FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「異世界に召喚されてね?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 23:40:27.91 ID:40rmsI370 [1/6]
女1「ぎゃはは!まじで!」

女2「それでさ!」

女3「まじ? 死ねよまじで!」

男1「…………」

男2「…………」

男3「…………」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 23:43:05.47 ID:40rmsI370
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男2「先生来なくね?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 23:47:37.51 ID:40rmsI370
男1「そうだね…」

男3「何してんだろ?」

男2「もう1時間目始まってるよね?」

男1「朝礼まだでしょ?」

男3「先生呼びに行ってくる」

男2「うん」

男1「頼んだ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 23:50:59.59 ID:40rmsI370
男1「………」

男2「………」

女1「で? それで?」

女2「それでさ~」

女3「ぎゃははは! まじで!」パン パン

男1「………」

男2「………」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 23:56:00.69 ID:40rmsI370
男3「先生居なかったよ?」

男1「まじで?」

男2「何で?」

男3「さぁ?」

男1「どうすんの? なら?」

男2「自習?」

男3「というか

女3「男子うるせぇぇ!!」

女2「童貞黙ってろよ!」 

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 23:59:52.50 ID:40rmsI370
男1「で? 何?」

男2「どうしたの?」

男3「とりあえず外で話そうよ?」

男1「そうだな」

女1「うわ!皆ひでぇ!」

女2「事実だし!」

女3「ぎゃはははは!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:04:00.90 ID:VcPgBVfW0 [1/158]
男1「で? どうしたの?」

男3「何かみんな居ない」

男2「え?」

男1「どういう事?」

男3「先生も他の生徒も居ない」

男1「まじで?」

男2「何で?」

男3「さぁ?」 

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:06:11.78 ID:VcPgBVfW0 [2/158]
男1「とりあえずもう一回見て見ようよ」

男2「うん」

男3「うん」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:10:02.83 ID:VcPgBVfW0 [3/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「本当だ 誰も居ない」

男2「何で?」

男3「さぁ?」

男1「とりあえず外も見てみよう」

男2「うん」

男3「そうだね」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:13:02.29 ID:VcPgBVfW0 [4/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「霧?」

男2「何も見えない」

男3「何で霧…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:15:47.37 ID:VcPgBVfW0 [5/158]
男1「どうする?」

男2「どうしよう?」

男3「うーん」

男1「とりあえず教室に戻る?」

男2「何で?」

男1「なんとなく」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:19:52.87 ID:VcPgBVfW0 [6/158]
男1「特にやる事無いし」

男2「………」

男3「………」

男2「確かにやる事無いし」

男3「もしかしたら先生来るかも」

男1「じゃあ戻ろう」

男2、3「うん」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:22:30.98 ID:VcPgBVfW0 [7/158]
男1、2、3「………」ガラ

女1「あ! 童貞帰ってきたよ!」

女2「うわ! きめぇ!」

女3「アニオタ死ね!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:26:56.97 ID:VcPgBVfW0 [8/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

女1「あれ? 携帯つながらなくね?」

女2「電波無いんじゃね?」

女「どうせ後でつながるべ?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:32:00.88 ID:VcPgBVfW0 [9/158]
男1「先生来ないね」

男2「うん」

男3「どうする?」

女1「さすがに禿先遅くね?」

女2「男子何か知ってるんじゃね?」

女3「おい!童貞!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:36:34.77 ID:VcPgBVfW0 [10/158]
男1「とりあえず体育館に行こう」

男2「何で?」

男1「何となく」

男3「また?」

女1「何無視してんの!? おい!」

女2「おい!童貞男子!」

女3「死ね!アニオタ屑!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:40:04.88 ID:VcPgBVfW0 [11/158]
男1「とりあえず何か行動しないと」

男2「体育館で何するの?」

男1「作戦会議」

男3「作戦会議?」

女「おい!童貞!」

男2「うーん まぁ良いんじゃない?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:43:08.69 ID:VcPgBVfW0 [12/158]
女1「死ねよ! ゴミ屑!」

女2「完無視とか! 殺すぞ!」

女3「死ねよ! 童貞!」

男1「じゃあ行こう」

男2「うん」

男3「善は急げ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:48:10.79 ID:VcPgBVfW0 [13/158]
男1「それで どうする?」

男2「いいだしっぺの法則」

男3「うん」

男1「………」

男1「もしかして異世界に召喚されたとか?」

男2「は?」

男3「さすがにそれは」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:51:01.87 ID:VcPgBVfW0 [14/158]
男1「他に何かある?」

男2「………」

男3「異世界ならルイズいるんじゃない?」

男1「それは無い」

男2「うん」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:54:38.69 ID:VcPgBVfW0 [15/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「とりあえず外にでようよ」

男2「外?」

男1「うん、霧の外」

男3「まじで?」

男1「まじで」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 00:57:54.83 ID:VcPgBVfW0 [16/158]
男2「………」

男3「………」

男1「とりあえず動かないと」

男2「危険じゃない?」

男3「うん」

男1「自分に考えがある」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:02:59.53 ID:VcPgBVfW0 [17/158]
男1「よし」

男2「縄を繋いで遠出とは」

男3「さすが策士」

男2「所でこの瓶は何?」

男1「自殺用の劇薬」

男3「え?」

男2「何で?」

男1「息詰まった時の自決用」

男2、3「………」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:08:04.59 ID:VcPgBVfW0 [18/158]
男2「どこでそんな物を?」

男1「理科準備室」

男3「なるほど」

男1「もしもの時に」

男2「理解した」

男3「餓死は勘弁だし」

男1「じゃあ行こう」

男2「うん」

男3「死出の旅へ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:12:22.45 ID:VcPgBVfW0 [19/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「霧晴れないな…」

男2「死亡ルートだったか…」

男3「短い人生だった」

男1「諦めるのはまだ早い」

男2、3「なるほど」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:20:26.36 ID:VcPgBVfW0 [20/158]
男1「…………」

男2「そろそろロープの追加だね」

男3「うん」

男1「これで最後?」

男2「うん」

男3「そろそろ帰らない?」

男1「望みはある」

男2「でもロープ切れたら帰るんでしょ?」

男1「うん」

男3「それなら粘ろう」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:25:42.09 ID:VcPgBVfW0 [21/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「あっ」

男2「何?」

男1「先が明るい」

男3「本当?」

男1「うん」

男2「やばい わくわくしてきた」

男3「うん」

男1「霧が晴れる……」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:30:58.34 ID:VcPgBVfW0 [22/158]
サァー サァー


男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「海?」

男2「何で海?」

男3「陸はどこ?」

男1「陸はありません」

男2「まじで」

男3「ルイズは?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:36:43.45 ID:VcPgBVfW0 [23/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「帰ろうか」

男2「うん」

男3「これならなんと 学校に戻っていたという展開の方が希望はあったね」

男1「何で?」

男3「帰りの道的に考えて」

男1「なるほど」

男2「納得」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:41:17.16 ID:VcPgBVfW0 [24/158]
男1「それじゃあ帰ろ

バシャ

男2「!」

男3「!」

男1「何の音?」

??「………」

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「………」

男1「人魚?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:47:04.93 ID:VcPgBVfW0 [25/158]
男2「何で人魚が?」

男3「さぁ?」

人魚「………」ジー

男1「こんにちは」

人魚「………」ニコ

男2「可愛いかも…」

男3「騙されるな 惨事がどんなだか忘れたのか?」

男1「確かに」

人魚「………」ジー

男1、2、3「………」ジー

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:53:30.66 ID:VcPgBVfW0 [26/158]
バシャ

人魚2「………」

男1「人魚が援軍を呼びました」

男2「巨乳」

男3「でも惨事」

男1「確かに」

バシャ

人魚「………」

男1「人魚がまた援軍を呼びました」

男2「今度は貧乳」

男3「貧乳か…」 

男1「相手は惨事です」

男3「なるほど」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 01:59:08.21 ID:VcPgBVfW0 [27/158]
バシャ

男1「人魚がまた援軍を

バシャ バシャ バシャ バシャ バシャ バシャ バシャ バシャ バシャ

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「人魚が大群になりました」

男2「さすがにこれは気持ち悪い」

男3「これだから惨事は」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:04:21.30 ID:VcPgBVfW0 [28/158]
人魚群「……………」ジー

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「帰ろう」

男2「うん」

男3「霧の外は魔界でした」

男1「流れ~に身を任せ~」

男2「みんな~大人になっていく~」

男3「少し~ずつ汚れて~いく事なの~」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:08:15.55 ID:VcPgBVfW0 [29/158]
男1「それじゃあロープを頼りに帰ろう」

男2「うん」

男3「魔界はこりごりです」

男1「それでは出発」

男2、3「おー」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:12:12.54 ID:VcPgBVfW0 [30/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「あ」

男2「どうかしたの?」

男3「ルイズ?」

男1「ロープが切れてる…」

男2「えっ?」

男3「嘘……」

男1「本当」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:17:12.03 ID:VcPgBVfW0 [31/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「とりあえず進もう」

男2「うん」

男3「異議無し」

男1「でももしもの時は死にます」

男2「そんな良い人生じゃなかったし かまわん」

男3「死ぬまで友達が出来て良かった」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:20:57.82 ID:VcPgBVfW0 [32/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「あ」

男2「なに?」

男3「ルイズ?」

男1「うん ルイズ」

男3「え?」

男1「嘘です」

男3「嘘か…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:25:33.66 ID:VcPgBVfW0 [33/158]
男2「それで? 何?」

男1「学校が見える」

男3「本当?」

男1「嘘」

男3「え」

男1「嘘」

男3「3度目は止めてね?」

男1「うん」

男2「とりあえず良かった」

男1「学校に帰ろう」

男2、3「おー」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:32:32.56 ID:VcPgBVfW0 [34/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「ロープが切られてるね」

