それにしても、本当に高級品だな)

男(…今度、妹とどっか行ってやるか)

友「ふう、完了! 行こうぜ!」

男「」

228 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:13:22.84 ID:mOGXHvgP [4/25]
友「? なんだよ…」

男「あっ、いや…」

友「って、にあわねぇな! お前っ」

男「うるせっ」

友「で、俺を見てのご感想は?」

男「あん?」

友「なんかあるだろ? 『可愛いぞ』とか、『似合ってる』とか」

男「ああ、そういうことか。可愛い」

友「…」

男「ん? どうした?」

友「あ、いや…ほ、本当に言われると思って…な、なかったから」

229 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:21:42.49 ID:mOGXHvgP [5/25]
男「んだよそれ」

男(前は可愛いとか言うなとか言ってたくせに)

友「…い、行くぞバカ」

男「へいへい」


友「あ!」

男「ん?」

友「ど、どうしよう…!!」

男「どうした?」

友「俺、踊れない!」

男「俺もだ」

230 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:37:57.65 ID:mOGXHvgP [6/25]
男「もういいじゃねえか」

友「え?」

男「俺は行けることだけで嬉しいし」

友「…」

男「お前だって、行くことが楽しみだったんだろ?」

友「うん…」

男「なら、行こうぜ」

男「ろくな踊りはできなくてもさ」

男「俺たちには楽しい時間になるはずだから」

友「男…」

男「ほらほら、早くしないと遅れるぜ」

友「う、うん!」

231 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:41:23.24 ID:mOGXHvgP [7/25]
神崎「…」

「神崎様、あの二人が到着しました」

神崎「そうか、ありがとう」

神崎「…」

神崎「ふふふ…楽しみだなぁ」



232 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:44:54.00 ID:mOGXHvgP [8/25]
男「お、おお…」

友「すっげえ…」

男「まるで別世界だな…」

友「まるで新世界だな…」

男「…あの飯は…?」

友「さっきタダって言ってた…」

男「そうか…じゃあ俺達はとりあえず」

友「うん」

男・友「食おう!」

233 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:52:09.58 ID:mOGXHvgP [9/25]
ピンポンパンポーン

男「むっ!?」ガツガツ

友「なんだ?」ガツガツ

「これから、開会式を始めます」

男「ほうほう」

友「開会式…か。なんか凄いな」

「まず、主催者、神崎 新さまのお言葉です」

パチパチパチパチ

234 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 21:59:46.69 ID:mOGXHvgP [10/25]
神崎「はじめまして、神崎新です」

友「お、カッコいい」

男「そうかぁ?」

友「うん、すっげえ美形」

男「ふーん…」

友「どうしたよ?」

男「別に」

友「あれ、もしかして妬いた?」

男「ちげぇよ」

友「ならなんで無愛想なの!? なあ、なあ!」

男「うぜっ!」

235 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:02:31.86 ID:mOGXHvgP [11/25]
神崎(…人が話をしているのに無視…か)

神崎「以上です」

パチパチパチパチ

男「お、終わったみたいだぞ」

友「あ、ホントだ」

男「ん?」

友「どうした?」

神崎「どうも」

友「のわっ、いきなり…」

男「ど、どうも」

神崎「僕は神崎新。君達は?」

236 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:06:15.08 ID:mOGXHvgP [12/25]
友(うわぁ…)

神崎「? どうしました?」

友「あ、いや、カッコいいなって」

神崎「あはは、嬉しいなぁ」

男「…ちょっと、トイレ行ってくる」

友「え、あ、うん」

神崎「…彼がいなくなったら、お一人ですか?」

友「は、はい」

神崎「そうですか。それじゃあ少し、お付き合いしていただいてもいいですか?」

友「い、いいですけど…」

239 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:09:11.20 ID:mOGXHvgP [13/25]
神崎「それはよかった」

友「…」

神崎「踊りまで、すこし余裕があります食事をしながらお話するのはいかがでしょう?」

友「は、はい」

神崎「…」

友「あ、あの…?」

神崎「いえ、なんでも」

友「…?」

240 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:12:53.73 ID:mOGXHvgP [14/25]
男「…」

男(こんなトイレでずっと座って何してんだか…)

男「…はぁ」

男(さて、出るかな)

241 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:19:04.57 ID:mOGXHvgP [15/25]
神崎「さて、ちょっとこっちに来ていただけませんか?」ギュッ

友「ひゃ、ひゃい」

神崎「…おっと」ドン

子供「…ふわぁぁぁん…!」

神崎「こっちです」

友「…」


男「お、大丈夫か?」

子供「うええええん…」

男「どうしたどうした?」


友「…! 男…」

バッ

神崎「?」

友「すいません」

神崎「どうしました?」

友「どうやら、戻ってきたみたいです」

神崎「え?」

友「私のフィアンセです」ニコッ

神崎「…! そうですか」

242 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:24:26.97 ID:mOGXHvgP [16/25]
友「お、と、こっ」

男「ぬおわっ!」

友「ふふ、どうしたんだ?」

男「どうしたもこうしたも、子供が泣いててな…」

友「それは困ったな」ニコ

男「? なに笑ってんだよ?」

友「なんでもないっ」

友(男のそういう優しいとこ、大好き)

244 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:30:42.95 ID:mOGXHvgP [17/25]
男「気持ち悪いやつ」

友「! んだとぉ!」

子供「ふわぁあああん! 喧嘩だめぇ!」

男「おっと」

友「ごめんごめん」

「あら! こんなところに!」

男「あ、お母さん来たよ」

子供「あ! ママー!」

男「…ふぅ」

子供「お兄ちゃんお姉ちゃんありがとー!」

男「おーう」

友「俺は何もしてないけどな…」

男「まあいいじゃねぇか」

245 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:38:23.85 ID:mOGXHvgP [18/25]
男「で、どうする?」

友「ん?」

「これから、ダンスを開始します」

友「あっ…」

男「俺は別にやらなくてもいいけど?」

友「…や、やる」

男「ホントか?」

友「恥をかいてもいい。お前と、踊りたい」

男「…了解」

246 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 22:42:35.28 ID:mOGXHvgP [19/25]
神崎「神様…どうやら彼らは…」

神崎「かたい絆で結ばれているようです」

神崎「私が調べる必要もないくらいにね」

神崎「…男と友」

神崎「また今度、会えると嬉しいです」

フワァ

新神「…それでは」


男「ぐはっ! 足踏むな!」

友「るっさい! 文句言うなっ!」

#2 END

249 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:03:01.92 ID:mOGXHvgP [20/25]
妹「んー…」

妹(おはよう私。おはよう地球)

妹(今日も朝から私は元気です)

妹「さて、お兄ちゃんを起こしに…」

妹(…どんな起こし方をしようかな)

妹(よし、とりあえずギュッと…)

妹(…ダメだ、殺される)

妹(ならこの胸を生かして…)

妹「…」ペッタンコ

妹「残念な胸で何が悪い!!!」

男「うっるせええ!!!」

250 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:10:13.95 ID:mOGXHvgP [21/25]
妹「あらお兄ちゃん、おはよう」

男「お前なぁ…朝っぱらから大声出すなよ…」

妹「お兄ちゃんを起こす為の大声ですわよ」

男「残念ななんちゃらって叫ぶ必要はねぇだろ」

妹「残念な兄を持って何が悪い!」

男「るっせー」ボゴッ

妹「ああっ、至福…!!」

251 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:15:23.75 ID:mOGXHvgP [22/25]
男「はぁ…調子狂うぜ」

妹「今日はどのような予定で?」

男「? 特に無いけど」

妹「! ほ、本当?」

男「ん、ああ」

妹「じゃ、じゃあ…一緒に買いも…」

ピンポーン

男「ん?」

友「やほー!!」

男「おお、友か。9時に来るとはお前、バカだな」

妹「あっ…」

友「うるせー。それより男ーちょっと出かけようぜー」

男「おう、いいぜ」

男「で、なんだ?」

妹「な、なんでもないです。お二人でどうぞ突き合いでもなんでも…」ボゴッ

男「本当にお前ってやつは…」

妹「テヘッ☆」

男「はぁ…とりあえず行ってくる。じゃあな」

友「妹ちゃん、行って来ます!」

妹「はいはーいイってらっしゃーい」フリフリ

ガチャ バタン

妹「……」

253 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:20:42.37 ID:mOGXHvgP [23/25]
男「…」