男2「一体誰が…」

男3「惨事でしょ」

女1「あ!童貞塵男子だ」

女2「うわ、生きてるし…」

女3「ぎゃはは!電車ごっこかよ!」パン パン

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:37:22.66 ID:VcPgBVfW0 [35/158]
男1「これからどうする?」

男2「お腹が空いたよ」

男3「菜園に芋なってるって先生言ってなかった?」

男1「サツマイモ?」

男2「ジャガイモ?」

男3「サツマイモ」

男1「やった」

男3「嘘」

男1「え」

男3「仕返し」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:43:24.90 ID:VcPgBVfW0 [36/158]
女「おい! 無視すんなよ!」

女2「はぁ? 信じられない!?」

女3「死ねよ! ゴミオタ!」

男1「他に何植えてたっけ?」

男2「わかる?」

男3「インゲンとかトマトとか」

男1「調味料どうする?」

男2「家庭科室でしょ」

男3「だね」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:49:56.70 ID:VcPgBVfW0 [37/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「焚き火で焼き芋か」

男2「ジャガイモだけどね」

男3「塩はしっかり確保しました」

男1「なんだか林間学校を思い出すな…」

男2、3「………」

男1「嫌な 思い出しかないね…」

男2、3「確かに…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:54:02.90 ID:VcPgBVfW0 [38/158]
男1「さて、これからどうしようか?」

男2「任せます」

男3「リーダに任せます」

男1「リーダー?」

男2「うん」

男3「一番行動力がある」

男1「うーん でも」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 02:58:27.34 ID:VcPgBVfW0 [39/158]
男2「やらないなら俺がやります」

男3「いえいえ 俺が」

男1「………」

男2、3「………」チラ

男1「………」

男2、3「………」ジー

男1「じゃあ 俺がやります」

男2、3「どうぞ どうぞ」

男1「言うと思った」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:05:32.48 ID:VcPgBVfW0 [40/158]
男1「とりあえず寝床を確保しよう」

男2「保健室?」

男3「なるほど」

男1「保健室は回避しよう」

男2「なんで?」

男1「惨事対策」

男2「なるほど」

男3「理解した」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:11:00.15 ID:VcPgBVfW0 [41/158]
男2「それなら何処で寝る」

男3「教室?」

男1「体育倉庫」

男2「なんで?」

男1「マットがあるし、鍵もかけれる」

男3「マットだけじゃ寒くない?」

男1「カーテンをちぎって毛布がわりにする」

男3「なるほど」

男2「さすがリーダー」

男1「いやいや」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:18:07.74 ID:VcPgBVfW0 [42/158]
男1「よいしょ よいしょ」

男2「えっさ ほいさ」

男3「ルイズ 可愛い」

女1「おい、童貞!」

女2「何してんだよ~?」

女3「うわ! 童貞くせぇ」

男1「跳び箱や卓球台は必要ないから全部出しちゃおう」

男2、3「りょうか~い」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:24:24.38 ID:VcPgBVfW0 [43/158]
女2「おい! 無視してるんじゃねぇよ!」

女1「殺すぞ! ゴミクズ!」

男2「結構楽に片づきそうだね」

男1「生徒数少ないからね」

女3「おい! 童貞ゴミ男子!」

男3「予算も少ないと」

男2「なるほど」

女3「はぁ? ふざけんなよ!」ガッ!

男1「………」

女3「無視してんじゃねえよ!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:30:33.01 ID:VcPgBVfW0 [44/158]
男2「………」

男3「………」

女3「何黙っちゃってるの? 女が怖いの? ねえねえ?」

男1「………」

女2「うわ! さすが童貞!」

女1「死ねよ! キモメン!」

男2「カッター持ってる?」

男3「うん」

男1「何に使うの?」

男2「サバイバルに使うの」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:34:43.19 ID:VcPgBVfW0 [45/158]
男3「はい」

男2「うん」カリカリカリ

男1「そんなに刃だして危なくない?」

男2「危ないほうが今は良くないかい?」

男3「なるほど」

女1「ちょっと…」

女2「やばくない?」

女3「………」

男1「………」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:40:53.00 ID:VcPgBVfW0 [46/158]
女3「ぺっ!」

男1「………」ピシャ

女3「死ねよ! 童貞!」

女1「生きてる意味あるの!?」

男1「次はカーテン採取しようか」

女2「死ね! ゴミ虫!」

男2「モンスターハンターですな?」

男3「モンハンやりたいね?」

男1「無い物をねだってもしかたない」

男2「確かに」

男3「すまん」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:47:54.78 ID:VcPgBVfW0 [47/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男2「寝た?」

男1「寝た」

男3「なるほど」

男2「これからどうしようか」

男1「生きてりゃなんとかなる!」

男3「え」

男1「ごめん 言ってみたかっただけ」

男2「もののけ姫ですね?」

男1「うん」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 03:53:17.82 ID:VcPgBVfW0 [48/158]
男3「ルイズをときはなて! ルイズは現実だぞ!」

男1「違います」

男2「シエスタは!

男1「違います」

男3「望みが経たれた~」

男2「まぁ、本当に出てきても扱えないけどね」

男3「確かに」

男1「寝ましょう」

男2、3「はい」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:12:50.59 ID:VcPgBVfW0 [51/158]
男1「………」

男2「………」

男3「ぐーぐー」

男1「起きましょう」

男3「はい」

男2「今日は……」

男1「おい」

男2「寝ていません」

男1「よろしい」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:18:45.99 ID:VcPgBVfW0 [52/158]
男2「今日はどうする?」

男1「食料の備蓄を行います」

男3「なるほど」

男1「惨事対策もかねて何割かは残すけど」

男2「………」

男1「おい」

男3「………」

男1「おい」

男1「おい」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:23:32.59 ID:VcPgBVfW0 [53/158]
男2「眠い…」

男3「まだ6時だし…」

男1「惨事に先を越されたら元も子もないよ?」

男2「確かに」

男3「………」

男1「おい」

男3「すまぬ」

男2「………」

男1「こら」

男2「ごめん」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:28:50.81 ID:VcPgBVfW0 [54/158]
男1「これくらいで良いかな?」

男2「朝早いのになんでそんなに元気なのか」

男3「うん」

男1「毎日朝早く自転車漕いでるし」

男2、3「えっ」

男1「え?」

男2「バス通学じゃなかったの?」

男1「最近柄の悪いのが増えたから」

男3「なるほど」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:34:06.89 ID:VcPgBVfW0 [55/158]
男2「次はどうするの?」

男3「うん」

男1「次は水源確認」

男2「水源確認?」

男1「蛇口」

男3「なるほど」

男2「何となく展開が読める」

男1「言うな」

男2「うん」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:40:47.39 ID:VcPgBVfW0 [56/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「水出ないね」

男2「電気が遮断されている時点で何となくわかってたよ」

男3「どうする?」

男1「死のう」

男2「生きてれば何とかなるんじゃないの?」

男1「水が無ければなんともならない」

男3「ついにハルケギニアに行けるのか 感慨深いな」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:47:25.28 ID:VcPgBVfW0 [57/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

ポタ ポタ

男1「あれ? もしかして雨音?」

男2「まさか」

男3「幻聴じゃない?」

ザーーーーーー!

男1「………」

男2「………」

男3「………」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 05:55:13.29 ID:VcPgBVfW0 [58/158]
男1「何で雨が…」

男2「そういえば曇ってたね」

男3「なんという幸運」

男2「幸運ならそもそもこんな事に」

男1「言うな」

男2「うん」

男3「とりあえず溜めれるだけ溜めようよ」

男2「うん」

男1「飲み水用と農業用に分けよう」

男2、3「おー」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:02:26.66 ID:VcPgBVfW0 [59/158]
男1「結構溜まったね」

男2「これで死なずにすむ」

男3「水にこんなに感謝したのは初めてです」

女1「おい! 男子!」

男2「うん、そうだね」

女2「おい、童貞!」

男3「これからどうする?」

女3「また無視かよ! 殺すぞ!」

男1「食事にしよう」

男2、3「おー」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:10:06.72 ID:VcPgBVfW0 [60/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「火付かないね」

男2「木がしけってるしね」

男3「ノート燃やす?」

男1「紙類は後で何かに使えるかもしれないから残しておきたいけど」

男2「エリクサーを貯めるようものでは?」

男1「むむむ」

男3「お腹減った」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:19:33.51 ID:VcPgBVfW0 [61/158]
男1「………」

男2「………」

男3「芋美味しいね」

男1「エリクサーが焼き芋になるとは…」

男2「ライター万能説」

男3「ガス出ないしね」

男1「焼き芋美味しいな」

男2「うん」

男3「立ち直るの早いな」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:24:57.12 ID:VcPgBVfW0 [62/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男2「これからどうする?」

男1「どうしようか」

男3「何か無いの?」

男1「何も無いな…」

男1「………」

男2「………」

男3「………」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:32:12.51 ID:VcPgBVfW0 [63/158]
男1「ここどこ何だろうね…」

男2「考えないようにしてたのに」

男3「きっとハルケギニアだよ」

男1「そうか、ならきっとアニエスさんが…」

男2「シエスタが…」

男3「キュルケ派じゃないの? おっぱいでかいし」

男2「あれは作者の失敗作 ビッチはいらない」

男1「ティファは?」

男2「あれはでかすぎ」

男3「なるほど」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:39:27.70 ID:VcPgBVfW0 [64/158]
男1「それじゃあアンリエッタは

女3「おい! 童貞!」

男2「………」

男3「………」

女2「塵共畑の野菜採ってたろ!」

女1「何であんなに採るの! 童貞は死ねよ!」

女3「塵は飢え死にしろよ!」

男1「………」

男2「………」

男3「………」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:46:40.00 ID:VcPgBVfW0 [65/158]
男2「これからどうする?」