友「ん? どうしたよ」

男「なんでもねー」

友「? そうか」


妹「おっし、洗濯物完了!」

妹「さて、どうしようかな…」

妹「……」

妹(暇だな…)

254 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:27:12.86 ID:mOGXHvgP [24/25]
妹「早めに日記書いちゃおう!」

妹「…今日はまだ始まったばかり…!」

妹「これじゃあ日記じゃない!」

妹(…)ペラペラ

『○月○日 今日の晩御飯はからあげ。お兄ちゃんが美味しそうに食べていた。嬉しい』
『○月×日 お兄ちゃんが誕生日プレゼントをくれた。一生ついていきます!』
『○月△日 今日は一人で晩御飯。最近お兄ちゃんの帰りが遅くて悲しい』
『○月$日 一人で晩御飯。面白くないテレビを虚しく見てました』
『○月@日 今日も一人で晩御飯…』

妹「………」

271 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:31:58.16 ID:ZJbAojcP [1/16]
妹「仕方ないよね」

妹「こうやってだんだん兄は妹離れしていくのよ…」

妹「って、それは逆か…」

妹「…」

妹「…はぁ」

273 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 21:36:39.39 ID:ZJbAojcP [2/16]
友「…」ブスッ

男「どうしたよ?」

友「男、つまんない」

男「はぁ?」

友「全然構ってくれないし、なんか気持ちは上の空だし…」

男「そうか? 俺はいつもこんな感じでお前に接してるつもりだぜ」

友「ひっどい! バカっ」

277 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:02:53.58 ID:ZJbAojcP [3/16]
男「…ふぅ」

友「い、いきなり溜息ついて…そんなに俺といるのがつまらないか!?」

男「ちげえよ」

男(俺もいろいろと悩んでんだ)

男(さっきの妹の言いかけた言葉)

男(一層女らしくなっちまったお前)

男「…ふぅ」

友「また溜息!」

278 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:16:10.65 ID:ZJbAojcP [4/16]
男(正直、どう接したらいいのか、わからなくなっちまった)

男(友が女になって、いつも通りにはいかなくなった)

男(それ以上に、俺がドギマギしてるだけかもしれないな)

男「…」

友「…なぁ、男」

男「ん?」

友「俺、迷惑?」

男「えっ…」

友「お前がそんな顔してるのって、俺のせいじゃないのか?」

男「っ…」

279 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:19:06.18 ID:ZJbAojcP [5/16]
男「そんなことじゃないさ」

友「ちょっと、つまったよな」

男「…」

友「…今日は帰るよ」

男「え…」

友「そんな顔したお前、見たくないし」

友「…ごめんな」

男「…あっ」

男「…」

280 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:27:11.58 ID:ZJbAojcP [6/16]
男(…)

男(やっちまった)

男(あいつの気持ちも少しくらい考えてやるべきだった)

男(あいつは、俺のことが好きなんだ)

男(…俺が言うのもなんだけど)

男(でも、それははっきりとしてる)

男(…参ったな)

282 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:33:33.10 ID:ZJbAojcP [7/16]
男「…ただいま」

男「…いもうとー?」

男「…」

男「ん?」

男「あいつ日記なんてつけてたのか」

男「あんなやつのつける日記だ。おちゃらけたことばっかり書いてるんだろ」

284 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 22:43:22.82 ID:ZJbAojcP [8/16]
男「…妹…」

『○月◆日 今日も一人で晩御飯。お兄ちゃん達の舞踏会が楽しく終わりますように』

男(あいつ…)

男「! …今日の日記」

男「…妹っ!」ガチャ

『○月☆日 お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん』

285 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:03:37.38 ID:ZJbAojcP [9/16]
男「妹が行きそうなところ…」

男「どこだ?」

男(俺はあいつのことも、考えてなかった…)

男(あいつがこういう時、どこに行くのかも、わからねぇ…)

男「くっそぉ、何処だ…!?」

288 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:11:35.26 ID:ZJbAojcP [10/16]
男「くそ…」

男「…!」

男(…あの公園は…?)

男「…行ってみるだけの価値はありそうだ」

男(いてくれよ、妹!)

289 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:17:58.00 ID:ZJbAojcP [11/16]
男「はっはっはっ…」



妹『うわぁ、お兄ちゃん凄い』

男『凄くねえよ。みんなできるぜ』

妹『そんなことできるのお兄ちゃんぐらいだよ! 凄いー』

男『逆上がりするだけでここまで嬉しがるとは…』

妹『よーし、私もやる!』

男『おいおい、お前まだちっちゃいんだからやめとけ』

妹『できるもん!』

男『はあ…』

妹『できたらお兄ちゃん、私のお嫁さんになって!』

男『ああ、できたらな』



男(…ふう)

男(つくづくこの公園には縁があるみたいだな)

290 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:24:41.12 ID:ZJbAojcP [12/16]
男「…」

男(…やばい)

妹「…」

男(なんでかわからんが…)

妹「あれ? おにい…」

ギュッ

妹「!?」

男「…妹ぉ…」

妹「お兄ちゃん…?」

男「妹、妹…」

妹「ど、どうしたの、お兄ちゃん?」

男「寂しいなら寂しいって、言ってくれよ…」

292 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:33:08.85 ID:ZJbAojcP [13/16]
妹「…お兄ちゃん」

男「お前の兄は俺しかいないんだ」

男「頼りにならない兄かもしれないけど」

男「お前の相談だったらいつでも乗ってやる」

男「俺はお前のことが、大好きなんだから」

妹「…私もだよ、お兄ちゃん」

男「…なんか家族にこういうのは…結構恥ずかしいな」

妹「うふっ、お兄ちゃん無理してるの?」

男「好きなのは本当さ」

妹「ありがとっ…でもね…」

妹(その言葉を、一言でも友さんにかけてあげれば…)

男「でも?」

妹「…んーん。なんでもないっ」

294 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:39:41.18 ID:ZJbAojcP [14/16]
妹「そうだお兄ちゃん」

男「ん?」

妹「ここに鉄棒があります」

男「ああ、そうだな」

妹「今から逆上がりします!」

男「ああ、昔も言ってたな」

妹「覚えてたの?」

男「ああ、だからここに来たんだし」

妹「じゃあ、できたらお嫁にもらってくれる?」

男「へ…」

クルン

妹「っと、できたできた」

男「…」

妹「冗談だよ、お兄ちゃん」

男「お、おお…」

296 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/14(金) 23:43:19.95 ID:ZJbAojcP [15/16]
妹「これから買い物に行こうと思うの」

男「おう」

妹「だから、付き合って?」

男「おう、いいぜ」

妹「そして、友さんと、付き合って?」

男「ったく、お前ってやつは…」

妹「うふふっ、ごめんなさーい」

妹(そうしてくれた方が、私は気が楽なんだけどね)



男(妹のことは解決だな。これからは妹のことも、ちゃんと大切にしよう)

男(俺のたった一人の妹なんだから)

男(あとは…友のことか)

#3 END

311 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:26:44.24 ID:VF/YmTMP [2/23]
男「そろそろテストか…」

妹「大丈夫なの?」

男「俺はまったく勉強はできん」

妹「そうだね…」

男「しかたない、友を呼ぶか」

妹「ほほう…夜のレッスンでも?」

男「尻を出しなさい。ひっぱたくから」

妹「ハァハァ…」ヌギヌギ

男「やめい!」

312 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:31:30.31 ID:VF/YmTMP [3/23]
男「しかし…」

男(あれからまったく会ってないんだよな…)

男「…電話するか」

ピッピッピ

男「…」プルルルプルルル

友「もしもし?」

男「よう、友」

友「…どうした?」

男「今、暇か?」

友「…うん」

314 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 20:59:21.12 ID:VF/YmTMP [4/23]
男「そりゃあ良かった。じゃあ今日…」

友「行かない」

男「え?」

友「行かないから」

男「ま、まだ俺何も…」

友「お前の家には行かないからな」

男「ちょ、ちょっと待てよ」

315 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:11:46.71 ID:VF/YmTMP [5/23]
男「俺まだ何も言ってないぞ?」