男1「他の教室を漁ろう もしかしたら食料があるかも」

女1「おい! また無視!?」

男3「賛成」

女3「いい加減にしろよ! あぁ!」

男1「それじゃあ行こう」

女2「帰ったら彼氏に殴ってもらうよ!? おい!」

男2、3「おー」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 06:53:56.91 ID:VcPgBVfW0 [66/158]
男1「それにしてもしつこい」

男2「暗黙の空気条約を忘れたのかー」

男3「暗黙だし知らないんじゃない?」

男2「なるほど」

男1「なぜだ!何故構う! 何故放っておいてくれないんだ!」

男3「イデオン…だっけ?」

男1「うん」

男2「知らない」

男1「それは失礼」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 12:42:23.25 ID:VcPgBVfW0 [68/158]
男1「さてこれからどうするか」

男2「他の教室を漁るんじゃないの?」

男1「あれは嘘です」

男3「何で?」

男1「もしも帰れた時、ばれたら泥棒になります」

男3「なるほど」

男2「今回は納得」

男1「どうも」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 12:51:47.03 ID:VcPgBVfW0 [69/158]
男2「しかしタイムリミットをかけるべきではないか」

男1「タイムリミット?」

男2「うん」

男3「何とかの板ですね?」

男1「カルアデネスの板、だっけ?」

男2「細かい事はわからないけどそんな感じ」

男3「とりあえず三日くらいで良いんじゃない?」

男2「良いと思う」

男1「じゃあそれで」

男3「うん」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 12:57:46.95 ID:VcPgBVfW0 [70/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「さて、これからどうするか」

男2「急にやる事が無くなった」

男3「周りは霧だし、惨事が居ると外に探索も出来ないしね」

男1「確かに」

男2「動いてないとなんか不安」

男3「うん」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 13:05:52.41 ID:VcPgBVfW0 [71/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男3「異世界ってさ」

男1「なに?」

男3「召喚されたらそこは魔法世界でしたってのがテンプレかと思ってた」

男2「魔法世界で生き残る自信はあるかい?」

男3「無い」

男1「同じく」

男2「魔法世界なんて無かった」

男3「魔界ならあります」

男1「なるほど」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 13:13:50.73 ID:VcPgBVfW0 [72/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「さて、これからどうする?」

男2「それさっき聞いた」

男3「とりあえず図書室で

女1「おい! 塵童貞!」

男2「図書室で読書?」

女2「おい! また無視かよ!死ね!」

男1「暇だし賛成」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 13:23:01.34 ID:VcPgBVfW0 [73/158]
女1「何で教室に居るの? バカじゃないの!?死ねよ!」

男1「とりあえず長居せず、見たい本は体育倉庫に持っていこう」

男2「なんか秘密基地みたい」

女2「は? 死ねよアニオタ!」

男3「おら、わくわくしてきたぞ」

男1「それじゃあ職員室から鍵を

女3「おい! いい加減にしろよ!?」ガシャン!

男1「………」

男2「………」

男3「………」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 13:29:31.13 ID:VcPgBVfW0 [74/158]
女3「今の状況分かってんの!? あ、脳味噌ないの?」

女1「低脳死ねよ!」

男1「それじゃあ行こうか」

男2「うん」

女2「はぁ? ほんと死ねよ!」

男3「了解」

女3「塵屑ども! おい!」

男1「………」

男2「………」

男3「………」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 13:35:49.26 ID:VcPgBVfW0 [75/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「しつこいね」

男2「うん」

男3「なんでこっちに来るのか」

男1「そして何故あんなに態度が悪いのか」

男2「本能じゃない?」

男1「なるほど」

男3「納得」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 13:46:48.97 ID:VcPgBVfW0 [76/158]
男1「今日ほど情報科ではなく普通科に行ったほうが良かったのではないかと思った日はない」

男2「パソコンの授業あるから楽だと思ったのに」

男3「まさか机を蹴ってマーキングするババコンガとランゴスタがいるなんて」

男1「とにかく諦めるまで待つしかないね」

男2「下手に接触すれば不平等条約結ばされそうだしね」

男3「開国シテクダサーイ」

男1「ペリー来日」

男2「そして砲撃」

男3「冗談じゃない」

男1、2「確かに」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 13:59:17.61 ID:VcPgBVfW0 [77/158]
そして三日後


男1「三日たちました」

男2「食料備蓄は残り僅かです」

男3「今こそリミッターを外すべきではないか」

男1「ではルパン工作を始めますか」

男2「唐揚げ食べたい」

男1「たとえあっても腐っています」

男3「柿の種食べたい」

男1「セーフ」

男3「やった」

男1「あったらの話だけど」

男2「確かに」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:07:10.26 ID:VcPgBVfW0 [78/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「見事に全教室荒らされています」

男2「惨事か」

男3「さすがに散乱させすぎではないか」

男1「惨事だし」

男2「うん」

男3「なるほど」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:13:30.29 ID:VcPgBVfW0 [79/158]
男1「さてどうするか」

男2「殺してでも奪い取る」

男3「本当?」

男2「嘘」

男3「そうか」

男1「もしもの時は人間らしく静かに自殺しよう」

男2「やむをえないな」

男3「やっぱりハルケギニアルートか」

男2「次はお金持ちが良いです」

男1「東京に生まれてみたいな」

男2、3「あー わかる」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:20:01.34 ID:VcPgBVfW0 [80/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「あ」

男2「なに?」

男3「ルイズ?」

男1「あれ」

男2「ロープ?」

男3「木につながってる」

男1「うん」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:25:24.78 ID:VcPgBVfW0 [81/158]
男2「もしかして惨事?」

男1「たぶん」

男3「どうする?」

男1「たどってみよう」

男2「エンカウントしたら逃げます」

男3「うん」

男1「異議は無い」

男2「それじゃあ行こう」

男1、3「おー」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:29:35.79 ID:VcPgBVfW0 [82/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「あ」

男2「なに?」

男3「さすがに空気読む」

男1「ロープ解けてる」

男2「まじ?」

男1「まじ」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:35:14.47 ID:VcPgBVfW0 [83/158]
男3「もしかして魔界に行った後とか」

男1「なぜロープを回収しようと思わなかったのか」

男2「これだから惨事は」

男3「どうする?」

男1「うーん 鉢合わせしたくないな」

男2「段ボールを被って潜入すべきではないか」

男1「段ボールは被らないけど潜入します」

男2、3「おー」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:41:06.21 ID:VcPgBVfW0 [84/158]
男1「ぬきあし」

男2「さしあし」

男3「しのびあし」

男1「さて、どこにいるだろうか」

男2「やつらの寝床の保健室は?」

男1「よし、ではいってみよーう」

男2、3「おいーすっ」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:47:48.92 ID:VcPgBVfW0 [85/158]
男1「………」

男2「どう? 居る?」

男1「うーん 居ない」

男3「なら次は家庭科室だね」

男1「スネークごっこ楽しいな」

男2「うん」

男3「不覚にも」

男1「それじゃあ行こうか」

男2、3「了解 大佐」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 14:55:47.18 ID:VcPgBVfW0 [86/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「さすがにこれは予想外」

男2「だがちょっと待って欲しい 倒れてるだけではないだろうか」

男3「どう見ても死んでいます」

男1「一体何で…」

男2「食料不足?」

男3「菜園の作物あるからそれは無いんじゃない?」

男1「うん」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:02:12.66 ID:VcPgBVfW0 [87/158]
男1「とりあえず惨事の食糧備蓄を調べよう」

男2「殺さずに奪い取れるとは」

男3「まさに一石二鳥」

男1「それじゃあ探索を

シクシク

男1「………」

男2「………」

男3「………」

人魚「………」シクシク

男1、2、3「………」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:08:52.02 ID:VcPgBVfW0 [88/158]
男1「あれは人魚ではないだろうか」

男2「だがちょっと待ってほしい 下半身が無いのではないか」

男3「鍋に何かを料理した後があります 大佐」

男1、2「え」

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1、2、3「おえー」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:18:05.10 ID:VcPgBVfW0 [89/158]
人魚「………」シクシク

男1「ところで人魚さんは何故生きているのだろうか」

男2「人魚は不老不死だと聞いた事がある」

男3「人魚自身は不老不死でも人魚の肉は毒だったのか」

男2「とりあえずどうする?」

男1「返してあげたいけどこの状態じゃな」

男3「とりあえず回復した後返還すれば良いのではないか」

男1、2「なるほど」

人魚「………」シクシク

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:27:52.40 ID:VcPgBVfW0 [90/158]
男1「とりあえずどうすべきか」

男2「こんな可愛い惨事を生で見たのは初めてです」

男3「でも下半身がありません」

男1「とりあえず移動させてあげるべきかな」

男2「そうだね」

男3「それでは移動させようか」サッ

人魚「!!」ビク

男1、2、3「………」

男1「さすがに食おうとした種族に触られるのは抵抗があるかな」

男2「うん」 

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:36:49.73 ID:VcPgBVfW0 [91/158]
男3「それじゃあどうしようか」

男1「とりあえず信頼して貰うまで触れないようにしよう」

男2「惨事はどうする?」

男1「埋葬します」

男3「死んだら誰でも仏様だしね」

男1「うん」

男2「それじゃあ行こうよ」

男1「うん」

男3「人魚さんごめんなさい」

人魚「………」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:44:00.46 ID:VcPgBVfW0 [92/158]
ザクッ ザクッ

男1「まさか同級生の墓を掘る事になろうとは」

男2「基本的に死ぬほど嫌いだったけど殺したいほど嫌いではなかった」

男3「うん、殺すくらいならこっちが死にます」

男1「さすがだな俺ら」

男2「人はそれをネガティブと言います」

男3「ネガティブ上等」

男1「うん」

男2「そうだね」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:50:05.05 ID:VcPgBVfW0 [93/158]
男1「これくらいで良いかな」

男2「良いんじゃない」

男3「それじゃあ惨事を…」

男1「どうした?」

男3「惨事がいない」

男2「本当?」

男3「本当」

男2「え!」

男1「どういう事?」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 15:55:11.15 ID:VcPgBVfW0 [94/158]
男2「とりあえず辺りを

女1「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃ!」

男2「うわ! 何だ!」

男3「惨事だ!」

女2「ぐげ ぐげげげげげ!」

男1「こっちにもいる!」

女3「ぐぎぎぎぎぎぎ!」

男2「ババコンガもいるよ…」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:00:32.08 ID:VcPgBVfW0 [95/158]
女達「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃ!」

男1「もしかして不老不死に?」

男2「どうみても理性がありません」

男3「やっぱりハルケギニアルートだったか…」

男1「短い人生だったな」

男2「高校で友達出来て良かった」

男3「確かに」

男1「うん」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:08:21.88 ID:VcPgBVfW0 [96/158]
女1「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃ!」ガバッ

男1「う、うわ!」ガコン!

女1「ぐぎゃ!」ドサ

男1「あれ?」

女2「ぐげげげげげ!」

男2「えい!」ガコン!

女2「ぐげ!」ドサ

男2「思ったほど強くないな」

男3「まじ?」

男1、2「うん」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:14:33.57 ID:VcPgBVfW0 [97/158]
男3「………」

女3「ぐぎぎぎぎぎ!」

男3「やぁ!」ガコン!

女3「ぐぎ!」ドサ

男3「確かにそんなに強くないな」

男1「不老不死になったけど体は強化されてはいないのかな」

男2「元は惨事だしね」

男3「なるほど」

女達「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃ…」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:22:32.91 ID:VcPgBVfW0 [98/158]
男2「とりあえずどうする?」

男1「自業自得と言いたいところだけど、さすがにこれは不憫すぎる」

男3「せっかく穴を掘ったんだし、燃える物入れて火葬しよう」

男1「そうだな」

男2「人魚の肉なんて食うから…」

女達「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃ!」

男1「とりあえず縛る物持ってこよう」

男2「ロープ?」

男1「それ以外で」

男2「了解」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:29:24.02 ID:VcPgBVfW0 [99/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

女達「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃ!」

男1「じゃあ火を入れるよ」

男2「うん」

男3「安らかに眠ってくれ」

男1「それじゃあ点火」

ボッ

女達「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:38:43.86 ID:VcPgBVfW0 [100/158]
ゴオーー ゴオーー

女達「ぐぎゃぎゃぎゃ!」

男1「さすがにこんな最後は嫌だな…」

男2「なんで人魚の肉なんて食べたんだろ…」

男3「肉の味に飢えてたんだと思う」

男1「だからってなぜ人魚を…」

男2「下半身が魚だったしね」

男3「安らかに眠れるかな?」

男1「どうだろう」

男2「とりあえず今は焼いてあげよう」

男1、3「うん」

女達「…ぐげ…げ…」パチパチ

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:48:13.76 ID:VcPgBVfW0 [101/158]
数時間後

男1「どう?」

男2「大丈夫、身は無いよ」

男3「貴重な油を使う事になるとは…」

男1「火葬って大変なんだな」

男2「うん」

男3「とりあえず遺骨はどうする?」

男1「花瓶で良いんじゃない?」

男3「さすがにそれはないんじゃない?」

男1「うーん、そうかも」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:57:26.96 ID:VcPgBVfW0 [102/158]
男2「金庫が良いんじゃない?」

男1「金庫?」

男3「金庫なんてあったけ?」

男2「うん、職員室に開いてる中型の金庫があった」

男1「なんで金庫に?」

男2「もしもの時の為に」

男3「もしもの時…」

男1「さすがにそれは…」

男2「用心するにこした事はないよ?」

男1、3「……わかった」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 16:59:43.25 ID:VcPgBVfW0 [103/158]
翌日


ガタ ガタ ガタ ガタ ガタ

男1「………」

男2「………」

男3「………」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 17:05:27.98 ID:VcPgBVfW0 [104/158]
男1「何か動いてるね」

男2「どうする?」

男3「埋める以外の選択があるの?」

男2「だよね…」

ガタ ガタ ガタ ガタ ガタ

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1、2、3「さっさと埋めよう」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 17:14:57.42 ID:VcPgBVfW0 [105/158]
ザッ ザッ ザッ

男1「火葬用の穴残しておいて良かったね」

男2「うん」

男3「火葬場が墓になるなんてな」

男1「さすがにかわいそうだな」

男2「人魚の肉なんて食べたばっかりに…」

男3「確かにそ

ガタ ガタ ガタ ガタ ガタ

男1「……石を入れるべきではないか」

男2「そうだね」

男3「封印は男のロマンです」

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 17:25:00.98 ID:VcPgBVfW0 [106/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「さて、これからどうするべきか」

男2「ここはやっぱり仏様の遺産を漁るべきでは?」

男3「人魚さんの様子を見るのを忘れずに」

男1「じゃあ最初は仏の遺産をルパンしようか」

男2、3「了解」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 17:33:11.64 ID:VcPgBVfW0 [107/158]
ガサガサ ガサガサ

男1「チョコレートがありました」

男2「スルメがありました」

男3「各種野菜の予備がありました」

男1「ポテチやポッキーもあります」

男2「菓子が多いね」

男3「柿の種は?」

男1「ありません」

男3「残念だな」

男2「結構ため込んでたね」

男1「仏様に感謝しようか」

男2、3「ありがとう 仏様」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 17:40:18.76 ID:VcPgBVfW0 [108/158]
男2「以外にため込んでたんだね」

男3「暴飲暴食してるのかと思った」

男1「仏は仏なりに考えてたんだろうね」

男2「まぁ、用はすんだし次いってみよう」

男1、3「おいーすっ」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 17:48:38.34 ID:VcPgBVfW0 [109/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

人魚「………」ジー

男1「人魚さん結構回復していらっしゃる」

男2「三割くらい回復してるね」

男3「なぜ全快ではないのか」

男1「損美とは違うんでしょ?」

男2「これくらいが自然で良いよ」

男3「損美はもうこりこりです」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 17:56:12.32 ID:VcPgBVfW0 [110/158]
人魚「………」ジー

男1「さすがに警戒を解いてくれないか」

男2「食われてるしね」

男3「やっぱりお供え物は必要だね」

男1「うん」

男2「人魚さんごめんなさい これはおわびのしるしです」

男3「チョコレートと言う物です」

人魚「………」ジー

男1「さすがに食べちゃくれないか」

男2「だね」

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 18:04:50.86 ID:VcPgBVfW0 [111/158]
男3「デモンストレーションが必要じゃない?」

男1「デモンストレーション?」

男3「ようは誰かが食うのを見せるという事です」

男2「いいだしっぺの法則」

男3「わかった」

男3「…人魚さんこれは甘い食べ物です」

人魚「………」ジー

男3「こうやって口に入れて食べます」パク

男3「甘くておいしいです」

人魚「………」ジー

男3「………」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 18:10:32.99 ID:VcPgBVfW0 [112/158]
男1「………」

男2「………」

人魚「………」ジー

男3「とても…おいしいです」

人魚「………」チラ

男3「………」

人魚「………」ジー

人魚「………」サッ

男1「おぉ、手に取った」

男2「食べるかな」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 18:17:48.69 ID:VcPgBVfW0 [113/158]
男3「………」ゴク

人魚「………」ジー

人魚「………」パク

男1「おぉ」

男2「食べた」

人魚「………」もぐもぐ

男1「………」

男2「………」

男3「………」

人魚「………」ニヘラ

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 18:25:31.31 ID:VcPgBVfW0 [114/158]
男1「笑った?」

男2「なんだか間の抜けた笑いだね」

男3「これがスイーツの魔力か」

人魚「………」ニコニコ

男1「可愛いじゃないか」

男2「うん」

男3「喋らない惨事は良い惨事」

男1「うん」

男2「まったくだ」

人魚「………」パクパク 

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/07(月) 18:33:56.88 ID:VcPgBVfW0 [115/158]
男1「人魚さんと親睦深められて良かったな」

男2「うん」

人魚「………」ニコニコ

男3「チョコ一つでこんなに機嫌が良くなるなんて」

男2「やっぱり惨事か…」

男1「可愛けりゃ良いじゃないか」

男2「確かに」

男3「人魚最高」

人魚「………」パクパク

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/07(月) 18:39:27.64 ID:VcPgBVfW0 [116/158]
男1「さて、これからどうするかね」

男2「とりあえず人魚さんを移動させよう」

男3「どこに?」

男1「教室が良いと思う」

男2「ついてきてくれるかな?」

男3「とりあえずやってみよう」

男1、2「おー」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/07(月) 18:46:23.61 ID:VcPgBVfW0 [117/158]
男1「人魚さん、台座を持ってきました」

男2「正確には猫車ですが」

男3「ここは狭いですから教室に移動しましょう」

人魚「………」ジー

男1「人魚さん貢ぎ物です」サッ

人魚「!」パクパク

男2「それじゃあせいので」

男1「うわ! 軽い」

男3「軽くて何よりだよ 運ぶ人的に考えて」

人魚「………」ニコニコ

405 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 18:54:42.14 ID:VcPgBVfW0 [118/158]
男1「………」

男2「………」

男3「えいさ ほいさ」

人魚「………」スヤスヤ

男1「人魚さん寝たね」

男2「惨事も良いもんだな」

男3「もう少しで教室だよ」

男1「机はあらかじめ移動してが、とりあえず安全確認」

男2「いえっさー」

人魚「………」

409 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:02:19.00 ID:VcPgBVfW0 [119/158]
男2「うーん」

男1「どう?」

男2「大丈夫みたい」

男3「さすがに疲れたな」

男1「ご苦労様です」

男2「そっとマットに降ろそう」

男1「そーと」

人魚「………」スヤスヤ

男1「よし、任務完了したし飯食って寝よう」

男2、3「おー」

410 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:08:13.07 ID:VcPgBVfW0 [120/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男2「寝た?」