友「でも…」

男「ん?」

友「俺の家、ならいいよ」

男「お前の家? ああ、いいぜ」

男(友の母さんともご無沙汰だったし)

友「…今日、親がいないからさ」

男「ふーん」

男「…え?」

317 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:18:13.46 ID:VF/YmTMP [6/23]
男「…」

妹「む、その大荷物は?」

男「友の家に泊まることになった」

妹「へえーそうなんだ」

男「悪いな、また家空けちまうけど」

妹「気にしないでっ。お兄ちゃんのお帰りをお待ちしていまーす」

男「すまんな、それじゃ」

妹「うん、いってらっしゃーい」

318 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:24:10.39 ID:VF/YmTMP [7/23]
男「…」

男(なんだこの嫌な汗は)

男(考えてみろ)

男(昔友の家に言ったとき…)



友『今日は親がいないからバカ騒ぎできるぜ!』

男『マジか! よし、今から用意してすぐ行くぜ!』

友『俺のオススメDVDをセットして待ってるぜ!!』

男『おう!』



男「…やれやれ」

319 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:28:37.01 ID:VF/YmTMP [8/23]
男「…さて」

ピンポーン

友「はい」

男「よう」

友「お、おう、ちょっと待ってて」

男「…」コク

ガチャ

男「!!」

友「よう、男」

男「お、おう…友」

320 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:38:53.91 ID:VF/YmTMP [9/23]
男(これは完璧にまずいだろ…)

友「どうした?」

男「いや、なんでもない」

男(キャミソール…だと…)

友「ほら、中、入れよ」

男「おう」

322 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:46:30.95 ID:VF/YmTMP [10/23]
男「…」

男(友のやつ、相当部屋が変わってやがる)

男(あのキャミソールは、家だからだよな…?)

ガチャ

友「お待たせ」

男「おう」

友「どうだ、俺の部屋」

男「相当変わったな、まるで別人みたいだ」

友「へへ、ちょっと女っぽすぎるかな?」

男「まあ、お前も女だしな」

友「うん」

323 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:53:22.86 ID:VF/YmTMP [11/23]
友「で、なにする?」

男「おう、実はだな」ゴソゴソ

友「?」

男「これだ」

友「テストの勉強…?」

男「おう」

友「やだ!」

男「なんで!?」

友「たまには自分の力でやれよ!」

男「頭悪いやつ一人でやってもできないんだ!」

友「俺だって大変なんだからな!」

男「頼みます! 学年首位!」

友「うう…」

324 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:01:03.79 ID:VF/YmTMP [12/23]
友「ま、まあ、男が赤点取ったらイヤだし…」

男「そう、頼む!」

友「で、でも別にお前のこと心配してるわけじゃなくて…えっと…」

男「?」

友「別に一人になるのが怖いわけじゃないからな!?」

男「補習になっちまうからな」

友「…それで、どこがわかんないんだ?」

男「全部」

友「…うわーん!」

325 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:05:16.81 ID:VF/YmTMP [13/23]
男「…」

友「普通授業聞いてたらわかるだろ…」

男「それができないのが俺とお前の差だ」

友「ふん…」

男「しかし、本当によかったぜ」

友「あ?」

男「お前が親友でさ」

友「…ば、バカ、集中しろよ」

男「おう」

327 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:08:21.57 ID:VF/YmTMP [14/23]
男「すまん、ここがわからん」

友「ん?」

ポヨン

友「!!」

男「ん?」

友「ご、ごめん…」

男「どうした?」

友「む、む、胸が当たって…」

男「気にすんな、それよりここの問題を…」

友「本貸して」

男「ん、おう」

友「…」ドキドキ

329 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:55:19.71 ID:VF/YmTMP [15/23]
男「…」

男(胸当たったのか…気にしてなかった)

友「えっと、これは…」

男「おう」

友「むぅ…えっとぉ」

男「…」

男(胸、すげえな)

友「これは…そうそう…って、男、何見てんだよ…?」

男「お、おお?」

友「人が真剣に考えてんのに胸ばっかり見るな! バカッ!」

330 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 22:59:46.68 ID:VF/YmTMP [16/23]
男「す、すまん」