男1「寝た」

男3「そうか」

男2「何かこの二日 色々あったね」

男3「そうだね」

男1「惨事が仏になったり人魚を誘導したり」

男2「うん」

412 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:17:11.04 ID:VcPgBVfW0 [121/158]
男3「そもそもここは何処なんだろうね」

男1「さぁ、わからないね」

男2「霧に囲まれてる上に外には人魚」

男1「異常な事態だよね」

男3「まぁ、でもなんとか生きてるわけだけど」

男2「そうだね」

男1「きっと何とかなるよ」

男2「そうだね」

男1「駄目なら死ねば良いよね」

男2「そうだね」

男3「ルイズ可愛いです」

414 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:24:36.86 ID:VcPgBVfW0 [122/158]
男1「ルイズで思い出したけど、あの人魚さん胸が控えめなティファニアに似てるね」

男2「確かに似てるけど、胸が控えめという表現はどうだろうか」

男1「中乳と言った方が良かっただろうか」

男2「うん」

男3「さすがに寝るべきではないだろうか」

男1「まったくだ」

男2「良いこと言った」

男3「じゃあ眠ろう」

男1、2「おやすみ」

420 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:34:39.80 ID:VcPgBVfW0 [123/158]
二日後

人魚「………」バチン バチン

男1「人魚さんすっかり回復したね」

男2「これなら返しても波風たたないかな?」

男3「さすがに多少はたつと思うよ」

男1「そもそもコミニケーションが成り立つのだろうか」

男2「確かに」

男3「まぁ、駄目だったらハルケギニアにいけると考えよう」

男1「なるほど」

男「ここよりはましかもね」

425 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:36:45.64 ID:VcPgBVfW0 [124/158]
誤字です

男2です

430 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:44:49.13 ID:VcPgBVfW0 [125/158]
男1「さて、場が盛り上がった所で人魚さん返還計画を始めようか」

男2「人魚さんの引き手は自分です」

男3「疲れたら交代するよ」

男1「よし、じゃあ人魚さん呼びに行こう」

男2「わかった」

男3「これで人魚さんも見納めか」

男1「寂しくなるな」

男2「確かに」

431 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 19:45:18.14 ID:VcPgBVfW0 [126/158]
すいません 夕食なので中断します

451 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 20:36:41.55 ID:VcPgBVfW0 [127/158]
男1「さて人魚さん」

人魚「?」バチン バチン

男2「そろそろお家に帰りましょう」

人魚「?」

男3「ポッキーいかが?」

人魚「………!」パクパク

男1「よいしょー」

男2「それでは行こうか」

男1、3「おー」

人魚「………」カリカリ

453 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 20:43:09.78 ID:VcPgBVfW0 [128/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「相変わらず濃い霧だね」

男2「この霧は何なんだろうね」

男3「さぁ」

男1「人魚さんは元気?」

人魚「………」カリカリ

男3「元気にポッキーを食べてるよ」

男1「なら良し」

459 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 20:51:21.09 ID:VcPgBVfW0 [129/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「あ」

男2「なに?」

男1「ロープの残りが少ない」

男3「という事は後少しか」

男2「いよいよ魔界か」

男1「みんな覚悟を決めろー」

男2、3「おー」

463 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 20:58:29.77 ID:VcPgBVfW0 [130/158]
男1「……着いたね」

男2「相変わらず海しかないね」

男3「綺麗なんだけどね」

人魚「!!」ガシャン

男3「わわ!」

男2「何だ」

男1「人魚さんが急に活発に」

人魚「………!」バシャン

男3「海に帰っちゃった…」

男1「………」

男2「………」

男3「………」

464 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:02:56.21 ID:VcPgBVfW0 [131/158]
男1「もしかしてイベント終了?」

男2「何というか」

男3「これが現実か」

男1「何も無いにこした事はないけど」

男2「さすがにこれは苦笑い」

男3「やっぱり惨事は駄目だったのか」

468 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:09:13.75 ID:VcPgBVfW0 [132/158]
男1「じゃあ帰る

バシャ

男2「!」

男3「!」

人魚「………」ニコ

男1「俺達の戦いはまだ始まったばかりだ」

男2「それじゃ終わります」

男3「まだ続きがあったのか」

人魚「………」クイ クイ

男1「手招きしています」

男2「どうする?」

男3「行く以外の選択があるだろうか」

471 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:15:26.94 ID:VcPgBVfW0 [133/158]
男1「さすがにここは躊躇すべきではないだろうか」

男2「むむむ」

男3「どっちかがハルケギニア行きか…」

男1、2、3「むむむ」

人魚「………」クイクイ

男1「……行こう」

男2「学校に残ってもいずれ死ぬしね」

男3「さてどっちルートなのか」

474 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:21:54.98 ID:VcPgBVfW0 [134/158]
男1「どうしましたか? 人魚さん」

人魚「………」ニコ

男1「?」

人魚「………」グイ

男1「わわ!」

バシャン

男2「………」

男3「………」

男2「引きずられていきました」

男3「ハルケギニアルートだったのか」

476 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:28:59.86 ID:VcPgBVfW0 [135/158]
男2「鬱だ 死のう」

男3「いざハルケギニアへ」

バシャ バシャ

人魚「………」ニコ

人魚「………」ニマ

男2「………」

男3「………」

男2「巨乳と貧乳がそろっている やっぱり人魚の報復だったのか」

男3「望みは絶たれた~」

人魚「………」クイクイ

人魚「………」ブンブン

480 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:38:08.75 ID:VcPgBVfW0 [136/158]
男2「手招きしてるね」

男3「うん」

男2「どうする?」

男3「どうせハルケギニア行きだし、行っても良いんじゃない?」

男2「なるほど 理にかなっている」

人魚「………」クイクイ

人魚「………」ブンブン

男2「いざ、ハルケギニアへ」

男3「おー」

人魚「………」グイ

人魚「………」グイー

482 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:39:00.15 ID:VcPgBVfW0 [137/158]
バシャン バシャン

486 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:43:34.73 ID:VcPgBVfW0 [138/158]
ザー ザー

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「ん」

男2「ん?」

男3「ここはハルケギニア?」

男1「みんないるの?」

男2「うん」

男3「何とか」

490 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:49:46.82 ID:VcPgBVfW0 [139/158]
男1「ここはどこだろうか」

男2「もしや元の世界では?」

男3「だと良いね」

男1「それは無い」

男2「なぜ?」

男1「あれ」

男3「あれ?」

人魚「………」ニコ

男2「なるほど」

男3「まだ非現実か」

498 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 21:57:53.91 ID:VcPgBVfW0 [140/158]
男1「人魚さんは助けてくれたのだろうか」

男2「どうなんだろうか」

男3「助けてくれたに一票」

人魚「う」

男1「う?」

人魚「上は安全だから…」

男1、2、3「えっ」

人魚「バイバイ」バシャン

男1「………」

男2「………」

男3「………」

503 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:05:02.68 ID:VcPgBVfW0 [141/158]
男1「とにかくここは何処なのだろうか」

男2「まて、現実から目を背けるな」

男3「普通に喋ってたね」

男1「上が何とか言ってたね」

男2「じゃあさっきまでいたのは下?」

男3「たぶんそうだろうね」

男1「訳がわからない」

男2「とりあえず探索してみますか」

男3「そうだね」

男1「うん」

506 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:11:11.08 ID:VcPgBVfW0 [142/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「所々知らない植物があるけど普通の陸地だね」

男2「モンスターエンカウントも無い」

男3「油断してるとデスクローが来そう」

男1「ごめん 知らない」

男2「うん」

男3「そうか」

508 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:17:17.38 ID:VcPgBVfW0 [143/158]
男1「あ」

男2「なに」

男3「今度こそルイズ?」

男1「いや、ルイズでは無い」

男2「じゃあなに?」

男1「小人がいる」

男2「小さいおっさん?」

男1「違う」

男3「ふむ」

男2「どれどれ」

512 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:23:25.74 ID:VcPgBVfW0 [144/158]
小人「………」

男2「アイルーに似てるね」

男3「でもアイルーとは言い切れない」

男1「なんだろうか」

男2「うーん」

男3「とりあえず接触してみたらどうだろうか」

男1「なるほど」

男2「当たって砕けろか」

男3「別に砕けなくても良い」  

517 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:29:30.57 ID:VcPgBVfW0 [145/158]
男1「あの…すいません」

小人「?」

男2「ここは何処なのでしょうか」

小人「……」ジー

男3「何か一言」

小人「……」プイ

男1「無視されたね」

男2「うん」

男3「無視されたのか…」

520 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:33:59.86 ID:VcPgBVfW0 [146/158]
男3「無視されたのならこちらも無視しても良いという事ではないか」

男2「なるほど」

男1「じゃあ今度からは小人は無視で」

男2「わかった」

男3「了解」

522 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:40:53.33 ID:VcPgBVfW0 [147/158]
男1「とりあえず食料を探そうか」

男2「うん」

男3「新規食料期待」

男1「とりあえず果実から探そう」

男2「リンゴ食べたい」

男3「故郷の味ですね わかります」

男1「それでは出発」

男2、3「おー」

525 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:46:21.59 ID:VcPgBVfW0 [148/158]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「何か見つかった?」

男2「何も見つからない」

男1「それじゃあ次に行きますか」

男3「あ」

男1「どうした」

男2「ルイズ?」

男3「果実がなってる」

男1、2「おー」

527 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 22:54:15.93 ID:VcPgBVfW0 [149/158]
男2「だがちょっと待って欲しい 毒が入っているのでないか」

男1「全員で食って確かめれば良いじゃない」

男3「なんという桃園の誓い」

男2「ギャンブル味見か」

男1「一人で死ぬよりましでしょ」

男2「確かに」

男3「それじゃあ採ろうか」

男2「俺の背を越えていけ!」

男3「では失礼」グイ

男2「ぐむむ」

529 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:00:10.23 ID:VcPgBVfW0 [150/158]
男2「ぐむむ」

男3「後一個、後一個」

男2「早くしろ 間に合わなくなってもしらんぞ~」

男3「採れた」

男2「ぐむむ」

男3「はい」ホイ

男1「ご苦労様です」ガッ

男3「うん」

男2「重かったわ」

男1「お疲れさまでした」

男2「うん」

530 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:06:27.63 ID:VcPgBVfW0 [151/158]
男1「さて」

男2「うむ」

男3「うん」

男1「では食べようか」

男2「うむ、天国か地獄か」

男3「けいおんかハルケギニアか」

男1「けいおんなんて無かった……」

男2「あんな高校生活なんて無い…」

男3「しまった」

535 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:13:32.90 ID:VcPgBVfW0 [152/158]
男1「あれが中流家庭か…」

男2「家にクーラーあるんだろうな…」

男1「酔っぱらいが暴れたりしないよね」

男2「母親が浮気相手と駆け落ちなんてしないはず」

男1「幸せって何だろうか…」

男2「うん…」

男3「けいおんが禁句なのを忘れてた 戻ってこーい」

男1「………」

男2「………」

男3「待つしかないか…」

537 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:18:36.42 ID:VcPgBVfW0 [153/158]
数分後

男1「それじゃあ食べようか」

男2「うん」

男3「すいませんでした」

男1「サラマンダーより早いのは禁止な」

男2「トゥルーブルーはいけません」

男3「うん」

男1「それでは皆で」

男2、3「いただきまーす」

539 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:25:05.69 ID:VcPgBVfW0 [154/158]
ガブ

男1「うむ」

男2「おいしいかも」

男3「梨に似てるかな」

男1「そうかもな」

男2「とりあえず食べられそうだね」

男3「当分はこれで食い繋げるかな」

男1「無くなったらまた探せば良い」

男2「行き当たりばったりだね」

男1「駄目なら死ねば良い」

男2「なるほど」

男3「何という万能説」

543 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:34:06.16 ID:VcPgBVfW0 [155/158]
二日後

男1「ぐむむむ」

男3「がんばれー」

男2「もう少し、もう少し」

男2「採れた」

男3「意外とたくさんある木で助かったね」

男2「うん」

男1「ぐむむ…早く降りて…」

男2「………」

男3「………」

男1「どうした?」

小人「………」ジー

545 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:41:45.13 ID:VcPgBVfW0 [156/158]
男1「小人の群れがいますね」

男2「うん」

男3「もしかしてこの木は小人達の果樹だったんじゃ」

男1「ありえる事だ」

男2「八つ裂きにされるのか」

男3「短い人生だったな」

小人達「………」ジー

男1、2、3「………」

小人達「………」クワ!

男1、2、3「!!!」  

556 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:49:03.72 ID:VcPgBVfW0 [157/158]
ガー ガー ガー ガー

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「小人はアヒルだったのか」

男2「保険を契約させられるのか」

男3「なんてこった」

小人「ぐわ~」

男1「小人が猫撫で声で近づいてきます」

男2「妙にくねくねしてるね」

男3「おカマかな」

561 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:57:36.03 ID:VcPgBVfW0 [158/158]
小人「ぐ~わ~」

男1「果実を指さしてるね」

男2「もしかして果実が欲しいだけなんじゃ」

男3「よく考えたらこの木は高いし、表面はつるつるしてるよね」

男1「たかねの花だったのか」

男2「どうする」

男3「譲ってくれ!頼む!状態とはこの事か」

男2「殺してでも奪い取られるのは嫌です」

男1「では譲ろうか」

男2、3「うん」

563 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:06:33.13 ID:b7eyWqPv0 [1/71]
男1「どうぞ」

小人「ぐわー!」

男2「喜んでるね」

小人達「ぐわー!!」

男3「キター!に似てるね」

小人達「ぐわ~ぐわわ~」

男1「腕を組んで陽気に帰っていったね」

男2「そろそろ新しい食物を探すべきではないだろう」

男3「そうだね」

男1「良いこと言った」

568 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:15:15.57 ID:b7eyWqPv0 [2/71]
男3「少し提案があるのだが」

男1「なに?」

男3「明日とりあえず人魚さんに会ってみないかね」

男1「人魚さん?」

男3「学校のアイテムを回収しようかと」

男2「なるほど、すっかり忘れてたな」

男1「人魚さん会ってくれるかな」

男3「会話できてるみたいだし可能性はある」

男2「とりあえず果実で釣れば良い」

男1「なるほど」

570 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:23:22.06 ID:b7eyWqPv0 [3/71]
男1「じゃあ明日は人魚さんと面会します」

男2、3「おー」

男1「それじゃあ寝ようか」

男2「また洞窟暮らしか」

男3「体育倉庫のマットが懐かしい」

男1「他の人魚さんにも協力して貰って何とかマットは回収しましょう」

男2、3「おー」

男1「それじゃあ寝ましょう」

男2、3「おやすみ」

574 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:30:16.59 ID:b7eyWqPv0 [4/71]
翌日

男1「消える~飛行機雲~」

男2「僕たちはみお~くった」

男3「眩しくて~逃げた~」

男1「……人魚さん来ないね」

男2「うん」

男3「そもそもなぜ鳥の歌を」

男1「聞いてれば元気になるし」

男2「なるかな」

男3「とりあえず別の手で行こう」

男2「例えば?」

580 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:36:23.15 ID:b7eyWqPv0 [5/71]
男3「人魚さ~ん! 美味しい果物がありますよ~!甘い果物ですよ~」

男1「そんな単純な」

男2「うん」

人魚「あ、甘い物!」バシャ

男1「………」

男2「………」

男3「せめてもう少し粘って欲しかった」

人魚「え」

584 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:45:13.84 ID:b7eyWqPv0 [6/71]
男1「という訳なんです」

男2「どうかご助力を」

男3「お願いします」

人魚「………」

男1「果物を差し上げますから」

人魚「………」ピク

男2「学校に残ってるお菓子は全部献上します」

男3「仲間にもぜひお繋ぎを…」

人魚「………」

人魚「一回だけなら…」

男1、2、3「キター」

591 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:51:20.87 ID:b7eyWqPv0 [7/71]
人魚「い、一回だけだから…」

男1「それで結構です」

男2「ありがとう人魚さん」

男3「もう準備は出来ています」

人魚「じゃ、じゃあ他の子も呼んでくるから…」

男1「どうぞどうぞ」

男2「待ってます」

男3「ごゆっくり」

人魚「う、うん」バシャン 

599 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:59:12.40 ID:b7eyWqPv0 [8/71]
男1「さて」

男2「ゆっくり待ちますか」

男3「う

人魚「お、お待たせ…」バシャ

人魚2「巨乳です」バシャ

人魚3「貧乳です」バシャ

男1「………」

男2「………」

男3「………」

人魚「え」

603 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:05:38.08 ID:b7eyWqPv0 [9/71]
人魚「どうしたの?」

男1「いえ、お早い帰りだから」

男2「はい」

人魚「遅く来た方が…」

男3「いえ、早いにこした事はありません」

巨乳「………」

貧乳「………」

男1「ところでそちらの方達は?」

人魚「と、友達の人魚です…」

男2、3「なるほど」

604 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:11:36.14 ID:b7eyWqPv0 [10/71]
人魚「そ、それじゃあ下に……」

男1「下?」

巨乳「水の下」

貧乳「水の底」

男2、3「なるほど」

男1「それじゃあお願いします」

人魚「は、はい」

人魚「それじゃあ行きます…」

男1、2、3「おー」

609 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:20:16.26 ID:b7eyWqPv0 [11/71]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「海の底はまた海でした」

男2「わけが分からない」

男3「分からないなら考えなければ良いじゃない」

男2「なるほど」

人魚「………」

男1「ありがとう 行ってきます」

人魚「………」ニコ

612 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:29:40.09 ID:b7eyWqPv0 [12/71]
男1「着いたね」

男2「ロープがまだ残ってたのはラッキーだったね」

男3「確かに」

男1「久しぶりの学校だね」

男2「何もかもみな懐かしい」

男3「まだ一週間もたってないよね」

男1「確かにた

?「ぐあああああああ」

男1、2、3「………」 

620 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:36:58.21 ID:b7eyWqPv0 [13/71]
男1「何か叫び声が聞こえるね…」

男2「まさか惨事が…」

男3「さすがにそれは…」

?「がああああああ」

男1「……とりあえず声のする方に行ってみよう」

男2「怖いけど仕方ない」

男3「短い人生だった」

男1「え、えいえい」

男2、3「おー」

623 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:43:24.60 ID:b7eyWqPv0 [14/71]
惨事「があああああああ」

男1「うわぁ…」

男2「デモンズソウルの塔の人間玉に似てるね…」

男3「いや、メガテンのレギオンだろう」

男1「封印が解かれたのか…」

男2「どうするの? これ」

男3「さすがにこれは倒せないよ」

男1「うーん」

惨事「があああああああ!」

637 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:50:41.58 ID:b7eyWqPv0 [15/71]
男1「うわ! 気付かれた!」

男2「うわぁ!」

男3「食われたくない!」

惨事「ぐあああああああ!」ノロノロ

男1「……というか鈍くない?」

男2「なんという牛歩」

男3「良く考えると あの体型で機敏に動けるわけないよね」

男1「張り子の虎か」

男2「なるほど」

男3「所詮惨事だったか」

惨事「がああああああああ!」ノロノロ

640 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 01:57:20.13 ID:b7eyWqPv0 [16/71]
男2「どうする?」

男1「とりあえず誰か見張りをたてて、その隙に物資を集めよう」

男3「誰が見張りを?」

男2「いいだしっぺの法則」

男1「とほほ」

男2「しっかり見張ってね」

男3「頼みます」

惨事「がああああああ!」ノロノロ

男1「はぁ…」

645 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 02:01:18.70 ID:b7eyWqPv0 [17/71]
すいません 眠ります