友「…」プイッ

男「…はぁ」

友「…ここは、こうで、こうだから」

男「ほうほう、なるほど」

友「…あとは頑張れ、バカ」

男「ん、ありがとう」

333 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:07:31.57 ID:VF/YmTMP [17/23]
男「…ふう、これくらいでいいだろ」

友「終わったか?」

男「おう」

友「それじゃあ、どうする?」

男「って、もう夜なのか…」

友「まあお前が来た時間も結構遅かったしな」

男「そうだな…」

334 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:13:52.89 ID:VF/YmTMP [18/23]
男「さて…」

友「飯でも作ってやるよ」

男「お、マジか」

友「おう、最近頑張ってんだ」

男「へえ」

友(男の好きな料理は…確か、からあげだったっけ?)

友(男のために頑張って練習したんだ、今から本番っ!)

336 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:24:04.83 ID:VF/YmTMP [19/23]
友「からあげでいいかー?」

男「おう、頼んだ」

友「よし…鶏肉鶏肉…」



友「おし、完成…!」

友「カリカリで美味しいはず! 召し上がれっ!」

男「おー美味そうだ」

男「いただきます」パクッ

337 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:25:26.57 ID:VF/YmTMP [20/23]
友「…どう?」

男「…うむ」

友「…?」

男「美味い…美味い…んだが」

友「美味いんだけど…?」

男「…妹の方が…美味い…な」

友「!」カチン

友「妹ちゃんと比べるなぁ!」

338 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:30:12.22 ID:VF/YmTMP [21/23]
友「そ、そりゃあ妹ちゃんは料理上手だし…」

友(男のこと、いっぱい知ってるだろうし…)

男「でも、これはこれで美味いな」

友「ほ、本当?」

男「うむ、味付けが違うのかもしれない」

友「よ、良かった…」ニコッ

男「っ…う、うむ……」

男(やべ、可愛いっ…)

339 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:52:33.28 ID:VF/YmTMP [22/23]
友「俺の分はいいから、どんどん食べてくれよ?」

男「お、おう」

友「ふう」

男(エプロンでキャミソールが隠れてたせいか、なんか裸でエプロン一丁みたいだったな…)

友「テレビでもみる?」

男「おう」

ピッ

TV(濡れ場)

プツン

友「…」カァァ

男「…」

340 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/15(土) 23:58:39.49 ID:VF/YmTMP [23/23]
男「え、えっと…」

パクパクパク

男「ご、ご馳走様」

友「あ、うん」

男「食器洗うよ」

友「い、いいよ、俺がする」

男「そ、そうか…?」

友「うん。俺の部屋で待ってて」

341 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 00:01:44.18 ID:BN.eoiQP [1/28]
男(気まずい…非常に気まずい…)

男(なんであんな上手いとこ濡れ場が…)

ガチャ

友「…お待たせ」

男「お、おう」

友「…あ、あのさ、男」

男「ん?」

友「勉強教えたんだから、一つお願い聞いてよ」

男「お、おう。教えてもらったし、いいぜ」

友「そ、そう? じゃ、じゃあさ…」

342 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 00:05:52.03 ID:BN.eoiQP [2/28]
男「…」ドキドキ

友「…」モジモジ

友「…キス…とかは?」

男「…は?」

友「や、あの…その…」

男「き、キス…?」

友「う、うん…」

男「え、キスって…魚?」

友「ち、違うよ…」

343 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 00:08:36.73 ID:BN.eoiQP [3/28]
男「い、いや、ちょっと待て」

友「お願い、聞いてくれるんだろ?」

男「だ、だが…」

友「…」

男(おい、唇尖らせて目を閉じて、何を求めてやがる!)

男(俺はしない、しないからな…絶対に!)

友「…」シュン

男(…あああああもう!!)