もし残ってたら三時頃 投下しに来ます

見てくれてありがとう 
内容的に明日で完結できそうです

720 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 14:24:43.62 ID:b7eyWqPv0 [18/71]
数時間後

男1「………」チョンチョン

惨事「があああああ!」グラグラ

男2「おー 無事だったか」

男3「だいぶ物資を集めたよ」

男1「おー そうか」チョンチョン

惨事「があああああ!」グラグラ

男2「何してるの?」

男1「惨事つつき」

男3「なるほど」

726 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 14:30:52.40 ID:b7eyWqPv0 [19/71]
男2「というか危なくないの?」

男1「ちょうど手が出せない所をつついてるから平気」

男3「もはやただの球体では無いだろうか」

男1「もう物資は集め終えたの?」

男2「いや、様子を見にきただけ」

男3「思っていた以上に平気そうでびっくり」

男1「慣れると面白いよ? 惨事つつき」

男2、3「そうですか」

729 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 14:40:16.80 ID:b7eyWqPv0 [20/71]
男1「ところで提案があるのだが」

男2「なに?」

男1「いったん惨事の封印の間に行ってみないか」

男3「それまたどうして?」

男1「この物体が封印を解き穴から出られるとは思えん もしかしたら何者かが手引きを」

男2「陰謀論ですか」

男3「どうせ大した事じゃない」

男1「まぁ、行ってみよう」

男2、3「おー」

733 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 14:46:24.20 ID:b7eyWqPv0 [21/71]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「どう見る?」

男2「石を掴み這い上がってきたとしか思わん」

男3「砂を入れるべきだったか」

男1「もしかしたら石の重さで金庫が壊れたのかも」

男2「どちらにしてもあれは厄介な物体である事は変わりません」

男3「だね」

734 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 14:52:19.04 ID:b7eyWqPv0 [22/71]
男2「自分に考えがあるのだが」

男1「なに?」

男2「石を除けてまた惨事を入れないかい」

男3「そりゃまた何で?」

男2「蟻地獄」

男1、3「なるほど」

男1「なんというナイスアイディア」

男3「それで行こう」

男2「じゃあ石を除けましょう」

男1、3「おー」

737 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:00:19.07 ID:b7eyWqPv0 [23/71]
ガッ ガッ ガッ

男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「こんなところで良いか」

男2「見事に何も無い穴だ」

男3「これなら再封印出来そう」

男2「ところでどうやって惨事をここに入れる?」

男1「自分に考えがある」

男3「なに?」

男1「それは」

738 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:02:07.29 ID:b7eyWqPv0 [24/71]
男1、2、3「てい!」

惨事「があああああ!」ゴロン

男1、2、3「とぉ!」

惨事「ぐああああああ!」ゴロン

746 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:08:10.02 ID:b7eyWqPv0 [25/71]
男3「まさか突いて運ぶだけとは」

男1「原始手段さいこー」

男3「いったい初見の威厳はどこにいったのだろうか」

男1「え~い! きりきり突け~い!」

男1、2、3「とぉ!」

惨事「があああああああ!」ゴロン

男2「これが塊魂か…」

男3「所詮惨事だったのか」 

749 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:16:42.80 ID:b7eyWqPv0 [26/71]
男1、2、3「たぁ!」

惨事「がああああああ!」

ゴロゴロゴロ

男1「ようやく封印できたな」

男2「慣れるとただの飛ばないレギオンだな」

男3「飛ばないレギオンはただの岩だ」

男1「語呂が悪いね」

男2「終わった事だし、物資採取を再開しようか」

男1、3「おー」

惨事「がああああああ」ノロノロ

753 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:25:27.71 ID:b7eyWqPv0 [27/71]
数時間後

男1「こんなもんで良いかな」

男2「かなり集まったね」

男3「全部運んでくれるかは人魚さんとの交渉次第だね」

男1「お菓子は割と沢山あるから大丈夫だろう」

男2「だがちょっと待って欲しい」

男1「なに?」

男2「帰る前に景気付けをするべきでは無いか」

男3「景気付け?」

男2「うむ、なずけて惨事花火!」

男1、3「惨事花火?」  

762 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:35:11.05 ID:b7eyWqPv0 [28/71]
ドポ ドポ ドポ


男2「ふふふふ、これくらいで良いか」

男3「貴重だと騒いだわりにまったく使わなかったね ガソリン」

男1「所詮エリクサーだったか」

男2「穴の中がパンパンだぜ!」

男1「そろそろ導火線に火をつけて良い?」

男2「待て! 今行く!」ダッ

男3「おらわくわくしてきたぞ」

男2「ふう、良いよ」

男1「では着火します」

766 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:37:55.07 ID:b7eyWqPv0 [29/71]
ボッ

ジジジ  ジジジ

男1、2、3「………」

ジジジ ジジジジ

男1、2、3「………」


ジジジ ジジジジ ジ…

770 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:41:55.37 ID:b7eyWqPv0 [30/71]
ド ゴ オ オ オ オ オ オ ン !


男1「俺に一生詫び続けろ! オルステッドォ!」

男2「思いでの教会? ぶっ壊してやるぅ!」

男3「サイト死ねぇ!」

男1、2、3「ひゃはー! 汚物は消毒だー!」

774 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:44:35.57 ID:b7eyWqPv0 [31/71]
ゴオォォォ… バチバチバチ

男1「では帰ります」

男2、3「はい」

776 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:51:44.17 ID:b7eyWqPv0 [32/71]
男1「おーい人魚さ~ん!」

人魚「………」バシャ

男2「恐縮ですが荷物の運搬をお願いします」

男3「往復お願いします」

人魚「………」

男1「もの凄く困った顔をなさっています」

男2「貢ぎ物を捧げましょう」

男3「そうしましょう」

人魚「………」ピク

779 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 15:58:27.32 ID:b7eyWqPv0 [33/71]
男1、2、3「どうぞお納め下さい」

人魚「………」ジー

人魚「………」パッ

人魚「………」ペリペリ

人魚「………」パク

人魚「………」ニヘ

男1「………」

男2「………」

男3「………」

782 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 16:03:39.46 ID:b7eyWqPv0 [34/71]
男1「食べたという事は承諾してくれたんですね」

男2「ありがとうございます」

男3「多少荷物が多いかもしれませんがお願いします」

人魚「………」

男1、2、3「………」

人魚「………」コク

男1、2、3(計画通り)

783 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 16:12:54.95 ID:b7eyWqPv0 [35/71]
巨乳、貧乳「………」ジー

巨乳、貧乳「………」パク

巨乳、貧乳「………」ニヘ

男1「何か堕ちたっぽい」

男2「これがスイーツの魔力か」

男3「荷物運んでくれそうだね」

男1「もう学校ともお別れか」

男2「そうだね」

男3「惨事の肉片がピクピク動いている所にもう用はありません」

男1、2「確かに」

785 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 16:20:38.76 ID:b7eyWqPv0 [36/71]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「着いたね」

男2「ああ、アヒルーの国へ」

人魚「そ、それじゃあ私達は帰るから」

巨乳「さよなら 変態」バシャ

貧乳「さよなら 変態」バシャ

男1、2、3「ありがとう 人魚さん」

787 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 16:27:51.20 ID:b7eyWqPv0 [37/71]
男1「それじゃあ色々準備を始めようか」

男2「とりあえずマットを干しますか」

男3「大工道具で箱を作ります」

人魚「ねえ」

男1「あれ 人魚さんまだ居たの?」

男2「変態に何かご用でも」

男3「もう供物はありません」

人魚「聞かないの?」

男1、2、3「?」

793 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 16:39:48.80 ID:b7eyWqPv0 [38/71]
男1「聞かないのとは?」

人魚「この世界の事聞かないの?」

男2「う~ん」

男1「別にどうでも良いです」

男3「現実に戻るか ハルケギニアに行くかの話ですし」

男1「息詰まったら自殺すれば良いしね」

男2、3「うん」

人魚「そう…」

男1、2、3「はい」

798 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 16:45:33.22 ID:b7eyWqPv0 [39/71]
人魚「ならきっと戻れるよ 貴方達なら」

男1「はぁ」

人魚「いつも残るのは探求者だけ…」

男2「?」

人魚「バイバイ」

男3「色々ありがとうございます」

人魚「うん」バシャ

男1、2、3「………」

男1「行こう」

男2、3「おー」

800 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 16:56:41.88 ID:b7eyWqPv0 [40/71]
五日後

男1「おはよう」

男2、3「おはよう」

男2「今日はどうするの」

男1「今日は果物採取です」

男3「またアヒルーに税金を払う仕事が始まるのか」

男1「植えた作物が実るまでの辛抱です」

男2「持ってきた食料無くなっちゃったしね」

男3「調味料がまだあるのが唯一の救いか」

男1「果物に塩胡椒はかけないしね」

802 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 17:05:18.51 ID:b7eyWqPv0 [41/71]
男3「そろそろ新規食料を探すべきでは?」

男2「またバクチ食をするのかい」

男1「確かにそろそろ考えなきゃ駄目かな」

男3「塩を直なめするのはもういやでござる」

男2「確かにそろそろタンパク質が欲しいです」

男1「そうだね 新規探索をするべきなのかもね」

男3「とりあえず、そこらの動物を

小人「ぐわ~」

男1、2、3「………」

804 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 17:14:26.13 ID:b7eyWqPv0 [42/71]
男1「なんというタイミング」

男2「カモがネギしょってやってきたな」

男3「しかしいつもは果実採取の時のみ擦り寄ってきたアヒルーが、いったい何の用だろう」

男1「きっと食べられに来てくれたんだよ」

男2「ブッダの漫画にそんなシーンあったね」

男3「聖人の為に身を捧げるウサギですね」

男2「俺達は聖人だったのか!」

男1「さすがだな 俺ら」

小人「ぐわ~」

807 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 17:23:55.78 ID:b7eyWqPv0 [43/71]
男1「さて、冗談はこれまでにして、いったい何の用だろう」

男2「保険の勧誘か」

男3「猫とアヒルが力を合わせて皆の幸せを~」

男1、2「奪い取るダック!」

男1「何をやらせるのか」

男3「すいません」

小人「ぐわ~」グイグイ

男2「こっちに来いと言ってるみたいだね」

男1「食われるのはこちらのほうだったのか」

男3「ハルケギニア行きか」

808 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 17:30:56.04 ID:b7eyWqPv0 [44/71]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「洞窟を出たらそこはアヒルーでした」

男2「人生の最終局面か…」

男3「ルイズに会えるのなら怖くは無いさ」

男1「さよなら三角」

男2、3「さよなら四角…」

小人「ぐわわ~」

813 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 17:38:10.03 ID:b7eyWqPv0 [45/71]
小人「ぐわ~ぐわわ~」

男1「何だかついてきてくれって言ってるみたいだね ジェスチャー的に考えて」

男2「散々飲ませた後、寝込みを襲って殺すのか」

男3「寝てる間に行けるなら別に良いかもね」

男1、2「確かに」

小人「ぐわ~ぐわわ~」

男1「………」

男1「行ってみよう」

男2、3「おー」

816 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 17:48:30.66 ID:b7eyWqPv0 [46/71]
数時間後


男1「着いたみたいだね」

男2「アヒルーの村か」

男3「あまり歩いてないけどなんでこんなに時間がかかったんだろう」

男1「歩くような速さで」

男2「ようこうは俺の嫁」

男3「アトリは…いらね」

小人「ぐわわ~」

820 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 17:54:59.13 ID:b7eyWqPv0 [47/71]
男1「何やらアヒルーが飲み物らしき物を持ってきました」

男2「すごく…小さいです」

男3「酒か毒かのどちらかだろうね」

男2「結局バクチ食か」

男1「当たって砕けろ」

男2「砕けて即死」

男3「ハルケギニアにこんにちは」

男1、2、3「かんぱーい」

男1、2、3「………」ごくごく

825 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:03:22.74 ID:b7eyWqPv0 [48/71]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「酒か毒かと思ったら」

男2「ただのジュースでした」

男3「これがかたすかしと言うものか」

小人「ぐわ~」

男1「今度は料理が出てきました」

男2「すごく小さいです」

男3「だが美味しそうです」 

827 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:13:33.10 ID:b7eyWqPv0 [49/71]
男1「もしかしたらこれは日頃の感謝の宴ではないのだろうか」

男2「その考えはなかったわ」

男3「よく考えたら自分達が居ないと小人は果物を採取できないのではないだろうか」

男1「うむ、という事はこれはやっぱり感謝祭なのか」

男2「これが異文化交流か」

男3「我々は勘違いをしていたようだ」

小人「ぐわ~」

男1「また料理が出てきました」

男2「これが歓迎と言うものか」

男3「せっかくだから楽しみますか」

男1、2「おー」 

828 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:19:56.31 ID:b7eyWqPv0 [50/71]
深夜


男1「………」

男2「………」

男3「………」

小人「ぐわ~」ユサユサ

男1「む…なんぞや…」

小人「ぐわ~」

男1「………」

男1「おい、皆の衆起きなされ」

男2「なに…」

男3「ルイズ……?」

小人「ぐわ~」

829 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:25:15.31 ID:b7eyWqPv0 [51/71]
男2「………」

男3「………」

小人「ぐわ~」

男2「アヒルーの集団が松明を持って立っている…」

男3「所詮異文化交流など幻だったのか」

小人「ぐわ~」

男1「処刑されるのか」

男2「ギロチン希望」

男3「絞首刑も捨てがたい」

小人「ぐわ~」

830 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:34:25.30 ID:b7eyWqPv0 [52/71]
男1「行こう皆 シシガミの元へ行こう」

男2「オッコトヌシ様~」

男3「張りつめた~弓の~」

小人「ぐわ~」

男1「行くか」

男2、3「おー」

男1「君の姿は~」

男2「僕に~似て~いる」

男3「静か~に泣いて~るより」

男1、2、3「胸に響く~」

834 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:39:03.04 ID:b7eyWqPv0 [53/71]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

小人「ぐわ~」

男1「これは…扉?」

男2「結構大きい扉だね」

男3「なんでこんな所に扉が…」

小人「ぐわ~」

838 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:46:29.78 ID:b7eyWqPv0 [54/71]
ガガガガガガガ

男1「扉が開いた…」

男2「先は真っ暗です」

男3「もしかして帰り道?」

小人「ぐわ~」

男1「きっとそうだ」

男2「家に帰れるのか」

男3「ルイズに会えるのか」

小人「ぐわ~」

男1「帰ろう 元の世界に」

男2「さらば異世界」

男3「こんにちは現世」

839 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:47:45.31 ID:b7eyWqPv0 [55/71]
ガガガガガガガ



ガシャン

840 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 18:53:57.35 ID:b7eyWqPv0 [56/71]
男1「………」

男2「………」

男3「………」

男1「扉の先は暗い草原でした」

男2「月が赤いです」

男3「幻獣がいるのか…」

男1「どちらにしてもがっかりです」

男2「死亡ルートだったようだ」

男3「小人に騙されたのか」

846 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:03:11.75 ID:b7eyWqPv0 [57/71]
男1、2、3「………」

男2「まだ劇薬は持ってる?」

男1「持ってる」

男2「じゃあ死のう」

男3「賛成」

男1「短い人生だったな」

男2「手早く死ねる こんなに嬉しい事はない」

男3「ルイズに会えるのか」

851 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:10:36.20 ID:b7eyWqPv0 [58/71]
男1「ルイズに会えたとしてもうすでにサイトの物では」

男2「サイトのよりはや~い」

男3「おのれ! 言ってはいけない事を!」

男1「所詮主人公には勝てないのだよ」

男2「寝取られ、寝取られ」

男3「おのれ~」

853 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:17:18.60 ID:b7eyWqPv0 [59/71]
男3「とまらない~とまらない~」

男1「ぎゃ~! 止めろ~!」

男2「中流家庭がやってくる~!」

男3「この五人が桜高軽音楽部のメンバーです!」

男1「暖かい家庭がやってくる~!」

男2「あんな女子などいない~!」

子供「………」クスクス

856 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:25:19.31 ID:b7eyWqPv0 [60/71]
男1「なぜあんなリア充アニメが人気なのだろうか…」

男2「評判に引かれて見たばかりに…」

男3「やっぱりアニメは非現実が一番と言う事だよ」

子供「………」クスクス

男1「コードギアスか…」

男2「カレンさいこー」

男3「CCを忘れてもらっちゃ困る」

子供「………」クスクス

男1「ラブプラスは別だよね」

男2「あれはセーフだろう」

858 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:31:09.40 ID:b7eyWqPv0 [61/71]
男3「ラブプラスか…あれは良い物だ」

子供「クスクス」

男2「マクロスFはどうだろうか」

男1「アルト死ね」

子供「クスクス!」

男3「もちろんランカ派」

男2「私はシェリル派です」

男1「クラン様を忘れるなんて」

子供「………」 

864 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:39:02.95 ID:b7eyWqPv0 [62/71]
子供「…少しよろしいかしら?」

男1、2、3「何でしょう」

子供「………」

男1「何か用件が?」

子供「まぁ 別に良いわ…」

男2「そうですか」

男3「幻覚だと思ってた」

866 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:45:05.19 ID:b7eyWqPv0 [63/71]
男1「それで何の用ですか?」

子供「まずは名前を訪ねるべきじゃなくて?」

男1「そうですか」

男2「………」

男3「………」

子供「………」

男1「………」

子供「私は番人 この世界の番人よ」

男1「バンニンさんですか」

男2「よろしく」

874 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 19:54:22.10 ID:b7eyWqPv0 [64/71]
男3「それでバンニンさん 何か用なんですか」

番人「貴方達に二つの選択を与えて上げようかと思って」

男1「二つの選択?」

番人「帰還か残留か」

男2「帰還でお願いします」

番人「疑問を諦めこの世界を去るか、世界に留まり探求を続けるか」

男3「この世界を去ります」

番人「選びなさい」

男1「この世界を去ります」

882 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 20:01:16.83 ID:b7eyWqPv0 [65/71]
番人「………」

男1、2、3「………」

番人「人魚の言っていた通りね」

男1「はぁ」

番人「生の執着を持たず盲目的に生きる愚か者」

番人「貴方達はこの世界に居る価値はないわ」

男2「はい そうです」

男3「まったくその通りだと言わざるえない」

888 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 20:05:44.24 ID:b7eyWqPv0 [66/71]
番人「無い世界は貴方達を必要としない」

男1「無い世界?」

番人「そう、こんな世界なんて無かった そうでしょう?」

男1、2、3「そうですね」

891 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 20:09:18.98 ID:b7eyWqPv0 [67/71]
ゴゴゴゴゴゴゴ

番人「門をくぐりなさい そうすれば帰れるわ」

番人「でも忘れな

男1、2、3「ヒャッハー! 出口だぁ!」シュパ

番人「え」

895 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 20:13:09.45 ID:b7eyWqPv0 [68/71]



先生「出席を取るぞー」

男1、2、3「はい」

先生「男1」

男1「はい」

先生「男2」

男2「はい」

先生「男3」

男3「はい」

899 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 20:17:13.31 ID:b7eyWqPv0 [69/71]
先生「女1」

男1「先生、家のクラスに女子はいません」

先生「あれ? そうだったか?」

男2「はい」

先生「そうか…確かにそうだな」

男3「女子なんていなかった」

男1「うん」

男2「そう」

男1、2、3「女子なんていなかった」

901 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 20:18:35.86 ID:b7eyWqPv0 [70/71]
終わり

914 名前: ◆1KAwi07cG. [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 20:23:40.14 ID:b7eyWqPv0 [71/71]
見てくれてありがとう

完結できて良かった!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。