友「! …」

男「…ふん」

友「…お風呂、入る?」

男「…おう」

344 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 00:10:06.52 ID:BN.eoiQP [4/28]
今回はここまでです。

そろそろ新キャラ出します。
不評になりませんように…。

361 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:06:41.82 ID:BN.eoiQP [5/28]
男「はぁ…」

男(何がキスだよ…)

男(…くそ)

友「男ー」

男「のわぁ!?」

友「あっ、ご、ごめん、ビックリした?」

男「たりめーだっ! …どうした?」

友「タオル、置いとくね」

男「おう」

363 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:10:15.19 ID:BN.eoiQP [6/28]
男(いきなり声が聞こえたらそりゃびびるっつーの)

友「あっ、そういえば」

男「ん?」

友「多分シャンプー切れてると思うから、かえなきゃ」

男「!! いや、いい、入ってくるな! 俺がやるから!」

友「え、でも…」

男「とにかく入ってくるな! わかったな?」

友「う、うん。ここに置いとくから」

男「おう」

364 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:14:29.38 ID:BN.eoiQP [7/28]
男(あいつ、入ってこようとしたな…ビックリした)

男(さっさとシャンプー入れとくか)

ガチャ

友「あっ…」カァァ

男「!!」

友「ご、ごめんっ!」ガララ

男「…まだいたのかよ…」

365 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:20:07.15 ID:BN.eoiQP [8/28]
男「出たぞー」

友「あ、うん」タタッ

男(くそ、なんでそんな小走りなんだ!)

男「…畜生」

男(なんか、思うようにいかねぇ)

男(いつもみたいに、やっぱり話ができねぇ)

367 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:30:40.49 ID:BN.eoiQP [9/28]
男「…さて」

男「あいつが昔隠してた場所…はここだったはず」

男「…ない」

男(当たり前だが…ない!?)

男「くっそ、あいつの持ってるやつは最高なものばかりだったのに…!!」

男「畜生…!」

368 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:40:32.27 ID:BN.eoiQP [10/28]
男「落ち着け、俺…」

男「気にするな、俺…」

男(ムラムラするな…)

男「…だーくそ…」

男「…そういえば、最近そっち関係、見てないな…」

369 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:44:19.21 ID:BN.eoiQP [11/28]
友『あー! またこんなエッチな本…!』

友『こんなもん見なくてもいいだろ! バカッ』

友『こんなもん見なくても…俺が…』



男「うわああああ!! なんでそうなるんだああぁああああ!」

友「ど、どうした?」

男「!!」

370 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:51:31.86 ID:BN.eoiQP [12/28]
友「具合でも悪いのか?」

男「あ、ああなんでもないぞ」

友「そうか?」

男(湯上りの上気した肌…)

男(いかんいかん、耐えろ俺…)

男(それ以上に…)

友「へへ…暑いからタオル一枚で来ちゃった」

男(どうにかしろよ!)

男(俺の頭が爆発しそうだ…)

男「た、たしかに暑いよな」

友「うん…」

371 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 20:55:40.97 ID:BN.eoiQP [13/28]
シーーン

男「…」

友「…」

男「あのさ」
友「あの…」

男「!」
友「!」

友「お先どうぞ」
男「お前こそ」

男「…」

友「…」

372 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 21:00:39.63 ID:BN.eoiQP [14/28]
友「じゃあ、俺から、言うぜ」

男「おう」

友「男は、俺のことどう思ってる?」

男「え?」

友「俺のこと、親友だと、思ってる?」

男「あ、当たり前だろ」

友「それ以上じゃ、ない?」

男「…」

友「…今の俺のこと、どう思ってる?」

男「…俺は…」

374 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 21:16:00.71 ID:BN.eoiQP [15/28]
男(この距離、非常にやばい)

男(胸の谷間が凄く強烈で、風呂上りのいい匂い)

男(そして、ジッとこちらを見てくる瞳…)

友「…」

男「正直…ドキドキする」

友「…!」

男「お前といると、なんか、…ダメだ…」

友「え?」

男「上手くいいあらわせねぇんだ」

379 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 21:49:06.68 ID:BN.eoiQP [16/28]
友「ふふふ…」

男「…んだよ」

友「男、顔めっちゃ赤い」

男「!」

友「はははっ! や、やばい…何その色…!」

男「う、うるさい…お、お前が…」

友「俺の色仕掛けにやられたのか? はははははは!」

男「んのやろう!」

380 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 22:09:13.65 ID:BN.eoiQP [17/28]
友「嬉しいよ、すっごく」

男「…友」

友「…嬉しいけど」

男「?」

友「嬉しいけど、涙出てきちゃった」

男「…」

友「おかしいよな、こういう時って、笑うもんなのに…」

ギュッ

友「…」

男「その涙は、流していい涙だ」

友「…っ…男っ…」

381 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 22:29:52.08 ID:BN.eoiQP [18/28]
男「…」

友「…ふふっ」

男「ん?」

友「俺がオトコの時には、こんなことになるなんて、思わなかった」

男「逆にこうなったら気持ちわりぃぜ」

友「そうだな」

382 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 22:34:35.84 ID:BN.eoiQP [19/28]
男「そろそろ離れていいか」

友「ん、なんでだよ?」

男「恥ずかしい」

友「…じゃあ、あとちょっとだけ」

男「おいおい」

友「俺だって恥ずかしいんだぞ」

男(そりゃあ、こいつも一緒だよな)

友「タオル一丁なのに、男に抱きつかれてんだから…」

男「そっちかよ!」

386 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 22:49:41.59 ID:BN.eoiQP [20/28]
男「はぁ…」

友「おっと、変な想像禁止、な?」

男「しねぇよバーカ」

友「バカにバカって言われたくないですよーだ」

男「むっかつく…」

友「ふふん♪」

387 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 22:51:17.46 ID:BN.eoiQP [21/28]
友「ちょっと冷えてきちゃった。着てくる」

男「おう」

友「じゃ」

ガチャ

男「…ふう」

男(それにしても、これじゃあ、俺とあいつの関係は…)

男「やれやれ」

男(深く考えないようにしよう)

男(そのほうが、俺にとっても、あいつにとってもいいだろうし)

388 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 22:57:13.02 ID:BN.eoiQP [22/28]
友「やっほ」

男「おう、パジャマにはやがわりだな」

友「残念ながら、可愛いパジャマはないのだ」

男「別にパジャマに可愛さを求めてねぇよ…」

男「って、お前に可愛さを求めてるわけでもないぞ!」

友「ちぇっざーんねん」

389 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 23:05:06.98 ID:BN.eoiQP [23/28]
男「さて」

友「うん」

男「寝るか」

友「そうだな」

男「じゃあおやすみ」

友「いやいや! なんだよそれ!」

男「布団どこだー?」

友「無視すんなよ!」

390 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 23:09:13.05 ID:BN.eoiQP [24/28]
友「布団なんかいいから、一緒に寝ようぜ?」

男「ふざけるな! さすがにそれはできん!」

友「…」

男「な、なんだよその顔は」

友「俺のこと思うと、ドキドキするんだろぉ?」

男「…今のお前にはドキドキしねぇな! まったく!」

友「ガーン!」

393 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 23:15:47.35 ID:BN.eoiQP [25/28]


男「結局、こうなるのか…」

友「ん? なんか言ったか?」

男「なんでお前の家には布団がないんだ!」

友「残念ながら、俺がベッドにしたときに、母さんが捨てましたー☆」

男「くそう…って、あんまり近づくなよ!」

友「毛布が小さいんだからくっつかないと無理だぜ?」

男「ちっくしょおおおおお!!」

394 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 23:21:38.54 ID:BN.eoiQP [26/28]





男「…おはよう、友」

友「おはよう」

男「俺は昨日の記憶を失くしたみたいだ」

友「えー」

男「だから、昨日の話をしてもなんのことだか…」

友「『その涙は、流していい涙だ』…」キリッ

男「うっぜーーーーーー!!」

友「ほらほら、早く勉強しよっ」

男(それでもこいつを頼らないといけない俺がいる…)

395 名前: ◆VPXB6G8Wqo[] 投稿日:2010/05/16(日) 23:31:10.81 ID:BN.eoiQP [27/28]
友「もしこれで男が良い点取れたらさ…」

男「ん?」

友「もっかい願い事、聞いてくれる?」

男「はっ、良い点取れたらな」



テスト終了後

男「う、嘘だろ…」

男「学年2位…」

友「俺とワンツーフィニッシュだな」

男「そ、そうだな」

友「約束、覚えてるよな?」

男「さ、さあて、なんのことやら…」

友「うー! しらばっくれるなー!」

男「なんでこうなるんだー!?」


?「…」

?「友さんと男くん…」

?「私を差し置いて1位2位…!」

?「今度こそ…負けません!」

#4 END

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。